ぺこ ぱ ネタ。 時を戻そう|ぺこぱ松陰寺さんの絶対に人のせいにしないツッコミ名言集|福岡のタレント・ハル公式サイト

ぺこぱは何が面白い?つまらない・面白くないし嫌いなのになぜ人気?|newstyle

ぺこ ぱ ネタ

プロフィールとコンビの由来 「ぺこぱ」はサンミュージック(2020年1月現在)所属のお笑いコンビです。 現事務所の前は 美女軍団の オスカープロモーションに所属していたという、かなり異色な経歴をお持ちです。 オスカー所属時代に同事務所の 「赤井沙希」(赤井英和の娘)さんに飲みの席で、 「ぺこぱ」という名前を付けてもらったそうです。 「ぺこぱ」は韓国語で「お腹がへった」という意味だそうで、 いつもまでもハングリー精神を忘れないという意味が込められているそう。 当時、先輩だった松陰寺さんが将来の夢を訪ねたところ 「伝説作りたいんっスよ」と答えたことから、「 こいつは面白いヤツだ!」と 松陰寺さんの方からお笑いの道へ誘ったそうです。 シュウペイさんは松陰寺さんのピン芸人時代のネタが面白いと思っておらず、断り続けていたのですが、 松陰寺さんの粘り強い誘いを受け、お試し結成したまま現在に至っているそうです。 さわやかな見た目とは裏腹に「かなりの天然ぶっ飛びキャラ」なのが分かるエピソードですね笑 人差し指をクロスさせる「シュウペイポーズ」がトレードマーク で面白いかどうかはさておき、流行るとか流行らないとか巷では言われています笑 M1の時も、大御所審査員に対し、 物怖じしないハートの強さを見せていたのが印象的でした。 くりーむしちゅーの有田さんや陣内さんからは 「シュウペイのポジションは誰でもできる」とそのポンコツっぷりをイジられています笑 松陰時(ツッコミ担当) 正月休みがフォワったファナタ達へ 「時を戻そう」 — 松陰寺太勇のキザッター【ぺこぱ】 shoinjitaiyu 漫才は「ツッコミ」と「ボケ」なのですが、 松陰寺さんは自称「キザ」を担当しています笑 M1でも松本人志さんから 「ノリつこっまないボケ」 という新しいジャンルを切り開いたと絶賛されました! 元々はプロのミュージシャンを目指しており、 全曲作詞・作曲・編曲・レコーディングから演奏まで全て自分で行った自主制作CD「風」を発売したこともあります。 少し前は、ビジュル系メイク・着物でローラーシューズという奇抜なキャラでしたが、今は スーツを来たホスト系のビジュアルになりました。 素顔は実は普通の 好青年イケメンで、 インタビュー等もしっかり応えていて、キャラに反して、ストイックで真面目な性格であることが垣間見えます! m-1二回戦めっちゃ緊張したー! 一回戦全然緊張しないままやったら本番中にめっちゃ緊張してまったから、 本番前にしっかり緊張してから挑んだらずっと緊張してたー。 緊張すんな!ってのは無理って事やな! — 松井ッター【ぺこぱ】 yutamatsui1109 母校に寄り道して来ました!! — 松井ッター【ぺこぱ】 yutamatsui1109 ネタのほとんどを松陰寺さんが書いており、ぺこぱの屋台骨です。 進化し続ける芸風とネタ ぺこぱの進化、変革し続ける芸風とネタについてまとめました!• 2011年 時事ネタ漫才• 2012年 ピップホップ漫才• 2013年 海外ドラマ風漫才• 2019年 「ノリ突っ込まないボケ」 こう見るとかなり、苦しんで色々変えているのが分かりますね笑 スーツを着た正統派漫才や、HIPHOP漫才など試行錯誤していた時は、 全く結果が出ず、辞める寸前までいったことがあるそうです。 今のままではウケないし、 どうせ辞めるなら衣装も変えてボケもツッコミも入れ替えて劇的に変えてみよう!ということで、今の原型となる「ノリ突っ込まないボケ」の芸風に至ったそうです。 その年に着物とローラーシューズという奇抜なビジュアルで ぐるナイ新春おもしろ荘2019に見事優勝し、ブレイクを果たします。 ブレイクした芸風・キャラを捨てるという事は簡単ではありません。 キャラが強すぎて「ネタの面白さが薄まる」事を避けたのではないかと思われます。 それだけネタに自信があった表れかもしれませんね! 松陰時さん本人も 「良い漫才になってくると、小道具などが必要ではなくなってくる」と語っています。 とは言うものの、 M1決勝戦にはローラーシューズを持参しており、最終決戦で履くかどうか迷った末、結局履かなかったそうです。 あの審査員のメンバーであれば、それが正解だったのではないかと個人的には思います笑 履いていたら上沼さんに何か言われていたと思います笑 受賞歴など• 2008年 M-1 2008 初戦敗退• 2009年 M-1 2009 2回戦敗退• 2010年 M-1 2010 3回戦敗退• 2015年 M-1 2015 2回戦敗退• 2016年 M-1 2016 3回戦敗退• 2017年 M-1 2017 2回戦敗退• 2018年 M-1 2018 準々決勝敗退• 2019年 ぐるナイ新春おもしろ荘2019 優勝• 2019年 M-1 2019 最終3組に残る 2019年のファイナリストは 9組中8組が吉本所属の芸人さんなんですが、その中でも 唯一「ぺこぱ」は吉本以外のコンビでした。 M1ファイナリスト「ぺこぱ」のまとめ 以上、 「ぺこぱ」のエピソードでした。 見た目とは正反対のエピソードに驚きました! お笑いに対してもストイックに取り組んでいたからこそ今のスタイルにたどり着いたんですね! 2019年のM1は本当にハイレベルな戦いでした。 ここ3年の過去のM1であれば十分優勝の可能性があったネタでした。 誰も傷つけない優しいツッコミは見てて思わず笑ってしまいますね! これからのますますのご活躍を期待しています! 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

