レバノン 逃亡。 ゴーン被告のレバノン逃亡に海外の反応は?フランスでの報道も

レバノンと日本の関係は?ゴーン被告逃亡で関係悪化か

レバノン 逃亡

reuters. ゴーン被告が 金融商品取引法違反で逮捕されたのは2018年11月。 直後の 2019年1月に 特別背任罪で追起訴されていたりもしました。 その後、 2019年3月5日に東京地方裁判所はゴーン被告の保釈の許可を決定。 計4度の逮捕をされた ゴーン被告の保釈保証金は、金融商品取引法違反で「2億円」と特別背任で「8億円」の 『計10億円』という莫大な金額。 保釈保証金のほか、保釈条件の中には海外逃亡を防ぐため 「日本からの出国禁止」もありました。 しかし、 ゴーン被告は日本の出国検査をくぐり抜けてレバノンへ出国・逃亡していたことが明らかになりました。 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が日本を出国したと海外メディアが報じている問題で、ゴーン被告が海外に渡航していた場合、保釈条件に違反することが分かった。 東京地裁が31日、ゴーン被告の海外渡航を禁じた保釈条件は変更されていないと明らかにした。 sankei. businessinsider. 公共の空路を使えば、当然ですが出国検査に引っかかりますからね。 そうなると、海外へ逃亡するには必然的にプライベートジェットか船になります。 その中でも、今回のゴーン被告の逃亡出国に使われた移動手段として有力とされているのが プライベートジェットです。 ゴーン被告は楽器ケースに入って荷物に混ざって逃亡? いくらプライベートジェットとは言えど、そのまま何もなく誰でも出国出来るわけでは当然ありません。 もしそうなら、プライベートジェットを持っている人であれば誰でも海外逃亡出来てしまいますからね…。 そんな中で、今回ゴーン被告がレバノンに逃亡出国した際に使われたのが 「楽器ケース」だという報道もあります。 レバノンの主要テレビ局MTV(電子版)は12月31日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)は国籍を持つフランスの旅券を使い、楽器の保管ケースに身を隠す「警察映画のような経過で、レバノンに入国した」と報じた。 ただ、情報源は明らかにされておらず、信ぴょう性は不明だ。 yahoo. 出国に際し、民間警備会社のようなグループの支援を受けたとしている。 情報源は明らかにしておらず、信ぴょう性は不明。 レバノン紙アフバルアルヨウムも「警備会社を使い、箱に隠れて密出国した」と報じた。 sankei. html では、 なぜわざわざ警備会社にも協力依頼する必要があったのでしょうか? これは私の推測ではありますが、 いくら大きな楽器ケースとはいえ中に人間が入っていれば運ぶ時におかしいと気づかれてしまう可能性を避けたのではないかと考えられます。 大きな的には楽器ケースに収まることが出来ても、 人は物のように常に同じ形に均等な重さで固まることは物理的に不可能です。 それに、ゴーン被告は体格も太め。 体重はおそらく90kgほどはあるかと思います。 普通に考えれば一般的に楽器ケースで運ぶ楽器の重さではありません。 運び入れる時にも怪しまれずに、荷物の検査等も確実に引っかからないようにするには警備会社に協力を要請するのが最善策とゴーン被告は考えたのかもしれません。 yahoo. 保釈保証金の10億円を納付して保釈されたかと思いきや、気づけばレバノンへ逃亡出国。 そのレバノン滞在声明の1週間後には各メディアの取材等に対応するともしています。 今後のゴーン被告への対応はどうなるのか。 また、今後のゴーン被告はどうなるのか。 まず、海外へ逃亡されたことで日本の法律でゴーン被告を裁くことが難しくなりました。 その上で、国籍を持っているレバノンなどでの権利を主張されれば、さらにゴーン被告を罰することが難しくなります。 もしそうなった場合、保釈保証金の10億円はもちろん没収。 現状、今後ゴーン被告が日本へ自ら入国することでもない限りはゴーン被告に日本側から干渉することは出来ない可能性が高いという状況にあると思われます。

