ゲーミング pc おすすめ 2019。 ゲーミングスピーカーの選び方と人気おすすめ9選【2019年最新版】

【2020年最新自作PC】ゲーミングPCのおすすめ構成を予算別に紹介

ゲーミング pc おすすめ 2019

PC 2018. 15 2020. 27 Tomoyuki 【2020年】ゲーミングPCおすすめ5選!初心者が失敗しない選び方も解説 こんにちは。 Tomoyuki()です。 これから ゲーミングPCを購入しようと検討しているけど、 「どのゲーミングPCがおすすめなの?」という人や、 「そもそも選び方がよくわからない・・」という人は多いのではないでしょうか。 ゲーミングPCと言っても種類が豊富で、価格も安いものから高いものまで様々なので、 自分に合ったものを選ぶのが難しいと思うんです。 絶対に失敗したくない そんな人も多いと思うので、元SEで自作PCもしている私が、おすすめのゲーミングPCや初心者向けに選び方を解説します。 【2020年】ゲーミングPCおすすめ5選!初心者が失敗しない選び方も解説 安さ重視構成 コスパ重視構成 売れ筋構成 ハイスペック構成 プロ仕様構成 製品 価格帯 約9万円〜 約12. 5万円〜 約16. 2 SSD 1TB M. 詳細については下記に記載していきますが、 迷った時はコスパ重視のゲーミングPCを選ぶのがおすすめで、予算に都合がつくならよりハイスペックのものを選びましょう。 安い理由としては、PCサイズがミニタワー型で拡張性が低い、CPUがローエンドモデルのCore i5シリーズ、メモリが8Gと少なめということが挙げられます。 ただGPUに関してはGTX16シリーズを搭載し、 最新PCゲームの推薦動作スペックを満たすような性能でコスパが高いのが特徴です。 ただし、 最新のPCゲームではメモリ8GB以上を要求されることが多いため、数年前のゲームなら問題ありませんが、 基本的にはメモリは16GB以上がおすすめなので注意しましょう。 関連記事👇 スペック 価格帯 約28万円〜 CPU Intel Core i9-9900KF メモリ 16GB GPU GeForce RTX2080Ti ストレージ M. 2 SSD 1TB ハイスペック構成のゲーミングPCなら、がおすすめです。 GPUが1つの構成では最高スペックで、最新PCゲームのグラフィック設定において、 高設定でも平均144fpsが狙えるスペックなので、 高画質でプレイしたい人や、できる限りフレームレートを安定させたい人に最適です。 尚、高フレームレートでゲームをプレイするには、それに 対応したモニターも必要なので、144fpsならリフレッシュレートが144Hz以上に対応したモニターも合わせて使いましょう。 価格は高いですが、ゲームや設定によっては 平均240fpsを狙うことも可能なハイスペックなので、例えばプロゲーマーなど、 最高のゲーム環境を求める人に最適です。 尚、PCスペックは日進月歩で だいたい2〜3年で買い替えたくなりますが、その時に一番いいものを購入すれば、 約5年は買い替え不要で戦えます。 関連記事👇 ドスパラのゲーミングPCがおすすめの理由は? ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA(ガレリア)」がおすすめの理由は、最も有名なゲーミングPCブランドというだけでなく、 価格. comプロダクトアワードも4年連続受賞を達成しているほど、 お客様満足度で高い評価を受けているからです。 そんなゲーミングPCはいわゆる BTO(Build to Order)パソコンであり、用途に合わせて好きなように部品を選び、カスタマイズが可能です。 自作PCと違う点は、 組み立てなどは全てメーカー側がやってくれるため、欲しいパソコンを 選ぶだけで簡単に購入可能です。 そのほか、ドスパラでゲーミングPCを購入すると次のようなメリットもあります。 ドスパラでゲーミングPCを購入するメリット• 絶妙なパーツ構成で、自分に合ったパソコンを選びやすい• メンテナンス性の高いPCケースを採用• SDカードリーダーが標準搭載• 他社の同等スペックのゲーミングPCより安くてコスパが良い• 発送が早く、最短翌日に届く• 手数料なしの分割払いに対応• 頻繁にセールやキャンペーンを実施 ドスパラでゲーミングPCを詳しく見るには? そんな ドスパラのゲーミングPCを公式サイトで確認するには、画面上のメニュー「ゲームパソコン」からカテゴリの「デスクトップ」をクリックすると、まとめページに辿り着けます。 スマホから確認する場合は、画面上のメニュー「カテゴリ」をタップします。 次に画面下のメニュー「ゲームパソコン」をタップします。 まとめページに辿り着けるので、チェック可能です。 ドスパラのゲーミングPCが気になった人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。 基本性能は「CPU・メモリ・GPUの組み合わせ」で決まる• プレイしたいゲームの推薦動作スペックをチェックしておく• ゲーム用途ならCPUは基本的にIntel製を選ぶ• メモリは原則として「16GB以上」にする• GPUはできるだけ高性能なものを選ぶ• ストレージはSSD搭載のものを選ぶ• 電源は必要に応じてカスタマイズする• ミニタワー型とミドルタワー型以上の違いを理解する• ノートPCは基本的に選ばない 基本性能は「CPU・メモリ・GPUの組み合わせ」で決まる ゲーミングPCの中身は上の図のようになっていて、基本性能については基本的に CPU、メモリ、GPUの組み合わせで決まります。 