ブルー スリー 死亡。 ブルースリー 死亡遊戯ブルースリーの死亡遊戯でなんで違う人がブ...

ブルース・リー 死亡の塔 : 作品情報

ブルー スリー 死亡

このページの目次 OPEN• 1.ブルースリーが死んだ本当の死因 ブルースリーの死去に関して、 いくつもの陰謀論や噂が出回っていました。 当初は死亡当日に服用した鎮痛剤の副作用が、死因であると考えられていたんですね。 司法解剖の結果、ブルースリーの脳は1400gから1575gまで膨らみ、脳幹が圧迫されて死亡したと判明。 公式な死因は、脳浮腫(のうふしゅ)となっています。 しかしその後も様々な調査が行われ、ブルースリーが死んだ本当の原因が明らかになってきました。 彼は、 「癲癇(てんかん)」による突然死だった可能性が高いとのこと。 ブルースリーが死亡した当時、癲癇による突然死は認識されておらず、この可能性は見当されていませんでした。 現代の医療技術や様々な状況から判断するに、ブルースリーは癲癇による突然死だとする意見が主流となっています。 スポンサーリンク 2.ブルースリーの死因に関する陰謀論4つ ここから、ブルースリーの死因に関する陰謀論4つを紹介していきます! ブルースリーの突然の訃報は、世界中のファンにショックを与えました。 32歳で亡くなったこともあり、彼の死に関していくつもの陰謀論が浮上しています。 その中でも有名なものを紹介していきます。 ブルースリーは、中国人だけじゃなく様々な国の人々に、独自の中国武術を教えていました。 教える能力に長けていた事もあり、彼の武術は一気に人気になったのです。 この件に関して、中国で古くから武術を教えている歴史の長い武術家は、 よく思っていませんでした。 両者の間で対立が起き、このままでは潰れるとの危機感を持った武術家は、中国マフィアに暗殺を依頼。 こうしてブルースリーは、この世を去ったと指摘されています。 ブルースリーが活躍していた当時、香港の芸能界は裏社会の組織と深い関係にあったと言われています。 売れっ子になり金回りが良くなった芸能人に、金銭目的でマフィアが近づくといった事はよくあったのだとか。 例外なくブルースリーも狙われましたが、彼はその要求を却下。 腹を立てた香港のマフィアが、遺産を奪うために殺したと噂されています。 ブルースリーは撮影で忙しいとき、電気刺激によって筋肉の鍛錬が可能な器具を使ってトレーニングをしていました。 このトレーニング器具は、健康に悪影響を及ぼすとして 販売が停止になります。 ブルースリーは、この器具を使ったことが原因で死んだのではないかと噂されているのです。 また、この器具を開発したのは日本の企業で、資金提供をしたのは 日本のヤクザとも言われています。 つまり、日本のヤクザがブルースリーの死亡に関与しており、警察も極秘で動いていたと陰謀論で指摘されています。 生後3か月の頃から芸能界で活躍しているブルースリーは、文武両道で努力家なこともあり芸能界で成功。 世界各国でファンを獲得するなど、今後の映画界を背負う逸材として注目されました。 莫大な富を獲得した彼でしたが、親族が遺産目的で自分の命を狙っていると知人に話していたんだとか。 それから数日後、ブルースリーは突然命を落としたので、親族が暗殺を実行したのではと噂されるようになりました。 ブルースリーの死因まとめ ブルースリーは人気絶頂のときに、突然命を落としたので 様々な陰謀論が誕生しました。 当時の医療技術や彼の状態などから、公式に発表された死因は脳浮腫です。 ところがその後、癲癇による突然死だった可能性が指摘されており、今ではこちらが支持されています。 今後医療技術が発達すれば、死んだ原因について新しい見解が出るかもしれないので注目していきましょう。