次の

ゴーン被告のレバノン逃亡に海外の反応は?フランスでの報道も

レバノン 逃亡

24時間体制の監視下にあり、自宅ドアには監視カメラがとり付けられていたゴーン氏は、日本で最もその動向に注目が集まる人物だった。 それにも関わらずゴーン氏は3つの国境を越え、9000キロ離れた安息の地・レバノンへ難なくたどり着いた。 日本の入国管理局がどれほどの屈辱を受けているかは計り知れない。 この大失態をどう説明するのだろうか。 日本は、海外に行く人が少ない国でもある。 パスポートを持っているのは人口のわずか23%に過ぎない。 日本の捜査当局は、日本人の対処には慣れていたが、ゴーン氏のようなグローバルなセレブへの対応は不慣れだった。 フランスやほかの多くの国では、容疑者の海外への逃亡のリスクが高いため、より洗練された手段が使用されている。 実際、ゴーン氏は日本さえ出れば「自由の身」になれた。 世界は(そしてゴーン氏自身も)、日本の裁判所が電子ブレスレットやアンクレットのような被告人の位置を特定できるツールを使っていなかったことに驚いている。 これは、フランスやアメリカなどの先進国で使用されている基本的なツールである。 実際、ゴーン氏側は保釈請求にあたって、このツールの受入れも明示していたが、このようなツールは日本では採用されていないことから、裁判所はこれを保釈の条件とはしていなかった。 電子ブレスレットを使用すれば、100%確実につけている人を監視することができ、逃亡リスクを排除できるので、不必要な身柄拘束を回避することができる。 それにもかかわらず、日本の裁判所や検察は、あえて人手のかかる監視方法に頼っていた。 こうした技術が使われていれば、ゴーン氏の人権は尊重されていただろうし、ゴーン氏の逃亡を防ぐこともできただろう。 「ゴーン逃亡」のニュースが世界中で放映されてから、日本国外において彼は再び世論を二分するトピックスとなっている。 フランスのツイッターでは、彼のようにお金持ちで有名な人物が逮捕され、普通の容疑者と同じような扱いを受けることを喜んでいる国民が多く見受けられる。 こうした人々は、ゴーンが司法の裁きを逃れたことに憤りを感じている。 ここ何年もの間、フランスはイエローベスト運動や現在の年金ストなどといった社会運動によって混乱の状態にある。 これらの運動はより平等な社会を目指しているので、不平等の権化ともいえるゴーン氏のような人物に対しては反感を覚えるのだ。 彼らにとって、ゴーン氏は今日の世界における、ありとあらゆる過ちを体現している存在だ。 フランス最大の労働組合のトップであるフィリップ・マルティネス氏は、ゴーンの逃亡に関して簡潔にこう言っている。 「これが金持ちの世界なのだ」。 彼らは、ゴーン氏の逃亡をまるでアレクサンドル・デュマのモンテクリスト伯の大脱走のような有名な逃亡劇の現代版であるかのように見ているのだ。 アメリカのウォールストリートジャーナルも、1月1日に掲載した社説にて、日本の司法制度に鑑みればゴーンが日本から逃亡したことは理解できることだと書いている。 仮にゴーン氏がフランス国境に現れていたとしても、同国は受け入れただろう。 フランスという国は自国民を他国へは引き渡さない。 フランス入りしていれば少なくとも日本の司法とは縁を切れたはずだ。 ただし、フランスの検察当局は自らゴーン氏の予備捜査に着手している。 これが同氏の起訴に結びつきかねないこともあり、ゴーン氏はフランス司法も警戒している。 さらに言えば、彼はフランス人が敬服するようなタイプの人間ではない。 そのあからさまな守銭奴ぶりは嫌われている。 ゴーン氏は何年も前から、フランスでの納税を避けるため、 オランダで納税している。 それがレバノンで、彼の人格の最重要部分を占める国だ。 レバノンの人口は600万人ほどだが(公式の人口集計といったものは事実上存在していない)、そのうち 100万人以上が難民である。 が、この国を出た人の数はざっと1500万人に上る。 国内での成功は望めないため、 有能なレバノン人はほとんど国外へ出て行くのだ。 中にはとてつもない成功を収める人もいる。 実際、首都ベイルートでは、ゴーン氏は国外放浪から舞い戻った英雄として扱われている。 「ゴーン氏が日本を脱出したことに不満を持つレバノン人には1人として出会っていない。 彼が日本の司法にいかに恥辱を与えられたか、大半のレバノン人は怒りを覚えているのだ」と、ベイルートで活動するレバノン人弁護士は話す。 とはいえ、ゴーン氏がレバノン国外へ出ることは難しいだろう。 「日本はおそらく国際逮捕状を要求するだろう。 そうすれば彼は逮捕され、ブラジルかフランス以外に向けてレバノンを離れる際には、日本へと移送されかねない。 一方、フランスはルノー関連の告発とは別にゴーン氏を告訴する可能性があり、ゴーン氏がフランスを目指すことも考え難い」と、フランス人弁護士アレクシス・ワール氏は言う。 つまり、「世界人」だったゴーン氏は残りの人生を1つの国、レバノンで過ごすことになるわけだ。 果たして同氏はこの国で生涯幸せに暮らせるのだろうか。 一方、レバノンはゴーン氏を受け入れることで、その評判を一層下げることになるのは避けられない。 「レバノンはすでに悪人であふれかえっている。 これ以上いらないのに」と、あるレバノン人ジャーナリストは話す。 しかし、ゴーン氏のレバノンでの現況が新たなキャリアの機会をもたらす可能性がある。 今日のレバノンは金融破綻の崖っぷちにあり、権力争いをする多くの派閥に引き裂かれていた1999年の日産に類似していると言えるだろう。 希望を失ったレバノン人にとってゴーン氏は、国の財政再建を果たすために神が送り込んだ男のように見ているのかもしれない。 ここ数年、2番目の妻でレバノンと関係の深いキャロル氏との結婚のおかげで、ゴーン氏はレバノンで生活する時間が増えていた。 2022年の定年退職後はここで人生の最期を迎えたい、と友人たちにも語っていた。 「ゴーン氏は、この地域で最も有名な新聞社、ロリアン・ル・ジュールを買収しようとし、レバノンの国を救うようなシンクタンクを設立しようと考えていた」と、ゴーン氏の友人の1人は話す。 この国や企業の成長は、ゴーン氏の利益にもつながる。 同氏はIksirという名の小さなワイナリーと、小さいながら活動的な銀行、Saradar、そしてCedrarと呼ばれる不動産プロジェクトの株を保有しているのだ。 一方、日本の検察は、ゴーン氏の国外逃亡を利用するかもしれない。 同氏は逮捕後130日身柄拘束された末、検察による監視下に置かれた生活を続けており、これは典型的な「人質司法」だとして世界のメディアからも批判を浴びていた。 が、ゴーン氏がいとも簡単に国外逃亡したことによって、検察はやはり簡単に保釈するべきではないとして、この歪んだ司法制度をより強固なものにしようとするかもしれない。 批判をおそれる裁判所もこれに追随してしまう可能性がある。 しかし、今回、ゴーン氏の国外逃亡を許したのは、保釈したという判断ではない。 日本の裁判所や検察は、少しでも逃亡のおそれのある被告人は身柄を拘束しておけばいいという考えに拘泥し、身柄拘束をできるだけ避けながら逃亡を防止するためにどうしたらいいのか考える努力を怠ってきた。 ゴーン氏の逃亡はその結果であることを直視するべきだろう。

