探偵 カメラ。 探偵グッズが凄い!調査で使うあらゆるグッズ紹介とセルフ調査の注意点

探偵のグッズを紹介!これが調査で使う秘密の道具! │ おたすけ探偵.com

探偵 カメラ

調査機材について 探偵の調査機材について 私の知り合いには、70歳を越えてもまだ現役で活躍している探偵がいます。 本業は別の仕事をされているのですが(そちらも未だに現役)、絶対に探偵には見えない風貌も手伝って、 うちの臨時調査員として非常に有能な働きをしてくれます。 もともと探偵という仕事が好きで、40年前にも、知り合いの探偵社で調査を手伝っていたことがありました。 その時に使用していたカメラが、上着のボタンの中にレンズを埋め込んだ特殊なカメラです。 このどこから見てもカメラに見えないカメラはナチスのヒトラーが世界に3台だけ作らせたうちの一台で、 戦後の引き上げ時に満州から持ち帰ったものだそうです。 今とは違い、ピンホールレンズやCCDもなかった時代、そのカメラをコートのボタンに隠し、ホテルを出入りする対象者を堂々と撮影できたといいます。 現在では、多くの種類の調査機材が広く流通しているため、調査機器に事欠くようなことはなくなりました。 通常なら絶対に調査することが不可能に思える状況でも、一台の調査機材で解決することもあります。 ある意味、これらの調査機材があれば誰でも探偵になれるのではないか? と錯覚する人もいますが、実際の現場ではそうはいかないのが実情です。 これだけ機材が進歩したとしても、 機材に頼らなくても十分に結果が出すことができる職人としての技量、 臨機応変にあらゆる状況に対処できる能力が一番重要 だと思います、 そうした探偵としての基本が身についてはじめて、最新の機材も有効に活用できるのではないでしょうか。 * 注 使用頻度は当探偵事務所においての使用頻度です。 いわゆるデジカメですが、当社ではコンパクトなデジカメを偽装してスパイカメラ仕様にしてありますので、 使用頻度はかなり高いです。 現在のデジカメは民生品でも1000万画素以上、ISO感度6400以上の物が出回っており、 「画質や感度でアナログに劣る」という評価は過去のものになりつつあります。 また、フィルム交換を気にすることもなく、撮影した対象者をその場で確認できるので調査現場では助かります。 現場で使うデジカメを選ぶ時のポイントとしては、電源を入れてから撮影可能になるまでの起動時間、 CCDの感度の良さ(CCD素子のサイズやフィルターにも左右されます)、 ある程度の連写ができることも重要な要素です。 その上で偽装しやすい物であれば、なお良いですね。 偽装する場合であれば、ズーム機能は捨てても良いように思えます。 また、CCD素子は赤外線に反応しますので、デジカメのレンズやCCD前部にある赤外線カットフィルターを取り除いて ストロボ等にIRフィルターを貼り付ければ、わりと簡単に赤外線カメラにもなります。 通常のカメラと違って赤外線フィルムが必要ないので、 調査のときに赤外線仕様デジカメが一台あれば何かと便利です。 一眼レフカメラは現在もアナログ式を使うことがありますが、やはりデジタルに移行してきています。 一眼レフは大型で重く、明らかにカメラだと分かる外見が弱点ですが、 なんと言ってもレンズが必要に応じて自由に交換できるという大きな利点があります。 持ち歩いて使うというより、車内からの超望遠撮影等に本領を発揮します。 ひと昔前まではアナログカメラでしたが、現在は、DVテープ、HDDやDVDを内蔵したレコーダーが主に使われています。 デジタルは元々の画質がきれいなのに加え、データが(原則として)劣化しないのが最大のメリットです。 また、様々な外部インターフェースを備えている製品も多いため、オプションをうまく組み合わせれば 探偵ならではのアクロバティックな撮影方法も実現可能です。 さらに、他のカメラ(ピンホールCCDや暗視レンズ等)で撮影する場合、 外部入力を使えばレコーダーとしても活用できます。 非常にコンパクトなのが売りで、サイズも100円ライターと同じくらいの大きさです。 