マイコプラズマ 肺炎 診断。 マイコプラズマ肺炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

マイコプラズマ肺炎の超早期診断|愛知県稲沢市の糖尿病内科、内科ならおおこうち内科クリニック

マイコプラズマ 肺炎 診断

「 風邪は治ったけど咳だけが残る」あるいは「 咳が止まらない」といった訴えで外来を受診される患者さんはかなり多いものです。 その中で、「 マイコプラズマ肺炎」と診断される方がいらっしゃいます。 肺炎と名がつくため、少し不安になりますが、心配はありません。 適切な治療をすれば、特に入院もせずに改善します。 ただし、マイコプラズマ肺炎は咳以外の症状があまり強くないため、 医療機関への受診が遅れがちです。 そうなると完治までも長引き、場合によってさらに悪くなることもあります。 今回の記事では、総合内科専門医の長谷川嘉哉が、マイコプラズマ肺炎を疑うポイントを紹介します。 あてはまる場合は、早めの受診がお勧めです。 1.マイコプラズマ肺炎とは? マイコプラズマ肺炎は、細菌のなかで一番小さな「 肺炎マイコプラズマ」という病原菌による呼吸器感染症です。 過去には4年ごとに大流行し、感染者が増えたことから、 オリンピック肺炎と呼ばれたこともあります。 発症年齢は 5~14歳に多いと言われていますが、 大人や乳幼児にも感染します。 マイコプラズマ肺炎は、高熱を発して入院が必要になる「肺炎」と自然に治る「風邪」の「中間」みたいな病気です。 「肺炎マイコプラズマ」に 感染して1~3週間後に熱や咳が始まります。 ほとんどは「風邪」と区別がつかず数日で治りますが、 「肺炎」になることもあるのです。 肺炎マイコプラズマのイメージ 2.発生や流行の特徴 マイコプラズマ肺炎には以下の特徴があります。 2-1.流行時期 1年を通じて見られますが、 冬場にやや増加する傾向があります。 2-2.感染経路 感染は、以下の2つの経路によります。 飛沫感染:感染者の「くしゃみや咳」と一緒に飛び出した肺炎マイコプラズマを吸い込むことにより感染します。 接触感染:感染者が手を触れたドアノブ、スイッチなどに触れることにより肺炎マイコプラズマが手に付着し、さらにその手で目や鼻、口などに触れることで、その部位の粘膜から体内に入り感染します。 2-3.潜伏期間 熱が下がっても 痰には肺炎マイコプラズマが排出され続けます。 排出される量は症状が最も強かった時期をピークに1週間ほど高いレベルで続き、その後 も4~6週間以上排出されるため他人への感染には注意が必要です。 その上、 感染後、潜伏期間は2~3週間と長いので、周囲にマイコプラズマにかかった人がいたら、しばらくは注意が必要です。 3.症状の特徴 発熱、全身倦怠感、頭痛などの全身症状が現れてから、少し遅れて 乾いた咳がでます。 咳は徐々に強くなって、 夜間、早朝にでやすくなります。 乾いた咳から 湿った咳に変わり、熱が下がった後も約3~4週間、咳は長引きます。 多くの場合、 気管支炎などの軽い症状ですみますが、重症化して、 肺炎をおこすこともあります。 日々外来をやっていると、成人では比較的若くて元気な人がなりやすく、高齢者にはほとんどみられません。 高齢者は、マイコプラズマ肺炎になる前に、通常の細菌性の肺炎になってしまうようです。 マイコプラズマ肺炎には、他の細菌とは違う作用機序が疑われます。 風邪だと思っていたら、夜に寝られないくらいの咳が出ることがあります 4.合併症 症状が重くなると、 中耳炎や無菌性髄膜炎、肝炎、脳炎などの合併症をおこすことがあります。 その他、 貧血、関節痛、髄膜炎などの神経系疾患がみられることもあります。 5.診断 外来では以下のように診断します。 5-1.採血 マイコプラズマ肺炎の場合、外来での緊急採血では、他の細菌性肺炎などで上昇がみられる 白血球数やCRPが、正常にとどまることが特徴です。 