ローマ字 ヘボン 式 変換。 小学校で習うローマ字。「大野」は「Ono」、「Oono」どっち?子供に聞かれてももう大丈夫!

ヘボン式ローマ字綴方表

ローマ字 ヘボン 式 変換

ヘボン式の 変種 あらまし パスポートの 名前,道路標識(案内標識)の 地名,地図の 地名,鉄道の 駅名には ローマ字が つかわれています。 これらは すべて を もとに した 書きかたです。 これらを ヘボン式の 変種として まとめています。 ヘボン式の 変種は それぞれ 書きかたが ことなります。 すべて から 派生 した 書きかたで,よく にており,「ローマ字表」も おなじですが,そのほかの こまかい ところに ちがいが あります。 そのため,おなじ 地名なのに 道路標識の ローマ字と 駅名標の ローマ字が ちがう ことも あり,いったい どれが 正しい ローマ字なのかという 質問が よく あります。 その こたえは かんたんで,どれも 正しい ローマ字では ありません。 日本の 人名,地名,駅名は 日本語です。 そして,ローマ字の 書きかたを さだめているに よると,日本語を ローマ字で 書く ときは を もちいる ことに きまっています。 これが 日本語の ルールです。 きびしい いいかたを すれば,日ごろ よく 目に する ヘボン式の 変種は すべて ルール違反の 書きかたです。 挿絵 パスポートの ローマ字 「パスポート式」 書きかた パスポート パスポートの 名前の 書きかたは を もとに して 外務省が つくった 独自ルールです。 外務省は これを と よんでいますが,一般には「外務省ヘボン式」と よぶ ことも あります。 この サイトは「パスポート式」と よんでいます には きちんと した 定義が なく,すこしずつ ちがう 書きかたが たくさん あります。 パスポートの も その 中の ひとつです。 そのため,これらを すべて と かんがえる ことも できますし,だと いいはっている ものを すべて と かんがえる ことも できます。 この サイトは 学校の「国語」で ならう が もともとの で,それ 以外は この から 派生 した 書きかたと かんがえています。。 いま すぐに 名前の 書きかたを しらべたい 人は「」または「」を おつかい ください。 「パスポート式」は つぎの ような 書きかたです。 「ローマ字表」は と おなじです。 ただし,小文字は つかいません。 撥音(ン)は n で あらわします。 ただし, b, m, p の 前の 撥音は m に します。 撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときも くぎりの 記号を 書きません。 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。 ただし, ch の 前の 促音は t に します。 長音(ー)は 長音符号を 書きません。 ただし,イ段の 長音は ii で あらわします。 いくつかの が つけくわえられています。 くわしくは「」を お読み ください。 FUKUSHIMA(福島) CHIBA(千葉) TSUJI(辻) KANDA(神田) NAMBARA(南原) KENICHI(健一) KIKKAWA(吉川) BEPPU(別府) HOTCHI(堀地) ONO(大野) SATO(佐藤) MUKODA(向田) YUKO(優子) SHUHEI(修平) NIIYAMA(新山) SENOO(妹尾) OOKA(大岡) YOKOOJI(横大路) パスポートの ローマ字を しらべようと して インターネットで 公開 されている ツールを つかう 人も いますが,ふりがなを 入力 する タイプの ツールは ときどき 変換に 失敗 します。 気を つけて ください つぎの 名前で ためしてみれば,いくつかで おかしな 結果を 出力 する はずです: MATSUURA(松浦), INOUE(井上), KINOUCHI(木ノ内), KOUME(小梅), SHINOURA(篠浦), HIROO(広尾), TOYOOKA(豊岡)。 ふりがなと ローマ字に 直接の 関係は なく,完全に 自動で ふりがなを ローマ字に 変換 する ことは できません。 くわしくは「」を お読み ください。。 「パスポート式」の つくりかた 「パスポート式」の つくりかた 右が 正しい つくりかたで,左は まちがいです。 「パスポート式」の つくりかたは「長音の o, u は 書かない」と 説明 される ことが おおいのですが,これは まちがいです。 正しい つくりかたは「の 記号を はぶく」です。 ローマ字の 書きかたを よく しらない 人でも わかる ように,わざと「嘘も方便」的な 説明を しているのかも しれません。 しかし,ローマ字は 小学校で おしえているのですから,正しい ローマ字を もとに して 説明 する べきです 第一,こんな 説明では〈アー〉や〈エー〉を ふくむ 名前を どう 書けば いいのか わかりません。 例:林家 ペー・パー子。 官庁は ローマ字の 書きかたを 解説 する ときでも 正しい ローマ字の 書きかたを 絶対に 参照 しません。。 つけたし ここで 説明 している 書きかたは 外務省が さだめている パスポートむけの 特別ルールです。 そのほかの 状況で 名前を 書く ときは,パスポートと おなじに しなければ ならないと きまっている 場合や おなじに しないと いちじるしい 不便が ある 場合は 別と して,日本語の ルールに のっとった 正しい ローマ字で 書く ように して ください。 自分の 名前を 正しい つづりで 書けなかったら 国際社会で 恥を かきます。 ローマ字で 名前を 書くときは パスポートと おなじ つづりに しなければ ならないと おもっている 人が おおいかも しれません。 しかし,それは です。 ローマ字の 正しい 書きかたは パスポートの ルールでは なく 日本語の ルールで きまっています。 日本語の ルールは 日本語で くらしている みんなが まもらなければ ならないので,小学校の「国語」で かならず まなびます。 パスポートを もっていない 人でも 自分の 名前を ローマ字で 書いたり ローマ字で 書かれた 他人の 名前を 読んだり する ことは あるのですから,それが あたりまえでしょう。 しかし,パスポートの ルールは 特別で,強制力を もった 法律(旅券法)で きまっている ために,日本語の ルールを 部分的に うわ書き しています。 この パスポートの ルールが 日本語の ルールを 無視 した 仕様で ある ことが さまざまな 混乱と 不便の もとに なっており,日本に はかりしれない 損害を あたえています。 あとで くわしく のべますが,パスポートの 名前も かならず「パスポート式」に しなければ ならない わけでは ありません。 名前は アイデンティティーに かかわる 大切な ものですから,パスポートの 名前も ある 程度は 本人の かんがえが 尊重 される べきです。 それで 最近は 常識の 範囲内で つづりを 本人が えらべる ように なっています。 ときどき,パスポートの 名前は 法律で に きまっていると いう 人が いるのですが,実際には がちがちに きまっている わけでは なく,ルールが 弾力的に 運用 されています。 そのため,佐藤さんや 優香さんの ように,名前に 長音が はいっている 人は 正しい ローマ字で 書けないと あきらめているかも しれません。 しかし,あとで 説明 するに すれば,正しい ローマ字で 書けます。 「パスポート式」の 問題 「パスポート式」には おおきな 問題が ふたつ あります。 パスポートは ものが もの だけに 管理 する 側の 都合で 特殊な ルールに なっても しかたの ない ところが あります。 それでも,これらの 欠点は おおきすぎます。 問題 1:ヘボン式に した こと 外務省は に した 理由を つぎの ように 説明 しています。 外務省では、パスポートが外国において自国民である旅券名義人の身分を明らかにし、当該名義人の通行への便宜並びに事故等に遭遇した場合の保護及び援助を各国政府に要請する文書であることを踏まえ、その氏名の表音が国際的に最も広く通用する英語を母国語とする人々が発音するときに最も日本語の発音に近い表記であるべきとの観点から、従来よりヘボン式を採用しています。 英語風に 読んだ ときに 原音を 再現 しやすいからと いっている ようです。 しかし,これは おかしいでしょう。 パスポートを あつかう 業界には 日本人の 名前を 英語風に 読む きまりが あるのでしょうか 外務省の まちがいは「英語を母国語とする人々が発音するときに最も日本語の発音に近い表記であるべき」という ねじくれた かんがえに あります。 言語を 国の 単位で かんがえては いけませんが,話を わかりやすく する ために 単純化 して いえば,フランス人の 名前は フランス語風に,イタリア人の 名前は イタリア語風に 読むのが あたりまえです。 そうで なければ 正しい 発音に なりません。 なぜ 日本人の 名前は 英語風に 読むのでしょうか。 そもそも,外国人の 名前なんか 正しい 発音で 読める はずが ありません。 それが 世界の 常識です。 英語の 話し手が を ほぼ 正しい 発音で 読めるかの ように 書いてありますが,これも 事実では なく デタラメです。。 もし では なく だったら どうでしょうか。 石田さんと 内田さんが ISIDA, UTIDA と 書かれ,英語圏の 人が これらを〈イスィダ〉〈ウティダ〉と 読んで しまうかも しれません(実際には もっと 変な 発音に なるでしょう)。 けれど,それで こまる ことは ありません。 〈イスィダ〉〈ウティダ〉は 外国人の「なまり」です。 すこしくらい 発音が おかしくても,石田さんと 内田さんだと わかります。 別人と とりちがえる 心配も ないでしょう。 日本人の 名前は 日本語です。 ふつう,日本語は 外国で 通用 しませんが,固有名詞は ローマ字で 書けば 世界に 通用 します。 英語風の つづりに する 必要は ありません。 それなのに,外務省は 日本人の 名前を 英語風に 書かせようと しています。 日本は 植民地でも ないのに,日本人は 自分の 名前を 日本語らしく 書けません。 これは 国際的にも はずかしい ことです 以前,新聞の 投書欄に「なぜ パスポートは に しないのか。 」という 疑問が よせられた とき,外務省は「昔から だったので,いまさら ルールを かえられないから。 」と こたえていました。 けれども,いまは「非ヘボン式」の つづりを みとめる ように なっています。 やる気が なかった だけでした。 なお,ローマ字が 世界に 通じると いっても,それが 外国人に 正しい 発音で 読んで もらえるという 意味では ない ことに 気を つけて ください。 ローマ字は 日本語の 表記法で あって,発音を しめす ものでは ないからです。 外国人は どの 方式の ローマ字を みても 読みかたが わかりませんし,わかった ところで 正しく 発音 できません。。 問題 2:長音符号を 書かない こと 「人魚」と「人形」 長音が 書けないと,日本語を 正しく 記述 する ことは できません。 「パスポート式」では 太郎さんと 次郎さんが タロと ジロに なって しまいますが,ご本人に とっては わらえない 話です。 「パスポート式」の もっとも おおきな 欠点は 長音の 書きかたが まずい ことです。 どうしても 記号が つかえないのなら 記号を 書かないのも しかたが ありませんが,その 対処を 何も していない ため, ONO が 小野さんか 大野さんか わからなく なっています。 これでは,個人の 識別という,パスポートの 基本機能すら あぶなっかしいでは ありませんか。 これは 重大な まちがいを ひきおこす おそれが ある,深刻な 設計ミスです。 この 問題は 大野さんを OONO と 書く だけで ほとんど 解決 できます。 これは ローマ字の ルールで みとめられている 正しい 書きかたです。 これなら 小野さんと 大野さんを きちんと 区別 できますし,日本人が みれば ほぼ 正しい 発音で 読む ことも できます。 なぜ こういう 対処を しなかったのでしょうか。 原音の 再現性は わすれていたのでしょうか こまかい ことを いうと,この 書きかたにも 欠点は あります。 たとえば,大岡さんは OOOKA なので〈オーオカ〉か〈オオーカ〉か わかりません。 また,大賀(オーカ)さんと 尾岡(オオカ)さんが どちらも OOKA に なって 区別 できません。。 この 欠点と くぎりの 記号が つかえない 欠点の せいで,パスポートの 名前は 日本人が みても まともに 読めません。 たとえば, YUKO は おそらく〈ユーコ〉ですが,〈ユコ〉〈ユコー〉〈ユーコー〉の 可能性も あります。 KENICHI は たぶん〈ケンイチ〉ですが,ひょっと すると〈ケニチ〉かも しれません。 SHINYA は おそらく〈シンヤ〉ですが,〈シニャ〉で ないとは いいきれません。 これらは 常識で おしはかる ことも できますが, ONO(小野?,大野?)や OHARA(小原?,大原?)は それすら できません。 日本人の 名前を 外国人が みて 正しく 読めないのは あたりまえですが,日本人が みても 読めなかったら 何かが おかしいと かんがえなければ なりません。 日本人は 自分の 名前を 自分でも 読めない つづりで 書いている わけで,これでは 世界の わらいものです。 非ヘボン式 やぶれかぶれの 改善策? 「パスポート式」は 評判が よく なかったので,外務省は 2000年に ルールを みなおしました。 この ルール変更で オ段の 長音に OU, OH が つかえる ように なりました。 SATOU(佐藤) OHTANI(大谷) しかし,この ルール変更は 失敗でした。 オ段の 長音しか かんがえていないからです。 隆二さんや 優香さんの ように,ウ段の 長音が はいった 名前も たくさん あるのに,なぜか それらが かんがえに はいっておらず,雪さんと 夕貴さんは 区別 できない ままです。 しかも,この 書きかたには ときどき おかしく なる 欠点が あります。 OHE(大江,オヘ?) OHHIRA(大平,オッヒラ?) OHYAMA(大山,オヒャマ?) MOURI(毛利,モウリ?) オ段の 長音を ou や oh に するのは ローマ字の 正しい 書きかたでは ありません。 ou は の 影響で ひろまった もので,ローマ字と を 混同 している 人が よく やる まちがいです。 oh は スポーツ選手の ユニフォームなどに このんで もちいられますが,は これを みとめていません。 