スパイカメラではドイツのMINOXが有名ですが、以前これのOEMが富士フィルムから出ていました (MINOX-MXのOEMかと思います)。 その名も「MC-007」で、 当探偵社も、所有しておりますが、 実際の調査での使用頻度はあまり高くありません。 フィルムが特殊なので現像に時間がかかるのと、 現在はデジカメやコンパクトカメラを偽装した方が使いやすいというのが主な理由ですが……。 とはいえ、実際にこれで撮影した写真を見てみると、暗い所でも結構鮮明に撮れていますし、 手ブレも思ったほど気になりません。 粒状感はありますが実用上問題ないレベルで撮れています。 フィルムサイズから考えると凄いと思います。 もちろん市販のカメラにもズーム機能や(擬似的な)暗視撮影モードを持っている物はありますが、 シビアな調査現場で使えるかどうかと言えば力不足な印象は否めません。 しかし、一部の探偵社ではこういった市販品の標準機能を指して「望遠カメラ・暗視カメラ」 と呼んでいるケースもあるため、依頼する際にはきちんとした専用機材を持っているかの確認をしましょう。 一眼レフカメラやビデオカメラ等を固定しておく機材といってしまえばそれまでですが、主に車の中で使用する物、 建物の影で使用する物、ひっそりと地面に置いて使用する物と厳密にはいろいろな用途別に分かれています。 たとえば車の中や建物の影で固定して使用する場合は、重くてがっしりした作りの方が安定して良好な映像が得られます。 逆に、徒歩尾行がメインになる調査の場合は、そんなに重くて目立つ三脚を持っていく訳にはいきませんので、 手のひらに収まる小型の三脚をチョイスします。 カタログスペックや値段だけを見て買うと、 三脚によっては重量のあるカメラをうまく固定できなかったり、カメラの微妙な角度調整にイライラさせたりたりするので、 少しばかり高くても、ある程度使い勝手の良い物を吟味して選びます。 固定したカメラをリモコン操作できる機能が付いた三脚等もあったり、なかなか意外と奥が深い機材です。 よく盗聴発見のドキュメンタリー番組等でアンテナが付いたトランシーバーのような(ハンディ型) 機材を見かけると思いますが、それも広帯域受信機の1つです。 探偵社によってはこういったハンディ型の受信機だけで調査を済ませてしまうところもありますが、 それだけではあまりに見逃してしまう盗聴器が多いため、当社では必ず据え置きタイプの広帯域受信機と、 後述するスペクトラムアナライザーも併用して漏れのない調査を実践しています。 機材の詳細については、専用ページがありますのでも参照ください。 この機材の詳細を説明するのは大変ですが、要するに「目に見えない波形を視覚化」するためのツールと言えます。 随分と昔であれば広帯域受信機だけでも調査は可能だったのですが、現在はデジタル式の盗聴器・盗撮カメラ等、 より複雑な機器が一般にも出回っており、これらは従来の受信機だけでは検知が不可能になっています。 スペクトラムアナライザーを使えば、広帯域受信機だけで調査するよりも検知できる幅が圧倒的に広がりますが、 高額な導入コストと扱いの難しさが業者にとってネックになっています。 すべての業者がこういった機材を揃えられるのは、まだまだ当分先のことになるかもしれません。 探偵業加盟協会• 内閣総理大臣認可 一般社団法人 日本調査業協会 調査協会正会員• 大阪府調査業協会会員• 探偵業届け出番号• 大阪府公安委員会 第62095882号• 東京都公安委員会 第30110008号• 調査、対象地区• 大阪、東京、愛知、福岡、北海道を含む、全国各地。 また、海外についても、対応可能な国が多数ありますので、詳細は、お問い合わせ下さい。 探偵調査項目 一覧• 当社では、下記の調査を取扱っております。 浮気調査、素行調査、人探し調査、個人信用調査、企業信用調査、探偵学校、盗聴発見、裁判証拠の蒐集。 Akai探偵事務所では、上記以外にも、各種調査に対応しておりますので、詳細は、お問い合わせ下さい。

