ニベア と 混ぜる。 【必見】ニベアに○○混ぜるだけで、顔のシミがスッキリ…?平子理沙が愛用リピートしてる”世界特許の白い粉”が凄すぎる!

シズカゲルとニベアクリーム青缶の使い方でシミが消える?検証してみた【動画あり】

ニベア と 混ぜる

ニベアの青缶は優れた保湿クリーム まず、ニベアの青缶についておさらいです。 ニベアの青缶は、超高級クリームの「クレームドゥラメール」の比較実験で、もあり有名で人気の商品です。 感触はちょっと重たくてべたつくのがネックです。 ニベアに混ぜたらシミが消えるとされる白い粉はビタミンC 本題です。 ニベアに白い粉を混ぜるとシミが消えるとされていますが、 その粉の正体は「ビタミンCのパウダー」でした。 たしかに、普通のビタミンC(別名:アスコルビン酸)は抗酸化力が高く、シミやシワにも有効です。 (化粧品だとシミに効くとはいえませんが) しかし、 普通のビタミンCは、非常に不安定な成分であるという問題がありました。 安定なビタミンCパウダーが登場 そこで登場したのが 「ビタブリッドC」というビタミンCを安定化したパウダー。 このビタブリッドCは、ビタミンCを特殊な酸化亜鉛に挟みこむことで、安定性を保ち、水に溶かしても安定で、徐々に皮膚に溶出してくるという特徴があるとのこと。 全成分はこのようになっています。 ビタブリッドCフェイスブライトニング全成分 アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、アセチルグルコサミン、ナイアシンアミド、セリン、ベタイン、加水分解コラーゲン、アデノシン、水、アラントイン 引用:ビタブリッドC公式ホームページ これが本当ならば、顔に塗る前にニベアに混ぜて顔に塗ることで、ビタミンCが徐々に肌に染み出し、安定的に肌に届けることが可能になるのかもしれません。 しかし・・・。 ビタブリッドCに本当に効果があるのでしょうか。 ビタブリッドCの商品ページには、その効果について、論文に掲載されたという情報がありましたが、リンクが貼られているわけでもなかったので、正直、怪しんでいました。 そこで、ビタブリッドCの論文を検索し、ようやく見つけたので、紐解いてみることにしました。 ビタブリッドCの効果は?論文で検証 ビタブリッドCに一体どんな効果があるのか、論文を発見したので、ポイントをご説明します。 基本的に、普通のビタミンCパウダーと、ビタブリッドCを比較した実験が掲載されていました。 抗酸化力 出典: ビタミンCといえば抗酸化力に優れることで有名です。 ビタブリッドCにもそのような抗酸化力があるかを実験しています。 ドーパオキシダーゼ活性阻害効果、DPPHラジカル消去試験という方法で試験した結果、 ビタブリッドCは、ビタミンCと同等の抗酸化力があることがわかりました。 安定性 出典: ビタミンCは抗酸化力は高いですが、不安定であり、空気や水に含まれる酸素の影響ですぐに分解することが知られています。 普通のビタミンC(グラフのb)は、90%ほど分解• ビタブリッドC(グラフのa)は、ほとんど分解されない ビタブリッドCの方が圧倒的に安定性に優れる結果でした。 普通のビタミンCは湿気でも分解しますが、ビタブリッドCなら分解しにくい。 この点は保存安定性に優れていると言えます。 ただ、肌の上でのビタミンの安定性を考えた時、肌に乗っているのってせいぜい1日くらいで、あとは角層に浸透するか、剥がれ落ちるかです。 そのような短い期間では、安定性に差がないのではと思います。 徐放性 出典: 徐放性とは、肌に塗った時にビタミンが徐々に放出されていくスピードを表します。 ビタブリッドCは、酸化亜鉛の中にビタミンCが取り込まれているような形をしているそう。 なので、酸化亜鉛に取り込まれたままだと効果が出ないですが、水に濡らした時に、12時間かけて徐々にビタミンCが染み出してくることが確認されています。 この効果を、ビタミンC12時間パックと言ってますね。 これがそんなに優れているのかは疑問です。 皮膚への浸透性 出典: ビタミンCとビタブリッドCで、皮膚への浸透性を確認した実験です。 ビタブリッドCを水で湿らせて塗布• もしかしたら、普通のビタミンCパウダーでも同じくらいの結果になるのかもしれません。 ビタミンCパウダーやビタブリッドCの安全性は? ビタミンCパウダーやビタブリッドCの安全性はどうなのということですが、 安全性については注意した方がいいですね。 特に敏感肌の人は使わない方がいいと思います。 ビタブリッドCの安全性については詳細不明でしたが、ビタミンC(アスコルビン酸)パウダーは、ピリピリしたりするのはよく知られています。 普通の化粧品に配合されるビタミンC誘導体は数%程度ですが、パウダーを直前に混ぜるタイプだと、10〜50%ほどの濃度で肌に塗布するものと思われます。 なので、ビタブリッドCなどのビタミンCパウダーを使う際は、 事前にパッチテストなどで、ピリピリする可能性を十分確かめて使う方がいいです。 ニベアにビタミンCパウダーを混ぜたらシミが消えるのか? ビタミンCパウダーやビタブリッドCパウダーで、急にシミが消えることはないと思います。 というか、化粧品で急にシミが消えるという商品は疑った方がいいです。 肌に穏やかなものしか化粧品にならないですし、シミを消すなら、美容皮膚科でレーザー等じゃないと厳しい。 ですが、継続的に使うことで、 これからできるシミを作らせない予防効果は期待できます。 シミを予防する効果は、普通のビタミンCパウダーでも可能ですが、ビタブリッドCの方が、保存安定性が高いので、分解されるリスクが少ないのがいいところだと思います。 ビタミンCパウダーの効果的な保管方法 ビタブリッドCの値段が高いと思う方は、普通のビタミンCパウダーでも良いと思います。 DHCから発売されていたと思います。 しかし、ビタミンCは水に弱く、湿気で分解しやすいです。 なので、 保管時はシリカゲルを使って湿気を除去して保存した方が長持ちすると思います。 下の図の右側「シリカゲル」を使うと、かなり低い湿度に保たれることがわかります。 引用: ビタミンCパウダーを購入したら、このようにシリカゲルを活用して保管しましょう。 それにしても、カバのシリカゲルって可愛いですね。 まとめ• シミに効果のある噂の白い粉はビタブリッドC• ビタブリッドCは水分により分解されにくい• ビタブリッドCは安全性に注意しながら使う ビタブリッドCは、即効性はないと思いますが、これからできるシミを予防する効果はあると思います。 なお、高濃度のビタミンCはピリピリする可能性がありますので、使い始めはパッチテストをするなど、様子を見ながら使用することをオススメします。