それぞれなどと よばれている,まちがった ローマ字です。 この ルール変更は オ段の 長音を ふくむ 名前の 人から 歓迎 されたかも しれませんが,ローマ字の 理屈から いえば デタラメも いい ところです。 すなおに 正しい ローマ字の ルールを 採用 すれば よかったのに,わざわざ まちがった 書きかたを とりいれて,解決 しなければ ならない 問題を 完全には 解決 できなかった だけで なく,あたらしい 問題を うみだして しまいました。 じつに おろかな 失敗でした。 特殊な 文字が つかえない 場合でも,これで ほぼ 問題 なく 長音を あらわせます。 しかも,この 書きかたには おかしく なる 欠点が ありません。 〈タロー〉と〈タロオ〉および〈ユーコ〉と〈ユウコ〉は 発音が よく にているので,変な 読みかたを される 心配が ないからです。 ローマ字は そこまで かんがえて 設計 されています。 それにも かかわらず,外務省は 正しい ローマ字を かたくなに こばみ,まちがった ローマ字を すすんで とりいれました。 近年、氏名、特に名について、国字の音訓及び慣用にとらわれない読み方の名や外来語又は外国風の名を子に付ける例が多くなる等、旅券申請において表記の例外を希望する申請者が増えていることから、その氏名での生活実態がある場合には、非ヘボン式ローマ字表記であっても、その使用を認めることとしました。 外国人風の 名前などが ふえてきたから「非ヘボン式」を みとめる ように したと いっていますが,おそらく それ だけが 理由では ないでしょう。 とにかく,「非ヘボン式」でも 実際に その つづりを つかって 生活 している ことを しめせば,それが みとめられる ように なりました。 たとえば,理沙さんと 凛さんが 外国人風の Lisa, Lynn を つかって 生活 していた 場合,これらの つづりで パスポートを つくれます。 この ルール変更で「パスポート式」という 制限は 事実上 なく なったとも いえます 譲司さんと 玲央さんが GEORGE, LEO でも いい わけです。 愛(らぶ)さんが LOVE に しても かまいません。。 「非ヘボン式」では つぎの ような 書きかたが できます。 オ段の 長音を OU, OH に する。 長音を 母音字の 連続に する。 くぎりとして つなぎ - や きる印 ' を つかう 以前は きる印 ' が つかえませんでしたが,最近は つかえる ように なっています。 ただし,この 記号は MRZ(機械読取領域)や ICチップの 情報には はいりません。。 外国人風の つづり。 KATOU(加藤) KATOH(加藤) KATOO(加藤) YUUKO(優子) HUKUSIMA(福島) TIDURU(千鶴) KOH-YAMA(神山) SHIN-ICHI(伸一) KIM(金) MARY(真理) 「非ヘボン式」は「パスポート式」に あてはまらない 書きかたを まとめて 外務省が そう よんでいる もので,この よびかたが 意味を もつのは パスポートの 話を する とき だけです。 ローマ字に「非ヘボン式」という 方式が ある わけでは ないので,気を つけて ください。 「非ヘボン式」に できるのは はじめて パスポートを つくる 人 だけでは ありません。 以前に「パスポート式」の つづりで パスポートを つくった ことが ある 人は「非ヘボン式」の つづりで つくりなおす ことが できます。 「非ヘボン式」に する 場合は 申請 して みとめて もらわなければ なりませんが,あきらかに まちがっている つづりや ふざけた つづりで ない かぎり,その つづりが みとめられると おもわれます 「非ヘボン式」に する 場合,その つづりを つかって 生活 している「生活実態」を 証明 する 必要が あります。 これは おおがかりな ことに おもえるかも しれませんが,そうでも ありません。 目的の つづりに なっている クレジット カードが あれば 十分です。 外国から きた 手紙の あて名や スポーツの ユニフォームに 書いてある 名前でも 証明 できます。 そういう ものが ない 場合は「事情説明書」を 提出 します。 「に したい」という かんがえ だけでも 理由に なります。 ただし,最近「パスポート式」で パスポートを つくった 人は「非ヘボン式」の つづりで つくりなおす ことが できないかも しれません。 パスポートを 申請 する ときに「今後,名前の つづりを かえません」と 宣誓 する ように なっているからです(申請書に チェック マークを つける だけなので,よく かんがえないで 宣誓 している 可能性が あります)。 また,いまだに 教育の ゆきとどかない 職員が いるらしく,「非ヘボン式」には できないという うその 説明を された 事例が 報告 されています。 窓口に「あたり」「はずれ」が ある ようです。。 実際には なやましい 問題も あります。 家族の 姓の つづりが おなじで ないと こまるかも しれませんし,クレジット カードとの 整合性も 大事だからです。 特に 姓の つづりは,自分 だけの 問題では ありませんから,よく かんがえて きめて ください 家族で 外国に 旅行 する とき,姓の つづりが ばらばらだと ややこしいでしょう。 パスポートを 申請 する ときに 家族の 姓の つづりを そろえる よう しつこく 説得 される ことも ある そうです。 外国で 何かの 拍子に パスポートと クレジット カードで 名前の つづりが ちがう ことに 気づかれたら,どんな うたがいを かけられるか わかりません。。 パスポートは とても 重要な ものですから,名前の ローマ字にも きびしい ルールが あります。 「非ヘボン式」の 制度が できたからと いって,どんな つづりに しても いい わけでは ありません。 「太郎」を HANAKO に したいと いっても 無理でしょう。 また,変更 できる 場合でも 従来の「パスポート式」から 「非ヘボン式」に かえる 一度きりです。 「非ヘボン式」から もとの つづりに もどしたり「非ヘボン式」から 別の「非ヘボン式」に かえたり する ことは できません。 ローマ字の 正しい 書きかたを しらない 人は 大勢 います。 名前の ローマ字を タレントの ニックネーム みたいな ファッション感覚で かんがえている 人も よく います。 このような 状況では,ルールが きびしくても しかたが ないでしょう ほんらい,自分の 名前は 自分で すきな つづりに きめて かまわない はずです。 そういう ルールに するのが 理想です。 けれども そう すると,おかしな つづりで 申請 する 人が つぎつぎに あらわれるのは 目に みえています。 パスポートの 重要性から かんがえても,特別に きびしい ルールが もうけられているのは 当然と いえます。 パスポートの 問題は ルールが おかしい ことで あって,ルールが きびしい ことでは ありません。。 「パスポートむけ訓令式」 「非ヘボン式」の 制度を つかえば「パスポート式」の 問題を 解決 できます。 この サイトは の 変形を おすすめ します。 この「パスポートむけ訓令式」は つぎの ような 書きかたです。 「ローマ字表」は と おなじです。 撥音(ン)は n で あらわします。 撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときは きる印 ' で くぎります。 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。 長音(ー)は 母音字かさね式の に します。 おなじ 母音字が 3個 以上 つづく 場合は きる印 ' で くぎります。 HUKUSIMA(福島) TIBA(千葉) TUZI(辻) KANDA(神田) NANBARA(南原) KEN'ITI(健一) KIKKAWA(吉川) BEPPU(別府) HOTTI(堀地) OONO(大野) SATOO(佐藤) MUKOODA(向田) YUUKO(優子) SYUUHEI(修平) NIIYAMA(新山) SENOO(妹尾) OO'OKA(大岡) YOKO'OOZI(横大路) これはが さだめている の ルールに ほぼ 完全に のっとっています。 これなら 日本語らしい つづりなので,外国で 恥を かく 心配が ありません。 まにあわせの 書きかたでは ありますが,長音を きちんと 書きあらわしているので,日本語が わかる 人なら ほぼ 正しい 発音で 読めます 例の 中での ルールから はずれているのは OO'OKA(大岡)と YOKO'OOZI(横大路)だけです。 これを OOOKA, YOKOOOZI に すれば,完全に ルールの 中に おさまります。 本当は パスポートが 文字の 制限を なくして や くぎりの 記号を つかえる ように すれば いいのですが,どういう わけか パスポートは 基本的な ところが 時代おくれです。 「本籍」を 記載 している ところにも それが あらわれています。。 お名前を「パスポートむけ訓令式」に 変換 できる「」「」が あります。 ご自由に おつかい ください。 挿絵 道路標識(案内標識)の ローマ字 道路標識(案内標識)の ローマ字 書きかた 道路標識 (道路標識調査Weblog) 道路標識(案内標識)の 地名の 書きかたは 国土交通省が を もとに して つくった 独自ルールです。 つぎの ような 書きかたです。 「ローマ字表」は と おなじです。 撥音(ン)は n で あらわします。 b, m, p の 前の 撥音でも m に しません。 撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときは つなぎ - で くぎります。 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。 ただし, ch の 前の 促音は t に します。 長音(ー)は 長音符号を 書きません。 ただし,イ段の 長音は ii で あらわします。 基本的には ひとつづきに 書きますが,普通名詞の 部分(「県」「市」「山」「川」「橋」「寺」など)は 英訳 して つづりを きりはなします。 ただし,それが 名前と 一体化 している 場合は ひとつづきに 書いて,その あとに 英訳を つけたします。 定着 している 表記が あれば それに したがいます。 Chiba(千葉) Katsuura(勝浦) Fukushima(福島) Sendai(仙台) Shinbashi(新橋) Den-enchofu(田園調布) Beppu(別府) Sapporo(札幌) Kutchan(倶知安) Tokyo(東京) Yuhigaoka(夕陽丘) Niigata(新潟) Tokyo Met. (東京都) Aichi Pref. (愛知県) Fukuoka City(福岡市) Nakayama Town(中山町) Shinano River(信濃川) Arakawa River(荒川) Atago Shrine(愛宕神社) Toshogu Shrine(東照宮) Chiyoda Bridge(千代田橋) Togetsukyo Bridge(渡月橋) Mt. Fuji(富士山) Mt. Gassan(月山) つけたし こまかい ことを いうと,これは ローマ字では なく 英語です。 1946年に GHQが 道路や 駅に その 名前を 英語で 掲示 する よう 命令 しました。 ただし,名前を むりやり 翻訳 して 掲示 しても 意味が ありませんから,実際に 書いていたのは ローマ字です。 GHQが 本当に のぞんでいた 表記も それでしょう ただし,ローマ字の 書きかたは かなり いいかげんで,特に は めちゃくちゃです。。 ところが,1980年代の おわりごろから 日本政府は 国際化だと いって 公の 表示を つぎつぎに 英語化 しはじめました。 いまでは 交番や 郵便局まで 英語の 看板を かかげています。 道路標識の 地名も ローマ字を やめて 英語に 書きかえる 作業が すすめられています。 いまの ところ,ローマ字が 書かれた 道路標識も まだまだ たくさん のこっています。 XXX dori(〇〇通り)などが その 例です。 ここで 説明 している 書きかたは 道路標識の ための 特別ルールです。 それ 以外で 地名を 書く ときは 日本語の ルールに のっとった 正しい ローマ字で 書く ように して ください。 地名は それだけを 単独で 書く ことが おおく,文章の 中に 書きこむ ことは すくないでしょう。 それなら わざわざ 外国語に 翻訳 する 必要は ありません。 日本の 地名を 英語に 翻訳 する 必要が あるのは 英文の 中に 書きこむ とき だけです。 道路標識の ローマ字では 地名と 建造物の 名前が 区別 されていて,それぞれの 書きかたに ちがいが あります。 たとえば,「飯田橋」は Iidabashi で「祝田橋」は Iwaida Bridge です。 こんな 区別を する 意味は ありませんし,これでは かえって 不便でしょう。 ここまで くると 滑稽と いう べきで,地元の 住民も これを つめたい 目で みている ようです。 道路標識の ローマ字の 欠点は これだけでは ありません。 じつは,もっと おおきな 欠点が あります。 を つかっている せいで 長音を ふくむ 地名を 正しく 書けない ことです。 この 章の はじめに かかげた 写真を よく みて ください。 外国人が これを みたら 日本人の 知性を うたがうでしょう。 道路標識は 1971(昭和46)年から 高速道路の ほかでは 原則として ローマ字を 書いていませんでしたが,1986(昭和61)年に 建設省の 省令が あらためられ,原則として「英語による表示」を する ことに なりました。 ときどき,ローマ字が 書かれていない 標識を みかける ことが あります。 それは ローマ字を 書いていなかった 期間が あるからです 日本の 首相が ホストを つとめた 東京サミットの あとで 省令が かわりました。。 ローマ字を やめた 理由は 視認性が わるいからだと されています。 標識に 書きこむ 情報が ふえて ごちゃごちゃ してきた せいかも しれません。 当時は 交通事故が 社会問題に なっており,標識の 読みにくさが やり玉に あがったとも かんがえられます。 また,占領期の 遺物と みなされていたからだとも いわれています。 占領軍の 都合で つくった ルールを ずっと あたためていたのだと すれば,バカげた 話です。 1960年代から ローマ字に たいする 政治的な 圧力が はげしく なっていましたが,それと かかわっていたか どうかは わかりません。 