大人っぽい髪型 ミディアム。 大人っぽいおすすめ髪型集|ショート・ボブ・ミディアム・ロング別の女らしさ格上げスタイル

ミディアム×レイヤーの髪型|ヘアアレンジや巻き方をわかりやすく紹介

大人っぽい髪型 ミディアム

短髪もそこに該当するだろう。 いつまでも若いつもりでツンツンと毛先を立ててトガっている場合ではないのだ。 カドが取れた大人のショート、要注目。 森 栄喜さん Age 34 顔の幅に合わせた厚みのサイドのハチ回りと、若干長めにとったトップを毛流れに従ってまとめつつ、ゆる〜くスタイリング。 結果、肩肘張らない自然体な雰囲気を獲得し、シンプルなコーディネイトにフィットしている。 地肌が見えないバック&サイドの長さもいい塩梅だよなぁ。 瀧澤圭佑さん Age 33 トップをフロントに流したソフトモヒカンタイプ。 サッパリしながら洒落感と加わる絶妙な塩梅に。 その個性は、選んだ刺激的なウェアにも現れる。 北浜 航さん Age 33 境界をボカしたウェービー&ウエットなツーブロックは、サイドパートをビシッと決めて明るさアップ。 で、人柄も滲むこの笑顔。 好印象このうえなし。 楠本哲也さん Age 32 くっきりさせたサイドパートにツヤを与えてタイトにまとめた楠本さん。 ヘアスタイルがトラッドな装いのアクセサリーとしても見事に機能。 寺坂晃佳さん Age 33 これってツンツン? 答えはNO。 無造作に遊ばせた毛束をフロントに寝かせてマイルドに。

次の

大人っぽさでモテる髪型15選|ロング・ミディアム・ボブ・ショートの長さ別にご紹介

大人っぽい髪型 ミディアム

前髪をなしにしたり、かきあげ前髪にするのも、大人っぽい髪型にしたいときにはおすすめです。 前髪なしにしたりかきあげ前髪にすることで、おでこを見せることができます。 おでこの分、顔が縦長にみえるというのが、大人っぽく見えるポイントになります。 おでこを出すときには、サイドの髪の毛は下ろしたりして、フェイスラインを見せないようにするのもポイントです。 フェイスラインをぼかすことで、さらに縦のラインを強調して、大人っぽいイメージにまとめることができます。 前髪なしにするときには、明るめの髪色よりは落ち着いたカラーにするのがおすすめです。 真っ黒など暗髪カラーにすることで、さらに大人っぽい女性のイメージのヘアスタイルにまとめることができるでしょう。 ここまで童顔の女性におすすめの大人っぽいヘアスタイルを紹介してきました。 髪型によって明るめの髪色にしたほうがいいヘアスタイルや、暗いカラーにしたほうがいいヘアスタイルがありますが、明るめと暗め、どちらのヘアカラーの方が大人っぽく見えるのでしょうか。 髪型にはよるとはいうものの、どちらかというと黒髪に近い髪色のほうが大人っぽいイメージは出しやすいと言われています。 明るめのカラーはカジュアル感が出やすく、暗めのカラーのほうが落ち着いたイメージを出しやすいからです。 また明るめのカラーよりも、暗めのカラーのほうがパーマなどが重たいツヤっぽいイメージになるというのも、大人っぽい髪型に見えるポイントになりそうです。

