スマホ 決済 クレジット カード。 スマホ決済はチャージ式とクレジットカード紐づけのどちらがおすすめ?メリット・デメリットを徹底比較

スマホ決済はクレジットカードなしでも使える!?チャージ方法とクレカでチャージするメリットを紹介

スマホ 決済 クレジット カード

スマホ決済サービスに、銀行口座を直接連携させるのはなんとなく不安。 だからといって、クレジットカード連携にすると使いすぎてしまわないか心配...... ! あるいは、年齢・収入の制限でクレジットカードを持っていない。 ではどうやってスマホ決済を使おうか? そんな時に便利なのが、デビットカード。 でも、「デビットカードを使うならスマホ決済を連携させず、デビットカードをそのまま使えばいいんじゃない?」 そんな疑問を抱いた人もいるのではないでしょうか? この記事では、デビットカードと連携してスマホ決済を使うメリットと、スマホ決済サービスを利用するときに、どの引き落とし方法を選べばよいかを判断するポイントについて解説します。 スマホ決済の引き落としをデビットカードにすることのメリット 多くのスマホ決済サービスでは、ご自身のアカウントに連携させた銀行口座やクレジットカードから事前に「チャージ」をする必要があります。 この仕組みの特性から、スマホ決済とデビットカードを連携させるメリットがいくつか挙げられます。 ポイント還元がある スマホ決済と銀行口座の連携パターンには、次の2つが考えられます。 (1)銀行口座とスマホ決済サービスを直接連携する (2)銀行口座と連携させたデビットカードと、スマホ決済サービスを連携する デビットカードを利用すると、その金額がすぐに銀行口座から引き落とされます。 これはスマホ決済と銀行口座を直接連携させた場合でも同じです。 そのため、わざわざスマホ決済とデビットカードを連携させなくてもいいのでは?と思われるかもしれません。 ですが、デビットカードを使ってスマホ決済を行った場合、デビットカードをそのまま使うよりもお得にポイント還元を受けられる場合があります。 (カード発行会社やスマホ決済サービス提供事業者によって異なる) なぜなら、デビットカードを利用することで得られるポイント還元と、さらにスマホ決済サービス各社から得られるポイント還元を二重取りできるケースがあるからです。 そのほか、デビットカードの発行会社が行っているキャンペーンもあります。 【クレジットカード連携に比べて】お金の使いすぎを防げる スマホ決済と連携させるカードの種類は次から選べます。 (1)クレジットカード (2) デビットカード 「金銭感覚が鈍ってしまうのが怖い!」という人には、2のデビットカードがおすすめ。 デビットカードは銀行口座に入っている額しか使えないカード。 翌月まで支払い期限を伸ばせるクレジットカードに比べお金の管理がしやすいのが特徴です。 クレジットカードを使ってスマホ決済サービスにチャージするとき、実際に現金が引き落とされるのは、カード会社のスケジュールによります。 たとえば、「月末締め、翌月27日払い」のクレジットカードだった場合、その月にチャージした金額はまとめて翌月27日の引き落としとなります。 チャージする時点で銀行口座に現金がなかったとしてもチャージできる点はメリットですが、口座から現金が減らないため、使った実感がわかず、思わず使いすぎてしまう可能性があります。 一方、デビットカードであればチャージすると同時に銀行口座から引き落とされるので、クレジットカードのような使いすぎの心配がありません。 デビットカードのまま使うのではだめなの? スマホ決済をデビットカード引き落としにするメリットをお伝えしてきました。 ただ、デビットカードのまま使うのとそれほど変わらないのではないか?思われているかもしれません。 そこで、次にデビットカードのまま使うより、スマホ決済に登録して使ったほうがいい3つの理由をお伝えします。 お金の管理が簡単になる デビットカードのまま使うと、いつ・どこでお金を使ったかを把握するにはレシートが必要です。 しかし、スマホ決済サービスに連携させて利用すると、アプリ上に決済履歴が残ります。 さらにPayPayであれば支払履歴から利用レポートを確認できます。 1ヶ月で使った合計金額、支払い先店舗TOP3がひと目でわかります。 また、月次グラフには当月を含む6ヶ月分が表示されるので、半年間での利用金額の推移も簡単に把握できるようになっています。 ポイントの二重取りができる 盛り上がりを見せているスマホ決済サービス。 サービス提供事業者によって、利用額に応じたポイント還元キャンペーンなどが頻繁に行われています。 スマホ決済とデビットカードを連携させることで、通常のデビットカードの利用で付与されるポイントのほかに、スマホ決済サービス事業者から提供されるポイントも同時に受け取れるのです。 不正利用されるリスクが小さい サイン不要、タッチするだけで決済が完了するタイプのデビットカードの場合、紛失や盗難にあった場合不正利用されるリスクがあります。 