「英語による表示」を はじめた 理由は 国際化です。 しかし,国際化と 英語化は まったく ちがいます。 それに,英語を 書いても あまり 役に たちません。 日本に すんでいる 外国人や 日本に やってくる 外国人は 中国語・韓国語・ポルトガル語を はなす 人が ほとんどで,英語が わかる 人は すくないからです。 ローマ字から 英語へ? 2013年,国土交通省は 観光地などに ある 案内標識の ローマ字を やめて 英語に かえる 方針を しめしました。 しかし,これは まちがった 政策です。 表示を 国際化 する 方法は ローマ字化で あって 英語化では ありません。 英語化 すると 不便に なります。 公の 表示を 英語化 する ことには 国際的な 問題も あります。 まず,英語は 外国人に 通じません。 英語で くらしている 人の 割合は 世界の 人口の 1割にも みたない ほど すくなく,ほとんどの 外国人は 英語が わかりません。 かんたんな 英単語が わかる 人の 割合は もっと おおいでしょうが,それでも すべての 外国人に 英語が 通じると おもったら おおまちがいです。 しかも,英語圏から 日本に やってくる 外国人は あまり いません。 日本を おとずれる 外国人の 国・地域を しらべた 統計(2017年)によると,トップ3は 中国,韓国,台湾で,これらを あわせると 全体の 66. 4%に なる 一方,英語圏の アメリカ,オーストラリア,イギリス,カナダを あわせても 8. 7%にしか なりません。 国土交通省は 旅行者の 利便性を 変更の 理由に していますが,まったく 理由に なっていません 英語が わかる 人の 割合に(英語を はなす 人が おおそうな)香港,シンガポール,マレーシア,フィリピンを くわえると,20. 9%に なります。 テレビは 上位の 国・地域からの 旅行者を うつさないので 実態を しらない 人も おおいと おもわれますが,外国人の 旅行者は ほとんど アジアの 国から きています。 外国人なら 英語が わかるだろうと かんがえている 日本人は おおいのですが,非英語圏の 一般的な 外国人の 英語力は 日本の 受験生と おなじ レベルです。 つまり,日本に やってくる 外国人に 英語は あまり 通じません。 しかも,省略 した 書きかたや むつかしい 単語が つかわれている せいで,英語の はなし手でも 読みにくい ものが あります。 たとえば,道路標識で ときどき みかける Pref. prefecture は むつかしい 単語で,英語の はなし手でも しらない ことが あります。。 そして,外国人は 母語で 書かれた 旅行者むけの ガイドブックなどを たよりに 行動 しますから,地名を 英語で 表示 する 必要は ありません。 外国人が 目で みて 判別 できる の 表記が ひとつ あれば 十分です。 外国人は ローマ字を みても それを 正しい 発音では 読めませんし,普通名詞の 部分は その 意味も わかりません。 けれど,それで こまる ことも ない わけです。 そもそも,地名は 全体が ひとつの 固有名詞なので,ふつうは 外国語に 翻訳 できません。 外国人に 必要な 情報は,目で みて 判別 できる 文字列と おおよその 読みかたで あって,意味では ないからです。 たとえば,「金閣寺」が 寺で ある ことや「代々木公園」が 公園で ある ことを しめす 必要は まったく ありません 観光で アンコール ワットに やってくる 外国人は,「アンコール ワット」の「ワット」が「寺」の 意味で ある ことを しらなくても,アンコール ワットが 寺で ある ことを はじめから しっています。 観光で 金閣寺に やってくる 外国人は,「キンカクジ」の「ジ」が「寺」の 意味で ある ことを しらなくても,金閣寺が 寺で ある ことを はじめから しっています。。 地名を 英訳 すると 不便に なります。 外国人と 日本人が おなじ ものを ちがう 名前で よぶ ことに なるからです。 日本語の 名前が わからない 外国人は 日本人に 道を たずねる ことが できません。 外国人から The National Diet の 場所を たずねられても それが 何か わからない 日本人は 道案内が できません。 外国人は 地名の おおよその 読みかたが わかれば 交通機関で ながれる 車内放送も なんとか ききとれます。 しかし,地名を 英訳 すると 交通機関は 英語の 放送を しなければ なりません。 こうして,観光地が 人情や 風情を うしなって しまいます。 地名を ローマ字で 書いておけば,外国人と 日本人が おなじ 名前を つかうので 話が 通じます。 わざわざ 国際交流を さまたげて 観光地の ねうちを さげるのは やめる べきです。 観光地の 表示には それなりの センスが もとめられます。 やたらに 外国語が 目に つくと,日本らしさを たのしみたい 外国人は がっかり します。 交通機関は できるだけ ことばに たよらず,記号(ユニバーサル サイン,ピクトグラム)を 工夫 する べきです。 もちろん,それとは 別に 多言語で 対応 できる 観光案内所などは 必要です。 スマートフォンが ゆきわたっている いまなら テクノロジーによる 解決策も あるでしょう。 これらが 本当に のぞまれている ことです。 おおくの 先進国では,公の 表示は 現地の 人が つかう 言語 だけで 書かれています。 公の しごとは 住民への サービスで あり,商売の 手だすけでは ないからです 民間企業は 商売ですから 自由に すれば いいでしょう。 たとえば,飲食店が 多言語の メニューを 用意 するとか,タクシーが 多言語で 対応 するとかです。 これらは たいへん よい ことで,外国人の 旅行者にも よろこばれるでしょう。 けれども,商売で ない 公の 表示は おせっかいを しない ほうが いいでしょう。 金もうけに 熱心な 国だという マイナスの 印象を あたえる おそれが あるからです。 技術で 解決 できる ことは たくさん あります。 ローマ字に スマートフォンを かざせば 外国語の くわしい 情報が でてくる サービスも かんたんに つくれるでしょう。 道路標識や 駅名標は デザインが 統一 されているので それらの 画像を 解析 するのは むつかしく ない はずです。。 観光地などでは 表示の 多言語化を すすめていかなければ なりませんが,外国語に 翻訳 する 必要が あるのは 文章が 書かれる 掲示物や 普通名詞が 書かれる 案内板 だけです。 固有名詞を 翻訳 しても 意味が なく,むりやり 翻訳 しても 不便に なる だけです。 地名の 表示は 国内むけの かな文字表記と 国際的な 表記の ふたつが あれば 十分です(地名の 漢字表記は 地元の 人で ないと 読めない ことが あるので,なくても かまいません) 公の 場では 固有名詞を 漢字で 書かない ほうが いいでしょう。 これは 地名に かぎらない 一般的な 話で,この サイトが すすめている ことの ひとつです。。 世界一の 観光大国で ある フランスの 名所が 英語だらけに なっているか,かんがえてみて ください。 日本は 観光地に かぎらず どこも 英語で あふれていますが,まるで 日本が 日本語を 大切に していない ような 言語景観を 外国人は 尊敬の 目で みていません。 特に,公の 表示が 英語まみれに なっている ありさまは,それ じたいが 国際社会に たいする 政治的な 意味を もつ メッセージに なって しまい,日本と 日本語の 国際的な 地位を 傷つけています。 挿絵 地図の ローマ字 地図の ローマ字 書きかた 地図(陸図)の 地名の 書きかたは 国土交通省が を もとに して つくった 独自ルールです。 つぎの ような 書きかたです。 「ローマ字表」は と おなじです。 撥音(ン)は n で あらわします。 ただし, b, m, p の 前の 撥音は m に します。 撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときは つなぎ - で くぎります。 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。 ただし, ch の 前の 促音は t に します。 長音(ー)は 長音符号を 書きません。 ただし,イ段の 長音は ii で あらわします。 普通名詞の 部分(「県」「市」「山」「川」など)は きりはなして 書きます。 普通名詞の 部分が 名前と 一体化 していて きりはなせない 場合は ひとつづきに 書きます。 発音を きる 必要が ある ところは つなぎ - で くぎります。 Chiba(千葉) Katsuura(勝浦) Fukushima(福島) Sendai(仙台) Shimbashi(新橋) Shin-okubo(新大久保) Beppu(別府) Sapporo(札幌) Kutchan(倶知安) Tokyo(東京) Yuhigaoka(夕陽丘) Niigata(新潟) Aomori Ken(青森県) Tokyo Wan(東京湾) Fuji San(富士山) Arakawa(荒川) Kinokawa(紀ノ川) Gassan(月山) Shijo-kawaramachi(四条河原町) Aki-takada Shi(安芸高田市) と にていますが,普通名詞の 部分を 英訳 しない ところが ちがいます。 つづりが 英語風に なっては いますが,英語では ありません。 その 意味で,公の ローマ字に しては めずらしく,比較的 まっとうな ローマ字と いえます。 海図の ローマ字は 海上保安庁が さだめている 独自方式で,の 変種です。 くわしい ルールは わかりません この サイトでは あまり あつかっていませんが,海底の 地形は あたらしい ものが 発見 される たびに 海上保安庁が 名前を つけています。 これは 一般人の くらしに かかわる ものでは ないので,学術的な(ABCと 数字を くみあわせた ような)名前でも いい はずですが,政治的な 理由で 日本語の 名前を つけているのでは ないかと おもわれます。。 の ローマ字も の 変種です。 くわしい ルールは わかりません。 つけたし 地図(陸図,海図)の ローマ字は 大正時代から を 採用 していて,が できてからは でした。 しかし,海図は 1999年に,陸図は 2005年に,あいついで に かえられました。 昔の 海図 の YAMAGUTI, SIMO-NO-SEKI, MOZI などが みえます。 ローマ字の 方式を かえた 理由は 理念や 理論に もとづいた ものでは なく,より が おおく もちいられている 現状に あわせた だけでした。 海図の 場合も おおよそ 想像が つきそうです と の 使用状況を しらべて,おおい ほうに あわせた ようです。 「みんな やってるから。 」では まるで 万引の いいわけです。。 歴史を ふりかえると,1937(昭和12)年に が できる きっかけに なったのは,万国地理学会議が 日本政府に 地名の ローマ字を 統一 して ほしいと いってきた ことでした。 そして 専門家が 何年も 議論を かさね,理論的に みちびきだした 結論が だった わけです。 1954(昭和29)年にを つくった ときも,専門家が まとめた 原案の 段階では 地名を かならず で 書く ことに していました。 このような 歴史を わすれ,理念や 理論を ないがしろに して,ほとんどの 国民が しらない あいだに ルールを かえて しまったというのですから,これは 文明国として はずかしい ことです。 道路標識(案内標識)の 地名は 英語化 されているのに,地図の 地名は 英語化を まぬがれています。 この 理由と かんがえられるのは 国際連合地名標準化会議の 勧告です。 これは 地名表記の 国際ルールを あつかっていて,地図に 書く 地名表記の ルールを きちんと さだめる よう 各国に もとめています。 それで 各国の ルールは どう なっているかと いうと,普通名詞の 部分(「山」「川」など)を 翻訳 しない 原則に なっています。 たとえば,「モンブラン」は Mont Blanc です。 「富士山」が Fuji San に なっている 理由は これでは ないかと おもわれます。 ここで 説明 している 書きかたは 地図の ための 特別ルールです。 それ 以外で 地名を 書く ときは 日本語の ルールに のっとった 正しい ローマ字で 書く ように して ください。 地名は それだけを 単独で 書く ことが おおいので,ローマ字で 十分です。 地名を 翻訳 する 必要が あるのは 外国語の 文章の 中に 地名を 書きこむ とき だけです。 たとえば,国際郵便の あて先に 書いたり 外国の 通販サイトの システムに 入力 したり する 日本の 住所は 正しい ローマ字()で 書きます。 外国人は 日本の 文字を 読み書き できないかも しれませんし,外国の システムは 日本の 文字を あつかえない ことも ありますから,この 住所は ABC表記に する 必要が あります。 けれども,この 住所が 読まれるのは 日本国内ですから,英語に 翻訳 する 必要も 英語風の ローマ字()に する 必要も ありません。 「荒川」が Arakawa River に なって しまい,日本人に つよい 違和感が ある ことです。 感覚的な きもちわるさなら,そのうち なれて しまって,自然に 解決 します。 けれども,これは「モンブラン」を Mt. Mont Blanc に している ような もので,理屈が おかしいのですから,いつまでも おかしい ままです。 これでは 国際的にも はずかしいでしょう。 地名の 表記を 国際化 する 方法は 英語化では なく ローマ字化です。 日本の 地名は 日本語ですが,ローマ字で 書けば 世界に 通用 します。 ローマ字は 掲示物などにも 適しています。 いくつもの 外国語に 翻訳 して それらを ずらずら ならべなくて いいからです。 ローマ字を ひとつ だけ 書く ように すれば,掲示物の 視認性も デザインも よく なります。 翻訳 する 手間も コストも かかりません。 下は の 例です。 観光施設で くばる パンフレットの 解説文などが これに あたります。 これらは いろいろな 言語の バージョンを つくって,地名は それぞれの 言語に 翻訳 します。 ただし,訳語を どう するかは その 言語の はなし手が きめる ことです。 たとえば「荒川」を 英訳 する 場合, Arakawa River に するか Ara River に するか Arakawa に するか,それは 英語の はなし手が きめる ことです。 