アイマス声優 不仲。 友利花

アイマス仲良し声優・中村繪里子と今井麻美の関係wwwwww

アイマス声優 不仲

初めに 当記事は非常にデリケートです。 中立性を持った編集を心がけてください。 また現在では騒動から10年経ち、複数の解釈が生まれ必ずしも中立性を保っているわけではなく一部には編集者による個人的な解釈が含まれている場合があります。 当記事で初めてこの騒動を知る方々は、その事を踏まえた上で、閲覧して頂けると幸いです。 意見、不満、感想等は、当記事の掲示板でお願いします。 概要 9・18事件(きゅうてんいちはちじけん)とは、2010年9月18日に行われた2010(以下TGS)で起こった『』に関する出来事。 読み方は様々あり、 きゅういちはちじけんとも読める。 表記も点を無くした「918」と書かれることも。 場合によってはアイマス2に関する騒動全体を表すこともある。 事の始まり それまで人々は皆、新しくなった『アイドルマスター』に興奮し、醒めない熱気で『アイマス2』の支援をしていた。 そしてTGS2010にて行われたアイマスのイベント「アイドルマスター 765プロ決起集会」では声優陣も登場し、ミニライブから始まり当初会場は大きな盛り上がりを見せていた。 熱狂の続く会場で突如、PVでが登場する。 「から新キャラクターが登場する」との発表は前々からなされていたため、これは演出として受け入れられていた。 黒井社長は打倒765プロ宣言をしたのち、新ユニットの発表をしていくのだが……。 発表された新要素 黒井社長が発表したその瞬間、聞こえてきたのはまさかの男性アイドルの声だった。 アイドル全員が女性ののライバル役である新キャラクターとして現れたのは「」という男性3人組のユニットであった。 いわゆる系のいでたちである。 アイドルマスターはプロデュース(育成)シミュレーションゲームではあるが、女性キャラクターをメインとしたゲームであり、と捉えられる場合もある。 一応前作『』にも男性アイドルは存在していたものの、こちらはであったため、その衝撃は大きいものとなった。 しかし発表はこれだけに留まらず、シリーズの総合プロデューサーである坂上Pによってさらに衝撃的な発表がなされていくのだった。 既存アイドルのNPC化 過去作でプロデュースできた・・・の4人のうち、伊織・あずさ・亜美の3人は765プロ側の3人組ライバルユニット「」となり、律子は アイドルを引退してその竜宮小町のプロデューサーとなった。 ギャルゲーで言うなら攻略対象からの除外である。 この変更には、前作までその4人をプロデュースしていたPの多くが頭を抱えた。 選抜レース これから発売される『MASTER ARTIST 2』というCDシリーズで、同時発売される3人を1組としてオーディションをし選抜する。 そして、オーディションを勝ち抜いた1組が「のM STER ver. 」、つまりアイマス2の主題歌のようなものをCDで歌唱できると発表された。 オーディション方法はTGSでは明言されず、様々な憶測が飛び交い「のようにCD売上を競うものではないか」という推測もされ、もしそうならばアイマス2のテーマである「団結」が空虚なものになってしまうと予想された。 ただし 後日発表されたオーディション方法は「携帯電話からの1人1票形式の投票」であり、投票結果も「全員で歌唱」が1位になったため、想像していたような選抜レースにはならなかった。 問題点・課題点 の扱い 竜宮小町のメンバーのNPC化については前情報である程度告知されていたものの、製作側から直々に、何のフォローもなく告げられた事で、観客に大きなダメージを与えた。 クリア後の裏ルートやの配信に期待した者もいたが、それも予定されておらず追い打ちをかけるものとなった。 またゲーム本編での活躍も、序盤に先輩ぽい活躍を見せたものの後は、中ボスとして立ちはだかり、その後はJupiterの引き立て役で終わりその後は目立った活躍もない、というあんまりなものであった…。 過去にも、『』において以前プロデュースできていたがプロデュースできなくなったという事例がある。 SPでの美希はライバル事務所の961プロへ移籍したという設定を課されてしまい、1人だけプロデュース不可能だったのだ。 そのため、この竜宮小町の一件はこれと同じ問題だとする見方もある。 ただし、楽曲は他のプロデュース可能なアイドル達と同じ曲数が収録されており、ライブを鑑賞できるモード「S4U」で歌わせる事が可能で、条件を満たせばストーリーでも5人組でのライブにゲスト参加させる事ができた。 後に発売された版では、エクストラエピソードとして竜宮小町の4人を指導(プロデュースではない)しJupiterにリベンジする短編ストーリーを遊べるようになった。 