言い換えれば、採血だけでは診断ができないのです。 5-2.画像診断 マイコプラズマ肺炎は、一度外来を受診してから、咳が治らないため再受診する患者さんが多いのです。 身体所見の診察では異常が診られないのに、レントゲン検査上で肺野に異常影を認めます。 5-3.迅速診断キット 実は、迅速診断キットがあります。 マイコプラズマの検査は、検査の材料をのどから綿棒でぬぐい取るだけで簡単に行うことが可能です。 検査の結果も 15分くらいでわかります。 ただし、本当は、陽性なのに、陰性と出てしまう偽陰性があるため、 検査が陰性でも100%マイコプラズマ肺炎を否定はできません。 そのため、家族内での発生、症状、胸部XPからマイコプラズマ肺炎が疑われる場合は積極的に治療を行っていきます。 状況を総合的に判断し、レントゲン検査や診断キットを使って判定します 6.治療 治療は以下のように行います。 6-1.診断的治療 症状や胸部レントゲン検査の結果からマイコプラズマ肺炎が疑われる場合は、 診断が確定する前でも治療を開始します。 特に家族内でマイコプラズマ肺炎の患者さんがいる場合、胸部XPの異常影に比べ採血上の炎症反応が乏しい場合、咳が2~3週間続いている場合は、 マイコプラズマ肺炎に効果がある抗菌薬を処方して、効果の有無で確定診断を行います。 6-2.通常の抗生剤が効かない マイコプラズマは最小の微生物で、その大きさはおよそ 0. 3 マイクロメートルくらいで、細胞壁を持ちません。 このことから、細胞合成阻害を作用機序とする通常よく使用する ペニシリン系やセフェム系の抗菌薬は、効き目がありません。 マイコプラズマに効く薬はマクロライド系の抗生物質です。 よく使用される製品は、 エリスロマイシン、クラリス、クラリシッド、ジスロマック等です。 6-3.耐性菌の出現 以前は、「マクロライドが効かないマイコはない」 と、言われていました。 ところが、「マクロライドが効かないマイコ」が、2000年あたりからどんどん増えています。 2000 年以降、検出された約 15%がマクロライド耐性を持つと判定されています。 原因はいろいろ推察されていますが、 マクロライド系の抗生物質の使い過ぎもあるようです。 マクロライド系の抗生物質が 無効な場合には、テトラサイクリン系の抗生物質(ミノマイシン)や、ニューキノロン系の抗菌薬(オゼックス)が有効です。 7.予防 マイコプラズマ肺炎の予防には以下の対策が必要です。 7-1.手洗いが予防に有効 くしゃみや咳で飛び散ったウイルスを吸い込んだり、 鼻水のついた手で触ったタオルや食器で感染がひろがります。 保育園・幼稚園・小学校などの集団感染にも注意が必要です。 また、家庭内でも兄弟や父母、祖父母に感染してしまうことがありますので家に帰ったら、 手洗い、うがいを徹底しましょう。 感染が拡がらないように マスクを着用するなどしましょう。 7-2.マイコプラズマ感染症が学校で流行した場合 マイコプラズマによってかかる病気は学校保健安全法 第3種によって管理を受ける 学校伝染病のひとつです。 第3種は学校教育活動を通じ、学校において流行を広げる可能性のある疾患です。 学校保健法では、この第3種の疾患に関する扱いが明確に規定されておらず、学内で感染が確認されたら、流行を防ぐため、学長が校医の意見を聞き、条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる伝染病のひとつとなっています。 8.まとめ• 風邪症状の後に、咳が2-3週間続いた場合は、マイコプラズマ肺炎を疑いましょう。 治癒後も排菌している期間が長く、感染後の潜伏期も長いため身近な人がマイコプラズマ肺炎に罹患した場合は注意が必要です。 症状や検査でマイコプラズマ肺炎が疑われた場合は、治療することで効果をみる診断的治療を積極的に行います。