日本が 勝手に 訳語を つくっても,外国が それを そのまま うけいれるとは かぎりません。 観光施設で くばる パンフレットの 解説文には 正確な 情報 だけで なく 読み手の 心に ひびく うつくしい 文章が もとめられます。 したがって,外国語バージョンを つくる 翻訳作業を しろうとが やるのは 無理です。 これは 翻訳の プロに 依頼 して ください。 基本的な 地名の 書きかたは「」で 説明 しています。 具体的な 地名の リストが「」に,市町村の 名前の リストが「」に あります。 ご自由に おつかい ください。 挿絵 駅名標の ローマ字 駅名標の ローマ字 書きかた 駅名標 駅名標(駅名の 表示板)の 駅名の 書きかたは 鉄道会社などが を もとに して つくった 独自ルールです。 つぎの ような 書きかたです。 「ローマ字表」は と おなじです。 撥音(ン)は n で あらわします。 ただし, b, m, p の 前の 撥音は m に します。 撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときは つなぎ - で くぎります。 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。 ただし, ch の 前の 促音は t に します。 ただし,イ段の 長音は ii で あらわします。 外来語は 原つづりで 書きます。 それが 戦後に なると に もどされ,1954(昭和29)年にが できても かわらず,そのままに なっています。 駅名標の 図面 1914 駅名標の ローマ字は 戦後に できたと おもっている 人が いる ようですが,そうでは なく,戦前から ありました。 「鉄道法規類抄」付録の 工事図面より。 駅名の ローマ字は 重要です。 外国人の 旅行者が おおい 観光地では 特に そうです。 しかし,ローマ字の 方式を に する 理由は ありません。 駅名は 外国人が 目で みて 判別 できる 文字で 書いてあって,おおよその 読みかたが わかれば,それで 十分だからです。 外国人が みれば も も 読みかたが よく わからない 外国語で あり,どちらでも おなじです。 英語の theater と theatre くらいの ちがいしか ありません。 したがって,外国人むけの 表示は の ローマ字が ひとつ あれば 十分です 外国を 旅行 した つもりに なって かんがえてみて ください。 駅名が アラビア文字で 書かれていたら こまりますが,ABCで 書かれていたら 目で みて 判別 できます。 おおよその 読みかたも わかります。 正確な 発音は わかりませんが,そこまで くわしい 情報は いりません。 たとえば,日本に やってきた 外国人が, Ueno, Akihabara, Kanda などと 書かれた 路線図を みて,その 中の どれが「アキハバラ」か わかれば 十分だからです。 最近は 駅番号の 導入も すすんでいますが,ABCも 数字も 言語に よって 読みかたが ちがうので,これ だけでは 日本人と 外国人の 会話が なりたちません。 そのため,どうしても ローマ字表記は 必要です。。 ホームの 発車標や 列車内の 表示器では,スペースの 都合で ローマ字の ながい つづりを 表示 しにくい ことが あります。 そういう 場合は,文字を ちいさく する よりも,ティッカー表示に する ほうが いいでしょう。 駅名標の ローマ字は 鉄道会社などによる ちがいが おおきく,上で 説明 した 書きかたに なっていない ものが たくさん あります。 つづりの きりはなしかた, つなぎ - の つかいかた,大文字・小文字の つかいわけ などは ばらばらで,統一の うごきも ありません。 昔は(おそらく まちがって 書かれた)風がわりな つづりの ローマ字が たくさん ありました。 いまは では なくに している ところも あります。 最近,駅名標の ローマ字が つぎつぎに きえています。 この あとで のべる ように,ローマ字を やめて 英語に 書きかえる 作業が すすめられているからです。 よっつの 言語? たまプラーザ駅の 駅名標 よっつの 言語で 書かれています。 「プラーザ」は 本当は スペイン語の plaza(広場)です。 中国語では「プラーザ」を「広場」と 翻訳 しています。 最近,簡体字と ハングルが つけくわえられて 4種類の 文字で 書かれている 駅名標が ふえてきています。 よく みると,4種類の 言語で 書かれている ことが わかります。 これは 外国人の 旅行者などを かんがえて,表記を 国際化 する ために おこなわれています。 公の 交通機関で 案内や 注意書きなどを 多言語化 するのは たいへん よい ことで,これは 観光地などで 積極的に おしすすめて いかなければ ならない とりくみです。 中国語と 韓国語を 優先 する 判断も まちがっていません。 しかし,駅名標の 多言語化は まちがった とりくみです。 固有名詞で ある 駅名を むりやり 外国語に 翻訳 する 必要は なく,ローマ字表記が ひとつ あれば 十分だからです。 は いくつか ありますが,その ひとつは 日本語を 世界に ひらかれた 文字で 書く ことです。 外国人が 目で みて わかる 文字で 書く ことに 意味が あります。 昔から 駅名標に ローマ字が 書かれていたのは そのためです。 駅名標に たくさんの 外国語を つめこむと,みた目が ごちゃごちゃ して 読みにくく なります。 文字の 統一感も なく なり,デザインも わるく なります。 よっつの 表示が 時間を おいて きりかわる 発車標なども ありますが,実用性が いちじるしく おとる ため,問題に なっています。 苦情が おおいので,表示の しかたを かえた ところも ある そうです。 この タイプの 駅名標には もっと おおきな 問題が あります。 それは ローマ字を やめて 英語に おきかえている ことです。 地名を 外国語に 翻訳 する ことが いけない 理由は ,の ところで くりかえし のべた とおりです。 それと おなじで,駅名も 外国語に 翻訳 しては いけません。 外国人に 必要な 情報は,目で みて 判別 できる 文字列と おおよその 読みかたで あって,意味では ないからです。 たとえば,「〇〇病院」や「市役所前」の 駅名標に「病院」や「市役所」という 意味を 書く 必要は まったく ありません もし その 駅を 利用 して 病院や 市役所に やってくる 外国人が いたら,その 人は「病院」や「市役所」の 意味を はじめから しっています。 しかも,公共の 施設に やってくる 外国人は 近所の 住民で ある ことが おおく,ふつうは 日本語で 日常の 会話が できます。 漢字は 読めなくても ローマ字を みれば 意味が わかります。 もし その 駅を 利用 するけれども 病院や 市役所とは ちがう 目的地へ いく 外国人が いたら,その 人は「病院」や「市役所」の 意味を しる 必要が ありません。。 多言語の 対応を する 場合,外国語に 翻訳 する 必要が あるのは 文章が 書かれる 掲示物や 普通名詞が 書かれる 案内板 だけです。 固有名詞を 翻訳 しても 意味が なく,むりやり 翻訳 しても 日本人と 外国人が おなじ ものを ちがう 名前で よぶ ことに なって 不便に なる だけです。 駅名の 表示は 国内むけの かな文字表記と 国際的な 表記の ふたつが あれば 十分です(駅名の 漢字表記は 地元の 人で ないと 読めない ことが あるので,なくても かまいません) 駅に ある 案内板は,「出口」「改札」「きっぷ売り場」「売店」など,かなりの 部分で 言語に たよらない 表示(ピクトグラム)を 工夫 できると おもわれます。 テクノロジーで 対応 できる ものも たくさん あります。 たとえば,タッチ スクリーンの 自動券売機には 外国語の 表示を えらべる ものが あります。 駅名は むつかしい 読みかたの 地名を もとに している ものが おおいので,漢字表記は 旅行者の 役に たちません。 公の 場では 固有名詞を 漢字で 書かない ほうが いいでしょう。 これは 駅名に かぎらない 一般的な 話で,この サイトが すすめている ことの ひとつです。。 ときどき,地名が 駅名に なっている 場合は ローマ字で いいけれども,施設などの 名前が 駅名に なっている 場合は 英訳 した ほうが いいという 意見を みかけます。 しかし,これは まちがいです。 たとえば,「〇〇公園」の もより駅が おなじ 名前の「〇〇公園」だと すると,外国人は ガイドブック などを 読んで「〇〇公園」の ローマ字表記を しっている はずなので,本当は 駅名も それと おなじ ローマ字表記に するのが もっとも 外国人に わかりやすいからです。 ただし,実際には「〇〇公園」自身が 正しい ローマ字表記を していません。 ガイドブックも 外国人に わかりやすい ローマ字を 書かず,ほとんどの 外国人に 不親切な 英訳 した 名前を 書いています。 その せいで 駅名標にも 英語が 書かれて しまい,外国人に わかりにくく なっています。 おおくの 外国人は 日本の 駅名標を みて 不思議に おもっています。 現在 おこなわれている 多言語表記は 外国人の 役に たっていません。 むしろ,日本の 未熟な 国際感覚を 世界に さらす 結果に なっています。 と おなじ まちがいが 駅名標にも ひろがっている わけで,目が はなせません 公用語が 複数 ある 国は おおいので,駅名が 複数の 言語で 書いてある 駅名標は 外国人に とって それほど めずらしくは ないかも しれません。 けれども,これは 国内の 公用語が 複数 あるから 駅名も 複数 あるという あたりまえの 話です。 公用語では なく その 土地の 住民の 言語が 書いてある 場合も ありますが,公共の サービスは 基本的に 住民の ために あるので,これも あたりまえの 話です。 日本の 場合は 国内でも その 土地でも 通じない 外国語の 名前を むりやり つくって あとから つけたしている わけですから,やっている ことが まったく ちがいます。。 下に 外国の 駅名標を いくつか しめします。 みた目が すっきり していて 視認性が よく,デザインも すぐれた ものが おおい ようです 写真は「」さんから いただきました。 「バーン スー」駅の 駅名標には 表記が つけたされています。 おなじ 路線の ほかの 駅を しらべてみると,どうやら 英訳を 書いている ようです。 けれども,タイに やってくる 外国人は,中国,マレーシア,韓国,ラオス,日本からの 人が おおい そうです。 英語は 外国でも 問題を ひきおこしている ことが わかります。。 新前橋の 駅名標 この サイトは Shin Maebashi(なら Sin Maebasi)が いいと かんがえます。 駅名には「新」で はじまる ものが たくさん あります。 「新橋」「新宿」などは 全体が ひとつの 名前なので, Shimbashi, Shinjuku の ように ひとつづきに 書かれます。 ここで 問題に するのは, xxx が b, m, p で はじまる 場合に Shin を Shim に かえている ことと つなぎ - を いれている ことです。 こんな 書きかたを しても いい ことは 何も ありません。 「新」の つづりは かえないで,「新」と「〇〇」を きりはなす 書きかたが いいでしょう。 複合語は,「雨」と「傘」から「雨傘」が できる 場合の ように,意識 できる レベルで 発音が かわっている 場合を のぞいて,もとの ことばの つづりを たもつ ように 書く べきです。 「新」の 発音は 意識 できる レベルでは かわっていないので,その つづりも かえない ほうが いいでしょう。 くわしくは「」を お読み ください 「あんパン」の「あん」と「パン」は どちらも 自立 する ことばですが「新」は それだけで つかえない 接頭語です。 地名などの 前に「新」が つく 場合,ローマ字の 書きかたに 公式の ルールは ありませんが,この サイトは New York(ニューヨーク)の ように きりはなす 書きかたを すすめています。 英語の new は もともと 形容詞ですが, New York の New は 名前の 一部です。 そして,名前が 複数の 部分から できている 場合,それらを つなぎ - で つなぐ 必要は ありません。 「山田花子」を Yamada Hanako と 書く ように,つづりを きりはなしても 全体の つながりは わかるからです。 駅名を ABC順に ならべた リストの 順番も おかしく なりません 「青森」「前橋」「新青森」「新前橋」の 順番を かんがえてみて ください。 ローマ字の 駅名を ABC順に ならべると 順番が おかしく なるのは が 本質的に もっている 欠点の せいです。 を やめれば,「新」の つづりが Shin と Shim に わかれる ことも なく,順番が おかしく なる 問題は おこりません。。 Shin か Shim かで まよう ことも ありません。 これを Sem Masao と 書きたく なる 人は いないでしょう。 いまは「外苑前」「海浜幕張」の 駅名標に Gaiemmae, Kaihimmakuhari と 書いてあります。 こんな 書きかたは やめる べきです。 Gaien Mae, Kaihin Makuhari に すれば,ずっと 読みやすく わかりやすく なります。

次の

ヘボン式ローマ字変換

ローマ字 ヘボン 式 変換