そのため、特にこの3つのパーツをどれにするかを選ぶのが大切です。 各パーツの役割は?• CPU:人間でいう頭脳の役割で、各パーツに指示を出す• メモリ:作業するデスクのようなもので、大きいほど作業がはかどる• GPU:グラフィックボードやビデオカードを指し、画像を高速で描く役割• ストレージ:パソコンのデータを長期保管する役割• 電源:人間でいう心臓の役割で、動作の安定性に関わる プレイしたいゲームの推薦動作スペックをチェックしておく PCゲームの場合、ゲームごとに 最低動作スペックや推薦動作スペックというような、 そのゲームの動作に必要なPCのスペックが公表されています。 例えばFPSゲームのApex Legends(エーペックスレジェンズ)なら、上の図のように必要動作環境や推薦動作環境が公式サイトに記載されています。 ゲームを快適にプレイするには推薦動作環境以上のスペックが必要なので、プレイしたいゲームがあるなら一度チェックしておきましょう。 ゲーム用途ならCPUは基本的にIntel製を選ぶ CPUにはIntel製とAMD製の2種類ありますが、 ゲーム用途なら何も考えず、長年シェアを取っているIntel製のCPUを選ぶのが基本です。 そんなCPUを選ぶ際の注意点としては、CPUの性能が低いと 「ボトルネック」が発生し、 GPUの性能を最大限引き出せないこともある点です。 そのため、基本的には その時点で最新のCore i7以上のCPUを選ぶのが高性能でおすすめです。 CPU 目的 Intel Core i5 ゲームだけやるのが主目的 Intel Core i7 ゲームをしながら多少は他のタスクも同時に行う Intel Core i9 ゲームをしながら複数のタスクや重たいタスクも同時に行う ただ目的別にまとめると上表の通りに選べばいいので、ゲームだけをやるならCore i5を選んでも満足できます。 メモリは原則として「16GB以上」にする 初期構成でメモリ8GBの製品もありますが、 最新のPCゲームではメモリ8GB以上を要求されることが多いため、基本的に 16GB以上がおすすめです。 そのほか、ゲーム配信や動画編集をする場合、そして予算に余裕がある場合は、32GB以上にしておくとメモリ不足で悩む心配がなくなります。 (最大64GBまで拡張可能) GPUはできるだけ高性能なものを選ぶ ゲーム用途の場合に最も重要なのがGPUの性能で、性能が高いほど1秒間にたくさんの画像が描けるので、より滑らかな映像を出すことが可能になります。 そのため、より快適なゲームプレイを求める人は、できるだけ性能が高いGPUを選びましょう。 2018年後半からはRTXシリーズが最新のモデルで、 リアルタイムレイトレーシング(映画並みの描画を実現)やDLSS(アンチエイリアス技法で、画像のシャギーが目立たない)に対応しているのが最大の特徴です。 (ただしゲーム自体が対応している必要あり) 尚、GPUは基本的に 性能が高いものほどコスパが悪くなるため、コスパ重視の人は注意しましょう。 ストレージはSSD搭載のものを選ぶ ストレージにはHDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)の2種類ありますが、主な違いは次の通りです。 HDD:スピードは遅いが、安くて容量が多い• SDD:スピードは早いが、HDDと比べて高い ただ最近はSSDの価格も安くたったため、 HDDより衝撃にも強く、静音性やデータ読み込み速度が速くて快適なSSD搭載のものを選ぶのが基本です。 HDDだとOS(Windows)の起動が遅かったり、ゲームの起動も遅くなり、SSDと比べてストレスが溜まるのは避けられません。 そのため、少なくとも250GB以上、 余裕があるなら500GB以上のSSDを搭載したゲーミングPCがおすすめです。 また、そんなSSDよりも データ転送速度が速い『M. 2 SSD』もあり、メモリのような形状で通常のSSDよりも小型なのが特徴です。 ただし、M. 2 SSDのデメリットは 発熱量なので、メーカー製のPCなら大丈夫ですが、例えば自作PCならエアフローなどの冷却性能が考慮されたPCケースを選んだりする必要があります。 電源は必要に応じてカスタマイズする 電源については、基本的に余裕がある容量が搭載されているため、 カスタマイズする必要はほぼありませんが、以下のような理由がある場合は、カスタマイズを検討するのもありです。 これは マザーボードの規格の違いにより、PCケースのサイズが決まっているためです。 具体的な違いとして、ミニタワー型はマザーボードの規格がMicro-ATXで、 サイズが小さく拡張性が低い(主に拡張カードを追加できる個数)代わりに、 価格が安いのが特徴です。 逆にミドルタワー型はマザーボードの規格がATXで、一般的なサイズになります。 ゲーミングPCを購入する際に価格を抑えたいなら、拡張性を捨ててミニタワー型を選ぶのもおすすめです。 ノートPCは基本的に選ばない ゲーミングPCはデスクトップ型だけでなく、 ノート型(ゲーミングノートPC)もあるため、どちらにしようか迷う人もいると思います。 そんなノート型の メリットは持ち運びのしやすさですが、 パソコンの性能が高かったり、長時間のゲームプレイでは発熱量が多く、そもそも小型のノートPCには不向きです。 加えて、デスクトップと比べて価格が高く コスパが悪いというデメリットがあるので注意しましょう。 つまり、 特に理由がない限り、ノートPCを購入するのはやめた方がいいです。 