岡江久美子 タバコ。 岡江久美子の旦那の悲しみ・喫煙者は注意!志村けんと共通のコロナの影響!

岡江久美子は喫煙者?なぜ報道されない?放射線治療とコロナの関係は?

岡江久美子 タバコ

新型コロナウイルスによって亡くなった岡江久美子さん 女優・岡江久美子さんが4月23日、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。 63歳だった。 彼女が新型コロナに感染していることは伝えられておらず、一報が流れるや、芸能界に激震が走った。 所属事務所によると、岡江さんは3日に発熱し、自宅で安静にしていたが、6日朝に容態が急変。 入院後に新型コロナウイルスに感染していることがわかった。 岡江さんは昨年末に初期の乳がん手術を受け、1月末から2月半ばまで放射線治療を受けていたという。 免疫力が低下していたことで重症化した可能性がある。 先月末に亡くなった志村けんさんしかり、新型コロナが恐ろしいのは病状が急速に悪化することだ。 医療関係者の話。 「志村さんは肺の状態が悪かった。 岡江さんの場合はがん治療を行っていたことで、免疫低下者に分類されるのだろうが、それでも発熱から容態急変までが余りに早すぎる。 『発熱時点でPCR検査をしていれば…』『すぐにアビガンを投与していれば……』という話も聞かれるが、それらはすべて結果論。 遺骨を抱いた大和田の「久美子は今帰ってまいりました。 こんな形の帰宅は、本当に残念で悔しくて悲しいです」という言葉に涙した人も多いだろう。 最愛の人を天国に送り出す瞬間にも立ち会えない。 これが新型コロナウイルスの最も残酷なところだ。 一方、ネット上では岡江さんをめぐる不謹慎すぎる行為も目についた。 ユーチューブでは「岡江さんの息子」を名乗る人物が次々と動画を投稿。 20~30代くらいと思われる男性が「母について話します」「今まで母をありがとう御座いました」「凄く悲しいです」などと述べ、ツイッターでは「岡江久美子の息子」がトレンドに入った。 岡江さんに息子はおらず、投稿者の目的は再生回数稼ぎだ。 ネット上では「鬼畜の所業」「恥を知れ」など批判の声が殺到したが、炎上すればするほど投稿者の思うツボ。 徹底無視するほかない。 岡江さんの喫煙歴を捏造した者もいた。 何者かがSNS上で「岡江さんは喫煙者」「チェーンスモーカーだった」という情報を流し、拡散。 ネット上では岡江さんの喫煙歴に関する記事や検証ブログが散見される事態となっている。 志村さんの場合は長年の喫煙歴が災いし、肺炎の進行が早まった感は否めないが、岡江さんはそもそも愛煙家ではない。 タレントの山田邦子は23日に更新したブログで以下のようにつづっている。 「岡江さん、銀座のクラブにもゴルフ場にも、行ってなかったって。 タバコも吸ってなかったって。 煙を吸わないように気をつけてたって。 がん治療がんばってたって。 遺骨になるまで会えないって。 遺骨になっても、ご家族も濃厚感染者なのでしばらくはダメだって。 悲しい」 健康にひと一倍気を遣っていたのが、岡江さんなのだ。 勝手に「喫煙者」のレッテルを貼られ、重症化との因果関係を証明する材料に使われてはたまったものではない。 一連の不謹慎行為について、ワイドショー関係者は次のように語る。 「緊急事態宣言で不要不急の外出を控え、巣ごもりする人が増えたことも大きい。 時間ができ、暇つぶしや小遣い稼ぎを目的に動画配信する人が続出している。 SNSではデマやフェイクニュースが垂れ流し状態。 これもコロナの弊害の1つなのかもしれない」 タレントのモト冬樹は岡江さんをめぐる悪質なデマについてブログで「亡くなったばかりの人に対しての冒涜以外なにものでもない」と批判。 俳優の中野英雄もツイッターで「最悪中の最悪。 俺はこれも、コロナ犯罪だと思う。 非道な奴(やつ)には非道の極刑を」と怒りをあらわにした。 写真:時事.

