米国株 取引時間。 【2020年】米国株式市場の基本(取引時間・休日・日本株との違い)

取引時間/注文受付時間

米国株 取引時間

日本株は日本で取引される株で、米国株は、アメリカで取引される株。 日本とは時差があり、アメリカの連邦政府の祝日には米国株取引は休場=お休みです。 米国株をはじめるための超基礎知識として、証券取引所の種類、取引時間帯(現地時間と日本時間対照表)、2020年の休場日をまとめました。 アメリカの株式証券取引所 株式が取引されているところ=証券取引は、日本の場合は4ヶ所。 東京証券取引所:通称=東証(とうしょう)• 名古屋証券取引所:通称=名証(めいしょう)• 札幌証券取引所• 福岡賞証券取引所 対して、アメリカで登録されている証券取引所の数は13。 日本から米国株を買う時の対象になる主な取引所は以下の4ヶ所でしょうか。 ニューヨーク証券取引所 NYSE(エヌ・ワイ・エス・イー/ナイス) :New York Stock Exchange• ナスダック証券取引所 Nasdaq :National Association of Securities Dealers Automated Quotation System• NYSE アーカ(旧称 アーキペラーゴ) :NYSE Arca ニューヨーク証券取引所は、2019年2月時点の株式時価総額が22. 9兆ドルで世界最大のスケール。 ナスダックは、新興企業(ベンチャー)向けで世界最大の株式市場。 一日の取引数でも世界最大の規模です。 NYSEアメリカンは、小型株の株式市場。 NYSEアーカは、8000以上の銘柄を電子的に取引している株式市場です。 アメリカは資本主義の権化。 個人投資家も多く、アメリカ在住20年以上の私の感覚では、少しでも金銭的余裕があれば、株やってない人はいないといっていいくらい。 日々、刻一刻と活発な投資が常に行われているため、優良材料がみつかると、小さな会社でも爆発的に急伸長。 一攫千金が狙えるという醍醐味があると言えます。 アメリカの株式市場の取引時間 アメリカの主な株式市場の営業は、アメリカ合衆国の連邦祝日を除く平日の月曜日から金曜日まで。 取引の時間帯を現地時間と、日本時間を並べて一覧表にまとめました。 注意すべきは、デイライトセービングが施行されている点。 これら4つの株式市場は、全てニューヨークで、毎年3月第ニ日曜日に現地では1時間時計を進め、11月第一日曜日の午前2時に1時間時計を遅らせています。 日本にはデイライトセービングがないので、年間を通じて、時差は13時間の時と、14時間の時が出てきます。 夏時間では、日本はニューヨークからプラス13時間、冬時間では、プラス14時間となります。 プレマーケット 4:00~9:30• 立会取引時間 9:30~16:00• アフターマーケット 16:00~20:00• プレマーケット 17:00~22:30• 立会時間 22:30~5:00• アフターマーケット 5:00~9:00• プレマーケット 18:00~23:30• 立会取引時間 23:30~6:00• アフターマーケット 6:00~10:00 ナスダック証券取引所 NYSE アメリカン• プレマーケット 6:30〜9:30• 立会取引時間 9:30〜16:00• アフターマーケット 16:00〜20:00• プレマーケット 19:30〜22:30• 立会取引時間 22:30〜5:00• アフターマーケット 5:00〜9:00• プレマーケット 20:30~23:30• 立会取引時間 23:30~6:00• アフターマーケット 6:00~10:00 NYSE アーカ• プレマーケット 3:30〜9:30• 立会取引時間 9:30〜16:00• アフターマーケット 16:00〜20:00• プレマーケット 16:30〜22:30• 立会取引時間 22:30〜5:00• アフターマーケット 5:00〜9:00• プレマーケット 17:30~23:30• 立会取引時間 23:30~6:00• アフターマーケット 6:00~10:00 表内、赤字で示したように、ニューヨーク証券取引所、ナスダック、NYSEアメリカン、NYSEアーカは、プレマーケットの時間帯のみに違いがあります。 2020年3月23日からは全て電子取引のみとなっているので、文字通りの意味での「立会」取引は行われていません。 プレマーケット、アフターマーケットの立会外取引には、機関投資家による大口の投資が行われています。 そのため予測しにくい急激な動きというリスクがあります。 日本からニューヨークでの立会取引時間内のリアルタイムで取引するには、マーケットがオープンした直後なら夜就寝前、マーケットが終わる前なら早朝に行うことができます。 もちろん、ネット証券会社のツールを使えば、売買したい値段と株数と条件をあらかじめ設定しておいて、自動で取引することも可能です。 2020年アメリカの株式市場の休日 アメリカ合衆国の連邦祝日は、証券取引所も休業。 2020年は下記の日に取引は行われません。 先に触れたように、デイライト・セービングで、日本との時差は、ニューヨークの方が13時間遅い期間と、14時間遅い期間があり、それぞれの祝日時の時差は下記のようになります。 アメリカの方が社会全体としては営業日数が多い。 個々人は、こういった国民の祝日以外にがっつり悠々とバケーションを取るんですけどね〜。