次の

ブルースリーの死因とブランドンリーも巻き込んだ謎や呪いの噂話

ブルー スリー 死亡

ブルース・リーの死因に関して、今までさまざまなことが語られてきた。 ブルース・リーが32歳の若さで亡くなってから44年目の今年、死因が明らかになった。 ブルース・リーが亡くなった当時の報道によると、ベティ・ティンペイの香港の自宅で、『死亡遊戯』のシナリオについて討論している最中に頭痛を訴え、鎮痛剤を飲んでベッドに横になったが、そのまま昏睡状態に陥った。 その後クィーン・エリザベス病院へ搬送され、死亡が確認されたという。 中国メディア・捜狐の報道によると、ブルース・リーが急死した死因に不審な点があるとずっと思われていた。 当時、世論の強い後押しを受け、香港当局は死因究明の裁判を開き、ブルース・リーの死因について専門的な調査を行った。 厳密で公正な調査を確保するため、裁判所は計10人の証人を呼び、証拠を揃えた。 その10人はブルース・リーの兄の李忠キョ、『死亡遊戯』の製作者レイモンド・チョウ、女優ティンペイ、最初にブルース・リーを診断した医師の朱博懐、救急救命士の彭德生、搬送された病院の救急病室の医師の曾廣照、病院の救急治療担当医師の鄭寶志、法医学者の葉志鵬、刑事の劉樹、そして警備員の柏文利だった。 李忠キョとレイモンド・チョウの供述はブルース・リーの自殺の可能性を排除した。 事件のもう一つの主要な人物はブルース・リーの恋人のティンペイだった。 チョウは午後2時、『死亡遊戯』のシナリオについて討論するため、ブルース・リーの家を訪ねた。 午後4時頃、2人は一緒にティンペイの自宅を訪ねている。 ティンペイに会った目的は、『死亡遊戯』の中での彼女の役割の確認、そして夜は一緒に金田中中国料理店でオーストラリアの俳優ジョージ・レーゼンビーと会い、レーゼンビーの映画の中での役割の相談をするはずだった。 3人はティンペイの家で2時間ほど討論し、夕方の7時前後、ブルース・リーは具合が悪くなり、頭痛がするというので、ティンペイはブルース・リーに自分の個人医が処方した鎮痛剤を渡した。 ブルース・リーはチョウに先にホテルに行くようにと伝え、薬を飲んで部屋で休んでいた。 夜8時、ティンペイはブルース・リーがぐっすり寝ているのを見て起こさなかった。 夜9時になっても起きないブルース・リーが心配になり、ティンペイはチョウに電話をかけた。 チョウは9時45分頃再びティンペイの家に来て、ブルース・リーを起こしてみたが、反応しなかった。 チョウはブルース・リーの体を揺すり、顔も叩いてみたが、やはり起きなかった。 チョウはすぐに個人医の朱博懐を呼んだ。 10時過ぎ、朱博懐はブルース・リーを診察し、すでに昏迷状態に陥って、まったく意識はなく、しかも呼吸、心拍も停止していることが分かった。 ブルース・リーは10時前後にはすでに死亡していた。 朱博懐の指摘によると、ティンペイがブルース・リーに渡した鎮痛剤は通常のアスピリンより薬効が強く、普通の人が1錠だけ飲めば大した問題にならないが、過敏な反応のある人には良くない作用を起こすことがある。 つまり、ブルース・リーにこのような薬物アレルギーがあった可能性がある。 救急車は夜10時37分にティンペイの家に到着。 救急救命士の彭徳生が応急手当をした時は、すでにブルース・リーの呼吸は停止し、脈拍がなく、人工呼吸と酸素吸入を行ったが何の反応もなかった。 (続く) (翻訳編集・張ミョウ) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• 東京都渋谷区代々木2-23-1• TEL:03-5309-2899 FAX:03-6332-9990• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の

