あひるの空アニメ広場。 【あひるの空】 [感想] 昨今のきれいごと主義に一石を投じる刹那的青春ドラマ

あひるの空 #34 光跡:掲示板:アニメ・漫画|Beach

あひるの空アニメ広場

Anitubeなどの海外動画サイトを利用すると ウイルスに感染する危険性があります。 Anitubeから誤ってウイルスもらったぁ... 慌ててお店行ったら「ウィルスに感染したから初期化しかないですね」って ToT ウィルスソフト意味なし。 — yayoi togashi1206 最近ネット環境がよろしくない・・・ワイファイつなげてると動画途切れるしPCはウイルス?変な警告出される。 第1話『みにくいあひるの子』 約149cmと小柄ながら、バスケットボールが大好きな少年・車谷 空。 彼は入学したばかりの九頭龍高校(クズ高)で、バスケ部に入部しようと張り切っていた。 広い体育館で宝物のバッシュを履いて練習をしていると、そこに現れたのはいかにもガラの悪い生徒たち。 その不良たちこそクズ高バスケ部の部員。 男子バスケ部は荒れ果て、事実上機能停止状態となっていたのだった。 主将の百春からバスケをしないよう脅され、部室に閉じ込めれられる空。 同じバスケ部だという千秋の協力で何とか脱出し、体育館に向かうが、またも百春率いるバスケ部員が現れ…。 第2話『才能のない少年達』 空と百春たちの男子バスケ部入部をかけたバスケでの勝負が始まった。 男子バスケ部の百春、安原(ヤス)、茶木(チャッキー)、鍋島(ナベ)に加え、千秋の代理として女子バスケ部の円を加えた5対1。 圧倒的不利な状況にもかかわらず、空はバスケスキルを見せ、シュートへ。 しかしヤスの暴力による妨害で理不尽に勝敗が決しようとしたところ、百春から「十本勝負」の提案。 まともな勝負も望めず絶体絶命の空だったが、彼には武器があった。 第3話『百春の翼』 晴れてクズ高バスケ部に入部した空。 部室に先に来ていた千秋に連れられて校舎裏のバスケットゴールに向かうと、そこにはシュート練習をする百春が。 シュートが全く入らず、ヤケになってゴールへジャンプした百春の驚異的跳躍力に空は驚愕する。 そこにケンカの報復に現れた新丸子高校(丸高)の不良たちを何とか撃退。 その後、百春は空に自分のバスケの才能のなさを空に吐露し、自分がバスケの練習に参加することをあきらめるように言うが、それに対する空の反応は意外なものだった。 第4話『初めての飛翔』 丸高の不良たちが百春たちに恥をかかせるために画策し、丸高バスケ部との練習試合が決定。 千秋を除いた4人が試合に出てくれることになり、初めて5対5のバスケができると張り切る空。 そして、練習試合当日。 キャプテンの千葉、エースの常盤と、神奈川でも5本の指に入るといわれるほどの実力者を擁し、全員がバスケに有利な高身長の丸高バスケ部が登場。 そんな不利な状況にもかかわらず、空は「秘策がある」と宣言。 ついに、空にとって初めての試合開始のホイッスルが鳴り響く。 第5話『折れた翼』 試合開始早々秘策を繰り出した百春と空。 その快進撃に対する策を考える千葉だったが、常盤は空のプレーを見て、本人さえも自覚していない空の弱点を発見する。 徹底的に弱点をつく常盤を前に、空のシュートは全く入らなくなった。 一気に雲行きが怪しくなり、完全に丸高のペースへ。 さらに試合メンバー5人ギリギリの中、ヤスが5回目のファウルをしてしまい退場。 メンバーは4人となり、空の疲労もピークに。 険悪なムードの上もう後がないクズ高バスケ部だが…。 第6話『今しかねえ』 疲労も限界を超えている中、空は母から教わった両手打ちのシュートを決め、チームの空気を変えた。 丸高との点差は絶望的だが必死で戦うクズ高。 試合を見ていた千秋はその状況に背を向け立ち去っていった。 一生懸命なクズ校の姿にいらだつ丸高の不良たちが試合を妨害。 憤るクズ高メンバーを制し、試合を続けようとする空だったがこの苦境を乗り切るすべがあるのか…。 そのとき、コートにある人物がやってきた。 それは空が待ちわびており、丸高の千葉も気にしていた人だった。 第7話『迷惑な一年坊』 丸高との試合は圧倒的な点差で敗北したものの、お互いの健闘をたたえ合う試合となった。 疲れて眠ってしまった空を自宅に送り届けた円は、空の祖母から空が入院している母・由夏を追って、神奈川にやってきたと聞かされる。 試合翌日からさっそくバスケの練習に打ち込むクズ高メンバーだったが、今まで全く活動していなかったバスケ部には顧問がおらず、体育館を使う資格さえ与えられていなかったことが発覚。 早速百春は顧問をつけてもらえる約束を取り付けたが、それには条件があった。 そんな中、ヤス・チャッキー・ナベは校舎裏で華麗なシュートを決める1年生に出会う。 第8話『アヒルとトビ』 問題を起こした場合即廃部を条件に、顧問をつけてもらい活動を許可されたクズ高男子バスケ部。 その矢先、ヤスたちと校舎裏でひと悶着したトビが、女子バレーボール部が練習する中で無理やりバスケの練習をした挙句、部員にけがをさせてしまう。 百春の土下座により何とかその場は収まったものの、翌日には体育館でトビがほかの生徒と暴力沙汰を起こす。 