おかわりもいいぞ。 【狂四郎2030】最も怖いセリフ「おかわりもいいぞ!」

狂四郎2030 (きょうしろうにーぜろさんぜろ)とは【ピクシブ百科事典】

おかわりもいいぞ

すでにメインPTのレベルが90になって経験値が溢れてしまっている。 瓶も枯渇してしまった。 ということでそろそろ次のキャラを加入させる。 今までアーチャーを仲間にしたことがなかったし、 ここ数日間はレクィナのことばかり考えていたので選択肢はすでに1つになっていたわけだ。 前々からかわいいと思っていたが先日の夏の祭典イベントで開眼している姿をみてからは英雄の宿屋に来るまで我慢ができそうもなかったのでルビーで加入させることにした。 開眼しなくても美少女、開眼したらすっごい美少女。 それがレクィナ。 異論は多分ないと思う。 思いたい。 やっぱりどこで切り取ってもかわいい。 (確信) 早速覚醒&超越やぞー。 いつも糸目のレクィナが闇状態だと開眼(?)してる・・・ てことは本当はいつも開眼状態?? 閉じているように見えるのは私の幻覚で他の人は常に開眼レクィナちゃんなのか!? ずるい! 覚醒完了!超越じゃああああ すっごい躍動感とあざとさが合わさって最強に見える。 (小並感) レクィナのレベリングスタート。 ライアスは一時的にお休み。 すべての経験値ブースト(すべて無料で入手、無課金万歳)を駆使した結果がこちら。 レクィナに 約183万の経験値が入った。 経験値の法則が乱れとる・・・。 これはあっという間に80までいってしまう。 早いうちに超越2にしなければまた経験値が溢れてしまう。 とか言っているうちに1日の討伐戦闘で80まで到達してしまった。 経験値集中するとこんなに上がるのね。 しゅごい。 早急に無限の石とエッセンスを調達せねば。 多少無理することになりそうだが仕方なし。 上級ダンジョンのバンドルとルビーを駆使してエッセンスを作る。 石はちょうど明日1個出来上がるのとカササギイベントの余りがあるから足りる。 カササギ万歳。 明日は超越2だ。 すべては経験値を溢れさせないため、そしてレクィナの為! (経験値はどうせすぐに溢れる宿命) レクィナ加入で挑戦の塔61Fのスライムを撃破することができた。 デバフの力は侮れんのだぞ。 (アイギス感) その次の62Fで鬼みたいな人に挽き肉にされた。 こんなんばっかり。 夏の祭典ダンジョンも後半戦に入って ようやく難易度HELLのクリアを達成できた。 ステージ3のメディアナ&レクィナはメディアナの時間切れまで持ち込んで無理やりごり押しで削り切った。 メディアナの超回復を使用されなかったのが大きかったか。 再度挑戦したときには超回復されてあっという間に全滅したのでクリアできたのはどうやらまぐれだったようだ。 一度クリアすればOKなのでもう二度と会いにいくことはない。 ステージ4のアセリカ&アークのペアは気付いたらオートで殴り倒せていた。 なんで勝てたのか理由はさっぱりだが勝てばよかろうなのだ。 イベントステージ1と2の置物と柵は無理。 英雄より無機物のほうが強いってどうなの。 あの置物と柵を仲間にしたい。 美少女擬人化希望。 姫様、またヤバイ顔してる・・・ もはや顔芸が定番のキャラになってしまったのだろうか。 流石のオークもドン引きだろう。 さーて色々貯まっていたものを消費しますかね。 なんかキャンペーンやってるみたいですし。 特別アイテム召喚キャンペーンで召喚するほどボーナスアップらしい。 無課金にはあまり関係がなさそうなイベントだが先日貰った10連チケットが2枚あるので運試しに回してみることにしよう。 うヴぉおおお これはひどい。 専用武器なんぞかすりもしなかった。 2回目も挑戦したけどショックでスクショすら取れなかった。 専用武器の欠片(50?)と無限の石は1個出てたのでまぁ良しとする。 獲得率2倍とはなんだったのだろうか。 無料チケットでもキャンペーンの報酬はもらえた。 5回からのエッセンスは25回以降ってことなのかな? それとも無料チケットは除外なんだろうか。 もうチケットがないからわからない。 祭典ボックスチケットも大分貯まったので回そう。 (錯乱状態) 42枚とかなかなか縁起のいい数字じゃない(遠い目 すべて健康のボックスに変える。 これだけあれば何かレアリティの高いものが当たるだろう(フラグ) レクィナの専用武器とか来て! ささやき - いのり - えいしょう - ねんじろ! ほげぇええええええええええ(灰化 かすりもしねぇ・・・・ 今日は日が悪かったか。 震えが止まらない。 しかしもう後戻りはできない。 こうなったらやぶれかぶれ。 ワールドボス宝箱もエンシェントまですべて開ける(それでもレジェンドは開けない) いいの来れ!!! レア エピック エンシェント う、うーん、微妙。 欠片類やルビーはおいしいけれどもそれでも頑なにチケット関係は姿を現さない。 そりゃそうだわね。 おのれぇランダム専用武器チケットもやったらああああ(やけくそ 永遠なる炎 ヒヤシンス ルナ専用武器か、レクィナじゃなかったか、惜しい(何様 まぁメンズの武器ではないしルナの加入までそのまま取っておくかな。 大量の箱を開けたから大分ストレス発散できた感じ。 (逆に溜まった?) 今回の結果は良好とはいいがたいがやはりたまには箱を開けるのが精神的によろしいな。 無課金プレイだから頻繁には開けられないけれどもね。

