写真加工アプリ。 [2020]写真加工の無料アプリおすすめ|美肌・ぼかしなど多機能!こだわりの一枚を

【最新】写真加工・画像編集おすすめアプリまとめ(iPhone/Android)

写真加工アプリ

いい感じの文字入れができる「LINE Camera」 たとえばフリマアプリで出品する際など、写真に文字を入れたいというシーンは少なくありません。 メルカリやラクマ、ヤフオク! のアプリには簡易的な画像加工機能がついているものの、フォントの種類が少なく、正直物足りなさを感じます。 そこでおすすめしたいのが、フォントの種類やカラーが豊富で手書き機能も充実した「LINE Camera(ラインカメラ)」です。 アプリを起動し、[アルバム]をタップして編集する写真を選択したら[編集]をタップします。 続いて、画面下の選択メニューから[T]をタップするとテキストを入力できます。 次のフォント選択画面では、[Aa]タブの100種類を超えるフォントが用意から、文字や文字の輪郭の色などを選択。 複数の手書き風フォントを無料でダウンロードできます。 手書き機能も搭載。 ペンのタイプやカラーは、プリクラの落書きを彷彿とさせる充実ぶりなので、逆に選ぶのが大変かもしれません。 文字入れ機能の他にも、ホワイトバランスや、キラキラしたエフェクト、フレームなどの画像をきれいに仕上げる機能も備わっています。 また、長方形(3:4)の写真を正方形(1:1)にトリミングすることも可能。 フリマアプリやInstagramなどに掲載する写真もスムーズに作れます。 おしゃれなフィルタが多数使える「Snapseed」 普通の写真を手っ取り早くおしゃれに加工できるのが「フィルタ」機能。 ただ、スマホに標準搭載されたカメラアプリのフィルタ機能では、少し物足りなく感じることもあります。 そこで活用したいのが、Googleが提供する「Snapseed」です。 カテゴリ別のフィルタを多数備えており、さまざまなスタイルの写真へと加工できます。 アプリを開いたら、[+]マークをタップして写真を選択します。 時間がないときなど、あらかじめ厳選されたフィルタから選ぶ場合は[効果]タブをタップ。 11種類から好きなテイストを選べます。 より多数のエフェクトからこだわって選びたい場合は、[ツール]タブから進みます。 ピンク色の枠をつけている10個のアイコンには、それぞれ数種類から十数種類のエフェクトが準備されています。 写真を見比べながらフィルタ選びが可能です。 最後に画面下のチェックボタン をタップすれば保存が完了します。 ちなみに、フレームをつけることもできます。 白や黒を基調とした23種のフレームが用意されています。 なお、フレームの幅も調整が可能です。 余計なモノを消せる「Adobe Photoshop Fix」 被写体や風景の一部に邪魔な物体が写り込んでいる場合、「Adobe Photoshop Fix」を使ってみてください。 簡単に余計なモノを消すことができます。 次に、消しゴムのサイズと硬さを選びます。 硬さの数値が低くなるほど、柔らかく取り除かれるイメージです。 指で触れた部分が赤くなり、この範囲が取り除かれます。 ただし当アプリは、壁の中の汚れや、木々の間に写った人物など、似ている背景が続く場所のほうが効果を発揮しやすいようです。 試しに、夜空に浮かんだ看板に描かれたイラストを消そうと試みましたが、上手く取り除けませんでした。 簡単にぼかしやモザイクが入れられる「Fotor」 SNSに写真を投稿する際などに、ぼかしやモザイクを施したいと思うことがあるかもしれません。 そんなときに使えるのがモザイクの強弱レベルも調節できる「Fotor」です。 なお、モザイクの他にコラージュやフレーム機能なども搭載されています。 [編集]をタップして、カメラロールから写真を選ぶか、[カメラ]から撮影します。 画面下部のメニューバーから[モザイク]をタップしてください。 モザイクをかけるサイズやモザイクの強弱レベルを調節します。 被写体の表情が分からない程度にうっすらモザイクするなら、メモリは左寄りに。 完全に判別できないようにしたければ、メモリを右側に寄せればOK。 掛けすぎたモザイクを取り消したい場合は、[消しゴム]をタップ。 モザイクを取りたい部分にタッチして消していきます。 最後に画面右下の[チェック]ボタンをタップして保存すれば終了です。 