吉本 所属人数。 加藤浩次「信用できない」東野幸治「真剣に考えて」所属芸人不満の声― スポニチ Sponichi Annex 芸能

吉本興業 解決すべき2つの矛盾(角間惇一郎)

吉本 所属人数

鰻は「ネット等で年収が1億560万円という噂が流れていますが、全くの事実無根です」と言い訳していました。 吉本の中で1億円を越えているのは橋本によると「大体11人くらい、と聞いています。 オーシャンズ11と呼ばれている」とのこと。 ちなみに、銀シャリの年収は「100人の中にも入ってないですね。 何千万円とかももらってないです」と言ってましたが、本当だとしたら、可愛そうですかね。 かつて8. 6秒バズーカーも、よしもとの給料を金爆に嘆いていたのを見ましたよ! これには鬼龍院も大いに同情していました。 しかし、今頃、8. 6秒バズーカーはどこで、何しているんでしょうね。 鬼龍院は、金爆を始める前によしもと興業の養成所・東京NSCに入学していたから、 よしもとの給料の実態を知っているんです! 「バンドを始める前NSCに居たので、どれほど給料が違うかよくわかってる」と8. 6秒バズーカーを慰めていました。 そんな彼らも、あっという間に旬を過ぎて今や、過去の終わった人たち!? どんどん新しいお笑い芸人を生み出す吉本興業だけが稼ぎまくるんですかねえ~!!!!! スポンサードリンク 吉本のお笑い芸人たちが所属する吉本興業とは、 吉本興業株式会社(よしもとこうぎょう) 大阪府大阪市中央区と東京都新宿区に本社を置く、 芸能人のマネジメント、テレビ・ラジオ番組制作、演芸の興行等を行う会社です。 創業 1912年4月1日 ですから、もう100年以上続く老舗企業なんですね。 代表取締役会長 吉野 伊佐男 代表取締役社長 大﨑 洋 資本金125億450万円 社員数644名 所属タレント数約800名 吉本の芸人は、 800人もいるんですね! テレビ欄を埋め尽くしている吉本芸人を抜きにして、 今やテレビ番組は作れません。 吉本は、 全国に多くの劇場と若手芸人育成学校を持っています。 一日で2万人を集めるお笑いライブイベントや沖縄での国際映画祭まで開催してる。 まさに、 吉本は、笑いの帝国の覇者ですなあ。 でも、吉本は、ケチで有名。 吉本の有名若手芸人でも年収200万以下って本当なの? 吉本の若手お笑い芸人のギャラは、値引きが当たり前だそうですね。 しかも、 仕事は奪い合いで、勝ち残れなければ廃業になっちゃうとか・・・。 テレビ局も不況で、広告収入が激減しています。 なので、 吉本の芸人のギャラも値引きされてるんですね。 特に、 若い吉本の芸人にとっては死活問題です。 吉本の某マネ-ジャーによると、 「最近のブレイク芸人のギャラの基準はゴールデンタイム1時間で25万円が目安。 有吉弘行などテレビで見ない日はない売れっ子で、この額です。 ネタ番組で見るレベルなら5万円程度ですが、震災後はこの額でも30~50%引きになることは珍しくない。 それでも断ると仕事が来なくなるので、泣く泣く2~3万円のギャラでも引き受けている状態です」 品川庄司によると、 「僕、24歳でデビューしてから給料が1、2万って時期が2年くらい続いたんです。 東京の吉本のNSCの1期生だから2年目には後輩ができて、見えっ張りなのでキャッシングで借りて後輩にメシおごってた」 スギちゃんによると、 「吉本は結構えぐいんですよ。 養成所の後輩から聞いた話なんですが、入学金を支払った後に、 学生たちを前にした講師が『お前たちを売るつもりはない』と言ったそうなんです。 結局、上のクラスが詰まっているから、後輩のお前たちは出にくいよ、という意味なんです。 本当に激戦区なんです。 しかも吉本は給料の安さで、もう嫌だったんです。 芸人の取り分は1割、吉本が9割。 ところが、移籍した事務所はその真逆で、芸人が9割、会社は1割だったんです」 千秋によると、 「元夫のココリコの遠藤章造の給料明細を見せられて、吉本って本当にギャラを9割取るんだなと思った」 なんとも、哀しい吉本のお笑い芸人の給料ギャラですね。 