後に、これはバンナム上層部からの予算や時間の制約の影響だったとで元総合ディレクターの石原氏が語っている。 Jupiterの存在 前述したとおり、Jupiterは3人組の男性ユニットである。 また、「竜宮小町をプロデュース不可にしてまで出す必要があったのか、彼ら用のキャプチャー・ボイス・ボーカルの費用を竜宮小町に使えなかったのか」などの声も出ている。 ただし、これに関しては彼ら3人のゲーム内でのデータ使用容量を合わせてもプロデュースできるアイドル1人の容量にすら満たしていないという点では注意。 他にも「公式で恋仲になったり、イベントが起こるのでは」など男女関係についても色々と不安視されたが、公式で「それらの要素はない」と発表され、実際に765プロアイドルとJupiterが恋仲になるような展開はなかった。 またでは、が「恋愛描写がなければいいという話じゃない、 可能性を生み出しただけでアウトなんだよ!!」と発言するが投稿され(は削除済み)、 再生数881,097、コメント数61,394、マイリスト数4,021を叩き出し、一躍脚光を浴びた。 怒りの矛先はJupiterだけでなく彼らを演じる声優陣にも向けられたようで彼らが初めてライブに臨んだ際には「本当にJupiterも色々あったけど・・・」と声を詰まらせ涙し、も「こんなステージに立つということはもうないのかなと正直思ってました。 」とコメントし涙した。 特に松岡は初めてオーディションで勝ち取った役であり、その役がファンに受け入れられるどころか敵意を向けられた悲しみは計り知れない。 ただし、容量解析などは、「リバースエンジニアリング」と呼ばれる行為であり、 いわゆる「クラッキング」に相当する行為であるため360版(俗に言う無印アイドルマスター)の説明書にすら記載されている違反行為であることを明記しておかなければならない (リバースエンジニアリングはソフトの脆弱性などを見つけるためなど、アンチウイルスソフトなどを作成するためにも使用されるため、2017年現在は違法行為ではないが、著作権上では何度も問題が指摘されている) 過去作からの変更点 本作ではこれら以外にも様々な変更がなされている。 これらは9月18日のTGS以外で発表・確認された情報であるが、一部本騒動に飛び火している。 まず、今作からの声優が氏から氏へ、765プロ社長は氏演じるから氏演じるへと変更された。 これらは事前にアナウンスされてはいたものの、公式からはっきりとした変更理由が語られることはなかった。 システム面ではより多くの要素が変更され、好評だったオンライン対戦機能も廃止されスコアのランキング形式のみとなった。 これによりゲーム性が薄まり、かつてのような熱い戦いができなくなったとの声もある。 他にも新たな要素としてアイドル同士の不仲や対立が行われるシステムが導入されたが、これにより仲間外れやいない者扱いなど陰湿な行為を行うアイドル達の姿が描かれ、あまり見たいとは言えない部分が露になった。 シナリオ面でも枕営業など生々しい描写を暗喩するテキストや芸能界特有の圧力など暗い要素が多く見られ、低評価の一因となっている。 また今作は『アイドルマスター』シリーズで唯一、の2機種で発売されたソフトであるのだが、Xbox360版より半年程後に発売されたPS3版にはPS3版限定の新要素や特典が数多く存在し、先にXbox360版を購入したユーザーからは非難の対象となっている。 またDLCもXbox360だけ先に配信が終了され以後はPS3のみとなっている。 他にも前作のの3人がステージを見たり戦ったりすることができるDLC追加キャラクターとしてPS3版限定で登場した。 プロデュースは不可。 疑問点 オーディション形式の必要性 前述のとおり後日「全員で歌唱」という選択肢によって選抜レースにはならなかったこの企画。 そのような選択肢があるのならばオーディション形式である必要があったのか疑問視されている。 後にこの選抜レース的な方法はに受け継がれ、こちらは毎回大きな盛り上がりを見せている。 団結がテーマでありながら票で対立するという矛盾した打ち出し方に問題があったのだろうか。 声優陣への扱い 本人の心情は不明だが、役の氏が発表中に涙を見せる場面があった。 若林さんはアイマスに対してはプレイヤーとしても私費でアケマス 初代アーケード版 行脚するなどの熱心さで知られている。 そして役者としてもアイマスについて真摯に向き合い、眼鏡を購入し、ライブ時には髪型を律子に近づけて挑み、さらには振り付けを自ら考え出すなどアイマスコンテンツの発展に多大に貢献してきたことで知られる程の人である。 涙の真意は不明ではあるものの、外部から見れば数々の変更点で泣かされたようにも見えてしまったかもしれない。 