ナマコブシ 育成。 【ナマコブシ育成論考察】対策や厳選の種族値、性格、技、持ち物、特性は?

【ポケモンサンムーン(SM)】最強ナマコブシの入手・厳選方法・育成論・対策法まとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ナマコブシ 育成

アローラ図鑑 200 771 分類 なまこポケモン 高さ 0. 3m 重さ 1. 5 特性 とびだすなかみ(相手の技でHPが0になったとき、減らされたHP分をダメージとして相手に与える) 隠れ特性 てんねん(相手の能力変化の影響を受けない) 種族値 HP 55 こうげき 60 ぼうぎょ 130 とくこう 30 とくぼう 130 すばやさ 5 Lv. 50の6V実数値(ずぶとい) HP 130 こうげき 72 ぼうぎょ 165 とくこう 50 とくぼう 150 すばやさ 25 Lv. 50の6V実数値(おだやか) HP 130 こうげき 72 ぼうぎょ 150 とくこう 50 とくぼう 165 すばやさ 25 覚える技(サンムーン) 00 バトンタッチ 00 みずあそび 00 どろあそび 00 かたくなる 00 がまん 05 てだすけ 09 ちょうはつ 13 しんぴのまもり 17 カウンター 21 じょうか 25 のろい 29 いえき 33 いたみわけ 37 じこさいせい 41 みずびたし 45 どくどく 49 おきみあげ 進化時に覚える技(サンムーン) なし わざマシン(サンムーン) 06 どくどく 07 あられ 12 ちょうはつ 16 ひかりのかべ 17 まもる 18 あまごい 20 しんぴのまもり 32 かげぶんしん 33 リフレクター 44 ねむる 45 メロメロ 60 さきおくり 77 じこあんじ 87 いばる 88 ねごと 90 みがわり 100 ないしょばなし 人から教えてもらう技(サンムーン) なし タマゴ技 こらえる ベノムトラップ ギフトパス くすぐる スポンサーリンク ナマコブシ厳選・育成論 ナマコブシは、完全な受けポケモンとなります。 攻撃することは考えず、状態異常でダメージを稼ぐ戦術となります。 性格は『ずぶとい』『おだやか』 ナマコブシの人気な性格は、『ずぶとい』と『おだやか』ですが、『ぼうぎょ』と『とくぼう』のどちらかが上がるのなら、性格をこだわる必要はありません。 『こうげき』『とくこう』『すばやさ』はいくら下がっても大丈夫なので、これらがマイナス補正の性格なら、どんな性格でも大丈夫です。 耐久性を上昇させることで、ナマコブシは鉄壁となります。 物理受けにするのか、特殊受けにするのか、それはトレーナーのパーティ構成次第です。 ただし、物理受けのほうが『カウンター』もあるので、安定していることは確かです。 技は『じこさいせい』『どくどく』 ナマコブシは自分で攻撃はせず、『どくどく』でダメージを稼ぐ必要があります。 その間、受けたダメージは『じこさいせい』で回復していきます。 ただ、これだと『どく』と『はがね』ポケモンには『どくどく』が効きません。 なので、『みずびだし』を使い、相手を『みず』状態にします。 これらの仕事を終えたら、やることは1つです。 『カウンター』を張り続けます。 こうすることで、物理アタッカーを完全に封じることができます。 特性『とびだすなかみ』を採用している場合は、みちづれのために『いたみわけ』がオススメです。 持ち物は『たべのこし』 ナマコブシは長期戦を強いられるポケモンなので、『たべのこし』は必須道具となります。 特性は『てんねん』 ナマコブシの隠れ特性は『てんねん』です。 相手の能力変化を無視できるので、相手がいくら『つるぎのまい』を積んでも、まったく影響しません。 ナマコブシの『どくどく』『じこさいせい』のコンボを考えているのなら、『てんねん』のほうが使いやすいです。 相手をみちづれにするのなら、『とびだすなかみ』を採用しましょう。 ナマコブシ対策 ナマコブシ対策は、とてもシンプルです。 1ターン目に『ちょうはつ』か、その後の『アンコール』でKOです。 変化技を封じれば、ナマコブシは何もできなくなります。 また、ナマコブシの型が物理受けか、特殊受けかをいち早く気づく必要があります。 そうすることで、『でんき』『くさ』の弱点を突き続ければ、ナマコブシは必ず気絶します。 スポンサーリンク.