次の

マイコプラズマ肺炎について

マイコプラズマ 肺炎 診断

マイコプラズマ肺炎は、小児や免疫弱者が罹患すると重症化することがある危険な肺炎です。 マイコプラズマ肺炎の検査方法には、血清抗体検査や遺伝子検査などがありますが、高価な機器、高度な検査手技が必要で、かつ、結果が得られるまでに時間がかかります。 また、マイコプラズマ肺炎は、菌量が少ない状態で抗菌薬を投与すれば、症状の重篤化や二次感染を防ぐことができるため、医療現場では、発症初期での迅速で正確な診断が求められています。 富士フィルムのIMMUNO AG Myco(イムノエージーマイコ)は、写真の現像プロセスで用いる銀塩増幅技術を応用することで、 マイコプラズマ肺炎の原因となるマイコプラズマ抗原を高感度で超早期に検出することができるようになりました。 マイコプラズマ肺炎になると、 初期症状としては喉の痛みや咳、発熱、鼻水や鼻づまりといった、いわゆる風邪とよく似た症状を引き起こします。 このため、地域的にマイコプラズマが流行していると認知・確認されていない場合は、病院へ行っても風邪と診断されてしまうケースも多いようです。 また、乳幼児が感染すると風邪と同程度の症状で治まることが多いですが、小学校以降の年齢になると肺炎になる場合が増えてきます。 さらに大人が掛かると重症化するケースが増えているようです。 さらに、 マイコプラズマ肺炎は閉鎖的な空間での集団感染が高く、主に幼稚園や小学校、家族間で小流行します。 マイコプラズマ肺炎と診断されたら、出席停止の措置を取っている場合が多いようですので、必ず幼稚園や学校に問い合わせをして下さい。 また、 急性期を過ぎたら登園・登校が可能となるようですが(人にうつす心配がなくなり、かつ本人の健康状態がよい)ガイドラインでは「抗生剤治療後3日ほど経過し、症状が改善している」ことを目安としているようです。 マイコプラズマ肺炎に感染してから、 実際に発症するまでは1~3週間、場合によっては4週間程度も潜伏期間が長くなるケースもあります。 実はマイコプラズマ肺炎は、それほど強い感染力のあるものではないとされています。 しかし、それにも関わらず小流行を起こすのは、この潜伏期間の長さが影響していると言われています。 感染してから症状が出るまで長くて一ヶ月も経過してしまうので、その間に学校や幼稚園といった密度の濃い接触がある場所において、感染者を増やしてしまうのです。 また、マイコプラズマ肺炎は、 飛沫感染と接触感染の2つの感染経路がありますが、飛沫感染よりも接触感染による二次感染の方が多いとされています。 マイコプラズマ肺炎は、細胞壁を持たない微生物が病原体のため、ペニシリンやセフェムといった抗生物質は効きません。 代わりにマクロライド系抗生剤が第一選択薬として使用されます。 しかし2000年以降、このマクロライド系抗生剤に耐性のあるマイコプラズマ肺炎が確認されています。 その場合は、テトラサイクリン系抗生剤、もしくはニューキノロン系抗生剤を使いますが、子供には副作用が懸念されるケースもあり、テトラサイクリン系ではミノマイシン、ニューキノロン系ではトフスロキサシンが使用可能となっています。 また、マイコプラズマ肺炎は、1才までに40%、5才までに65%、大人になると97%が一度は感染したことがあると言われています。 つまりは、風邪だと思っていたものが本当はマイコプラズマ肺炎だった可能性が高いのです。 そのため、症状が軽症の場合は風邪の症状と同じく、加湿を保ちながら家で安静にしていると自然治癒する場合もあるようです。

次の

マイコプラズマ肺炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

マイコプラズマ 肺炎 診断

感染すると、通常は2~3週間の潜伏期間のあとに、気管支炎を発症します。 まず現れる症状は、発熱、頭痛、全身のだるさなどです。 せきは、それから数日遅れて始まることが多く、熱が下がったあとも数週間続きます。 急性期には約40%の人に、息をするときぜんそくのように「ゼーゼーヒューヒュー」という音がします。 多くの人は肺炎に至る前に回復しますが、一部の人は肺炎を起こし、その場合は症状が長引いたり、重症化したりすることがあります。 たとえ重症化しなくても、マイコプラズマ肺炎を起こした人は病歴がない人と比べて、その後の肺機能が低下すると考えられています。 こうしたことからも、発症後は早く治療を受けることが大切です。 マイコプラズマ肺炎では、他の肺炎で使われる抗生物質(抗菌薬)が効かないため、迅速で的確な診断が重要です。 まず、長引くせきなどがあって肺炎が疑われる場合、問診、視診、胸部聴診が行われます。 その結果、やはり肺炎が疑われるときは、血液検査と胸部エックス線検査が行われます。 血液検査では、炎症反応の有無や白血球の数などを調べます。 炎症反応があり、エックス線で肺に白い影が見られれば、肺炎と診断されます。 マイコプラズマ肺炎は、多くの場合、左右両方の肺に影が写ります。 ただし、それだけではマイコプラズマ肺炎かどうかは判断できません。 そのため、一般的には、年齢が乳幼児から比較的若い範囲である、せきが長引いている、白血球が増えていない、両方の肺に影があるといった特徴がそろっている場合に、マイコプラズマ肺炎を想定して早めに治療を始めます。 マイコプラズマ肺炎の可能性が高い場合には、そのほか多くの肺炎とは異なる抗生物質(抗菌薬)で治療が行われます。 多くの肺炎では、ペニシリン系の薬が第一選択薬となりますが、マイコプラズマ肺炎には効きません。 マイコプラズマ肺炎に対しては、マクロライド系の薬のエリスロマイシンやクラリスロマイシンののみ薬が第一選択薬として使われます。 多くの場合効果があり、使用開始から2~3日で熱が下がります。 マクロライド系の薬が効かない場合、肺炎球菌などそのほかの肺炎の病原微生物の関与について疑い、調べる必要があります。 そうした可能性が除外された場合は、マクロライド系の薬が効かない 「耐性菌」によるマイコプラズマ肺炎が考えられます。 その場合は、第二選択薬であるキノロン系やテトラサイクリン系ののみ薬を使用します。 ただし、子どもの場合、テトラサイクリン系の薬は、骨や歯の発育に影響することがあるため、8歳未満の場合は原則として使用しません。 重症化した場合は入院して、テトラサイクリン系の注射薬による治療を受けます。 呼吸困難を起こした場合は、副腎皮質ステロイドの点滴が行われます。

次の