猫 離乳食。 子猫の離乳食はいつからいつまで? 食べないときはどうしたらいい?

猫の離乳食の与え方~猫の食事・水(2)|ねこのきもちWEB MAGAZINE

猫 離乳食

ライフステージによっておすすめの猫の食事が変化するのはご存知でしょうか?大きく分けて「子猫時代」「成猫時代」「シニア時代」で各々猫達の必要栄養は変化していきます。 この度は子猫時代に摂取する離乳食について種類や与え方、通販や市販での選び方からおすすめ離乳食ベスト18をご紹介いたします。 母猫と一緒のフードはおすすめではないの?とお思いになるかもしれませんが、子猫は身体を作るために高栄養が必要となります。 逆に母猫以外の成猫に子猫用フードも与えない方が良いという事ですからご注意くださいね。 離乳食は母乳等のミルクから子ねこ用フードに切り替える橋渡しに子猫が食べるキャットフードです。 母猫がいれば母乳の終了する生後30日前後から乳歯の生え揃う 生後6週〜8週齢までを目安に離乳食を与えます。 離乳食は子猫がミルクを飲む事からフードを食べる事に移行する期間です。 水分の多いスープ状から固形物への移行でもあります。 スムーズに移行するためにもおすすめの離乳食を与えましょう。 粉末、ペースト、ムース、ドライと様々ですが総合栄養食と書いてあるおすすめの離乳食、総合栄養食と書いていない場合はトッピングなどにしてもよいでしょう。 離乳食に移行する時は子猫のウンチの様子を観察しながら離乳食の量を増やし1〜2週間で移行します。 新しい食べ物を摂取すれば猫の腸内環境が変化しますので軽くうんちが緩む可能性がありますが、元気も食欲もあればひとまず様子を見てください。 長期間に渡り下痢が続く時は病院を受診します。 おすすめの離乳食から子猫用のドライフードやウエットフードに移行する際はドライフードをふやかしたりウエットフードを崩す事でスムーズにできます。 あくまでも子猫のペースを守り食べないからと言って早急に移行はしないでくださいね。