コスパ重視:GTX1660 SUPER• 売れ筋:RTX2070 SUPER• ハイスペック:RTX2080Ti ストレージ 最低でも250GB以上のSSDを搭載する 予算に余裕がある:500GB以上のSSD 電源 そのままでOK• 将来を考慮:容量多めにする• 静音性を考慮:ブランド電源にする• 省エネ性を考慮:Gold以上の電源にする おすすめのゲーミングPC一覧 安さ重視構成 コスパ重視構成 売れ筋構成 ハイスペック構成 プロ仕様構成 製品 価格帯 約9万円〜 約12. 5万円〜 約16. 2 SSD 1TB M. 8GHz 8GB ・NVIDIA GeForce GTX660 ・AMD Radeon HD 7870 PUBG ・Intel Core i5-6600K ・AMD Ryzen 5 1600 16GB ・NVIDIA GeForce GTX1060 3GB ・AMD Radeon RX580 4GB MHW ・Intel Core i7-3770 3. 4GHz ・AMD Ryzen 5 1500X 8GB ・NVIDIA GeForce GTX1060 3GB ・AMD Radeon RX570X R6S ・Intel Core i5-2500K ・AMD FX-8120 8GB ・NVIDIA GeForce GTX670 ・AMD Radeon HD 7970 FF14 ・Intel Core i7 3GHz 8GB ・NVIDIA GeForce GTX970 ・AMD Radeon RX 480 ドラクエ10 ・Intel Core i5 2. 4GHz 4GB ・NVIDIA GeForce GTX650 ・AMD Radeon HD 5800 2020年時点では、基本的にCPU「Intel Core i5-9400F」、メモリ「16GB」、GPU「GeForce GTX1660」以上のスペックなら、だいたいどのゲームもプレイは可能です。 ただし、より快適性を求めるなら、よりハイスペックなゲーミングPCを選びましょう。 そもそもゲーミングPCとは?通常のPCとの違いは? ということで、ゲーミングPCについて解説してきましたが、 「そもそもゲーミングPCって何?通常のPCとの違いは?」という人もいるのではないでしょうか。 そんなゲーミングPCは、通常のPCと違って次の特徴があります。 TSUKUMO(ツクモ)• フロンティア(FRONTIER)• サイコム(Sycom)• マウスコンピューター(Mouse Computer)• SEVEN(セブン) TSUKUMO(ツクモ) TSUKUMO(ツクモ)は、株式会社ヤマダ電機の子会社である株式会社Project Whiteが運営するパソコンショップです。 そんなTSUKUMOのゲーミングPC 「 G-GEAR」は、 自作PCで評判のパーツを多く採用し、カスタマイズも豊富です。 G-GEARのメリットは、アップグレードやダウングレードといった 自由度が高いカスタマイズ性と、自作PCユーザーには一般的で評価も高い ASUS(エイスース)製のマザーボードを採用していることです。 マウスコンピューター(Mouse Computer) マウスコンピューター(Mouse Computer)は、株式会社マウスコンピューターがパソコンの製造・販売を行うBTOメーカーです。 2008年10月にパソコン機器メーカーの株式会社イーヤマを吸収合併したため、iiyamaブランドのモニターの販売元でもあります。 そんなマウスコンピューターのゲーミングPCブランド 「 G-Tune」は、国内トップレベルのプロゲーマーから支持され、esportsなどの競技マシンとして採用されています。 G-Tuneのメリットは、 冷却性やデザイン性、そして利便性を追求したPCケースや、 メンテナンス日を除いて困った時に24時間いつでもお問い合わせ可能なことです。 SEVEN(セブン) SEVENは(セブン)は、株式会社セブンアールジャパンによって運営されているBTOパソコン・PC通販のパソコンショップです。 PCパーツは相性チェック済みのものを掲載し、カスタマイズ幅も広く、 パーツ選択がしやすい(画像や型番をチェック可能)のが特徴なので、パソコンを自分好みにカスタマイズしたい人にはおすすめです。 そのほか、 日々様々なセールも実施しているため、気になったら一度チェックしてみて下さい。 ゲーミングモニター(液晶ディスプレイ)• ゲーミングマウス、マウスパッド• ゲーミングキーボード• ゲーミングヘッドセット ゲーミングPC用おすすめゲーミングモニター(液晶ディスプレイ)は? 最近はゲーミングPCだけでなく、ゲーミングモニター(ディスプレイ)を購入する人も多いと思います。 ゲームのジャンル(FPSや格闘ゲームなど)によっては、ゲーミングモニターの性能の高さが重要になるため、持っていなければ合わせて購入するのがおすすめです。 最近は リフレッシュレートが144Hzに対応したゲーミングモニターが人気で、概ね3万円で購入可能です。 例えばリフレッシュレートが144Hz対応なら、一般的な60Hzのディスプレイより 2. 4倍高速に映像を表示し、なめらかで美しい映像を表示することができます。 そのため、 FPSやレースゲームなど、動きの激しいゲームに最適です。 その他、ゲーミングモニター(ディスプレイ)の選び方や注意点については、を参考にどうぞ。 ゲーミングモニター(液晶ディスプレイ)のおすすめ一覧 価格 約1. 6万円 約3万円 約2. 9万円 約4. 3万円 約4. 2万円 約4. 3万円 約4. 5万円 サイズ 24. 5型 24型 24. 5型 24. 5型 27型 28型 27. 8ms[GTG] 0. 