美肌・メイクアップ加工の定番「SNOW」 SNSなどで若年層を中心に話題になった「SNOW」。 顔を盛るための機能が充実しており、一度使ったら手放せない最強アプリです。 たとえばメイクを施したり、輪郭やエラを小顔に補正したりすることが可能。 さらに、仕上げにスタンプ機能を使うことで、一気にかわいい写真になります。 メイク機能 まず、メイクを施します。 アプリを開いたら、左下の[編集]をタップしてカメラロールから写真を選択するか、そのまま撮影してください。 写真を選んだら、下のメニューバーから[ビューティ]をタップします。 左:顔の横幅を最大値までスリムに 右:アイシャドウを塗布 「ビューティ」タブでは、顔の横幅をスリムにしたり、エラを削ったり顎を短くしたり、理想に近い骨格に補正することが可能。 エフェクトの強弱を調整する際は、バーを左右に動かしてください。 続いて、メニューから[メイク]機能をタップします。 カラーコンタクト、アイブロウ、シャドウ、アイライン、マスカラ、チーク、リップなど一通りのメイクカテゴリが用意されています。 アイブロウ・アイシャドウ・アイライン・チーク・リップなど全体的にメイクを施しました。 さらにフィルターをかけることで、柔らかい雰囲気が出せます。 スタンプ機能 「スタンプ」タブには、スタンプのほかに、フィルタ、文字入れ、フレームなど写真を華やかにするアイテムがたくさん揃っています。 猫耳をつけたり、顔周りに動くイラストを表示させたりしてみました。 この他にも、韓国の男性ヒップホップアイドルグループBTS(防弾少年団)の動くスタンプなども用意されており、すべて無料で利用できます。 自然な足長加工なら「Beauty Cam」 「Beauty Cam」には、足を長く加工できる機能が搭載されています。 ボトムスを着用していても問題なし。 違和感がなく自然に仕上がるのでおすすめです。 ちなみに、本アプリにはシミやそばかす、ほくろなどを除去してくれる美肌加工も搭載されており、こちらも便利です。 アプリを開いたら[カメラ]をタップします。 端末のアルバムから画像を選択する場合は、上部の円をタップします。 この場で写真を撮影することも可能です。 カメラロールの写真を選択したら、[編集]をタップ。 次の画面で右上の[ブラシ]アイコンを選び、下部のアイコンから[高くする]を選択します。 伸ばしたい部分を調整していきます。 脚を長くする場合は、画面下にある調節バーを右側へ。 脚を少し短くしたいときは左側へスワイプします。 最大限足を伸ばしてみましたが、かなり自然な印象です。 足が隠れるパンツスタイルでも試しましたが、こちらも加工したことがバレない、さりげない仕上がりでした。 絵画やアート風フィルターが充実の「Prisma」 写真を絵画やアート風に変身させるユニークなフィルターアプリ「Prisma」。 ピカソやムンクなどさまざまな画家のスタイルがあり、写真を多彩な作風へと様変わりさせてくれます。 Prismaの操作はとても簡単。 最初に写真を撮影するか、または読み込みます。 写真を読み込む時は、画面下にある上向きの矢印をスワイプします。 タイル状に並んでいるスタイル(現在12種類の無料版が用意されています)を選んで、フィルタを適用します。 写真はインターネットのサーバに送信して処理するため、通信環境が必要です。 左:フィルタが強い画像 右:フィルタを弱めた画像 写真を右へスワイプすることで、フィルタの強弱を変えることができます。 無料版でも十分に楽しめますが、月240円を支払えばパターンの追加ができるようになります。 なお、写真はインターネットのサーバに送信して処理するため、利用するには通信環境が必要です。 【番外編】超簡単に切り抜きができる「removebg」 写真に映った人やモノを切り抜いて、他の写真と重ね合わせられるようになると、加工の幅が広がります。 しかし、納得できる精度で切り抜いてくれる無料アプリやツールは少ない印象です。 「」というサイトでは、高精度の自動切り抜きツールを無料で使用できるのでおすすめです。 手順は、サイトにアクセスして[Select a Photo]から写真を選ぶか、[enter a URL]に写真のURLを入力するだけ。 ものの数秒でこのように切り抜いてくれます。 この写真以外に、人間や毛並みの細かい動物などでもキレイに切り抜いてくれました。 自動切り抜き後の画像は修正することも可能です。 その場合は[Edit]から作業してください。 手作業で、切り抜きたくない部分・追加で切り抜きたい部分を細かく修正できます。 とにかく自動切り抜きの精度が高いツールなので、これまで切り抜きにストレスを感じた経験がある人はぜひ試してみてください。

