持続 化 給付 金 進捗 状況。 持続化給付金の審査や入金が遅れている理由は?「見える化」が申請者の不安解消に不可欠

新型コロナ:首相、持続化給付金「早期支給へ改善」 委託状況を検査 :日本経済新聞

持続 化 給付 金 進捗 状況

Contents• 持続化給付金の審査や入金が遅れている理由 持続化給付金の審査や入金の遅れ 政府では、 持続化給付金の審査のスケジュールについて 「通常2週間程度かかる」と説明しています。 しかし、 申請初日の5月1日に申請しても、まだ審査事務局から何の連絡もない、との嘆きの声が多くきかれます。 あーもーむちゃくちゃですな 以上の皆様どうするのコレ 自分も含めて多くの初日組が捨て置かれてるのは データ壊れちゃってるんじゃないんですか? とっとと説明責任と対処を 「スピード感」じゃなく「最優先・迅速に」 やってもらえませんかね? — のいにー iQC5xAIqmm1vCVp 日々の資金繰りに苦労している中小企業・個人事業主にとっては 数日の遅れが致命傷になりかねませんから、 深刻な事態です。 この間の審査事務局や経産省の説明によれば、次のような問題が発生しているようです。 審査事務局の人員不足 持続化給付金については、 できるだけ申請が簡単にオンラインでできる、というのが売りでした。 しかし、収入の減少の状況等については、 事務局で提出書類を確認をする必要がありますが、この 提出書類の確認作業に想定以上の時間がかかっているようです。 また、「創業特例」・「新規開業特例」など 様々な特例が設けられており、その確認には通常の手続き以上に時間を要します。 政府による申請件数と事務局の必要人員の 見通しが甘かった、と言わざるを得ません。 また、 銀行口座の情報についても、口座名義人の名前と口座番号がズレるなど、想定以上の不備が発生している、とのことです。 しかし、この点についても、書類を指定しているのは政府自身ですから、 政府の 見通しの甘さを指摘されても致し方ないでしょう。 持続化給付金 2週間程度の振込を 信じて必死で2週間を過ごしてきた 事業者に対し進捗状況も分からず もし不給付なら… もし不備が出たらいつ給付される… 毎日毎日口座を確認する不安… 政府はこの状況をどう考えているの だろう? スピード感をもって…どこがでしょうか — Gyarou Gyarou3 審査や入金の状況の「見える化」が必要 審査や入金の遅れへの怒りの声が高まる こうした状況に対して、初日など早期に申請を終えた皆さんからは、既に「2週間程度」が経過する中で、 怒りの声が日に日に強まっています。 持続化給付金初日申し込み未だ入金、連絡なし!支払い関係ならそろそろ催促と延滞金のが発生する。 経済産業省に延滞金を 催促してみようか? — ghbjj ghbjj18152942 特に、事務局では、 申請番号の順番に審査している、と説明しているわけです。 にもかかわらず、 後から申請した人は既に入金されているのに、自分には何の連絡もない(不備の連絡もないので対応もとれない)、といった状況には、いらだちが募るのも当然です。 通常二週間というのは書かれているし 期待してもおかしくはない話。 最低は逆にいつになるのかわからず、申請者が増え給付者は増えず、これは意味あるの?? 申請者がどんどん増えて最初に申請してる人たちが未だ未入金はおかしい。 — じょぜ mdktkd0502 また、事務局に電話しても、「電話が混みあっているので、後でお掛け直しください」となってしまい、 電話が繋がることはほとんどないようです。 申請者から審査や入金の状況が「見えない」問題 申請者の申請ページでは「審査中」との表示のみで、具体的な審査の状況に関する情報はわかりません。 申請者の申請ページで、 具体的な審査の状況について具体的に確認できるようにしないと、申請者の不安は高まるばかりです。 今日で2週間。 不備メール無。 赤枠も変化無。 初日の方ですら不備メール 届いて無いの見ると何も言えん. まじで申請番号順にするべきや。 後に申請した人が先に振込されてたら そりゃあ不安にもなるし毎日 私よりしんどいやろなぁ。。 今になって思う サポート会場に行けばよかった — ryotqan ryo52259694 MASAの意見 経産省では、元々、多数の申請が押し寄せて、 審査に時間がかかることは予めわかっていたはずです。 「通常2週間」という審査期間は、すべてがうまくいけば、という ベストの事例だったのではないでしょうか。 にもかかわらず、政府の偉い人による、早く入金できる、という 政治的なアピールのために、「通常2週間」という審査期間が 独り歩きしてしまった・・・ この結果困るのは、 持続化給付金を計算に入れて資金繰り計画を立てた申請者である中小企業・個人事業主です。 また、 膨大な審査に追われている審査事務局の人たちも、被害者と言えるでしょう。 結局、 政治のパフォーマンスに、本当に困っている人たちや現場の人たちが 振り回されている、というが真相だと言わざるを得ません。 一刻も早くこの状況を改善するために、今からでもできることをする必要があります。 まずは、中小企業・個人事業主の不安を解消するような、政府による情報発信、審査や入金の状況を「見える化」するようなシステムの整備が不可欠だと思います。 <追記(5月27日)> 持続化給付金の事務局である一般社団法人 「サービスデザイン推進協議会」と電通が 疑惑のデパートとなっています。 次の記事で、まとめていますので、是非ご覧ください。

