ランスロット 不倫。 ランスロットとは (ランスロットとは) [単語記事]

グィネヴィア (ぐぃねゔぃあ)とは【ピクシブ百科事典】

ランスロット 不倫

ランスロットとは、に登場する円卓のの一人、またはそれにちなんだ人名である。 に登場する円卓のの一人、「の」ランスロット。 本項で記述。 がテンを統一した後の、遠征よりその戦いに名を連ねる歴戦の勇士。 その実は君たる、親友たるガンやンといった者たちと並ぶともえるとも言われ、に匹敵する名 を振るう。 や試合においてはの活躍を見せ、また数々の冒険譚を残す、まごう事なき。 円卓のの筆頭格として多くの尊敬を(そしてを)集めていた。 しかし、終盤での・グィネヴィアとの不義密通が発覚。 彼は裏切りの烙印を承知の上で、処刑寸前のを救い故郷へと落ち延びる。 これにより円卓の団はっ二つに分かれ、親友ガンとも決裂。 戦の末、テン本での謀反という事態からとは和する。 その後はのを救うべく動くも、・ル・フェイの策略でその願いはかなわず、グィネヴィアにも別れを告げられ、失意のうちに生涯を閉じる。 生涯 物語序盤:湖の騎士 のウィックのバン王の子として産まれる。 の名はエ。 一族の他の達と共に、幼少の頃よりの(の精)に預けられて養育された。 その中でも傑出した才・素質を持っていた。 ・バン王はのテン統一事業に協するが、長く領地をにしていた為に、帰郷後の反乱鎮圧で命を落とす。 このため、ランスロットはやたちと共に、に代わってテンへと渡りに仕える事となった。 そこでの后であるグィネヴィアと出会い、二人は互いに一でに落ちる。 グィネヴィアとの仲は決して円満とは言えないものだったのである。 これ以後、長きにわたって二人の関係は続き、最終的に悲劇のとなってしまう。 物語中盤:罪深き愛 遠征から本格的にとしての活躍が始まり、親友でありであるガンと円卓のの中でも一、二を争う武勇の持ちとして名を高めていく。 、、術、精、いずれも傑出した物であった。 なんという。 グィネヴィアが悪いメにより攫われた際には、当然っ先に救出へと向かう。 しかしメのにかかってを失ってしまい、移動に難儀しているうちに荷を見つける。 において荷に乗せられるとは罪人や不浄な者に限定されており、当然が乗るような物ではないのだが、ランスロットはへのの為に を投げ捨て、荷に乗ってメのへと辿り着く。 なお、メ打倒後に「は罪を犯して荷に乗るような身分に墜ちた」と勘違いしたグィネヴィアに(一時的に)嫌われてしまうというも。 この時のランスロットののうけっぷりは半端ではない。 また、亡きと同じ名をもつ「エ」というに不思議と縁がある。 ひとりはボのエ。 ・ル・フェイの呪いに苦しんでいたを救出したランスロットであったが、グィネヴィアへの思いから、のを断った。 だがエはのでグィネヴィアの姿にし、ランスロットと限りの関係を結ぶ。 これによりエはランスロット一の子であり、 にされた最高のとなる ハッドを産むことになる。 もうひとりはットのエ。 やはり一惚れしたエはいーフを (もし私のを受け入れてくれるなら……)という思いを込めてランスロットに贈る。 普段、は以外のからを受け取っても、それを身につけるという事は決してかったのだが、このあと行われる試合に正体を隠して出場するつもりだったので 「ほー、いいじゃないか、こういうのでいいんだよ」と深く考えずに変装用として身につける。 更に試合で負った怪の看病までしてもらうのだが、エのは通じなかった。 悲しみにくれたエは自ら命を絶ち、その亡骸はテムズの流れに乗ってのへと辿り着いて、事情を知ったたちのを誘う。 なお、への思いを一途に守ったにもかかわらず「方そんな冷たい仕打ちをするなんて…」とグィネヴィアには怒られた。 