足が臭い 原因。 足の爪が臭いのは垢が原因!臭くならないためにやるべき2つの対策

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

足が臭い 原因

足が臭いと言うとなんとなく男性をイメージしてしまいがちですが、実は足の臭いは女性の方がきつい臭いな事が多いのです。 特にブーツや熱がこもりやすいような靴、汗を吸収出来ないストッキングは足の臭いを悪化させてしまう要素があります。 そもそも女性で足が臭い原因は何なのかというと、汗と細菌になります。 足の裏にはエクリン腺等の汗腺が沢山あり非常に汗をかきやすいです。 しかし汗をかいたら絶対臭いのかと言うとそうではなく、 エクリン腺から出る汗は90%以上が臭の元となる余分な成分の含まれていない汗ですので本来は殆ど臭いがしません。 では何故足が臭くなるのかというと、それには 細菌が大きく関わってくるからです。 いくつかの細菌、主にバクテリアが汗と一緒に流れてきた古い角質の成分を分解する事で臭いが発生してしまうのです。 これは腋等でも同じような現象が発生します。 足が臭い対策法は? 女性で足が臭いのは自分でもショックですよね。 特に男性方も女性は足を含め臭くなんてならないと思っている人も多いです。 もしかしたら気になる人もそう思ってるうちの一人かもしれません。 そのためにも対策をしていきましょう。 実際女性で足が臭い場合はどのような対策法があるかと言うと、 基本的な事で言うとフットケアになります。 まず 足を殺菌効果のある石鹸等で綺麗に洗うこと。 最近のボディソープでは 保湿効果があるので逆に足の臭いの発生を悪化させてしまいます。 そして古い角質や垢を落とすこと。 ボディ用のピーリング等がオススメです。 指の間は特に垢等が溜まりやすいのでしっかりとケアしましょう。 緊急の時はデオドラントも最近では多く発売されていますので是非利用してみて下さい。 洗っているのに不思議ですよね。 原因としてはまず、本当にきちんと洗えているのか?まずそこをもう一度見直してみましょう。 きちんと指の間も洗っていますか? 垢や古い角質が落ちるようにごしごしと洗っていますか? 爪の間は足の臭の原因である細菌が一番好む場所です。 爪を切って短くする、もしくは綺麗に爪の間を洗う。 以上の事を見直してもどうしても足の匂いがとれないという場合は、足の臭の原因である汗や細菌に問題があります。 皆さんはイソ吉草酸というものをご存知でしょうか?これは汗と古い角質を細菌であるバクテリアが分解した事で出てきた物質の事を言います。 そのイソ吉草酸は一度ついてしまうとなかなか取れないので、これが足を洗っても臭いという原因になります。 スポンサーリンク 考えられる病気は? 足を洗っても効果があると言われるどんな対策をしても足が異常に臭いという場合、 実は体になんらかの病気がある可能性があります。 足だけに限らず体から出る臭い、口臭や体臭等も含めて体の不調や病気を訴えている可能性があります。 今回足の場合は、多汗症や内蔵疾患、糖尿病、水虫等が主として挙げられ事が多いです。 水虫は何となくわかるという方も多いと思うので、 多汗症と内蔵疾患について少しお話致します。 多汗症は言葉の通り汗を沢山かいてしまう病気です。 本来体温調節のためにかく汗が、調節しなくて良い時にかいてしまったり、汗をかくタイミングでも異常に多くかいてしまったりするのがこの病気です。 汗なので足の病気と言うよりは体全体に言われる病気ですが、 体の一部分だけでも発症しますので、特に靴を履いて温度の高くなってしまう足は多汗症の症状が出やすいです。 臭いが出る理由としては、足が臭くなる原因と同じで汗と一緒に流れた古い角質を細菌が分解する事で発症します。 多汗症は緊張等のストレスでも悪化しやすいので、もしかしてと思う方は皮膚科で一度診てもらうようにしましょう。 糖尿病を始めとする内蔵疾患の場合は、免疫力自体が低下している状態ですので色々な菌が繁殖しやすくなります。 しかし この場合は足以外の口臭や体臭等も酷くなりますので注意しましょう。 