次の

ナマコブシ/対戦

ナマコブシ 育成

カビゴン育成論• 性格: 勇敢• 特性: 食いしん坊• 持ち物: フィラのみ• 対策されないと止まりませんし、決まれば簡単に勝敗がつくことも。 またカビゴンのSは最遅推奨。 サニーゴと同速なので、トリル時に先に殴れるようにしておく必要があります。 対してヨクバリスですが、Bの耐久性が高い&特性『ほおぶくろ』のお陰で、はらだいこからHPを全回復できることから 安定性はヨクバリスの方があると言えます。 どちらがいいとは言いませんが、双方とも良さがあると言えます。 性格 全抜きを狙うのが今回のコンセプトなので火力は落とせません。 また、サニーゴより確実に遅くして、トリルで上から殴りたいので勇敢で確定。 特性 食いしん坊で確定。 この特性のおかげで フィラのみをはらだいこでH Pが半分になった状態でも発動するようになります。 持ち物 フィラのみで確定。 性格意地っ張りなのでウイのみ以外の混乱味ならどれでもいい。 A: ぶっぱ。 ダイバーンでダイマックスアイアント確1• B: 余り 3nは混乱味の回復効率最大の調整。 またはらだいこで回復味が発動するためにHPを偶数に調整。 技構成 はらだいこは確定として、残りの3枠は幅広すぎて選べないってのが正直なところ。 対策したいポケモンによって、技構成は色々考える必要があります。 例えば天然ヌオーで止められたくなければタネ爆弾を採用する必要がありますし、サニーゴに対応したいならDDラリアットを採用する必要があります。 ともあれ正解は無さそうなので、色々試してみて下さい。 ダイバーンでダイマックスアイアント確1。 DDラリアット サニーゴを狩る。 これないとサニーゴで止まってしまう可能性があるので、自分的には確定枠にしたい。 アイアンヘッド 現環境において、抜群を取れるポケモンが多いので採用。 カビゴンと相性のいいポケモン サマヨール 一番相性がよいと思います。 輝石持ちで耐久性も文句なし。 タスキ持ちで採用するのがいいかも。 ミミッキュ 確実にトリル張れるのが強み。 呪い、鬼火などを覚えるので、トリル展開以外にもできることは多いがサマヨール、デスバーンのように技を封じることまではできない。 注意点 いくつか注意すべき点があるので紹介 1. 天然持ちポケモン ヌオー、ナマコブシなど てんねん持ちのポケモンには相手の能力ランクを受けないので、天然持ちのヌオー、ナマコブシには受けられてしまいます。 上記にも書きましたが、対策としてタネバクダンを入れるこでヌオーでは受けれなくなります。 ナマコは無理。 火傷 鬼火などでカビゴンがやけど状態になると、戦えなくはないが全抜きは厳しい。 硬いポケモンだと技構成次第ではワンパンできなくなるので注意。 こちらも上記でも紹介したが、鬼火対策は上記のサマヨール、デスバーンなどで可能。 相手次第でははらだいこ後にワンパンされる。 格闘技持ちには特に注意。 おきみあげで退場できていれば割と安全。 ダメージ計算 非ダメ トゲキッスのダイジェット 36.

次の

【ポケモン剣盾】ナマコブシの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ナマコブシ 育成

ページ:• 投稿者:るるろろ• コメント 16 みんなの評価 :• 投稿者:まふゆ• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:マロ• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:doyoyoon• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:ポム• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:エイラ• コメント 9 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:なっとう• コメント 52 みんなの評価 :• 投稿者:ななみ• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:ナマコブシ投げ 真上• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:かまぼこ• コメント 49 みんなの評価 :• コメント 8 みんなの評価 :.

次の