ヘボン式の 変種 あらまし パスポートの 名前,道路標識(案内標識)の 地名,地図の 地名,鉄道の 駅名には ローマ字が つかわれています。 これらは すべて を もとに した 書きかたです。 これらを ヘボン式の 変種として まとめています。 ヘボン式の 変種は それぞれ 書きかたが ことなります。 すべて から 派生 した 書きかたで,よく にており,「ローマ字表」も おなじですが,そのほかの こまかい ところに ちがいが あります。 そのため,おなじ 地名なのに 道路標識の ローマ字と 駅名標の ローマ字が ちがう ことも あり,いったい どれが 正しい ローマ字なのかという 質問が よく あります。 その こたえは かんたんで,どれも 正しい ローマ字では ありません。 日本の 人名,地名,駅名は 日本語です。 そして,ローマ字の 書きかたを さだめているに よると,日本語を ローマ字で 書く ときは を もちいる ことに きまっています。 これが 日本語の ルールです。 きびしい いいかたを すれば,日ごろ よく 目に する ヘボン式の 変種は すべて ルール違反の 書きかたです。 挿絵 パスポートの ローマ字 「パスポート式」 書きかた パスポート パスポートの 名前の 書きかたは を もとに して 外務省が つくった 独自ルールです。 外務省は これを と よんでいますが,一般には「外務省ヘボン式」と よぶ ことも あります。 この サイトは「パスポート式」と よんでいます には きちんと した 定義が なく,すこしずつ ちがう 書きかたが たくさん あります。 パスポートの も その 中の ひとつです。 そのため,これらを すべて と かんがえる ことも できますし,だと いいはっている ものを すべて と かんがえる ことも できます。 この サイトは 学校の「国語」で ならう が もともとの で,それ 以外は この から 派生 した 書きかたと かんがえています。。 いま すぐに 名前の 書きかたを しらべたい 人は「」または「」を おつかい ください。 「パスポート式」は つぎの ような 書きかたです。 「ローマ字表」は と おなじです。 ただし,小文字は つかいません。 撥音(ン)は n で あらわします。 ただし, b, m, p の 前の 撥音は m に します。 撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときも くぎりの 記号を 書きません。 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。 ただし, ch の 前の 促音は t に します。 長音(ー)は 長音符号を 書きません。 ただし,イ段の 長音は ii で あらわします。 いくつかの が つけくわえられています。 くわしくは「」を お読み ください。 FUKUSHIMA(福島) CHIBA(千葉) TSUJI(辻) KANDA(神田) NAMBARA(南原) KENICHI(健一) KIKKAWA(吉川) BEPPU(別府) HOTCHI(堀地) ONO(大野) SATO(佐藤) MUKODA(向田) YUKO(優子) SHUHEI(修平) NIIYAMA(新山) SENOO(妹尾) OOKA(大岡) YOKOOJI(横大路) パスポートの ローマ字を しらべようと して インターネットで 公開 されている ツールを つかう 人も いますが,ふりがなを 入力 する タイプの ツールは ときどき 変換に 失敗 します。 気を つけて ください つぎの 名前で ためしてみれば,いくつかで おかしな 結果を 出力 する はずです: MATSUURA(松浦), INOUE(井上), KINOUCHI(木ノ内), KOUME(小梅), SHINOURA(篠浦), HIROO(広尾), TOYOOKA(豊岡)。 ふりがなと ローマ字に 直接の 関係は なく,完全に 自動で ふりがなを ローマ字に 変換 する ことは できません。 くわしくは「」を お読み ください。。 「パスポート式」の つくりかた 「パスポート式」の つくりかた 右が 正しい つくりかたで,左は まちがいです。 「パスポート式」の つくりかたは「長音の o, u は 書かない」と 説明 される ことが おおいのですが,これは まちがいです。 正しい つくりかたは「の 記号を はぶく」です。 ローマ字の 書きかたを よく しらない 人でも わかる ように,わざと「嘘も方便」的な 説明を しているのかも しれません。 しかし,ローマ字は 小学校で おしえているのですから,正しい ローマ字を もとに して 説明 する べきです 第一,こんな 説明では〈アー〉や〈エー〉を ふくむ 名前を どう 書けば いいのか わかりません。 例:林家 ペー・パー子。 官庁は ローマ字の 書きかたを 解説 する ときでも 正しい ローマ字の 書きかたを 絶対に 参照 しません。。 つけたし ここで 説明 している 書きかたは 外務省が さだめている パスポートむけの 特別ルールです。 そのほかの 状況で 名前を 書く ときは,パスポートと おなじに しなければ ならないと きまっている 場合や おなじに しないと いちじるしい 不便が ある 場合は 別と して,日本語の ルールに のっとった 正しい ローマ字で 書く ように して ください。 自分の 名前を 正しい つづりで 書けなかったら 国際社会で 恥を かきます。 ローマ字で 名前を 書くときは パスポートと おなじ つづりに しなければ ならないと おもっている 人が おおいかも しれません。 しかし,それは です。 ローマ字の 正しい 書きかたは パスポートの ルールでは なく 日本語の ルールで きまっています。 日本語の ルールは 日本語で くらしている みんなが まもらなければ ならないので,小学校の「国語」で かならず まなびます。 パスポートを もっていない 人でも 自分の 名前を ローマ字で 書いたり ローマ字で 書かれた 他人の 名前を 読んだり する ことは あるのですから,それが あたりまえでしょう。 しかし,パスポートの ルールは 特別で,強制力を もった 法律(旅券法)で きまっている ために,日本語の ルールを 部分的に うわ書き しています。 この パスポートの ルールが 日本語の ルールを 無視 した 仕様で ある ことが さまざまな 混乱と 不便の もとに なっており,日本に はかりしれない 損害を あたえています。 あとで くわしく のべますが,パスポートの 名前も かならず「パスポート式」に しなければ ならない わけでは ありません。 名前は アイデンティティーに かかわる 大切な ものですから,パスポートの 名前も ある 程度は 本人の かんがえが 尊重 される べきです。 それで 最近は 常識の 範囲内で つづりを 本人が えらべる ように なっています。 ときどき,パスポートの 名前は 法律で に きまっていると いう 人が いるのですが,実際には がちがちに きまっている わけでは なく,ルールが 弾力的に 運用 されています。 そのため,佐藤さんや 優香さんの ように,名前に 長音が はいっている 人は 正しい ローマ字で 書けないと あきらめているかも しれません。 しかし,あとで 説明 するに すれば,正しい ローマ字で 書けます。 「パスポート式」の 問題 「パスポート式」には おおきな 問題が ふたつ あります。 パスポートは ものが もの だけに 管理 する 側の 都合で 特殊な ルールに なっても しかたの ない ところが あります。 それでも,これらの 欠点は おおきすぎます。 問題 1:ヘボン式に した こと 外務省は に した 理由を つぎの ように 説明 しています。 外務省では、パスポートが外国において自国民である旅券名義人の身分を明らかにし、当該名義人の通行への便宜並びに事故等に遭遇した場合の保護及び援助を各国政府に要請する文書であることを踏まえ、その氏名の表音が国際的に最も広く通用する英語を母国語とする人々が発音するときに最も日本語の発音に近い表記であるべきとの観点から、従来よりヘボン式を採用しています。 英語風に 読んだ ときに 原音を 再現 しやすいからと いっている ようです。 しかし,これは おかしいでしょう。 パスポートを あつかう 業界には 日本人の 名前を 英語風に 読む きまりが あるのでしょうか 外務省の まちがいは「英語を母国語とする人々が発音するときに最も日本語の発音に近い表記であるべき」という ねじくれた かんがえに あります。 言語を 国の 単位で かんがえては いけませんが,話を わかりやすく する ために 単純化 して いえば,フランス人の 名前は フランス語風に,イタリア人の 名前は イタリア語風に 読むのが あたりまえです。 そうで なければ 正しい 発音に なりません。 なぜ 日本人の 名前は 英語風に 読むのでしょうか。 そもそも,外国人の 名前なんか 正しい 発音で 読める はずが ありません。 それが 世界の 常識です。 英語の 話し手が を ほぼ 正しい 発音で 読めるかの ように 書いてありますが,これも 事実では なく デタラメです。。 もし では なく だったら どうでしょうか。 石田さんと 内田さんが ISIDA, UTIDA と 書かれ,英語圏の 人が これらを〈イスィダ〉〈ウティダ〉と 読んで しまうかも しれません(実際には もっと 変な 発音に なるでしょう)。 けれど,それで こまる ことは ありません。 〈イスィダ〉〈ウティダ〉は 外国人の「なまり」です。 すこしくらい 発音が おかしくても,石田さんと 内田さんだと わかります。 別人と とりちがえる 心配も ないでしょう。 日本人の 名前は 日本語です。 ふつう,日本語は 外国で 通用 しませんが,固有名詞は ローマ字で 書けば 世界に 通用 します。 英語風の つづりに する 必要は ありません。 それなのに,外務省は 日本人の 名前を 英語風に 書かせようと しています。 日本は 植民地でも ないのに,日本人は 自分の 名前を 日本語らしく 書けません。 これは 国際的にも はずかしい ことです 以前,新聞の 投書欄に「なぜ パスポートは に しないのか。 」という 疑問が よせられた とき,外務省は「昔から だったので,いまさら ルールを かえられないから。 」と こたえていました。 けれども,いまは「非ヘボン式」の つづりを みとめる ように なっています。 やる気が なかった だけでした。 なお,ローマ字が 世界に 通じると いっても,それが 外国人に 正しい 発音で 読んで もらえるという 意味では ない ことに 気を つけて ください。 ローマ字は 日本語の 表記法で あって,発音を しめす ものでは ないからです。 外国人は どの 方式の ローマ字を みても 読みかたが わかりませんし,わかった ところで 正しく 発音 できません。。 問題 2:長音符号を 書かない こと 「人魚」と「人形」 長音が 書けないと,日本語を 正しく 記述 する ことは できません。 「パスポート式」では 太郎さんと 次郎さんが タロと ジロに なって しまいますが,ご本人に とっては わらえない 話です。 「パスポート式」の もっとも おおきな 欠点は 長音の 書きかたが まずい ことです。 どうしても 記号が つかえないのなら 記号を 書かないのも しかたが ありませんが,その 対処を 何も していない ため, ONO が 小野さんか 大野さんか わからなく なっています。 これでは,個人の 識別という,パスポートの 基本機能すら あぶなっかしいでは ありませんか。 これは 重大な まちがいを ひきおこす おそれが ある,深刻な 設計ミスです。 この 問題は 大野さんを OONO と 書く だけで ほとんど 解決 できます。 これは ローマ字の ルールで みとめられている 正しい 書きかたです。 これなら 小野さんと 大野さんを きちんと 区別 できますし,日本人が みれば ほぼ 正しい 発音で 読む ことも できます。 なぜ こういう 対処を しなかったのでしょうか。 原音の 再現性は わすれていたのでしょうか こまかい ことを いうと,この 書きかたにも 欠点は あります。 たとえば,大岡さんは OOOKA なので〈オーオカ〉か〈オオーカ〉か わかりません。 また,大賀(オーカ)さんと 尾岡(オオカ)さんが どちらも OOKA に なって 区別 できません。。 この 欠点と くぎりの 記号が つかえない 欠点の せいで,パスポートの 名前は 日本人が みても まともに 読めません。 たとえば, YUKO は おそらく〈ユーコ〉ですが,〈ユコ〉〈ユコー〉〈ユーコー〉の 可能性も あります。 KENICHI は たぶん〈ケンイチ〉ですが,ひょっと すると〈ケニチ〉かも しれません。 SHINYA は おそらく〈シンヤ〉ですが,〈シニャ〉で ないとは いいきれません。 これらは 常識で おしはかる ことも できますが, ONO(小野?,大野?)や OHARA(小原?,大原?)は それすら できません。 日本人の 名前を 外国人が みて 正しく 読めないのは あたりまえですが,日本人が みても 読めなかったら 何かが おかしいと かんがえなければ なりません。 日本人は 自分の 名前を 自分でも 読めない つづりで 書いている わけで,これでは 世界の わらいものです。 非ヘボン式 やぶれかぶれの 改善策? 「パスポート式」は 評判が よく なかったので,外務省は 2000年に ルールを みなおしました。 この ルール変更で オ段の 長音に OU, OH が つかえる ように なりました。 SATOU(佐藤) OHTANI(大谷) しかし,この ルール変更は 失敗でした。 オ段の 長音しか かんがえていないからです。 隆二さんや 優香さんの ように,ウ段の 長音が はいった 名前も たくさん あるのに,なぜか それらが かんがえに はいっておらず,雪さんと 夕貴さんは 区別 できない ままです。 しかも,この 書きかたには ときどき おかしく なる 欠点が あります。 OHE(大江,オヘ?) OHHIRA(大平,オッヒラ?) OHYAMA(大山,オヒャマ?) MOURI(毛利,モウリ?) オ段の 長音を ou や oh に するのは ローマ字の 正しい 書きかたでは ありません。 ou は の 影響で ひろまった もので,ローマ字と を 混同 している 人が よく やる まちがいです。 oh は スポーツ選手の ユニフォームなどに このんで もちいられますが,は これを みとめていません。 それぞれなどと よばれている,まちがった ローマ字です。 この ルール変更は オ段の 長音を ふくむ 名前の 人から 歓迎 されたかも しれませんが,ローマ字の 理屈から いえば デタラメも いい ところです。 すなおに 正しい ローマ字の ルールを 採用 すれば よかったのに,わざわざ まちがった 書きかたを とりいれて,解決 しなければ ならない 問題を 完全には 解決 できなかった だけで なく,あたらしい 問題を うみだして しまいました。 じつに おろかな 失敗でした。 特殊な 文字が つかえない 場合でも,これで ほぼ 問題 なく 長音を あらわせます。 しかも,この 書きかたには おかしく なる 欠点が ありません。 〈タロー〉と〈タロオ〉および〈ユーコ〉と〈ユウコ〉は 発音が よく にているので,変な 読みかたを される 心配が ないからです。 ローマ字は そこまで かんがえて 設計 されています。 それにも かかわらず,外務省は 正しい ローマ字を かたくなに こばみ,まちがった ローマ字を すすんで とりいれました。 