物語終盤:愛ゆえの反逆と結末 優れたであるランスロットではあったが、との長きにわたる関係は半ば周知のとなり、次第に王宮にひずみを起こしていく。 彼自身、このの罪によって探のには失敗してしまった。 遂に、反ランスロットの急先鋒である(の庶子)によって二人の関係は告発される。 グィネヴィアは火あぶりの刑に処せられる事になるが、処刑間際、ランスロット一によって間一救出された。 しれにより(不本意ではあったが)に反逆した身となる。 更に悪い事に救出の際、ランスロットを慕う・ガ(ガンの)を誤殺してしまい、親友ガンとの仲も決裂してしまうのである。 を連れての地に戻ったランスロットの元に、率いる征伐軍が押し寄せる。 戦いは終始有利に進み、一時はやガンを追い詰めたりもしたが、ランスロットとしてはに本格的に反逆する気はかった為、敢えて見逃している。 一時休戦を結んだ際にグィネヴィアはの下へと帰された。 休戦が明けて再び戦となるも、この隙にテンのを預かっていたが謀反を起こし、グィネヴィアをもが物にしようとする。 これによりとランスロットは和議を結んだ。 ランスロットはへの援軍兵を計画するが、を憎む・ル・フェイの妨にあい間に合わぬまま、との戦いは相討ちに終わる。 自らの行いが破滅を招いた事を悔いたランスロットとグィネヴィア。 グィネヴィアは出して修女となり、それを聞いたランスロットはの元へと向かうも、別れを告げられる。 ここにランスロットもまた俗世との別れを決意し、行先も告げずに自領を出奔。 既に円卓のをしていた隠者の元で僧となり静かな日々を送る。 のち、グィネヴィアが病死した事を聞くと食事を絶ち、後を追ってこの世を去る。 から七年後の事であった。 しかし彼のたちの行動が二人のを引き裂くことになる。 死後は気持ちも落ち着いたのか、のに立って「焦らずにランスロットの援軍が来るまで待き」と助言している。 ガ ガンの。 ランスロットによってに叙任された経緯もあって、非常にを慕っている。 だが非情にも自身の手によって殺されてしまう。 ランスロットの。 の高すぎるの補佐を黙々とこなす出来た人。 のの一人。 、出したを発見して自分も僧となり、のちにの死を看取った。 エ・ド・ ランスロットの。 とは異なり補佐役としてはどうにも不足で、大抵になる。 、出したを捜索するが、発見したのはが亡くなった直後であった。 ラ のでランスロットの。 その2。 やはりを捜索するが、辿り着けずに戦死する。 ェ ットのエの。 ランスロットの怪が治った際、に付き従い円卓のに加入。 終盤から登場する若手ではあるが、に次ぐ良き補佐役として活躍する。 ン ウォール出身の。 元君の后との関係に悩むという、ランスロットと似た遇の人物。 その為とはがあう模様。 リー 「この世で一番優れたでなければ治せない」という呪いの傷を負った。 ランスロットの祈りで全快。 以後はとして活動。 ハッド ランスロットの。 なのだが、前述のとおりの望まない相手がを駆使して理やりことに及んだ上で産んだ子であるため、はしばらく認知しておらず、親子の情は薄い。 をもえる円卓最高のに成長し、探索を成功させるが、最後はと共にに上りから退場する。 アグェ ガンので、反ランスロットの急先鋒。 と他12名のを引き連れてとの密会現場を襲うのだが、以外その場でに返り討ちにされた。 全にゲーのである。 この時ののこり12名は以下の通り。 ガン(ガンの子)• ス(ガンの子)• ロ(ガンの子)• レス(ラ絡みで死んだはずだが、また死ぬ)• マ(晩餐会事件で死んだパの)• のメット• のペペ• のガン• モーソム• ス 関連商品 関連項目•

次の

ランスロットの不倫問題

ランスロット 不倫