次の

ツイッターに突然現れた「岡江さんはヘビースモーカーだった」という出所不明の言説(寺沢拓敬)

岡江久美子 タバコ

岡江久美子の代表作は昼ドラ「天までとどけ」 岡江久美子さんといえば情報番組「はなまるマーケット」があります。 はなまるマーケットに岡江久美子さんが出演していたことは、あなたも知っているかもしれませんね。 しかし、岡江久美子さんは女優さんです。 「女優として代表作は何だろう?」と疑問をもつこともありますよね。 岡江久美子さんの代表作は「天までとどけ」という昼ドラです。 「天までとどけ」について紹介します。 昼ドラ「天までとどけ」とは 岡江久美子さんが出演した「天までとどけ」は、全8シリーズにおよぶ作品でした。 ・第1回:1991年3月4日〜5月24日まで全60話 ・第2回:1992年7月20日〜8月28日まで全30話 ・第3回:1994年2月21日〜4月22日まで全45話 ・第4回:1995年2月20日〜4月14日まで全40話 ・第5回:1996年2月19日〜4月12日まで全40話 ・第6回:1997年2月17日〜4月11日まで全40話 ・第7回:1998年4月6日〜5月29日まで全40話 ・第8回:1999年3月22日〜4月9日まで全15話 天までとどけは、TBSで月曜日〜金曜日までの13:00〜13:30に放送されていました。 昼ドラでシリーズ化されて毎年放送されるくらいですから、かなりの人気作品でしたね。 その結果1992年7月20日から第2シリーズが放送され、1999年4月9日の第8シリーズ最終回まで多くの人に愛された作品となりました。 最後は、出演者たちのスケジュールの関係や、岡江久美子さんが「はなまるマーケット」の司会を担当するようになった都合で終了となったようですね。 久々に天までとどけの最終回を見たら泣けました😢岡江久美子さんのご冥福改めてお祈りします🙏 — K. M KM26292059 岡江久美子は大家族の母親役 「天までとどけ」で岡江久美子さんが演じたのは、総勢15人の大家族の母親役でした。 同作に出演していたのは、岡江久美子さんの他に次のような人がいました。 ・綿引勝彦さん 父親役 ・佐藤晃一さん 長男役 ・若林しほさん 長女役 ・河相我聞さん 次男役 ・金杉太朗さん 三男役 ・須藤公一さん 四男役 ・滝沢幸代さん 次女役 ・一瀬奈織さん 三女役 ・山田飛美さん 四女役 ・湯澤真伍さん 五男役 ・日吉孝明さん 六男役 ・蛭田順也さん 七男役 ・中村端樹さん 八男役 ・氷倉夏奈美さん 五女役 河相我聞さんは、天までとどけでかなり人気になってしまって、段々同作とのスケジュールが合わなくなっていったようですね。 岡江久美子さんは、役の中でたくさんの病気になりましたが、13人の子供の母親として一生懸命に生きる役を演じました。 第1作では、心臓に穴が開いてしまいましたが、その状況で五女を産みました。 第4作ではB型肝炎、第5作では胃潰瘍と狭心症といったように、何度も体を壊しては立ち上がる強いお母さんを演じられました。 わたしの岡江久美子さんのイメージ、はなまるマーケットってゆーより天までとどけしかないし、YouTubeの、なーみだくんさよなーら聞いてしんみりしてる。 あの時期の愛の劇場ばり見とった。。。 — もえまる M9vtkrCTq9Pe0Q7 岡江久美子の学歴は? 岡江久美子さんは女優ですが、やはり多くの人の印象に残っているのが情報番組の「はなまるマーケット」ですよね。 他にも、「吉村明宏のクイズランチ」にレギュラー出演したり、「クイズ! 年の差なんて」に出演したりと、クイズ番組に出ることがありました。 岡江久美子さんは、どのような学歴なんでしょうかね。 出身校やプロフィールについて調べてみました。 岡江久美子さんは国立の中学校を卒業している 岡江久美子さんが通っていた中学校は、東京学芸大学附属世田谷中学校ですね。 東京学芸大学附属世田谷中学校といえば、「国立」の中学校ですからね。 当時は分かりませんが、現在は偏差値60を超えていて上から数えた方が早い優秀校です。 世田谷中学校は東京学芸大学の附属ですから、そのまま高校へ進学したのかと思ったら、違う高校へ進学していました。 通っていたのは、鴎友学園女子校等学校です。 鴎友学園は、1995年に中高一貫校になっていますから、岡江久美子さんが通っていた頃はまだ進学できたのですね。 