近年、氏名、特に名について、国字の音訓及び慣用にとらわれない読み方の名や外来語又は外国風の名を子に付ける例が多くなる等、旅券申請において表記の例外を希望する申請者が増えていることから、その氏名での生活実態がある場合には、非ヘボン式ローマ字表記であっても、その使用を認めることとしました。 外国人風の 名前などが ふえてきたから「非ヘボン式」を みとめる ように したと いっていますが,おそらく それ だけが 理由では ないでしょう。 とにかく,「非ヘボン式」でも 実際に その つづりを つかって 生活 している ことを しめせば,それが みとめられる ように なりました。 たとえば,理沙さんと 凛さんが 外国人風の Lisa, Lynn を つかって 生活 していた 場合,これらの つづりで パスポートを つくれます。 この ルール変更で「パスポート式」という 制限は 事実上 なく なったとも いえます 譲司さんと 玲央さんが GEORGE, LEO でも いい わけです。 愛(らぶ)さんが LOVE に しても かまいません。。 「非ヘボン式」では つぎの ような 書きかたが できます。 オ段の 長音を OU, OH に する。 長音を 母音字の 連続に する。 くぎりとして つなぎ - や きる印 ' を つかう 以前は きる印 ' が つかえませんでしたが,最近は つかえる ように なっています。 ただし,この 記号は MRZ(機械読取領域)や ICチップの 情報には はいりません。。 外国人風の つづり。 KATOU(加藤) KATOH(加藤) KATOO(加藤) YUUKO(優子) HUKUSIMA(福島) TIDURU(千鶴) KOH-YAMA(神山) SHIN-ICHI(伸一) KIM(金) MARY(真理) 「非ヘボン式」は「パスポート式」に あてはまらない 書きかたを まとめて 外務省が そう よんでいる もので,この よびかたが 意味を もつのは パスポートの 話を する とき だけです。 ローマ字に「非ヘボン式」という 方式が ある わけでは ないので,気を つけて ください。 「非ヘボン式」に できるのは はじめて パスポートを つくる 人 だけでは ありません。 以前に「パスポート式」の つづりで パスポートを つくった ことが ある 人は「非ヘボン式」の つづりで つくりなおす ことが できます。 「非ヘボン式」に する 場合は 申請 して みとめて もらわなければ なりませんが,あきらかに まちがっている つづりや ふざけた つづりで ない かぎり,その つづりが みとめられると おもわれます 「非ヘボン式」に する 場合,その つづりを つかって 生活 している「生活実態」を 証明 する 必要が あります。 これは おおがかりな ことに おもえるかも しれませんが,そうでも ありません。 目的の つづりに なっている クレジット カードが あれば 十分です。 外国から きた 手紙の あて名や スポーツの ユニフォームに 書いてある 名前でも 証明 できます。 そういう ものが ない 場合は「事情説明書」を 提出 します。 「に したい」という かんがえ だけでも 理由に なります。 ただし,最近「パスポート式」で パスポートを つくった 人は「非ヘボン式」の つづりで つくりなおす ことが できないかも しれません。 パスポートを 申請 する ときに「今後,名前の つづりを かえません」と 宣誓 する ように なっているからです(申請書に チェック マークを つける だけなので,よく かんがえないで 宣誓 している 可能性が あります)。 また,いまだに 教育の ゆきとどかない 職員が いるらしく,「非ヘボン式」には できないという うその 説明を された 事例が 報告 されています。 窓口に「あたり」「はずれ」が ある ようです。。 実際には なやましい 問題も あります。 家族の 姓の つづりが おなじで ないと こまるかも しれませんし,クレジット カードとの 整合性も 大事だからです。 特に 姓の つづりは,自分 だけの 問題では ありませんから,よく かんがえて きめて ください 家族で 外国に 旅行 する とき,姓の つづりが ばらばらだと ややこしいでしょう。 パスポートを 申請 する ときに 家族の 姓の つづりを そろえる よう しつこく 説得 される ことも ある そうです。 外国で 何かの 拍子に パスポートと クレジット カードで 名前の つづりが ちがう ことに 気づかれたら,どんな うたがいを かけられるか わかりません。。 パスポートは とても 重要な ものですから,名前の ローマ字にも きびしい ルールが あります。 「非ヘボン式」の 制度が できたからと いって,どんな つづりに しても いい わけでは ありません。 「太郎」を HANAKO に したいと いっても 無理でしょう。 また,変更 できる 場合でも 従来の「パスポート式」から 「非ヘボン式」に かえる 一度きりです。 「非ヘボン式」から もとの つづりに もどしたり「非ヘボン式」から 別の「非ヘボン式」に かえたり する ことは できません。 ローマ字の 正しい 書きかたを しらない 人は 大勢 います。 名前の ローマ字を タレントの ニックネーム みたいな ファッション感覚で かんがえている 人も よく います。 このような 状況では,ルールが きびしくても しかたが ないでしょう ほんらい,自分の 名前は 自分で すきな つづりに きめて かまわない はずです。 そういう ルールに するのが 理想です。 けれども そう すると,おかしな つづりで 申請 する 人が つぎつぎに あらわれるのは 目に みえています。 パスポートの 重要性から かんがえても,特別に きびしい ルールが もうけられているのは 当然と いえます。 パスポートの 問題は ルールが おかしい ことで あって,ルールが きびしい ことでは ありません。。 「パスポートむけ訓令式」 「非ヘボン式」の 制度を つかえば「パスポート式」の 問題を 解決 できます。 この サイトは の 変形を おすすめ します。 この「パスポートむけ訓令式」は つぎの ような 書きかたです。 「ローマ字表」は と おなじです。 撥音(ン)は n で あらわします。 撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときは きる印 ' で くぎります。 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。 長音(ー)は 母音字かさね式の に します。 おなじ 母音字が 3個 以上 つづく 場合は きる印 ' で くぎります。 HUKUSIMA(福島) TIBA(千葉) TUZI(辻) KANDA(神田) NANBARA(南原) KEN'ITI(健一) KIKKAWA(吉川) BEPPU(別府) HOTTI(堀地) OONO(大野) SATOO(佐藤) MUKOODA(向田) YUUKO(優子) SYUUHEI(修平) NIIYAMA(新山) SENOO(妹尾) OO'OKA(大岡) YOKO'OOZI(横大路) これはが さだめている の ルールに ほぼ 完全に のっとっています。 これなら 日本語らしい つづりなので,外国で 恥を かく 心配が ありません。 まにあわせの 書きかたでは ありますが,長音を きちんと 書きあらわしているので,日本語が わかる 人なら ほぼ 正しい 発音で 読めます 例の 中での ルールから はずれているのは OO'OKA(大岡)と YOKO'OOZI(横大路)だけです。 これを OOOKA, YOKOOOZI に すれば,完全に ルールの 中に おさまります。 本当は パスポートが 文字の 制限を なくして や くぎりの 記号を つかえる ように すれば いいのですが,どういう わけか パスポートは 基本的な ところが 時代おくれです。 「本籍」を 記載 している ところにも それが あらわれています。。 お名前を「パスポートむけ訓令式」に 変換 できる「」「」が あります。 ご自由に おつかい ください。 挿絵 道路標識(案内標識)の ローマ字 道路標識(案内標識)の ローマ字 書きかた 道路標識 (道路標識調査Weblog) 道路標識(案内標識)の 地名の 書きかたは 国土交通省が を もとに して つくった 独自ルールです。 つぎの ような 書きかたです。 「ローマ字表」は と おなじです。 撥音(ン)は n で あらわします。 b, m, p の 前の 撥音でも m に しません。 撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときは つなぎ - で くぎります。 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。 ただし, ch の 前の 促音は t に します。 長音(ー)は 長音符号を 書きません。 ただし,イ段の 長音は ii で あらわします。 基本的には ひとつづきに 書きますが,普通名詞の 部分(「県」「市」「山」「川」「橋」「寺」など)は 英訳 して つづりを きりはなします。 ただし,それが 名前と 一体化 している 場合は ひとつづきに 書いて,その あとに 英訳を つけたします。 定着 している 表記が あれば それに したがいます。 Chiba(千葉) Katsuura(勝浦) Fukushima(福島) Sendai(仙台) Shinbashi(新橋) Den-enchofu(田園調布) Beppu(別府) Sapporo(札幌) Kutchan(倶知安) Tokyo(東京) Yuhigaoka(夕陽丘) Niigata(新潟) Tokyo Met. (東京都) Aichi Pref. (愛知県) Fukuoka City(福岡市) Nakayama Town(中山町) Shinano River(信濃川) Arakawa River(荒川) Atago Shrine(愛宕神社) Toshogu Shrine(東照宮) Chiyoda Bridge(千代田橋) Togetsukyo Bridge(渡月橋) Mt. Fuji(富士山) Mt. Gassan(月山) つけたし こまかい ことを いうと,これは ローマ字では なく 英語です。 1946年に GHQが 道路や 駅に その 名前を 英語で 掲示 する よう 命令 しました。 ただし,名前を むりやり 翻訳 して 掲示 しても 意味が ありませんから,実際に 書いていたのは ローマ字です。 GHQが 本当に のぞんでいた 表記も それでしょう ただし,ローマ字の 書きかたは かなり いいかげんで,特に は めちゃくちゃです。。 ところが,1980年代の おわりごろから 日本政府は 国際化だと いって 公の 表示を つぎつぎに 英語化 しはじめました。 いまでは 交番や 郵便局まで 英語の 看板を かかげています。 道路標識の 地名も ローマ字を やめて 英語に 書きかえる 作業が すすめられています。 いまの ところ,ローマ字が 書かれた 道路標識も まだまだ たくさん のこっています。 XXX dori(〇〇通り)などが その 例です。 ここで 説明 している 書きかたは 道路標識の ための 特別ルールです。 それ 以外で 地名を 書く ときは 日本語の ルールに のっとった 正しい ローマ字で 書く ように して ください。 地名は それだけを 単独で 書く ことが おおく,文章の 中に 書きこむ ことは すくないでしょう。 それなら わざわざ 外国語に 翻訳 する 必要は ありません。 日本の 地名を 英語に 翻訳 する 必要が あるのは 英文の 中に 書きこむ とき だけです。 道路標識の ローマ字では 地名と 建造物の 名前が 区別 されていて,それぞれの 書きかたに ちがいが あります。 たとえば,「飯田橋」は Iidabashi で「祝田橋」は Iwaida Bridge です。 こんな 区別を する 意味は ありませんし,これでは かえって 不便でしょう。 ここまで くると 滑稽と いう べきで,地元の 住民も これを つめたい 目で みている ようです。 道路標識の ローマ字の 欠点は これだけでは ありません。 じつは,もっと おおきな 欠点が あります。 を つかっている せいで 長音を ふくむ 地名を 正しく 書けない ことです。 この 章の はじめに かかげた 写真を よく みて ください。 外国人が これを みたら 日本人の 知性を うたがうでしょう。 道路標識は 1971(昭和46)年から 高速道路の ほかでは 原則として ローマ字を 書いていませんでしたが,1986(昭和61)年に 建設省の 省令が あらためられ,原則として「英語による表示」を する ことに なりました。 ときどき,ローマ字が 書かれていない 標識を みかける ことが あります。 それは ローマ字を 書いていなかった 期間が あるからです 日本の 首相が ホストを つとめた 東京サミットの あとで 省令が かわりました。。 ローマ字を やめた 理由は 視認性が わるいからだと されています。 標識に 書きこむ 情報が ふえて ごちゃごちゃ してきた せいかも しれません。 当時は 交通事故が 社会問題に なっており,標識の 読みにくさが やり玉に あがったとも かんがえられます。 また,占領期の 遺物と みなされていたからだとも いわれています。 占領軍の 都合で つくった ルールを ずっと あたためていたのだと すれば,バカげた 話です。 1960年代から ローマ字に たいする 政治的な 圧力が はげしく なっていましたが,それと かかわっていたか どうかは わかりません。 「英語による表示」を はじめた 理由は 国際化です。 しかし,国際化と 英語化は まったく ちがいます。 それに,英語を 書いても あまり 役に たちません。 日本に すんでいる 外国人や 日本に やってくる 外国人は 中国語・韓国語・ポルトガル語を はなす 人が ほとんどで,英語が わかる 人は すくないからです。 ローマ字から 英語へ? 2013年,国土交通省は 観光地などに ある 案内標識の ローマ字を やめて 英語に かえる 方針を しめしました。 しかし,これは まちがった 政策です。 表示を 国際化 する 方法は ローマ字化で あって 英語化では ありません。 英語化 すると 不便に なります。 公の 表示を 英語化 する ことには 国際的な 問題も あります。 まず,英語は 外国人に 通じません。 英語で くらしている 人の 割合は 世界の 人口の 1割にも みたない ほど すくなく,ほとんどの 外国人は 英語が わかりません。 かんたんな 英単語が わかる 人の 割合は もっと おおいでしょうが,それでも すべての 外国人に 英語が 通じると おもったら おおまちがいです。 