役の氏についても一考がある。 今や国内外問わずが多数存在する釘宮氏だが、アイマスの5thライブの出演依頼の際、での他作品の公演予定が既に組まれていたものの、企画立ち上げから関わった立場としてアイマスを優先し、アメリカでの公演をキャンセルしている。 このような頃に既にプロデュース不可が伝えられていたのだとすれば、心情を慮るのみである。 雪歩の声優交代については長らく発表されなかったが、事件発生から約5年後の2015年11月2日に雪歩の初代声優である長谷優里奈氏がにて声優交代の真相を暴露している。 石原氏、浅倉さんとの対談を申し出たのは自分だった• 社長の代替わりについては、徳丸氏は2制作当時病気療養中であり、それ故の変更と見られ、発売数か月後に徳丸氏の訃報が所属事務所により発表された。 反応 当日の反応 これらがまとめて発表された「765プロ決起集会」では、発表が次々なされていくにつれ、最初はいつものように熱狂していた参加者達が徐々に沈黙していった。 発表をした坂上陽三プロデューサーは静まり返った会場をすぐに退場。 その場のフォローを声優たちののアドリブに任せるという始末だった。 そしてイベントは終了。 ここまで書くと「大げさだろ」と思う方もいるかもしれない。 しかし、 これらは映像に記録された事実である。 TGS2010におけるイベント状況を示した実際の映像はを参照。 アンコールについては終了直後に即座に参加者退席のアナウンスが流れた事もあるし、辛い雰囲気であったのもあるが、普通では映されない観客退席が中継されていた所を見るとアンコールを想定内のものとしていた事が伺える。 近年のゲームショウではライブに合わせて騒ぎすぎる、いわゆる「厄介勢」が非常に増えたためゲームショウ各所での発表イベントでも基本的に「静かにしていること」が大前提となっているため注意されたし。 なお、これはアイマスに限らずほぼすべてのゲームショウ内イベントで適応されるだろうことが予測されるものである (余所の発表を邪魔するなど苦情も多数あっただろうことが予想されるため) 発表後 この衝撃的な発表は瞬く間にネット上に拡散し、ネット上のアイマス関連コミュニティは大した。 また当時全盛期であったによりシリーズを知らなかった層にまで拡散され、その影響はどんどん拡大していった。 当時の空気は凄まじく、公式を叩く者からプロデューサーを引退する者、それを面白がり彼らを煽る者、最終的には少しでも肯定的な意見が出ると猛烈にバッシングを受ける空気になったところ、逆に公式を全肯定することをアイマスへの愛として公式への批判者を叩く者が出るなど内輪揉めまでに発展し阿鼻叫喚といった風情であった。 ユーザーレベル以外の反応 TGSは東京モーターショーなどと同様プロモーションの場であり、「会場で何があったのか」は投資家向けプレスにも載るため、TGSに向けて上げ基調に変わりつつあったバンダイナムコHDの株価は再び下げ基調に転じ、10月1日には年度最安値を記録した。 当然ながらバンナムグループはアイマス以外の事業も手がけているので全ての原因がこれであると考えるのは早計である。 ちなみに、この最安値は(ナムコ)円という、ちょっとした偶然も起きた。 ユニットを組めるという触れ込みがあったことから、NPC化によって組む予定が大幅に崩されてしまい、頭を抱える人が続出する。 また、 事件前に収録した、翌日のラジオ内のミニドラマで登場したジュピターとの前日譚では、「少し興味ある?」程度の発言もあった。 しかし現状は、些細な火の粉が即座に爆発してしまう程の燃料投下へと発展してしまったのである。 当時はまだ、を始めとしたアイドルを題材にした作品はほとんど存在していない。 後日談 この騒動を受けて2011年2月24日に発売されたXbox360版アイマス2の初回限定版は売り上げ不振となり、通常版が販売前に廃盤になった。 また、CDもこの騒動により2関連のものは売り上げが伸び悩む形になってしまった。 発売日の一連の流れはを参照。 一連の騒動によりアイマスというブランド自体の勢いが衰えたように見えたが、により、それまでの経緯を知らない新規ファンが流入、アニメ終了に合わせてリリースされた『』や『』などもあって、かつての勢いを取り戻した。 この流れを見て、さらに大きな一手を打ち込むことに成功し、さらなる発展を遂げる。 現在では765プロ13人全員がプロデュースできる『』や『』、『』、これらの作品では、全員が団結して大規模なライブに臨んだり、仲間同士の関係と絆がより大きな意味を持つようになった。 男性のみのアイマスである『』など、ある種ファンの要望に応えた後続作が誕生しており、こちらもアニメ化を果たし、それぞれが人気を獲得している。 関連項目 関連記事 親記事.