ですが、スマホ決済サービスに連携して利用していればそのリスクを小さくできます。 まず、ご利用中のスマホのロック機能を有効にします。 そうすれば、スマホを落としても、拾った人が不正利用しようとしても簡単にはロックを解除できません。 さらに、PayPayには端末の認証を有効にする機能があります。 これはPayPayアプリを立ち上げるときに、指紋認証や顔認証などの生体認証による本人認証が求められる機能です。 そのため、パスコードから端末のロックを解除されても、生体認証まで偽装することはできないので、不正利用を防げます。 また、デビットカードはスキミングされて不正利用の被害にあってしまう可能性もあります。 しかし、スマホ決済サービスに登録して利用していれば、デビットカード自体を持ち歩く必要がないのでスキミングされる心配もありません。 このようにデビットカードをそのまま使うよりも不正利用されるリスクが小さいです。 スマホ決済の引き落とし方式は相性で選ぶのが一番 スマホ決済サービスにもさまざまな種類がありますが、スマホ決済利用時の引き落とし方法にも種類があります。 この記事ではデビットカードを用いた引き落とし方法をご紹介しましたが、ご自身のライフスタイルや金融機関の利用状況に合わせて選ぶのが一番! どのスマホ決済サービスを使うかだけでなく、どの引き落とし方法を選ぶかでも悩むところ。 これは「自分にとって使いやすいと感じるもの」つまり、相性で選ぶことが一番です。 ここではPayPayで使える引き落とし方式を紹介します。 ご自分にあった方法で利用してみてください。 事前引き落とし方式【銀行口座からチャージ】 銀行口座からPayPay残高にチャージすることができます。 この引き落とし方式のメリットは、事前にチャージした金額の範囲内でしかPayPayを使えないので、利用金額をこまめに制限できることです。 PayPayはコンビニのほか、ドラッグストアやスーパー、家電量販店、飲食店などさまざまなお店で使えます。 そのため、毎月の予算を決めてPayPayに銀行口座からチャージして利用するようにしていれば、PayPay残高を確認するだけで、1ヶ月で使える金額を把握できます。 デメリットは、PayPay残高が足りなくなったときに都度、チャージする必要があることです。 銀行口座にお金があっても、PayPay残高が不足していれば支払いができません。 即時引き落とし方式【デビットカード支払い】 PayPayにデビットカードを登録し、支払い方法をそのカードに設定した場合は、即時引き落とし方式になります。 この引き落とし方式のメリットは、• 銀行口座の残高を超えて利用できないので使いすぎを防げること• 事前にチャージすることなくPayPayを利用できること• PayPayキャンペーンとカード会社、両方の残高・ポイント還元を受けられること の3つです。 即時引き落としなので、現金支払いと同じような感覚で利用できます。 一方で、PayPayが実施しているキャンペーンでの還元率がPayPay残高支払いよりも低い点はデメリットです。 後日引き落とし方式【クレジットカードで支払い】 登録したクレジットカードを使ってPayPayで支払う場合、カードの締め日に合わせた引き落としとなります。 この引き落とし方式のメリットは、• 利用時点で銀行口座に残高がなくても支払いに使えること• 事前にチャージすることなくPayPayを利用できること• PayPayキャンペーンとカード会社、両方の残高・ポイント還元を受けられること の3つです。 そしてデメリットは、「支払い可能な範囲を超えて使ってしまう恐れがあること」です。 PayPayでもクレジットカードの利用額に上限は設定されていますが、あなたがクレジットカード払いになるとついつい使いすぎてしまう性格であれば、事前引き落としか即時引き落としの方式で利用する方が安心でしょう。 また、クレジットカードの中でもヤフーカードを利用していれば、還元率もPayPay残高による支払いの場合とほとんど変わりません。 これに通常のヤフーカード利用によるポイント還元率もプラスされるので、さらにお得です。 JAPANカード」の愛称です まとめ デビットカード連携したスマホ決済は、使った金額がリアルタイムで口座から引き落とされます。 事前に残高をチャージすることなく支払いができるので、「チャージしたけれど、使わなかった残高がアプリ内に残り続けてもったいない」ということがありません。 そして、デビットカードをそのまま使うよりセキュリティ面での安全性が高く、ポイントの二重取りもできてお得です。 PayPayは• PayPay残高チャージによる事前引き落とし方式• デビットカード支払いによる即時引き落とし方式• クレジットカード支払いによる後日引き落とし方式 のすべてに対応しています。 支払い方法は簡単に変更できるので、いろいろ試してみながらあなたにあった使い方を探してみてください。 そして、まだPayPayを使ったことがなければ、この機会にどうぞ利用してみてください。

次の

スマホでのクレジット決済は危険?その真相が知りたい!

