モルペコ 色違い フォルムチェンジ。 フォルムチェンジ (ふぉるむちぇんじ)とは【ピクシブ百科事典】

モルペコ

モルペコ 色違い フォルムチェンジ

技『オーラぐるま』のタイプが、『まんぷく』の時は『でんき』、『はらぺこ』の時は『あく』タイプに変わる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 ダイマックスしている相手には無効。 自分の『モルペコ』のフォルムが『まんぷくもよう』の時は『でんき』タイプ、『はらぺこもよう』の時は『あく』タイプの技になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 ダブルバトル用。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 3倍の効果もさらに加わる。

次の

モルペコ育成論 : フォルムチェンジで偽装しろ!みがわりチイラモルペコ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

モルペコ 色違い フォルムチェンジ

概要 『ポケットモンスター』シリーズにおいて、通常は進化によって種類が変わらない限り、見た目やタイプ、能力値などは変化しない。 しかし、例外的にいくつかのポケモンは異なる姿、能力を持っており、それぞれの形態を「フォルム」と呼んでいる。 これらのポケモンが特定の条件下において別のフォルムに変化することをフォルムチェンジと呼ぶ。 一時的な進化でもある、、は該当記事で。 フォルムチェンジするポケモン一覧 現在確認されているフォルムチェンジは以下の通り。 能力値が変化する者、タイプが変化する者、見た目以外変化しない者と様々。 形態:つうじょうのすがた ノーマル / ほのお / みず / こおり 初登場: 変化条件:「」により戦闘中の天候に応じて変化。 形態:ノーマルフォルム/アタックフォルム/ディフェンスフォルム/スピードフォルム 初登場:・ 変化条件:第3世代ではソフトごとに変わり、第4世代以降は隕石を調べる事で変化。 「フォルムチェンジ」という言葉はデオキシスが始まりである。 種類:くさきのミノ/すなちのミノ/ゴミのミノ 初登場: 変化条件:戦闘時の場所で変化。 メスは進化時の姿を引き継いだミノマダムに進化する。 形態:ロトム ゴースト / ほのお / みず / こおり / ひこう / くさ / 不明 / 不明 初登場:・・ 変化条件:どこかにある家電・ダンボール箱を調べ合体させる。 戻る条件は多数ある。 形態:体色が変わるが、名称は特になし。 変化の名称は「タイプシフト」 図鑑には登録されない。 第7世代のでは登録される。 初登場: 変化条件:特性「」により、各種「プレート」または各種「Zクリスタル」を持たせると変化。 ・ 形態:はるのすがた/なつのすがた/あきのすがた/ふゆのすがた 初登場: 変化条件:第5世代のみ一か月ごとに変化。 第6世代以降は不可能。 ・・ 形態:けしんフォルム/ 初登場: 変化条件:「」を使用。 形態:ボイスフォルム エスパー /ステップフォルム かくとう 初登場: 変化条件:戦闘中に専用技「」を使用。 形態:体色が変わるが、名称は特になし 図鑑には登録されない。 第7世代のでは登録される。 初登場: 変化条件:各種「カセット」を持たせる。 形態:やせいのすがた/ハートカット/スターカット/ダイヤカット/クイーンカット/カブキカット/キングダムカット/レディカット/マダムカット/ジェントルカット XYではやせいのすがた以外は図鑑には登録されない。 ORAS、第7世代のでは登録される 初登場: 変化条件:NPCにしてもらう。 形態:シールドフォルム/ブレードフォルム 初登場: 変化条件:特性「」により、攻撃技や専用技「」で変化。 形態:ハードロック・ピカチュウ/マダム・ピカチュウ/アイドル・ピカチュウ/ドクター・ピカチュウ/マスクド・ピカチュウ 衣装なしの姿のみ図鑑に登録される。 第7世代のでは登録されない 初登場: 変化条件:の各コンテストライプ! 会場にてNPCに話しかける• 3日経つかボックスに預けると解除される。 全て集めるとバトル中で特性「」が発動し、パーフェクトフォルムに変身できるようになる。 一種のでもある。 形態:めらめらスタイル/ぱちぱちスタイル/ふらふらスタイル/まいまいスタイル 初登場: 変化条件:各島の花畑で入手できる蜜を吸わせる。 