テレビ出演のギャラの取り分が、お笑い芸人10%、吉本興業90%と言うのは、間違いないようです。 しかも吉本劇場への出演料は、たったの500円だそうです。 35歳以下の吉本芸人122人へのアンケート結果によると、年収700万円以上の芸人が17人、年収50万円未満が29人しかいません。 平均年収は、サラリーマンの平均年収400万円を大きく下回る279万円だったんです。 ただ吉本興行は芸能界内での力がありますからね。 しっかりお笑い芸人をメディアに露出してくれます。 とにかく一度テレビで大ブレイクしてしまえば、人気が落ちても地方巡業やイベント出演で長く稼げます。 お笑い芸人たちはこれを狙って吉本に所属するんですね。 ちなみに吉本には新人をサポートするシステムとして、月給8万円スタートというシステムがあるようです。 ただし、これは他の芸人が稼いだお金から出していくことになるので、ずっとこのシステムにあやかることはできないようです。 こんなに吉本がお笑い芸人たちの給料ギャラを搾取して、法律的に問題はないんでしょうかね!? でも、問題は無いようなんですね! お笑い芸人たちは、実は、吉本の社員ではないからです。 法律上の最低賃金や労働時間・有給休暇等で守られている労働者じゃないんですね。 だから吉本興業は労働基準法に引っ掛からないんですよ。 労働者じゃなければ労働基準法は関係ありませんからね。 言ってみれば吉本のお笑い芸人は、フリーターや下請けの業者みたいなものです。 吉本に所属して、マネジメントをしてもらい、お笑い芸人たちは出番が来たら1回いくらで仕事を請け負っているわけです。 吉本のお笑い芸人たちはサラリーマンじゃないんですね。 報酬面ではかなり低いかもしれませんが、 それでも、テレビの仕事がある吉本芸人たちは恵まれているんだそう。 [ad ad-1] もっと厳しいのは、 地方のイベントや娯楽施設での営業で食べている若手吉本芸人なんです! 「若手でも1回10万円以上のギャラがもらえるので、月に数回の営業で食いつないでいる中堅芸人も少なくありません。 でもイベントは、どんどん減って行っています。 」 今は、決して多くはない劇場の仕事もみんなで奪い合っている状態。 この上、公演までなくなったら多くの芸人は廃業に追い込まれそうですね。 今後、芸人間の収入格差はますます広がるばかりでしょう。 吉本のお笑い芸人の若手は1ステージ450円なので、 比較的有望視されている新人は月に200回ステージに上がるから単純計算で約9万円。 高座(NGKなど)に上がれば、1日3000円。 漫才などで2人組の場合一人1500円。 興業は10日が1単位で交通費、食事を差し引くと赤字になっちゃうことも。 なんとも悲惨! テレビに出ている若手芸人でも年収200万以下が大半、しかも単価が高くなって視聴率が下がればスグ切られちゃいます。 テレビで知名度を上げて地方営業で単価アップで稼ぐということが今後は難しくなるのは必至です。 高額ギャラ上位の島田紳助さんや明石家さんまさんなどはギャラ以外の収入も大きいですが、ただでさえ貧乏な若手芸人には厳しい状況。 芸人として生き残っていくためには副業も考えなくてはならないかもしれませんね。 吉本芸人の年収ランキング!1万円~10億円までのこの格差の原因は? 吉本のギャラは歩合制なので、稼げる芸人はトコトン稼げるけど、 若手であまり仕事がない芸人の場合は、 「銀行のATM手数料や交通費がギャラより高い」 ありえないコトもおきちゃうんですね。 しかも、ドけちの吉本は、 人気の間は固定給にしといて、その芸人が落ち目になると歩合制に替えちゃうんだとか! こりゃあ、 たまりませんね! それに、吉本のギャラ以外で稼いだお金は その芸人の総取りなんです。 ということは、 人気と実力のある芸人だけが TVに出たり漫才で賞金を得たり、 特番の賞金やCM出演料も 独り占めだから、 そりゃあ、年収格差は、どんどん広がります。 これじゃあ、普通のサラリーマンの方がいいかもね。 一応、芸人に比べれば、安定している。 でも、 いきなり、年収1億円!!みたいな上がり目は無いけどね。 関連記事.