……Ar……thur…… プロフィール 真名 性別 男性 身長 191cm 体重 81kg 出典 地域 属性 秩序・狂 イメージカラー 濃紺 特技 武芸、乗馬 好きなもの 礼節、 苦手なもの 本音トーク 天敵 CV 概要 『』において、によって召喚されたの。 傷だらけの黒いフルプレートを纏った謎の騎士。 素顔はウェーブのかかった濃紫の長髪の青年。 スキル「無窮の武練」により、狂化してなお本来の武芸の冴えを損なっていない規格外の特性を持つ。 に対し強烈な執着を見せ、その姿を認めれば、マスターの制御をも撥ね退け彼女に襲い掛かる。 元々は正式な騎士であるが、として召喚された理由は、いわば即席のとしてマスターになった雁夜と、正当な魔術師である他の殆どのマスターとの戦力差をカバーするため。 …というのが表面上の理由で、実際には「狂化」を付与するよう指示を出したが単純に雁夜を激しい魔力消費で苦しめるための嗜虐の趣向としてバーサーカーを選択させたようである。 臓硯は雁夜が勝ち抜くなどとは全く思っておらず、現に雁夜が最後の四人に残っていたことには驚いていた。 だが、かといって別のクラスであればもっと勝てたかと言えばそうでもなく、素の性格は結構毒舌であるため(アインツベルン相談室でもマスターの事を割と痛烈に皮肉っていた)、相性まで考慮すると結局バーサーカークラスの方が合っていたと言われている。 その正体は彼の持つ宝具によって隠蔽されている。 そのため真名が明らかになるのは、本編の終盤であり全サーヴァントの中で最も遅い。 真名 正体はセイバーのかつての部下、の一人。 湖の騎士にして裏切りの騎士。 幼くして両親を失い、湖の妖精ニミュエにより育てられたことで「湖の騎士」の異名を得る。 成人した後はブリテン島に渡り、アーサー王との出会いを経て円卓の騎士に名を連ねる。 その武勇と騎士道精神は他に並ぶ者がなかったと言われる。 しかしアーサー王の妻と恋に落ちた彼は、「完璧な騎士」であるが故に愛する女を救うことも王を裏切ることもできず、ギネヴィアの不貞が暴露されたことで円卓の騎士の座を追われ、ブリテン崩壊の一端を担ったという汚名を受けた。 王への叛逆が速やかに滅びの道に至ったならば、まだしも救いはあっただろう。 しかしその武勇が無双であったが故に、事態は最悪の結果をもたらす。 その過去から英霊の座に至っても後悔と憎悪の感情を捨て切れず、第四次聖杯戦争では「発狂」できるという理由で召喚に応じた。 発狂を願った原因は、不忠の罪を犯したにもかかわらず、騎士王に許されてしまった(彼自身はギネヴィアとの一件は自分の罪であるとしていたが、騎士王は理想の王に殉じ過ぎたがために彼を許してしまった)が為に、己の中で決着を付けられないまま片づけられてしまい「良心の呵責に苛まれ続ける」という生き地獄に晒されてしまったため。 彼が狂化してまで騎士王が参加した聖杯戦争に参戦し、執拗なまでに彼女に執着したのも、かつての自分のを、他ならぬ騎士王自身に裁いて欲しかったからである。 そのためか、退場後に『』に登場した際は、裁きを受けたことから心の整理がついたらしく、狂化が解けて本来の性格に戻っていた。 しかし、自分が原因で狂気に身を委ねるほど堕ちてしまったかつての忠臣の姿を見せつけられたセイバーは王になったことすら悔やむようになり、後に自分が王となった事自体をなかったことにするよう望むまでになってしまう。 生前のアーサー王としても英霊セイバーとしての運命も歪めることになった宿命の存在と言える。 人物 あまりにも多くの栄誉に浴しながらも悔恨のうちに果てた騎士の執念、とりわけ王と王妃に向ける決して答の出ない愛憎の念ゆえに、彼は永劫の狂気に囚われ続ける。 その苦悩を鎮めうるたったひとつの出会いを求め、黒い騎士は戦い続ける。 