形態:タイプ:ノーマル/タイプ:ファイヤー/タイプ:ウォーター/タイプ:グラス/タイプ:エレクトロ/タイプ:サイキック/タイプ:アイス/タイプ:ファイト/タイプ:フライング/タイプ:ポイズン/タイプ:グラウンド/タイプ:ロック/タイプ:バグ/タイプ:ゴースト/タイプ:ドラゴン/タイプ:ダーク/タイプ:スチール/タイプ:フェアリー 初登場: 変化条件:特性「」により、各種「メモリ」を持たせると変化。 形態:体色が変わるが、名称は特になし 図鑑には登録されない 初登場: 変化条件:バトル中に一時的に変化。 形態:通常/うのみのすがた/まるのみのすがた 初登場: 変化条件:特性「」により、ウッウが「」か「」を使った際に変化。 形態:アイスフェイス/ナイスフェイス 初登場: 変化条件:特性「」により、攻撃を受けると変化。 天候が「あられ」だと「アイスフェイス」に戻る。 形態:まんぷくもよう/はらぺこもよう 初登場: 変化条件:特性「」により、1ターンごとに変化。 姿違いが存在するポケモン一覧 違う姿が存在するものの、その間で変化はしないポケモン。 亜種であるは該当記事で。 姿:「腹部の模様が地域によって違い、6種類ほどある」という設定がある。 初期の攻略本中では幾つか図示され、ゲーム中でも・のもののみ他の世代とは模様が違う。 由来:上記の通り。 の計28種。 名称は全て"あるすがた"。 由来:生まれつき。 初の同種で複数の姿が存在するポケモン。 姿:模様の違いが 4294901760種類。 個別の名称はなく、図鑑には登録されるのは最初に見たもののみ。 由来:生まれつき。 性格値に依存。 種類:くさきのミノ くさ /すなちのミノ じめん /ゴミのミノ はがね 由来:メスのミノムッチだけがミノマダムに進化する。 ミノマダムに進化後は姿が変化しなくなる。 ・ 姿:にしのうみ/ひがしのうみ 由来:生まれつき。 の東西・ソフトによって出現する姿が違う。 姿:ピチュー/ 由来:での配信イベントでのみ入手可能。 姿:あかすじのすがた/あおすじのすがた 由来:生まれつき。 ソフトによって出現率が変わる。 姿:ひょうせつのもよう/ゆきぐにのもよう/せつげんのもよう/たいりくのもよう/ていえんのもよう/みやびなもよう/はなぞののもよう/モダンなもよう/マリンのもよう/ぐんとうのもよう/こうやのもよう/さじんのもよう/たいがのもよう/スコールのもよう/サバンナのもよう/たいようのもよう/オーシャンのもよう/ジャングルのもよう/ファンシーなもよう/ボールのもよう 由来:その個体が 生まれたソフトに登録されている地域。 一部はキャンペーン限定。 ・・ 姿:あかいはな/きいろのはな/オレンジいろのはな/あおいはな/しろいはな/えいえんのはな のフラエッテ 由来:生まれつき。 出現場所による。 ・ 姿:ふつうのサイズ/ちいさいサイズ/おおきいサイズ/とくだいサイズ 由来:生まれつき。 とくだいサイズのみ鳴き声が少し低い。 姿:// 由来:ソフトごとに異なる。 「サン」で朝・昼・夕方に進化 まひるのすがた 、「ムーン」で夜に進化 まよなかのすがた 、特性「」の個体を夕方に進化 たそがれのすがた• 姿:あかいろのコア/だいだいいろのコア/きいろのコア/あおいろのコア/みどりいろのコア/むらさきいろのコア/みずいろのコア 由来:生まれつき。 姿:500ねんまえのいろ 由来:生み出された500年前当時の姿。 の全国図鑑完成特典で入手可能。 姿:オリジナルキャップ/ホウエンキャップ/シンオウキャップ/イッシュキャップ/カロスキャップ/アローラキャップ/キミにきめたキャップ 由来:映画「」の特別前売り券でのみ入手可能。 姿: 由来:首領のにより、自身の持つ強力なサイコパワーを制御する鎧を装着させられた姿。 映画『』に登場したほか、コラボ企画として『』に期間限定でとして実装され、そこでのみ入手が可能。 姿:ハイなすがた/ローなすがた 由来:進化前のの性格によって決まる。 「ようき」「やんちゃ」など明るめな性格を持ちLv. 30で「ハイなすがた」、「てれや」「ひかえめ」など大人しめな性格を持ちLv. 30で「ローなすがた」。 ・ 姿:がんさくフォルム/しんさくフォルム 由来:ヤバチャは生まれつき。 「がんさくフォルム」のヤバチャは「われたポット」、「しんさくフォルム」のヤバチャは「かけたポット」でそれぞれのポットデスに進化する。 姿:ミルキィバニラ/ミルキィまっちゃ/キャラメルミックス/ミルキィルビー/ルビーミックス/ミルキィレモン/ミルキィソルト/ミルキィミント/トリプルミックス 由来:進化前のに「あめざいく」を持たせてプレイヤーが回転し、「あめざいく」の種類や回転数、時間帯によって決まる。 形態:いちげきのかた/れんげきのかた 由来:進化前のが双拳の塔 あくの塔、みずの塔のどちらか を制覇する事で進化。 関連タグ - 似て非なるもの 関連記事 親記事.

