新型 カローラ ツーリング。 トヨタ 新型 カローラ ツーリング (ワゴン)日本仕様 2019年9月17日発売

トヨタ 新型「カローラ」「カローラツーリング」試乗で分かった“強みと弱み”

新型 カローラ ツーリング

新型カローラツーリングと新型プリウスをなぜ比較する? ステーションワゴンタイプの新型「カローラツーリング」とワンモーションスタイルの5ドアハッチバックである新型「プリウス」を何故比較するのか?と思った人もいるだろう。 大きくいくつかの共通点がある。 TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Cプラットフォーム)を採用。 改良型直列4気筒DOHC 1. 8L エンジン「2ZR-FXE」にモーターを組み合わせたリダクション機構付THS IIを採用。 全長、全幅、全高、ホイールベースはほぼ同じサイズ。 新型カローラツーリングと新型プリウス サイズ比較 新型カローラツーリングは新型プリウスに比べ全長-80mm、全幅-15mm、全高-10mm ホイールベース-60mm小さいそして最大の特徴となる荷物室の容量は通常時でプリウスは502Lに対しカローラ ツーリングは598Lとなる。 スペック 新型カローラ ツーリング 新型プリウス エンジン 直4 DOHC 1. 6kgm リアモーター 最大出力 5. 3kW 7. 2ps リアモーター 最大トルク 55Nm 5. 6kgm システム出力 90kW 122ps トランスミッション 無段階変速機 乗車定員 5名 JC08モード燃費 28. 4〜35. 2〜39. トヨタにとっては非常に思い切った変更であるが、 背景として3ナンバーサイズのプリウスがこれだけ町に溢れ日本人に受け入れられているからだろう。 マイナーチェンジしたプリウスは月の販売台数約1万台をキープしている。 しかし、 中には「プリウスには乗りたくない。 」と言う人もいる。 理由を聞けば「デザインが好きでない」と言う人が多く「プリウス特有のリヤが嫌い」「個性的なフロントが嫌い」など売れているからこその話題にもなる。 しかしアンチプリウスと言う人も カローラツーリングであれば受け入れられる人もいるだろう。 また、プリウスに比べ荷物室の容量も広く使い勝手もいい。 プリウスの受け皿的な立ち位置となるか販売台数が気になる所である。 トヨタ.

次の

トヨタ 新型カローラツーリング VS 新型プリウス 徹底比較

新型 カローラ ツーリング

詳細条件• ディーラー車• 左ハンドル ミッション/駆動系/乗車人数• 8名 エンジン種別• ディーゼル オプション• サンルーフ• ターボチャージャー• フロントカメラ• 全周囲カメラ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• 3列シート• リフトアップ• HID キセノンライト• 電動リアゲート• ボディタイプ• 価格帯• 5万円以下• 10万円以下• 15万円以下• 20万円以下• 25万円以下• 30万円以下• 35万円以下• 40万円以下• 45万円以下• 50万円以下• 50万円~100万円• 100万円~150万円• 基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

【2.0Lエンジン登場】新型カローラ・ツーリングに、2000リミテッド 価格/内装/スペックを解説

新型 カローラ ツーリング

カローラもカローラツーリングも、高速道路などの綺麗な路面では高い高速直進性を持ち合わせています。 これは、高剛性ボディーや新型サスペンション、サイズアップしたタイヤ、そして空力性能などの効果に加えて、ステアリングの補舵が非常に安定していることが要因です。 新開発のEPS制御によってステアリングの摩擦成分を最適化し、軽快感と手ごたえを向上させました。 」とのこと。 たしかに、低中速では補舵力が軽いのですが、高速走行になると操舵力が上がって手応えが出始め、安定感が増していくのが分かります。 走りやボディモーションは、良くなったカローラでしたが、このロードノイズが残念なポイントです。 TNGAによる高剛性ボディフレームやリアのダブルウィッシュボーンサスペンションなど、音振性能を向上させる新規アイテムが入っているにもかかわらず、16インチタイヤをはいたカローラでさえ、高周波の「コー」音が大きいのです。 17インチタイヤをはいたカローラツーリングはなおさら。 ハイブリッドシステムによってエンジンがストップした静かな車内に、音が侵入してきます。 走りの質感において、ロードノイズはクルマの良し悪しを決める重要なポイントであり、カローラにも期待しましたが、「あと一歩」といった印象です。 サスペンションのブッシュ剛性やアッパーインシュレーター、車体への遮音対策など、対策できる部分はあるはず。 マイナーチェンジでの改善に期待します。

次の