次の

ニベア 〇〇を混ぜるだけで高級なクリームに変身

ニベア と 混ぜる

ニベアとドゥラメールクリームの比較 マドンナなどの女優やハリウッドセレブが愛用してると欧米では大人気のドゥラメールクリーム。 正式にはクレームドゥ・ラ・メール。 凄く高級そうな名前ですね。 ニベアと成分構成が激似してると話題ですが、お値段はけた違い。 ドゥ・ラメールを日本で買うと1個15ml入りが10,800円。 30ml入りで20,520円。 60ml入りで38,880円。 ニベアの青缶は169g入りで512円。 値段にはかなり違いがあるけど、成分は同じってうわさがあるけど本当? さっそく成分をくらべてみました。 ニベアの成分は高級クリームと同じ? ニベアの販売元、花王の公式サイトで成分を調べてみると 水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料 オイルがほとんどでヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCなどの美容成分は入ってません。 そして30gで20,000円もする高級クリームのドゥ・ラ・メール・クレームの成分はどんなものが入ってるかチェックしたら・・・・ 全成分はニベアクリームの2倍くらい。 同じではありませんでした。 だから似てるってウワサされるんですね。 ニベアに不足してるものを混ぜたらドラメールにもっと近づくかも。 これからいろいろと混ぜて見ようと思います。 ニベアに混ぜるものをピックアップ これから混ぜるもの、混ぜたいものをピックアップしてみました。 ・ビタミン ・粉(パウダー) ・美白化粧品 ・ソンバーユ ・リキッドファンデ ・bbクリーム 今のところ思いついたのは上記の7点。 どんどん検証していこうと思います。 スポンサーリンク.