7ms[GTG] 1ms[GTG] 0. 6ms[GTG] 6ms[GTG] 1ms[GTG] 1ms[GTG] 内部フレーム遅延 約0. 03フレーム 約0. 05フレーム 不明だがダイレクトドライブモード有り 約0. 05フレーム(スルーモード) 約0. 例えば1,000Hzなら、1秒間に1,000回の情報をパソコンへ送信していることになります。 5 cm 11. 8 cm 12. 4 cm 11. 8 cm 12. 89 cm 12. 2 cm 11. 1 cm 11. 8 cm 13. 0 cm 重量(グラム) 106 99 130 83 93. 2 88. 5 133 69 121 80 FPSゲームのようなマウス操作が激しいゲームをプレイするならマウスパッドは必須ですが、おすすめなのは 人気が高いSteelSeries製のマウスパッドです。 サイズも小さいものから大きいものまであるので、自分に合ったサイズを選びましょう。 ただし、マウスパッドは 消耗品なので、消耗したら買い替えが必要になります。 ゲーミングPC用おすすめゲーミングキーボードは? ゲーム用のデバイスとしては、ゲーミングキーボードも重要です。 PCゲームでは キーの同時押しが必須のため、ゲーミングキーボードも必要になる場合があります。 ただし、ゲーミングキーボードは 打鍵感や打鍵音について好みの問題があり、 実際に使ってみないと自分に合ったものが選べないものなので、 こだわりがある人は店頭で触って確認することをおすすめします。 尚、ゲーミングキーボードと通常のキーボードの主な違いは、 キースイッチの種類とキーの同時押しの対応有無です。 キースイッチは様々な種類があり、それによりアクチュエーションポイント(キー打鍵時に内部スイッチがOFFからONに変わるポイント)、荷重(キーの反発力)、打鍵音が変わります。 そして、ゲーミングキーボードには アンチゴーストやロールオーバーという機能が付いています。 アンチゴーストは複数キーを押したときに 誤入力を防ぐ機能で、ロールオーバーは複数キーを押したときに 押されたキーを確実に検出できる個数です。 例えば26キーロールオーバーなら26個のキーを同時に押しても正確に認識でき、Nキーロールオーバーなら全てのキーを同時に押しても正確に認識できます。 43 cm 21. 3 cm 15. 44 cm 14. 特にFPSゲームなどでは 足音や周囲の音を正確に聞き分けることが勝利へのカギになるため、 定位感(音の聞き分けやすさ)が優れているゲーミングヘッドセットを選びましょう。 ただし、製品によって 定位感の違いや、装着感の好みの問題があるので、 こだわりがある人は店頭にて確認することをおすすめします。 尚、ゲーミングヘッドセットと通常のヘッドセットの主な違いは、 定位感が優れているスピーカーやノイズが少ないマイク、そして長時間のゲームプレイでもストレスが少ない装着感です。 特にサラウンド機能が優れたスピーカーは前後左右の音の聞き分けがしやすく、マイクにノイズキャンセリング機能があれば、ノイズが少なく快適なコミュニケーションが可能です。 また、ゲーミングヘッドセットの構造には 開放型と密閉型がありますが、開放型は 音や湿気がこもりにくいのがメリットですが、 遮音性が低く周囲の音が聞こえてしまうデメリットがあり、密閉型はその逆になります。 サラウンド機能とは? サラウンド機能とは、音が左右から聞こえるステレオ(2. 0ch)に対して、 前後左右から包み込むように音が聞こえる立体音響のことです。 そのため、7. 1chなどのサラウンド機能が優れている製品の方が、 前後左右の音の聞き分けがしやすいメリットがあります。 ただし、 PCのみ対応であったり、PCでサウンドカードを使用していないと本来の性能が発揮できない場合があるので注意が必要です。 1ch(PCのみ。 PS4はステレオ。 ) - 7. 1ch(光ケーブル無しだと5. 1ch) リアル7. 1ch(PCのみ。 PS4はステレオ。 尚、サウンドカード必須) - - ヘッドホンの周波数応答 12Hz〜28,000Hz 20Hz〜20,000Hz 13Hz〜27,000Hz 各20Hz〜20,000Hz 20Hz〜22,000Hz 12Hz〜28,000Hz 各20Hz〜20,000Hz 10Hz〜30,000Hz 10Hz〜30,000Hz マイクの着脱 -(格納式ブームマイク) 可能 可能 -(折りたたみ) -(格納式) -(格納式ブームマイク) -(折りたたみ) -(折りたたみ) -(折りたたみ) ノイズキャンセリング 有り 有り 有り - 有り - - 有り 有り マイクの周波数応答 100Hz〜10,000Hz 100Hz〜10,000Hz 50Hz〜18,000Hz 100Hz〜10,000Hz 100Hz〜10,000Hz 100Hz〜10,000Hz 100Hz〜10,000Hz 10Hz〜18,000Hz 10Hz〜18,000Hz 本体重量 約322g 約259g 約336g(マイク有り) 約382g 約318g 約408g 約360g 約363g 約360g マルチプラットフォーム対応 PC、モバイルデバイス、PS4、Xbox One、Nintendo Switchなど PC、モバイルデバイス、PS4、Xbox One、Nintendo Switchなど PC、モバイルデバイス、PS4、Xbox One、Nintendo Switchなど 基本的にPC向け PC、モバイルデバイス、PS4、Xbox One、Nintendo Switchなど PS4におすすめ(ただしPS4 Slimは光ケーブル接続不可のため5. 