スマホ 決済 クレジット カード

ですので怪しそうなお店でのクレジットカード決済はちょっと怖いですよね。 でもスマホ決済の場合は、スキミングの被害に会うことはありません。 その点は安心できるポイントです。 チャージした分しか使われないので安心:未成年も利用できる クレジットカードの場合は、情報が漏れてしまうとかなりの金額が使われてしまう可能性があります。 でもスマホ決済の場合は、 チャージして使うという方法があるので、プリペイド式で使うことが可能です。 そのため万が一、不正利用されてもチャージしたお金以上に使われることはありません。 ただしスマホを落として、銀行などからチャージされると予定より使われてしまう可能性がゼロではありません。 スマホのロックは設定して、さらに銀行チャージにはパスコードが求められるスマホ決済を利用するなどすれば比較的安全に利用できます。 またチャージして使うという特性上、未成年の方でも利用が可能です。 ポイント還元が多い スマホ決済にはポイント還元が設定されている場合が多いです。 例えば楽天ペイやPayPayなどは利用料の0. また スマホ決済にはクレジットカードを登録することができるので、クレジットカードのポイント還元も利用できます。 普通にクレジットカードを利用するよりも、スマホ決済を使う事でポイント還元率を高めることが可能なんですね。 これは大きなメリットではないかと思います。 キャンペーンを利用するとお得 現在多くのスマホ決済サービスが出てきていますが、どれも顧客獲得が課題になっています。 そのため魅力的なキャンペーンを打ち出して利用者を増やしているところです。 このキャンペーンをうまく利用することで、かなりの還元を受けることができるんですよね。 今が特にお得な時期だと思うので、色々なサービスのキャンペーンを見て、うまく還元をうけるのがコツです。 財布を持ち歩かなくてよい スマホ決済はスマホさえあれば決済ができるので、財布を持ち歩かなくなる機会が増えます。 近場のコンビニくらいならスマホだけでOKです。 財布を持っていながらも1日中財布を出さない時もあります。 まだどこの店舗でも利用できるというほど普及はしていませんが、利用できる店舗がどんどん増えているので近いうちに本当にスマホだけでOKになるときが来るでしょう。 クレジットカードの場合、どうしてもクレカ入れが必要になるので財布を持って出かけることになります。 バーコード決済の場合はスマホの電池が切れたり、電波がないところでは使えません。 スマホにバーコードを表示させないといけないですからね。 一方でおサイフケータイの方は、電波がないところでも使えます。 またスマホの電池が切れても少しの間なら使う事は可能です。 ただしスマホの電池が切れて放置し、完全な電池切れになってしまった場合は使うことができなくなります。 このようにスマホ決済の場合は電池や電波に注意する必要があります。 クレジットカードの場合は、JCBやVISAなどの加盟店であればどこでも決済できるのでこの点はクレジットカードに分がありますね。 加盟店がそれほど多くなく、サービスも乱立している コンビニなど主要なところでは使えるようになっていますが、まだスマホ決済に対応していないところも多くあります。 また現在スマホ決済サービスが乱立している状態ですが、権利争いなどのせいか、オールマイティに利用できるスマホ決済はありません。 例えばファミリーマートでは利用できるけど、ローソンでは利用できないとか、その逆もあったりします。 そのため数種類のスマホ決済サービスを利用して、色々な店舗に対応できるようにしている人も多いです。 1つのサービスで全て使えるのが理想ですが、現状ではそうなっていません。 一方でJCBやVISAなどの加盟店はかなり多いので、クレジットカードが1つあれば大抵の場所で決済ができますよね。 この点はクレジットカードが大きく勝っている点です。 まとめ 現在はスマホ決済にもデメリットがありますが、どんどん普及しているのでそのうちカバーされていくのではないかと思います。 またポイント還元率はスマホ決済を利用する方が高くなるので、ポイント還元を受けたい人は現時点でもスマホ決済を利用する方がいいでしょう。 特にスマホ決済サービスは今キャンペーンが豊富なので、全体的に把握してうまく使ってみるといいと思います。