次の

【狂四郎2030】最も怖いセリフ「おかわりもいいぞ!」

おかわりもいいぞ

本作の特徴は、 それまでの徳弘作品とは一線を画すハードな設定にある。 掲載の場を少年誌から青年誌に移したため、これまでは可能な限り抑えていた暴力や性行為に関する描写がより直接的になされており、作品のテーマを示す上で重要なエッセンスとして昇華されている。 優生学思想を基にした超管理社会、 戦争と殺人の心理、 民主主義の矛盾と危険性、 安きに流れる人間の弱さ、 VRによる現実逃避、 「理想郷」の現実など人間の負の部分に切り込んだ骨太なストーリーが繰り広げられる。 その一方で徳弘作品特有の(下ネタ)ギャグも健在であり、暗く乾いた世界観を潤す清涼剤となっている。 ストーリー 2019年に勃発した第三次世界大戦により世界人口は半減し、とは滅亡した。 2025年の終戦を期に、は優生学思想を活動論理として掲げる「ゲノム党」による独裁政治が敷かれていた。 そして5年後の2030年。 男女隔離政策を始めとする数々の悪法により、あらゆることが国家に監視される超管理国家となった日本で、一人の屈強な男が一人の女に会うためにを目指し旅立った。 彼の名は廻狂四郎。 登場人物 本作の主人公。 第三次大戦中は激戦地をくぐり抜け、要人暗殺や破壊工作で活躍した超人的な軍人であった。 本来なら輝かしい地位にいて当然の功績を立てているのだが、M型遺伝子異常者(後述)であったために大戦後は平巡査にしかなれなかった。 ある日仮想世界で出会った女性・志乃に惚れ込み、本来なら法律で禁止されている仮想世界内での祝言を挙げる。 そして現実の志乃に会うために国家反逆罪に問われることを厭わず彼女のいる北海道を目指し旅に出た。 性格はスケベでアホでお気楽、早い話が 汚れただが、戦闘時には冷酷非情の殺人マシーンと化す。 これは幼少期に受けた戦闘訓練と大戦中の殺人経験によるモノである。 血塗られた過酷な過去と殺人マシーンの顔がいまだに顔を出すことに苦悩しているが、 それは彼自身が心を持った一人の人間である証明でもある。 バベンスキー 狂四郎の相棒である天才犬。 実は 人間の頭脳を移植された犬であり、人の言葉を理解し喋れる。 メカに強い一方で遺伝子工学の知識には疎い。 ギャグパートではツッコミを担当。 育ての親である八角博士の影響もあってのことだが、その八角博士のクローン頭脳であったため、度々自身のクローンを利用して生きながらえてきた博士に脳を奪われかけるも博士は脳内出血に倒れ帰らぬ人となった。 旅の途中で八角博士の生家にたどり着いた時、バベンスキーはそこにあった石碑に愕然とする。 そこに刻まれた真実とは、博士は大半の国民を、もちろん狂四郎をも苦しめてきたゲノム法のきっかけとなった M型遺伝子の発見者であり提唱者であったことだった。 飛鳥 仮想世界で狂四郎に興味を持って以降、彼に様々な助言をする仮想世界の町人。 実は主要人物の中では唯一現実の人間ではなく、その正体は 北海道にある仮想世界を司る政府の大型スーパーコンピューターである。 一応、政府側ではあるが狂四郎の頼もしい味方と言える。 ギャグパートではボケ役。 小松ユリカ/志乃 本作のヒロイン。 北海道にある政府の電算施設に勤務する女性。 仮想世界ではの街に暮らす武家の娘「志乃」をとする。 仮想世界で出会った狂四郎と恋仲になり、やがて仮想世界内で祝言を挙げるが、これが互いに現実の世界で逢いたい気持ちに繋がってゆく。 非常に悩ましいナイスバディ(バスト93cm)の持ち主で、そのためか彼女を愛人にしようとしたがる政府関係者も多い。 一方で、過去には性的暴行のはけ口にされたことがあり、彼女にとっては狂四郎にも知られたくない重度のトラウマとなっている。 コンピュータ関連では優秀な人材ではあるが、彼女もまたM型遺伝子異常者であるため、政府内での地位は低い。 M型遺伝子異常者 「犯罪者になりうる因子を持つ者」に与えられる烙印。 狂四郎のように幼き時から隔離され、日本を統治するゲノム党に管理されている者が多い。 実は「凶悪犯罪者になりうる」と言われてきたM型遺伝子異常者と、それを利用したゲノム法には巧妙に隠された陰謀があった。 そもそもこのM型遺伝子異常とは 「欠陥がある・劣っている」という意味での異常ではなく 「異常なまでに優れた才能を持った人間になりうる可能性を秘める」ことを示すものであった。 (「なりやすい」というのはあくまでも可能性であって、実際に開花しない人間も当然いる。 の項目も参照)。 そして劇中でゲノム党が敷いている男女隔離政策は非M型遺伝子異常者をゆるやかに絶滅させていく恐るべきもので、さらにM型遺伝子異常者の管理は政府に対する反乱を防ぐ一方、その超人的な能力を手駒として利用するためのものであった。 関連イラスト.