1ch) 基本的にPC向け PC、モバイルデバイス、PS4、Xbox One、Nintendo Switchなど PC、モバイルデバイス、PS4、Xbox One、Nintendo Switchなど 備考 カラーはGreenのほか、Black、Whiteも選択可能 軽量かつ低価格が魅力 デュアルチャンバー(空気室が低音用と中高音用の二つに分けてある)で、音の歪みが小さく定位が優れている サウンドカードのイコライザ設定推薦 テレビゲームに接続しつつ、スマホ音声も同時に出力可能なのが特徴で、Nintendo Switchにおすすめ。 また、1回の充電で最大28時間使用可能 1回の充電で最大16時間使用可能 バスリダイレクト機能付きのサウンドカードが無いと、良さを引き出せない。 価格以外の欠点はほぼ無し 価格以外の欠点はほぼ無し ゲーミングPCでノートPC(ゲーム用ノートパソコン)のおすすめは? 持ち運びやすさを最重視し、ゲーミングノートPCを購入したい人もいると思います。 ノート型というのはつまり、PC本体+モニターなので、PC本体のスペックだけでなく、 モニターの性能もチェックしましょう。 具体的には、モニターにはリフレッシュレートの最大値(その最大値までのフレームレートしか活かせない)が決まっており、 一般的なものは60Hzまで対応しています。 ただ最近のゲーミングノートPCは、60Hzよりも高いリフレッシュレートに対応した製品が増えたため、 今購入するなら120Hz以上に対応したものを購入するのがおすすめです。 ゲーミングノートPCのおすすめ一覧 価格帯 約10. 5万円 約14. 6万円 約18. 7万円 約33万円 CPU Core i7-9750H Core i7-9750H Core i7-9750H Core i7-9750H メモリ 16GB 16GB 16GB 16GB GPU GTX1650 GTX1660Ti RTX2070 MAX-Q RTX2080 ストレージ M. 2 SSD 500GB M. 2 SSD 512GB M. 2 SSD 1TB M. 2 SSD 1TB カードリーダー SDカードリーダー(SDXC対応) SDカードリーダー(SDXC対応) SDカードリーダー(SDXC対応) SDカードリーダー(SDXC対応) 入出力ポート USB2. 1 type-c(Thunderbolt3対応), USB3. 1 type-c(Thunderbolt3対応), USB3. 4 約356. 5 約356. 5 約398. 15 重量 約2. 03kg 約1. 87kg 約1. 87kg 約2. 5万円〜 約16. 2 SSD 1TB M. ゲーミングPCといっても種類が多く選ぶのが大変ですが、プレイしたいゲームの推薦動作スペックを基準に、自分に合ったものを選びましょう。 また、買い替えタイミングに悩む人も多いと思いますが、 PCスペックは日進月歩で向上するため、買いたい時が買い替えどきですよ。 今回ご紹介したものはどれもおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

次の

ゲーミングPCおすすめランキング【2020年06月】

ゲーミング pc おすすめ 2019

最新パーツを搭載したゲーミングPCを選ぶこと• 自分の"やりたいこと"を明確にしてから選ぶこと• 置くスペースをしっかり確保すること 1. 最新パーツを搭載したゲーミングPCを選ぶこと PCパーツは毎年新しいものが発売されます。 発売のたびに性能がアップし、コストダウンされ、消費電力も変わります。 常に進化し続けているので購入にベストなタイミングは存在せず、購入するときに一番最新のパーツ構成で購入するのが一番損がありません。 自分の"やりたいこと"を明確にしてから選ぶこと MODを使って遊びたいのにロースペックではスペック不足ですし、MMORPGしか遊ばないのにハイスペックではオーバースペックになります。 ゲームタイトルまで絞る必要はありませんが、ざっくりとでも「自分がどういう使い方をしたいか」を明確にして、必要なスペックのゲーミングPCを買うべきです。 もし何も決まっておらず、とりあえず全般的にできるような1台が欲しいのであれば、ミドルスペックがおすすめです。 置くスペースをしっかり確保すること デスクトップは本体後方や側面に排気口があります。 排気口を塞ぐように設置してしまうと内部の熱を逃がすことができず、故障の原因となります。 排気口は壁から30cm程度話して設置する必要があるので、必ず広めの設置スペースを確保しましょう。 【2020年】おすすめデスクトップゲーミングPC|ハイスペック ガレリアZZ(ドスパラ)• マップ超広大化+ハイグラフィックなど特殊な高負荷MODの組み合わせ ガレリアZZ がおすすめの理由 最新かつ最高のCPUとGPUを組み合わせたハイスペックゲーミングPCです。 一部の特殊な高負荷MODでは動作が重くなる事があるものの、それ以外ではとても快適に動作します。 ガレリアZZのようなハイスペックゲーミングPCでは、「できること」より「できないこと」の方が少ないです。 具体的には以下のケースでスペックが不足します。 Cities:Skylineのマップ広大化MODにより超広大化させた場合• Cities:Skylineのマップ広大化MOD+全域に交通MODを適用させた場合• Cities:Skylineのマップ広大化MOD+グラフィック向上MODを併用した場合• スカイリム・Falloutなどオープンワールドゲームにより、一か所にオブジェクトを過剰に集中させた場合• MODを使ったゲームにおいて、高負荷がかかった状態で動画撮影や配信を行った場合 このような過剰に負荷がかかる使い方以外では、とても快適に使うことができますし、FPSなどの対戦ゲームではしっかりと勝っていけるゲーミングPCです。 