次の

持続化給付金はいつ振り込まれる?入金が遅い場合などの進捗状況確認まとめ

持続 化 給付 金 進捗 状況

経済産業省は10日、新型コロナウイルスで打撃を受けた中小企業などに支給する「持続化給付金」について、受け付けを開始した5月1日と2日に申請された計約28万7000件のうち、約3・5%の1万件超が未払いになっていることを明らかにした。 事業に関わる事業者の全体像を示す資料を、経産省が受け取ったのが8日だったことも判明。 巨額事業をコントロールできていない実態があらわになっている。 同省によると、5月1日に受け付けた18万1272件のうち、未支給は5489件。 2日は10万5870件を受け付け、未支給は4682件だという。 安倍晋三首相は5月4日の緊急事態宣言延長の記者会見の際に「5月1日から受け付けを始め、最も早い方で8日から入金を開始する」と胸を張っていた。 受給できていない申請者から野党側に寄せられたメールのコピー=野党提供 同省は未支給の原因について「支給要件が確認できる書類がなかったり、連絡がつかなかったりするケースが多い」と説明。 二重に申請されたケースが百数十件あり、支給が二重になった例もあるため、確認に手間取っているという。 5月3日以降の申請分でも一部で同様の状況があり、未支給件数が膨らむ可能性がある。 持続化給付金事業では、一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」が約769億円で受託し、電通に約749億円で再委託されている。 この委託状況の全体像を示す「履行体制図」について、9日の衆院予算委員会で梶山弘志経産相が「昨日に提出いただいたと聞いている」と答弁した。 10日の予算委では、国民民主党の玉木雄一郎代表が「3次下請け」にあたる「大日本印刷」が、さらに「DNPデータテクノ」に業務を発注したと指摘。 「四重塔、五重塔になっており、国のチェックが行き届かない。 不透明さをどう払拭(ふっしょく)するかが大事だ」と正確な全体像を明らかにするよう求めた。 これに対し梶山経産相は「大日本印刷の先の事業者については初めて聞いた」と答弁し、依然として全容把握ができていないことを示した。 経産省の不手際が次々に明らかになる状況に、立憲民主党の安住淳国対委員長は10日、記者団に「梶山経産相の答弁も、本来であれば監督責任があるのに、事実上役人に丸投げで、その役人も業者に丸投げ。 持続化給付金事業について、こういう実態が明らかになった。 大臣の進退に関わる問題だ」と批判した。 社民党の福島瑞穂党首も記者会見で「梶山経産相の責任は極めて大きい。 不信任に値する」と指摘した。 【山下貴史、青木純】.

