とうもろこし 栄養 価。 【とうもろこしの栄養】

スイートコーン(とうもろこし)の栄養価と効能:旬の野菜百科

とうもろこし 栄養 価

ビタミンB1 ビタミンB1は、糖分をエネルギーに分解する酵素を助ける役割があります。 ビタミンB1を摂取することで、身体にエネルギーを効率よくまわすことができます。 ビタミンB1が不足すると、肩こり、足のだるさ、手足のしびれなどが現れる場合があり、ひどい症状になると「脚気(かっけ)」を引き起こす原因にもなります。 また、糖分は私たちの脳の重要な燃料源となるので、ビタミンB1不足により脳にエネルギーがまわらなくなり、イライラや記憶力の低下、注意力の低下などが現れることもあります。 ビタミンB1の摂取はそれら症状の抑制にも役立つといえるでしょう。 とくに激しい運動をする方、糖分の多いジュースなどをよく飲む方はビタミンB1が多く消費され、必要な量もその分多くなります。 身体の中に貯めておける量は少ないですが、過剰に摂取しても無害なものなので、常に補給しておきたい栄養素のひとつです。 ビタミンB2 ビタミンB2は身体の新陳代謝を助ける栄養素で、特に皮膚や粘膜などの健康維持やエネルギーの代謝を助ける栄養素といわれています。 ビタミンB2を摂取することで、私たちの身体の健康状態を保つのに役立ちます。 役割を細かく説明すると、糖質・脂肪・たんぱく質の分解・合成、赤血球の形成や抗体の生産、などがあり、また発育時の正常な成長を助ける栄養素です。 とくに脂肪からのエネルギー生産に多くのビタミンB2が必要といわれています。 ビタミンB2が不足してしまうと、口内炎や、皮膚の炎症を引き起こしてしまう場合もありますので注意が必要です。 また、眼の充血や疲労、乾燥、かゆみなどの改善に役立つとも言われており、過剰に摂取したとしても、体外に排出されるため問題ありませんので、積極的に摂取したい栄養素だといえるでしょう。 ビタミンE ビタミンEは強い抗酸化作用をもっており、細胞や身体の組織を活性酸素からまもる役割を持つ栄養素です。 活性酸素は非常に酸化しやすい性質をもっており、場合によっては私たちの身体を傷つけてしまうことがあります。 細胞を活性酸素から護ることでがんの予防につながり、赤血球をまもる事で貧血の要望にもなります。 活性酸素は悪玉コレステロール(LDL)と結びついて血行を悪くしてしまうこともあります。 ビタミンEの摂取は血行改善にもつながり、血圧を下げる働きもあり、血行をよくすることで、しみ・しわなどのお肌のトラブルの予防につながります。 また、ホルモン分泌異常によって引き起こる様々な症状の予防にもビタミンEは役立ちます。 ビタミンEは食べ物から取り込んだ分の多くが排出されてしまうため、日々摂取したい栄養素です。 各種ミネラル 各種ミネラルとしまして、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分のはたらきを紹介します。 カルシウム:骨の主成分になるカルシウムは、脳や筋肉の活動にも関係していて、私たち人間の必須成分といわれています。 マグネシウム:たんぱく質の合成や、エネルギーの代謝に必要なマグネシウムは、心臓病の予防にも関係しているといわれています。 カリウム:カリウムは細胞内外のイオンバランスを調整し、カラダの健康を保つ役割があります。 また、ナトリウムとバランスよくとることで、生活習慣病の予防や、「むくみ」の防止にもつながります。 鉄分:鉄分は大部分が血液中の赤血球の中にあり、肺から吸い込んだ酸素を体中に運ぶ役割をしています。 そのため、鉄分摂取は貧血予防に効果があります。

次の

とうもろこしの栄養は缶詰でも同じか?知って得する情報満載!

