ファンキル アイムール。 #ファンキル #蜻蛉切 『このまま廃校になりそうな学園を立て直すために蜻蛉切やガジャルグがスクールアイド

【ファンキル】アイムールの評価とおすすめ姫型|ゲームエイト

ファンキル アイムール

復帰後で一番謎だったクラスチェンジ。 情報の確認と実践してみる。 クラスチェンジとは クラスチェンジディスクとかを使って新しいスキルを覚えたりするクラスに転職する機能。 クラスはvertex1 CC1 , vertex2 CC2 , vertex3 CC3 までの三段階ある。 vertexは最高点という感じの意味の英単語。 クラスチェンジをすると星が虹色になる。 クラスチェンジディスクは時限やイベントでゲットできる。 すべてのキャラがCC3まで解放されているわけではない。 CC3になるにはCC1, CC2のスキルを最大 Lv5 まで上げる必要がある。 そのためには淘汰値が5必要。 スキルを最大まで上げるとマスターボーナスという恒常的な性能アップがもらえる。 CC3では武器制限がつき、装備できる武器に制限が付く。 アバリス・D. plug・パズズの武器制限はクロスボウ。 武器選択時にベースの武器から選べるものが減ってる。 通常時 CC3時 CC3のスキルを上げるには淘汰値11以上必要。 最大レベルにするには15必要。 ガチャで頑張って凸るか、無垢なる継承やってキラーズイノセントを取る。 コラボキャラは気合をいれて期間中になんとかするしかないのかな。 自分は最近のまどマギコラボを逃したのでまどかとかのスキルがあげられず詰んだ模様。。 制服ティルも正月に頑張ったけど淘汰値14分しか素材集められんかった。。。 無垢なる継承は1クエAP100なので計画的に回す必要がある。 淘汰値が大事重要とわかって周り始めたら一瞬でAPが足りなくなる。。。 自分は最近のまどマギコラボを逃したのでまどかとかのスキルがあげられず詰んだ模様。 実践 アバリス・D. plug・パズズさんで実践! クラスチェンジしてスキルアップをしていく。 手持ちがチケットとかでは足りなくなったのでキー使って収集。 とりあえずCC3にクラスチェンジはできた! HPのバーがぶっちぎってるのが素敵。 が、淘汰値たりなくてCC3のスキルは上げられず。 無垢なる継承を頑張ろう。。。

次の

「ファントム オブ キル」プロデューサーレター #43 (2020年1月)

ファンキル アイムール

オーバークロック 自身のHPを最大HPの50%分消費し、周囲3マス以内の味方ユニット1体を自分の隣に移動させる。 In order place an order for repair work dwellings in Diamond District, leave a request on site or by phone. To create hospitality interior decoration expertly as well as properly, it is vital to utilize effective and also extremely audio products that comply with all standards and technological criteria. However the primary distinction is not also in the components, but in how and just how correctly they are actually made use of. And also this is actually the work of the experts. Expert capabilities areactually an extremely essential situation. Likewise in our firm, you can purchase personalized bathroom vanities, retail interior design on the most effective problems. With us, interior basements, in addition to Premium renovation Bay Terrace, will end up being straightforward, high quality and also quickly. Our representative will call you back, for clarification few details and assign Times of Day arrival to you professionals and designer. On Internetsite our store customer waiting large choice at price. Catalog contains purchase prices, modern bedroom ideas data about alternatives fittings potential options modify modules. Absolutely any item office and home furniture produced directly from manufacturer. Lowering quotations on dresser obtained due to the absence of production retail space, for use which relied make payment and minimum staff employees. No such costs enable to establish affordable to every buyer prices for all categories acquisitions. Come in outstanding store in Jefferson Park production for office and home use and cafe! presents over 12000 appointment furniture and goods for a country house and apartments or restaurant. Natural rattan , are used for the purposes of production our branded products , possesses strength and wear resistance, wonderful external data. All furniture processed special compounds, due to which their surface does not absorb water, stable to extremes ambient temperature air and exposure of the sun. Vya our furniture excellent retains its functions even in restaurant in open spaces. In our store in Fairfax you can buy everything for any your home not expensive. We invite client come to store , holding in Westwood what cares about its shopper. このサイトはアプリゲーム ファントムオブキル、誰ガ為のアルケミストのファンサイトです。 サイトを通じてゲームを盛り上げられればと思っております! 政治的な話はNGで!キャラ愛はここでです! 当サイトの内容、テキスト、画像、動画等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。 悪質な場合は法的措置を講じます。 、 は が提供するモバイル端末及び、Windows環境向けアプリです。 当サイトは個人ファンサイトであり、提供企業様とは一切関係ありません。 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー•