次の

今日の髪型可愛いね。ミディアムの簡単ヘアアレンジで可愛いを格上げ

大人っぽい髪型 ミディアム

大人可愛いさや色っぽさを叶えるヘアスタイルを、髪の長さ別にまとめました。 童顔や丸顔におすすめのヘアスタイルもご紹介。 大人っぽさも可愛さも自由自在の2WAYスタイルも必見です! 【目次】 ・ ・ ・ ・ 子どもっぽくならないショートヘア 長め前髪のマッシュショート 女性らしく、大人っぽい雰囲気を目指すならマッシュショートがおすすめ! 長めの前髪からサイドにかけて、顔まわりをマッシュラインでカットします。 トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。 毛先をソフトな質感にするために、レザー(カミソリ)でカットします。 カラーは、ややくすみのあるベージュブラウンで、赤みを消しつつ、透明感のある9トーンのフォギーベージュで。 サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。 前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすくしています。 サイドとの繋がりはやや長さを残しつつ、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。 カラーは8レベルのフォギーベージュのベース。 表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなって、立体感をつくります。 スッキリと耳にかけて大人っぽく。 ストレートタッチのショートボブ 前下がりのグラデーションボブがベース。 前下がりが強調されるとクールなイメージになるので傾斜は緩やかにし、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象にします。 前髪は、眉が見え隠れする長さにカット。 さらっと流すと大人っぽくなります。 カラーは8レベルのウォームブラウン。 ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明るさと色味です。 スタイリッシュショート 前下がりのショートベース。 襟足は、浮かないギリギリの長さにカットします。 トップには動きがつくようにレイヤーを。 毛先はドライ&スライドカットで毛先をシュッと先細りにし、束感が出るように軽くします。 前髪は、流した時に目の下になるようにカット。 カラーは、7レベルのブラウンベージュ。 暗めの色味でも透明感があるので、重さを感じさせず、大人っぽい印象になります。 また、日本人特有のオレンジ・赤味を抑えて、ツヤ感を生むカラーです。 大人モードなマッシュショート 前髪は、目の上ギリギリの長さにカット。 サイドバング・顔まわり・サイドを前上がりでつなげたマッシュスタイルです。 襟足は短めにカットして、レイヤーを入れ、キュッとタイトなシルエットに。 耳上はグラデーションでカットして、前髪からサイドにかけて重みを残します。 カラーは、6トーンのフォギーベージュ。 赤みを抑え、髪に柔らかい質感と透明感を与えます。 大人っぽい前髪のポイントをおさえたボブ 小顔見せが叶う輪郭矯正ボブ 肩に触れるぐらいの長さで、やや前下がりにカット。 基本はワンレングスですが、顔まわりと表面に軽くレイヤーを入れて、毛先に動きをつくります。 前髪は、すき間ができるように薄めにとって、目の上で毛先が流れるようにカット。 顔型をカバーしつつ、カジュアルでかわいい大人ボブです。 カラーは好感度の高い9トーンのアッシュベージュ。 軽やかに動いて見えるように、ところどころハイライトを入れます。 ハイライトは明るくしすぎず、ベースのカラーとなじませるのがポイント。 トップと顔まわりに、軽さと動きを出すレイヤーを入れます。 前髪は、目にかかるくらいの長さにカット。 厚みがあると幼く見えてしまうので、三角ベースで浅めにとり、スライドカット&チョップカットで毛量調整します。 透け感をつくることで、大人っぽい雰囲気に。 カラーは、9レベルのアッシュベージュ。 トレンドカラーのベージュとアッシュがミックスされて、適度に髪の赤みをおさえるので、肌がくすまず顔色をキレイに見せてくれるカラーです。 外ハネカジュアルボブ 肩上でカットし、サイドのハチ上からバックにかけてレイヤーを入れます。 顔まわりも頬ラインからしっかりとレイヤーを入れますが、裾はあえて重たさを残すのが、今っぽいレイヤースタイルの鉄則です。 前髪は眉上で薄めにカットしてから、隙間を作るセニングカットで毛量調整を。 カラーは、7トーンのピンクバイオレットでしっとりツヤ感に。 アッシュなど寒色にせず暖色にすることで、カジュアルなボブでも落ち着いた大人っぽい印象になります。 骨格カバー&小頭効果のニュアンスボブ ベースは、鎖骨にかかる長さでやや前下がりにカット。 顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れます。 前髪は、サイドと同じ長さにせず、鼻先くらいの長さでカット。 カラーは、6レベルのフォギーベージュ。 フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせます。 エアリーな動きのあるボブスタイルは、ナチュラルで大人っぽい洗練されたイメージに。 丸顔に似合うくびれシルエット 全体の髪を間引くようにレイヤーを入れて、前髪は薄めにつくります。 毛先はアイロンで外ハネにして、ハチ上は縦巻きに。 