眉ティント 敏感肌。 眉ティントで黒髪に合うオススメは?失敗しないやり方と体験談!

【眉ティント】今年大注目♪使い方から人気商品まで大特集!|JGS

眉ティント 敏感肌

現在30代後半から40代くらいの女性には、元アムラーだという人も多いのではないでしょうか。 アムラーの特徴と言えば、細くて鋭角の眉毛。 あの眉毛を再現するために、元々の眉毛は完全に「麻呂」のようになっていた人もいるでしょう。 問題は、その後遺症。 20代半ばまで眉毛を抜き続けていた人では、30代になって体毛自体薄くなってしまい、自分の眉毛が全然生えてこないということもあるのではないでしょうか。 そんな眉毛の悩みを解決してくれるのが、この数年で急激に広まった眉ティントです。 一度染めてしまえば1週間以上眉デザインをキープできるという眉ティントは主に若者向けの商品として発売されましたが、眉毛悩みのあるアラフォー以上の女性や、超乾燥肌やアトピーで眉毛に自信がない女性にも注目されています。 ただ、眉ティントには、色素沈着や肌荒れなどの問題も報告されています。 気になる眉ティントは敏感肌にも使えるのか、優しい成分のアイテムはないのか、詳しく調べてみました。 【目次】• 眉ティントとは エチュードハウスやフジコなどが発祥の韓国コスメです。 ティント液をテンプレートに沿って眉に乗せ、指定の時間置くと、自然な色合いに着色します。 眉ティントで染めた眉はおよそ数日~1週間落ちず、洗顔やプールにも耐えられます。 日本では眉毛を自己処理してからキレイに書き直すことの多い女子高生から広まり、眉の薄い人や朝のメイク時間を短縮したい人などに広く知られるようになりました。 眉ティントは敏感肌の人が使っても問題ないの? これまで日本で支持されていた1dayTATTOOなどのウォータープルーフアイブロウとは違い、眉ティントはクレンジングにも落ちず、数日間その色を残し続けることができます。 そこで気になるのが、どうやって色を残し続けているのかということです。 エチュードハウスやフジコなど、人気の眉ティントはフェイクタンニング(サンレスタンニング)と同じメカニズムを利用して眉を染めています。 眉ティントに使われる染色成分はグリセリン発酵物のジヒドロキシアセトンで、タンパク質と結合する性質があります。 この働きは、天然ヘアカラーで有名なヘナと同じ仕組みで、角質層の上層部のタンパク質と結合することによって発色し、ターンオーバーによって徐々に薄くなっていきます。 ジヒドロキシアセトンはサトウキビなどから得られる天然成分で、スキンケア化粧品にも多く使われるグリセリンが元となっていることからもわかるように、毒性が低く安全な性質を持っています。 眉を染める基本的な構造には、敏感肌の刺激になるような問題点はありませんでした。 眉ティントに含まれる刺激の強い成分とは フェイクタンニングの構造には肌に影響を及ぼすような問題点は見当たりません。 では、眉ティントを行った人の中でも少なくない数の人が問題を訴えているのはなぜなのでしょうか。 これには、ジヒドロキシアセトン自体が肌に合わないということも否定しきれません。 ただ、もっと現実的なのが、フェイクタンニングのメカニズム以外のために使われている眉ティントの成分が刺激になっているという考察です。 その可能性を調べるために、眉ティントの成分を調査しました。 眉ティントに使用されている成分 現在人気の眉ティント2大ブランドは、日本の販売元から発売されているフジコ眉ティント、パイオニアとも言える韓国のプチプラコスメメーカーから発売されているエチュードハウス ティントマイブロウ ジェル です。 両者の成分についてみていきましょう。 