次の

隠しカメラ・スパイグッズ専門!007グッズ.com

探偵 カメラ

今回は探偵たちが使っている道具についてご紹介します。 一眼レフカメラ 古くから探偵が使い続けているのが、この一眼レフカメラ。 このカメラが使い続けられているのには、「絵の鮮明さ」が、他の基材に比べてもダントツに高いからです。 調査の証拠は当然裁判資料ともなるのですが、この時に画質が粗かったりすると「本人ではない!」なんて言い逃れをされる事もあるので、証拠における画質の良さはかなり重要なのです。 また、基材としての汎用性の高さも、探偵に一眼レフが愛される要因の一つ。 専用の望遠レンズを取り付ければ、遠く離れた相手も撮影できますし、暗視用のマウントアダプターを取り付ければ、すぐに暗視カメラに早変わりします。 しかしながら、基材としては少し大きく目立ってしまいますので、このカメラが使われるのは車両の中や、建物中がメインとなります。 コンパクトデジタルカメラ コンデジ これもその汎用性の高さから、探偵には最も重宝されている道具です。 コンデジは小型でかさばらず、すっぽりと手におさまるぐらいのサイズが基本となるので、徒歩尾行で使えるほか、建物などの写真を撮影するさいや、周辺の状況、調査の手掛かりとなる物証の撮影など、ありとあらゆる場面で使用する事が出来ます。 また、近年では動画も撮影できる事から、探偵にとってかなり強力な味方となってくれています。 暗視装置 暗視装置には2種類あり、どちらも夜間の活動が多い探偵にとっては必需品ともいえる道具です。 ・赤外線暗視装置 これは赤外線を照射しながら撮影するもので、一般的なビデオカメラにもこの装置がつけられており、画質は色調が無いだけで、普通のビデオと変わりません。 ただ、この暗視装置は照射する赤外線が届く場所しか写せない他、赤外線の光なども相手から見える事があり、使いどころの難しい機材です。 ・ナイトビジョン こちらは微弱な光を増幅させ、電子変換し映像化する装置。 星の明かりさえあれば、日中なみの明るさで周囲が見れるため、別名「スターライトスコープ」とも呼ばれています。 ただ、画質の良いものが少なく、良いものカメラなどに取り付けられるものは大変高価な機材となるため、探偵社によってはナイトビジョンを所有していない所もあります。 ビデオカメラ ビデオカメラは現在、探偵社の主力武器として活躍しています。 一眼レフやコンデジと比べると、 ・動画なので、チャンスを逃す事が少ない。 ・ナイトショットが使用でき、機材の数を減らせる。 ・小型のものが多く、持ち運びがしやすい。 ・徒歩でも車両でも、どのような尾行でも使える。 といった利点が挙げられます。 ただ、やはりデメリットもあり、 ・全体的に画質が悪い。 ・夜間は特に画質が落ちやすい。 ・バッテリーがあまり持たない。 ・ピントが一眼レフに比べて遅い。 ・起動時間があるので、レスポンスが悪い。 などがあります。 また、近年ではコンデジでもビデオ並みの撮影が出来る機材が増えてきているので、小型、軽量であり、用途も幅広いコンデジへの期待が高まっています。 スパイカメラ 小型カメラや、様々な物に偽装したカメラは、探偵の看板道具でもあります。 バッグなどに仕掛ける小型の隠しカメラや、メガネ型やボタン型、ライター型など、ありとあらゆるものに偽装したカメラが存在します。 車両カメラ 最近では画質が向上しており、トリミングも利きやすいので車両尾行などで使われる事が多くなってきました。 今後、画質の向上やズーム性能などがあがれば、車両尾行でのより強い味方となるでしょう。 まとめ これらが主に探偵が使う撮影系の道具となります。 他にも探偵が使う道具は沢山あり、「七つ道具」だけではおさまらない程の道具を普段から使いこなしています。 探偵は腕や知識はもちろんの事、こうした機材を使いこなせるのも必要なので、日々新たな調査機材が生まれ続けています。 今すぐ相談したい方はこちら• 年中無休・24時間対応の無料電話相談! 浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。 相談料 対応エリア 休業日 無料 全国 年中無休・24時間 探偵事務所を簡単比較! 42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査 たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気 復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス リアルタイムに調査状況を報告してくれる安心の探偵社.