【ネタ4本】ぺこぱのツッコミ名言集!SNSではノリツッコまないの真似も!

ぺこ ぱ ネタ

2019年はじめ、ぐるないの『おもしろ荘』で、なにやら面白そうな芸人さんが出てきたぞ!と少し気にしていた芸人さん。 それが、 ぺこぱです。 毎度、おもしろ荘でブレークする芸人さんが出てくるので毎年お正月は楽しみにしています。 そう、だいぶ前ですが、オードリーもそうですし、や、パンケーキ食べたい王子もそうです。 まぁブレークするもテレビからは消えてしまった芸人さんもいらっしゃいますが。。 記憶が曖昧で申し訳ないですが、ぺこぱのローラースケートに乗りながらのツッコミはとても印象的でした。 2019年の年始めに出会い、年末にも出会い。 思わず、応援しちゃいましたね! 結果はミルクボーイが優勝でしたが、私の中では、ぺこぱが優勝です。 ツッコまないツッコミ という前置きは置いておいて。 ぺこぱの数々の名言がこの30代半ばの男性には刺さるわけです。 このツッコまないツッコミはなかなか良く考えられていて、そして心地よいのですよ。 調べてみたら、ツッコミの方はわたしと同年代ですね、 松陰寺 太勇(しょういんじたいゆう)さん。 そりゃ親近感わくわけです。 ぺこぱの名言、それは、 「時を戻そう」 正月休みがったファナタ達へ 「時を戻そう」 — 松陰寺太勇のキザッター【ぺこぱ】 shoinjitaiyu フォめんみんな、、、 正月休み前に、時を戻せなかった。 ヒュルしてくれ。 — 松陰寺太勇のキザッター【ぺこぱ】 shoinjitaiyu 時を戻そう 以後、ネタバレなので、 ネタバレが嫌な方は読み飛ばすかこのページを閉じてくださいませ。 そうだろ? 無事であることが何より大切なんだ。 2回もぶつかるってことは俺が車道側に立っていたのかもしれない。 もう誰かのせいにするのはやめにしよう。 いや ブーンじゃなくてスーンの車がもう街中に溢れてる。 時を戻そう いや知らねーんだったら教えてあげよう。 そうだろ? 知識は水だ。 独占してはいけない。 最高です。 時を戻そう いや右だっつってんのに何で3回も左に曲がると…右になってる。 すごいよ運転手さん。 いや俺がナビしてた時間返せよって言って実際に時間が返ってきたよって人。 いないだろ? できないことを求めるのもやめにしよう。 いや休憩は、、、取ろう。 働き方を変えていこう。 いやハンドルを握らなくていい時代がもう目の前まで来てる。 いやナスじゃねぇ…とは言い切れない色合いだ。 ヘタも付いている。 いやキャラ芸人になるしかなかったんだ。 何かが欲しかった。 いやさっき取った休憩は短かった。 そうだろ? 日本人は真面目で勤勉だけど、休憩を取らなさすぎだ。 だから他の先進国に比べてが低いんじゃないのか。 って法律でどうこうできる問題なのか?なぁお前はどう思う? 時事ネタを入れてくるあたり、この長いツッコミに思わず聞き込んでしまいましたよ。 いやいい加減…なことなんてない。 しょーもねぇボケやってんじゃねえよ…って言ってる俺もしょうもない人間だ。 とまぁこのツッコまないツッコミの中には、なるほどなぁとか、たしかに!とか、色々と考えさせられる内容が盛りだくさんで。 いやうしろに向かってしゃべった声が壁に跳ね返り確実にみんなに届いてる。 いや お年寄りがお年寄りに席を譲る時代がもうそこまで来てる。 そうだろ?これが日本の現実なんだ。 いや元気なじいさんに…こしたことはない。 いやおかしいだろ…って言えるのもあと30年だ。 いや間違いを間違いと認められるようような人になろう。 そうだろ? 間違いはふるさとだ、誰にでもある。 いやおじいちゃんの膝の上は懐かしい。 あの頃を懐かしがろう。 宇宙人が電車に乗ってくるってことは宇宙船が壊れてる可能性がある。 移動手段を失ってる。 助け合っていこう。 いや宇宙人が戻したっていい。 いやハゲてねぇのは今だけなのかもしれない。 先のことはわからない。 いやゴリラが乗ってきたら車両ごと譲ろう。 命を守ろう。 いやどういうボケでも処理するのが俺の仕事なんだ。 できない時はできないと言おう。 いや聞かなくていいけど実際のところどうですか?悪くないだろう? いや同じ、、、ボケじゃない! いやお前が終わらせたっていい。