顧問となった五月は惨状を見て廃部をつきつけるが、トビが自分はバスケ部ではないと宣言したことでなんとか廃部は免れた。 しかし、百春や空には釈然としない思いが残る。 第9話『鳶とボールと仲間の痛み』 トビに退学の処分が下った。 元々は3年の西脇が大勢で囲んで挑発したもので、正当防衛ともいえる状況だったとわかったが、処分は覆らない。 トビのバスケに魅せられた空は、顧問の五月に頼み込み、なんとか処分を撤回させようとする。 一方、トビは偶然出会った千秋に気持ちを話し、そこに訪れた百春との会話の中で気持ちに変化が生じる。 自らも五月のもとに出向き、クズ高をインターハイに連れて行くと宣言したトビ。 たまたま居合わせた校長の配慮により、トビはバスケ部に入部することになった。 しかし翌日、西脇の復讐に合い…。 第10話『マネージャー』 関東大会での丸高の試合を見て、さらにやる気に燃えるクズ高のメンバーだったが、練習中に空のバッシュが壊れてしまう。 母からもらった大事なバッシュを修理してもらおうと駆け回って見つけたスポーツショップは、隣のクラスの七尾奈緒の家だった。 そそっかしいところのある奈緒だが、空のプレーに合わせたシューズのアドバイスをしたり、修理の間にも練習できるよう、自分のバッシュを貸してくれるなど丁寧な応対。 しかも空がバスケをする姿をかっこいいと…。 初めての経験にドキドキする空が翌日体育館に行くと、そこにはマネージャーとして入部した奈緒の姿があった。 第11話『男の意地と女のプライド』 クズ高バスケ部の練習を見学していた奈緒は、「このチームで試合に勝てるとは思えない」と言い放つ。 そして、奈緒の分析が正しいかを検証するために、女子バスケ部と試合をすることになった。 女子が負けたら円が裸になると奈緒が勝手に約束したため、俄然やる気になった空たちは順調に得点を重ねていく。 しかし、奈緒が「作戦」を円たちに実行させると、試合状況が少しずつ変わっていき……。 第12話『TEAM』 男子バスケ部と女子バスケ部の試合は続いていた。 トビは試合の様子を見ながら、勝てる様子がないことに愚痴をこぼすが、そんなトビに奈緒はこのチームには勝つために足りないものがあるのだと話す。 そのまま勝敗が決し、女子部に敗れたことでやる気をそがれてしまった様子の男子バスケ部を見て、奈緒は落ち込んでしまうが……。 第13話『温度の違い』 インターハイの予選まで1か月と迫ったある日、奈緒の提案でバスケ部は合宿をすることになった。 クズ高がインターハイに出場できると信じる奈緒は、部員たちにハードなトレーニングを課し、部員たちもそれに必死についていこうとする。 しかし、安原が真面目に自主練習をする一方、鍋島と茶木は安原ほど真剣には取り組めていないようで……。 第14話『勝利に向かって』 鍋島と茶木が合宿から逃げ出し、空は二人を探しに出かけた。 中学生とのバスケ対決で手も足も出ず、すっかり落ち込んでいた二人だが、その中学生が女の子からバスケを褒められたところを見た途端やる気になり、合宿に復帰する。 合宿初日に食あたりで倒れた百春も復調したところで、奈緒が練習試合を提案。 奈緒のいとこ・蒲地太郎の属する北住吉高校との練習試合が決まる。 第15話『男の心意気』 北住吉高校との練習試合が始まった。 たまたま通りがかり、練習試合を見学に来た丸高の常盤から、北住のフォワード・蒲地太郎の実力を教えられた空は気を引き締める。 弱点を克服しした空をはじめ、新メンバーも加入しクズ高の実力が上がっていると確信した常盤。 第16話『最高の始まりと最悪の始まり』 クズ高と北住との練習試合が続く。 奈緒を巡って千秋が蒲地にライバル意識を燃やす一方、百春は中学時代の後輩・小西からの挑発を受け、いらだちを募らせていく。 流れが北住に傾いていると感じた空だが、追い打ちをかけるように、蒲地にシュートを決められてしまう。 タイムアウトを取った奈緒は、空に蒲地を抑えるように指示。 空は蒲地に張り付き、これ以上点を取らせないと心に決める。 第17話『バーサス』 ヤスのシュートが決まり勢いづくクズ高。 一方、古賀監督に発破をかけられた蒲地は、これまで以上にやる気に燃えていた。 縦横無尽に走る太郎、必死に食らいつく空。 一進一退の「走りっこ」が続く中、20分もの間全くスピードが落ちない蒲地に対し、ついに空のヒザがぐらつく。 第18話『今・・・・。 』 空がベンチに下がるも、リードしたままラストピリオドに繋げたいクズ高は、交代したチャッキーやナベが奮闘。 トビも2人のヘルプ、そして攻撃で躍動する。 しかしラスト1分、オールコートであたってきた北住吉についに逆転されてしまう。 メンバーの必死の攻防を見ていた空は、第3クオーター残り30秒で交代を申し出る。 第19話『誰よりも高く』 奮起したクズ高が同点に追いつき、ついにラストピリオド。 小西の口から百春がついた「ウソ」が明かされた。 小西の抱えていた想いや、自分がバスケをやめていた間、絶え間ない努力を続けたことを知り、動揺する百春。 空はそんな百春に笑顔で、もう一度飛ぶところを見せてほしいと伝える。 第20話『ラストプレイ』 北住吉との点差が11点に広がった。 