花子くん 小説。 【地縛少年花子くん】ヤンデレ?双子から逃げるっ!!←

【地縛少年花子くん】ヤンデレ?双子から逃げるっ!!←

花子くん 小説

風邪と告白 普• 夏休みが始まって3日目。 司が風邪を引いた。 だから今日は俺が全力で看病する。 顔を赤くして苦しそうに呼吸をしている様子は、可哀想だけど、色っぽいなぁ、なんて思ってしまったり。 「司、何か欲しいものある?」 「…んん…水飲みたい…」 「わかった。 持ってくるね」 司の風邪が治るまで俺は司のために全力で看病する事にした。 でないと司の可愛い笑顔が見れないんだもん。 俺はコップ1杯の水を持って司の所へ行った。 「司〜水持って来たよ〜」 「ありがと…後で飲めそうになったら飲む…」 「今飲まなくていいの?」 「飲みたいけど…今、だるくて…体起こせないし…って、え、なんで普が飲んでんの……っんぅっ」 今飲みたいけど、って言ってたから体支えてあげて口移しで飲ませた。 色っぽい司に欲情して我慢できなかったとかじゃないから!! 決して違うから!!!!!! 「…普…」 ヤバい… 怒ってる?引いてる?嫌われてる? 「風邪うつっちゃうよ…?」 「…つ、司の風邪だったらうつっても良い…」 ネ申 か よ 司…やっぱり好き…天使…はぁ… なんて思っていて、ふと下を見下ろしたら、司が俺の腰に腕を回して、太腿に頭をのせていた。 相変わらず顔は真っ赤でエr…辛そう。 「…司?」 「うつってもいーんでしょぉ…?」 「え」 「普大好き…」 「うん、俺も大好きだよ〜」 「そうじゃなくてぇ…本気なの……」 「ゑ」 ゑ!? まさか司の口からそれが聞けるなんて夢にも見な…いや、夢では何度もあったな… だけどホラ、今司熱あるから頭おかしくなってるんだ。 「早く熱下がると良いネ」 「熱下がっても俺は普の事大好き」 「……俺も大好きだよ…司…」 俺の口からも滑り落ちるようにその言葉が出てしまった。 本当は伝えちゃ駄目なのに。 俺は精一杯司を愛するから、許して、神様。

次の

地縛少年花子くん|アニメ声優・最新情報一覧

花子くん 小説

下記クリックで好きなところに移動• 花子くんが寧々の頬にキスしている場面です。 それでは! 人気記事!• 最近テレビショッピングで見かけるようになった「アセチノディープコア」が本当に効果があるのか、実際に購入した感想... 66,933 views• 2019年12月に新しく生まれ変わった「泉の広場」!大阪の梅田地下街にある「泉の広場」への簡単な行き方を紹介し... 60,403 views• 「やばたにえん」の元ネタ、発祥についてまとめてみました! 「やばたにえん」が流行なら「了解道中膝栗毛」も流行... 57,347 views• TOKIOのメンバー山口達也さんが強制わいせつで書類送検されました。 今後の活動、特に長年取り組んできたDASH... 43,229 views• 話題の「体育座りの鶴」の折り方・折り紙の方法について調べてみました。 話題!「体育座りの鶴」のソーシャルディ... 42,047 views• 38,453 views• 石原さとみさんの新恋人として注目を集めているSHOWROOM社長の前田裕二さん。 前田さんの総資産や収入等につい... 38,220 views.

次の

【地縛少年花子くん】ヤンデレ?双子から逃げるっ!!←

花子くん 小説

「ヤシロ、ヤシロ。 」 「花子くん、今日なんか…やけに。 」 「うん?」 気付いて居るのか、居ないのか。 何時になく、近い距離。 それでもいつもの事かと余り、気には止めずに。 言い掛けた言葉も止めれば不思議そうな顔をされたものの。 何時もの放課後恒例となった掃除も終わって。 お菓子を持って来たから食べようと誘って、屋上に。 広い其処に隣同士で座って、笑って。 何気無い話をして。 もっけちゃん達を交えて花札で遊んだり、そういう一時。 「なん、で…ここ?」 屋上に着いて。 お菓子の蓋をぱかりと開けた。 その直後。 ヤシロ。 掛けられた言葉に其方を見上げて。 向けたられた笑顔に小さく首を傾げたら彼は可笑しそうに笑った。 そして手招きひとつ。 「ヤシロ、おいで。 」 手招きした指先に誘われて、促されて。 すとんと。 其処に。 彼の足の間、ちょこんと。 何処と無い緊張感。 お菓子の蓋を開けた侭、固まる私を見て花子くんが指を差す。 食べないの?その一言に我に返る。 かっと、頬に熱を覚えたけれど知らない振りをして。 俯いて顔を隠して。 ばりばりと乱雑に袋を破いて中身をひとつ。 口に咥えて。 ああ、もう。 何だって今日は。 からかいの度合が高いなあ、…変に私ばっかり意識してばかみたい。 「ヤシロ。 」 「……」 「…ヤーシロ。 」 「!」 お菓子を咥えた侭、物思いに耽っていた所為か。 気付けば花子くんとの距離は物凄く近い。 いや、そもそも花子くんを背中に感じる距離だった訳で、更に顔が近付くと、なると。 この、距離は。 一気に熱が上がる。 待って、ちょっと、まって。 この距離は、だめ。 咥えたクッキーが言葉を遮って。 混乱して、思わず片手を彼に向けて差し出して距離を取ろうとした。 不意、触れた掌は私の腕を掴んで。 あろうことか、引き寄せた。 さくり。 小さな音がして、緩く瞼を開けば。 悪戯な瞳で此方を見詰め。 私の口許の、半分程無くなったクッキー。 指先で残りに触れて私の口に押し込む。 舌舐り、した口端に残る屑を親指で拭い取って。 「ゴチソーサマ。 」 今度は口内のクッキーに言葉を塞がれて。 声にならない声を上げれば愉しげに花子くんが笑った。 もう味も分からないそれを咀嚼して何とか飲み込む。 頬が熱くて、多分顔は赤いんだろう。 花子くんはまだ、愉しそうに笑っていた。 何か言葉を、お返しをしなければと頭をぐるぐる。 回して。 そんな中に、声色まで意地悪に染めて。 もう一枚食べる?なんて笑顔で聞いてくるから。 今度こそ声にならない声を掌に込めて、いつかのように、べちんと。 唇が触れたかどうかは、二人だけが知る、ところで。

次の