ビーフ ジャーキー アレンジ。 ビーフジャーキーダイエットは塩分に注意?カロリーや効果は?

ポークジャーキーをラーメンにアレンジ。ポークジャーキーの出汁とは、、?

ビーフ ジャーキー アレンジ

MARIANI プライムアンガス・テリヤキストリップス コストコのビーフジャーキーで、最近注目を浴びているのが、「プライムアンガス・テリヤキトリップス」です。 こちらも『マリアーニ』製ですが、日本人に馴染み深いテリヤキ味を採用している商品ですね。 親しみやすさから人気を集めていて、おすすめですよ。 「プライムアンガス・テリヤキトリップス」は、プレミアムジャーキーに分類されるためか、内容量は240gと、やや少なめです。 そのかわり、値段は998円(税込)と抑えられています。 100gあたり約416円のコスパになりますね。 「ステーキ」と銘打っているだけあって、噛みごたえのある仕上がりになっているのですね。 大容量でもあっという間に食べ終わってしまうほどの美味しさですが、人によっては脂っこさがしつこく感じられる場合もあると言われています。 QUOTE 肉厚で、柔らかいので、とても食べやすいです。 300gと大容量ですが、上記の通りなので、あっという間に食べ終わりました。 より肉っぽくて、おいしいです。 引用元:Amazon QUOTE 厚みがあり食べ応えはあるのだが、私には味が濃く脂っこい感じです。 手に油がつきベタベタします。 引用元:Amazon コストコの「ビーフジャーキーソフト」は、やはり柔らかな食感が高評価を得ています。 味に関しても、ほどよい甘辛さが良いと評判ですが、人によっては薄いと感じられると言われています。 濃い味付けが好きな方は、マヨネーズなどの調味料と一緒に食べることも多いですね。 しかし、塩分量には注意しましょう。 QUOTE ビーフジャーキーの中では柔らかめで、食べやすく味つけも胡椒が程よく効いていて甘辛い味も好みです。 厚みもありますし、食べ応えは充分にあります。 引用元:コストコで在庫番 QUOTE 安いだけあって、味が濃くなく、全体的に薄く感じます。 半分食べると味に飽きる感じの味だなと感じました。 だが、食べ応えはある。 プルコギといっても、食べられないほどの辛さにはなっていないので安心してくださいね。 しかし、オージービーフを使用しているためか、人によっては牛肉の風味が強すぎに感じられると言われています。 QUOTE 前回、初めて購入して、美味しかったので、リピートしました。 始めは甘くて噛んでいくにつれて辛味も出てきて私の味覚に合いました。 引用元:楽天 QUOTE 塩気の強いジャーキーが多い中、甘いという想像ができませんでしたが、こちらは甘いとかそういうのではなく、臭みのある肉肉しさがあります。 好みの問題かもしれませんが、ジャーキーにも色々あると勉強になりました。 テリヤキのテイストも馴染みがあると好評ですね。 しかし、人によっては柔らかすぎて物足りないという意見もあるので、噛みごたえを求める方には不向きです。 QUOTE テリヤキ味は馴染みのある感じで外国っぽさやクセはありません。 柔らかくて食べやすいです。 子供でも食べやすいと思います。 量は少なめですが1,000円以下なので買いやすかったです。 引用元:コストコで在庫番 QUOTE 柔らかくてジャーキの硬さではないです。 味は悪くないのですが噛みごたえがないので物足りなさを感じます。 ペッパーのアクセントも効いているので、飽きないのですね。 しかし、肉の厚みという点に不満を感じる人もいます。 切れ端のようなジャーキーが多いという報告があるので、肉を噛みしめたいという方は、注意しましょう。 QUOTE 甘じょっぱい味付けが好きな方はお好きだと思います。 かなり濃いめの味付けですがアクセントのペッパーが飽きさせません。 ただ肉臭さに敏感な方は苦手かも…?ですが私個人としてはジャックリンクスのシリーズの中で1番美味しいと思っています。 引用元:Amazon QUOTE 大変美味しかったです。 ただ切れ端みたいなものが多かったてす。 引用元:Amazon コストコのビーフジャーキーを簡単にアレンジしたいのであれば、調味料をちょい足しすることをおすすめします。 ちなみに、ビーフジャーキーにちょい足ししたい調味料の人気ナンバーワンは、マヨネーズだと言われています。 マヨネーズの他には、柚子塩でさっぱりさせたり、マスタードでアクセントをつけたりする方法もあります。 色々な調味料を試して、美味しい組み合わせを見つけてくださいね。 調味料をちょい足ししたビーフジャーキーは、お酒のおつまみとして最高ですが、食べる量には気をつけたいですね。 コストコのビーフジャーキーを食べる前に、こちらの記事で適切な量をチェックしてみましょう。 ダイエットにもおすすめの食材なので、減量にも挑戦できますよ。 コストコのビーフジャーキーは、そのまま食べるだけでなく、スープにアレンジしても美味しいです。 良い出汁が出るので、ぜひ作ってみてください。 レシピは、以下の通りです。 具材となる野菜は、ご紹介したもの以外でも大丈夫なので、色々と試してみましょう。 材料(1人分)• ビーフジャーキー 2~3枚• キャベツ 2~3枚• 水 300ml 作り方• 鍋に水を入れてコンソメと刻んだジャーキーを加えます。 出汁がとれるように、弱火にかけて煮込みます。 キャベツと玉ネギをスライスして鍋に加えます。 野菜が柔らかくなったら完成です。 細かく刻んでビーフジャーキーの風味を生かしたチャーハンにしてみましょう。 使用するビーフジャーキーは、ソフトタイプがおすすめです。 材料(1人分)• ご飯 茶碗1杯• ビーフジャーキー 2~3枚• 卵 1個• にんにく・長ネギ 適量• 塩・コショウ お好みで 作り方• ビーフジャーキー・にんにく・長ネギを細かく刻みます。 フライパンを火にかけ、油をひいてにんにくを炒めます。 溶き卵を加えて、固くならないうちにご飯も入れます。 ビーフジャーキーと長ねぎを加えて塩コショウで味を整えます。 コストコのビーフジャーキーをアレンジしたら、ビールと一緒にいただきたいですね。 コストコで扱っている海外製のビーフジャーキーは、ビールとの相性が抜群だと言われています。 こちらの記事では、コストコのおすすめ缶ビールを紹介しているので、ビーフジャーキーと一緒に購入するための参考にしましょう。