次の

【2020】声優結婚ニュースまとめ【4月更新】

アイマス声優 不仲

1月1日、「アイドルマスターシンデレラガールズ」の城ケ崎美嘉役、「SHIROBAKO」の安原絵麻役で知られるさんが、自身のブログで結婚を報告。 お相手は 埼玉西武ライオンズのプロ野球選手・ 野田省昇吾選手。 さらに同日、「アイドルマスターシンデレラガールズ」 城ヶ崎莉嘉役のさんも結婚を発表! まさかの城ヶ崎姉妹の同時入籍発表に、Pも驚きを隠せない様子だった。 お相手はアトミックモンキー所属の放送作家、ミュージシャンの 伊福部崇さん また、「SHIROBAKO」宮森あおい役や「アイドルマスターシンデレラガールズ」相葉夕美役などで知られるさんが、ツイッターにて結婚していたことと、第一子を出産したことを報告した。 12月31日,さんが自身のツイッターにて直筆コメントとともに結婚を報告した。 お相手は一般の方で、「好きな球団が一緒なので、試合を見て共に第歓喜して大騒ぎしたり、時には絶望したり、日常会話の8割がプロ野球関連で途切れないので飽きません」と幸せな新婚生活を送っていることを明かした。 12月29日、さんの所属する賢プロダクション、およびさんの所属するアイムエンタープライズ公式サイトにて、おふたりの結婚が発表された。 畠中さんは、アニメ「甲鉄城のカバネリ」の主人公・生駒役で。 千本木さんはヒロイン・無名役で共演しており、「カバネリ」婚といえる。 12月28日、人気声優のさんが結婚を発表。 お相手は、プロ野球選手の 若月健矢選手(オリックス・バファローズ)だ。 立花理香さんは、「アイドルマスターシンデレラガールズ」小早川紗枝役、「八月のシンデレラナイン」阿佐田あおい役などで知られるほか、アーティスト活動も行う人気声優。 そしてお相手の若月健矢選手は、今季パ・リーグの盗塁阻止率・371でトップに立った強肩捕手である。 当日は、中村さんのお誕生日でもあった。 中村さんは「アイドルマスター」のセンター格アイドル・天海春香役として、コンテンツ起ち上げから現在に至るまで、作品の顔としてイベントやライブ、ラジオなどで活躍し続ける存在。 圧倒的なトークスキルと明るい性格で、多くの人から愛されている。 そんなみんなのアイドル的存在の中村さんだけに、多くの人たちから祝福のコメントがツイッターに寄せられた。 9月から11月まで立て続けに「アイマス」で活躍する声優陣の結婚が発表されたということで、「アイドルマスター」ファンこと「プロデューサーさん」たちにとっては忘れえぬ3か月となったことであろう。 厳密には声優ではないのだが、声優業界とも縁の深いふたりということで、番外編としてまとめさせていただいた。 アニソン界のビッグアーティスト同士の入籍に、関係者もファンもお祝いムード一色となった。 「人としてまだまだ未熟な私ですが、私の母のように、明るく楽しく温かく家族を支える女性になれるよう努めていきたいと思います。 」 と結婚によせてコメントしつつ、 「表現者・三森すずことしては、これからも変わらず精進し続け、さらなる高みを目指していきたいと思います。 」 と今後も変わらず活動を続けていくことを明らかにしている。 誕生日を迎え大人の階段をまた一歩登りました ここで私事で恐縮ですが、この度ご縁があり入籍いたしました事をご報告させて頂きます。 相手の方は一般の方です。 まだまだ未熟な私ですが、これからもご指導ご鞭撻を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。 お相手は俳優の橋本禎之さん。 双方のブログでの報告となった。 氷上さんは「ここまでのんびりゆっくり来ましたので、これからものんびり進んで行きたいと思います。 お仕事もマイペースに、今まで通り続けていきたいと思っています。 」とコメント。 橋本禎之さんは7月2日にブログにて「昨日、2018年7月1日、入籍しました。 本当に素敵なパートナーと出会えました。 」と報告。 改めて7月7日に氷上さんと入籍したことをブログで明かしていた。 年の瀬に駆け込み入籍発表というのが、声優ファンにとってはもはや恒例となりつつあるということで……、やはり今年も発表されてました! 12月29日、「あいうら」天谷奏香、「 ソラとウミのアイダ」ミサキ様、「七つの大罪」ジール、「Tokyo7thシスターズ」野ノ原ヒメなどで知られる中島唯さんが、一般男性との入籍をツイッター上で発表した。 そして、いつも応援してくださっているみなさま、お世話になってるみなさまにご報告です。 私事ではありますが、先日入籍いたしました。 