足以外ですとなかなか自分では臭いに気づけないと思いますので、臭いが酷い場合はまず皮膚科に行ってみるのが一番です。 水虫について 足の臭いと水虫は関係していると思われがちですが、それは実は半分正解で半分間違いとも言えます。 なぜなら本来水虫自体は臭いがしないものなのです。 では何故足が臭くなるのかというと、そもそも水虫は人間の皮膚にはいないカビの一種である菌が影響しています。 その菌は温かく湿った場所を好み、その条件は皮膚に元々いる常在菌と同じものとなります。 皮膚に元々いる皮膚常在菌、これは足の臭の原因である汗で流れ落ちた古い角質を分解する細菌の事です。 つまり温かくなり汗をかく足の裏を好む水虫の菌と、そのかいた汗によって流れた古い角質を分解し始める常在菌、どちらも同じ場所を好んでいますので水虫と足の臭いが一緒に症状として表れることが多いのです。 万が一水虫になってしまった場合は治療をしなければなりません。 最近では市販の薬も増えていますが、自己判断では水虫ではない可能性もありますので怪しいと感じたらすぐ皮膚科にて診察を受けるようにしましょう。 水虫は早くても完治に一ヶ月以上かかってしまいます。 なるべく早めの行動をする事で足の臭いにも悩まされる事がなくなる可能性があります。 水虫で診察に来る患者さんも少なくありませんので、恥ずかしがらずに病院へ行くようにしましょう。 靴が原因? 足が臭い原因は靴にあると言っても良いでしょう。 素足で生活している人は蒸れる事がないので臭いが発生する率がとても低くなります。 しかし 現代の生活で靴を履かない生活はほぼ難しいですよね。 そうなると靴も上手く対策する必要があります。 まず、 なるべく靴は3つ以上等複数あると良いです。 同じ靴を連日履き続けると汗がどんどん染み込んでしまい靴自体が臭くなると同時に履いてすぐ足が臭くなる事になります。 それを防ぐためにも、一度履いた靴は次の日には履かずに湿った靴の中を乾燥させてから別の日に履くようにしましょう。 靴の中繁殖していた菌は乾燥に弱いので、乾燥させる事で菌を死滅させ、臭いの悪化を防ぐ事が出来ます。 後は 消臭スプレーや靴の中敷きを変えるというのもオススメの対策方法となります。 細菌では百円ショップ等でも消臭効果のある中敷きが発売されていますので、消耗品として複数用意していても良いかと思います。 即効できる対策法は? 外出先や会社等の空いた時間に即効できる足が臭いのを隠す方法は、個人差がありますがいくつかあります。 まずは、• トイレや休憩室で一度靴を脱いで足を汗拭きシートやウェットタオルで拭き、靴下も新しいものに履き替える方法。 デオドラント商品を使う方法。 家でミョウバン水を作り、スプレーボトルに入れて外出中のちょっとした時間に足にミョウバン水を吹き掛ける方法。 等が外出先でも出来る匂いを隠す即効性のある対策法かと思います。 汗をかいたら服を着替えるように、靴下も小まめに履き替えるようにすると匂いはもちろん汗をかかずすっきりした状態になれます。 もちろん、 しっかり拭いてから変えるので匂いはかなり半減します。 ミョウバン水の場合は、まずミョウバンを購入する事が必要になります。 手に入れにくいものと思われがちですが、食品添加物ですのでスーパー等で購入する事が可能です。 購入出来たらペットボトルに50gのミョウバンと普通の水道水を入れて振れば簡単にミョウバン水の出来上がりです。 ミョウバンには汗を抑える効果と殺菌効果があるので、足の臭い対策にはとても向いているとされます。 なのでデオドラント商品でもミョウバンが入っているものですとかなり効果が期待出来ますので、購入の際はしっかり成分表を見るように心掛けましょう。 秋冬のムレる靴の中!いや~なニオイから開放される! 寒くなってきて、ブーツなどを履くと気になるのが靴の中の臭いですよね。 ムレてクサくなることも多々あります。 もちろんその効果は実証済みです。 足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】のまとめ 靴を脱ぐ機会が多くなる場合に備えて対策しておくと良いでしょう。 靴のにおいは酷くなりますので、臭くならないようにすることがもっとも大切です。