次の

【ファンキル】ゆんゆんの評価とステータス/ファントムオブキル

ファンキル アイムール

『このまま廃校になりそうな学園を立て直すために蜻蛉切やガジャルグがスクールアイドル始める話』 蜻蛉切「ええ!? 廃校!?」 アダマス「ええ、廃校」 蜻蛉切「なんでよ先生!」 アダマス「生徒数があまりにも少ないからよ。 今年の入試で入学希望者が一定数に満たない場合問答無用で廃校になるわ」 蜻蛉切「そんな、私この学園がこんなに好きなのに……」 アダマス「ちなみにどこが好きなの?」 蜻蛉切「……………………………………………………………………………」 アダマス「まあ、デュリン理事長の気まぐれで作られた学園だからねぇ。 生徒数はいわずもがな歴史も学力も今一つぱっとしないわよね」 蜻蛉切「それは……そうですけど……」 アダマス「気持ちはわかるわよ。 でももうほぼ確定なの。 せめてもの慰めじゃないけど編入先を選べるチケットがもらえるそうよ」 蜻蛉切「チケット?」 アダマス「選べるキャンペーンチケット。 牙克城学院、ラグナロク女学院、聖ユグドラシル姫学院。 好きな編入先を選べるわよ」 蜻蛉切「……」 アダマス「私はどうしようかしら。 七色の輝きをもって降臨したわ」 蜻蛉切「ああ、帰宅部のガ・ジャルグ」 ジャルグ「帰宅部って言うのやめてくれない!? それを言うならあなただって工芸部じゃない! 陰キャ!」 蜻蛉切「な、この私を陰キャですって!? 無知なあなたが知らないだけで私の彫刻は展覧会にだって出品されるくらいなのよ! 遊び歩いてるあなたとは違って私は日々精進してるのわ!」 ジャルグ「なんですってぇ!?」 (数分後) 蜻蛉切「それで、学園を救う方法って?」 ジャルグ「スクールアイドルよ!」 蜻蛉切「スクールアイドル?」 ジャルグ「サークル活動的な感じで学生がアイドルするのよ」 蜻蛉切「ああ、なるほど。 姫チューブとかSNSを通してファンを獲得していくアイドル活動というわけね」 ジャルグ「理解が早くて助かるわ」 蜻蛉切「事務所とか会社を通さなければアイドル自身への利益率も高いわね。 儲けられそうだわ」 ジャルグ「唐突に生々しいわね」 蜻蛉切「なるほど。 アイドル活動で人気が上がればこの学園に入学する生徒も増えて廃校もなくなるってわけ」 ジャルグ「その通り! 私の至高の輝きで学園を救うのよ」(キラキラッ) 蜻蛉切「面白いわ! 乗った! 私、リーダーとして頑張るわ!」 ジャルグ「は?」 蜻蛉切「え?」 ジャルグ「何の冗談? この私がリーダーよ」 蜻蛉切「いやいや、だって私のが可愛いでしょう?」 ジャルグ「可哀そうに私の七色の輝きで眼が潰れてしまったのね」 蜻蛉切「何言ってるのかしら。 だってそなたと違って私には親衛隊がいるのよ。 それだけで私の人気が伺えようものじゃない? さ、蜻蛉切親衛隊カモンッ」 ボーちゃん「ぶーん」(スーッと飛んで帰っていく) ジャルグ「何かしら今の羽虫は。 それならこっちも切り札を出すわ。 五人から三人のグループになって活動をするの。 最低でも一人は増やすわよ。 できれば自己主張の少なくて私の輝きに見合う子」 蜻蛉切「廃校の危機を救うとなればメンバーはそれなりに集まりそうね。 じゃあポスターを作りましょう」 (ポスターを張りだして数日) 蜻蛉切「じゃあ集まった人たちを面接でふるいにかけるわよ。 タフで可憐なメンバーを揃えるためにね」 ジャルグ「エントリーナンバー一番。 モラルタ・ベガルタ。 どうぞ」 蜻蛉切「なんで二人セットなのかしら……」 モラルタ「私が、俺が、あたいが、僕が、演劇部のモラルタだよ」 ベガルタ「私が、俺が、あたいが、僕が、演劇部のベガルタだよ」 ジャルグ「なるほど。 双子ね。 強烈な個性だわ。 演劇部ならダンスも発声も期待できそう。 面接終了) ジャルグ「情緒不安定だけど何でもできる優秀な子たちだったわ」 蜻蛉切「特にサビで合体して二人の声を物理的に揃えるのとか演出が神がかってたわ……あれ元に戻れるのかしら」 ジャルグ「それにしてもあの双子片手だけ不揃いに大きかったわね。 何かしら? あれではマイクも持てないわ」 蜻蛉切「ロケットパンチでも打つんじゃない?」 ジャルグ「それ他の作品のネタ」 蜻蛉切「てゆーかあの双子既に楽曲アルバム出してるじゃない。 カラオケにあるわよ」 (エントリーナンバー2。 リサナウト先生) リサナウト「乾坤一擲という言葉があるわ。 自分の運命をかけるほどの大勝負。 そんな心意気が気に入った! 先生が力を貸してあげましょう!」 