次の

子猫に離乳食を与えるのはいつからいつまで? 時期や量とその方法|ねこのきもちWEB MAGAZINE

猫 離乳食

【目次】• 子猫に離乳食を与え始める時期は? 離乳食を与える時期の目安は、 子猫の歯が生え始めていること、自分の力で排泄ができていることです。 生まれてからずっと母猫のおっぱいを飲んでいた子猫も、成長すると、歯が生えて来て、歩き出すようになります。 だいたい3~4週目くらいから、歯が生え始め、子猫が母乳以外のものを口にできるようになると言われています。 それでも、個体差もありますので、離乳食は子猫の様子を見ながら与えるのが一番です。 どんな離乳食が良いの? 離乳食は手作りすることもできます。 成猫用フードをお湯でふやかしたり、ミルクをかけたりすることで、子猫でも食べられるようになります。 しかし、栄養バランスが取れていることや、その都度作る手間や衛生面を考えると、市販されている子猫用のキャットフードや離乳食を利用する方が良いでしょう。 さらに、生後1年間は、どんどん子猫の身体が大きくなって成長していく大切な時期です。 栄養に関してしっかりとした知識がないままで離乳食を手作りすると、必要な栄養がちゃんと取れない場合もありますし、子猫が偏食気味になってしまう可能性もあります。 離乳食や子猫用のキャットフードは、成猫用と比べると、子猫に必要な栄養素やカロリーが十分に含まれていますし、消化も良くなっています。 できるだけパッケージに「子猫用」や「離乳食」と明記されているキャットフードを選んでください。 子猫の時期にしっかりとした栄養状態で育てば、健康な猫に成長しやすくなります。 初めて離乳食をあげる時には、指の先に柔らかいペーストのフードをすくって、子猫の鼻の先に持っていきましょう。 自分から舐めてくるようになれば成功です。 食べ方がわからないでいる時には、嫌がらないようなら少量を鼻先につけてみたり、手のひらに乗せて顔に近づけたりして、舐めさせてみましょう。 生後6週目くらいまでは、このようにしてミルクと併用した柔らかい離乳食を与えましょう。 初乳成分であるラクトフェリンと乳清タンパク濃縮物や、発育に必要なタウリン・ビタミン・ミネラル等をバランスよく配合しています。 子猫用ミルクの量を少しずつ減らしていって、代わりに子猫用のフードと水の量を増やしていきます。 その頃には、子猫用キャットフードのウェットタイプや、ドライフードをお湯でふやかして人肌程度に冷ましたものをあげましょう。 冷めると食べない場合が多いので、少しだけ暖かく、匂いがするほうが良いでしょう。 こちらも子猫により個体差がありますので、猫の好みや成長に合わせてあげましょう。 子猫用(生後1~4ヵ月齢まで)、母猫用(妊娠後期~授乳期)。 離乳食を食べるようになっても、ミルクと併用して徐々に切り替えていきましょう。 成長してもミルクしか飲まない、という猫はいませんので、焦らずに見守ってあげてください。 指定された一日分の量を、3~5回ほどにわけてこまめにあげましょう。 たくさん欲しがる時は、この離乳食の時期であれば、欲しがるだけあげても良いでしょう。 ただ、吐いたり、下痢をしてしまったりする場合はあげるのをやめ、様子をみましょう。 まとめ 子猫の離乳食を与える時期や与え方についてご紹介しました。 子猫の時期は、猫の体を作る大切な時期です。 しっかりと栄養のある食事を与え、子猫が食べられているか様子を見てあげるようにして下さい。 そして、少しでも心配なことがあれば、獣医さんと相談するのも良いですね。 — おすすめ記事 —.

次の

子猫に離乳食を与える時期とその与え方

猫 離乳食

ミルクから離乳食に移行したばかりのころは、固形物の消化吸収に慣れていないため、離乳食とミルクを併用します。 初日はふやかした離乳食を指につけて1口ずつ口に入れてあげましょう。 ウンチの状態チェックし、問題が無さそうなら翌日から2口、3口と徐々に量を増やします。 また日を追うごとにミルクの量を減らし、最終的には離乳食のみを与えるようにしましょう。 4週目には小皿に入れて、自分で食べるように練習させます。 最初のうちは食べ方が下手なので、お皿に足を突っ込んだり口の周りがベタベタになったりすることもありますが、怒らず綺麗に拭いて清潔にしてあげてください。 8週目ごろからは離乳食を子猫用フードに切り替えます。 ドライフードと離乳食を半分ずつ混ぜることから始め、徐々に離乳食の量を減らし、ドライフードのみが食べられるようになれば離乳食終了です。 手順のなかで1番大切なのは「少しずつ進める」ことです。 ウンチや体重の状態をきちんと確認して、子猫の成長スピードに合わせてあげてください。 子猫の離乳食が完了するまでは、身体が一気に成長する時期です。 基本的にはお腹いっぱいになるまで食べさせても問題ありませんので、できるだけたっぷり与えてください。 肥満にならないか、という飼い主の心配から栄養失調になっている子猫も多いので、ここは注意しましょう。 ただし健康のためにはカロリーを守ることも重要です。 子猫に必要なカロリーは、年齢や体重、運動量によって個体差があるため、1日の食事量は与えた食事量と体重の変動などを記録した上で決めるのがベスト。 あまり神経質になる必要はありませんが、子猫のために習慣化することもおすすめします。 離乳食の完了時期は、生後2~3か月が目安です。 いつまでも離乳食のみを与えていると子猫の成長に影響してしまいます。 ただし個体差があることを忘れないでください。 子猫の成長に合わせ、焦らず少しずつ切り替えてあげることが大切です。

次の