鴎友学園は、今では「新女子御三家」と呼ばれる学校のようで、東京大学をはじめ難関大学へ多くの合格者を出しているみたいですね。 1980年代には偏差値が下がったことがあったようですが、岡江久美子さんが通っていた頃は結構勉強ができる人が通うような学校だったかもしれないですね。 岡江久美子さんが女優だけではなく、クイズ番組や情報番組で力を発揮されたのは、学生時代からたくさん努力されてきた結果なのでしょうね。 学芸大世田谷中を出て鴎友学園高て…いや、何でもない…。 どちらも名門です。 何を言おうとしていたかというと:「印象とは逆。 ご両親は何をしていた人かは分かりませんが、父親は鹿児島県の奄美出身です。 母親は、宮崎県の出身のようですね。 旦那は俳優の大和田獏さんです。 大和田獏さんには俳優の大和田伸也さんがいますから、岡江久美子さんからみると義理のお兄さんということになりますね。 旦那である大和田獏さんとは、NHKで放送されていた「連想ゲーム」で共演していたそうです。 岡江久美子さんと大和田獏さんの間には娘さんが1人いて、大和田美帆さんです。 大和田美帆さんも芸能人として活動されていて、とても綺麗な娘さんです。 岡江久美子さん長女・大和田美帆悲痛…「17日間何もできなかった」手も握れず孫の声も聞かせられず : スポーツ報知 — かっちゃん winmxmen 大和田獏、岡江久美子さんを失った心境を知人に明かす…「太陽のような明るさと春風のような優しさを持つあの人が突然、しゃぼん玉のようにはじけて消えてしまいました」 : スポーツ報知 — matsu takeko tomo3seishi 岡江久美子がタバコを吸っていたと言われている理由とは? 新型コロナウイルスによってご逝去された岡江久美子さんですが、SNS上では「喫煙者だった」という話題が結構出ているのですよね。 岡江久美子さんが亡くなられたときのニュースでは、乳がんの放射線治療をしていたから免疫力が下がっていたのではないかという話しが出ていました。 しかし、岡江久美子さんが重症化してしまったのはタバコを吸っていたからではないかという話しに変わってきています。 そんな中、山田邦子さんがブログを更新。 次のように書いています。 タバコも吸ってなかったって。 煙を吸わないように気をつけてたって。 タバコも吸っていたのかもしれないですね。 がん治療に専念するために、今までしてきたことをやめたような印象を受けます。 しかし、岡江久美子さんはすっぴんでもとても綺麗な方です。 これ去年の岡江さん。 全然昔と変わらず元気そう。 信じられない。 しかもすっぴんでこの美しさ。 岡江久美子さんコロナで死去、はなまる後の日々と母の介護|NEWSポストセブン — お肉LOVE sxmay2 タバコを吸う人は血色が悪くなるとか、老け顔になると言われますが、そのような様子は見られません。 もしかすると、吸ってたとしても禁煙してかなり経っているのかもしれないですね。 いずれにしても、岡江久美子さんが喫煙者だったという確定情報は出ていません。 山田邦子さんの投稿や岡江久美子さんが生きてきた時代背景から、タバコを吸っていたのではないかという噂が出ているのかもしれませんね。 岡江久美子さんが20歳を超えた頃の時代は、女性がタバコを吸うのは自立の象徴だったんですよ。 岡江久美子さんは、1991年〜1999年まで、TBSで放送された「天までとどけ」という昼ドラで大家族の母親役を務めました。 天までとどけは、多くの人にとって岡江久美子さんの代表作として心に残っています。 岡江久美子さんは東京都の世田谷で生まれ、国立の東京学芸大学附属世田谷中学校に進学。 東京学芸大学附属世田谷中学校を卒業してからは鴎友学園女子校等学校へ進学、卒業されています。 中学校も高校も学力が高い学校ですから、岡江久美子さんは勉強が得意だったのでしょうね。 芸能界での様々なジャンルでのご活躍に繋がりました。 岡江久美子さんが亡くなった後、「岡江久美子さんはタバコをかなり吸っていた」という話が多くでています。 確実な情報ではないので分かりません。 詳しく分かったときには、この記事でも追記していきます。 岡江久美子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