フジコ眉ティントの成分 水、エタノール、BG、ポリビニルアルコール、ジヒドロキシアセトン、PVP、1,2-ヘキサンジオール、黃5,ポリソルベート80、塩化Na、香料、フェノキシエタノール、赤227、クエン酸、青1、EDTA-2Na エチュードハウスティントマイブロウの成分 水、ポリビニルアルコール、ジヒドロキシアセトン、エタノール、BG、1,2-ヘキサンジオール、プロパンジオール、センチフォリアバラ花水、セラミドNP、セリン、水溶性コラーゲン、ピロ亜硫酸Na、ベヘネス-30、フェノキシエタノール、黄4、赤227、青1、香料 この2つの製品には、それほど大きな違いはありません。 パッと見てわかる刺激の強い成分は、エタノールですが、エチュードハウスの方にはセラミドやセンチフォリアバラ花水、水溶性コラーゲンなど肌をいたわるような成分も含まれています。 共通して強い刺激が懸念される成分は、青1、赤227などの石油系着色料です。 これらの色素はタール色素と呼ばれ、発がん性やアレルギーの危険性が叫ばれています。 すでにヨーロッパなどの先進国では、これらの色素は禁止され、代替品により賄われています。 どちらもキレイに発色し、着色料のおかげで自分に合った色味が選べるのも事実ですが、眉ティントと同じような効果はタール系色素を使わないヘナタトゥーでも得ることができます。 眉ティントを購入する時には、着色料にどのような成分が使われているのかチェックすることが、肌荒れ回避にとって大切なポイントです。

次の

便利な眉ティント、敏感肌にはNGって本当?刺激の理由とは

眉ティント 敏感肌

現在30代後半から40代くらいの女性には、元アムラーだという人も多いのではないでしょうか。 アムラーの特徴と言えば、細くて鋭角の眉毛。 あの眉毛を再現するために、元々の眉毛は完全に「麻呂」のようになっていた人もいるでしょう。 問題は、その後遺症。 20代半ばまで眉毛を抜き続けていた人では、30代になって体毛自体薄くなってしまい、自分の眉毛が全然生えてこないということもあるのではないでしょうか。 そんな眉毛の悩みを解決してくれるのが、この数年で急激に広まった眉ティントです。 一度染めてしまえば1週間以上眉デザインをキープできるという眉ティントは主に若者向けの商品として発売されましたが、眉毛悩みのあるアラフォー以上の女性や、超乾燥肌やアトピーで眉毛に自信がない女性にも注目されています。 ただ、眉ティントには、色素沈着や肌荒れなどの問題も報告されています。 気になる眉ティントは敏感肌にも使えるのか、優しい成分のアイテムはないのか、詳しく調べてみました。 【目次】• 眉ティントとは エチュードハウスやフジコなどが発祥の韓国コスメです。 ティント液をテンプレートに沿って眉に乗せ、指定の時間置くと、自然な色合いに着色します。 眉ティントで染めた眉はおよそ数日~1週間落ちず、洗顔やプールにも耐えられます。 日本では眉毛を自己処理してからキレイに書き直すことの多い女子高生から広まり、眉の薄い人や朝のメイク時間を短縮したい人などに広く知られるようになりました。 眉ティントは敏感肌の人が使っても問題ないの? これまで日本で支持されていた1dayTATTOOなどのウォータープルーフアイブロウとは違い、眉ティントはクレンジングにも落ちず、数日間その色を残し続けることができます。 そこで気になるのが、どうやって色を残し続けているのかということです。 エチュードハウスやフジコなど、人気の眉ティントはフェイクタンニング(サンレスタンニング)と同じメカニズムを利用して眉を染めています。 眉ティントに使われる染色成分はグリセリン発酵物のジヒドロキシアセトンで、タンパク質と結合する性質があります。 この働きは、天然ヘアカラーで有名なヘナと同じ仕組みで、角質層の上層部のタンパク質と結合することによって発色し、ターンオーバーによって徐々に薄くなっていきます。 ジヒドロキシアセトンはサトウキビなどから得られる天然成分で、スキンケア化粧品にも多く使われるグリセリンが元となっていることからもわかるように、毒性が低く安全な性質を持っています。 眉を染める基本的な構造には、敏感肌の刺激になるような問題点はありませんでした。 