次の

おかわりもいいぞ!とは (オイヤメロとは) [単語記事]

おかわりもいいぞ

おかわりもいいぞ!とは、普段な食事を食べられないに対してをたくさん食べさせようとするの気遣いである。 えっ、今日は全員概要読んでいいのか! はの『狂四郎0』。 と化した近のをにしたである。 この「おかわりもいいぞ!」のが出たはの狂四郎がの兵育成のための施設時代をしている場面である。 この施設では訓練でたちを競わせ、優秀な者にはいい食事を与え、成績の悪いものにはごくわずかな食事しか与えないというまがいのをしていた。 狂四郎は成績であったため常に優遇されてはいたものの、親友の一人田は成績が悪く常にを抱え、狂四郎たちからコッソリ食事を分けてもらってようやく生きている状態であった。 しかし、この日は成績に関係なく達にが振る舞われた。 いつもは達を厳しく叱りつける教官たちも普段とは打って変わってたちにを勧め、その際に出たのがこの「 おかわりもいいぞ!」というである。 田は普段の扱いからおそるおそるの皿を配担当の教官に差し出すものの、「遠慮するな 今までの分食え…」 とほんとにをもらえてしまう。 田は「うめ」「うめ」「うめ」と久方ぶりのまともな食事をいくまで堪するのであった。 これには親友の狂四郎もおもわずとし、過酷な訓練の日々の中でのくになる……はずだった。 ただ今よりを開始する!! 達がを食べ終わった直後、教官たちはおもむろにを装着する。 「ただ今より毒ガス訓練を開始する!!」 教官の命と同時に、通孔からされる嘔吐。 たちまちには充満し、達は食べたばかりのを吐き出し、のとなる。 成績に関係なくをいっぱい食べさせたのはこの訓練のためだったのだ。 「心配するな計算上死ぬ事はない!! 」「ただし…いやしくいっぱい食ったほど苦痛は続く!! 」 そして訓練が終わったとき、田は吐瀉物にまみれ、息絶えていた。 吐瀉物が気管に入って窒息したのか、あるいはわずかな食事しか与えられていなかったために体がなくなっていて苦痛に耐えられなかったのかは不明だが、このことは狂四郎にとって心の傷となって残り、そしてにとってもとなったのである。 ああ、関連動画も読め 遠慮するな。 今までの分、関連静画も読め ただ今より関連商品購入訓練を開始する!! いやしく腹いっぱい関連項目をクリックしたものほど苦痛は続く!•

次の