野菜 餃子 レシピ。 人気の餃子レシピ1位を紹介!簡単に作れる餃子から本格派まで公開

人気の餃子レシピ1位を紹介!簡単に作れる餃子から本格派まで公開

野菜 餃子 レシピ

餃子のダイエット効果について ラーメン店などでおなじみの人気メニュー、餃子。 餃子は、小さな見た目に寄らず、たくさんの野菜が入っています。 大量の野菜を刻み、ギュッと水分を絞って餃子の餡にしているレシピが多いので、想像するよりもずっとヘルシーな食べ物なのです。 作り方もこねて包むだけなので簡単!焼けばメインのおかずに、茹でればスープの具になるので、たくさん作って冷凍しておけば、ダイエットをしているときにも強い味方になりますよ。 チーズや豆腐など、高たんぱく低カロリーの食材でかさましをすれば、腹持ちも良くなり、食べ応えもバツグン!自分だけの分をダイエット食として作る必要がないので、家族と一緒でも手軽に作ることができます。 ダイエット中だけでなく、普段から美味しく取り入れていきたいですね。 餃子の栄養について 餃子にはたくさんの野菜と少しの肉が入っています。 皮は強力粉や薄力粉を使うので、炭水化物です。 餃子の仕組みを見れば分かるように、餃子はそれだけで食べても、栄養バランスが整っていて、ヘルシーな食べ物なのです。 多くのレシピでは、餡にキャベツや白菜を使っています。 これらにはビタミンや食物繊維が豊富に含まれており、肌のキメを整えたり、便秘を改善したりする効果が期待できます。 皮に含まれる栄養素は炭水化物なので食べると糖質になります。 糖質は脳を働かせる栄養素として大切なもの。 ダイエット中こそ適度に摂取することが大切になります。 もしご飯を抜いていたとしても、餃子を食べていれば、少なすぎになることは少なく、このような点からも積極的に作っていきたいものです。 みじん切りにしたにら・白菜・しいたけ・タケノコの水煮などの野菜をボウルに入れます。 豚ひき肉とごま油・生姜・酒・塩を入れてよくこねます。 冷蔵庫で30分程度休ませてから餃子の皮で包み、ネギの青い部分とごま油を数滴入れたお湯で茹でれば完成です。 茹ですぎに注意しましょう。 さっぱりとしているのでたくさん食べても大丈夫!白菜とキャベツを刻み、塩を振って少しおいたら手で絞ります。 生姜・にんにく・鶏ガラスープの素・醤油・ごま油を加えて混ぜたら餃子の皮に包んでいきます。 フライパンを熱し、包んだ餃子を入れて裏面がパリッとするまで焼きます。 途中、水を入れて蒸し焼きにすることを忘れずに。 作り方は、にんにく・生姜・キャベツ・戻した乾燥シイタケ・長ネギ・ニラをみじん切りにし、ボウルへ入れます。 豚肉を加え、中華だし・オイスターソース・ごま油・塩コショウをしてよくこね、休ませてから餃子の皮で包みます。 フライパンで焼き上げるときに水溶き片栗粉を加えるのがポイント。 パリパリの羽根ができますよ。 白菜とキャベツを刻んだら、塩を振って少し置き、手で絞ります。 生姜・にんにく・鶏ガラスープの素・醤油・ごま油を加えて混ぜたら餃子の皮に包み、熱したフライパンに並べます。 裏面がパリッとするまで焼いたら、水か熱湯を入れて蓋をし、水分が飛ぶまで蒸し焼きにすると美味しく仕上がりますよ。 ローカロリーで美味しい餃子の作り方です。 好きなきのこ・ネギ・生姜をみじん切りにし、サラダ油・塩・花椒を入れてこねます。 一口分ずつ餃子の皮に包んだら、フライパンに並べて火をつけ、水を入れて蒸し焼きにし、最後に火力を強めてパリッと焼き上げます。 タレは醤油・酢・ごま油・七味唐辛子がよく合います。 軽く水を切った木綿豆腐・おから・みじん切りにしたネギ・にんじん・戻したひじきを合わせ、ニンニク・生姜・鶏ガラスープの素・醤油を入れてよくこねます。 餃子の皮に具を入れ、ヒダを作りながら包み、フライパンに並べて蒸し焼きにしたあと、底がきつね色になるまで焼き上げたら出来上がりです。 納豆にネギとタレを入れ、よく混ぜます。 餃子の皮に一口分ずつ納豆を包み、フライパンに並べていきます。 ごま油で焼き上げると香ばしく仕上がりますよ。 他の具も入れたい場合は納豆に混ぜます。 まとまらない具なので少な目の量を包むようにすると失敗しません。 ヘルシーな餃子の作り方は、ニラやゴボウ・白菜など残った野菜や好きな野菜を刻み、おから・卵・にんにく・醤油・酒・塩・ツナ缶を入れ、よく混ぜます。 餃子の皮に混ぜた具を包み、フライパンに並べて蒸し焼きにし、水気が飛んだら底面が色づくまで焼いて出来上がりです。 ごぼうやレンコンなどを入れると歯ごたえばつぐんですよ。 作り方は、普通に作った餃子の両端をくっつけ、丸い形にします。 鍋にごま油を熱し、えのき・長ネギをしんなりするまで炒め、水・料理酒を入れて煮込み、アクを取ります。 スープが綺麗になったら丸くした餃子を入れて、醤油・塩コショウで味を整えたら出来上がりです。 冷凍しておいた餃子で作っても良いですね! 代表的な中華料理のひとつであり、日本人の家庭料理の定番にもなっているマーボー豆腐。 四川省の省都、成都にあった料理店のおかみさんが作っていた、豆腐料理が始まりで、一時期わかりやすい料理名への改名を求められて麻辣豆腐と呼ばれていたこともありました。 「麻」は山椒のしびれる味で、「辣」はトウガラシの辛い味のことをさす大変辛い料理。 日本に伝わると同時に、辛みが抑えられた日本人好みの味に変化し、私たちのなじみ深いマーボー豆腐になっています。 最近は、基本のマーボー豆腐をアレンジしたさまざまなレシピがあり、いろいろなマーボー豆腐を楽しむことができます。 今回はそんなマーボー豆腐の、基本のマーボー豆腐レシピをはじめ、さまざまなアレンジレシピをカテゴリー別に紹介します。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【ヘルシーな餃子を作ろう】アレンジは無限大!ヘルシー餃子レシピ厳選20