眉ティントに含まれる刺激の強い成分とは フェイクタンニングの構造には肌に影響を及ぼすような問題点は見当たりません。 では、眉ティントを行った人の中でも少なくない数の人が問題を訴えているのはなぜなのでしょうか。 これには、ジヒドロキシアセトン自体が肌に合わないということも否定しきれません。 ただ、もっと現実的なのが、フェイクタンニングのメカニズム以外のために使われている眉ティントの成分が刺激になっているという考察です。 その可能性を調べるために、眉ティントの成分を調査しました。 眉ティントに使用されている成分 現在人気の眉ティント2大ブランドは、日本の販売元から発売されているフジコ眉ティント、パイオニアとも言える韓国のプチプラコスメメーカーから発売されているエチュードハウス ティントマイブロウ ジェル です。 両者の成分についてみていきましょう。 フジコ眉ティントの成分 水、エタノール、BG、ポリビニルアルコール、ジヒドロキシアセトン、PVP、1,2-ヘキサンジオール、黃5,ポリソルベート80、塩化Na、香料、フェノキシエタノール、赤227、クエン酸、青1、EDTA-2Na エチュードハウスティントマイブロウの成分 水、ポリビニルアルコール、ジヒドロキシアセトン、エタノール、BG、1,2-ヘキサンジオール、プロパンジオール、センチフォリアバラ花水、セラミドNP、セリン、水溶性コラーゲン、ピロ亜硫酸Na、ベヘネス-30、フェノキシエタノール、黄4、赤227、青1、香料 この2つの製品には、それほど大きな違いはありません。 パッと見てわかる刺激の強い成分は、エタノールですが、エチュードハウスの方にはセラミドやセンチフォリアバラ花水、水溶性コラーゲンなど肌をいたわるような成分も含まれています。 共通して強い刺激が懸念される成分は、青1、赤227などの石油系着色料です。 これらの色素はタール色素と呼ばれ、発がん性やアレルギーの危険性が叫ばれています。 すでにヨーロッパなどの先進国では、これらの色素は禁止され、代替品により賄われています。 どちらもキレイに発色し、着色料のおかげで自分に合った色味が選べるのも事実ですが、眉ティントと同じような効果はタール系色素を使わないヘナタトゥーでも得ることができます。 眉ティントを購入する時には、着色料にどのような成分が使われているのかチェックすることが、肌荒れ回避にとって大切なポイントです。

次の

便利な眉ティント、敏感肌にはNGって本当?刺激の理由とは

眉ティント 敏感肌

【目次】もう失敗しない!眉ティントの上手な書き方やおすすめアイテムをまとめて紹介 眉ティントって? 眉ティントとは、専用のリキッドを使い、眉の上に塗ることで、数日間消えずに色合いを維持できるコスメのことです。 染料を塗って一定時間置き剥がして使用するタイプと、剥がさずに塗るだけで染めてくれるタイプの2種類があります。 どちらも角質部分に色が入り込むので、一般的なアイブロウのように水や汗、皮脂で落ちてしまうといったことがないのが魅力です。 持続日数はアイテムによって異なりますが、多くのものが1~14日ほど色をキープしてくれます。 そのため、夏の海やプールといったアクティビティでも安心して使えたり、お泊りで眉すっぴんを見せたくないという方におすすめです。 眉ティントはアイブロウに比べて高密着なため、敏感肌の方は肌荒れを起こすこともあります。 パッチテストやテスターを使って確かめたり、口コミやレビューを参考にしてから購入するようにしましょう。 数多くあるコスメの中でも、商品やメーカーによって特徴が異なるため、自分に合うものを見つけることが大切です。 初めて眉ティントを買う方はもちろん、既に持っている方でも本当に自分に合っているのか確かめながら見てみてくださいね。 持続力 選ぶときは、眉ティントの最大の特徴でもある消えない時間、持続力をチェックしておきましょう。 基本的には、1~7日、長いもので14日ほど持続します。 