「人妻に焦がれ」「その夫に対して複雑な感情を抱く」という点でマスターである間桐雁夜に似る。 同僚であったからは、かなりの生真面目かつ合理主義者として称されており、『EXTRA』のにも似ているとも。 癖者ぞろいのをまとめた苦労人でもあったらしい。 人物の詳細は狂化していないの方も参照として、自身のマスターであるに対しては 「困った人。 あれほどのダメ人間はそうはいない」と酷評し、方々から「」と突っ込まれている。 能力 スキル「無窮の武練」のおかげで、理性が失われる 「狂化」の影響を受けることなく円卓の騎士随一の高い技量を発揮できる。 とはいえ、燃費は桁違いに悪いままであり、魔力量が低い雁夜を苦しめている。 対魔力 E 魔除けの指輪によるものだが、狂化によりランクダウンしている。 魔術の無効化はできず、ダメージを多少軽減するのみ。 精霊の加護 A 精霊からの祝福により、武勲を立てうる戦場での危機的な局面において優先的に幸運を呼び寄せる。 心技体の完全な合一により、いかなる精神的制約の影響下でも十全の戦闘力を発揮できる。 魔力逆流 A 『FGO』で追加。 詳細は不明。 (ナイト・オブ・オーナー)• 種別:対人宝具• レンジ:1• 最大捕捉:30人 罠にかかり丸腰で戦う羽目になった時、拾った楡の木の枝だけで勝利したというエピソードが具現化した能力。 彼が手にしたものに「自分の宝具」として属性を与え扱う能力。 どんな武器、どのような兵器でもあろうとも 例えば鉄柱でも、戦闘機でも、銃でも 手にし魔力を巡らせることでDランク相当の擬似宝具となる。 その際、対処の武器をバーサーカーの黒い魔力が葉脈のように巡り包む。 また、宝具を手に取った場合は元からDランク以上のランクならば従来のランクのまま彼の支配下における。 ただし、この能力の適用範囲は、原則として彼が「武器」として認識できるものに限られる。 更なる詳細は同項目を参照。 己が栄光の為でなく(フォー・サムワンズ・グロウリー)• ランク:B• 種別:対人宝具• レンジ:0• 最大捕捉:1人 他人に扮して数々の武勇を成した、ランスロットの故事を体現した能力。 黒い靄を纏わせる事で己の正体を隠蔽しており、鎧の細部が十重二十重にブレてしまい、その正確な姿を捉える事が出来なくなる。 また、効果はマスターの透視能力にも及んでおり、誰も彼のステータスを見る事が出来ない。 生前からの付き合いがあるが終盤まで正体に気付けなかったのも、この宝具による効果が大きい。 本来は変身能力も使えるのだが、「狂化」スキルにより劣化しているため使用できない。 による補助を受ければ、一時的に本来の宝具として使用する事が可能で、対象の姿を寸分違わずにコピーする。 以上二つの宝具は氏がランスロットを変身ヒーローをイメージして設定したもの。 種別:対人宝具• レンジ:1~2• 最大捕捉:1人• 由来:ランスロットの愛剣アロンダイト 上記の二つの宝具を封印することによって使用可能になる真の宝具。 人ならざる者によって鍛えられた、決して刃こぼれしない無窮の剣。 「」と起源を同じくする神造兵装。 元は聖剣だったが、同胞だったを斬ったことで魔剣としての属性を得てしまった。 全てのパラメーターを1ランク上昇させ、また、全てのST判定で成功率を2倍にする。 更に、竜退治の逸話を持つため、竜属性を持つ者に対しては追加ダメージを負わせる。 ただし、解放中は消費魔力が二倍程跳ね上がるため、バーサーカークラスの特性と相まって凄まじく燃費が悪い。 『Zero』では使われていないが、他の聖剣と同様にビーム的なものも出せる。 これは燃費または「真名解放」が出来ないためと思われていたが、他の媒体だと使用している 無銘の神造兵装投影の件もあるので、他媒体での使用はあまり信用出来ないところはある。 