次の

【2020年最新版】スマホ決済におすすめのクレジットカードまとめ!|ちびめがねアンテナ

スマホ 決済 クレジット カード

・ 代表的なキャッシュレス決済 キャッシュレス決済とは、現金を使わない決済方法のこと。 現在、代表的なキャッシュレス決済というと以下の3種類がある。 クレジットカード 後払いのキャッシュレス決済。 分割払い・リボ払い・ボーナス払いなどもあり、大きな金額が利用しやすい。 世界中で利用できる。 ポイント還元や、独自の特典・保険などが付帯する。 スマホQR決済 スマートフォンアプリを通じてQRコード・バーコードの読み取りで決済を行う。 本人確認はあるが審査はない。 ポイント還元のあるサービスも多い。 送金や割り勘ができるサービスもある。 電子マネー 電子マネーカードに現金をチャージして決済を行う。 本人確認や審査はなく、誰でもカードを発行できる。 ポイントが還元される電子マネーもある。 クレジットカード キャッシュレス決済のなかでも代表的なのがクレジットカード。 2020年時点で日本でもっとも普及しているキャッシュレス決済の方法で、カードの種類も非常に多い。 世界中に加盟店をもつ国際ブランドと呼ばれる会社が決済機能を提供しており、加盟店がある国・地域であれば世界中で利用が可能。 クレジットカード最大の特徴は「後払い」という点だ。 一部異なるクレジットカードもあるが、基本的には毎月の締め日と支払日に基づく後払いで、銀行口座から利用金額が引き落とされる。 一括払いのほか、分割払いやボーナス払い、リボ払いなどの支払い方法があり、大きな買い物にも利用しやすい。 ほとんどのクレジットカードにはポイントプログラムがあり、カード利用金額に応じたポイントが付与され、賞品や提携ポイント・マイルとの交換、キャッシュバックなどに利用できる。 また、クレジットカードには独自の特典やサービス、保険などが付帯するものが多く、決済以外の場でも活躍する。 デメリット• 基本的に18歳未満、高校生は申し込めない• 年会費無料で誰にでもおすすめできる。 通常の還元率が1. 楽天市場以外にも、楽天カードを始めとした楽天関連のサービスでポイントアップの機会が多い。 また、最高補償額2,000万円の海外旅行保険が利用付帯している。 申込はWeb限定・39歳以下限定。 JCBオリジナルシリーズパートナーの店舗ではポイントが2~10倍となり、効率的にポイントを貯めることができる。 ポイントの使い道も幅広い。 最高補償額2,000万円の海外旅行保険が利用付帯する。 エポスカード 年会費:無料 ポイント還元率:0. ポイント還元率は特別高いわけではないが、マルイで年4回、会員限定の10%割引セールが開催されるほか、優待の対象店舗が10,000店舗以上と非常に多いのが特徴。 また、インターネットから申し込み、最寄のマルイ店舗でのカード受取にすることで、最短即日発行が可能だ。 急いでクレジットカードがほしいときにも助かるカードだ。 スマホQR決済 スマホ決済アプリとは、スマートフォンに専用のアプリをインストールして、QRコード・バーコードの読み取りにより決済を行うキャッシュレス決済サービス。 お得なキャンペーンで利用者を伸ばしている。 最大の特徴はその決済の手軽さ。 カードすら不要でスマホひとつで決済が完了する。 利用開始時に本人確認などはあるが、クレジットカードのような審査はないので利用できる人も多い。 利用履歴の確認も簡単だ。 スマホQR決済の利用金額の支払方法はサービスによって異なるが、あらかじめチャージしておいた残高からの支払いや、登録しておいたクレジットカードや銀行口座での支払いなどがある。 利用金額に応じたポイント還元があるスマホQR決済サービスも多い。 支払い方法をクレジットカードにすることで、カードのポイントとの二重取りが可能になる。 スマホQR決済のポイントは支払いに使うのが基本だが、提携サービスで利用できる場合もある。 また、加盟店での決済以外に、サービスによっては個人間送金や割り勘も可能。 デメリット• 日本のサービスは基本的に日本国内でしか使えない• スマホの電池切れ、電波の状況が悪いなどで利用できないことがある おすすめスマホQR決済 PayPay ソフトバンクとヤフーの合弁会社が運営するスマホQR決済。 ポイント還元があり、Yahoo! JapanカードもしくはPayPay残高による支払いで還元率0. 5~1. 基本の還元率は0. 大型キャンペーンが頻繁に行われているので見逃さないようにしたい。 加盟店での決済以外に「わりかん」機能があり、現金での割り勘の手間を省くことができる。 