次の

Windowsユーザーにオススメ!画像加工の無料アプリ10選|ferret

写真加工アプリ

こんにちは、「」編集部のishiokaです。 パスポートや履歴書などの証明写真をスマホで撮影し印刷できる 「証明写真アプリ」。 大手リクルートが運用する履歴書カメラいから、美肌やくま消し加工がある美肌証明写真など沢山のアプリが無料で利用できます。 とはいえ、自分の目的に合った証明写真アプリを使いたいけど「どれがおすすめなのか分からない…!そんな方も多いはず… そこで今回は App Store、Google Playのストアランキングで上位の人気証明写真アプリ10社を比較し、その中で「これはおすすめできる!」と編集部が判断したものをランキングで掲載します。 「今すぐに証明写真アプリTOP5を知りたい!」という方は、次のボタンをタップすればランキングに移動します。 ぜひ参考にして下さい。 人気証明写真アプリおすすめ比較10社を徹底比較! サービス名 使いやすさ 優れた機能面 簡単に印刷 ガイド付き くま消し・美肌 自宅プリンター・コンビニ ガイド付き 美肌 自宅プリンター・コンビニ ガイド付き 背景・美肌・美白 自宅プリンター・コンビニ ガイド付き 背景・美肌・美白 自宅プリンター・コンビニ ガイド付き 背景・美肌・洋服着せ替え 自宅プリンター・コンビニ Instant ID Photo 普通 美肌 なし バイトル履歴書 なし 履歴書作成 なし 証明写真 〜タイマー・ズーム・明るさ調整〜 なし タイマー・明るさ なし Instasize あし 美肌 なし 証明写真ID Photo Pocket なし 美肌 なし 【証明写真アプリを比較する上での基準】 証明写真アプリを選ぶ時は 使いやすさ、優れた機能面、簡単に印刷といった3つのポイントを比較し選別することを推奨しています。 こちらの証明写真アプリ10社はApp Store、Google Playののストアランキングで上位にランクインしたアプリを比較したもので、3つの選び方基準に選ぶことをおすすめしています。 1つ目は、使いやすさを重視します!写真はあなたの第一印象を伝える大切な役割がありますが、顔写真を撮影する角度や、背景によってその印象は変わります。 したがって 「どのように顔写真を撮影したらいいのか?」ガイド付きのものを選ぶようにしましょう。 また証明写真アプリには、 くま消しや美白をはじめ、背景を加工するといった「顔写真を美しく見せる機能」が含まれています。 2つ目の優れた機能面のアプリを選ぶも大切です。 最後に、撮影と加工が終わったものをコンビニや自宅のプリンターで簡単に 印刷できる機能がついているアプリを選びましょう。 使いやすさ ガイド付き 機能性 くま消し・美肌・履歴書アプリ「レジメ」と連動 印刷 自宅プリンター・コンビニ ストアランキング App Store、Google Play共に3位以内 おすすめ度 パスポート、免許証、マイナンバー、履歴書などの証明写真の撮影や印刷が手軽に作成できる「履歴書カメラ」。 タウンワークやホットペッパーなどを運営するリクルートが手掛けており、お金と時間をかけずに証明写真をアプリだけ作成することができます。 履歴書カメラなら運転免許証・マイナンバー・履歴書などの証明写真を手軽に撮影! 履歴書カメラは、 TOEICや履歴書をはじめ、運転免許証・マイナンバー・住基カードなどの証明写真を手軽に撮影することができます。 撮影のポイントに沿って進めればラクにできるのが魅力的! 撮影のポイントを抑えながら簡単に進めていけます アプリを開き「撮影する」をタップすると撮影のポイントが表示されます。 どのように証明写真を撮ればいのか?迷うことなく進められるでしょう。 履歴書カメラならくま消しや美肌も簡単に調整できちゃう! 取った写真は、違和感のない程度に 「くま消し」や「肌」というタブを開きながら加工することができます。 