次の

ゴーンがレバノン逃亡の理由なぜ?関係性は?声明を発表

レバノン 逃亡

オーナーシップの向上• 電力や水道、通信などのインフラ整備• 貧困の削減• 地球規模問題に関する対応• 人材育成の発展 レバノンに対し日本国政府は約130億円もの支援しておりますが、 低金利、かつ長期にわたる返済期間であるため、レバノンは上記の発展が見込めることになります。 すなわち 日本に対してレバノンは強く言えない関係となりますね。 日本からレバノンに対する無償資金協力・技術資金協力 有償資金協力と同様、開発途上国の支援をするため、お金を支援します。 しかし、 無償資金協力・技術資金協力はお金を貸し付けるのではなく贈与する協力になりますので、レバノンの返済は必要ありません。 無償資金協力の対象国は、特に貧しい国が中心となり、 レバノンに対し日本国政府は約69億円もの贈与をしております。 また、 技術資金協力に関しては約17億円の贈与をしているようです。 これにより、 日本はレバノンの教育や、水、農業などの生活基盤を支援していることになります。 また、 日本の技術に関しても伝えることで有益な情報をレバノンは手に入れることができます。 【レバノンと日本の関係】対日貿易 レバノンと日本間の貿易につきまして外務省の財務省貿易統計によると、以下のような関係性になります。 スポンサーリンク レバノンと日本の関係はどうなる?【ゴーン被告逃亡】まとめ ゴーン被告の逃亡により、 レバノンと日本の関係はどうなるのかについて、外務省やBBCの内容をまとめました。 日本国政府は 発展途上国であるレバノンへの援助や貿易で支援活動をしております。 ゴーン被告の身柄引き渡しが拒否された場合は、何らかの制裁が加わる可能性があります。 しかし、 アウン大統領は日本との関係を重視しており、 ゴーン被告の身柄引き渡し要求には協力的な姿勢を見せていることから、レバノンと日本の関係が悪化するということはなさそうです。 なお、逃亡したゴーン被告の保釈金15億円は返還されるのでしょうか。 弁護士のデータをまとめてみました。 保釈金15億円ってとんでもないですね! また、ゴーン被告の会見にも注目が集まり、何を語られたのかまとめました。

次の