そこでクズ高は、空をポイントガードにし、千秋が点を取りに行く作戦に。 ポイントガードとしての役割がうまく果たせない空に対し、千秋は気合いを入れるが…?一方、円は姉で看護師のスミに体育館の外に呼び出された。 スミとともにいたのは、車椅子に乗った空の母親の由夏だった。 第21話『涙』 空が放った3ポイントシュートは惜しくもリングに跳ね返され、クズ高と北住の練習試合は、僅差で北住の勝利となった。 試合後、北住の監督・古賀に最後のシュートに迷いがあったことを指摘され、空はショックを受ける。 さらに、善戦したと満足げだったナベやチャッキーも、千秋から北住がベストメンバーではなかったことを聞き、うなだれることしかできなかった。 それぞれのメンバーが、自分の実力不足を肌で感じる中、クズ高では恒例の球技大会が始まろうとしていた。 空とトビはそれぞれのクラスでバスケに出場する。 第22話『ラストピース』 クズ高球技大会でバスケの試合に参加する空だが、3ポイントシュートを1度も打たないことを奈緒に指摘される。 そんな中、バスケの準決勝は、空のクラスとトビのクラスの直接対決。 試合を観ていた奈緒は、バスケ部が強くなるにはもう一人メンバーがいればと考える。 その時、別のバスケ準決勝に出場していた高身長の生徒・茂吉の姿が目に留まる。 第23話『月とリング』 球技大会で茂吉のフックシュートを見た空と奈緒は、プレーヤーとしての彼に俄然興味を持つ。 ドリブル音に惹かれて体育館に来た茂吉をバスケに誘うが、医者から運動を止められていると断られてしまう。 茂吉がやりたくてもできないと感じた空は、茂吉を由夏に重ねる。 そして、ついに高校総体予選の組み合わせが発表され、クズ高メンバーは練習にもやる気を見せる。 一方、トビは茂吉がバスケ部の勧誘を断るために「医者から止められている」とウソをついたと知り、彼に食ってかかる。 第24話『光』 予選まであと1週間。 体育館に向かう空たちの前に茂吉が現れ、バスケ部に入れてほしいと頭を下げる。 本気でバスケをやりたいという茂吉は、化学部に退部届まで提出していた。 しかし、空は茂吉の「本気」が信じられないからと、1ON1を要求し、茂吉はそれを引き受ける。 挑発的に3ポイントシュートを決める空。 フックシュートを繰り出す茂吉。 体力的にとっくに限界を超える中、茂吉は空に食らいつき荒々しくダンクを決める。 茂吉は後悔した過去を思い出していた。 第25話『埋もれた才能』 中間試験で赤点を取ったら、試合には出場させない。 顧問の五月にそう言われて臨んだテストを何とかクリアしたクズ高メンバー。 予選当日、気分が高揚して、一睡もできなかった空。 試合前にクズ高体育館に行くと、ヤス、ナベ、チャッキーも眠れずに体育館で練習していた。 なんだかんだで全員集まり、揃ってインターハイ予選会場に入る。 公式試合の独特の雰囲気に緊張が高まる中、初めてクズ高のユニフォームを着て、胸を高鳴らせるクズ高メンバー。 相手は新城東和学園。 ついにクズ高の予選初戦の火蓋が切られる。 第26話『RUSH AND RUSH』 地区予選初戦、クズ高の相手は新城東和学園。 「個々の能力ならウチのほうが上」という奈緒の言葉もあってか、クズ高は優位に試合を進めていく。 しかし、茂吉は全員の能力が新城に勝っているとは思っていなかった。 試合が進むにつれ、高橋の戦略と抜群のバスケセンスに牽引された新城のチームプレーに千秋が持ち味とするパスセンスが狂わされる。 いらだちを隠せなくなる千秋。 一度はタイムアウトを取ろうと考えた奈緒だったが……。 第27話『THE HARD PLAY』 クズ高がリードした状態で、第2クォーターが始まった。 高身長のオールラウンダー、バスケの理想型とも言える高橋を中心とした新城の果敢な試合運びに押され、クズ高は逆転を許してしまう。 それでも強気で攻め返し、勢いを取り戻しつつあったそのとき、千秋が3つめのファウルをとられてしまう。 主力の退場を避けるため、千秋とヤスを一時下げ、メンバーに指示を出していく奈緒。 千秋の代わりにポイントガードを任され、千秋の穴を埋められるかと鼓舞された空は、改めて気合いを入れ直す。 第28話『誓い』 茂吉とトビの活躍で、1点差にまで詰め寄ったクズ高だったが、すぐさま新城に差を広げられてしまう。 しかし空は、千秋からポイントガードに必要なのはチャンスを見逃さない「目」だと言われたことを意識することで、少しずつ試合の全体が見えるようになっていく。 クズ高が1ゴール差まで巻き返し、チームの空気も良くなってきたところで前半が終了。 すると、ベンチにいるはずの千秋がいない。 「カッコ悪いことに耐えられない」性格をよく知る百春は、嫌な過去を思い出す。 第29話『キズナ』 汗だくになって自分を探しに来てくれた奈緒により闘志を取り戻した千秋。 新城のプレーの起点が高橋と見た千秋は高橋と競り合う。 パスは精度を取り戻し、形勢は逆転。 クズ高の猛攻で一気に新城を突き放す。 一方、新城ベンチでは靭帯損傷で試合に出られずにいた児島が、後輩にテーピングを指示。 高橋と児島はバスケ部のなかった新城でイチからバスケ部を立ち上げ、インターハイ出場を目標としてきた。 