次の

ザベストワン「ぺこぱ」の動画見逃しはこちら!漫才のネタが気になる!

ぺこ ぱ ネタ

知らない方のために、少し補足すると、ぺこぱは、松陰寺 太勇(しょういんじ たいゆう さんとシュウペイさんの2人によるお笑いコンビだ。 *著作権あるので、動画貼れないですが、素人の僕が、経歴等の説明をするよりも、ネタを見て頂いた方がイメージが湧くかもしれないので、良かったら直接ネタ見てみてください! 「ツッコミ方改革」をキャッチフレーズに、今回のM1でも、決勝に進出しただけでなく、最終ラウンドの3組にまで進出した。 だが、過去最多の5000組以上のエントリー数状況からしても、事前の知名度からしても、多くの方が今回の『ぺこぱの決勝最終ラウンド進出』という結果をM1前に予測することは難しかったのではないかと思う。 実際、僕自身もAbemaの番組やおもしろ荘などで見て、ぺこぱのことを事前に知っていたが、まさかここまで行くとは思っていなかった。 そんなぺこぱの漫才を見ていて、自分自身学びになる点があったので、備忘録も兼ねて、見た翌日の勢いのまま、記事を書いてみた。 ぺこぱのネタの特徴 さて、そんなぺこぱの漫才において、個人的に特に特徴的だと感じたのが 1、否定しかけたものを 2、再否定し 3、結果尊重・肯定する というツッコミのシステムだ。 ツッコみというと、指摘したり、いじったりするものが多い中で、否定しかけたものを、再否定し、結果肯定するというスタイルは、まさにツッコみ方改革だなと感じた。 例えば 相手:ネタ中に相方が立ち位置を、自分とかぶせてくる 自分:いや、かぶっている、、、、 自分:なら俺が避ければ良い とか 相手:野菜のナスかと思いました。 自分:いや、ナスじゃない 自分:とは言い切れない、色合い 全身紫色 だ。 ヘタ 髪型 もついている。 みたいな具合だ。 こうして、自動思考的に思ったこと ナスじゃない! で主観的な批判や指摘をして終わるだけでなく、客観的な視点からも見て 全身ナス色 、それを再否定し、相手を尊重・肯定している。 実際、ぺこぱのツッコみを聞いていると、出てくる言葉として 『いや、~~~、とは言い切れない』 といった言葉が多いことに気づく。 『いや』という言葉で、多くの方が思いそうな否定や指摘をした後で、 『とは言い切れない』という言葉等を通して、それを再否定することで、結果として肯定的に、ポジティブに受け止められる仕組みになっている。 そのため、ぺこぱのツッコミは、 for youとしての相手への否定や指摘だけでなく、 最終的にfor meとして、自分にも矢印が向いている点が特徴的だ。 だから、結果として誰も否定しないし、傷つけず、肯定する形に見える。 哲学的な視点から見るぺこぱのネタ さて、このぺこぱの漫才の特徴を、一度抽象化して別の哲学的な視点から見ると、 アウフヘーベン思考に近いのかなーと思ったりして。 *アウフヘーベン思考は、ドイツの哲学者であるヘーゲルさんの哲学概念を表す言葉で、「弁証法」という思考プロセスの中で最終段階を表す用語だったりします。 *詳細書くと長くなってしまうので、省いちゃいます。 例えば、Aという見方があった時に、それに対して、対立するBという概念をぶつけることで、Cというそれらの上位概念となるものを生み出そうとすることで。 ちょっとかっこつけてややこしげな言い方をしたので、具体例に言うと Aさん:これは丸でしょ!! Bさん:いやいや、これは四角でしょ!! Cさん:それらって、見方によるから、ひょっとして円柱なんじゃない?? みたいな感じで。 