次の

持続化給付金 満額200万円入金確定した申請書類全部見せます

持続 化 給付 金 進捗 状況

持続化給付金、早くも入金されました!(給付通知が来るより早かった) 申請番号200番台(初日+2日目で20万件弱の申請とのことなので初速の先頭約0. 1%?)なので、おそらく最速群の一つかと。 このスピード感に経産省&中小企業庁の本気を見ました。 突貫対応お疲れ様でした。 審査スタッフの方々もGW休みは無かったと思われます。 事務局のサービスデザイン推進協議会とシステム担当さん(Salesforceかな?)にもついでに感謝。 申請サイトのインターフェイス使いやすかったです。 申請が開始された今、限られた補正予算枠を巡って、先頭からどんどん給付が実施されている「レース」状態になっています。 申請書類に不備があるほど審査の後ろの列に並びなおすハメになりかねません。 予算が無くなる前に一件でも多く、スムーズに給付金を受け取れることを願っています。 今年に入って法人様の宴会用ワイン手配などがコロナ禍でごっそり無くなった月がありまして、「昨年比50%以上の売上減少月」に当てはまったので申請いたしました。 実際に申請してみて疑問に思ったことや引っかかった点は沢山ありました。 「この欄はどう記入すればいいの?」• 「ここの印鑑はなくても大丈夫?」• 「急げばいい、とは限らない?申請を遅らせたほうが良い場合があるの?」• 「給付額の計算式で99万円になっても、給付は90万円って本当?」• 「申請後に修正できます、と書いてあるが実際は修正できない?」 などなど、細かい注意点も説明します。 申請書類の不備による保留や手戻りがあると、どんどん時間が過ぎてしまい、今後の資金繰りや給付金予算の残額が無くなってしまわないか気持ちが落ち着きません。 さっさと確実な申請をして、一発で給付金を受け取りましょう。 お読みいただく時間を無駄にしないように 給付には要件があり、対象外の方は残念ながら、この記事を読むメリットを感じていただけないと思います。 今年2020年起業は 対象外(昨年比で売上が減少している証明ができないため)• 個人事業主で不動産収入、給与収入、雑所得は 対象外 ただし雑所得で確定申告してしまった方も修正申告して事業所得に直せばOKです。 まわり道になりますが、あきらめる必要はありません。 しっかりと修正して申請に進みましょう。 また、今年起業の方も大変な苦難でのスタートとなったわけですし、借主の苦境で不動産収入が落ち込む大家さんもいらっしゃるでしょうから、申請要件の見直しや補正予算追加の要望を国会に働きかける動きもあるようです。 6月中旬を目処に、持続化給付金の対象を拡大するとのこと。 今年3月までに起業した方は、1月から3月までの月平均売上を出して、それより50%以上減っている月があれば対象となるようです。 昨年度の確定申告済み(まだの方も今年は確定申告期限延長の特例あり)• 昨年比で売上半減を証明できる月の台帳がある• 今後も事業継続の意志がある この記事は中小法人向けです。 資本金や業種などの要件クリアを前提としています。 個人事業主やフリーランスは申請書類や特例が異なる部分がありますので、申請の共通部分のみお役立てください。 そして、ご自身で申請される方に是非お読みいただきたいと思っています。 面倒だからって、受け取らないのはもったいない! しっかり申請すれば給付される可能性がMAXまで上がります。 「だったら細かい疑問を税理士に相談したい」「書類をチェックする時間がない」という方もいらっしゃると思いますが、今回の持続化給付金申請は「要点さえきっちり押さえれば誰でもできる」ように工程が工夫されています。 助成金・補助金申請関連では最もシンプルな部類でしょう。 国の政策は事業者の経営を補償する義務を負い、事業者は申請して給付を受ける権利があるのです。 申請するのに躊躇することはありません。 この持続化給付金は、確定申告して納税している中小事業者と個人事業主の正当な権利なのです。 国から頂戴するという発想はやめましょう。 もちろん不正受給はダメです。 