履歴書カメラなら自宅のプリンターやセブンなどのコンビニで証明写真を簡単に印刷 自宅にプリンターがない場合は、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートのコンビニから60円で証明写真を印刷することができます。 「印刷予約番号」が発行されるので、お近くのコンビニで処理をしてください。 履歴書カメラなら証明写真だけじゃなく履歴書ごと作成できちゃう! 履歴書カメラは、アルバイト探しや就職活動に必要な履歴書をスマホで作れるアプリ 「レジメ」連動しているため、スマホにレジメをインストールし履歴書を作成します。 すると履歴書カメラで作った証明写真とレジメで作った履歴書が連動し、コンビニなどで印刷できるのでとても便利です。 2位:美肌証明写真【美肌加工でキレイな証明写真を!】 使いやすさ ガイド付き 機能性 美肌 印刷 自宅プリンター・コンビニ ストアランキング App Store、Google Play共に5位以内 おすすめ度 とにかく 美肌加工でキレイな証明写真を作成したいなら「美肌証明写真」がおすすめです。 操作も簡単で、アプリの作りもシンプルなので、迷う事なく顔写真を撮影し、美肌加工できるアプリです。 注意すべきは2点ありまして 「加工のし過ぎ」と「画像の端が切れる」といったことです。 ナビに従って目的に合わせた証明写真のサイズで撮影すれば問題ないでしょう。 美肌証明写真ならプロのような綺麗な証明写真が撮影できる! 美肌証明写真は、顔写真の位置調整や美肌加工をかんたん操作で証明写真を作成することができます。 右側の写真は実際に作成してみた完成版のものになります。 ナビに沿って撮影すれば正確な証明写真が出来上がる! 美肌証明写真は ガイドに沿って顔写真を撮影すれば、免許証や、履歴書等へ貼付ける写真を手軽に作成できます。 まずは位置調整を細かく調整するために、頭頂部や顎の下端を青線に合わせながら、緑線に骨格がハマるように撮影すればOKです! 美肌証明写真を使った証明写真のビフォーアフターはコレ! 見るほうの印象をよくするために、顔写真を美肌加工することで写真の明るさや、美肌をスライドするだけで加工することができます。 最後に目的の証明写真を選んだら後は印刷するだけ! 最後は履歴書や自動車運転免許など、目的別に合わせてサイズを選択し印刷するだけです。 5分かからずにすべての作業が簡単に終わらせることができますよ! 3位: 証明写真BOX【プロ並みの履歴書写真を自撮りで簡単に!】 使いやすさ ガイド付き 機能性 背景・美肌・美白 印刷 自宅プリンター・コンビニ ストアランキング App Store、Google Play共に10位以内 おすすめ度 安い価格で効率的に免許証、マイナンバー、履歴書などの証明写真を撮影&印刷できる証明写真BOX。 キレイにこだわりたい…!でもやり過ぎない程度に…!そんな証明写真アプリを使用したい人におすすめです! 証明写真BOXは1枚30円以内のコスパと優れた品質で証明写真が作成できるアプリ 寝不足気味の顔でもワンタップで美肌、美顔修正ができる証明写真BOアプリは、優れた品質を意識した顔写真を印刷したい方には、完成度の高い証明アプリです。 使い方は簡単!はじめに目的に合った証明写真の仕様を決めよう! 使い方はとっても簡単です!アプリを開くと左上の画像のように、サイズを選ぶアナウンスが始まるので、目的にあったサイズをタップします。 あとは、写真を撮影&保存し、自宅プリンターやコンビニなどで印刷すれば完成です! 証明写真BOXなら背景は気にしない! 顔の形を認識し背景を自動クリーニング! 顔写真を撮影したら、背景を選択できるナビゲーションが表示されます。 仮に後ろに無駄な背景が写っていても、 無地やカラーなどカラバリが豊富な背景を選択できます。 証明写真BOXなら美白・美肌機能を使って上品な写真に仕上げれる! 証明写真BOXで背景を選択したら、ナビゲーション下部に設定されている「美肌」「美白」をタップしスライドすれば、上品な証明写真に近づけることができます。 最後は証明写真を保存して印刷するだけ! 証明写真BOXを使うと5分で証明写真を作成することができます。 保存して、自宅のプリンターやお近くのコンビニ、スーパーで印刷すれば完成です! 