人はどうしても、自分の目線からの見え方に固執してしまう生き物で。 しかもやっかいなことに、そうした、 認知のバイアスを自分で認知して崩すのは、すごく難しくて。 そんなときに、『いや』で一度否定し、主観的な主張をした後で、そっと『とは言い切れない』で、客観的な視点から、再否定して肯定的にとらえる。 そうして 主観的なとらえ方の後に、 客観的なとらえ方をいれると、良い捉え方ができるんだなーと、僕自身今回学ばせて頂いた。 ぺこぱネタの学びを現実に活かす さて、このぺこぱのツッコミは、日常の色々なシーンで応用が利きそうだなと感じて。 例えば、恋愛にしろ、ビジネスにしろ、友達関係にしろ、様々なシーンで 『なんであなたはもっと私に本音で話してくれないの?心を開いてくれないの?』 と思うようなシーンがあるかもしれない。 そんなときに、ペコパだったらそのあとに 『いや、相手が本音を話そうと思えない、自分側に問題がないとは言い切れない』 と客観的な視点を加えて捉えたりするのかなと妄想する。 こうして、相手の立場に立ったり、相手の目線で見ようとして初めて、自分側の課題に気づけたり、自責で捉えられたりする。 これはSNSとかも一緒で。 受け取り側は、文字数少ないSNSの相手の文言を、そのままで受け取って怒ったりするのでなく、こういう視点や背景もあるかなと捉えることで、ポジティブなとらえ方につながったりする。 だから実際、ネガティブ気味な人や他責思考が強い人に、 ポジティブに自責で受け止めようぜ というアドバイスよりも ネガティブに批判的に考えてしまうのはしょうがないから、その性質を生かして、そのあとで逆にもう一度批判して捉えてみようぜ! という方が、結果ポジティブにとらえられるのかもしれないなと思ったりする。 ぺこぱのネタに学ぶ、主張と尊重の大切さ ぺこぱの学びは、捉え方という聞き手側の話だけでなく、伝える側に対しての学びも教えてくれる。 相手の意見に対して、 『俺はこう捉えている。 』 と主張した上で、 『でも、こういう見方もあるよね!』 という客観的な相手への 尊重の一言も忘れないことで、建設的な議論ができるし、結果的に相手に自分の意見も通しやすくなる。 主張だけで頑固になると、2項対立が多くなり、都度相手と戦わなければならない。 すると夢追ったり頑張るにも、違う意見の人への説明コストが大きくなりすぎたりして、ちょっと息苦しくなるよなーーと。 何より、主張という名のもとの他責や、言葉の暴力になってしまうときもある。 そういった意味では、話すときに 『主張と尊重』をセットで入れると良いんだなと学べる。 実際、他人である相手に、常に主張して共感してもらうのは難しい。 でも、 共感側に、自分側に巻き込む主張だけでなく、 『共感』できないときに、『尊重』しようとする という『それもいいね!』、『悪くないね』的な考え方は、情報や意見が溢れ、多様化する令和時代現代を生きやすくする、捉え方改革になりそうだなと思ったりする。 最後に、ただとはいえ ・ぺこぱあまり好きなタイプじゃないんだよね ・どうせ今回だけの一発屋でしょ と思う人もいるかもしれない。 前提として、僕はぺこぱの回し者でもなんでもないし、この記事も、ネタ見た翌日に勢いで書いたものだ。 だからその主張自体を変えてほしいとか、共感してファンになってほしいみたいなことはなくて。 ただその上で、もしよかったらその主張の後に、一言付け加えてもらえたら嬉しい。 『いやとはいえ、ぺこぱが売れないとは、言い切れない』 と。

次の