PayPay インストールはこちらから 【PR】 LINE Pay コミュニケーションアプリ「LINE」のウォレットから利用開始できるスマホQR決済。 LINEユーザーにとってはなじみやすいサービスかもしれない。 LINEポイントポイントクラブというポイント制度があり、過去6カ月のLINEポイント獲得数に応じてランクが決まり、特典が付与される。 特典の一つとして、LINE Pay決済をVisa LINE Payクレジットカードで支払った際のポイント還元があり、ランクに応じて還元率が1. 0~3. 通常、Visa LINE Payクレジットカード以外の支払方法はポイント還元の対象外となる。 キャンペーンを利用すればさらなるポイントアップも可能。 楽天ペイ 楽天会員情報と紐づいて利用することのできるスマホQR決済。 楽天ユーザーにとって使いやすいサービス。 楽天ペイでは利用金額に応じて楽天スーパーポイントが貯まる。 還元率はキャンペーンによって変動があるため、を参照してほしい。 楽天カードでの支払いでポイントアップがあるほか、楽天カードではチャージも可能。 電子マネー 電子マネーとは「お金をデータとして使用する」仕組み。 基本的には専用の電子マネーカードを発行し、現金をチャージすることで使用可能となる。 クレジットカードでのチャージが可能な電子マネーもあり、オートチャージを利用できるものや、クレジットカード一体型でクレジットカード払いとなる電子マネーもある。 電子マネーカードは誰でも発行することができ、キャッシュレス決済のなかでは一番利用できる人が多い決済方法といえる。 カードを端末にかざすだけで決済が完了するので会計がスピーディー。 電子マネーによってはポイント還元のあるサービスもある。 クレジットカードでのチャージが可能な電子マネでは、ポイントの二重取りが可能。 デメリット• 海外では利用できない• 電子マネーによっては使える場所が少ない おすすめ電子マネー Suica 首都圏の人にとってはおなじみの、JR東日本が運営する交通系の電子マネー。 首都圏のみならず日本全国で利用できる。 全国のJR・私鉄の乗車時に利用できるほか、コンビニや自動販売機、スーパーやレジャー施設などさまざまな店舗・施設で利用できるようになっている。 JRE POINT WEBサイトで登録を行うことで、Suica加盟店でのSuica利用金額に対して0. ただし、電車やバスなど交通機関の利用に対してはポイントはつかない。 ユーザー別おすすめキャッシュレス決済 電子マネーは学生、60代以上でも簡単に使える 電子マネーは本人確認や審査なしで簡単に電子マネーカードを発行でき、スマートフォン不要で現金チャージが可能。 そのため、クレジットカードの申込・審査条件を満たさない人や、スマートフォンをもっていない人でも簡単に利用できる。 Suicaのような交通系電子マネーを想像するとわかりやすいかもしれない。 スマホQR決済は20代、主婦でも気軽に使える スマホQR決済は、本人確認はあるが審査なしで利用できる。 またクレジットカード払いの他にも、銀行口座やATMからのチャージ、ポイント利用などによる支払いが可能だ。 このため、クレジットカードをもっていない人でもスマートフォンさえあれば気軽に利用できる。 スマホQR決済はキャンペーンをうまく活用することで高いポイント還元を受けることができる。 コンビニやドラッグストア、個人店など日常的に利用する店に加盟店が広がっているので、少額利用でもこまめにポイントを貯めていけばまとまった額になるはずだ。 クレジットカードは20代以上の定収のある人におすすめ クレジットカードは申込に審査があるため、誰でも気軽に利用できるわけではない。 審査の厳しさはカードごとに違うので、比較的審査に通りやすいカードもあるが、基本的に本会員か世帯主がなんらかの仕事をしており、定収入があることは必要だ。 クレジットカードは、ポイント還元があるだけでなく、カードによって旅行保険や提携店舗での優待、そのほかさまざまな特典・サービスが付帯する。 また、ほかのキャッシュレス決済に比べると利用限度額が大きく、さらに分割払いやボーナス払いなどを利用することで大きな買い物にも利用しやすい。 一番のおすすめはクレジットカード キャッシュレス決済の方法を比較して、ユーザー属性を問わず一番のおすすめを挙げるとすれば、現時点(2019年4月26日時点)ではクレジットカードになる。 国内外問わず多くの加盟店があり、ポイント還元もあり、さらにさまざまな特典・サービスが付帯する。 発行に審査は必要だが、それに見合う価値は十分にある。 ただ、クレジットカードに加えてスマホQR決済も利用することで、ポイントの二重取りにより最も効率的にポイントを貯めることができる。

次の