アイテムによっては、その日のメイクで落とす1日のものもあるので、自分の生活に合った持続力のものを選んでください。 また、持続力には個人差があり、皮脂の量や水気といった外的刺激が多く加わると落ちやすいこともあります。 あくまで目安として考えておきましょう。 ペン先の形状 眉ティントは、種類によってペン先の形状が異なり、その種類は大きく分けて2つあります。 自分の眉毛の毛量や面積、理想の眉を想像して決めてください。 ペンタイプ:細筆 1つ目は、アイライナーのように先細りになった細筆タイプです。 こちらは初心者さんでも扱いやすく、失敗しにくいのが特徴。 元から眉毛が細い方にとっても使いやすい形状と言われています。 先細り部分が眉頭や眉尻など繊細な部分もしっかりと書くことができるため、微調整も可能です。 眉はメイクの中でも顔の印象を大きく左右するポイントなので、眉ティントを使うのであれば1本持っておくことをおすすめします。 ペンタイプ:平筆・太筆 2つ目は、平筆・太筆タイプです。 1つ目にご紹介した細筆の毛束が増量したものやコームタイプのものなどのことで、全体的に眉毛を増やしたり存在感を発揮することができます。 元から眉毛が薄い方に向いているでしょう。 太い筆先が広い面積を塗ることができたり、平筆がムラをなくし、綺麗で安定感のある仕上がりに。 近年人気なのも「太眉」なので、トレンドメイクをするのにももってこいです。 髪の色に合ったカラー 眉ティントに限らず、アイブロウメイクで大切なのはアイブロウカラーです。 黒髪だからといって眉ティントも黒色を選んでしまうと、どこか重たい印象に。 おすすめの選び方は、髪色よりワントーン明るい色です。 黒髪の方は「濃いめのブラウン」、茶髪の方は「薄めのブラウン」にすると大きく失敗することがありません。 そうとはいえ、メーカーによって色の違いが大きいので、選ぶときはテスターや口コミなどを確認して買うようにしてくださいね。 また、あらかじめカラーバリエーション豊富なメーカーのものだと、ヘアカラーチェンジしたときも選びやすくなり便利ですよ。 成分 一般的なアイブロウコスメよりも、高密着かつ数時間もしくは数日間付け続ける眉ティント。 敏感肌の方や皮膚が弱い方は、痒くなったり、ヒリヒリしたりすることもあるようです。 それは、配合されている成分が自分の肌・眉毛に合っていないことや高密着がゆえに乾燥してしまっていることも考えられます。 使用してみて肌・眉毛に異変が感じられたときは、使用を中止しすぐにクレンジングするようにしましょう。 また、赤みが出たりしたときには、早めに皮膚科を受診するようにしてください。 ただ、最近では肌のことを考えられた商品も多く発売されています。 乾燥から眉毛を守るために、数種類の美容液成分を配合していたり、自然由来成分を用いたりなど。 買うときは、商品パッケージ裏の配合成分をしっかりと確認しましょう。 眉ティントの正しい塗り方・手順 「眉ティントを買ったはいいけど、正しい使い方や塗り方が分からない…」という方も多いと思います。 ここからは、眉ティントを使う上で正しい使用方法をご紹介します。 より長持ちさせたり、綺麗な発色を出すポイントも合わせてチェックしてください。 眉の余計なゴミを取る 眉毛には、目に見えない皮脂やゴミがついていることもあります。 ティッシュオフするか洗顔をして、眉ティントのリキッドがのりやすい土台を作りましょう。 また、洗顔した場合はしっかりと水気を取ることで、色持ちの良さや安定感が増します。 ティッシュオフするときは、あまり力を入れすぎてしまうと、肌や眉毛を傷める原因になるので、あくまで優しくポンポンとスタンピングするのがポイントです。 なりたい理想の眉の形をアイブロウペンシルで縁取る 眉毛の土台が整ったら、次は理想のアイブロウの形をペンシルで縁取ります。 このとき、アイブロウペンシルを持っていない方は、細筆を使用したパウダータイプでも問題ありません。 