しかも,英語圏から 日本に やってくる 外国人は あまり いません。 日本を おとずれる 外国人の 国・地域を しらべた 統計(2017年)によると,トップ3は 中国,韓国,台湾で,これらを あわせると 全体の 66. 4%に なる 一方,英語圏の アメリカ,オーストラリア,イギリス,カナダを あわせても 8. 7%にしか なりません。 国土交通省は 旅行者の 利便性を 変更の 理由に していますが,まったく 理由に なっていません 英語が わかる 人の 割合に(英語を はなす 人が おおそうな)香港,シンガポール,マレーシア,フィリピンを くわえると,20. 9%に なります。 テレビは 上位の 国・地域からの 旅行者を うつさないので 実態を しらない 人も おおいと おもわれますが,外国人の 旅行者は ほとんど アジアの 国から きています。 外国人なら 英語が わかるだろうと かんがえている 日本人は おおいのですが,非英語圏の 一般的な 外国人の 英語力は 日本の 受験生と おなじ レベルです。 つまり,日本に やってくる 外国人に 英語は あまり 通じません。 しかも,省略 した 書きかたや むつかしい 単語が つかわれている せいで,英語の はなし手でも 読みにくい ものが あります。 たとえば,道路標識で ときどき みかける Pref. prefecture は むつかしい 単語で,英語の はなし手でも しらない ことが あります。。 そして,外国人は 母語で 書かれた 旅行者むけの ガイドブックなどを たよりに 行動 しますから,地名を 英語で 表示 する 必要は ありません。 外国人が 目で みて 判別 できる の 表記が ひとつ あれば 十分です。 外国人は ローマ字を みても それを 正しい 発音では 読めませんし,普通名詞の 部分は その 意味も わかりません。 けれど,それで こまる ことも ない わけです。 そもそも,地名は 全体が ひとつの 固有名詞なので,ふつうは 外国語に 翻訳 できません。 外国人に 必要な 情報は,目で みて 判別 できる 文字列と おおよその 読みかたで あって,意味では ないからです。 たとえば,「金閣寺」が 寺で ある ことや「代々木公園」が 公園で ある ことを しめす 必要は まったく ありません 観光で アンコール ワットに やってくる 外国人は,「アンコール ワット」の「ワット」が「寺」の 意味で ある ことを しらなくても,アンコール ワットが 寺で ある ことを はじめから しっています。 観光で 金閣寺に やってくる 外国人は,「キンカクジ」の「ジ」が「寺」の 意味で ある ことを しらなくても,金閣寺が 寺で ある ことを はじめから しっています。。 地名を 英訳 すると 不便に なります。 外国人と 日本人が おなじ ものを ちがう 名前で よぶ ことに なるからです。 日本語の 名前が わからない 外国人は 日本人に 道を たずねる ことが できません。 外国人から The National Diet の 場所を たずねられても それが 何か わからない 日本人は 道案内が できません。 外国人は 地名の おおよその 読みかたが わかれば 交通機関で ながれる 車内放送も なんとか ききとれます。 しかし,地名を 英訳 すると 交通機関は 英語の 放送を しなければ なりません。 こうして,観光地が 人情や 風情を うしなって しまいます。 地名を ローマ字で 書いておけば,外国人と 日本人が おなじ 名前を つかうので 話が 通じます。 わざわざ 国際交流を さまたげて 観光地の ねうちを さげるのは やめる べきです。 観光地の 表示には それなりの センスが もとめられます。 やたらに 外国語が 目に つくと,日本らしさを たのしみたい 外国人は がっかり します。 交通機関は できるだけ ことばに たよらず,記号(ユニバーサル サイン,ピクトグラム)を 工夫 する べきです。 もちろん,それとは 別に 多言語で 対応 できる 観光案内所などは 必要です。 スマートフォンが ゆきわたっている いまなら テクノロジーによる 解決策も あるでしょう。 これらが 本当に のぞまれている ことです。 おおくの 先進国では,公の 表示は 現地の 人が つかう 言語 だけで 書かれています。 公の しごとは 住民への サービスで あり,商売の 手だすけでは ないからです 民間企業は 商売ですから 自由に すれば いいでしょう。 たとえば,飲食店が 多言語の メニューを 用意 するとか,タクシーが 多言語で 対応 するとかです。 これらは たいへん よい ことで,外国人の 旅行者にも よろこばれるでしょう。 けれども,商売で ない 公の 表示は おせっかいを しない ほうが いいでしょう。 金もうけに 熱心な 国だという マイナスの 印象を あたえる おそれが あるからです。 技術で 解決 できる ことは たくさん あります。 ローマ字に スマートフォンを かざせば 外国語の くわしい 情報が でてくる サービスも かんたんに つくれるでしょう。 道路標識や 駅名標は デザインが 統一 されているので それらの 画像を 解析 するのは むつかしく ない はずです。。 観光地などでは 表示の 多言語化を すすめていかなければ なりませんが,外国語に 翻訳 する 必要が あるのは 文章が 書かれる 掲示物や 普通名詞が 書かれる 案内板 だけです。 固有名詞を 翻訳 しても 意味が なく,むりやり 翻訳 しても 不便に なる だけです。 地名の 表示は 国内むけの かな文字表記と 国際的な 表記の ふたつが あれば 十分です(地名の 漢字表記は 地元の 人で ないと 読めない ことが あるので,なくても かまいません) 公の 場では 固有名詞を 漢字で 書かない ほうが いいでしょう。 これは 地名に かぎらない 一般的な 話で,この サイトが すすめている ことの ひとつです。。 世界一の 観光大国で ある フランスの 名所が 英語だらけに なっているか,かんがえてみて ください。 日本は 観光地に かぎらず どこも 英語で あふれていますが,まるで 日本が 日本語を 大切に していない ような 言語景観を 外国人は 尊敬の 目で みていません。 特に,公の 表示が 英語まみれに なっている ありさまは,それ じたいが 国際社会に たいする 政治的な 意味を もつ メッセージに なって しまい,日本と 日本語の 国際的な 地位を 傷つけています。 挿絵 地図の ローマ字 地図の ローマ字 書きかた 地図(陸図)の 地名の 書きかたは 国土交通省が を もとに して つくった 独自ルールです。 つぎの ような 書きかたです。 「ローマ字表」は と おなじです。 撥音(ン)は n で あらわします。 ただし, b, m, p の 前の 撥音は m に します。 撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときは つなぎ - で くぎります。 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。 ただし, ch の 前の 促音は t に します。 長音(ー)は 長音符号を 書きません。 ただし,イ段の 長音は ii で あらわします。 普通名詞の 部分(「県」「市」「山」「川」など)は きりはなして 書きます。 普通名詞の 部分が 名前と 一体化 していて きりはなせない 場合は ひとつづきに 書きます。 発音を きる 必要が ある ところは つなぎ - で くぎります。 Chiba(千葉) Katsuura(勝浦) Fukushima(福島) Sendai(仙台) Shimbashi(新橋) Shin-okubo(新大久保) Beppu(別府) Sapporo(札幌) Kutchan(倶知安) Tokyo(東京) Yuhigaoka(夕陽丘) Niigata(新潟) Aomori Ken(青森県) Tokyo Wan(東京湾) Fuji San(富士山) Arakawa(荒川) Kinokawa(紀ノ川) Gassan(月山) Shijo-kawaramachi(四条河原町) Aki-takada Shi(安芸高田市) と にていますが,普通名詞の 部分を 英訳 しない ところが ちがいます。 つづりが 英語風に なっては いますが,英語では ありません。 その 意味で,公の ローマ字に しては めずらしく,比較的 まっとうな ローマ字と いえます。 海図の ローマ字は 海上保安庁が さだめている 独自方式で,の 変種です。 くわしい ルールは わかりません この サイトでは あまり あつかっていませんが,海底の 地形は あたらしい ものが 発見 される たびに 海上保安庁が 名前を つけています。 これは 一般人の くらしに かかわる ものでは ないので,学術的な(ABCと 数字を くみあわせた ような)名前でも いい はずですが,政治的な 理由で 日本語の 名前を つけているのでは ないかと おもわれます。。 の ローマ字も の 変種です。 くわしい ルールは わかりません。 つけたし 地図(陸図,海図)の ローマ字は 大正時代から を 採用 していて,が できてからは でした。 しかし,海図は 1999年に,陸図は 2005年に,あいついで に かえられました。 昔の 海図 の YAMAGUTI, SIMO-NO-SEKI, MOZI などが みえます。 ローマ字の 方式を かえた 理由は 理念や 理論に もとづいた ものでは なく,より が おおく もちいられている 現状に あわせた だけでした。 海図の 場合も おおよそ 想像が つきそうです と の 使用状況を しらべて,おおい ほうに あわせた ようです。 「みんな やってるから。 」では まるで 万引の いいわけです。。 歴史を ふりかえると,1937(昭和12)年に が できる きっかけに なったのは,万国地理学会議が 日本政府に 地名の ローマ字を 統一 して ほしいと いってきた ことでした。 そして 専門家が 何年も 議論を かさね,理論的に みちびきだした 結論が だった わけです。 1954(昭和29)年にを つくった ときも,専門家が まとめた 原案の 段階では 地名を かならず で 書く ことに していました。 このような 歴史を わすれ,理念や 理論を ないがしろに して,ほとんどの 国民が しらない あいだに ルールを かえて しまったというのですから,これは 文明国として はずかしい ことです。 道路標識(案内標識)の 地名は 英語化 されているのに,地図の 地名は 英語化を まぬがれています。 この 理由と かんがえられるのは 国際連合地名標準化会議の 勧告です。 これは 地名表記の 国際ルールを あつかっていて,地図に 書く 地名表記の ルールを きちんと さだめる よう 各国に もとめています。 それで 各国の ルールは どう なっているかと いうと,普通名詞の 部分(「山」「川」など)を 翻訳 しない 原則に なっています。 たとえば,「モンブラン」は Mont Blanc です。 「富士山」が Fuji San に なっている 理由は これでは ないかと おもわれます。 ここで 説明 している 書きかたは 地図の ための 特別ルールです。 それ 以外で 地名を 書く ときは 日本語の ルールに のっとった 正しい ローマ字で 書く ように して ください。 地名は それだけを 単独で 書く ことが おおいので,ローマ字で 十分です。 地名を 翻訳 する 必要が あるのは 外国語の 文章の 中に 地名を 書きこむ とき だけです。 たとえば,国際郵便の あて先に 書いたり 外国の 通販サイトの システムに 入力 したり する 日本の 住所は 正しい ローマ字()で 書きます。 外国人は 日本の 文字を 読み書き できないかも しれませんし,外国の システムは 日本の 文字を あつかえない ことも ありますから,この 住所は ABC表記に する 必要が あります。 けれども,この 住所が 読まれるのは 日本国内ですから,英語に 翻訳 する 必要も 英語風の ローマ字()に する 必要も ありません。 「荒川」が Arakawa River に なって しまい,日本人に つよい 違和感が ある ことです。 感覚的な きもちわるさなら,そのうち なれて しまって,自然に 解決 します。 けれども,これは「モンブラン」を Mt. Mont Blanc に している ような もので,理屈が おかしいのですから,いつまでも おかしい ままです。 これでは 国際的にも はずかしいでしょう。 地名の 表記を 国際化 する 方法は 英語化では なく ローマ字化です。 日本の 地名は 日本語ですが,ローマ字で 書けば 世界に 通用 します。 ローマ字は 掲示物などにも 適しています。 いくつもの 外国語に 翻訳 して それらを ずらずら ならべなくて いいからです。 ローマ字を ひとつ だけ 書く ように すれば,掲示物の 視認性も デザインも よく なります。 翻訳 する 手間も コストも かかりません。 下は の 例です。 観光施設で くばる パンフレットの 解説文などが これに あたります。 これらは いろいろな 言語の バージョンを つくって,地名は それぞれの 言語に 翻訳 します。 ただし,訳語を どう するかは その 言語の はなし手が きめる ことです。 たとえば「荒川」を 英訳 する 場合, Arakawa River に するか Ara River に するか Arakawa に するか,それは 英語の はなし手が きめる ことです。 日本が 勝手に 訳語を つくっても,外国が それを そのまま うけいれるとは かぎりません。 観光施設で くばる パンフレットの 解説文には 正確な 情報 だけで なく 読み手の 心に ひびく うつくしい 文章が もとめられます。 したがって,外国語バージョンを つくる 翻訳作業を しろうとが やるのは 無理です。 これは 翻訳の プロに 依頼 して ください。 基本的な 地名の 書きかたは「」で 説明 しています。 具体的な 地名の リストが「」に,市町村の 名前の リストが「」に あります。 ご自由に おつかい ください。 挿絵 駅名標の ローマ字 駅名標の ローマ字 書きかた 駅名標 駅名標(駅名の 表示板)の 駅名の 書きかたは 鉄道会社などが を もとに して つくった 独自ルールです。 つぎの ような 書きかたです。 「ローマ字表」は と おなじです。 撥音(ン)は n で あらわします。 ただし, b, m, p の 前の 撥音は m に します。 撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときは つなぎ - で くぎります。 