お相手は、一般の会社員の方です。 続いて1月7日に大塚明夫さんが一般女性と入籍したことが、事務所を通じて公表された。 そして1月12日、古木のぞみさんも結婚を発表。 「一緒にいると、自然と笑ってしまう、そんな明るい方」と相手の方をブログで紹介しており、仲のよさが文面からも伝わってくるようだ。 1月27日に結婚を発表したのが、近江知永さん。 お相手はお笑い芸人のTAIGAさんで、同じく仲よしのお笑い芸人・スギちゃんさんとじゅんいちダビッドソンさんを証人に、婚姻届を提出したとのこと。 その後、。 「これからは育児も仕事も! パワフルに! 私らしく楽しんでいきたいなっ!」と、思いを新たにしたことを記している。 先鞭をつけたのは、三咲麻里さん。 6月1日、結婚を機に東京から離れることをツイッターにて発表した三咲さんは、同時にそれまで所属していたプロダクション・エースを退所、日本プロ麻雀連盟を退会したことも公表しファンを驚かせた。 今後はフリーとして活動していくそうなので、引き続き応援しよう。 ここから怒涛の結婚ラッシュに突入する。 まずは7月6日、寺島拓篤さん&佐藤聡美さんという大型声優カップルの結婚が声優ファンを驚かせた。 どちらも大人気アニメで主役を務める人気声優であり、SNS上では多くの祝福コメントが乱舞した。 翌7月7日は、。 また、中津真莉さんも同日、元芸能人の男性との結婚を発表した。 8月18日、浅倉杏美さんが会社員の男性と結婚したことをラジオで公表。 「アイドルマスター」シリーズの萩原雪歩を演じる人気声優の入籍に、全国のプロデューサーさんたちは驚きつつも祝福の声をあげた。 8月21日には、「、8月30日には。 9月17日には、「アイドルマスターSideM」紅井朱雀役の益山武明さんが、2015年に結婚していたことと、第一子が生まれたことを公表。 そして10月2日、した。 それが人気アイドル声優ユニット・スフィアのメンバーでもあり、「けいおん!」の平沢唯など多くの人気作品で主要キャラを演じるだ。 10月26日にラジオ番組で結婚を発表、のちに自身のブログでも結婚を報告した。 お相手は一般人の男性とのこと。 ブログでは「ひとつの人生の節目を迎えてもわたしはわたしらしく。 いつも感謝の気持ちをもちながら、ますますがんばって届けていこうと思っておりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!」と引続き芸能活動にまい進することを明かしている。 おふたりはアニメ「日常」にて共演しており、佐土原さんは安中榛名役、川原さんは笹原幸治郎役で出演している。 佐土原さんは、「アニメ『日常』という作品で出逢った時は、将来自分の旦那さんになっているとは思いもしませんでした。 」とブログにてコメントしており、作品を通じて出会ったふたりが夫婦となったことに、多くの「日常」ファンも喜びのコメントをSNSなどに投稿している。 これで今年の結婚発表も終わりかと思われた……が、まだまだニュースは終わらなかった。 12月26日、下田麻美さんが一般男性との入籍を発表! 個人的な話だが、「アイドルマスター」の亜美・真美を、10代の頃より演じていたせいか、「ついに……!」と妙に感慨にふけってしまったのは筆者だけではないはずだ……! このニュースを受けて、明坂聡美さんは以下のようなツイートを投下。 MAKOちゃん、ヨーダ、あすみん、あさぽん… これで残る未婚者は私とゆうちゃんのみ…Friends花嫁レースは最終戦に突入しました……… — 明坂聡美 あけさか さとみ akekodao このツイート自体も話題になったが、12月29日、小林ゆうさん(上記ツイート内のゆうちゃん)がまさかの入籍発表!(お相手は一般男性) わずか3日で明坂さんの花嫁レース優勝が決まってしまった。 お、おめでとうございます……。 そして、12月30日。 巽悠衣子さんも一般男性との結婚を発表! こうなると、大晦日にもでっかい発表があるんじゃ……なんて身構えてしまった声優ファンも少なくないのでは? 最後に皆さん、末永くお幸せに! もう大爆発しちゃえ!!! 画像一覧•

次の

【画像】デレマス声優の相関図wwwwwwwwww:MAG速

アイマス声優 不仲