テーマ曲 アニメ版にてと交戦した際に使用された 「The Battle Is To The Strong」がそれに当たる。 このテーマをバックにバーサーカーがアーチャーの射出した宝具を捌いていくシーンが描かれ、バーサーカーの異様さをこれでもかと引き立てていた。 他作品 アインツベルン相談室では第6話 最終話 で登場。 は今回屈指のネガティブ属性と期待していたが……。 イラストのようなスーツ姿で登場。 『とびたて!超時空トラぶる花札大作戦』でも自キャラとして使用する場合のみ、このスーツ姿で登場。 宝具は「(ナイト・オブ・オーナー)」。 MP10と4文のダメージを受ける代わりに持ち札に関係なくランダムで役が付く。 運が良ければ「五光」や「赤青両短」など高得点な役も付く強力な宝具である。 Garden of Avalon 若い頃は割りと自信家の一面があったようで理想の騎士を自認していたが、友人であるが王の苦悩を察しない事を嘆いたり、若い頃のようにいかない自分も老いたと語ったりと、年月と共に自信を失っていったようだ。 色々とネタにされていたへの問題発言もやっぱりギャグ時空故だったらしく、彼女を侮辱するに対して「ほざいたな、アグラヴェイン……!」と普段の口調が崩れる程の怒りを見せている。 2015年8月31日の「300万DL突破記念キャンペーン」にて・と共に実装。 こちらでは短髪になっているため、雰囲気がガラリと変わっている。 メインシナリオでは、第一特異点『』にて登場。 に召喚され、敵側のサーヴァントとして達との一行と敵対。 その際にジャンヌをアーサー王と勘違いしたらしく、戦闘では執拗に狙ってくる。 このあたりは『Zero』でがアーサー王をジャンヌと勘違いしたのと真逆になり、これは「(アーサー王とジャンヌの)容姿ではなく魂が似ている」かららしい。 マイルームでは狂化しているためまともに会話出来ないが、息子の気配を感じてか名前をつぶやいている。 さらにデミサーヴァントであるは彼の発言がなんとなくであるがわかるらしい(当然他の人にはア゛ーかサーとしか聞こえない)。 また、バーサーカーでありながら比較的温和と言われていたり、狂化していたとしても騎士道精神は失われていないようである(バレンタインイベントにてチョコを貰った際に、「Merci」と言う等) なお、彼の台詞は文字であらわすと小文字を中心としたアルファベット表記なのだが、セイバークラスの彼が訳あってバーサーカー用の甲冑を纏ったときは大文字だけのアルファベット表記で台詞が表された。 また、この時は狂化していないため様々な英単語で会話をしている。 が、変装の理由があまりに情けないため、上記の宝具を使用していると思われる事も含め、宝具名から捩って 「己が栄光の為でなく(己が保身の為である)」とネタにされる。 実装当初は霊基再臨3段階目のイラストでアロンダイトを携えているのだが、何故かキャラクター自身が丸太を持っているのでネタにされていた。 その後の更新で修正されてアロンダイトを持つようになる。 しかしこの結果、宝具発動時にアロンダイトを放り出してを持ち出すようになってしまい、それはそれでどうなんだとこれまたネタにされている。 また、丸太姿に見慣れたマスターは違和感を感じることもある。 アロンダイトを封印することで様々なスキルを発動できるという設定からすると、その辺から拾ってきたっぽい丸太で戦うというのは結構理にかなってたりもする。 更に、イベント『』の復刻版の最中である2018年9月10日にようやく彼のモーションも新しくなった。 固有モーションとなった事で、鉄パイプでは槍術、アロンダイトでは剣術と動きが使い分けられるようになった。 