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。 ただし, ch の 前の 促音は t に します。 ただし,イ段の 長音は ii で あらわします。 外来語は 原つづりで 書きます。 それが 戦後に なると に もどされ,1954(昭和29)年にが できても かわらず,そのままに なっています。 駅名標の 図面 1914 駅名標の ローマ字は 戦後に できたと おもっている 人が いる ようですが,そうでは なく,戦前から ありました。 「鉄道法規類抄」付録の 工事図面より。 駅名の ローマ字は 重要です。 外国人の 旅行者が おおい 観光地では 特に そうです。 しかし,ローマ字の 方式を に する 理由は ありません。 駅名は 外国人が 目で みて 判別 できる 文字で 書いてあって,おおよその 読みかたが わかれば,それで 十分だからです。 外国人が みれば も も 読みかたが よく わからない 外国語で あり,どちらでも おなじです。 英語の theater と theatre くらいの ちがいしか ありません。 したがって,外国人むけの 表示は の ローマ字が ひとつ あれば 十分です 外国を 旅行 した つもりに なって かんがえてみて ください。 駅名が アラビア文字で 書かれていたら こまりますが,ABCで 書かれていたら 目で みて 判別 できます。 おおよその 読みかたも わかります。 正確な 発音は わかりませんが,そこまで くわしい 情報は いりません。 たとえば,日本に やってきた 外国人が, Ueno, Akihabara, Kanda などと 書かれた 路線図を みて,その 中の どれが「アキハバラ」か わかれば 十分だからです。 最近は 駅番号の 導入も すすんでいますが,ABCも 数字も 言語に よって 読みかたが ちがうので,これ だけでは 日本人と 外国人の 会話が なりたちません。 そのため,どうしても ローマ字表記は 必要です。。 ホームの 発車標や 列車内の 表示器では,スペースの 都合で ローマ字の ながい つづりを 表示 しにくい ことが あります。 そういう 場合は,文字を ちいさく する よりも,ティッカー表示に する ほうが いいでしょう。 駅名標の ローマ字は 鉄道会社などによる ちがいが おおきく,上で 説明 した 書きかたに なっていない ものが たくさん あります。 つづりの きりはなしかた, つなぎ - の つかいかた,大文字・小文字の つかいわけ などは ばらばらで,統一の うごきも ありません。 昔は(おそらく まちがって 書かれた)風がわりな つづりの ローマ字が たくさん ありました。 いまは では なくに している ところも あります。 最近,駅名標の ローマ字が つぎつぎに きえています。 この あとで のべる ように,ローマ字を やめて 英語に 書きかえる 作業が すすめられているからです。 よっつの 言語? たまプラーザ駅の 駅名標 よっつの 言語で 書かれています。 「プラーザ」は 本当は スペイン語の plaza(広場)です。 中国語では「プラーザ」を「広場」と 翻訳 しています。 最近,簡体字と ハングルが つけくわえられて 4種類の 文字で 書かれている 駅名標が ふえてきています。 よく みると,4種類の 言語で 書かれている ことが わかります。 これは 外国人の 旅行者などを かんがえて,表記を 国際化 する ために おこなわれています。 公の 交通機関で 案内や 注意書きなどを 多言語化 するのは たいへん よい ことで,これは 観光地などで 積極的に おしすすめて いかなければ ならない とりくみです。 中国語と 韓国語を 優先 する 判断も まちがっていません。 しかし,駅名標の 多言語化は まちがった とりくみです。 固有名詞で ある 駅名を むりやり 外国語に 翻訳 する 必要は なく,ローマ字表記が ひとつ あれば 十分だからです。 は いくつか ありますが,その ひとつは 日本語を 世界に ひらかれた 文字で 書く ことです。 外国人が 目で みて わかる 文字で 書く ことに 意味が あります。 昔から 駅名標に ローマ字が 書かれていたのは そのためです。 駅名標に たくさんの 外国語を つめこむと,みた目が ごちゃごちゃ して 読みにくく なります。 文字の 統一感も なく なり,デザインも わるく なります。 よっつの 表示が 時間を おいて きりかわる 発車標なども ありますが,実用性が いちじるしく おとる ため,問題に なっています。 苦情が おおいので,表示の しかたを かえた ところも ある そうです。 この タイプの 駅名標には もっと おおきな 問題が あります。 それは ローマ字を やめて 英語に おきかえている ことです。 地名を 外国語に 翻訳 する ことが いけない 理由は ,の ところで くりかえし のべた とおりです。 それと おなじで,駅名も 外国語に 翻訳 しては いけません。 外国人に 必要な 情報は,目で みて 判別 できる 文字列と おおよその 読みかたで あって,意味では ないからです。 たとえば,「〇〇病院」や「市役所前」の 駅名標に「病院」や「市役所」という 意味を 書く 必要は まったく ありません もし その 駅を 利用 して 病院や 市役所に やってくる 外国人が いたら,その 人は「病院」や「市役所」の 意味を はじめから しっています。 しかも,公共の 施設に やってくる 外国人は 近所の 住民で ある ことが おおく,ふつうは 日本語で 日常の 会話が できます。 漢字は 読めなくても ローマ字を みれば 意味が わかります。 もし その 駅を 利用 するけれども 病院や 市役所とは ちがう 目的地へ いく 外国人が いたら,その 人は「病院」や「市役所」の 意味を しる 必要が ありません。。 多言語の 対応を する 場合,外国語に 翻訳 する 必要が あるのは 文章が 書かれる 掲示物や 普通名詞が 書かれる 案内板 だけです。 固有名詞を 翻訳 しても 意味が なく,むりやり 翻訳 しても 日本人と 外国人が おなじ ものを ちがう 名前で よぶ ことに なって 不便に なる だけです。 駅名の 表示は 国内むけの かな文字表記と 国際的な 表記の ふたつが あれば 十分です(駅名の 漢字表記は 地元の 人で ないと 読めない ことが あるので,なくても かまいません) 駅に ある 案内板は,「出口」「改札」「きっぷ売り場」「売店」など,かなりの 部分で 言語に たよらない 表示(ピクトグラム)を 工夫 できると おもわれます。 テクノロジーで 対応 できる ものも たくさん あります。 たとえば,タッチ スクリーンの 自動券売機には 外国語の 表示を えらべる ものが あります。 駅名は むつかしい 読みかたの 地名を もとに している ものが おおいので,漢字表記は 旅行者の 役に たちません。 公の 場では 固有名詞を 漢字で 書かない ほうが いいでしょう。 これは 駅名に かぎらない 一般的な 話で,この サイトが すすめている ことの ひとつです。。 ときどき,地名が 駅名に なっている 場合は ローマ字で いいけれども,施設などの 名前が 駅名に なっている 場合は 英訳 した ほうが いいという 意見を みかけます。 しかし,これは まちがいです。 たとえば,「〇〇公園」の もより駅が おなじ 名前の「〇〇公園」だと すると,外国人は ガイドブック などを 読んで「〇〇公園」の ローマ字表記を しっている はずなので,本当は 駅名も それと おなじ ローマ字表記に するのが もっとも 外国人に わかりやすいからです。 ただし,実際には「〇〇公園」自身が 正しい ローマ字表記を していません。 ガイドブックも 外国人に わかりやすい ローマ字を 書かず,ほとんどの 外国人に 不親切な 英訳 した 名前を 書いています。 その せいで 駅名標にも 英語が 書かれて しまい,外国人に わかりにくく なっています。 おおくの 外国人は 日本の 駅名標を みて 不思議に おもっています。 現在 おこなわれている 多言語表記は 外国人の 役に たっていません。 むしろ,日本の 未熟な 国際感覚を 世界に さらす 結果に なっています。 と おなじ まちがいが 駅名標にも ひろがっている わけで,目が はなせません 公用語が 複数 ある 国は おおいので,駅名が 複数の 言語で 書いてある 駅名標は 外国人に とって それほど めずらしくは ないかも しれません。 けれども,これは 国内の 公用語が 複数 あるから 駅名も 複数 あるという あたりまえの 話です。 公用語では なく その 土地の 住民の 言語が 書いてある 場合も ありますが,公共の サービスは 基本的に 住民の ために あるので,これも あたりまえの 話です。 日本の 場合は 国内でも その 土地でも 通じない 外国語の 名前を むりやり つくって あとから つけたしている わけですから,やっている ことが まったく ちがいます。。 下に 外国の 駅名標を いくつか しめします。 みた目が すっきり していて 視認性が よく,デザインも すぐれた ものが おおい ようです 写真は「」さんから いただきました。 「バーン スー」駅の 駅名標には 表記が つけたされています。 おなじ 路線の ほかの 駅を しらべてみると,どうやら 英訳を 書いている ようです。 けれども,タイに やってくる 外国人は,中国,マレーシア,韓国,ラオス,日本からの 人が おおい そうです。 英語は 外国でも 問題を ひきおこしている ことが わかります。。 新前橋の 駅名標 この サイトは Shin Maebashi(なら Sin Maebasi)が いいと かんがえます。 駅名には「新」で はじまる ものが たくさん あります。 「新橋」「新宿」などは 全体が ひとつの 名前なので, Shimbashi, Shinjuku の ように ひとつづきに 書かれます。 ここで 問題に するのは, xxx が b, m, p で はじまる 場合に Shin を Shim に かえている ことと つなぎ - を いれている ことです。 こんな 書きかたを しても いい ことは 何も ありません。 「新」の つづりは かえないで,「新」と「〇〇」を きりはなす 書きかたが いいでしょう。 複合語は,「雨」と「傘」から「雨傘」が できる 場合の ように,意識 できる レベルで 発音が かわっている 場合を のぞいて,もとの ことばの つづりを たもつ ように 書く べきです。 「新」の 発音は 意識 できる レベルでは かわっていないので,その つづりも かえない ほうが いいでしょう。 くわしくは「」を お読み ください 「あんパン」の「あん」と「パン」は どちらも 自立 する ことばですが「新」は それだけで つかえない 接頭語です。 地名などの 前に「新」が つく 場合,ローマ字の 書きかたに 公式の ルールは ありませんが,この サイトは New York(ニューヨーク)の ように きりはなす 書きかたを すすめています。 英語の new は もともと 形容詞ですが, New York の New は 名前の 一部です。 そして,名前が 複数の 部分から できている 場合,それらを つなぎ - で つなぐ 必要は ありません。 「山田花子」を Yamada Hanako と 書く ように,つづりを きりはなしても 全体の つながりは わかるからです。 駅名を ABC順に ならべた リストの 順番も おかしく なりません 「青森」「前橋」「新青森」「新前橋」の 順番を かんがえてみて ください。 ローマ字の 駅名を ABC順に ならべると 順番が おかしく なるのは が 本質的に もっている 欠点の せいです。 を やめれば,「新」の つづりが Shin と Shim に わかれる ことも なく,順番が おかしく なる 問題は おこりません。。 Shin か Shim かで まよう ことも ありません。 これを Sem Masao と 書きたく なる 人は いないでしょう。 いまは「外苑前」「海浜幕張」の 駅名標に Gaiemmae, Kaihimmakuhari と 書いてあります。 こんな 書きかたは やめる べきです。 Gaien Mae, Kaihin Makuhari に すれば,ずっと 読みやすく わかりやすく なります。

次の

【ローマ字変換】あなたの名前をローマ字(ヘボン式)に変換|茶トラネコ日記

ローマ字 ヘボン 式 変換

3.ローマ字で大(おお)はOH、O、OOのどれを使うのですか? Q. 日本人の名前をローマ字に置き換えるとき、太田さんや大西さん、大山さんなどの場合の表記はOH、O、OOなどがありますが、どれを使って鑑定すれば良いのでしょうか?表記が変われば結果も変わってくると思うのですが…。 数秘術では一般的にヘボン式で変換することになっています。 流派によって違いはあるかもしれませんが、に書かれている表記を使うのが基本だと考えてください。 「おお」の場合、原則「O」で見ますが、本人が「OH」にこだわりがあれば筆者はそのまま「OH」で見ることにしています。 個人的な意見を申せば、本人がしっくり来る綴りが良いのではと考えています。 以下、詳細です。 原則は「OTA」「ONISHI」「OYAMA」 数秘術(モダンヌメロロジー)ではアルファベットと数字を対応させ、名前からもナンバーを計算します(詳しくはをご覧ください)。 そこで、出てくるのが太田、大西、大山といった「おお」を含む名前は「OH」なのか「O」なのか「OO」なのかという疑問ですが、 原則的には「O」を使います。 それぞれ、OTA、ONISHI、OYAMAと表記します。 筆者の場合はの考え方と同じで、本人が使い慣れた(しっくり来る)表記を重視しています。 例えば、王貞治さんの場合、ユニフォームには「OH」と書かれていますのでまずは「OH」で見ます。 (もっとも、台湾名のWang Zhenzhiで先に見るべきかもしれませんが…) 研究目的でナンバーを出す場合は厳密に統計を取るために一定のルールに則って計算するべきでしょうが、対面で鑑定するなど直接相手とコミュニケーションを取れる場合はその目的に合わせて、時にはOとOHの両方を見比べるなど臨機応変に考えると良いのではないでしょうか。 要は、相手の悩みを解決するためであったり、知りたいことを知るきっかけを作るためであったり、何か目的があって数秘術を使うわけです。 杓子定規に「こうでないといけない」というものではないと思います。 基本的なことですが、間違いやすいところを一覧にしておきます。 課金しない場合は万年カレンダーが表示されます。 メルマガ プリラボ!HPにてをご覧になれます。 SNS Facebookページ.

次の