次の

【スゴ技】旨み凝縮の「ビーフジャーキー」がこんなにも料理に使えるなんて!

ビーフ ジャーキー アレンジ

ヘルシオでの調理 ビーフジャーキーという名前でのレシピではなく、ドライフードとなっているので検索する際はドライフードとしてください。 もしくはメニュー番号の「163」で検索。 イカや鮭もできるのかぁとなりますけどそんなに好きじゃないので牛肉一択です。 水タンクの目盛りは2• 角皿は上段にセット この2点を守りましょう。 この牛肉がどんな感じになるのか楽しみですね。 なお 調理時間は2時間です。 かなり長いのでヘルシオを使わない時間帯に作ることをお勧めします。 ビーフジャーキーの調理完了! 2時間も時間がかかるので昼寝をしたり、その間に買い物に行ったり、お掃除をしたりと時間を有効活用します。 燻製などと違って火加減などの確認は一切不要なのが放置系調理家電の一番のメリットですね。 そんな訳で2時間経過したものがこちら。 牛肉は黒くなり、水分がなくなったことでかなり縮んでいるのがお分かりいただけると思います。 キラキラいしているのがうっすら滲んできている脂です。 手に取ってみると硬いのですけど簡単に手で避ける程度の硬さ。 ビーフジャーキーの区分としてはソフトタイプくらいです。 温かい状態でも良いのですけど、その前に表面の脂をキッチンペーパーでふき取っておきます。 冷えるとこの脂が白く固まるので見栄え的には結構重要な作業です。 自作ビーフジャーキーを食べてみる 脂を取ったキッチンペーパーそのままですけど、さっそく一杯やりながら食べてみました。 サクッとした食感で牛肉は噛み切りやすく、噛むほどに牛肉の脂の旨味を感じることができます。 表面にあえて残した黒コショウがピリッとした辛さと香りがあることで、脂が多めの肉でもさっぱりと食べることが出来ます。 硬さは手でちぎることが出来る程度ですし、一口ずつ噛み切ることが出来ます。 子供でもサクッと噛み切れるのはうちの子供たち2人で確認済み。 ただ味付けが少し辛すぎたので2人とも「辛い」といって二切れ目は食べなかったです。 この辺りはおつまみ重視の辛み有にするか、万人向けの味付けにするかの違いなので次回の調理時の参考になる部分です。 という感じなのでお楽しみに! ヘルシオでビーフジャーキーを作ってみた感想 一言で言えば簡単。 牛肉切って味付けして網に並べて2時間待つだけ。 ただこれだけですから。 アレンジもしやすいですし、味付けの幅も広いのでみんなで楽しむことが出来るビーフジャーキーから、大人向けのスパイシーなものまで手軽に作ることが出来ます。 ただ放置時間とはいえ2時間の調理時間がかかりますので頻繁に作るのはちょっと難しいかなという感じ。 ただよくわからない添加物などは使用しないので安心して食べられますし、筋トレ後のおやつにすればたんぱく質補給も簡単に出来ます。 当然のことながら糖質は少ないのでダイエット向きの食品ともいえます。 後はいかにコストを下げられるか。 それさえできればとても面白いメニューだと思います。