ブルース・リー

ブルー スリー 死亡

1973年5月10日、ブルースリーを代表する映画「 燃えよドラゴン」のアフレコ (アフターレコーディング)を行っている際、突然倒れたのです。 ブルースリーはすぐに病院へ担ぎ込まれ、そこで激しい頭痛と発作を発症。 医師はこの症状を、 過剰量の液体が脳内に存在することで腫れや痛みを引き起こす 脳浮腫によるものと認識し、すぐに必要な治療を施しました。 入院を経てブルース・リーの体調は改善していったこともあり、5月13日には退院することとなります。 退院に当たり、ブルース・リーは普段のトレーニングを再開すると同時に、食事も普段通りに摂取を開始。 野菜と米、魚、ミルクといったオーガニックな食材が中心で、ケーキやペストリーのようなオーブンで焼いた食べ物や、精粉、精糖は完全に除かれた、厳格にコントロールされた食事内容でした。 7月20日までは、時々起こる頭痛に対して不満はあったものの、脳浮腫から劇的に回復しているようで、彼の友人達もあまり心配していませんでした。 ブルースリーが死亡した日 ブルー・スリーが死亡した日、1973年7月20日は、リーにとって非常に忙しい日だったようです。 リーは香港におり、プロデューサーのレイモンド・チョウとほとんど一日中、次の映画についてのミーティングをしていました。 その後、リーが死亡したことで未完の映画となってしまった「死亡遊戯 」で共演予定だった女優、ベティ・ティング・ペイのアパートへ、ブルース・リーとレイモンド・チョウは向かいました。 しばらくすると、レイモンド・チョウは夕食会のために二人を残してティング・ペイのアパートを後にし、それから少しするとブルース・リーは突然頭痛を訴えます。 そこで、ティング・ペイがブルースリーに エクアジェシックと呼ばれる、アスピリンやメプロバメイトを含む鎮痛薬を渡し、 その鎮痛薬を飲んだリーは午後7時30分頃、軽い居眠りをすると言って横になりました。 しかし、 数時間経っても、ブルース・リーが夕飯に姿に現さなかったため、ティング・ペイが居眠りをしているはずのリーの様子を伺いに行くと、彼が 意識を失っているのを発見したのです。 ティング・ペイはレイモンド・チョウを呼び戻し、彼を蘇生しようとしましたが失敗。 そこで、直ちに医者を呼び、医者も10分間ほど蘇生を試みましたが、ブルース・リーが意識を取り戻すことはなく、リーは救急車によって近くの病院に運ばれます。 しかし、 救急車が病院に着いた時、 ブルース・リーは既に息を引き取っていたのです。 ブルース・リーの死因と陰謀説 ブルースリーの死因に関する公式な見解は「脳浮腫」 ブルー・スリーの遺体には外傷はなく、遺体解剖の結果、その死因は 重度の脳浮腫によるものと判明。 脳浮腫によって過剰な水分が脳内に溜まったことで、リーの脳サイズは13%も増大していました。 また、レイモンド・チョウは直接的な死因として、 ブルース・リーが飲んだ鎮痛薬に対するアレルギー反応によるものだと主張し、遺体解剖の報告書もこの主張を一部支持しているように思われました。 そして、検視官も公式にブルー・スリーの死因を「 エクアジェシックによって起きた二次性の脳浮腫」と公式に発表。 また、エクアジェシックが一般的に危険な薬剤と考えられていなかったことから、ブルース・リーの死は、 偶発的な不運または災難であると結論付けました。 さらにその後、複数の後追い調査が行われましたが、いずれも検視官の報告を支持するものでした。 ブルースリーの死因に関する憶測や陰謀説 それにも関わらず、ブルースリーの死に関しては多数の 憶測や 陰謀説が生まれました。 エルヴィス・プレスリーやマリリン・モンローなどのように、薬剤の合併症によって若年で他界したハリウッドスターの死と同様に、検視官の報告は大衆を納得させるには十分な効果を持ち合わせていなかったのです。 そして、このノリスの発言は、ブルース・リーが飲んでいた他の薬についての議論をも活発化させてしまい、• ブルース・リーは体形維持のために覚せい剤を飲んでいたことが死因だ と言った、過激な憶測まで現れることとなってしまったのです。 