アロンダイトでは縛鎖全断・過重湖光 アロンダイト・オーバーロード と同じ動きもみられる。 ……が、注目されるのは、かつて第四次聖杯戦争でが誂えた やら やらを引っ張り出して使うようになった事だろう。 宝具演出も同じように戦闘機を持ち出すようになった。 もう戦い方がいろいろと近代面に染まり過ぎであるが、 だから仕方ない。 ただし、では銃使いのサーヴァントとして名が挙がっているため、単なる原作再現ではなく銃火器を戦闘に用いているのは本当らしい。 スキルは攻撃に特化しており、上手くハマった際の爆発力は随一を誇る。 反面、バーサーカー特有の紙耐久(スキルに耐久を上げるものがないので余計にキツイ)と宝具以外でのスター生産力・NP効率が低いという大きな欠点も抱えており、一度事故ると立て直しは難しい。 スキルが全部クリティカルに関わるのでクリティカル威力低下にも注意。 実装当初からクラス特性と宝具を活かした殲滅要員として一定の評価を得ていたが、2018年7月末にQuickサポートに特化したが実装された事で宝具の連射性が大きく上がり、と並ぶ高汎用な周回要員(通称スカスカシステム)として名を馳せるようになった。 ただしこの構築は 使う相手を間違えると立ちどころに機能不全に陥るため、戦う相手を選ぶ非常にピーキーなパーティーな点には注意。 『Zero』からの参戦。 軍のサーヴァントとして登場。 多くのステージで「己が栄光の為でなく」を使い、シャドウサーヴァントの中に紛れて襲撃してくる。 宝具は「(ナイト・オブ・オーナー)」。 またもやどこからともなく飛んできた戦闘機を乗っ取って操作してミサイルを大量に撃ち込み、遂には特攻を仕掛ける。 また、にも変身すると言う小ネタも披露した。 関連イラスト.

次の

宮廷風恋愛(きゅうていふうれんあい)とは

ランスロット 不倫

概要 [ ] の一地方を治めていた王(通称:ベンウィックのバン王 )の息子で、両親は共に早くに他界している。 ランスロットはというに育てられたため、「 湖の騎士(Lancelot du Lac)」とも呼ばれる。 その後、成人になった彼は武者修行のため()に渡り、そこでと運命的に出会った。 そして彼に惚れ、のちに円卓の騎士として名を馳せることになる。 馬上槍試合では、槍、剣術、乗馬のどれも彼の右に出るものはいなかった。 としての行動や振る舞いもまた素晴らしいものだった。 は、ランスロットの愛用する剣である。 ただ、アーサー王伝説には登場せず、14世紀初頭の詩『 ()』の(蔵 175 写本など)が初出である。 アロンダイトはこの詩の中でビーヴェス卿の息子ガイ卿の剣として登場するが、同時に「元々はランスロットの剣であった」という故事が語られている。 アロンダイトは刃毀れしにくい剣と言われている。 ランスロットは、同じ円卓の騎士のの3人の弟(、、)をこの剣で斬殺してしまっている。 さらに、アーサー王の妃に通じていた()と言う説もあり、主君アーサー王に密告されるのを恐れてガウェインの弟たちを殺したとも言われている。 またランスロットはフランスのではクラブのジャックのモデルにもなっている 参照。 経歴 [ ] 生い立ち [ ] 湖の精にさらわれるランスロット ランスロットの父ベンウィックのバン王は、即位したばかりのアーサー王の後ろ盾となってイングランド統一戦に兵を送ったフランスの地方国家ベンウィックの王であった。 そのためにフランスを長期間留守にしてしまい、そこを()に攻められて、兄弟の王ともどもに領地を失った。 その時二人は憤死したとも、戦死したとも伝えられる。 落城の折、バン王の王妃エレインは赤子のランスロットを抱いて逃亡するが、湖の畔で休んでいるうちに、湖の精によってランスロットはさらわれてしまう。 