LEVEL-R040-i7K-XYVI-CR(パソコン工房) マップ超広大化+ハイグラフィックなど特殊な高負荷MODの組み合わせ LEVEL-R040-i7K-XYVI-CRとガレリアZZの違い LEVEL-R040-i7K-XYVI-CRは最新のCPUと最高のGPUを組み合わせたハイスペックゲーミングPCです。 できること、できないことは上で紹介したガレリアZZとほぼ同じで、違いは以下のポイント。 CPU性能がガレリアZZの方が高い• SSD容量がガレリアZZの方が多い(但しHDDがない) 2点が違い、パーツの価格差がそのまま本体価格に現れていると考えてください。 【2020年】おすすめデスクトップゲーミングPC|ミドルスペック ガレリアXF(ドスパラ)• 高負荷MODの複数同時導入(少数なら可能)• 高解像度で動画撮影・配信しながらプレイ ガレリアXFがおすすめの理由 最新のCPUとGPUを採用したミドルスペックゲーミングPCで、とにかくコスパが良いです。 ハイスペックにとても近い性能を持ちながら、20万円を大きく下回るお買い得さが魅力。 MODを大量に導入することが前提のゲーム(スカイリム・Fallout・Cities:Skyline)では、導入するMODの負荷や数によってカクつく場合がありますが、お気に入りのMODをいくつか導入する程度なら問題ないでしょう。 MODを使わないMMOやFPSなどのオンラインゲームでは全く問題なく快適プレイが可能です。 ただし高解像度で動画を撮影しながらのプレイや、Youtubeへ高解像度動画を配信しながらゲームをプレイすると音ずれが起きたり、映像がカクつく場合があるかもしれません。 自分ひとりでゲームを楽しんだり、普段使い用とするには最適の1台です。 LEVEL-M0B4-R73X-TWS(パソコン工房)• 高負荷MODの複数同時導入(少数なら可能)• 高解像度で動画撮影・配信しながらプレイ LEVEL-M0B4-R73X-TWSとガレリアXFの違い CPUにAMDのRyzenを採用したミドルスペックゲーミングPCです。 Ryzenは2018年以降あたりから、1コアあたりの性能が低い弱点を克服し、高性能ながら価格が安いコスパの良いCPUとして躍進しています。 ただゲームやソフトウェアのほとんどがintel製CPUに最適化していることから、相性面でやや劣る場合がありますが、大きく実感できるほどではありません。 CPUの価格差• ストレージ(SSDとHDD)の容量差 以上2点がLEVEL-M0B4-R73X-TWSとガレリアXFの違いとなっており、LEVEL-M0B4-R73X-TWSは保存領域が少な目です。 基本的にはガレリアXFの方がおすすめですが、価格を安くしたいならLEVEL-M0B4-R73X-TWSも素晴らしいゲーミングPCです。 LEVEL-M0B4-R73X-TWSを選ぶ場合はデータ保存用として外付けHDDがあると便利でしょう。 【2020年】おすすめデスクトップゲーミングPC|ロースペック ガレリアDJ(ドスパラ)• FPSを高画質で快適プレイ(PUBG・フォートナイト・APEXなど)• VRゲームをプレイ• マイクラにMODをたくさん入れてプレイ• 高負荷MODの複数同時導入(少数なら可能)• 高解像度で動画撮影・配信しながらプレイ ガレリアDJがおすすめの理由 ガレリアDJの一番大きなポイントは安さであり、ゲーミングPCでは破格の8万円台。 安いからといって性能が低すぎることもなく、MODの使用を前提としないオンラインゲームは快適に動作します。 FPSゲームも基本的には快適にプレイできますが、高解像度でのプレイや遠方までくっきり表示させる事は難しいため、索敵スピードに影響し撃ち負けるシーンがあるかもしれません。 MODを使ってPCゲームを遊びたい、FPSゲームで勝ちたい、eスポーツに参入したい方はミドルスペック以上のゲーミングPCがおすすめです。 しかしFF14やドラクエ10などMMORPGを楽しむ程度ならガレリアDJでも十分すぎるスペックを持っています。 また、初めてゲーミングPCを買う方のお試し機としてもおすすめです。 おすすめ5選の選出基準• 無駄な機能を省き、必要な機能をしっかり備え価格ができるだけ安いこと• 用途目的に合わせた性能をしっかり備えていること• ストレージ容量やメモリなど不便な点がないこと まず一番重視したのは価格の安さ。 そして価格が安いうえで、用途に合わせた性能をしっかり持ち合わせていること。 安いだけで性能が酷いゲーミングPCがAmazonや楽天市場にたくさん出品されているので、そういった事がないように。 価格が安く高性能であり、さらに利便性が高いこと。 CPUとGPUが高性能なのにメモリ容量やストレージ(SSDやHDD)容量が少なく、使い勝手が悪いPCでは意味がありません。 これらすべての条件を満たすデスクトップゲーミングPCから2020最新に厳選して選出しています。 【2020年】ゲーミングPC(デスクトップ)おすすめ5選まとめ ゲーミングPCは「どういう使い方をしたいか」を明確にすると選びやすいです。 ・MODを使ってPCゲームをがっつり遊びたい・動画編集や配信をしたい ・多少のMODプレイ、オンラインゲームを中心に動画編集や配信せずに遊びたい ・オンラインゲームをカジュアルに遊びたい、コストを抑えたい.