野菜 餃子 レシピ

1 【餃子の餡】白菜とキャベツのみじん切りに、塩を入れて軽く揉む。 2 別のボウルに挽き肉を入れ、計量した調味料を全部入れて粘りが出てくるまでよく混ぜる。 3 混ざった肉の中にニラと、軽く絞ったStep1の野菜を入れて均等に混ぜる。 出来たものを、冷蔵庫でねかせておく。 4 【餃子の皮】スープを火にかけ、少し塩を入れひと煮立ちしたら火を止める。 スープを小麦粉の中に入れよく練る。 5 練ったら、親指くらいの大きさに切り分けて、丸くなるように平らに潰す。 丸くなった餃子の皮を、麺棒で直径7センチくらいの大きさになるまで伸ばしていく。 6 冷蔵庫から餡を出し、丸くなった餃子の皮の上にのせ包んでいく。 7 包み終わったら、フライパンに油をひき、餃子を並べて軽く焼く。 その後、餃子の半分くらいまで水を入れて蓋をする。 8 水分が全部なくなり、中まで火が通ったら焼き目をつけて完成。 gnavi. STEP2:別のボウルに挽き肉を入れ、計量した調味料を全部入れて粘りが出てくるまでよく混ぜる。 STEP3:混ざった肉の中にニラと、軽く絞ったStep1の野菜を入れて均等に混ぜる。 出来たものを、冷蔵庫でねかせておく。 STEP4:【餃子の皮】スープを火にかけ、少し塩を入れひと煮立ちしたら火を止める。 スープを小麦粉の中に入れよく練る。 STEP5:練ったら、親指くらいの大きさに切り分けて、丸くなるように平らに潰す。 丸くなった餃子の皮を、麺棒で直径7センチくらいの大きさになるまで伸ばしていく。 STEP6:冷蔵庫から餡を出し、丸くなった餃子の皮の上にのせ包んでいく。 STEP7:包み終わったら、フライパンに油をひき、餃子を並べて軽く焼く。 その後、餃子の半分くらいまで水を入れて蓋をする。 STEP8:水分が全部なくなり、中まで火が通ったら焼き目をつけて完成。 餃子を包むときは、中に水が入らないように、しっかりと閉じること。 野菜を絞るときはあまり絞りすぎるとパサパサになってしまうので絞りすぎないこと。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の