ついに今、インターハイの地区予選。 窮地ともいえるこの場面に、児島はケガを押しても出場することを高橋に乞う。 第30話『存在意義』 児島がケガの痛みに耐えて果敢に点を取りに行く姿に新城メンバーは鼓舞され、勢いづいていく。 取られた点はすぐに取り返すクズ高だったが、試合が進むにつれ、徐々に体力の差が表れ始める。 スピードが全く落ちない新城に対して、だんだんと疲弊していくクズ高。 攻防が続く中、空の母・由夏が病院から外出許可をもらい、試合会場に訪れていた。 空に気付かれない場所から観戦する由夏。 懐かしい空気の中、ユニフォーム姿で走る空の姿を見つめ、素早くシュートを決める姿に満面の笑みで手を叩く。 しかし、新城の柏木の目に一瞬怯んだ千秋が、4つめのファウルを取られ、流れは再び新城へと傾き始める。 第31話『守るべきもの』 勢いづく新城を止めるべく、メンバーチェンジでトビが試合に戻ってきたが、新城の猛攻は勢いを増す。 得点はリードしているものの体力が限界に近づき、ついに6点差まで迫られてしまう。 新城の柏木によるシュートを必死に阻止しようとした空は、勢い余って倒れてしまい、起き上がることができない。 そんな空の必死なプレーに応え、クズ高メンバーはこの点差を守るため、改めて闘志を燃やす。 第32話『TIME LIMIT』 最終クォーター、クズ高のリードは4点差まで詰められ、試合時間は残り1分を切った。 新城のファウルで、クズ高にフリースローのチャンス。 1本目を外し、緊張がピークになる百春に、千秋は「どーせ入らん」とストレートに告げる。 緊張のほぐれた百春だったが、惜しくも2本目も外してしまう。 こぼれたボールを奪った新城が児島の踏ん張りもあってゴールを決め、ついに1ゴール差に迫られた…!• 第33話『LIFE』 クズ高と新城の試合が終わった。 母・由夏の容態が悪いと知らされ病院へ向かった空。 「大きく産んであげられなかった」と謝る由夏に、空はバスケを通じて出会った素晴らしいプレーヤーたちについて熱く語る。 ここまで頑張れたのは自分の身長が小さかったからだ、と。 空は由夏に感謝を伝えるのだった。 第34話『光跡』 バスケ部の部室が全燃。 その原因として、百春たちが吸おうとしたたばこの火の不始末が疑われた。 五月から問い詰められ、たばこを吸おうとしたという事実を伝えた百春に、五月や奈緒は厳しい言葉を口にした。 空が居ない中、クズ高バスケ部はバラバラになってしまった。 それでも五月は校長や教職員に対し、事実を伝えたうえで、彼らがこの1か月どれだけ頑張ってきたのかを訴え、なんとか彼らを守ろうとする。 第35話『STAND』 クズ高バスケ部の廃部が決まり、百春たちは無期停学となった。 休みの日に体育館を訪れたトビは、そこで謎の男から声をかけられ1on1の申し出を受ける。 男のプレーについて行けず驚愕するトビに、その男は、横浜大栄高校の不破豹だと名乗る。 一方、由夏の葬儀で長野に帰っていた空が、ようやく神奈川に戻ってきた。 第36話『KIDS ARE ALLRIGHT』 百春たちが停学している中、奈緒や千秋ら残されたメンバーは「バスケ同好会」を作るべく奔走していた。 しかし、同好会にも顧問がいなければ認められないと分かる。 長野から戻ってきた空も事件のことを知るが、「一番辛いのは百春たち」と話す。 一方、百春は五月の家を訪れていた。 第37話『TENDER』 百春たちの停学がとけた。 空たちが目指すのは、今のメンバーでのインターハイ優勝。 しかし同好会の顧問探しは難航。 残すところ可能性があるのは、五月のみとなっていた。 百春は五月を説得する役をケジメとして申し出る。 そして、百春は空に改めて高校生活をバスケに賭けることを誓う。 第38話『ピアス』 バスケ部を復活させるために校長が空たちに与えた条件は、教師たちの前で練習試合を行うこと。 その相手は、ナベが勝手に練習試合を受けてしまった横浜大栄高校。 インターハイにも出場したことがある強豪校相手におののくクズ高メンバーだったが、奈緒はそれ以上にチームがどこかバラバラなことを気にしていた。 そんな中、空と奈緒は神奈川県予選決勝ブロックの会場へと向かう。 第39話『FIGHT FOR ROCK FOR LIFE』 ナベが自分の役割について悩んでいる頃、決勝ブロックの横浜大栄対新丸子の試合も白熱していた。 追いつ追われつが続く中、登場したのは横浜大栄の白石 静。 奈緒は空に、千秋に見てほしかった選手だと告げた。 空たちとは別の場所で白石のプレーを見ていた千秋は、大栄との試合は自分が勝利のカギを握っていると考えていた。 第40話•

次の

「シティダンク:フリースタイル」,TVアニメ「あひるの空」とのコラボイベントが開催中

あひるの空アニメ広場

拍手数ランキング• icon• icon• icon• icon• icon 過去の発言• icon 2020年• icon 2019年• icon 2018年• icon 2017年• icon 2016年• icon 2015年• icon 2014年• icon 2013年• icon 2012年• icon 2011年• icon 2010年• icon 2009年• icon 2008年• icon 2007年• icon 2006年•