初めに 当記事は非常にデリケートです。 中立性を持った編集を心がけてください。 また現在では騒動から10年経ち、複数の解釈が生まれ必ずしも中立性を保っているわけではなく一部には編集者による個人的な解釈が含まれている場合があります。 当記事で初めてこの騒動を知る方々は、その事を踏まえた上で、閲覧して頂けると幸いです。 意見、不満、感想等は、当記事の掲示板でお願いします。 概要 9・18事件(きゅうてんいちはちじけん)とは、2010年9月18日に行われた2010(以下TGS)で起こった『』に関する出来事。 読み方は様々あり、 きゅういちはちじけんとも読める。 表記も点を無くした「918」と書かれることも。 場合によってはアイマス2に関する騒動全体を表すこともある。 事の始まり それまで人々は皆、新しくなった『アイドルマスター』に興奮し、醒めない熱気で『アイマス2』の支援をしていた。 そしてTGS2010にて行われたアイマスのイベント「アイドルマスター 765プロ決起集会」では声優陣も登場し、ミニライブから始まり当初会場は大きな盛り上がりを見せていた。 熱狂の続く会場で突如、PVでが登場する。 「から新キャラクターが登場する」との発表は前々からなされていたため、これは演出として受け入れられていた。 黒井社長は打倒765プロ宣言をしたのち、新ユニットの発表をしていくのだが……。 発表された新要素 黒井社長が発表したその瞬間、聞こえてきたのはまさかの男性アイドルの声だった。 アイドル全員が女性ののライバル役である新キャラクターとして現れたのは「」という男性3人組のユニットであった。 いわゆる系のいでたちである。 アイドルマスターはプロデュース(育成)シミュレーションゲームではあるが、女性キャラクターをメインとしたゲームであり、と捉えられる場合もある。 一応前作『』にも男性アイドルは存在していたものの、こちらはであったため、その衝撃は大きいものとなった。 しかし発表はこれだけに留まらず、シリーズの総合プロデューサーである坂上Pによってさらに衝撃的な発表がなされていくのだった。 既存アイドルのNPC化 過去作でプロデュースできた・・・の4人のうち、伊織・あずさ・亜美の3人は765プロ側の3人組ライバルユニット「」となり、律子は アイドルを引退してその竜宮小町のプロデューサーとなった。 ギャルゲーで言うなら攻略対象からの除外である。 この変更には、前作までその4人をプロデュースしていたPの多くが頭を抱えた。 選抜レース これから発売される『MASTER ARTIST 2』というCDシリーズで、同時発売される3人を1組としてオーディションをし選抜する。 そして、オーディションを勝ち抜いた1組が「のM STER ver. 」、つまりアイマス2の主題歌のようなものをCDで歌唱できると発表された。 オーディション方法はTGSでは明言されず、様々な憶測が飛び交い「のようにCD売上を競うものではないか」という推測もされ、もしそうならばアイマス2のテーマである「団結」が空虚なものになってしまうと予想された。 ただし 後日発表されたオーディション方法は「携帯電話からの1人1票形式の投票」であり、投票結果も「全員で歌唱」が1位になったため、想像していたような選抜レースにはならなかった。 問題点・課題点 の扱い 竜宮小町のメンバーのNPC化については前情報である程度告知されていたものの、製作側から直々に、何のフォローもなく告げられた事で、観客に大きなダメージを与えた。 クリア後の裏ルートやの配信に期待した者もいたが、それも予定されておらず追い打ちをかけるものとなった。 またゲーム本編での活躍も、序盤に先輩ぽい活躍を見せたものの後は、中ボスとして立ちはだかり、その後はJupiterの引き立て役で終わりその後は目立った活躍もない、というあんまりなものであった…。 過去にも、『』において以前プロデュースできていたがプロデュースできなくなったという事例がある。 SPでの美希はライバル事務所の961プロへ移籍したという設定を課されてしまい、1人だけプロデュース不可能だったのだ。 そのため、この竜宮小町の一件はこれと同じ問題だとする見方もある。 ただし、楽曲は他のプロデュース可能なアイドル達と同じ曲数が収録されており、ライブを鑑賞できるモード「S4U」で歌わせる事が可能で、条件を満たせばストーリーでも5人組でのライブにゲスト参加させる事ができた。 後に発売された版では、エクストラエピソードとして竜宮小町の4人を指導(プロデュースではない)しJupiterにリベンジする短編ストーリーを遊べるようになった。 後に、これはバンナム上層部からの予算や時間の制約の影響だったとで元総合ディレクターの石原氏が語っている。 Jupiterの存在 前述したとおり、Jupiterは3人組の男性ユニットである。 