次の

とっとこ〜はしるよモルペコ〜

モルペコ 色違い フォルムチェンジ

概要 通常、や、などによらない限り、見た目や・・などは変わらない。 しかしそれらによらず、特殊な仕様によって異なる姿を持つポケモンが存在する。 それらのポケモンは、一般に「~フォルム」と呼称されるもの 狭義のフォルム、英: Forme と、それ以外のケースとに分類される。 両者を併せたものが広義のフォルムである。 一般に「~フォルム」と呼称されるものは、主に能力値やタイプに変化が見られ、と呼ばれる形態変化がゲーム中に自由に行えるケースである。 それ以外のケースの方は、狭義のフォルムのケースに近い仕様を持つものから、単なる外見違いであるものまで、さまざまである。 特に後述するケースの内、後天的に姿を変えられないものは一般的な「フォルム」のイメージとはずれてくるので、このページを参照する場合は注意。 なお、一般に「~ の すがた」 英: Form と呼称されるものは、後者のケースに属する。 また、その関連語には「~フォーム」という表現が用いられることがある 例:。 このように、用語上、「~フォルム」と「~フォーム」とは区別される。 一方、においては、狭義のフォルムなども、すべて「すがた」 英: Forms の項目に収録される。 デオキシスのフォルム• 「ノーマルフォルム」、「アタックフォルム」、「ディフェンスフォルム」、「スピードフォルム」の4種類が存在する。 それぞれ異なるとレベルアップ技を持つ。 は全てである。 ではがどのソフトにいるかによって以下の様にフォルムが決定される。 : ノーマルフォルム• : アタックフォルム• : ディフェンスフォルム• :スピードフォルム• 以降はデオキシスをに入れて、特定の場所にある隕石を調べることで自由にができるようになった。 : の• : のの家• : のの部屋• 第三世代では時に相手のデオキシスがどのフォルムであるかは、分からない仕様になっていた 自分のソフトに対応した姿にしか見えなかった。 チェリムのフォルム• 状態のときの「ポジフォルム」とそれ以外のときの「ネガフォルム」の2種類のフォルムが存在する。 フォルムチェンジによるなどの能力の変化はなく、外見が変わるだけである。 ただし、ポジフォルムのチェリムは特性の効果による能力上昇を受ける。 第四世代のみのであるとフォルムチェンジとの間にはデータ上の関連性はない フラワーギフトが変化、消滅してもフォルムチェンジは行われる。 第五世代からはを失うとフォルムチェンジが出来なくなる。 『・』では、の「すがた」にポジフォルムは記録されない。 『』以後の作品では図鑑登録と同時にポジフォルムも記録される。 ロトムのフォルム• 通常フォルムの「」、で追加された「ヒートロトム」、「スピンロトム」、「フロストロトム」、「ウォッシュロトム」、「カットロトム」の6種類が存在する。 ロトムをに入れて、特定の場所で5つの家電製品を選ぶことでフォルムチェンジする。 詳細はを参照。 : 配信アイテムのが必要• : の地下 ロトムが手持ちの先頭にいないと入れない• : 2階• : のの研究所• : のの研究所の地下• : の民家にいるリーグスタッフからを貰い、これをロトムに使う。 選んだ機械によってフォルムが異なり、フォルムチェンジと同時にそのフォルムに対応した技を覚える。 以降はも変化する。 は全てである。 ロトムのカタログ使用時のみ• 通常フォルムとそれ以外ではが異なる。 通常フォルム以外の状態で機械を調べて「もとにもどす」を選ぶと通常フォルムに戻る。 通常フォルムに戻るとフォルムチェンジ時に覚えた前述の技は自動的に忘れてしまう。 それ以外のフォルムに戻すと技の上書きが自動で行われる。 フォルムチェンジ時に覚える技以外の技を全て忘れさせて通常フォルムに戻すと、基本技のだけを覚えた状態になる。 通常フォルムはの「すがた」では単に「ロトム」と表記されている。 、にはデータ上に追加フォルムが存在しないため、姿や種族値は通常フォルムに準じ、フォルムチェンジ時に覚えた前述の技の技スペースは空きとなる。 では通常フォルム以外の状態でに参加したり、、に入ったり、に預けたりしても通常フォルムに戻ってしまう。 別フォルムの状態でメタモンとともに育て屋に預けても、タマゴから生まれるときは通常フォルムである。 では、に入り込んだ「」 アニメでの正式名称は「ポケデックスフォルム」 、ではスマホに入り込んだが登場するが、こちらは戦闘では使用できない。 には全てのフォルムが参加できる。 ギラティナのフォルム• 「アナザーフォルム」と、『』で追加された「オリジンフォルム」の2種類が存在する。 アナザーフォルムを基本とし、プラチナ以降で登場するを持たせることでオリジンフォルムにフォルムチェンジが可能。 プラチナに登場する内でははっきんだまが無くても常時オリジンフォルムとなる。 それぞれ、、・、が異なる。 アナザーフォルム: 特性 隠れ特性• オリジンフォルム: 特性• 『』、『』にはデータ上にはっきんだま及びオリジンフォルムが存在しないため、姿や種族値などはアナザーフォルムに準ずる。 でのはっきんだまの仕様は特殊なので、そちらのページも参照のこと。 『ポケモンARサーチャー』ではであるテレパシーのが入手できる。 このギラティナをオリジンフォルムにしても特性はふゆうにしかならない。 には特性ふゆうを持つオリジンフォルムのみが参加できる。 シェイミのフォルム• 「ランドフォルム」と、『』で追加された「スカイフォルム」の2種類が存在する。 ランドフォルムを基本とし、『プラチナ』以降のバージョンで登場するを使うことによってスカイフォルムにフォルムチェンジが可能。 