とうもろこし 栄養 価

暖かく心地よい春を経て、徐々に強くなる日差しとともに心も体も活発になっていく夏。 そして、市場に出回る野菜も夏をピークにどんどん増加していきます。 春夏秋冬、それぞれの季節にしか食べられない旬の野菜が存在します。 その特徴は季節によって様々。 夏野菜にはどういった特徴があるのでしょうか? そこで今回は夏野菜の特徴や栄養価などをご紹介していきます。 猛暑で夏バテ気味の人に食べていただきたいおすすめ野菜もご紹介していきます! 夏野菜の特徴 みなさん、夏野菜に対してどんなイメージを持たれていますか? たくさん種類があるため一概にその特徴を表すことは難しいですが、みずみずしく彩りが豊かな野菜をイメージされる人が多いのでは? 真夏の強い日を浴びて育った野菜は栄養価が高い品種も多いです。 夏野菜すべてを解説&紹介していくのは難しいため、勝手ながら夏を代表する野菜をランキング形式でご紹介していきたいと思います! 第1位:トマト 夏といえばやっぱりトマト。 夏バテ気味で食欲がない日でも、みずみずしくスッキリとした味わいのトマトなら食べられるという人も多いはず。 緑黄色野菜は一日当たり120g程度の摂取が推奨されていますが、トマトだったら割と簡単に120gを摂取することが可能です。 そういった意味でも、夏に食べていただきたい野菜No,1はトマトとさせていただきました! 意外と120gもの野菜を食欲がない日に食べるのは辛いですからね。。。 そして何といってもトマトのすごいところといえば、そのままダイレクトに食べてもおいしくいただけるという点です。 塩や味噌、マヨネーズやドレッシングなどをかけて食べる野菜が多い一方、トマトに関してはそのまま食べてもとにかくおいしい! トマトの栄養 トマトに含まれる代表的な栄養素といえばリコピン。 リコピンは単なる色素成分とみなされていましたが、近年の研究で非常に高い抗酸化作用があることが判明。 驚くことにその作用はビタミンEの100倍以上ともいわれています。 そのため、生活習慣病の予防や老化などの原因の活性酸素を除去する作用があり、健康面ならずアンチエイジングにも効果的といわれています。 また、ガンの予防にも効果があるといわれており、健康面からみてとても優秀な野菜の一つです。 トマトの情報を発信している過去ブログもよかったらご覧ください。 第2位:とうもろこし おいしい野菜といえば、とうもろこし! この味わいは野菜と表現していいものだろうかと思ってしまうほど。 野菜嫌いのお子さんも多いと思いますが、とうもろこしを嫌いという子どもをほとんど聞いたことがないのは私だけではないはずです。 ハウス栽培などが盛んなトマトなどとは違い、主に夏の時期にしか市場で見る機会が少ないとうもろこし。 一年を通して限られた期間しか食べられないというのが、何とも儚く夏の風物詩として相応しい野菜といえるのでは!? とうもろこしの栄養 栄養面を見てみると、高カロリーで糖質やたんぱく質が主成分になります。 ビタミンB1,B2,Eなどの栄養素も豊富に含まれています。 食物繊維はさつまいもの約4倍もあり、便秘改善や腸内環境の改善に効果的といわれています。 また、妊娠中の人に特に必要な栄養素である葉酸も豊富に含まれています。 とうもろこしの栄養素を無駄なく摂取したいという人は必見! 実の根元部分の胚芽には数多くの栄養素が豊富に含まれています。 