次の

話題のエンターテインメントビル「Mixalive TOKYO」オープニングイベントアニメ「あひるの空」展

あひるの空アニメ広場

\『リゼロ2期』見るならここ/ サービス名 配信状況 無料期間 見放題 31日無料 大人気小説・そしてアニメの 『Re:ゼロから始める異世界生活』ことリゼロの 2nd season 2期 が始まりました。 4章では聖域の解放を成し遂げ、大兎を退けて、ロズワールの暗躍をも防いだスバル達! 5章ではアナスタシアに招待され水門都市プリステラに行くことになったスバル達でしたが、大罪司教の襲撃が・・・! ということで今回は 「リゼロ3期アニメ」をやるとしたら放送されると思われる 5章「歴史を刻む星々」の水門都市プリステラ編である原作小説16〜20巻までの内容を簡易的にネタバレしていこうと思います! さらに リゼロ2期アニメを全話無料視聴する方法もご紹介します! 何も考えずにとにかく今すぐ安心安全高画質で「リゼロ2期」の動画を全話無料で見たい!という方は 以下の手順で無料視聴してみてください。 2期アニメは2020年7月に前半クール、2021年1月に後半クールが放送されます。 アニメ3期はその後決定するかと思われます。 ただ、必ず売れるくらい先の展開も面白いので、アニメ化はされると思っています。 そして 放送日についてですが、1期から2期まで4年もかかりましたが、次放送するならもっと早い放送になるのではと思います。 ですので 2022年中などありえるかもしれません。 原作については、恐らく5章をそのままやると思うので、 16巻〜20巻です。 しかし レムの存在は忘れ去られ眠り姫の状態になり誰も覚えていませんでした。 さらにアーラム村の住民が戻っていないということで、 「聖域」と呼ばれる場所に避難したはずのロズワールやラム、そしてアーラム村の住民の元へ行くことに。 そこでは 大罪の魔女達との出会い、試練の突破、ロズワールの暗躍、エミリアの過去、聖域の結界の解放、ベアトリスとの契約、三大魔獣・大兎の討伐などを乗り越えて、スバルは正式にエミリアの騎士となりました。 そんな中、レムが目覚めないまま1年が過ぎると、アナスタシアから 水門都市プリステラへ招待されます。 そこでパックの依り代になりえる魔晶石を所有している人がいるとのことで水門都市プリステラへ向かうことに。 そんな水門都市プリステラで、 複数の大罪司教との大きな戦いが始まります・・・ ということでここからネタバレしていきますが、簡易的にまとめたものになりますので、端折っている所が多々あります。 アナスタシアに招待され水門都市プリステラへ 聖域の結界が解放されてから1年が経過していました。 焼けたロズワール邸は新ロズワール邸で暮らしており、契約したベアトリスはスバルにべったりとなり仲良くなっていました。 スバルはメイザース家に昔から仕えているというクリンドという執事に鍛錬を受けて成長していました。 そんな中、アナスタシア陣営のミミとユリウスの弟のヨシュアが訪れます。 そこでパックの依り代となりえる高純度の魔晶石を持つという商人が水門都市プリステラにいるということでアナスタシアに招待されます。 そしてスバル、エミリア、ベアトリス、オットー、ガーフィールの5人で向かうことに。 オットーは行商人ですが、あれからエミリア陣営の内政官としても行動しているようです。 そして12日後に水門都市プリステラに到着します。 プリステラは湖の上にある都市で地竜の代わりに水竜がおり、1番街〜4番街まで街が区画で分かれているようです。 そして会う約束の水の羽衣亭に向かうとそこは木造建築の旅館のような造りでした。 日本にあるようなワフー建築との出会いでした。 そしてアナスタシアが出迎えてくれます。 するとミミがガーフィールを見つけると連れて行ってしまいました。 そしてこのワフー建築様式はカララギ式というそうで、カララギを建国したという「荒れ地のホーシン」が広めたそう。 これを聞いてスバルはホーシンも異世界召喚された人間だと感じます。 ホーシンは400年前、アルが20年前、スバルが1年前に召喚されていたということになります。 そしてアナスタシアとユリウスが揃います。 そしてアナスタシアによると、王戦が始まって1年だからお互いの近況報告の機会を作ってもええんちゃうなかと思ったとのこと。 そして魔晶石を持っているのはこの都市の大商会の跡取り息子で歌姫狂いだそう。 歌姫と歌姫狂い それから竜船に乗って魔晶石を持つ人の所へ行こうとしますが、船酔いして吐いたスバルはベアトリスと共に降りて他の人を先に行かせます。 具合がよくなってきたスバルは歩いて向かいますが、その途中の噴水で歌っていた吟遊詩人の少女・リリアナがいました。 以前屋敷にきたというリリアナと再会したスバルはハイタッチをします。 そして聞くところによればなんとこの街にいるという歌姫はリリアナでした。 そしてその歌姫狂いというのがキリタカだと言います。 