理想の形をあらかじめ整えておくことで、バランスの悪い眉毛を避けられるのはもちろん、左右対称の綺麗な眉毛に仕上がります。 眉頭を塗りすぎないように塗布 これらの工程が終わったら、ようやく眉ティントを乗せていきます。 このとき注意したいのは、眉頭にリキッドを塗りすぎないことです。 塗りすぎてしまうと、いかにもメイク・眉ティントしました感が出てしまう原因に。 ナチュラルな仕上がりにするには、眉尻や眉の中間にしっかり色を乗せましょう。 2時間以上待って剥がす 塗り終わったらすぐに剥がしたくなりますが、そこはじっと我慢。 最低でも、2時間以上は待つのがおすすめです。 反対に2時間過ぎれば、どれだけ待っても染まり具合が変わることはないので、2時間置いたらゆっくりと剥がしていきましょう。 眉ティントを使う方の中には、夜寝る前に塗って朝剥がす方もいますが、寝ているときは気づかない間にこすってしまったりヨレてしまいます。 リキッドが乾いていれば良いのですが、乾ききっていないと皮膚についたり、変な形で固まってしまうこともあります。 できるだけ起きている時間の2時間で使用してくださいね。 <おすすめの眉ティント> 眉ティントの種類や使い方を知ったところで、次はおすすめの眉ティントをご紹介します。 眉ティントの定番ブランド「フジコ」をはじめ、ドラックストアやスーパー、バラエティーショップなど手軽に手に入るアイテムが目白押しです。 安定した綺麗な眉毛で、メイクも華やかにしましょう! 1. フジコ 眉ティント 特徴 アットコスメのベストコスメアワード2017年にベストアイブロウ1位を獲得したアイテムが、「フジコ 眉ティント」です。 言わずと知れた名品なので、眉ティントをしたことがある方や探したことがある方は一度は耳にしたことがあるかもしれません。 フジコは、眉ティントの代名詞的コスメブランド。 その中でも眉毛が薄い方、それでいて元から眉毛があるかのようにナチュラルな仕上がりにしたい方は、この眉ティントがおすすめです。 配合されているのは、チョウジエキスやハス花エキス、ヤマザクラエキスといった肌に優しい美容液成分で、眉毛1本1本にコシやハリを与えます。 ティント特有の粘度感が一切なく、初心者さんでもアイラインを扱うように、簡単に書くことができるのは嬉しいポイントです。 テクスチャー テクスチャーは、もったりとしており透け感がないほどの濃厚なリキッド。 大量にすくい上げても、眉毛に乗せるとがカスレができ、一見ムラになりそうですが、そのカスレが眉毛の自然なムラ感を演出してくれます。 仕上がりに違和感がなく、かえって眉毛の絶妙なニュアンスを再現できていると高評価です。 乾く速さは、眉ティントの中でもトップクラス。 こすっても取れないだけではなく、しっかりとした発色をキープしてくれます。 細筆なので強弱をつけやすく、初心者さんからずっと使っている方まで幅広く対応してくれるのは魅力的です。 フジコ 眉ティントの商品情報 価格:1,280円(税抜) 内容量:5g 色:3色 タイプ:剥がさないタイプ 特徴 シャープな先細りの筆が特徴的な「コジット 7daysまゆジェルティント」。 眉尻や眉頭といった細かい箇所も思いのまま調整することができます。 また、1回の使用でおよそ1週間もつ持続性が、人気の理由の一つです。 定着力が高いので、夜寝る前に塗って朝剥がす使用ができて手軽に続けられます。 リキッドに配合されているのは、トウガラシ果実エキス・ショウガ根エキス・オタネニンジン根エキスの3種類の植物由来エキス。 人工的な素材ではないのに加えて、国産メーカーからの発売なので、毎日使うものとして安心ですよね。 テクスチャー テクスチャーは、細筆でリキッドをキャッチしにくいこともあって軽めの質感。 細筆かつ先細りになっているため、微調整がしやすく、繊細なニュアンスも表現しやすいです。 また、ジェルを剥がすときにポロポロと粉状にならずにペリペリと綺麗に剥がれてくれます。 眉毛を傷めることもなく、それでいて片付けの手間がかからないのも続けやすいポイントです。 