包丁やナイフなどでこの胚芽部分まで切り落として食べることで、とうもろこしに含まれる栄養素を無駄なく摂取することできますので試してみてください! とうもろこしの豆知識 とうもろこしは収穫すると味が驚くほど速く落ちていく野菜として有名です。 採れたて新鮮なとうもろこしは甘さも食感も最高です。 畑で採れたとうもろこしをすぐに食べたことがある人はその抜群な味わいをご存知かと思いますが、なかなかスーパーなどで販売しているとうもろこしは採れたて新鮮といえるものは少ないでしょう。 そこで、採れたて新鮮なとうもろこしを食べたい人におすすめなのが農家直送で購入する方法です。 収穫したとうもろこしを早ければ翌日にはご自宅に届けることが可能だからです。 農家直送の野菜通販サイトの田毎屋でも、夏限定でとうもろこし(スイートコーン)を取り扱いしていますので興味がある方はぜひ以下のページをご覧ください。 暑い日が続いて食欲がでないそんな日でも、味噌さえあればどんどん食べれてしまうという人も多いのでは!? 夏野菜の代表格ともいえるきゅうりですが、水分量が多い点からも夏バテ気味で水分補給が必要な際にはもってこいの野菜といえます。 カリウムには利尿作用を促す効果があり、むくみや倦怠感の解消にも効果があるといわれています。 アスコルビナーゼというビタミンCを酸化させる酵素を含んでいますが、酢がこの働きを抑えてくれます。 酢の物としてよく調理されるきゅうりですが、酢と和えて食べる方法は理にかなった食べ方といえるでしょう。 きゅうりの情報を発信している過去ブログもよかったらご覧ください。 第4位ズッキーニ ズッキーニは日本に80年代から輸入が始まり栽培されるようになりました。 きゅうりのような見た目ですが、実はかぼちゃの仲間。 昔はあまり認知度が高くない野菜でしたが、イタリア料理のブームとともに認知度が高まり現在に至ります。 国内での生産量は長野県がトップ。 一昔前まではスーパーなどであまり見かける機会がなかったズッキーニですが、年々人気が高まり目にする機会も増えてきているはずです。 ズッキーニの栄養 カロテンやビタミンCを多く含んでいるため、風邪の予防や美肌効果に適した野菜といわれています。 糖質も低く低カロリーな野菜のため、女性からの人気が高いです。 見た目はきゅうりだけどかぼちゃの仲間といいましたが、栄養価的にはきゅうりに近いといえます。 まだまだ夏野菜の定番といえるまでには至っていない印象ですが、ここ数年で飛躍的に認知度が高まってきたため、その勢いをかってランキング入りさせていただきました! ズッキーニの情報を発信している過去ブログもよかったらご覧ください。 第5位:枝豆 大豆が熟す前に枝ごと収穫したものが枝豆です。 畑の肉といわれることもある大豆と同じく、枝豆もとても栄養価が高いです。 また、夏のビールのおつまみといえば枝豆を連想する人も多いはず。 ビタミンB1やメチオニンも含まれているため、アルコールの分解を促して新陳代謝を活発にする効果があります。 お酒のおつまみとして親しまれているのには、しっかりとした理由があったんですね! また、葉酸も多く含まれているため、妊娠中の方に食べていただきたい野菜の一つです。 枝豆の情報を発信している過去ブログもよかったらご覧ください。 まとめ いかがでしょうか? 独断と偏見で勝手ながら夏野菜を順位付けしてみましたが、あの野菜が入っていない!この野菜の順位がおかしい!などのご意見があればドシドシお問い合わせください。 次回の夏野菜おすすめランキングの発表時にぜひとも参考にさせていただきます。 それではみなさん、暑い夏を乗り切るためにもしっかりと野菜を食べましょう!.