次の

足や靴の臭い対策!臭いの原因を根本的に消す方法とは!?

足が臭い 原因

足の爪が臭い原因は何? 足の親指に詰まったカスを取った事はありませんか? そして、取ったカスにそっと鼻を近づけてみましょう。 クンクンクン・・・・・! どうですか? 臭いでしょ。 という事で、今日はちょっと汚い話で恐縮ですが、 足の爪の臭いの話です。 あの独特な、チーズみたいな臭いの事です。 この足の爪の中のカスって何で臭いんだろう? しかも親指だけ。 他の指は無臭なのに、足の親指だけが臭いんです。 色々調べていくと、足の臭いの原因にもなるそうです。 このカス。 まあ、普段自分の足に鼻を近づける事が無いので、 実際に近くに鼻を近づけたら、 どんな臭いがするのかは知りませんが、 あの親指の爪の間に溜まったカスの正体って何なのだろうか? そして、何故親指だけなんだろうという、 疑問について今日は解説したいと思います。 足の親指の爪のカスが臭いのは何故だ! 爪のカスの正体は何だ! という事でまず、あの足の親指の爪の間に挟まっているカスの正体ですが、 結論を先に言うと、垢(アカ)だそうです。 垢とは、新陳代謝によって剥がれ落ちた古い角質や、 分泌された汗や皮脂の事です。 それが、足の爪の間に挟まって、 くさい臭いを放っていたという事なんですね。 しかし、不思議なのは、何故足の爪だけ臭いのかという事です。 いや、足の爪ではなく、足の親指の爪のみ臭いと言っても過言では無い。 もっと言うならば、 足の爪の親指の端っこの方の垢だけが臭いのです。 私は、足の親指の爪の垢を取ってみて、臭ってみた。 垢の色は白っぽい色。 「うわっ!クサッ!」 よく見ると、親指の真ん中には、垢が付いてない。 他の指で爪が伸びている、指の垢が取れるかやってみた。 かなり、少ないが、垢みたいなのが、取れた。 臭ってみたが、臭く無い。 親指を他の指も、同じ様に靴を履いて、 足が蒸れる時間は平等のはずです。 それが、親指だけ何故! 謎が深まる。 足の親指は何かくさい臭いを分泌する機能でもあるのでしょうか? 臭いの秘密は親指の形状にあった 更に調べてみると、臭いの原因は親指の形にありました。 足の親指の爪は他の指の爪と比べて、湾曲しています。 他の指の爪は、平べったいですね。 親指の両サイドの爪はカーブしています。 ここに、あの垢が閉じ込められるのです。 そして、ずっと密閉状態になり、 あの香ばしい臭いが出来上がるのです。 (スポンサーリンク) 足の爪の垢は色々な臭いが混じっている 私は、最近家で仕事をしているので、余り外に出ない。 家にいる時は、ほとんど裸足で過ごしている。 サラリーマン時代の様に、革靴を履いて、外を歩き回る事もない。 しかし、さっき足の爪の垢を取って臭ってみたら、臭かった。 その臭いは、ちょっと、酸っぱい感じの臭いがしました。 以前臭った時とは違う臭いだった。 普段靴を履かない人でも、足の親指の爪のにおいは臭いという事です。 おそらく今日の臭いがベースになっていて、そこにプラスして、 靴の中で汗や革靴の臭いや、靴下の繊維なども、 爪の間に入り込んで、様々な臭いがブレンドされて、 足の爪の臭いが出来上がっていると思います。 足の爪の垢は、靴を履かなくても臭い。 しかし、靴を履いて、足を蒸らす事によって、 更に臭さがレベルアップするという事です。 足の爪のチーズ臭を発生させない方法 足の爪の垢の臭いを発生させない方法は、とても簡単です。 それは、足の爪を伸ばさない事です。 あの爪の形状が原因なのだから、あの爪の形にならない様に爪を切るしか、 完全に防ぐ方法はありません。 どうしても、人間は生きている以上、 新陳代謝を繰り返しているので、垢はどうしても出てしまいます。 足の爪の垢を取る事が好きな人も 足の爪の臭いについて、調べてみると、 その爪の垢を取るのを楽しみにしている人もいるそうです。 自分の爪の垢を取って、その臭いを嗅ぐ。 そして、「うわっ!クサッ」 と言って、くさい臭いを嗅ぐのを楽しみにしているそうです。 これは、足の爪の臭いを嗅いで、自分の存在感を確認するという、 動物の心理だそうです。 自分の臭いを嗅いで、安心感を満たす効果があるそうです。 この行為は、足の爪の臭いだけではなく、 自分が脱いだ靴下の臭いを嗅いだり、歯の歯垢を取って臭ったり、 自分の脇の下の臭いを嗅いだりする人もいるそうです。 足の爪の垢をごっそり取るには 爪を切る以外の方法としては、 常に綺麗に掃除をして、清潔に爪の間を保っておくというのも、一つの対策です。 足の爪の垢を取るには、このアイテムがおすすめです。 これが、いいのです。 しかも、細いから、隙間に入っていきます。 これを親指の端の爪の間に入れて、 中から外に向かってガリガリ掻くと、 爪の間の垢がごっそりとかき出す事ができます。 お風呂で綺麗に足を洗って、足の皮が柔らかかくなってから、 これを使います。 (スポンサーリンク) おすすめ記事 おすすめ記事: おすすめ記事: おすすめ記事: カテゴリー•