また、「竜宮小町をプロデュース不可にしてまで出す必要があったのか、彼ら用のキャプチャー・ボイス・ボーカルの費用を竜宮小町に使えなかったのか」などの声も出ている。 ただし、これに関しては彼ら3人のゲーム内でのデータ使用容量を合わせてもプロデュースできるアイドル1人の容量にすら満たしていないという点では注意。 他にも「公式で恋仲になったり、イベントが起こるのでは」など男女関係についても色々と不安視されたが、公式で「それらの要素はない」と発表され、実際に765プロアイドルとJupiterが恋仲になるような展開はなかった。 またでは、が「恋愛描写がなければいいという話じゃない、 可能性を生み出しただけでアウトなんだよ!!」と発言するが投稿され(は削除済み)、 再生数881,097、コメント数61,394、マイリスト数4,021を叩き出し、一躍脚光を浴びた。 怒りの矛先はJupiterだけでなく彼らを演じる声優陣にも向けられたようで彼らが初めてライブに臨んだ際には「本当にJupiterも色々あったけど・・・」と声を詰まらせ涙し、も「こんなステージに立つということはもうないのかなと正直思ってました。 」とコメントし涙した。 特に松岡は初めてオーディションで勝ち取った役であり、その役がファンに受け入れられるどころか敵意を向けられた悲しみは計り知れない。 ただし、容量解析などは、「リバースエンジニアリング」と呼ばれる行為であり、 いわゆる「クラッキング」に相当する行為であるため360版(俗に言う無印アイドルマスター)の説明書にすら記載されている違反行為であることを明記しておかなければならない (リバースエンジニアリングはソフトの脆弱性などを見つけるためなど、アンチウイルスソフトなどを作成するためにも使用されるため、2017年現在は違法行為ではないが、著作権上では何度も問題が指摘されている) 過去作からの変更点 本作ではこれら以外にも様々な変更がなされている。 これらは9月18日のTGS以外で発表・確認された情報であるが、一部本騒動に飛び火している。 まず、今作からの声優が氏から氏へ、765プロ社長は氏演じるから氏演じるへと変更された。 これらは事前にアナウンスされてはいたものの、公式からはっきりとした変更理由が語られることはなかった。 システム面ではより多くの要素が変更され、好評だったオンライン対戦機能も廃止されスコアのランキング形式のみとなった。 これによりゲーム性が薄まり、かつてのような熱い戦いができなくなったとの声もある。 他にも新たな要素としてアイドル同士の不仲や対立が行われるシステムが導入されたが、これにより仲間外れやいない者扱いなど陰湿な行為を行うアイドル達の姿が描かれ、あまり見たいとは言えない部分が露になった。 シナリオ面でも枕営業など生々しい描写を暗喩するテキストや芸能界特有の圧力など暗い要素が多く見られ、低評価の一因となっている。 また今作は『アイドルマスター』シリーズで唯一、の2機種で発売されたソフトであるのだが、Xbox360版より半年程後に発売されたPS3版にはPS3版限定の新要素や特典が数多く存在し、先にXbox360版を購入したユーザーからは非難の対象となっている。 またDLCもXbox360だけ先に配信が終了され以後はPS3のみとなっている。 他にも前作のの3人がステージを見たり戦ったりすることができるDLC追加キャラクターとしてPS3版限定で登場した。 プロデュースは不可。 疑問点 オーディション形式の必要性 前述のとおり後日「全員で歌唱」という選択肢によって選抜レースにはならなかったこの企画。 そのような選択肢があるのならばオーディション形式である必要があったのか疑問視されている。 後にこの選抜レース的な方法はに受け継がれ、こちらは毎回大きな盛り上がりを見せている。 団結がテーマでありながら票で対立するという矛盾した打ち出し方に問題があったのだろうか。 声優陣への扱い 本人の心情は不明だが、役の氏が発表中に涙を見せる場面があった。 若林さんはアイマスに対してはプレイヤーとしても私費でアケマス 初代アーケード版 行脚するなどの熱心さで知られている。 そして役者としてもアイマスについて真摯に向き合い、眼鏡を購入し、ライブ時には髪型を律子に近づけて挑み、さらには振り付けを自ら考え出すなどアイマスコンテンツの発展に多大に貢献してきたことで知られる程の人である。 涙の真意は不明ではあるものの、外部から見れば数々の変更点で泣かされたようにも見えてしまったかもしれない。 役の氏についても一考がある。 