次の

とうもろこしの栄養素は野菜ではなく穀物として分類?主食の国もあり世界三大穀物

とうもろこし 栄養 価

サラダに使われることの多いとうもろこし。 美味しくて栄養価も豊富に含まれています。 今回はそんなとうもろこしに含まれている成分や体への効果、またとうもろこしを使ったキレイレシピをまとめました。 食物繊維が豊富なとうもろこし。 ぜひお試しください。 【目次】 ・ ・ ・ とうもろこしの栄養は?成分や効果が知りたい! とうもろこしは栄養価が高い! \とうもろこしの効果/ とうもろこしは世界三大穀物のひとつで、主食として食べられています。 ビタミンB群、マグネシウムやカルシウムなどもバランス良く含み、糖質は多め。 時期は6~8月が旬です。 食物繊維が豊富で、栄養価が高く、油脂や糖分の吸収を抑える働きもあります。 さらに茶褐色のひげはよく熟しているので甘さが強め。 とうもろこしはむくみに効果的 とうもろこしは、消化吸収を高めて胃腸をいたわる効果が。 むくみにとっても効果的です! とうもろこしは炭水化物!食べ過ぎはダイエットにNG とうもろこしは糖質が多い 野菜はおしなべて低糖質。 でも「じゃが芋、さつま芋、カボチャ、とうもろこし」の4種類は、野菜の中でも特に糖質が高い食べ物です。 食後の血糖値を急上昇させないために、食べ過ぎは禁物。 食物繊維が豊富なとうもろこしを使ったレシピ ゴーヤとコーンのツナサラダ 胃腸の状態を整えて食欲を増進させたり、血糖値や血圧を下げたりしてくれるゴーヤと、シャキシャキ食感のとうもろこし、旨味たっぷりのツナをマヨネーズで和えた、涼やか美人レシピ。 ゴーヤを縦半分にカットしてわたを取る。 薄切りにカットしたら沸かしたお湯に1分弱ささっとくぐらせて、軽く火を通す。 ざるにあげて少々の塩を振っておく。 とうもろこしにラップをして600wの電子レンジで3分 ゆでてもOK。 その後、包丁を使ってそぐように実を取る。 塩気を軽く流し手で絞ったゴーヤと、とうもろこし、ツナをボウルにいれたら、マヨネーズで和える。 とうもろこしは皮をむき、ひげを取る。 1を熱湯でゆでる。 ピーナッツを粗みじんに切ってボウルに入れ、Aを加えたらしっかり混ぜておく。 とうもろこしをそぎ切りにして器に盛る。 とうもろこしは皮をむいて半分に切っておく。 キヌアは洗って水気をきる。 鍋にオリーブオイルとキヌアを入れて軽く炒めたら、水と塩を加える。 3が煮立ったら1をのせ、蓋をして弱火で15分程煮る。 4の火を消して予熱で10分程蒸らす。 鶏肉はそぎ切りにして、なすは皮をストライプ状にむいて輪切り。 とうもろこしは芯ごと4つ割にして、つるむらさきはゆでて4~5㎝長さに切り、ミニトマトは半分に切る。 フライパンにオリーブオイルを引いて中火にかけ、しょうが、グリーンカレーペーストを入れて炒め、香りが立ってきたら弱火にする。 ココナッツミルクを大さじ1ずつ加え、グリーンカレーペーストをのばし、これを3回(大さじ3杯分まで)繰り返す。 表面に油が浮いてきたら、鶏肉を加えて炒め、鶏肉の色が変わったら、なす、とうもろこし、ココナッツミルク、水、ナンプラー、砂糖を加える。 なすがやわらかくなるまで煮たら、冷蔵庫で冷やしておく。 沸騰した湯で冷凍うどんを1分程ゆで、氷水にとって締め水気をよくきる。 7を器に盛り、香菜、レモンを添える。 別の器に5を盛り、つるむらさき、ミニトマトを加える。 キャベツを千切りにし器に盛ったら、サケフレーク、コーンを入れ、湯を注ぐ。 ウスターソース、塩で味を調え、ゼラチンをトッピングしたら完成! うま辛コーンの焼き飯 体を冷やさずにむくみを改善する効果&胃腸をいたわる役割のあるコーンで疲労回復! 材料(2人分) ・コーン粒缶…1缶(130g) ・ごはん…茶碗2杯 ・長ねぎ粗みじん切り…5cm分 ・豆板醤…少量 ・下ろしにんにく…少量 ・ごま油…小さじ2 ・しょうゆ…小さじ2 作り方 1. フライパンにごま油を中火で熱する。 1に豆板醤、下ろしにんにく、汁気をきったコーンをさっと炒める。 2にごはんを入れ、ぱらっとするまで炒める。 ねぎを加え、しょうゆを回し入れて炒め合わせたら完成!.

次の