次の

足裏がベタベタして臭い原因とその対策~脂足解消法~

足が臭い 原因

1.足の臭いの原因 足の汗は実は無臭 人の汗腺は「アポクリン腺」「エクリン腺」という2つの汗腺があります。 よく耳にするのは「アポクリン腺」ではないでしょうか。 アポクリン腺とは乳輪、ワキ、陰部など決まった部分にしか存在しない汗腺で、成分は中性脂肪・アンモニア・脂肪酸などが中心なので、臭いの元になる物質が分泌されます。 逆に聞きなれない「エクリン腺」が分泌する成分は、99%が水分で、残り1%は塩分です。 つまり臭いの元となる成分はほとんど分泌されません。 足の裏にはこの「エクリン腺」が集中していて、体の中でも多く汗をかく部位です。 平均でなんと、一日コップ一杯 約200㏄ の汗をかくと言われています。 ですが足の臭いの原因は汗そのものではありません。 先ほどお話した通り、エクリン腺からでる成分はほとんどが水分で構成されているので、無臭に近いのです。 では何故足は臭くなるのでしょうか? 足の裏の雑菌が原因 足の裏の皮膚は分厚く、表面の皮膚が剥がれ落ちやすく、それが垢になります。 垢は雑菌を繁殖させる恰好のエサになり、さらに皮脂腺からの分泌液や汗が混ざると、あのいやーな臭いを発するのです。 具体的には白癬菌やバクテリアが繁殖すると言われています。 しかし白癬菌や雑菌、バクテリアは、どこででも繁殖するわけではありません。 繁殖するためには、温度や湿度など、一定の条件が必要になってきます。 この状態で皮膚に白癬菌が付着すると、急速に増殖し、角質層へと侵入し、やがて水虫の症状として現れてくる場合があります。 さらに雑菌によって生成される「イソ吉草酸」という脂肪酸の一種の成分もあり、これも臭いの原因の一つと言われています。 ストレスは臭いの原因 足の臭いはストレスも要因になる場合があります。 例えば、休日家にいる時は全く臭わないのに、出社し仕事をしていると足の臭いが気になってくる。 緊張する場面に遭遇すると、手のひらや足の裏に汗をびっしょりとかいてしまう。 などの状態の時に汗をかいたりする方がいます。 このようにストレスによって起こる発汗を「精神性発汗」といいます。 具体的には• 環境の変化がある時• 緊張した時• 驚いた時• 痛みを感じた時 このような時に汗をかきやすいと言われています。 汗をかきやすい食材に要注意 直接足の臭いを強くする食事は特にありません。 しかし、食べる料理や食事の仕方で、汗のかき方は変わってきます。 先ほどお話した通り、汗と足の臭いは密接した関係があります。 つまりは汗をかきやすい食事は、間接的に足の臭いに影響するということです。 足の臭いを気にする場面では、以下の食材に気を付けましょう。 具体的に汗のかきやすい食材とは• カレースパイス• しょうが• にんにく• 唐辛子• キムチ などです。 足の臭いの予防を考えると、これらの食材の摂取を控えると良いでしょう。 2.足の臭い改善!簡単に自宅で出来る方法をご紹介 足の臭いを改善させるには大きく分けて二つの方法があります。 足自体の消臭と使用する靴の消臭です。 足自体の消臭を行う まずは足自体の消臭で効果的かつ、簡単に行える方法を紹介します。 1.臭くなりにくい足の洗い方を行う 入浴時、足をしっかりと洗っている方は少数かもしれません。 さっと洗って終わりにしていませんか?正しく洗えば臭いは軽減されます。 ここでは正しい足の洗い方をお教えします。 湯船に浸かるか、洗面器にお湯を張り、足をゆっくりつけて十分に水分を吸わせましょう。 最低でも、3分以上はつけると良いでしょう。 皮膚が柔らかくなった所で石鹸を泡立て、手で優しく洗っていきます。 ボディーソープは保湿成分が含まれている場合が多いので、固形石鹸を使うことをオススメします。 汚れの溜まりやすい指の間、爪の間を念入りに洗いましょう。 爪の間はブラシがあると、しっかり汚れを落とせます。 泡を洗い流し、タオルで水分を取ります。 かかとや指の付け根などを軽石ややすりで優しく擦ります。 水分を拭き取ってから行うことで、必要な角質を取りすぎません。 もう一度洗い流し、清潔なタオルで、水分をしっかり拭き取ります。 しっかり足が乾くまで何も履かない様にしてください。 4のやすりや軽石でのケアは、週に一度程度スペシャルケアとして行いましょう。 普段は1~3、5の工程で構いません。 2.ミョウバン水で足の臭いを消す ミョウバン水とは、簡単に安価で作ることが出来る、消臭スプレーです。 