次の

ゲーミングスピーカーの選び方と人気おすすめ9選【2019年最新版】

ゲーミング pc おすすめ 2019

ノートPCのCPU• Atom・Celeron 問題外• Core i3・Pentium 物足りない• Core i5 U ちょっと厳しい• Core i7 U これくらいは欲しい• 快適にゲームすることを考えた場合、 Core i7 H以上がベターです。 GPU GeForce GTX1660Ti以上がおすすめ ゲームに大事なのがグラフィック性能です。 この性能を決めるのが グラフィックボード(GPU)。 多くのノートPCで採用されている、CPUにGPUが統合された形式の内蔵GPUでは、描画性能が低く、3Dゲームの動作自体が困難です。 一方、外付けGPUはGPU専用のメモリーを載せるなどして、 負荷の重い処理でも軽快にこなせるのが特長です。 ゲーミングノートPCは、性能の高い外付けGPUのPCが必須になってきます。 ということで、主要なGPUと3Dゲームの対応度はこんなイメージ。 ノートPCのGPU• GeForce MX250 ライトなゲームなら大丈夫• 重いゲームやFPS値を高く保ちたいFPSなどは GTX1660Ti以上は欲しいです。 GeForceにはGTXシリーズの上位モデルである RTXシリーズもあり、光の反射なども再現できるようになります。 MMOなどでもグラフィックをより楽しみたい方は、RTXシリーズを搭載したモデルがおすすめです。 メモリ16GB以上がおすすめ 同時に処理できる量に大きく関係するのがメモリ容量です。 中でもWindows10はメモリ容量を食うため、4GB以上のメモリは最低限必要。 ゲームは負荷が重く、メモリ消費量も大きいため、4GBや8GBでは動作自体が難しいです。 ゲームの快適性を考慮すると、 16GB以上のメモリを搭載しているモデルをおすすめします。 SSD 512GB以上がおすすめ PCの起動や読み書きの速度を左右するストレージ。 CドライブにHDDよりSSDを採用していたほうが基本的に高速です。 製品名 OS CPU GPU 液晶 メモり ストレージ 端子 バッテリー 質量 ドスパラ「」 Windows 10 Home 64bit Core i7-9750H 2. 6GHz GeForce GTX 1660Ti 17. 3インチワイド 1920 x 1080 16GB 512GB(SSD) USB3. 1 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 miniDisplayPort x 1 SD x 1 5. 0時間 2. 7kg ドスパラ「」 Windows 10 Home 64bit Core i7-9750H 2. 6GHz GeForce GTX1660Ti 15. 6インチ 1920 x 1080 16GB 512GB(SSD) USB2. 0 x 1 USB3. 1 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 SD x 1 10時間 1. 87kg ドスパラ「」 Windows 10 Home 64bit Core i7-9750H 2. 6GHz GeForce RTX2070(Max-Q) 15. 6インチ 1920 x 1080 16GB 1TB(SSD) USB2. 0 x 1 USB3. 1 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 SD x 1 10時間 1. 87kg ドスパラ「」 Windows 10 Home 64bit Core i7-9750H 2. 6GHz GeForce RTX 2080 17. 3インチワイド 1920 x 1080 16GB 1TB(SSD) USB3. 1 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 SD x 1 5時間 2. 7kg Lenovo「」 Windows 10 Home 64bit Core i7-9750H 2. 6GHz GeForce RTX 2070(Max-Q) 15. 0 x 3 USB-C x 1 HDMI x 1 Mini Display x 1 SD x 1 3. 0時間 2. 2kg Dell「」 Windows 10 Home 64bit Core i7-9750H 2. 6GHz GeForce RTX 2080 8GB GDDR6 Max-Q 15. 6インチ(3840 x 2160) 16GB 1TB(HDD) USB3. 0 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 Mini Display x 1 3. 0時間 2. 16kg HP「」 Windows 10 Pro 64bit Core i9-9880H(2. 30GHz) GeForce RTX 2080 17. 3インチ 1920 x 1080 32GB 1TB(SSD) USB3. 0 x 3 USB-C TB3 x 1 HDMI x 1 Mini Display x 1 SD x 1 5. 0時間 3. 26kg ドスパラ「」 Windows 10 Home 64bit Core i5-10300H(2. 