になったり状態になる他、まででは内だとランドフォルムに戻る。 夜やこおり状態の時にはグラシデアのはなは使えない。 スカイフォルムだったがこおりになりランドフォルムになってしまった後、こおりが溶けたとしてもスカイフォルムに戻ることは無い。 ではボックスに預けても姿はスカイフォルムのままだが、ボックスから引き出すとランドフォルムに戻る。 スカイフォルムでポケモンバンクに預けたときも姿はそのままだが、次回ポケモンバンクに繋ぐとランドフォルムに戻っている。 それぞれ、、、覚える技・、・鳴き声が異なる。 ランドフォルム : 特性• 『』、『』にはデータ上にスカイフォルムが存在しないため、姿や種族値などはランドフォルムに準ずる。 『プラチナ対応版』でも、おもちゃの「おはな」を用いることでランドフォルムからスカイフォルムにフォルムチェンジでき、夜になるとランドフォルムに戻る。 DS版ポケットモンスターに戻すとボックスに入ってランドフォルムに戻るので、本編には関係しない。 スカイフォルムはひこうタイプではあるが、には参加できない。 トルネロスのフォルム• 「けしんフォルム」と、『』で追加された「れいじゅうフォルム」の2種類が存在する。 それぞれ、、、鳴き声が異なる。 けしんフォルム: 特性 隠れ特性• れいじゅうフォルム: 特性• 『』ではれいじゅうフォルムの状態で入手できる。 これを『』へ連れて行き、を使うことで自由にフォルムチェンジができる。 『ARサーチャー』で入手した個体をけしんフォルムにすると、通常の特性のいたずらごころではなく、のまけんきになる。 れいじゅうフォルムに隠れ特性は存在しない。 『』から通信交換で移した個体でもフォルムチェンジは可能。 ただし『ブラック・ホワイト』にれいじゅうフォルムのデータはないためそのまま通信交換で送ることはできず、けしんフォルムに変える必要がある。 『ブラック2・ホワイト2』以降同士でもれいじゅうフォルムのままでは通信交換できない。 れいじゅうフォルムのままWi-Fi対戦で使用することも可能。 『ブラック・ホワイト』と対戦した場合、相手側はけしんフォルムで表示される。 そのような場合、バトルビデオの録画ができないことにも注意が必要。 にはけしんフォルム・れいじゅうフォルムのどちらも参加できる。 ボルトロスのフォルム• 「けしんフォルム」と、『ブラック2・ホワイト2』で追加された「れいじゅうフォルム」の2種類が存在する。 それぞれ、、、鳴き声が異なる。 けしんフォルム: 特性 隠れ特性• れいじゅうフォルム: 特性• 詳細はを参照。 ランドロスのフォルム• 「けしんフォルム」と、『ブラック2・ホワイト2』で追加された「れいじゅうフォルム」の2種類が存在する。 それぞれ、、、鳴き声が異なる。 けしんフォルム: 特性 隠れ特性• れいじゅうフォルム: 特性• 詳細はを参照。 なお、うつしかがみは『ポケモンARサーチャー』で入手したれいじゅうフォルムのをほうじょうのやしろへ連れて行くと入手できる。 メロエッタのフォルム• 「ボイスフォルム」、「ステップフォルム」の2種類が存在する。 戦闘中でを使うたびにフォルムチェンジする。 を行ったり になる場合を含む 、戦闘が終わるとボイスフォルムに戻る。 それぞれとが異なる。 「シールドフォルム」、「ブレードフォルム」の2種類が存在する。 特性によってフォルムチェンジを行う。 戦闘中に攻撃技を使おうとするとブレードフォルムに、技を使うとシールドフォルムになる。 を行ったり になる場合を含む 、戦闘が終わるとシールドフォルムに戻る。 それぞれが異なる。 第六世代まではフォルムチェンジのタイミングは行動する 技を出そうとする 直前である。 ・に関わらず、フォルムチェンジが行われる。 第七世代からは・により行動できなかった場合、フォルムチェンジも行われない。 ジガルデのフォルム• それぞれ、、、鳴き声が異なる。 戦闘中に自分のが半分を切るとパーフェクトフォルムになる。 ポケモンとしては扱えない「ジガルデ・セル」「ジガルデ・コア」という形態も存在する。 その他後天的な姿の変化 「フォルム」とは呼称されていないが、特定の条件を満たす事で後天的に姿を変える事が出来るポケモンたち。 ソフトのバージョンによっては変化出来ない場合もある。 性質はフォルムチェンジに近い。 ポワルンの姿• 通常時のポワルンのすがた、時のたいようのすがた、時のあまみずのすがた、時のゆきぐものすがたの4種類が存在する。 特性によりで姿とが変化する。 フォルム名 タイプ 天気 ポワルンのすがた 通常 たいようのすがた あまみずのすがた ゆきぐものすがた• 特性「てんきや」を失うと通常の姿に戻り、フォルムチェンジもできなくなる。 ミノムッチ・ミノマダムのミノ• 「くさきのミノ」、「すなちのミノ」、「ゴミのミノ」の3種類が存在する。 のがすると、同じ種類のミノのになる。 ミノムッチのミノは、最後に戦闘した場所の地形によって変わる。 ミノマダムへ進化後にミノの変更は不可能。 戦闘に出さえすればりになったとしてもフォルムチェンジは発動する。 逆に戦闘に出ず味方に任せきりだとか、の効果でを貰うだけなどではフォルムチェンジは発動しない。 ミノムッチのミノによる違いは外見のみだが、ミノマダムに進化すると、、覚える技がそれぞれ異なったものになる。 ではくさきのミノ以外のミノムッチから進化したガーメイルがコピー時にになるバグが存在する。 アルセウスのタイプシフト• 各に対応した計18種類の姿が存在する。 タイプの状態を基本として、特性の効果によってを持たせると対応したとそれに準じた姿 外見の色 に変化する。 