このニミュエに育てられたため、ランスロットは「湖のランスロ(Lancelot Du Lac)」とも呼ばれる。 グィネヴィアとの恋 [ ] ランスロットは長じて立派な騎士となり、アーサー王の宮殿を訪れてに列せられることになった。 ランスロットは武勇でも騎士道を守る心でも、円卓の騎士の中で並ぶ者がなかった。 トマス・マロリーのキャクストン版では、トリストラムと並ぶ最高の騎士とされる。 しかし、アーサー王の王妃と恋に落ち、と不義の恋との板挟みに苦しむことになる。 荷車の騎士 [ ] ある時、ブラデメイガス王の子マリアガンスは王妃に横恋慕し、彼女と護衛の卿をさらう。 それを知ったランスロットは救出に向かうが、マリアガンスの部下の待ち伏せを受けて馬を射殺されてしまう。 乗馬を失ったランスロットは重い鎧に難儀するが、森で荷車を見つけた。 当時は罪人か不浄な者しか荷車に乗ることはなかったが、王妃を救うために動き回るための乗り物は必要であり、ランスロットはこれに乗ることにする。 荷車に乗って国中を走り回るランスロットの姿は噂となり、幽囚の王妃やケイ卿の知るところとなる。 王妃らはランスロットが騎士道に背く行いをしたために、罰として荷車に乗っているのだと誤解する。 いくつもの冒険を超えてランスロットはマリアガンスを破り、王妃らを救出するが、グィネヴィアは荷車の一件でランスロットをなじる。 半狂乱となったランスロットは三日三晩森を彷徨うが、気を取り直して王宮に帰り、王妃に事情を説明して誤解を解く。 円卓の騎士の身代わり [ ] ランスロットは円卓の騎士の身代わりを務め、その窮地を救ったことが一度ならずある。 ケイ卿が遍歴騎士としての旅に出ている時、多くの騎士に挑戦されて負傷する。 そこを通りがかったランスロットは、ケイの武具を身に着ける。 ケイだと思って挑戦するサグラマー、ガウェイン、ヘクター・ド・マリス、ユーウェインはいずれも相手をケイだと侮って敗れる。 サラセンの騎士卿はに求婚したことがあったため、イゾルデの密かな恋人と敵対関係にあった。 ある時、パラミデュースは悪辣の騎士ブリューズ・サン・ピティと九人の騎士に襲われ負傷する。 そこを通りがかったトリストラムに助けられるが、トリストラムは相手がパラミデュースだと知ると、数日後にキャメロンの近くの川にあるマーリンの碑で決闘するよう要求した。 ランスロットは傷も癒えず弱り果てたパラミデュースを見かね、パラミデュースの白装束を借り受け、対戦相手の名前も聞かずに、代わりに決闘に出かけた。 後日、ランスロットがアーサー王に反旗を翻したとき、パラミデュースはランスロット側に着いてフランスに領地を与えられた。 アーサー王の死後も、すでに改宗していたパラミデュースはランスロットに付き従って出家した。 二人のエレインとの出会い [ ] 優れた武勇や騎士道精神をもつランスロットを慕う女性は多かった。 姫はランスロットに愛を拒絶され、衰弱して命を落とす。 彼女の亡骸は小船に乗せられ、アストラット王の悲しみとランスロットへの非難を綴った文書と共に流されてに流れ着いた。 そしてもう一人、ペレス王の娘、は、魔法の薬のと、家臣らの演技を使って、ランスロットにグィネヴィア王妃と誤認させて、彼と一夜を共にする。 このとき身篭った子がである。 ランスロットの母の名もであり、彼の人生には何人ものエレインが登場することになる。 アーサー王との決裂 [ ] ある日、ランスロットとグィネヴィアは、不義密通の現場を、円卓の騎士でありガウェインの弟であると12人の円卓の騎士に踏み込まれてしまう。 この時ランスロットはアグラヴェインと12人の騎士たちを殺害してしまった。 