このキリタカも以前ロズワール邸にきたことがある人物でスバル達は面識がありました。 キリタカ・ミューズはこの街を牛耳るミューズ商会の若商会主とのこと。 そしてスバルはリリアナに噂はお聞きしてますと言われ「幼女使い」ナツキ・スバルと言われます。 この1年間でベアトリスを連れて歩いたことでスバルはそう呼ばれるようになったそう。 それからリリアナが商会まで案内してくれることに。 そして魔晶石の話をし商会の商談中の部屋の前までくるとタイミングを見図らずにリリアナがいきなりたのもーう!と入ってしまいます。 リリアナがキリタカにエミリア達がいるのにのけものにされたと憤慨し、それを静止しようとスバルがリリアナにふれると、キリタカが僕のリリアナに触るな!と怒り、その場で青い魔石を投げられ応接間が吹き飛びます。 そして初日の交渉は決裂しました。 キリタカの護衛のダイナスがキリタカについて謝罪します。 王戦各陣営の再会 水の羽衣亭に戻るとヨシュアが誰かを中に入れまいと争っていました。 それは王都でスバルが最初に絡まれたトンチンカンのチンであるラチンスでした。 すると後ろからラインハルトが来ました。 するとラインハルトから今ラチンスはフェルトの元で従者として働いてると言います。 さらにトンチンカン3人とも従者だとか。 そしてアナスタシアに招待されたということでした。 そしてアナスタシアには今先客がいるとのことで茶室に案内されるとそこにはヴィルヘルムがいました。 それからエミリア陣営、アナスタシア陣営、代表不在のフェルト陣営、そしてそこにクルシュとフェリスも現れました。 そしてアナスタシアは話の通じないプリシラ陣営には声はかけなかったとか。 エミリア陣営と同じように欲しいものがあったそうで、クルシュ陣営は大罪司教の暴食の情報だとか。 そこにフェルトも登場します。 それから一旦解散し風呂に入って夕食時にまた集まることとなります。 エミリアやベアトリスが浴衣になって出てきます。 それから夕食に。 すると日本の懐石料理のようなものが出てきて、スバルは久々の刺し身に感動します。 眠る前にスバルは少し歩こうとするとヴィルヘルムと出くわします。 そして妻テレシアの話をしてもらいます。 そしてスバルが気になっていたラインハルトとの微妙な関係を聞きます。 するとヴィルヘルムもどうして自分の孫とこうして言葉を交わせずにいるのだろうと思っていると言います。 しかし悩んでいるヴィルヘルムにスバルは笑ってしまい、孫に嫌われるのを怖がってるおじいちゃんにしか見えませんと言います。 そしてヴィルヘルムはスバルの話を聞いてラインハルトへ一歩踏み出そうと思います。 アストレア家の不和 翌朝になり、ご飯が出ますが、それは『ダイスキヤキ』として名前が伝わる、お好み焼きでした。 そんな中ヴィルヘルムはうまく作れていないようでした。 そんな中プリステラにミーティアでは放送が流れます。 それはリリアナの声でした。 凄い間が悪いのか、リリアナは剣鬼恋歌とタイトルを付けた歌を歌います。 そこで決心したのか、ヴィルヘルムはうまく焼けないのだが、とラインハルトに声をかけます。 ラインハルトははい、お祖父様と返します。 ・・・しかしそんな時部屋に何者かが入ってきて、そりゃないぜ親父殿、今更都合よすすぎるじゃねえかと言います。 赤毛の40歳ほどのその男は酒を飲みながら入ってきます。 スバルがお前誰なんだよと言うと、ルグニカ王国近衛騎士団副団長のハインケルだそう。 すると凄まじい形相でハインケル!とヴィルヘルムが呼びます。 するとハインケルは、ラインハルトにお前が死なせた先代様の敵討ちをしていただいたんだからなと言います。 ヴィルヘルムはやめろハインケル!と言います。 しかしハインケルは、先代を殺したと最初にラインハルトをなじったのは他でもないあんたなんだからなと言います。 死んだ母さんは俺たちを呪ってる三代揃って俺たちは許されねえのさと言います。 この男はハインケル・アストレア、ラインハルトの父親でありヴィルヘルムの息子でした。 そこでエミリアはなぜ王戦候補者とは関係のないあなたがここに来たのか聞きます。 すると後ろからプリシラとアルが現れます。 そしてプリシラはハインケルをここに連れてきて、それは面白そうだと思ったからだと言います。 スバルが激昂しますが、アルが静止します。 それからフェルトによると、アストレア家の家督はラインハルトではなく、ハインケルにあるそうで、ハインケルはラインハルトに譲るつもりはないとか。 これはフェルトがアストレアの領地を中心に活動してきたので、その基盤が崩れかねる話でした。 そしてハインケルはフェルトを支持しないと言い、支持するのはプリシラだと言いますが、プリシラがなぜかうるさいと床に叩きつけます。 赤い陽剣を取り出しハインケルを今にも殺しそうになっていたのをアルが止めます。 その後プリシラとアル達は出ていきました。 その場の雰囲気は最悪になり、スバルはユリウスにハインケルが15年前に行方不明になった王族誘拐疑惑がハインケルにあったり、副団長として優遇している話をする。 さらに白鯨大征伐の時、剣を置いていたテレシアを参加するように推薦したのはハインケルだと言われているとか。 