くびれのあるシルエットで、大人めなこなれ感を。 ナチュラルな空気感が魅力の愛されボブ ベースはやや前下がりのワンレングスでカット。 トップと顔まわりの耳上にレイヤーを入れることで、ボリュームが出て扱いやすくなります。 前髪は黒目と黒目の間と額の中心をつなぐ三角形部分を薄くつくり、大人でもこなせるシースルーバングに。 カラーは10レベルのシフォンベージュ。 ベージュにアッシュを加え、赤みを抑えて透明感のある色に仕上がります。 ミディアムの大人かわいいスタイル うざバング&ナチュラルな外ハネで、抜け感と大人の女っぽさを ベースは、自然と落ちた時に肩にかかる長さでカットします。 顔まわりからハイレイヤーを入れて、全体的に軽やかな仕上がりに。 目にかかる長めの前髪は、流れるようにカットし、チラッとおでこが見えるように調整します。 軽やかな前髪がと大人っぽさを演出。 カラーは10トーンのカーキベージュ。 柔らかい印象の色味です。 ハイライトのオンカラーにより、軽さと動きのあるスタイルに。 毛先の大きめワンカールが大人っぽいスタイル 全体は、肩に触れて動きが出やすい鎖骨下2cmのワンレンベース。 前髪のいちばん短い所を眉上2cmに設定します。 毛先を間引くようにアシメトリーにカット。 逆サイドは耳につながるようなめらかにカットすると、耳にかけてもキレイなシルエットに。 透けバング&ラフな空気感で女性らしく やや前下がりのロブスタイルにカットします。 顔まわりからレイヤーを入れて、リバースの毛流れをつくることで小頭効果が。 前髪は浅めにつくり、両サイドを少し長めにカットしたら、おでこが多少透けるように調整して大人っぽく。 カラーは、6レベルのフォギーベージュに、黄色を打ち消すバイオレットを少量ミックス。 ダークな色でもベージュ系統なら重くならず、バイオレットを加えることで、よりツヤ感のある仕上がりに。 すっきり小顔&トレンド感のくびれミディ 鎖骨下でカットし、顔まわりはあご下からレイヤーを入れます。 裾はスカスカにせず、内側の毛束に重たさを残すのが今っぽいレイヤーの鉄則! 表面にも軽くレイヤーを入れます。 前髪を重たくすると幼く見えるので軽めに取り、流したとき目の上にくるようにカットします。 カラーは6トーンのブラウンベース。 光に当たると透けて見えるアッシュをプラスして、透明感と軽やかさを出します。 髪型がカジュアルな分、オフィスでもOKな髪色で落ち着かせると大人っぽい印象に。 幼な顔が大人っぽく!パッツンと切りそろえたミディアムヘア 毛先を直線的に切りそろえて強いインパクトをオン。 肩や鎖骨に当たってうねる長さにして、強さをオフ。 長めのシースルーバングでアンニュイな雰囲気をつくります。 ハイ&ローライトを自然にきかせて、立体感をプラス! 鎖骨でハネるラフなゆるふわヘア 鎖骨や肩にあたってハネるように、鎖骨より2〜3㎝長めにベースをカットします。 前上がりのローレイヤーベースで、毛の断面が細くならないよう厚みを残してカット。 ふわっとした動きが出るように顔まわりと毛先にレイヤーを入れます。 前髪は目の上ギリギリで、隙間ができるよう薄めにカット。 こめかみ部分は長めにしてサイドとつなげ、小顔効果を狙って。 カラーは9トーンのフォギーアッシュ。 くすみ過ぎずツヤのあるアッシュで、肌の色や瞳をキレイに見せます。 ラフで自然体なおしゃれフェミニン アウトラインは胸上くらいの長さ。 襟足〜サイド・顔まわりにレイヤーを入れ、動きがしっかり出るようにカット。 さらに、軽さ+動きが出やすいように表面にもレイヤーを入れます。 前髪は、フロントを目の上ギリギリの長さでカット。 サイドとつながるラインはやや長さを残し、自然に繋げます。 適度な重さを残すため、毛先にはセニングを入れずに、スカスカにならないよう毛量調整をします。 カラーは、8トーンのアッシュグレージュ。 赤みを抑え、透明感と柔らかい質感に仕上がります。 2WAYで楽しめるスタイルです。 2.分け目をつけたい箇所の根元からドライヤーで乾かし、手ぐしをとおしながら新しいクセをつけます。 3.直毛の人は、中間から毛先をアイロンで外巻きにします。 毛束は一気に巻いてOK! 長めの流し前髪でクールな色気を 4.分け目を戻して、短い前髪はセット力のあるメンズ用ワックスでおさえます。 毛束をくっつけるイメージで。 5.2で作った分けめにして、長めの髪を上からかぶせるようにしながら手ぐしを通し、整えて完成! 大人っぽくてナチュラルなこなれ感たっぷりのローレイヤー ベースはゆるやかな前上がりでカット。 顔まわりにはローレイヤーを入れ、自然と髪がまとまるようにカットします。 前髪は目にかかる長さを残して、おでこが透けるように調整を。 重さがありながら、10トーンの明るいカラーとのコンビネーションで、軽さを感じられるスタイルに。 また、ミルキーグレージュは、抜け感と透明感のある色味で、ツヤ感もあり女性らしさをプラスします。 ふんわりとしたニュアンスの大人かわいいスタイル ベースの長さはあまり変えず、やや前上がりにワンレングスでカット。 こめかみ部分にレイヤーを入れてつなぎ、軽さと動きを出します。 厚みのある前髪は、右に流れるようにカットして、すき間が出るように調整を。 9トーンのシフォンベージュは、赤みを打ち消し、柔らかい髪質感をもたらすカラーです。 ほんのり色っぽロングヘア 黒目と黒目の間の毛を薄くとり、目の上ギリギリでカット。 サイドは頰ラインでカットして流します。 前髪の根元を起こすようにドライしてから、軽く巻いて透け感を調整。 隙間のある透け感バングは幼くなりすぎず、大人っぽさや色気も演出します。

次の