次の

【スゴ技】旨み凝縮の「ビーフジャーキー」がこんなにも料理に使えるなんて!

ビーフ ジャーキー アレンジ

Contents• 石垣食品 まず1つ目に紹介するのは、 「石垣食品」のビーフジャーキーだ。 1-1. 概要 今回紹介するのは こちらのビーフジャーキー。 このビーフジャーキーの特徴は、 桜材を使ってスモークしているところだろう。 肉はオーストラリア産だが、 工場が中国というのが少し気になるところである。 そして、 実際に食べてみるとこのような評価になった。 1-2. 論評 まず第一の感想としては、 「めっちゃしょっぱい!」っていうことだ。 もう少し味を薄くしてくれたら、 総合点は上がったとだろう。 まぁ、味が濃いのが好きな人はオススメかな。 その風味は一口噛めばで伝わってくる。 ブラックペッパーもまぶしてあるが、 それは後味の良いアクセントになっている。 何か見た目は薄そうな感じだけど、 実は思ったより肉厚さがあるし、 肉も結構固めだし味も濃いから、 一人で食べるんだったら結構満たされる感じはある。 ただ、基本的に4本しか入っていないので、 友達と分け合いっこして食う時は注意が必要かな。 あとはやっぱり、 「中国の工場で作られている」っていうのが、 なんかあんまり印象は良くないかなと。 濃い味が好きな人で、一人で食べる用ならオススメ。 スポンサードリンク 2. おつまみビーフ 2つ目は、なとりの 「THEおつまみBEEF 厚切りビーフジャーキー」だ。 2-1. 概要 こちらの特徴としては、 スチームロール製法というやつだろう。 この独自の製法によって、 うまみを十分に引き出しているようだ。 では、実際に食べてみよう。 2-2. 論評 まず手に取ってみて、 「厚い!!」って思った。 そして食べてみて、 「うまい!!」と思った。 コスパもかなり良いしね、 なとりさんやるじゃないですか。 さすが特許出願中のスチームロール製法! 食べごたえがすごいあって、 「肉食ってる感」が半端ない! 手でちぎれるけど、決して柔らかくはない。 味はちょいしょっぱめで、 後味にスパイスのピリッって感じが残る。 結構好きな味。 正直、パッケージがパッとしないけど、なかなかオススメだ。 そして3つ目、 これはかなりオススメだ。 北陸だより ビーフジャーキー これは、 知人がプレゼントしてくれたことがきっかけで、 ありつくことができたビーフジャーキーだ。 3-1. 概要 そのビーフジャーキーは、 「北陸だより ビーフジャーキー」である。 製造は天狗ハム。 天狗ハムは、 金沢では有名(?)な、ブランドのようである。 右下の可愛い天狗マークが特徴的だ。 食べてみるとこんな感じだ。 3-2. 論評 正直言って、かなりうまい。 枚数は少ないし、内容量も多くないが、 結構厚めなのでかなり食べ応えはある。 味は、かなり印象に残るしょうゆ味。 噛み締めるほどに美味しさが伝わってくる。 時期によっては売り切れになっていることもあるので、 実はかなり人気のビーフジャーキーなのかもしれない。 超オススメだ。 では、4つ目にいこう。 ヤガイ 極厚ビーフジャーキー 4つ目はヤガイの 「極厚ビーフジャーキー」だ。 4-1. 概要 ヤガイはたくさんビーフジャーキーを出しているが、 その中でもけっこう人気なのがこの、 「極厚ビーフジャーキー」になる。 パッケージが黒と黄色という、 なかなか美味しそうなビーフジャーキーだ。 少し、期待しながら食べてみよう。 4-2. 論評 とてもサクサクしているビーフジャーキーで、 脂っぽさはあまり感じられない。 