5GHz) GeForce RTX 2060 15. 6インチ 1920 x 1080 16GB 500GB(SSD) USB2. 0 x 1 USB3. 2 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 SD x 1 3. 9時間 2. 1kg これら8製品はコスパの良いモデルというだけあり、上に挙げた5条件をいずれも満たしています。 したがって、自分がどの機能を優先したいかで選ぶといいでしょう。 大画面とキーボードで選ぶなら• 重量(2kgを切るか)• ディスプレイサイズ(13インチor15. 6インチ)• くわしい内容は、実際のゲーム性能などもふくめこちらの記事で紹介しています。 本体スペックは以下のとおり。 モバイルは左スライドで全表示 製品名 「」 「」 CPU Core i7-9750H GPU GeForce GTX1660Ti GeForce RTX2070(Max-Q) 液晶 15. 6インチ(非光沢)、リフレッシュレート144Hz 解像度 フルHD(1920 x 1080) メモリ 16GB ストレージ 512GB NVMe SSD 1TB NVMe SSD 端子 USB3. 1 Type-C Thunderbolt3対応)、USB3. 4Gbps バッテリー 10時間 質量 1. 87kg キーボードはRGB搭載ですが、独特の配列なので慣れが必要です。 ディスプレイのリフレッシュレートは 144Hzと充分な性能を持っています。 RGBを搭載しているか(付属ソフトで細かく設定できるか)• JISor英字配列・テンキー有無・スペースキーの大きさなど• キーボードタイプ(メカニカルなど) ちょっと解説 キーボードは、 ゲーミングノートPCによるモデル差がかなりあります。 バックライトのオンオフができるだけのものから、ソフトで配色やキーアサイン、マクロ設定できるものまでさまざま。 こだわる人は、対応しているモデルを選んだ方が格段に使いやすいです。 また、ゲームジャンルやタイトルによって使用頻度の多いキー(例えばスペースキー)が押しやすいか、テンキーは必要かなどは見るべきポイントになります。 メカニカルキーボードは反応も速く、クリック感があるためミスタイプが少なくおすすめです。 RGBでの配色はもちろん、キーバインドも可能で押し感も心地よい メカニカルキーボードになっています。 くわしい紹介は、実際のゲーム性能などもふくめこちらの記事で解説しています。 本体スペックは以下のとおり。 モバイルは左スライドで全表示 製品名 「」 「」 CPU Core i7-9750H GPU GeForce GTX 1660Ti GeForce RTX 2080 液晶 17. 2 Gen2 Type-C x 1、USB3. 1 Gen2 Type-A x 1、USB3. 1 Gen1 Type-A x 1、HDMI x 1、miniDisplayPort x 1、マイク入力端子 x 1、ヘッドフォン出力端子 x 1 ワイヤレス規格 Intel Wi-Fi 6 AX200(IEEE802. 7kg• ディスプレイサイズ(ベゼルの狭さ、15. 6インチ・17. 3インチ)• ディスプレイタイプ(IPS・VA、フルHD・4Kなど)• リフレッシュレート(60hz・144hz・240hz) ちょっと解説 ベゼルは狭いほうが、没入感が高まり見やすくなります。 また、リフレッシュレートの数値が高いほど滑らかに表示されます。 動きの激しいFPSやアクションジャンルをプレイする方は、 144hzか240hzのモデルを選んでください。 特に視界を激しく移動するゲームだと、60hzモニターでは酔いやすいかもしれません。 一方MMOやパーティーゲームなどでは、リフレッシュレートはそこまで高くなくても良いので、60Hzのモデルでも問題ないでしょう。 OMEN 17 ディスプレイのリフレッシュレートは 240Hzなので、激しいアクションやFPSでも快適にプレイ可能です! の詳細は、実際のゲーム性能などもふくめてこちらの記事で紹介しています。 本体スペックは以下のとおり。 モバイルは左スライドで全表示 製品名 HP「」 CPU Core i9-9880H GPU GeForce RTX 2080 液晶 17. 1 Gen1 x 3 バッテリー 約5時間 質量 3. 26kg 数少ない 4Kディスプレイを搭載しているモデルですよ! リフレッシュレートが240Hzのモデルもオプション選択できます。 の詳細は、実際のゲーム性能などもふくめてこちらの記事で書いています。 本体スペックは以下のとおり。 モバイルは左スライドで全表示 製品名 DELL「」 CPU Core i7-9750H(2. 6GHz) GPU NVIDIA GeForce RTX 2080 8GB GDDR6 Max-Q 液晶 15. 6インチ(光沢) 解像度 4K 有機EL(3840 x 2160) メモリ 16GB ストレージ 1TB PCIe SSD 端子 USB 3. 1 Gen 1 Type-A x 2、USB 3. 1 Type-C(Thunderbolt3対応)、HDMI 2. 0 b、Mini-DisplayPort、LANポート、オーディオ出力用ポート バッテリー 約3時間 質量 2. 16kg.

次の