次の

探偵愛用!日用品 隠しカメラ

探偵 カメラ

このままだと単なるおもしろグッズです。 実際の調査では、屋外で使うことが多く、室内で使うことはあまりありませんし、このカメラを屋外で使うにはあまりに目立ちます。 ケースに入れるだけである程度汎用的になり、大きさは少し増しますが目立ちにくくなるため成功率は、そのまま使うより格段にアップいたします、というよりそのままでは使えません。 つまりスパイカメラもどきがケースに入れるだけでプロ仕様に、使えるスパイカメラになります。 何と言っても価格が安く使い捨て出来ると言っても過言ではないと思います。 ケースに入れて使用するということが一般の方にはピンとこないと思いますが、優秀だと言われる探偵社では『目立たない』ということをよく研究しております、色や形 新しい 古い などなどです、このケースは極めてプロ仕様に近いと言えます。 通常プロが使う調査機材は、使う場所や明るさ、調査目的などによって、カモフラージュのやり方も随分と変わります。 したがって製作はワンオフです、探偵用調査機材の価格は高いものとなり、しかもその調査専用であり汎用性はありません。 このカメラとケースのセットは、使える探偵用の調査機材としては汎用性があり、最も価格が安いと思います。 【なぜ、探偵はカメラを仕掛けるのか?】 探偵は調査の過程で、証拠を撮るため、報告書の証拠能力を高めるためにカメラを仕掛けます。 カメラを仕掛けることでしか撮れない証拠も多いのです。 ホントのことを言うと、その発想すらない探偵社は少なくありません。 報告書のクオリティーは大違いです、そんな探偵社には絶対に依頼してはいけません。 そもそも、なぜ探偵社に依頼するのか考えてみましょう。 ある弁護士さんとのお話です、「がっぷりと四つに組んだ裁判は好きだけど、親しい友人が相談に来たときは、あなたのところに(あいざわ調査室)依頼するよう勧めてるよ、裁判は依頼者の人生にとって時間とお金の無駄です、ぐうの音も出ない証拠をたたきつけて、さっさと示談で終わらせたい。 」そう、私たち探偵に要求されるもの、ご依頼者が期待するのは、ぐうの音も出ない証拠です。 ハンディーカメラのみで後ろから追いかけるように撮った映像のみと、ある程度対象者の行動の習慣性をつかみ、カメラを仕掛けて撮った証拠では、随分と違った報告書になります。 カメラを仕掛ける二次効果として、調査員の張込みが少々楽になることも事実です。 さて、これからご自分で浮気調査をしたい方、焦らずゆっくり確実にすすめてくださいね。 成功か失敗かで大きく人生が左右されます。 <商品説明> 浮気調査や素行調査の証拠撮影および、張込み時に現場を出入りする調査対象者の撮影などに使用するカモフラージュケース付きの高画質な超小型ビデオカメラです。 屋外で使いやすくするため、黒とグレーの2つのカモフラージュケースとセットにしました。 当社の浮気調査や素行調査などで実際に使用しており、隠しやすく、数秒で簡単設置します。 ケース内部にスイッチガードがあり、ケースに入れてからの誤作動を防止します。 カメラをケースに入れたら、小さい穴の部分を被写体に向けて撮影します。 カメラをケースに収納して、スライド式のフタを閉じます。 小さなレンズ穴を被写体に向けて設置します。 (フル充電で約50分ほど撮影できます。 ) 録画保存用microSDHCカード 2GB~32GB を入れて、ボタン1つですぐ撮影できます。 黒のケースは耐熱性がありますので、日光が当たる場所で使用しても変型しにくくなっています。 (長時間の強い日光だったり、高温にさらされると変型することがありますので、撮影が終了したら、できるだけ早く回収するようにして下さい。 使用での変型は補償いたしませんのでご了承ください。 ) グレーのケースは耐熱ではありませんので、50度以上になると、ケースが変型する可能性がありますので、日光が当たるなど 熱くなりやすい設置場所は避けてケースを設置して下さい。 あらかじめご了承下さい。 あらかじめご了承下さい。 ご注文確定後、コンビニ払込票が郵送で届きます。 払込票に記載のお支払期限までに、お近くのコンビニエンスストアで代金をお支払いください。 入金確認後、商品を発送いたします。 セブン-イレブン/ローソン/ファミリーマート/サークルK/ポプラ/サンクス/デイリーヤマザキ/ミニストップ/スリーエフ/エーエム・ピーエム/セーブオン/セイコーマート/コミュニティ・ストア 、でのコンビニ決済がご利用いただけます。 発送時期について 【代金引換・クレジットカード払い】 ご注文確定後、7営業日以内に発送いたします。 【銀行振込・郵便振込・コンビニ決済】 ご入金確認後、7営業日以内に発送いたします。 その場合は、当店より別途ご連絡いたします。 返品・交換について 商品到着後、不良品や誤品であったり、商品に破損や欠品が見つかった場合、商品到着から一週間以内にお電話・メールにて必ずご連絡ください。 返品・交換に対応させていただきます。 (不良品、欠品、誤品配送の場合、送料は当社負担となります。 ) 在庫切れ商品 について 完売商品をご希望の場合は調べますので、下記連絡先にご連絡下さい。 お問い合わせ先 商品に関するご質問・在庫確認などのお問い合わせ 電話番号:0952-28-3932 FAX:0952-29-9989 メール: 受付時間:10:00~17:00 (土日・祝祭日は除く) メールは年中無休・24時間で受付しております。 店舗情報 ショップ名:あいざわ調査室ネットショップ 監理責任者:香月省二 所在地:〒856-0811 佐賀県佐賀市大財3丁目5-16益本ビル1F TEL:0952-29-9988 FAX:0952-9989 E-mail:info tyosa. com.

次の