今や国内外問わずが多数存在する釘宮氏だが、アイマスの5thライブの出演依頼の際、での他作品の公演予定が既に組まれていたものの、企画立ち上げから関わった立場としてアイマスを優先し、アメリカでの公演をキャンセルしている。 このような頃に既にプロデュース不可が伝えられていたのだとすれば、心情を慮るのみである。 雪歩の声優交代については長らく発表されなかったが、事件発生から約5年後の2015年11月2日に雪歩の初代声優である長谷優里奈氏がにて声優交代の真相を暴露している。 石原氏、浅倉さんとの対談を申し出たのは自分だった• 社長の代替わりについては、徳丸氏は2制作当時病気療養中であり、それ故の変更と見られ、発売数か月後に徳丸氏の訃報が所属事務所により発表された。 反応 当日の反応 これらがまとめて発表された「765プロ決起集会」では、発表が次々なされていくにつれ、最初はいつものように熱狂していた参加者達が徐々に沈黙していった。 発表をした坂上陽三プロデューサーは静まり返った会場をすぐに退場。 その場のフォローを声優たちののアドリブに任せるという始末だった。 そしてイベントは終了。 ここまで書くと「大げさだろ」と思う方もいるかもしれない。 しかし、 これらは映像に記録された事実である。 TGS2010におけるイベント状況を示した実際の映像はを参照。 アンコールについては終了直後に即座に参加者退席のアナウンスが流れた事もあるし、辛い雰囲気であったのもあるが、普通では映されない観客退席が中継されていた所を見るとアンコールを想定内のものとしていた事が伺える。 近年のゲームショウではライブに合わせて騒ぎすぎる、いわゆる「厄介勢」が非常に増えたためゲームショウ各所での発表イベントでも基本的に「静かにしていること」が大前提となっているため注意されたし。 なお、これはアイマスに限らずほぼすべてのゲームショウ内イベントで適応されるだろうことが予測されるものである (余所の発表を邪魔するなど苦情も多数あっただろうことが予想されるため) 発表後 この衝撃的な発表は瞬く間にネット上に拡散し、ネット上のアイマス関連コミュニティは大した。 また当時全盛期であったによりシリーズを知らなかった層にまで拡散され、その影響はどんどん拡大していった。 当時の空気は凄まじく、公式を叩く者からプロデューサーを引退する者、それを面白がり彼らを煽る者、最終的には少しでも肯定的な意見が出ると猛烈にバッシングを受ける空気になったところ、逆に公式を全肯定することをアイマスへの愛として公式への批判者を叩く者が出るなど内輪揉めまでに発展し阿鼻叫喚といった風情であった。 ユーザーレベル以外の反応 TGSは東京モーターショーなどと同様プロモーションの場であり、「会場で何があったのか」は投資家向けプレスにも載るため、TGSに向けて上げ基調に変わりつつあったバンダイナムコHDの株価は再び下げ基調に転じ、10月1日には年度最安値を記録した。 当然ながらバンナムグループはアイマス以外の事業も手がけているので全ての原因がこれであると考えるのは早計である。 ちなみに、この最安値は(ナムコ)円という、ちょっとした偶然も起きた。 ユニットを組めるという触れ込みがあったことから、NPC化によって組む予定が大幅に崩されてしまい、頭を抱える人が続出する。 また、 事件前に収録した、翌日のラジオ内のミニドラマで登場したジュピターとの前日譚では、「少し興味ある?」程度の発言もあった。 しかし現状は、些細な火の粉が即座に爆発してしまう程の燃料投下へと発展してしまったのである。 当時はまだ、を始めとしたアイドルを題材にした作品はほとんど存在していない。 後日談 この騒動を受けて2011年2月24日に発売されたXbox360版アイマス2の初回限定版は売り上げ不振となり、通常版が販売前に廃盤になった。 また、CDもこの騒動により2関連のものは売り上げが伸び悩む形になってしまった。 発売日の一連の流れはを参照。 一連の騒動によりアイマスというブランド自体の勢いが衰えたように見えたが、により、それまでの経緯を知らない新規ファンが流入、アニメ終了に合わせてリリースされた『』や『』などもあって、かつての勢いを取り戻した。 この流れを見て、さらに大きな一手を打ち込むことに成功し、さらなる発展を遂げる。 現在では765プロ13人全員がプロデュースできる『』や『』、『』、これらの作品では、全員が団結して大規模なライブに臨んだり、仲間同士の関係と絆がより大きな意味を持つようになった。 男性のみのアイマスである『』など、ある種ファンの要望に応えた後続作が誕生しており、こちらもアニメ化を果たし、それぞれが人気を獲得している。 関連項目 関連記事 親記事.

次の