4位:Bizi ID — コンビニ証明写真【24時間365日証明写真を作成!】 使いやすさ ガイド付き 機能性 背景・美肌・美白 印刷 自宅プリンター・コンビニ ストアランキング App Store、Google Play共に10位以内 おすすめ度 Bizi ID — コンビニ証明写真は、全国のコンビニで印刷することができるため、24時間365日いつでも証明写真を作成できるアプリです。 また証明写真を保存してから 最大60日間保存することができます。 マイナンバーを家族で作りたいときは 、自分を含めた家族の顔写真もまとめて撮影することができるので、写真代のコストを削減することもできます。 Bizi ID-コンビニ証明写真ならマイナンバーや履歴書などの証明写真の撮影&印刷がどのコンビニでも利用できる! Bizi ID — コンビニ証明写真は、デジカメやスマホから撮影した顔写真を 24時間365日いつでも全国のコンビニに印刷できる証明写真アプリです。 全国のローソン・ファミリーマート・サークルK・サンクス 一部店舗は除く のマルチコピー機の写真プリンターで印刷対応しています。 Bizi ID-コンビニ証明写真なら撮影するときはガイド付きだから迷わない! 写真を撮影するときは、頭頂部とあごの下端を青色の線に合わせながら撮影することができます。 青色の線は非表示にすることができますが、基本的にはこちらのガイドに従って撮影するとよいでしょう。 Bizi ID-コンビニ証明写真は写真補正機能のバリエーションが豊富! お気に入りのショットが撮影できたら、傷補正や美白処理などを様々な画像調整機能から証明写真を加工することができます。 余談ですが、マイナンバー写真の場合は、ガイドの仕様上、画像調整機能はご利用いただけません。 Bizi ID-コンビニ証明写真なら保存したデータは最大6ヵ月まで保存することができる! Bizi ID-コンビニ証明写真なら 最大6か月間無料でデータを保存することができます。 その他にも「ファミリーモード」を利用して4枚のそれぞれ別個の写真を撮影することができ、証明写真を作成をまとめて行えます。 5位:証明写真【履歴書とパスポート写真の制作できる!】 使いやすさ ガイド付き 機能性 背景・美肌・洋服着せ替え 印刷 自宅プリンター・コンビニ ストアランキング App Store、Google Play共に3位以内 おすすめ度 証明写真-履歴書とパスポート写真の制作の特徴は、撮影した顔写真の明るさや美しさといった トーン調整をはじめ、背景の自動選択や、洋服の着せ替えなどの機能に優れています。 証明写真アプリを使って無料で顔写真の撮影や印刷を行いたい。 そんな方は是非試してみることをおすすめしますね。 証明写真なら明るさや美しさをワンクリックで表現できる 証明写真-履歴書とパスポート写真なら、スマホから撮影した顔写真をワンクリックで美しく表現することができます。 明るさ・彩度・美しさの3つから美肌を調整できます。 証明写真なら顔写真を認識して背景を自由に選択できる! 証明写真-履歴書とパスポート写真なら、インテリジェントで顔写真を認識することで背景を自由に選択することができます。 右上の写真は背景を赤に設定してみてた証明写真です。 証明写真ならカジュアルからフォーマルな着せ替え機能付き! 数々の証明写真アプリを紹介しましたが、証明写真-履歴書とパスポート写真だけにしかない 「服装の着せ替え機能」。 カジュアルからフォーマルな服装まで豊富なバリエーションで着せ替えすることができます。 まとめ 今回紹介したこと• 使いやすさ・機能面の充実度・撮影から印刷までのガイド付きという基準で選ぶ• 1番おすすめの証明写真アプリは「履歴書カメラ」• 学生から社会人まで使いやすい証明写真アプリを選ぼう! 今回の記事では、人気証明写真アプリ10社を「使いやすさ・機能面の充実度・撮影から印刷までのガイド付き」という3つのポイントを基準に比較した上で、おすすめのアプリをついてランキング形式でご紹介してきました。 その中で もっともおすすめな証明写真アプリは「履歴書カメラ」でした! とはいえ、履歴書カメラはアルバイトや就活をはじめ、パスポートなどの証明写真作成に強い証明写真アプリです。 資格の受験や申請用に証明写真のサイズを撮影したい方は、Bizi ID-コンビニ証明写真や証明写真BOXがおすすめです!