殺菌作用、制汗作用、収斂作用、アンモニア臭を中和する働きがあります。 必要な物• 焼ミョウバン 50グラム スーパーで100円程度で売られています• 水道水 1. 5リットル ミョウバン水の作り方• ペットボトルにミョウバンと水道水を入れ、振り混ぜます。 ミョウバンはすぐには溶けないので、たまに振り、冷蔵庫で保管して下さい。 透明になったら「ミョウバン原液」の出来上がりです。 ミョウバン水の使い方• ミョウバン原液を10倍に薄め、スプレーボトルに入れて使います。 後は気になるところにスプレーするだけです。 洗い終わった足にスプレーしたり、洗った靴下に直接ふきかけて、乾かすと臭いがなくなります。 また小さいボトルに持ち歩けば、気になる時にさっとスプレーできます。 消臭効果があり、安全なので、他の臭いの気になる体の部分 ワキなど に吹きかけても構いません。 3.殺菌効果や消臭効果のある石鹸などを使う。 体を洗う時に使用する石鹸やボディーソープを変えることで臭いを消すこともできます。 石鹸やボディーソープには殺菌成分または消臭成分を含むものがあります。 それらの成分を含むものを選ぶことで臭いを抑えることもできます。 殺菌作用のある成分を含むものは固形石鹸に多いようです。 以下は殺菌、消臭の効果を持つ成分の一例です。 イソプロピルメチルフェノール:殺菌と菌の増殖を防ぐ効果がある。 安全性が高くニキビケア化粧品などにも使われている。 グリチルリチン酸ジカリウム:殺菌と炎症を抑える効果がある。 トリクロロカルバニリド:グラム陽性菌(細菌の一群で臭いのある毒素を分泌するものがある)の殺菌に効果がある。 柿タンニン:ニオイ成分と結合することで消臭効果が出る成分。 柿渋ともいう。 などがあります。 これらを含むものは石鹸やボディーソープの他に足用クリームなどのケア化粧品にも使われているので、それらを使うこともおすすめです。 靴の消臭を行う 次に靴の消臭方法をご紹介します。 4.靴を休ませる 靴を休ませ、ローテーションする事は立派な消臭ケアです。 一日履いた靴は、水分や湿気が取れ切れるまで最低2日は必要です。 湿気が取れ切れず、同じ靴を履き続けると臭いの元になるので、しっかり靴を休ませましょう。 5.重層シューズキーパーを使用する 重曹とは天然の無機物質で「炭酸水素ナトリウム」という物質です。 研磨作用・中和作用・消臭作用・吸湿作用など、生活に役立つ幅広い様々な役割持った物質です。 安全な天然素材で、人体への影響も心配ありません。 必要な物• 重層 2分の1カップ(薬局などに売っている)• 薄手の靴下またはストッキング 一足 使い方• 使い古しの靴下かストッキングに重層をいれ、口を結びます。 それを臭いの気になる靴に、一晩入れておきます。 下駄箱に入れておいても、消臭剤としての効果があります。 6.靴を冷凍する 一番手っ取り早い方法かもしれません。 靴にいるバクテリアなどの雑菌は、冷凍庫の温度では、ほとんど生き残る事が出来ません。 ジップロックなどに入れて一晩冷凍庫に入れておくと、臭いが消えます。 3.まとめ 今回ご紹介した改善方法は、自宅で簡単に出来る方法です。 気になっているけど「まぁいいか」と思わず、周りの人たちの為にもしっかりケアしましょう。 特に夏は蒸れやすく、仕事靴の革靴などは、臭いやすくなっているでしょう。 まずは自分が行いやすい方法から試してみましょう。 2018年4月24日• 2018年4月6日• 2018年4月2日• 2018年4月2日• 2018年3月30日• 2018年3月30日• 2018年3月8日• 2018年2月24日• 2018年1月29日• 2017年12月25日• 2017年11月9日• 2017年11月8日• 2016年12月6日• 2016年7月16日• 2016年5月20日• 2015年6月17日• 2015年5月22日• 2015年4月9日• 2015年3月19日• 2015年3月6日• 2015年2月20日• 2015年1月20日• 2014年12月26日• 2014年11月21日• 2014年11月14日• 2014年11月7日• 2014年10月27日• 2014年10月24日• 2014年10月16日• 2014年10月14日• 2014年10月10日• 2014年10月6日• 2014年10月1日• 2014年9月27日• 2014年9月24日• 2014年9月19日• 2014年9月16日• 2014年9月12日• 2014年9月10日• 2014年9月8日.

次の