次の

【2020年最新】岡江久美子の若い頃が美人!水着姿も劣化知らず!

岡江久美子 タバコ

岡江久美子さんの件、重症化した原因の一つとして喫煙歴がありヘビースモーカーだったという噂が出回る。 岡江久美子さんが、重症化した原因や死因が乳がんの放射線治療による免疫力低下と言われていましたが、実は喫煙者でチェインスモーカーだったことがあることが一因だったという噂がTwitterにされ話題になっています。 岡江久美子さんの件、放射線治療を2月までしてたことが重症化した原因て伝えたけど、喫煙歴とかチェーンスモーカーだったこととかそっちをちゃんと伝えないと、誤解をうむことになる。 放射線治療で免疫力が落ちたんじゃなく、喫煙者であったことが急激な悪化に繋がったと、是非啓発してほしい。 — なつっこ🐭 yukinkoashiashi 喫煙歴のある人の肺のダメージは良くはならないです。 ヘビースモーカーであればあるほどウイルスの増殖のしやすい環境なのだと思います。 亡くなられる60代から80代、死亡者の男>女、これは喫煙歴を表してると言えるのでは? — なつっこ🐭 yukinkoashiashi 事務所がそう言っているみたいですね。 放射線治療が影響する場合もあるが岡江さんの場合は期間も線量も少ない筈なのであまり影響は無いだろうって専門家のコメント見ました。 ただ、影響する場合もあり高リスク群に含められている事も事実ですのでその辺りは曲げないようにお願いします。 しかしながら、メディアではその事に触れられることは少なく感じられます。 その事が非常に残念です。 喫煙者のみなさん、お気をつけください。 放射線治療は2月に終えてますし、放射線治療<喫煙歴であるのが普通でしょう。 喫煙者の肺組織は破壊され肺気腫になります。 そうしますと肺機能は格段に落ちますから。 志村さんの例を見ても急激な悪化は必至なのでしょう。 — なつっこ🐭 yukinkoashiashi 自分の父親も82歳で間質性肺炎を患い亡くなりました。 コロナではありませんが似た症状の間質性肺炎でした。 父親も40歳過ぎまで愛煙家でしたが肺のダメージは禁煙しても同じだそうであっという間に悪化して行きました。 やはり喫煙は肺にとって相当な悪影響を及ぼすと思います。 — kachi kachi kachika76890776 全く触れないことが逆に不自然すぎるんですよね。 志村さんの時からあれっ?!って思ってましたけど、あれ以降も全く触れないし。 — なつっこ🐭 yukinkoashiashi リスク要因として癌・放射線治療・タバコ・年齢 など、重なったんでしょうね。 憶測の域は出ませんが。 癌がハイリスクなことは伝えられてますし、喫煙歴についてももっと伝えて欲しいですね。 — なつっこ🐭 yukinkoashiashi 岡江久美子さんがヘビースモーカーだったのは有名な話し。 放射線治療の免疫低下よりも、肺炎には喫煙が大敵。 マスコミは、志村けんのヘビースモーカーには触れても、彼女については全く触れないんですね。

次の