不正受給は刑法の詐欺罪で刑事罰にも問われます。 売上を少なく偽造するのは脱税に加えて私文書偽造…。 ポイントは「ちゃんとしてること」 申請が簡単な分、不正が紛れ込む余地があります。 また、持続化給付金に関するSNS投稿を見ていると、テキトーな帳票を添付して「もらえたらいいな」感覚で申請する方が沢山いることに驚きます。 「必ず給付を受けるんだ」「給付されないと事業が潰れてしまう」という方にとっては真剣勝負のはずです。 いかに不正ではなく正当な申請であることをアピールする必要があります。 【ポイント】 1)表紙で1枚、開いたページで1枚を別々のファイルにします。 それ以外は・・・審査が長引くのを覚悟でどうぞ。 証拠をアピールできない書類=給付可能性が下がる 避けるべきと思われる申請書類は、 ・白紙にメモ書きのような売上台帳 ・日付と金額だけで取引先などの内容がない明細表 ・売上台帳の代わりに預金通帳や現金出納帳や請求書 ・対象月の売上ゼロとだけ書いてある売上台帳 (キャンセルがあった履歴や各営業日の状況説明などでゼロの根拠をアピール) ・不明瞭な画像 もちろん、数字を改ざんしたり、売上月を付け替えたりするのは不正です。 また、持続化給付金は申請サイトに数字を入れると自動計算された後に「10万未満切捨て」と定められています。 ゆえに自分で計算して99万円だとしても、実際は90万円で確定します。 (なんと無慈悲な。。。 事務局は二度手間で大変しょうけど。。。 最初に「10万円未満切り捨て」にした官僚って。。。 最後のボタンを押す前に!「申請後すぐに修正できない」 「あ、タイプミスしたことに気づいた!」「急いで修正して審査が止まらないようにしたい!」と思っても、残念ながら、申請後に何度かログインしてみましたが「マイページから修正する機能」は動いていません。 (当社は不備がなかったので未確認です。 持続化給付金の不備メールが届きました。 事業概況説明書の2枚目に各月の売上が記載されていない事を指摘されました。 税理士から受け取り何も気にせず添付していました。 確かに空白だと売上の前年比が確認ができませんね。 現在税理士事務所にて修正待ち。 2019年対象月売上の証拠は 最も重要な数字の一つなのに!誰が見てもすぐわかるレベル。 しかも、ここが抜けた申請書類を顧客に渡す税理士がいるなんて、、、皆さんもお気をつけて。 持続化給付金詐欺や便乗悪徳代行業者に騙されないで! もう既にこんな悪徳業者が沸いているという情報がありますので、ご注意ください。 「成果報酬として給付金額の20%をいただきます」 「必ず給付金を受け取れます」 「申請を代行入力します(個人情報を盗む、入金口座を別に指定して横取りする等)」 などなど。 繰り返しになりますが、 自分で申請できます! パソコンやスマホ操作が全く出来ない!という方は、信用できる人に教えてもらいながらでも是非ご自分で。 そんな内容ですが、お役に立てると幸いです。 完全予約制。 必要書類を持参。 ・5月16日までに各都道府県に1箇所以上、5月末までに全国で400箇所以上。 最後に店長からのお願い 「ここまで読んで、 持続化給付金マニアみたいな記事だけど、このサイトって、 ワインショップって言ってたような?」 そうなんです!思い出していただいて嬉しいです。 もしこの記事がお役に立てましたら、 投げ銭感覚で、当店自慢の美味しいワインをご賞味ください。 美味しいもの食べて、睡眠とって、大切な人と繋がりつつ、未来に備えましょう。 あなたの人生の喜びに、当店が選び抜いたワインがお役に立てると嬉しいです。 申請サイトのマイページの表示も、入金後6日経っているのに、申請後のまま変わりなし。 申請後の「申請受け付けました!」メールも来ないので、ソワソワする方が多いですね。 入金日が読めないのはとても不安になりますが、大丈夫。 不備がなければ、ちゃんと入金されますよ。 「持続化給付金の振込みのお知らせ」とあるので、中を見る前から給付通知だとわかります。 申請番号、申請した担当者名、金額、振込口座が載っているだけです。

次の