発色は見たままですが、色の展開が2色しかないので髪色と合わせにくいのが唯一の弱点。 とはいえ、1週間全くと言っていいほど色落ちしない安定力の高さがあります。 コジット 7daysまゆジェルティントの商品情報 価格:1,600円(税抜) 内容量:5g 色:2色 タイプ:剥がすタイプ 特徴 高級感のあるパッケージが目を引く「メイベリン ブロウインクジェルティント」。 「新習慣ティント」と言われており、塗って剥がすだけで最長1週間ナチュラルな色付きが続くというものです。 ラスティングティント処方で、角質層だけに色が届き、肌サイクルで自然と剥がれ落ちていくのが特徴。 速乾性にも優れており、最短20分で乾くとのことで、緊急で使う場合には手助けになってくれることでしょう。 配合されているのは、4種類のケア美容成分です。 ローヤルゼリー・アロエベラ・コラーゲン・ヒアルロン酸は、眉の色付けを邪魔せずに、ハリとコシを与えてケアしてくれます。 テクスチャー テクスチャーは、濃厚リキッドながらも滑りが良く、スルスルとした質感です。 滑りが良いからこそ、眉毛の枠を飛び出してしまうこともあるので、点と点を繋ぐようにして書くと失敗しにくいそう。 少し失敗してしまっても、すぐに綿棒で拭き取れば修正できます。 発色は強めなため、重ね塗りをしない方がベター。 乾くと力を入れずとも一回で剥がせるので、眉毛が抜けにくいです。 また、仕上がりはとてもナチュラルですが日数が経過していくうちに、発色が明るくなっていきます。 色の変化も考慮した上で購入するようにしてくださいね。 メイベリン ブロウインク ジェルティントの商品情報 価格:1,200円(税抜) 内容量:5ml 色:2色 タイプ:剥がすタイプ 特徴 自眉が濃い方や濃いものの部分的に途切れてしまっている眉毛の方におすすめなのが、書き足し用ながらもティント機能を兼ね備えた「フジコ 書き足し眉ティント」です。 手軽に使えるペンタイプのティントで、消えないことはもちろん、細かい修正や理想のラインを微調整できます。 ペン先は筆ではなく、4本に分かれたコーム(ブラシ)です。 ペンを倒して書けば太めの線を、コームを立てて使えば細い線を書け、自由自在にコントロールできます。 握りやすい太めグリップだからこそ、ブレずに安定したラインを引け、そして待ち時間がないため、気づいたときに手軽にお直しできるのは魅力的です。 コームは線の太さを操るだけではなく、元ある自眉の毛流れも整えてくれるので、よりナチュラルな仕上がりに導いてくれます。 テクスチャー テクスチャーは、ぼってりとリキッドが出ず、カスレ寄りのサラサラとした質感です。 かすれるか、かすれないかぐらいのインクの出方は、1,200円とは思えないクオリティで、自然な仕上がりになるのも納得です。 20秒ほどすると乾ききるので、それまでは失敗しても綿棒などで修正可能。 ペンのキャップを開けると薬剤っぽい香りがするものの、実際眉毛に乗せると香りは全く気にならなくなります。 また、塗る前に顔が濡れていたり汗をかいていると色がほとんど乗りません。 しっかりと水気を切り、皮脂などもない状態で塗ると発色が良くなるのに加え、色持ちといった持続力も良くなりますよ。 フジコ 書き足し眉ティントの商品情報 価格:1,200円(税抜) 内容量:2g 色:3色 タイプ:剥がさないタイプ 特徴 コスパ抜群!安くでハイクオリティな仕上がりが特徴の「キャンメイク アイブロウティントジェリー」です。 アイブロウティントジェリーは、1日単発で使うタイプで、1日経つと綺麗に色落ちしてくれます。 1日はしっかりと色持ちするにも関わらず、洗顔で簡単にオフすることができるのは使い勝手の良さを感じますよね。 リキッドには肌と眉毛に優しい美容液成分が配合されており、メイクしながらもしっかりとケアしてくれます。 筆は細筆でコシがあるので、細かい箇所やまばら眉のしっかりと埋めたいところをピンポイントでカバーできるのです。 