竹内涼真 医療ドラマ。 【2020最新】竹内涼真の髪型がかっこいい!注文方法をドラマ別でまとめました

医療ドラマの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

竹内涼真 医療ドラマ

WOWOWで放送されたオリジナルドラマ『有村架純の撮休』に続く、撮休シリーズ第2弾『WOWOWオリジナルドラマ 竹内涼真の撮休』が、 11月より放送されることが明らかになった(全8話、第1話無料放送)。 突然撮影が休みになった俳優の1日を、気鋭監督・脚本家たちが描く異色ドラマの第2弾。 WOWOW初主演の竹内が自分で自分を演じる8つのパラレルストーリー。 撮休を描く今作、監督を務めるのは、映画『ここは退屈迎えに来て』『余命1ヶ月の花嫁』など数多くの作品を手掛け、恋愛映画の名手と言わ れる廣木隆一、ドラマ『全裸監督』などを演出した内田英治、そして現役の慶應義塾大生であり、映画、ドラマ、MVを手掛ける 松本花奈。 第1話の脚本を担当するのは、ドラマ初挑戦となる若手監督・脚本家の首藤凜。 ほかにも、ドラマ 『山田孝之の東京都北区赤羽』の構成を手掛けた竹村武司、前作に引き続き 参加する ペヤンヌマキ、ふじきみつ彦ら個性的な脚本家たちが集結。 ある時はスパイス屋でセクシーな女店主と出会ったり、ある時は妹と人生を語ったり、ある時は同級生とバーベキューをしたり…、 パラレルな物語として展開。 クリエイターが作り上げていく8つの 妄想炸裂 ストーリー に注目だ。 今回は、監督や脚本家さんそれぞれのスタイルに僕が染まっていき、今までの役柄では見せてこなかった、少し力の抜けた自分みたいなものもお届けできたらと思っています。 また、自分でも気づけていないパーソナルな部分なども、監督とセッションする中で発見できそうな気がしていてそれも楽しみにしていることのひとつです。 1話ごとのテーマ、台詞、シチュエーションが斬新で自分でも脚本を読んでいて何度も笑ってしまいました。 毎週、楽しみで仕方がなくなるような新しいエンターテインメントを見ていただけるよう、撮影頑張ります。

次の

【2020最新】竹内涼真の髪型がかっこいい!注文方法をドラマ別でまとめました

竹内涼真 医療ドラマ

俳優の竹内涼真さんの休日を、著名クリエーターたちが妄想を膨らませて描く連続ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ 竹内涼真の撮休」が、11月からWOWOWで放送されることが7月15日、明らかになった。 3~5月に放送された、女優の有村架純さんの架空の休日を描いた「有村架純の撮休」が話題となり、視聴者からシリーズ化を望む声が寄せられたことで、第2弾の制作が決定した。 全8話。 ドラマは、「平成物語」やアイドルグループ「HKT48」など数々のミュージックビデオを手掛ける現役大学生の松本花奈さん、映画「余命1ヶ月の花嫁」「ママレード・ボーイ」などで知られる廣木隆一監督、Netflixで配信中の「全裸監督」の演出を務めた内田英治監督の3人が各話の監督を担当する。 竹内さんは「監督や脚本家さんそれぞれのスタイルに僕が染まっていき、今までの役柄では見せてこなかった、少し力の抜けた自分みたいなものもお届けできたらと思っています」とコメント。 「1話ごとのテーマ、セリフ、シチュエーションが斬新で自分でも脚本を読んでいて何度も笑ってしまいました。 毎週、楽しみで仕方がなくなるような新しいエンターテインメントを見ていただけるよう、撮影頑張ります」と意気込んだ。 松本さんは「竹内涼真さんが演じる竹内涼真、というなかなかない設定の竹内さんを、カメラに収められることに胸が高まっています。 とても貴重な機会をいただけてありがたいです。 竹内さんご自身の魅力はもちろん、竹内さんとご共演される方との間でどんな化学反応が生まれるかが、とても楽しみです」とコメントを寄せている。 第1話のタイトルは「薫るスパイスカレー」。 あるスパイス店を訪れた撮休中の竹内涼真は、「スパイスカレーを作りたい」と女性店主に指南を請う。 そしてあることがきっかけで、2人は一緒にカレーを作ることになる……というストーリー。 第1話は無料放送される。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

300人に聞いた!好きな医療ドラマランキング!ベスト23

竹内涼真 医療ドラマ

ドラマ『テセウスの船』(TBS系)公式サイトより 竹内涼真が主演を務める、TBS系「日曜劇場」枠で放送中の連続ドラマ『テセウスの船』。 3月8日に放送された第8話の平均視聴率は15. 3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と自己最高を更新し、業界関係者から「このまま最終話に向けてさらに数字を上げそう」と期待されているようだ。 初回11. 1%で発進後、第5話までは11%台をキープしていましたが、第6話でいきなり13. 2%まで上昇すると、第7話で14. 0%をマーク。 2月に入って多くの作品が折り返しを迎えた時期の中間平均視聴率でも、第6話まで放送を終えていた『トップナイフ』が1位をキープしていました。 同ドラマはその後も10. 6%(第7話)、11. 0%(第8話)、11. 4%(第9話)と、2ケタ台を維持。 しかし、最近の『テセウスの船』の勢いには、明らかに負けています」(同) むしろ、『トップナイフ』が第5話で一度、視聴率1桁台を記録してしまっているのに対し、『テセウスの船』は初回から第8話までオール2桁を獲得。 各ドラマが最終回まで放送され、全話平均視聴率が比較される頃には、『テセウスの船』がダントツで首位に立つ可能性が高くなってきた。 「原作者の東元氏は、ドラマのイベントで『真犯人は原作とは違う』と発言していました。 高視聴率のウラには、そういった謎解き要素も大きく関係しているのだと思われます。 「同じ『日曜劇場』では、前クールに木村拓哉主演の『グランメゾン東京』を放送していましたが、このドラマはフランス・パリの三つ星レストランで撮影を行うなど、莫大な製作費を投じていました。 さらに、今年4月期には堺雅人主演の大ヒットドラマ『半沢直樹』の続編も控えています。 そのため、今期にまだ若手で比較的ギャラも安い竹内を主演に起用したのは、『製作費を抑えるためだろう』と目されていたんです。 しかし現在、ネット上の『テセウスの船』ファンからは、『竹内がこんなに演技派だったとは知らなかった』『表情の演技がうまい』『今まで注目してなかったけど、このドラマで好きになった!』といった絶賛の声が続出しています」(前出・関係者) 起用された経緯はあまり良いものではなかったかもしれないが、視聴率は絶好調、主演としても評価されている今、竹内にとっても喜ばしい結果となったのではないか。

次の