次の

吉本興業

吉本 所属人数

吉本興業と所属芸人が共同で運営するたこ焼き店「吉たこ」が17日、大阪・なんばグランド花月(NGK)階下にオープン。 初日には、人気兄弟コンビ「ミキ」が駆けつけた。 同店の店長は、吉本内プロジェクト「ブカツ!」の「たこ焼きブ!」で、ブ長を務める鱒之介の西村。 この日は朝から、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、準備を進めた。 午前11時、開店を迎えると、「宣伝ブ長」ダブルアートの真べぇ、酎介のらぶおじさんがあいさつ。 客が並び始め、その第1号は「赤ちゃん連れのママ」だった。 メニューは大まかに、たこ焼き、かき氷、ドリンクの3種類で、タッチパネル方式での購入になる。 真べぇによると「宣伝ブ長として、有名芸人を呼びたかった」そうで、ミキの来店が決まったという。 昴生が「なんで、俺らなん?」と真べぇに詰め寄りながら登場し、亜生は「前に食べたことあるけど、たこ焼きはほんまにおいしい」と絶賛した。 たこ焼き激戦区の大阪で、味については昴生も太鼓判。 「芸人が作るなんてチープとか、おもしろ重視とか思われるけど、ここのは普通においしい」とアピールしていた。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

タレントマネジメント

吉本 所属人数

なんばグランド花月ビル 本社所在地 〒542-0075 11-6 : 設立 事業内容 タレントマネジメント・並びにソフト・・及び演芸・演劇の制作・配給・興行 代表者• (代表取締役)• (代表取締役副社長) 資本金 1,000万円(3月31日時点) 売上高• 333億8,034万3,000円 (期) 営業利益• 15億1,849万2,000円 (2009年3月期) 純利益• 14億6,200万円 (2010年3月31日時点) 総資産• 120億2,900万円 (2010年3月31日時点) 従業員数• 305人 (2007年12月31日時点) 決算期 毎年 主要株主• 吉本興業(よしもとこうぎょう、:Yoshimoto Kogyo)は、・に本部(登記上の本店は大阪)を置くの芸能プロダクション・プロモーター・テレビ番組制作プロダクションである。 旧社名はよしもとクリエイティブ・エージェンシー。 この会社の設立に伴い、2007年10月1日付で同日時点在籍の旧・吉本興業所属タレント全員(約800人以上)が「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」へ継承・移管となった。 旧・吉本興業の持株会社制への移行に伴う同社の設立後も、テレビ番組の制作クレジットは(旧)吉本興業のままとなっており(ただし、スタッフ個人の所属としての名義は別。 また、「」の制作協力クレジットにも当社名の表記が見られる)、タレントの所属事務所名義においても同様のケースが見られる(「」のNHKすべり芸自慢コーナーの様に同社の名義が見られる場合もある)。 2016年3月1日、「」を吸収合併。 2019年6月、親会社の「(旧)吉本興業」が「吉本興業ホールディングス」に社名変更したのに伴い、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」から「(新)吉本興業」に社名変更。 政治との関わりが強く、特に大阪維新の会との関係が深く、吉本興業の所属タレントが、選挙において大阪維新の会の候補の応援演説をすることもしばしばある。 一方、吉本興業は「住みます芸人」などが、自治体のイベント、広報紙などに登場することで、行政から多くの仕事を受注している。 所属タレント [ ].

次の