次の

パソコンでも写真加工をスマホアプリのように簡単にできるツール

写真加工アプリ

いい感じの文字入れができる「LINE Camera」 たとえばフリマアプリで出品する際など、写真に文字を入れたいというシーンは少なくありません。 メルカリやラクマ、ヤフオク! のアプリには簡易的な画像加工機能がついているものの、フォントの種類が少なく、正直物足りなさを感じます。 そこでおすすめしたいのが、フォントの種類やカラーが豊富で手書き機能も充実した「LINE Camera(ラインカメラ)」です。 アプリを起動し、[アルバム]をタップして編集する写真を選択したら[編集]をタップします。 続いて、画面下の選択メニューから[T]をタップするとテキストを入力できます。 次のフォント選択画面では、[Aa]タブの100種類を超えるフォントが用意から、文字や文字の輪郭の色などを選択。 複数の手書き風フォントを無料でダウンロードできます。 手書き機能も搭載。 ペンのタイプやカラーは、プリクラの落書きを彷彿とさせる充実ぶりなので、逆に選ぶのが大変かもしれません。 文字入れ機能の他にも、ホワイトバランスや、キラキラしたエフェクト、フレームなどの画像をきれいに仕上げる機能も備わっています。 また、長方形(3:4)の写真を正方形(1:1)にトリミングすることも可能。 フリマアプリやInstagramなどに掲載する写真もスムーズに作れます。 おしゃれなフィルタが多数使える「Snapseed」 普通の写真を手っ取り早くおしゃれに加工できるのが「フィルタ」機能。 ただ、スマホに標準搭載されたカメラアプリのフィルタ機能では、少し物足りなく感じることもあります。 そこで活用したいのが、Googleが提供する「Snapseed」です。 カテゴリ別のフィルタを多数備えており、さまざまなスタイルの写真へと加工できます。 アプリを開いたら、[+]マークをタップして写真を選択します。 時間がないときなど、あらかじめ厳選されたフィルタから選ぶ場合は[効果]タブをタップ。 11種類から好きなテイストを選べます。 より多数のエフェクトからこだわって選びたい場合は、[ツール]タブから進みます。 ピンク色の枠をつけている10個のアイコンには、それぞれ数種類から十数種類のエフェクトが準備されています。 写真を見比べながらフィルタ選びが可能です。 最後に画面下のチェックボタン をタップすれば保存が完了します。 ちなみに、フレームをつけることもできます。 白や黒を基調とした23種のフレームが用意されています。 なお、フレームの幅も調整が可能です。 余計なモノを消せる「Adobe Photoshop Fix」 被写体や風景の一部に邪魔な物体が写り込んでいる場合、「Adobe Photoshop Fix」を使ってみてください。 簡単に余計なモノを消すことができます。 次に、消しゴムのサイズと硬さを選びます。 硬さの数値が低くなるほど、柔らかく取り除かれるイメージです。 指で触れた部分が赤くなり、この範囲が取り除かれます。 ただし当アプリは、壁の中の汚れや、木々の間に写った人物など、似ている背景が続く場所のほうが効果を発揮しやすいようです。 試しに、夜空に浮かんだ看板に描かれたイラストを消そうと試みましたが、上手く取り除けませんでした。 簡単にぼかしやモザイクが入れられる「Fotor」 SNSに写真を投稿する際などに、ぼかしやモザイクを施したいと思うことがあるかもしれません。 そんなときに使えるのがモザイクの強弱レベルも調節できる「Fotor」です。 なお、モザイクの他にコラージュやフレーム機能なども搭載されています。 [編集]をタップして、カメラロールから写真を選ぶか、[カメラ]から撮影します。 画面下部のメニューバーから[モザイク]をタップしてください。 モザイクをかけるサイズやモザイクの強弱レベルを調節します。 被写体の表情が分からない程度にうっすらモザイクするなら、メモリは左寄りに。 完全に判別できないようにしたければ、メモリを右側に寄せればOK。 掛けすぎたモザイクを取り消したい場合は、[消しゴム]をタップ。 モザイクを取りたい部分にタッチして消していきます。 最後に画面右下の[チェック]ボタンをタップして保存すれば終了です。 美肌・メイクアップ加工の定番「SNOW」 SNSなどで若年層を中心に話題になった「SNOW」。 顔を盛るための機能が充実しており、一度使ったら手放せない最強アプリです。 