野菜たっぷり餃子レシピ5選

野菜 餃子 レシピ

ビタミンやタンパク質も豊富で疲労回復にも効果的な食べ物と言えば、餃子です。 揚げ餃子に水餃子、定番の焼き餃子などレシピも豊富です。 野菜スープに入れてスープ餃子もおいしいです。 いろんなバリエーションが楽しめる餃子。 健康的に、野菜をメインにした餃子を作りたいときのオススメのレシピは何でしょうか? 野菜がたっぷり取れる餃子レシピ5選 エビやチーズを入れたり、色々楽しめるのが 餃子です。 家族や友人と集まって手作り餃子を作る餃子パーティーもすごく楽しいです。 ヘルシーな餃子やちょっと変わった餃子まで、 野菜がたっぷり取れる餃子の レシピを紹介していきます。 餃子100個分の材料です。 野菜は蓮根を使用した、蓮根とエビの食感が楽しめる餃子のレシピです。 20個分の餃子の材料です。 肉を使わないヘルシーな餃子のレシピです。 細かく刻んだタケノコを追加すれば、食感が増します。 餃子約20個分。 鶏むねのひき肉160グラム・大根3センチ程・生姜1片・椎茸2個・鶏がラスープの素小さじ1・醤油小さじ1・塩こしょう少々。 珍しい餃子のレシピです。 野菜は大根を使うので、ヘルシーで女性にオススメです。 餃子の皮1袋分の餃子の材料です。 野菜にかぼちゃを使った珍しいレシピ。 20〜25個分の餃子の材料です。 塩小さじ1・オイスターソース小さじ1・こしょう少々・ごま油小さじ2。 野菜にほうれん草を使った珍しいレシピ。 栄養満点です。 いかがだったでしょうか? ヘルシーで栄養もたくさん取れるレシピを紹介しました。 焼き餃子のレシピで紹介しましたが、揚げ餃子にしてみたり水餃子にするのもオススメです。 大根入り餃子や蓮根とエビの餃子は鍋に入れて食べるのもオススメです。 いろんなバリエーションで餃子を楽しんで、野菜も栄養もたっぷり取りましょう。 人気記事ランキング• - 247,137 views• - 241,199 views• - 139,481 views• - 77,007 views• - 64,589 views• - 44,614 views• - 36,232 views• - 30,680 views• - 18,872 views• - 18,638 views• - 17,782 views• - 17,559 views• - 15,856 views• - 15,644 views• - 14,344 views• - 14,307 views• - 13,704 views• - 12,809 views• - 11,438 views• - 10,878 views• - 10,817 views• - 9,477 views• - 9,304 views• - 9,182 views• - 8,743 views• - 8,524 views• - 8,274 views• - 7,834 views• - 7,531 views• - 7,180 views• - 6,653 views• - 6,624 views• - 6,223 views• - 5,560 views• - 5,448 views.

次の