次の

米国株を取引できる時間帯はいつか?(SBI証券の場合)

米国株 取引時間

アメリカ株 米国株)ほど長期投資にピッタリの市場はありません。 人口減少による景気低迷の心配もないうえ、高配当で好パフォーマンスな銘柄が多いのがその理由。 しかしアメリカ株に興味があっても、「英語ができないから」「買い方がわからないから」と、アメリカ株の購入をためらっている人も多いのではないでしょうか。 実はアメリカの株を購入するのはとても簡単なんです。 日本の証券会社からアメリカ株を購入すれば、英語が理解できなくて困るということもありません。 この記事ではアメリカ株の買い方について、詳しく説明します。 あなたも、AppleやFacebookなどの一流IT銘柄や、COACHやNikeなど人気ファッション銘柄の株主になってみませんか? ネット証券3社の米国株取扱状況(2019年7月現在) マネックス証券 SBI証券 楽天証券 アメリカ株の取扱銘柄数 約3,300銘柄 約1,800銘柄 約2,000銘柄 取引手数料(税抜) 約定価格の0. 45% (最低0米ドル~最高20米ドル) 約定価格の0. 45% (最低0米ドル~最高20米ドル) 約定価格の0. ログイン後「入出金」ボタンをクリック• 資金振替の「外国株取引」「振替(日本円)」をクリック• 振替額に金額を入力する マネックス証券なら、外国株取引口座への資金振替の手数料は無料。 振替手続き後、金額は即時反映されるのも嬉しいポイントです。 米国株を買う準備その3:外国株取引口座内で米ドルに両替 続いて、外国株取引口座にある「日本円」を「米ドル」に両替しましょう。 為替レートにはTTSとTTBという2つの種類があります。 TTS ・円を米ドルに交換するときの為替レート。 ・Telegraphic Transfer Selling rateの略。 TTB ・米ドルを日本円に交換するときの為替レート。 ・Telegraphic Transfer Buying Rateの略。 TTSとTTBの2つは、同日同時刻に取引しても同じ値段ではありません。 マネックス証券の場合、2つの値段に50銭の差があります。 この価格差のことを「スプレッド」といい、これが通貨振替(日本円・米ドルに両替する)ときにかかる「手数料」ということになります。 マネックス証券のスプレッドは50銭(往復)。 スプレッドは銀行だと1円~2円かかりますから、マネックス証券は割安ですね。 ちなみに2019年7月8日~買付け時の為替手数料無料キャンペーンを実施中。 つまり、往復のスプレッドが25銭になり、いつもの半額になるのです。 このキャンペーンは定期的に見直しされる予定なので、詳しくはマネックス証券のサイトで確認してくださいね。 とはいえ何度も両替を繰り返していると、わずかなスプレッドも積み重なって結構な金額に。 両替するたびに、為替リスクもついて回ります。 いったん米ドルに換えたらそのまま保有し、アメリカの銘柄を売っても次に買う銘柄の資金として持っておくのが効率的です。 為替振替は、平日の午後2:30までに手続きを済ませれば、当日の20:30ごろ(夏時間では19:30ごろ)に口座に反映されます。 ここまで来たらゴール間近だ!さあ、気に入ったアメリカ株を購入してみるぞ! いよいよアメリカ株を買ってみよう!アメリカ株の購入方法 マネックス証券でアメリカ株を購入する場合、「トレードステーション」というツールを使います。 トレードステーションは、ダウンロード型とウェブブラウザ型があるんですよ。 ダウンロード型は、高度な注文設定や分析力が自慢の高機能ツール。 ただしアメリカ株取引の初心者には、やや操作が難しいかもしれません。 ここではダウンロードの必要のない、ウェブブラウザ型のトレードステーションを利用してアメリカ株の買い方を説明します。 マネックス証券HPからログイン!トレステなら米国株も簡単 マネックス証券のホームページにログインすると、簡単な操作でトレードステーションの取引ツールに移動できます。 ここからアメリカ国株取引口座にログインします。 ページが変わり、「米国株取引ログイン」ボタンからトレードステーションの取引ツールにログインすることができます。 再度パスワードを入力する必要がないので、スムーズに口座を移動可能です。 トレステで銘柄リストの登録とチャート表示をする方法 初期設定では<INDU>という銘柄が表示されます。 <INDU>とはNYダウ平均株価のこと。 NYダウについて詳しい解説は「」を参考にしてください。 まずはこのマイ銘柄リストに、あなたが気になっている米国銘柄を登録してみましょう。 枠内にティッカーシンボルを入れると、マイ銘柄リストに登録することができます。 もしティッカーシンボルが分からなくても大丈夫。 右上の「銘柄検索(日本語)ヘルプ」から、日本語でティッカーを検索することができますよ。 チャート表示も簡単です。 このようにタブのティッカーを書き換えると、チャートが自動的に表示されます。 またチャートの表示期間もマウス操作で切り替え可能。 左方向にドラッグすれば簡単に長期のチャートを出すことができます。 トレステでアメリカ株に注文を出す方法 さて、次はいよいよアメリカ株の注文方法を説明します。 注文は画面右上にある「注文」ボタンをクリックしてください。 ここをクリックすると注文入力欄が表示されます。 注文条件を順番に入力しましょう。