テクスチャー テクスチャーは、眉ティントの中でも圧倒的みずみずしさです。 名前の通りジェリー状の液体は透明感が強く、そして薄付き。 ちゃんと付いているのか不安になりますが、時間が経って乾くと発色が強くなるので、付けすぎないように注意することが大切です。 一度眉に乗せるとジェルが眉毛をしっかりとコーティング。 クリームタイプなどに比べて、ブレずに安定した眉メイクに導いてくれますよ。 みずみずしいが故に、ムラができやすかったり、乾いたときの発色とのギャップに慣れるまで時間がかかるかもしれません。 キャンメイク アイブロウティントジェリーの商品情報 価格:594円(税込) 内容量:3. 45g 色:2色 タイプ:剥がさないタイプ 特徴 クチナシ果実エキスの天然色素を使った眉毛に優しい眉ティントが「ビナ薬粧 セルフタンニングアイブロウST」です。 ペン先は細く、芯にフェルトを持ってきた「フェルトペンタイプ」。 柔らかいながらもしっかりと眉毛や肌をとらえ、マーカーのように綺麗な線を実現します。 ペンような太さのグリップは、握りやすく、ブレないのも綺麗な仕上がりになる理由の一つです。 アイライナーのようにコンパクトで、化粧ポーチに忍ばせやすく、気になったときにパパっとメイク直しができます。 テクスチャー テクスチャーは、サラサラしており水気の多い質感です。 伸びが良く、少量で眉全体に付けられるので、コスパが良いのも嬉しいポイント。 はじめは筆のコシが強いため、硬く感じられますが、硬いがゆえにブレなく書くことができるのです。 カラーバリエーションは2色しかないものの、どちらもパキッと発色ではなく、くすみ色なので日本人の髪色とも絶妙にマッチします。 発色は1週間後にはだいぶ薄くなりますが、人によっては20日間ほど色持ちします。 日数が過ぎていくにつれて、色が明るくなってくるのでその点も考慮して選ぶのが良いでしょう。 ビナ薬粧 セルフタンニングアイブロウSTの商品情報 価格:1,900円(税抜) 内容量:4ml 色:2色 タイプ:剥がさないタイプ 特徴 韓国代表オルチャンメイクにも使われている万能アイテムが「エチュードハウス ティントマイブロウジェル」です。 ひと塗りで7日間しっかりと色持ちを持続させます。 配合されているのは、セラミド・水溶性コラーゲン・センチフォリアバラ花水といった美容液成分で、剥がした後の肌をしっかりと保湿してくれます。 また、被膜形成剤で、肌に負担をかけずに一度で綺麗に剥がせます。 筆は平筆で太筆仕様なため、細眉さんや全体的に眉毛が薄い方には特におすすめ。 熊野製の穂先を使用しているため、ブラシに弾力があり、強弱をつけた線が書きやすいです。 テクスチャー テクスチャーは、濃厚で少し粘度性のがある質感です。 多少の粘り気がある方が、眉にとどまりやすく、塗りやすさはピカイチ。 しっかりめに発色するので、元からある程度眉毛がある方は、自眉と重ね塗りするとより主張の強い眉になってしまいます。 また、薬剤っぽい香りが強めなので、香り付きのコスメが苦手な方はあらかじめテスターで確認して買った方が良いでしょう。 1週間色持ちするとなっていますが、お風呂などで強めにこすってしまうと取れてしまうとの口コミもあります。 持続力を維持したい方は、水気のあるところではできるだけ眉に触れないなどして対策をしてくださいね。 元から眉毛が薄い方や形に満足がいっていない方でも、理想の眉毛がまるで自眉かのように演出できます。 また、眉ティントの魅力は理想的な形になれることはもちろんですが、メイクもかなりの時短になるということです。 一度使うと、その便利さにリピートする人が多いのも納得できます。 理想の眉型が定まらない方や上手く書けない方は、眉専用のテンプレートもあり、眉型にくりぬかれたプラスチックを塗りつぶすだけでプロ級の眉型になることができます。 自分に合う眉ティントで、どんなときも手を抜かない綺麗眉を手に入れてくださいね。

次の