たとえばメイクを施したり、輪郭やエラを小顔に補正したりすることが可能。 さらに、仕上げにスタンプ機能を使うことで、一気にかわいい写真になります。 メイク機能 まず、メイクを施します。 アプリを開いたら、左下の[編集]をタップしてカメラロールから写真を選択するか、そのまま撮影してください。 写真を選んだら、下のメニューバーから[ビューティ]をタップします。 左:顔の横幅を最大値までスリムに 右:アイシャドウを塗布 「ビューティ」タブでは、顔の横幅をスリムにしたり、エラを削ったり顎を短くしたり、理想に近い骨格に補正することが可能。 エフェクトの強弱を調整する際は、バーを左右に動かしてください。 続いて、メニューから[メイク]機能をタップします。 カラーコンタクト、アイブロウ、シャドウ、アイライン、マスカラ、チーク、リップなど一通りのメイクカテゴリが用意されています。 アイブロウ・アイシャドウ・アイライン・チーク・リップなど全体的にメイクを施しました。 さらにフィルターをかけることで、柔らかい雰囲気が出せます。 スタンプ機能 「スタンプ」タブには、スタンプのほかに、フィルタ、文字入れ、フレームなど写真を華やかにするアイテムがたくさん揃っています。 猫耳をつけたり、顔周りに動くイラストを表示させたりしてみました。 この他にも、韓国の男性ヒップホップアイドルグループBTS(防弾少年団)の動くスタンプなども用意されており、すべて無料で利用できます。 自然な足長加工なら「Beauty Cam」 「Beauty Cam」には、足を長く加工できる機能が搭載されています。 ボトムスを着用していても問題なし。 違和感がなく自然に仕上がるのでおすすめです。 ちなみに、本アプリにはシミやそばかす、ほくろなどを除去してくれる美肌加工も搭載されており、こちらも便利です。 アプリを開いたら[カメラ]をタップします。 端末のアルバムから画像を選択する場合は、上部の円をタップします。 この場で写真を撮影することも可能です。 カメラロールの写真を選択したら、[編集]をタップ。 次の画面で右上の[ブラシ]アイコンを選び、下部のアイコンから[高くする]を選択します。 伸ばしたい部分を調整していきます。 脚を長くする場合は、画面下にある調節バーを右側へ。 脚を少し短くしたいときは左側へスワイプします。 最大限足を伸ばしてみましたが、かなり自然な印象です。 足が隠れるパンツスタイルでも試しましたが、こちらも加工したことがバレない、さりげない仕上がりでした。 絵画やアート風フィルターが充実の「Prisma」 写真を絵画やアート風に変身させるユニークなフィルターアプリ「Prisma」。 ピカソやムンクなどさまざまな画家のスタイルがあり、写真を多彩な作風へと様変わりさせてくれます。 Prismaの操作はとても簡単。 最初に写真を撮影するか、または読み込みます。 写真を読み込む時は、画面下にある上向きの矢印をスワイプします。 タイル状に並んでいるスタイル(現在12種類の無料版が用意されています)を選んで、フィルタを適用します。 写真はインターネットのサーバに送信して処理するため、通信環境が必要です。 左:フィルタが強い画像 右:フィルタを弱めた画像 写真を右へスワイプすることで、フィルタの強弱を変えることができます。 無料版でも十分に楽しめますが、月240円を支払えばパターンの追加ができるようになります。 なお、写真はインターネットのサーバに送信して処理するため、利用するには通信環境が必要です。 【番外編】超簡単に切り抜きができる「removebg」 写真に映った人やモノを切り抜いて、他の写真と重ね合わせられるようになると、加工の幅が広がります。 しかし、納得できる精度で切り抜いてくれる無料アプリやツールは少ない印象です。 「」というサイトでは、高精度の自動切り抜きツールを無料で使用できるのでおすすめです。 手順は、サイトにアクセスして[Select a Photo]から写真を選ぶか、[enter a URL]に写真のURLを入力するだけ。 ものの数秒でこのように切り抜いてくれます。 この写真以外に、人間や毛並みの細かい動物などでもキレイに切り抜いてくれました。 自動切り抜き後の画像は修正することも可能です。 その場合は[Edit]から作業してください。 手作業で、切り抜きたくない部分・追加で切り抜きたい部分を細かく修正できます。 とにかく自動切り抜きの精度が高いツールなので、これまで切り抜きにストレスを感じた経験がある人はぜひ試してみてください。

次の