次の

ニベアに混ぜるだけでシミが消えるは嘘?美白化粧品とニベア併用について考えてわかったこと|ひかりんママ|note

ニベア と 混ぜる

頬にできたシミにケシミンとニベア塗ってたら肌に合ってたのか2ヶ月くらいでうるツヤになってきました。 また混ぜて塗るのではなくケシミン塗ったあとにニベアを塗ってるって意見もありました。 混ぜても混ぜなくても好きな使い方ができるってことですね。 そこでケシミンだけを使ってる人の口コミが気になるので調べてみました。 楽天で総合評価を見ると4. 10点(5点満点) 悪い評価でデメリットをチェック! ケシミンクリームの悪い口コミ ・シミは消えないけどニキビケアに良かった ・少しはましになるけど消えない ・虫刺されのあとに使って良かった ・少しは透明感がでるかも。 ・夏場に使ってもべたつかない ・毛穴の変化を実感。 ・夜塗って寝ると朝しっとり。 ・周りから「肌が明るくなった」と言われます。 シミって種類がいろいろあって、いくら医薬部外品のクリームをガンガン塗ってもビクともしないものがありますよね。 飲み薬を併用しないと変化なしって種類もあるので、ケシミンを使って変化を感じないなら一度クリニックで見てもらった方がいいですね。 ケシミンは安いけど長く使ってたら無駄になりますから。 変化を実感してる人の中にはニキビや毛穴に使って実感してる、と意見があります。 いろんな悩みに使えそうですね。 スポンサーリンク ケシミンクリームの効果が気になる ケシミンは厚生労働省に効能を認められている成分が入った医薬部外品。 どんな効能が期待できるか公式ページでチェックしてみました。 メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。 肌あれ。 あれ性。 あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。 皮ふをすこやかに保つ。 肌を整える。 皮ふにうるおいを与える。 日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。 肌をひきしめる。 以上が認められている効能です。 SNSなどでは安くて効果的な使い方としてニベアに混ぜる、という人がいました。 それでも今あるシミを速攻でなくすという働きは期待できないでしょう。 ケシミンに入ってる美白成分はビタミンC誘導体。 ビタミンCにブドウ糖をくわえた加工品なんです。 肌に吸収されてから、内部に存在する酵素の働きでビタミンCになります。 でも酵素が少ない肌質だとビタミンCの働きを発揮できないことがあるんです。 酵素の力を借りなくても働いてくれるのが純粋なビタミンCです。 純粋なビタミンCを配合したスキンケアをケシミンやニベアに混ぜる方がパワーが高いことが期待できます。 ケシミンクリームの成分が気になる ケシミンはビタミンC誘導体の働きでメラニンの生成を抑えシミケアしていきます。 公式ページをみるとメラニンを抑制すると書いてありますが。 今あるシミをなくす、とは表記されていません。 どうやら、メラニンを抑制しながら新しい悩みが増えることをブロックし肌の調子を整えて、少しずつ気になる部分を外へ排出し目立ちにくくする働きがあるようです。 何が入ってるか気になったので全成分を確認してみました。 有効成分 L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル その他成分 サラシミツロウ、ステアリン酸、流動パラフィン、硬化油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、親油型モノステアリン酸グリセリル、べヘニルアルコール、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、吸着精製ラノリン、メチルポリシロキサン、パラオキシ安息香酸プロピル、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、パラオキシ安息香酸メチル、N-ステアロイル-L-グルタミン酸ナトリウム、キサンタンガム、クエン酸、水酸化カリウム、油溶性甘草エキス 2 、ホオノキ抽出液、プルーン酵素分解物、フェノキシエタノール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、精製水 値段 30g入りで1,800円。 今あるシミに働くと言われているハイドロキノンは配合されていませんね。 ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれる成分です。 でも使い方を間違うとトラブルが起こることがあります。 トラブルが起こりやすいのは高濃度で配合されてる場合。 4%以上になると顔全体には使えず、ピンポイントで塗らなければいけないという難しさがあります。 小さいものがたくさんあると一つ一つ塗っていくのは大変です。 でも2~3%配合なら顔全体に塗れます。

次の