ハインケルが参加を辞退する代わりにテレシアを推薦し参加することとなったとか。 劇場型悪意 その後、スバルはベアトリスとエミリアと噴水広場に行くとリリアナと1人で行動していたプリシラがいた。 プリシラはリリアナの歌を称賛していた。 そしてスバルは皆の飲み物を買ってくることに。 するとラチンスと出くわす。 2人が歩いていると、刻限塔の上部に立ち尽くす人がいた。 群衆はその人物に注目していたが、その人物は『魔女教大罪司教憤怒担当シリウス・ロマネコンティ』と名乗った。 スバルはロマネコンティと聞いてペテルギウスを思い出す。 そんな中破裂音を炸裂させ、下の民衆の注意を惹かせる。 確かめたい事があるという。 そこでスバルがシリウスに4人女の子を待たせてるから解放してほしいという。 シリウスが女の子を待たせてはいけないというと感情的になりかける。 そして魔女教では穏健派として通っていると話す。 想像以上に会話が成立した。 そしてシリウスが本題に入り、確かめたいことは愛についてだという。 民衆はそんな事かと安堵するとシリウスが手を打つ。 そして鎖に拘束された9歳のルスベル男の子をだす。 するとルスベルの苦しそうな様子になぜか民衆は励まし始める。 さらにルスベルの家族関係を話すとさらに拍手喝采、ラチンスも涙を流す。 そしてシリウスはルスベルを宙に投げる。 拍手に包まれながらルスベルは落下し死亡。 それを見届けると民衆が一斉に死亡した。 スバルは瞬きをした瞬間リリアナ達がいた噴水広場にいた。 顔面蒼白でスバルは自分が自分でなくなる体験に気持ち悪さを感じた。 そして死に戻りした時間がたった十数分前だった。 魔女教の狙いはエミリアだと思いスバルはベア子に任せ再度刻限塔広場へ向かう。 シリウスが現れるより早く行き、今度は刻限塔の中へ入った。 クリンド仕込みの足音を消す歩き方で会談を登るとシリウスとルスベルがいた。 新たにスバルの武器となった素材となった魔獣の鞭ギルティウィップを取り出す。 そしてシリウスを絡め取り階下へ落とす。 ルスベルを見ると自分で鎖を巻いていた。 しかしルスベルが嘔吐し倒れると同じようにスバルも嘔吐し倒れてしまう。 そこにスバルがシリウスに宙吊りにされる。 そしてシリウスがぐだぐだと戯言を並べるとスバルの意識が飛ぶ。 また死に戻りをしていた。 死にゆくスバルにシリウスが語っていた。 恐怖の感情が互いの間で高まる共振みたいなものかと思う。 そして刻限塔広場での事も考え、怒りや感情を歓喜に書き換えられ、塔内のルスベルの恐怖をスバルの恐怖とすり替えられた。 憤怒の権能は他人の感情を好き放題操れるって所だと思う。 そこで攻略法を考えラインハルトを思いつく。 ラチンスの元へ走り今すぐラインハルトを呼べという。 しかしラチンスに理解されず5分かかりゴーアを上空に打ち上げてもらいラインハルトに合図を送る。 その時シリウスが刻限塔に現れる。 シリウスが一言喋った瞬間耳をふさげもできなくなっていた。 そこにラインハルトが現れる。 合図から30秒で到着した。 スバルは権能を洗脳だと話し、龍剣を抜けないラインハルトはシリウスを蹴りで上空へ飛ばす。 その間スバルはルスベルを助け外に出ると『殺せ!』と殺戮コールが鳴っていた。 スバルもラインハルト、殺せ!と言うとラインハルトは手刀でシリウスを切断する。 ラインハルトは振り返るとスバルも民衆も全員切断されたように死亡していた。 対抗策 スバルは死に戻りしていた。 今回の死に方はシリウスの死に方と一緒だった。 シリウスの権能は感情だけでなく、肉体の変調も共鳴共振させられると判明する。 ラインハルト任せの戦いは誤った回答だった。 それからプリシラとリリアナとエミリアを置き、ベア子を連れてあるき出す。 そこで情報の出所を伏せ魔女教が現れる事をいう。 そして感情と感覚の共有の権能の話をする。 ラインハルトの話をするとベア子はラインハルトの体質が原因でベア子は役に立たなくなるという。 そこに存在するだけで周囲のマナはあれに従おうとするという。 そこでベア子は権能は意思疎通の魔法ネクトに似ておりシャマクが出番だという。 影響下の人間をシャマクで囲みラインハルト抜きでシリウスを倒すという。 スバルは途中歓喜したが、結論に押し黙った。 そんな時エミリアが来た。 プリシラに追いかけないと後悔するかもと言われたそう。 そしてエミリアに説明し、シリウスが出てきた所でウル・ヒューマを放つ。 周りの民衆は既に正気ではなかった。 ベア子にシャマクの準備はと聞くと、シクッたと言いネクトとは根本的に違う呪いに近い魂への干渉だからシャマクじゃ太刀打ちできないという。 するとシリウスが臭い臭い!と言いながら刻限塔から出てくる。 『私からあの人を奪う半魔の悪臭。 あの人じゃないのくせにあの人ににた汚らわしい臭い』だという。 炎を纏った鎖を持ったシリウスが地上へ落ちてくる。 『クソ半魔にクソ精霊まとめて焼き焦がしてや燃えカスを夫の墓前に撒いてやる』という。 スバルはこれまでとは違った激情するシリウスを見た。 エミリアはシリウスと戦うも押して倒せそうだった。 しかし殺すことはできない。 