蜻蛉切「こんな先生いたっけ……?」 リサ「蜻蛉切、あなたは二分後『ま、まさか……』と驚愕に目を見開いているわ。 これは予言ではない。 確定事象の報告に過ぎないの」 (ダンスと歌。 二分間のアピールタイム終了) リサ「ま、まさか……」 蜻蛉切「いや、先生がスクールアイドルになれるわけないじゃないですか。 先生は先生だから」 リサ「盲点だったわ。 確実な時間軸を選んだと思ったのに……」 蜻蛉切「歌とダンスがハイレベルなだけにわりと残念だけど」 ジャルグ「待ちなさい蜻蛉切。 この先生、普段はポカばっかだけど大事なところは確実に決めていくタイプと見たわ。 メンバーは無理だけど顧問としてキープしておきましょう」 (エントリーナンバー3 デュランダル) デュランダル「手芸部から参りました。 デュランダルと申しますの。 この学園で過ごす淑女の一人としてこの危機に立ち向かいますわ」 ジャルグ「綺麗な声ね。 歌はいけそうだけど私たちかなり激しいダンスもあるわよ。 大丈夫?」 デュラ「そんな時はこれがありますの」(USBを取り出す) 蜻蛉切「ああそれ化学部がよく配ってるUSBね。 どう使うの?」 ジャルグ(あ、私黙ろう) デュラ「これをわたくしに挿すと」(カチッ) USB『D. plug!』 蜻蛉切「えっ……デュランダルの姿が」 デュ「デュランダル・D. plug・アレス。 この姿のわたくしならばどんな激しい運動も苦になりませんわ! さあ誰をバッサバサに切り刻みましょう!」 蜻蛉切「そ、その姿はアイドルというよりロックね。 マーシャルアーツ部より参上しました。 さあ誰を破壊しましょう」 蜻蛉切「もう戦闘狂は嫌よ……」 ジャルグ「ところであなたは見たところ筋肉のようだけどなぜアイドル活動に興味を?」 ムール「妹のヤグルシが……」 ジャルグ「あ、だいたいわかったからいいわ。 ……お互い大変ね」 (ダンスと歌のアピール終了) ジャルグ「意外とレベルの高いロボットダンスを見せてくれたわね」 蜻蛉切「というよりあれはあの動きしかできない感じね」 ジャルグ「歌声も悪くなかったわ。 それに鈍そうに見えて運動能力もかなり高い」 蜻蛉切「肌も顔立ちも整ってたわ。 お化粧くらいしなさい。 はい、まずは私のやつを貸してあげる」 ムール「了解」 ジャルグ「アイドルは笑顔が大事よ。 あなたは表情が硬いわ。 さ、私の真似をなさい。 これが至高の笑みよ!」 ムール「にこり」 ジャルグ「まあ及第点ね。 その顏を維持なさい」 蜻蛉切「アイムールは色が少し地味だと思わない?」 ジャルグ「そうね。 茶色と黒の服だけだと……。 私のように七色とは言わないまでも二色くらいは。 ……仕方ない。 ドーピングよ」(カチッ) USB『D. plug!』 ムール「アイムール・D. plug・モート。 リミッター設定を拡張します」 ジャルグ「変身したわ!」 蜻蛉切「やったわ! 理屈はわからないけど赤色が映えるわね!」 ムール「エネルギーの補給を要求します」 蜻蛉切「お腹すいた? おでん作るから待ってなさい」 ムール「了解。 だって牙克城のラブリュス、ラグ女のダーインスレイブ、聖ユグのシェキナー。 ライバルはまだいますから」 アダマス「シェキナーは風紀委員って聞いてるけどアイドルだったかしら……? それはともかく貴方たちのおかげで我が校は廃校を免れたわ。 教師の一人としてお礼を言うわ。 ……ありがとう」 ジャルグ「感謝されてあげるわ!」 アダマス「まさか本当にアイドルになるなんてねぇ」 (一同の視線がモニターへ移る) アダマス「アイムールが」 番組MC 「それでは、ロボットから徐々に人間になっていく姿がたまらないと今人気急上昇中のアイムールちゃんに一言!」 画面の中のアイムール 「私がここまで来れたのもトレーナー・ガ・ジャルグと蜻蛉切プロデューサーおかげ。 この場を借りて二名に感謝致します」 ガ・ジャルグ「あの子も成長したわねえ」(しみじみ) 蜻蛉切「うっ。 私泣けてきたわ」 (その後アイムールはマーシャルアーツの大会で全国に出場したことで戦うアイドルとしてさらに人気が跳ね上がった) 『おわり』 ・おまけ 蜻蛉切「そういえば、今年の新入生はどんな子が来るのかしら」 ブリューナク「学園に到着。 ブリューナク、戦闘姿勢に移る」 雑賀「いやー、アイムールちゃんに集団戦ってやつを教えてあげるっすかねー」 ピナーカ「オイラの炎で焼き尽くしてやるぜぇっ!」 蜻蛉切「なんかバトルマニアばっかり来てるぅ!」 ジャルグ「まあマーシャルアーツ部のアイムールで客寄せしたからねぇ」.

次の