専用技のタイプも変わるが、等の能力値には影響がない。 『』、『』では通常の姿以外はには表示されない。 ではタイプに対応するプレート、が登場したため、フェアリータイプのタイプシフトが新たに追加された。 においては、データ上でタイプに対応した姿も確認できる。 ただし改造以外の方法でタイプの姿にする方法はない。 では、プレートだけでなくを持たせても姿を変更させることができる。 この場合のタイプは変わらずノーマルタイプの攻撃技となる。 以外では元がさばきのつぶてのZワザを使うことはできない。 にはを持たせてタイプに変化している場合のみ参加できる。 ヒヒダルマのモード• 「ノーマルモード」と「ダルマモード」の2種類が存在する。 フォルムチェンジによって、が変化する。 によって、それぞれ4つの姿に変化する。 外見以外の相違はない。 異なる姿に変わるタイミングは、その姿に対応した季節の表示が出たとき。 ではから孵化した直後は春の姿。 進化した直後も進化前の姿を受け継ぐ。 、では季節の概念が存在しないため、姿を変化させることは出来ない。 第五世代からポケムーバーで連れてきた場合、姿はそのまま引き継がれる。 第六世代内で野生のものは春の姿しか登場しない。 内では姿は変わらない。 キュレムの姿• 通常の姿に加え、「ブラックキュレム」と「ホワイトキュレム」の3種類が存在する。 にまたはを入れた状態でにを使うと、ゼクロムかレシラムのどちらかと合体できる。 ゼクロムを選ぶとブラックキュレム、レシラムを選ぶとホワイトキュレムに変化する。 手持ちに空きがある状態でブラックキュレム ホワイトキュレム にもう一度いでんしのくさびを使うと、ゼクロム レシラム とキュレムに分裂する。 なお、いでんしのくさびは何度でも使える。 合体した直後に、ブラックキュレムは・、ホワイトキュレムは・をそれぞれ習得する• フリーズボルト・コールドフレアはと、クロスサンダー・クロスフレイムはと入れ替わって習得し、分裂するとわざも元に戻る。 入れ替え元の技を覚えてないとフォルムチェンジしても対応する技を覚えることはない いずれの場合も、思い出しにより習得可能。 入れ替えで覚える技に、を使っていた場合、入れ替え先にも使った回数分PP最大値が上昇している。 それぞれの姿で、、、鳴き声が異なる。 通常の姿: 特性• ブラックキュレム: 特性• ホワイトキュレム: 特性• 色違いのキュレムとゼクロム レシラム を合体させた場合、ブラックキュレム ホワイトキュレム も色違いになる。 ブラックキュレム・ホワイトキュレムのままでは『ブラック2・ホワイト2』以降同士でも通信交換できない。 通信交換するには分裂させる必要がある。 既にブラックキュレムまたはホワイトキュレムがいる場合、新たにいでんしのくさびを使えない。 つまり1つのソフト内にブラックキュレムとホワイトキュレムを両立、またはそれぞれを複数匹所有することが出来ない。 ブラックキュレム・ホワイトキュレムのままWi-fi対戦で使用することも可能。 『ブラック・ホワイト』と対戦した場合、相手側は通常の姿で表示される。 ケルディオの姿• 通常の「いつものすがた」に加え、『ブラック2・ホワイト2』以降でを覚えさせた直後に見られる「かくごのすがた」の2種類が存在する。 相違点は外見のみで、能力などに違いはない。 ブラック・ホワイトにはかくごのすがたのデータは存在しないため、かくごのすがたのままでは通信交換で送れない。 送るにはしんぴのつるぎを忘れさせていつものすがたに戻す必要がある。 『ブラック・ホワイト』でしんぴのつるぎを覚えさせれば、いつものすがたのままでも同技が使える。 『ブラック2・ホワイト2』以降同士でもかくごのすがたのままでは通信交換できない。 通信交換するにはいつものすがたに戻す必要がある。 かくごのすがたのままWi-Fi対戦で使用することも可能。 『ブラック・ホワイト』と対戦した場合、相手側はいつものすがたで表示される。 ゲノセクトのカセット• 各 ブレイズ・アクア・イナズマ・フリーズの4種類 を持たせると、背中の一部分の色が変化する。 専用技のが変わる以外に、能力に影響はない。 トリミアンのトリミング• のポケサロン・グルーミング、の、やのにてトリミングしてもらうことで、10種類の姿に変化する。 やせいのすがた あるがままに もどす• ハートカット• スターカット• ダイヤカット• クイーンカット• カブキカット• キングダムカット• レディカット• マダムカット• ジェントルカット• のみ最初は上3カットしか選べず、ミアレシティのスタイリッシュ度を上げるにつれてオーダーできるカットが増えていく。 トリミングから5日経つか、まではに入れると元に戻る。 ではボックスに預けたときや、ボックスからボックスへ移動したときも姿はそのままだが、ボックスから引き出すとやせいのすがたに戻る。 ポケモンバンクに預けたときも姿はそのままだが、次回ポケモンバンクに繋ぐとやせいのすがたになっている。 相違点は外見のみであり、などに違いはない。 には記録されない X・Yのみ。 ゼルネアスのモード• 戦闘時と非戦闘時で姿が変わる。 非戦闘時では「リラックスモード」と呼ばれる姿に、戦闘時には角が発光した「アクティブモード」の状態になる。 戦闘時のみアクティブモードに姿が変わるだけで、能力に変化はない。 フーパの姿• 通常の「いましめられしフーパ」に加え、を使った直後に見られる「ときはなたれしフーパ」の2種類が存在する。 なお、『X・Y』ではいましめのツボおよびときはなたれしフーパのデータは存在しない。 「いましめられしフーパ」はエスパー・ゴーストタイプ、「ときはなたれしフーパ」はエスパー・あくタイプである。 