それは、 ブルース・リーは強力な媚薬の影響で自らのコントロールを失って暴力的になったため、売春婦が自己防衛のためにリーを殺したと言うものです。 また、この主張が発展していった結果、ティング・ペイは秘密組織の下で働いており、その命令でブルー・スリーを暗殺したと主張する者も現れました。 もちろん、これは根拠の無いただの憶測であり、秘密組織がなぜブルー・スリーの死を望んだのかという点に関して全く説明出来ていません。 ブルース・リーの死をさらに不可思議にしてしまった息子の死 見ていきたように、ブルース・リーの死に関してはいくつもの憶測や陰謀説が誕生してきましたが、論理的に考えると、ブルース・リーの死因は脳浮腫であることは明白でしょう。 しかし、このブルース・リーの死を「 ブルース・リー一家の呪い」として、さらにミステリアスに仕立ててしまったのが、 彼の息子であるブランドン・リーの死です。 映画のセット上で銃に撃たれて事故死したブランドン・リー ブルー・スリー一家の呪いの伝説が明るみになったのは、リーの死から20年経った時のことです ブルース・リーには、 ブランドンと言う息子がおり、父と同じように武術家として、また俳優として活動を開始。 そして、20代にも関わらず大きな役割を手にしていくなど、ブランドンは急上昇中の若手スターでした。 この映画はブランドンにとって、キャリアをさらに高める上で重要な映画となり得るものでしたが、この映画に対する評価を聞くことは出来なかったのです。 というもの、撮影中、 銃弾が装填されていないはずの小道具の銃に実弾が装填されており、彼の腹部に銃弾が直撃して死亡してしまうという奇妙な事故が起きたから。 その結果、数々の陰謀論が巻き起こると同時に、ブルース・リーにまつわる陰謀論が息を吹き返し、「 ブルース・リー一家の呪い」という話まで誕生してしまったのです。 この映画の中でブルース・リー (ジェイソン・スコット・リーが演じた)は、生まれた時から彼に付きまとう 悪魔の幻影と闘います。 中でも特に気味の悪いシーンは、その悪魔がブルース・リーに対してリー自身の墓を見せる場面です。 そして 映画の最後に悪魔は、突然ブルースに対する興味を無くし、彼の息子であるブランドンをターゲットにしたのです。 この映画が公開される2ヶ月前に、ブランドンは亡くなっていました。 ブルースリーには幼少時代から何者かが取り憑いていたとする話も浮上 加えて、リーの幼少時代、ブルース・リーの両親は「 ブルースに何者かが取り憑いていると信じていた」という話が浮上したことで、「ブルース・リー一家の呪い」の話は完成します。 ブルース・リーは辰年の、辰の時刻にアメリカのサンフランシスコで生まれましたが、彼の両親は、ブルースのことを家ではいつも 女の子の名前で呼んでいたようで、これには理由があるとされます。 (出典:) ブルース・リーの両親はブルースが生まれる前に、息子を一人亡くしていました。 そして、両親はこれ以上男の子を失いたくないという一心で、中国のある言い伝えに従ったのです。 それは、 息子を男の子の名前で呼ばないようにすれば、男の子の魂を盗もうとする霊を混乱させて息子を守ることが出来る というものでした。 その結果、ブルースリーの両親は彼を女の子の名前で呼び続けたそうなのです。 この話が嘘か本当かは別として、この幼少期の話が浮上したことで、ブルース・リーとその家族の死にまつわる一連の呪いのエピソードのパーツが揃い、完成しました。 合わせて読みたい世界雑学記事• ブルース・リーの死に関しては公式な発表の通り、おそらく脳浮腫が原因でしょう。 また、ブランドン・リーについては、不幸な事故死だというのが正解でしょう。 しかし、生前はエネルギッシュに活動して大きな影響力を持ち、アジア人としては当時、稀に見る活躍をしていたブルース・リーの突然の死はあまりにも衝撃的で、それが最大の原因となって様々な謎やミステリーを生んだと言えます。 まさに「伝説的な最期」と言うのがふさわしい状況となっていったのです。

次の