味はスパイスが効いていて、 濃すぎずに程よい感じだ。 後味はけっこうピリッとするので、 辛口が好きな方はかなり好みかもしれない。 ただ、個人的には、 もう少しジューシーさがほしいかな〜という印象。 「肉のクッキー」を食べてるような感じなのだ。 ただ、味は良いと思うし、 珍しいタイプのビーフジャーキーなので、 一度食べてみる事をお勧めする。 では、5つ目だ。 たむらのビーフジャーキー 炭火焼風味 続いては少々変わり種の 「炭火焼肉たむら」のビーフジャーキーだ。 あの、 「ちゃ〜」でというギャグで有名な、 お笑い芸人たむけんがやってるお店だ。 販売会社は 「伍魚福」なので、 コラボ商品と言えるだろう。 5-1. 概要 「黒のパッケージってなんかずるい」 そう感じるのは私だけだろうか? なんかそれだけで、 美味しそうに見えるので期待してしまう。 肉に関しては、 「厳選したもも肉を使っている」 とパッケージ裏面に書いてあるので、 国産牛の可能性が高いだろう。 まぁ、まずは食べてみよう。 5-2. 論評 お肉自体は、 柔らかい上に厚みがあるので、 とても食べ応えがあり良い。 しかし、 味付けはなんとも変わった感じである。 私は全然大丈夫だが、少々クセのある味だ。 「ビーフジャーキーでコンソメ?」 と感じる人も多いかもしれないが、 これは食べてみれば、 「おお、確かにそうかも」となるくらい 割と的確だと自画自賛だが思う。 「普通のビーフジャーキーではない」 ということは間違いなく言えるだろう。 では、6つ目だ。 たむらのビーフジャーキー コチュジャン味 こちらも、 たむらのビーフジャーキーだ。 味が違うので、 とても楽しみである。 6-1. 概要 先ほどは黒だったが、 今回は赤いパッケージだ。 コチュジャンといえば、 辛い味噌なのでそのイメージだろうか。 期待しながら食べていこう。 6-2. 論評 まず、 肉などは先ほどと一緒だが 味はたしかにコチュジャンだ。 そこまで辛くないが、 けっこう濃いめという感じか。 白ごまものおかげで、 良い感じのアクセントになっており、 とても美味しい。 私個人的には、 コチュジャン味の方が好きだ。 では、7つ目にいこう。 伍魚福 国産牛うす切りジャーキー そして7つ目は、 伍魚福の国産牛うす切りジャーキーだ。 これに似たようなものを 「」 で紹介したが値段は全く違う。 とりあえず食べてみよう。 7-1. 概要 パッケージはこの通り、 赤に近いピンク色で可愛い。 国産牛という通り、 肉の品質は良さそうなので、 期待して食べていこう。 7-2. 論評 まず、味はとても美味しいし、 醤油の風味がとても良い感じだ。 「」 で紹介したものと味はそこまで変わらない。 しかし、少し量が物足りないかなと思った。 確かに1枚は大きいが、 この通りかなり薄いのである。 皆で食べるというよりは、 1人でこっそり楽しむビーフジャーキーということになる。 まぁ、ジャーキー自体は美味しいので、 一人でこっそり楽しみたい人にオススメだ。 では次で最後だ。 ジャックリンクス 最後は、 ジャックリンクスのビーフジャーキーだ。 元々はニュージーランドのものだが、 三菱食品さんがビーフジャーキーを出している。 ちなみに、 このジャックリンクスについては3種類あるのだが、 前に全種類食べて比較したことがあるので 詳しくは参照先を見てほしいと思う。 参照: 最後に いかがだっただろうか? 他にも、 ヤガイほぐれてうまいビーフジャーキーなども、 比較的安く手に入る。

次の