また、分類も「まじんポケモン」へ変化する。 では、手持ちに入れたまま3日間が経過する、もしくはボックスに預けると「いましめられしフーパ」に戻る。 では、ボックスに預けても姿は「ときはなたれしフーパ」のままだが、ボックスから引き出すと「いましめられしフーパ」に戻る。 はときはなたれしフーパしか使えず、いましめられしフーパで使っても失敗する。 オドリドリのスタイル• 「めらめらスタイル」・「ぱちぱちスタイル」・「ふらふらスタイル」・「まいまいスタイル」の4種類が存在する。 2は共通でだが、タイプ1がそれぞれ異なり、のタイプもそれに合わせて変化する。 どの姿も野生で登場するが、アローラ地方各地で拾えるミツを使うことで姿を変えることもできる。 めらめらスタイルは。 を使うとこの姿になる。 ぱちぱちスタイルは。 を使うとこの姿になる。 ふらふらスタイルは。 を使うとこの姿になる。 まいまいスタイルは。 を使うとこの姿になる。 ヨワシの姿• 「たんどくのすがた」・「むれたすがた」の2種類が存在する。 シルヴァディの姿• 各に対応した計18種類の姿が存在する。 タイプの状態を基本として、特性の効果によってを持たせると対応したとそれに準じた姿 外見の色 に変化する。 専用技のタイプも変わるが、等の能力値には影響がない。 メテノの姿• コアの色については先天的に決まるため。 りゅうせいのすがたのときはにならない。 ミミッキュの姿• 「ばけたすがた」と「ばれたすがた」の2種類が存在する。 戦闘に出たときにはばけたすがたで、1度攻撃を受けるとばれたすがたとなる。 ばけたすがたの状態では、攻撃技によるダメージを受けない。 ソルガレオの姿• 通常の姿と、「ライジングフェーズ」の2種類が存在する。 ルナアーラの姿• 通常の姿と、「フルムーンフェーズ」の2種類が存在する。 ネクロズマの姿• 通常の姿に加え、「日食ネクロズマ」と呼ばれるを取り込み制圧した「たそがれのたてがみ」と「月食ネクロズマ」と呼ばれるを取り込み制圧した「あかつきのつばさ」、そして戦闘中のみ変化できる「ウルトラネクロズマ」の4種類が存在する。 手持ちにソルガレオがいる状態でにを使うと合体して日食ネクロズマに、手持ちにルナアーラがいる状態でネクロズマにを使うと合体して月食ネクロズマになる。 手持ちに空きがある状態でもう1度ネクロプラスソルもしくはネクロプラスルナを使うと、ネクロズマとソルガレオ ルナアーラ に分離する。 ネクロプラスソルとネクロプラスルナは何度でも使える。 ソルガレオと合体した場合は直後にを習得し、ルナアーラと合体した場合は直後にを習得する。 分離するとこれらの技を忘れる。 上記のキュレムとは違って、特定の技がこれらに変化する訳ではなく、などと同様に既存の技を1つ忘れさせて覚えさせる形となる 技を4つ覚えていれば、覚えさせない事もできる。 これらの技の習得は合体する度に何度でも行えるが、・でこれらの技のを増やすと、分離した時に忘れてしまい、再習得しても増えた分は残らない =増やした分が無駄になる ので注意。 また、これらの技を覚えさせる為に忘れさせた技も当然戻って来ない。 それぞれの姿で、、、、鳴き声が異なる。 既に日食ネクロズマまたは月食ネクロズマがいる場合、新たにネクロプラスソルもしくはネクロプラスルナは使えない。 つまり1つのソフト内でそれぞれを複数匹所有する事はできないが、合体・分離アイテムが2種類ある為、日食ネクロズマと月食ネクロズマを1つのソフトで1体ずつ所持する事はできる。 日食ネクロズマもしくは月食ネクロズマにを持たせ、戦闘中に左側の「」を選択すれば、ウルトラネクロズマに変化する 見た目はやに近いが、1回の戦闘でメガシンカ・ゲンシカイキの両方と両立可能。 ただし、通常のネクロズマからは変化できず、他のアイテムやを持たせてもダメ。 を覚えていれば、変化後に専用であるを使用できる ただし、変化したターンには使えず、他のポケモンのZワザとの両立も基本的にはできない。 メガシンカやゲンシカイキと同様、戦闘が終われば元に戻るが、戦闘中は交代しても元に戻らない。 日食ネクロズマと月食ネクロズマのどちらから変化させても、ウルトラネクロズマの見た目やタイプは同じ。 メテオドライブとシャドーレイのどちらが使えるかの違い程度である。 ウッウの姿• 通常の姿が・を使うと、HP半分超ではを咥えた「うのみのすがた」に、HP半分以下ではを咥えた「まるのみのすがた」になる。 交代したり、ダイマックスすることで通常の姿に戻る。 モルペコの姿• 「まんぷくもよう」と「はらぺこもよう」の2種類が存在し、1ターンが終了するごとに交互に姿が変わる。 姿によりのが変わり、まんぷくもようではタイプ、はらぺこもようではタイプになる。 モルペコ自身のタイプは変化しない。 交代するとまんぷくもように戻る。 コオリッポの姿• 「アイスフェイス」と「ナイスフェイス」の2種類が存在する。 2つのフォルムはが異なる。 アイスフェイスのときにを受けるとナイスフェイスになり、がに変化するときのみナイスフェイスからアイスフェイスに戻る。 ザシアンの姿• 通常の姿は「れきせんのゆうしゃ」だが、もちものにを持つとバトル時のみ「けんのおう」の姿に変化しも変わる。 を覚えているとに変わる。 ザマゼンタの姿• 通常の姿は「れきせんのゆうしゃ」だが、もちものにを持つとバトル時のみ「たてのおう」の姿に変化しも変わる。 を覚えているとに変わる。 ムゲンダイナの姿• 通常の姿と「ムゲンダイマックス」の姿があり、種族値が大きく異なる。 プレイヤーはをさせることはできず、ムゲンダイマックスの姿はシナリオでのイベント限定の姿となる。 