王妃グィネヴィアは不義の罪でに処せられるべく、刑場に引き出される。 そこをランスロットは急襲し、警護に当たっていた多数の円卓の騎士たちを殺してグィネヴィアを救出する。 この際に、ガウェインの弟(と)を殺してしまう。 ランスロットを敬愛する二人は、グィネヴィアを救出しにやって来る彼を傷つけないよう、丸腰であった。 (正確には、グィネヴィアの処刑に反対だったガレスとガヘリスは、アーサー王の命令に仕方なく従ったことを周囲に示すために平時の服装で丸腰のまま王妃の処刑に立ち会った)三人の弟を失ったガウェインはランスロット討伐を強硬に主張するようになる。 ランスロットとグィネヴィアを追討するために、アーサー王は国中に触れを出すが、人望あるランスロットを助けるべく、円卓の騎士の半ばまでがアーサー王の命に従わなかった。 こうしてランスロットとアーサー王を巡って円卓の騎士は二つに割れてしまう。 結局、アーサー王はランスロットとグィネヴィアの篭る城「幸福の護り」を落とすことが出来ず、ランスロットも自らが原因で円卓の騎士が二分してしまったことを後ろめたく思っていた。 ランスロットは、が一騎討ちを挑んできても、それに応じなかった。 また、ある時はランスロット側についた円卓の騎士がアーサー王を打ち倒した。 ボールスは剣を抜いてアーサー王の首を掻こうとしたが、ランスロットはそれを止めて王の命を助けた。 ロチェスター僧正の仲裁でグィネヴィアはアーサー王のもとに返され、一年間の休戦となった。 ランスロットとランスロット派の円卓の騎士たちはフランスへと渡る。 そこでランスロットは、ブレモア、、、ラヴェインといった味方する円卓の騎士たちに、自らと同じだけの広さの領地を与えて報いた。 ガウェインとアーサー王の死 [ ] 休戦の一年が過ぎると、アーサー王の軍勢は海を渡ってフランスへ攻め込んできた。 円卓の騎士同士の戦いに嫌気が差したランスロットは使者を送って和議を申し出る。 しかし、三人の弟を殺されたはこの申し出を受け入れないようアーサー王に迫り、可否を巡ってランスロットはガウェインとを行う。 この一騎討ちでは重傷を負う。 一月が経ってもまだアーサー王とランスロットはフランスで対峙していた。 その間にアーサー王の息子がブリテンで反乱を起こしてしまう。 ようやく和議を受け入れたガウェインは、先発隊としてブリテンに渡るが、ランスロットとの一騎討ちで受けた傷の上を打たれ、それがもとで死んでしまう。 アーサー王もまた、の霊が枕元に立って「ランスロットと合流してから会戦に挑め」と忠告したにも関わらず、和議に失敗して単独でモードレッドに挑んでしまう。 結局、二人は相討ちとなり、アーサー王に従った円卓の騎士の大半も、ここキャムランの丘で討ち死にしてしまう。 円卓の騎士の中でランスロットに従った半数を除けば、生き残ったのはだけであった。 無二の親友であったガウェインや主君のアーサー王、そして多くの円卓の騎士の死に責任を感じたランスロットは出家を決意する。 余生 [ ] アーサー王の死後、王妃グィネヴィアは出家し、迎えに来たランスロットをも拒絶する。 ランスロットもまた出家し、二人は二度と生きて逢うことはなかったという。 グィネヴィアの死が伝えられると、ランスロットは自ら食を絶って生を終えた。 ランスロットに従った円卓の騎士 [ ] アーサー王とランスロットとの戦いで、ランスロットについた円卓の騎士としては、、、、、、、、などがいる。 彼らのうち何人かは、の死後、ランスロットとともに修道院に入った。 また、彼らの多くは何らかの形でランスロットに危機を救われた経験を持つ。 ランスロットが登場する作品 [ ] 、および を参照 脚注 [ ].

次の