次の

GMOクリック証券

米国株 取引時間

2つの市場の違いについては後ほどご説明いたします! アメリカ市場の取引時間は? 2つとも取引時間は 9:30〜16:00となっており、昼休みはありません。 日本時間では、以下の様になります。 23:30〜翌朝6:00• 22:30〜翌朝5:00(サマータイム:3月の第2日曜日から11月第1日曜日まで) また、米国株では上記の取引時間の前後に開かれる「プレ・マーケット」と「アフター・マーケット」というものもあり、時間は以下の通りです。 【プレ・マーケット】 現地時間 8:00〜9:30 日本時間 22:00〜23:30、21:00〜22:30(サマータイム) 【アフター・マーケット】 現地時間 16:00〜20:00 日本時間 6:00〜10:00、 5:00〜9:00(サマータイム) 2つの市場の違いは? ニューヨーク証券取引所(NYSE) あの有名な ニューヨーク市のウォール街にある世界最大の株式市場です。 みんな大好き『コカ・コーラ』• 大手投資銀行の『ゴールドマン・サックス』• アメリカ最大級のスーパー『ウォルマート・ストアズ』 など名だたる大企業ばかりです! 日本企業では、• ソニー• トヨタ• 三菱UFJフィナンシャル・グループ が米国預託証券(ADR を発行する方式で上場しています。 ナスダック(NDAQ ナスダックとは、アメリカ合衆国の 新興企業向けの株式市場のことです。 新興企業向けの株式市場としては世界最大の規模を誇ります。 ナスダックの上場企業には成長力があるIT企業が多く、• アルファベット GOOG• アマゾン AMZN• アップル AAPL• フェイスブック FB• ネットフリックス NFLX など皆さんにも馴染み深い超人気企業が多いです! LINE公式アカウントでは、記事の更新情報や今話題のニュース解説などを配信しています! また、友達登録すると限定記事もご覧いただけます。 アメリカの代表的な株価指数 アメリカには主な株価指数として以下の3つがあります。 NYダウ• ナスダック総合指数• アメリカで上場している企業から成長性や投資家の関心の高さなどを踏まえて、ダウ・ジョーンズ社が選んだ30銘柄で構成される株価指標です。 日経平均とイメージが近いですね。 構成銘柄は、マクドナルドやアップル、マイクロソフトなどです。 ダウ平均は2020年2月現在、 高値を更新し続けています。 ナスダック総合指数 ナスダック総合指数はナスダックに上場している全銘柄と対象としており、1971年2月5日の時価総額を基準として、その値を100として算出しています。 近年のIT企業の爆発的な成長の裏付けもあり、 2020年2月に最高値を更新し9,714に到達しました。 ダウ平均とは違い、両市場の500社をカバーしている分散性から『アメリカの株式市場の状態』として世界から参照される指数になります。 こちらも最高値を更新し続けています。 ADR(米国預託証券)とは? ADRとは米国以外の企業の株式を米国で取引できるように、預託機関によって原株式を裏付けに発行された証券です。 ADRの売買方法は、一般の米国株式と同様であり、最近ではブラジル、インドといった新興国の優良企業の上場も増えています。 ADRの仕組みは、以下の様になっています。 徐々にあいまいになる境界線 先述したように、アメリカの2つの市場では 大企業を中心とした「オールドエコノミー」はNYSEに、 新興企業を中心とした「ニューエコノミー」はナスダックに、という具合に役割を明確に分ける暗黙の了解がありました。 しかし近年では、以下の株式時価総額ランキングをみても、Apple、Google、Amazonといった新興の成長企業の方がかつての大企業を圧倒し始めています。 NYSEとしては、ニューエコノミーを自陣営に取り込まないと先細ってしまう危機感を持つようになりました。 そのため、両取引所の競争は一層激しくなり、それまで明確に分けていた境界線は徐々にあいまいになってきています。 その結果、現在NYSEにはニューエコノミーの• Twitter• アリババ• Salesforce. com 等が上場しています。 当メディアは 株 インベストメントブリッジによって運営されています。 株 インベストメントブリッジは中立した立場で、企業と投資家の架け橋として活動をしております。 運営会社についての詳細はをご覧ください。 また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。 当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。 Please Follow us!

次の