図鑑には姿の違いが登録される。 先天的な外見違いなど 複数の姿が存在するが、後天的に姿を変える事が出来ないポケモンたち。 特別な個体も含む。 リージョンフォーム• アローラのすがた、 ガラルのすがたと呼ばれるフォルム。 詳しくはのリンクを参照。 このフォルムが存在するポケモンは次の通り。 - -• ピカチュウのおきがえ• 通常の個体の他に、というコスプレが可能なピカチュウが『』にのみ登場する。 特別な技を覚えられる。 詳細はリンク先を参照のこと。 サトシのピカチュウ• 『』では、の前売り券特典として、が配布された。 いずれもを持たせることでを使用できる。 「オリジナルキャップ」、「ホウエンキャップ」、「シンオウキャップ」、「イッシュキャップ」、「カロスキャップ」、「アローラキャップ」、およびでのみ入場者特典ガオーレカードのQRコードを読み取る事により入手できる「キミにきめたキャップ」の7種類。 ピチューの姿• 通常の個体の他に、という特殊な姿を持つが『』にのみ登場する。 通常の個体とは大きく仕様が異なる。 詳細はリンク先を参照のこと。 アンノーンの姿• 全てのアルファベットとで追加された「! 」、「? 」の形状をした計28種類存在する。 姿の決定はとそれ以降で異なる 詳細はを参照のこと。 それぞれの相違点は外見のみ。 の「すがた」では全ての姿が「あるすがた」と表記されている。 パッチールの姿• 個体ごとに姿が異なる。 この姿はによって決められており、40億種類以上が存在する。 相違点は外見のみでなどに違いはない。 することはない。 には最初の一種類しか記録されない。 カラナクシ・トリトドンの姿• のより西には「にしのうみ」の姿 ピンク色 、東には「ひがしのうみ」の姿 水色 の野生が生息している。 によってこの分類は変化せず、から生まれるには育て屋に預けたの姿がされる。 など能力は一切違いはなく、相違点は外見のみである。 『』ではゲーム中のトレーナーは「にしのうみ」のものしか出してこない。 また『』、『』、『』では「にしのうみ」、『』、『』、『』、『』では「ひがしのうみ」のものしか手に入らない。 『ウルトラサン・ウルトラムーン』ではで「にしのうみ」の個体も入手できる。 、には「にしのうみ」の姿のカラナクシ・しか生息していない。 バスラオの筋模様• あかすじの姿とあおすじの姿が存在する。 バージョンによって出現率が大きく異なり、『ブラック』、『ブラック2』ではあかすじの個体、『ホワイト』、『ホワイト2』ではあおすじの個体が出現しやすくなっている。 出現しにくい方は野生では泡が発生している場所でしか出現しない。 以後のが登場する世代でも、バージョンによりどちらかが出やすいようになっている。 『X』ではあおすじ、『Y』ではあかすじが「いいつりざお」で釣れるが、もう片方は「すごいつりざお」でないと釣れない。 『ウルトラサン』ではあかすじ、『ウルトラムーン』ではあおすじしか出現しない。 『ソード』ではあかすじ、『シールド』ではあおすじしか出現しない。 など能力は一切違いはないが、通常特性が異なる。 赤筋は、であるのに対して、青筋は、となる。 ビビヨンの模様• ゲーム開始時点における3DSの地域及び国設定によって、翅の模様が決定される。 全18種類(うち日本国内では4種類が出現。 配布限定のものを含めると全20種類)。 開始後に本体の設定を変えても1つのソフト内で出現する種類は変わらないため、別の模様の個体を手に入れるにはが必要である。 色違いでも体の色が異なるのみで模様自体は通常と変わらない。 相違点は外見のみであり、などに違いはない。 タマゴから生まれたも同一ソフト内では同じ模様にしか進化しない。 別の模様の個体を通信交換で移して孵しても同様。 フラベベ・フラエッテ・フラージェスの花• 赤、青、黄色、オレンジ、白の花と共生している個体の5種類が存在する。 相違点は外見のみで種族値などに違いはない。 ただしAZの手持ち個体 えいえんのはな のみ大きく異なる。 また、オレンジと白の花の隠れ特性は『ウルトラサン・ウルトラムーン』でしか入手できず、青の花の隠れ特性は『X・Y』のでしか入手できない。 タマゴは親の花が遺伝する。 ニャオニクスの姿• バケッチャ・パンプジンのサイズ• 「ちいさいサイズ」・「ふつうのサイズ」・「おおきいサイズ」・「とくだいサイズ」の4種類のサイズが存在する。 ・がそれぞれ異なる。 実際にグラフィックの大きさが違い、とくだいサイズのみ通常と鳴き声が異なる。 さらにが異なり、大きくなるととが高くなり、が低くなる。 から生まれるにはに預けた親と同じサイズがする。 バケッチャ・のみの組み合わせの場合はのサイズが遺伝する。 ルガルガンの姿• 「まひるのすがた」・「まよなかのすがた」と、『』で追加された「たそがれのすがた」の3種類が存在する。 や、の一部に変化がある。 を『サン』で昼にさせるとまひるのすがたに、『ムーン』で夜に進化させるとまよなかのすがたになる。 『ウルトラサン・ウルトラムーン』ので配布された特性がのを夕方に進化させるとたそがれのすがたになる。 まひるのすがたのとくせいは「」・「」、隠れ特性は「」。 まよなかのすがたのとくせいは「するどいめ」・「」、隠れ特性は「」。 たそがれのすがたのとくせいは「」。 第八世代では進化条件からソフトのバージョン依存の部分は廃止され、イワンコの種類と時間帯のみを参照するようになった。 メテノの姿• 上記「りゅうせいのすがた」とは別にコアの色が「あかいろのコア」「だいだいいろのコア」「きいろのコア」「みどりいろのコア」「みずいろのコア」「あおいろのコア」「むらさきいろのコア」の七色がある。 