そして民衆は狂気に満ち、スバル達に襲いかかろうとしていた。 逃げながらスバルはクリンド仕込みのパルクールで軽快に移動し刻限塔のルスベルの元へ。 ルスベルの元へ辿り着くと、民衆の1人が追いかけて来ていた。 そこでベア子は勝負せずシャマクを使う。 79番目の妻 一方エミリアはまだ戦っており、エミリアのマナ貯蔵量を生かした壊れること前提の氷の武器拘束錬成、スバルがアイスブランドアーツと名付けた戦闘技法で死闘を演じていた。 シリウスがエミリアに暴言を吐くとエミリアは『この目も声も髪も大好きな人が褒めてくれたもので世界で一番カッコイイ女の人とおんなじだから、それを変なふうにいって怒った』というと、シリウスは『怒る?冗談じゃないそれは私があの人からもらった大事なものだ。 この役割も名前も全てあの人からの贈り物、それを私から奪おうなんてやめろ』という。 シリウスがエミリアの両親も罵倒するとエミリアは怒り氷剣を振りかざすも何もない空間から鎖を引きずり出し、ルスベルの幼馴染のティーナを出した。 そしてシリウスは腕を振り下ろし爆風を起こしエミリアを吹っ飛ばす。 それを見ていたスバルはエミリアの元へ行こうとしていたものの、ティーナの感覚が伝染したのか恐怖で動けなくなった。 エミリアになんとか駆け寄ると、エミリアを窮地から救い出した人物がいた。 その白髪の青年は『魔女教大罪司教強欲担当レグルス・コルニアス、約束通り彼女をボクの79番目の妻にする』と言った。 スバルは驚愕した。 そんな中シリウスがエミリアをレグルスごと業火で襲った。 しかしレグルス、そして抱きかかえるエミリアにも全く焼け焦げた跡はなかった。 この子を焼き殺すつもりだったろというと、シリウスは『それは私のものだあの人からもらった宝物だ』という。 レグルスはまだ死んだ馬鹿に拘ってるわけ?と言うとシリウスは激怒する。 そのまま業火で攻撃するとレグルスの地面だけクレーターになっていた。 刻限塔広場の結末 そこでベア子がスバルを叱咤する。 スバルはルスベルに1人で逃げられるか聞き、ティーナは任せろと言う。 エミリアに気安く触るなと言うと、シャマクを使う。 さらに『E・M・M』と詠唱する。 スバルとベア子が編み出した3つのオリジナル魔法の一つ、不可視の魔法フィールドで体を覆い、世界から存在を半歩だけずらすことでスバルへの干渉を一切無効化する完全防御術式。 レグルスの顔面に拳を叩き込む。 しかしレグルスの顔に赤みすら残らず常時E・M・M状態だった。 そしてインビジブル・プロヴィデンスでレグルスの顎に見えざる拳で突き上げる。 しかしスバルにも行使の代償で血を吐く。 しかしエミリアを取り戻すまでに至らなかった。 レグルスはエミリアの名前を知らず、顔が可愛い愛なんてそれが全てだと言う。 スバルとベア子が死ねという。 そこにシリウスの火炎が舞う。 そして『見つけた』という。 するとスバルの事を愛しいペテルギウスだという。 レグルスは『彼の手品を見て気持ち悪い妄想をしたんだろうけど』という。 そしてシリウスは用が済んだのなら去れというとレグルスが勝手にロマネコンティを名乗ってペテルギウスの権利の侵害だよねという。 すると、ペテルギウスとの思い出を語りだす。 名前をくれた、食事の残りを啜っても許してくれた、吐いた息を吸っても許してくれたと言う。 そして嫉妬の魔女への憎悪を吐く。 魔女教の目的は嫉妬の魔女の復活ではなかったのかとスバルは思う。 そしてレグルスがもう時間だというと爪先に石畳を叩くとそのままスバルへ残骸が飛び右足が切断される。 シリウスも今は福音書の指示を優先しなくてはと言い去る。 広場は憤怒の権能でスバルと同じく負傷を共有された民衆が50人ほどいた。 赤ちゃんとゾンビと奴隷とオットーをお届けする短編集4巻。 その終結と、あらたな幕開けの20巻。 6月25日発売です。 そんな人の為に 「リゼロ2期」の動画を無料で1話から最新話まで見返せる方法があるんです。 それが 動画配信サービスの無料期間を利用する方法です。 Anitube等にアクセスできなくなった今、 全話高画質高音質で安心安全に視聴するには絶対に公式な動画配信サービスがお勧めですよ。 そこで、この 動画配信サービスの無料期間を利用すれば、 全話動画を無料視聴することができるんです。 ということで管理人が特に優秀だと思う 「リゼロ2期」が配信されているサービスを紹介します。 \「リゼロ2期」の配信状況/ サービス名 配信状況 無料期間 見放題 31日無料 見放題 2週間無料 見放題 2週間無料 上記の配信状況を見ると どのサービスでも視聴できるようです。 ただ、その中でも 管理人も利用していて一番お勧めできるのがU-NEXTです。 U-NEXTは どの動画配信サービスよりアニメ配信数が多く、無料期間も長いです。 さらにアニメ映画も見れる無料ポイントももらえるのでこれ以上に良いサービスはありません! さらに U-NEXTでは以下のリゼロシリーズの動画が見放題で配信されていますよ! ・ ・ ・ ・ ということで U-NEXTの無料期間を利用して「リゼロ2期」の動画を無料視聴してみてください! 以下に無料視聴の手順をご紹介しておきます!.

次の