「りゅうせいのすがた」の色はコアの色に依らず一緒。 野生で出てくるは「りゅうせいのすがた」なのでコアの色を確めるには捕まえるかHPを半分削り「」を発動させる必要がある。 から生まれるメテノのコアの色は親の色がする。 ぬしポケモン• では通常のポケモンよりサイズが大きいぬしポケモンが存在する。 詳細は にて。 マギアナの姿• 通常は銀色だがこれは塗装が落ちたという設定であり、そっくりな色をした「500ねんまえのいろ」が存在する。 外見以外の相違はない。 ストリンダーの姿• 進化前ののによりストリンダーの姿が変わる。 姿によりと覚える技が変わる。 ハイなすがたのみ通常特性が・で、・を覚える。 ローなすがたのみ通常特性がパンクロック・で、・を覚える。 マホイップの姿• 進化させるときに持たせたの種類でマホイップのデコレーションが、スティックを回す・方向・長さによってホイップクリームの色が変わる。 アメざいく7種類とクリームの色9種類により、63種の姿がある。 ヤバチャ・ポットデスの姿• 出現率が高くで進化する「がんさくフォルム」と、出現率が低くで進化する「しんさくフォルム」がある。 どちらの姿もポケモンずかんには異なった説明がされるが、フォルム名は明記されない。 しんさくフォルムのみカップの底前面に青いマークがついている。 能力に差異は無い。 しんさくフォルムを親にしてを作ってもがんさくフォルムのヤバチャしか生まれない。 イエッサンの姿• ウーラオスの姿• から進化させる時に「いちげきのかた」と「れんげきのかた」のどちらかを選択する必要がある。 姿によって種族値・タイプ・覚える技が異なる。 通常特性はどちらも。 「いちげきのかた」はかくとう・あくタイプ。 専用技は。 「れんげきのかた」はかくとう・みずタイプ。 専用技は。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるフォルム• しないと、などでもそれぞれの威力が違う。 アンノーンは28種類がそれぞれ別種として扱われる。 カラナクシ、トリトドンはダンジョンによって出てくる姿が違う。 にしのうみとひがしのうみは別種として扱われる。 ミノムッチはダンジョンによってミノが変わることはなく、3種類がそれぞれ別種として扱われる。 ロトムをフォルムチェンジすることはできない。 シェイミは『』と『』シリーズに登場。 フォルムチェンジは可能。 デオキシスはダンジョンのフロアによってランダムにフォルムチェンジする。 アタックフォルムは攻撃強化、ディフェンスフォルムは防御強化、スピードフォルムは常に倍速状態になっている。 フォルム違いは全て別種として扱われる。 は一切できず、フォルム違いが欲しい場合は別個に捕獲する必要がある。 のような・であっても同様。 独自のフォルムを持つポケモンは、に送ることができない。 ミュウツーの姿 は、ゲームの他作品に登場しないフォルムとしてアーマードミュウツーが登場する。 通常のミュウツーとは種族値が異なる。 ミュウツーのアメは通常のものと共有。 図鑑には通常の姿のみ登録される。 帽子・花飾りなど 季節イベントなどにおいて、やカントー御三家(・・)などを中心に、帽子をかぶっていたり、頭に花飾りを付けたポケモンが登場する。 基本的に期間限定の登場となる。 画面右下のレーダーにおいて、フォルム違いごとに未入手なら黒のシルエットとなる。 多くのポケモンは進化できないが、クリスマス帽子のピカチュウなど一部進化できるポケモンも存在する。 進化させた後も帽子や飾りは付いたままとなる。 博士に送る際に「本当にこのポケモンを送ってもいいですか?」、複数なら「特別なポケモンが含まれています」と確認が入る。 も出現する。 ピカチュウにはも実装された。 こちらは風船で浮いている新規グラフィックとなっており、スペシャルアタックとしてを覚えている。 コピーポケモン ・・・にはが存在する。 詳しくは左記リンクを参照。 の「すがた」の項目で、そのポケモンの今までに見た全てのフォルムの姿を確認できる。 では、ポケモン図鑑に載るポケモンのグラフィックや、と言った基本データは最初に見たフォルムに準ずる。 以降では自由に変えられる。 ただしバージョンによって表示されるものが異なったり、フォルムによって見なくても登録される場合がある。 フォルムの姿はゲーム中のポケモンのアイコン上からも区別される。 第五世代以降では、戦闘中限定のフォルム ポジフォルムなど のアイコンも、戦闘中やに表示される形で追加された。 フォルムチェンジに関わるの内、特性・には・・・の効果は発揮されない。 はこれに加えて・が効かない。 ・・・・・・・・・・・にはさらにこれに加えて・・・・・も効かない。 別の種のポケモンがその特性を持ってもフォルムチェンジは発生しない。 までのはポケモンの種族もコピーするので、へんしんを使用したポケモンがそのフォルムの条件を満たしていれば問題なくコピーできる、条件が整っていなければコピーした直後に別のフォルムに変わってしまう。 以降は条件を満たす満たさないに関係なく、へんしんをした姿のままフォルムチェンジすることはできない• を持った、を持ったアルセウス、を持ったゲノセクト、を持った、を持った、を持ったが・を受けても持ち物は奪われない。 のダメージは増えず喪失もしない。 特性・の効果が働かない。 ・・は受けたときも使用したときも失敗する。 は使用できない。 のみは効かない。 以降では効くが、どうぐの効果が消えるだけでフォルムチェンジに影響は無い。 フォルムチェンジをすると、やなどで変更されたは元に戻る。 ・・・により変更された能力の実数値はリセットされる。 により変更されたは元に戻る。

次の