日蓮宗 仏壇。 日蓮宗でもミニ仏壇はOKですか?日蓮宗だから注意したい点

日蓮宗について

日蓮宗 仏壇

日蓮宗における仏壇の配置は、方角に関しての条件は特になく、基本的にどちらに向けてもOKとされています。 ただ、宗派によっては条件が指定されることがあるので、気になる場合は念の為確認するのが良いでしょう。 一般的には静かで集中できること、空間に余裕があって他のお部屋と行き来しやすい点が重視されます。 また窓がついていて陽の光が室内に入ったり、風通しが良いこともポイントとなります。 外の音が気になるお部屋では集中が削がれますし、あまりに狭いと仏壇に圧迫感を覚えてしまいます。 その為、音が気にならず身の回りに余裕が感じられるお部屋が理想的です。 窓の有無は閉塞感に繋がりますから、なるべく窓が備わっていて、何時でも開けられるのがベストです。 窓がないと換気が難しいですし、換気をしなければ空気が淀んでしまうので、手を合わせる仏壇にとっては良いとはいえないです。 宗旨や宗派によって配置条件は異なるので、日蓮宗も同様に仏具の配置に気を取られがちですが、何処に置くか自体がまず重要です。 定期的に埃を拭き取ったり、掃除機を掛けるなどしてお手入れをするわけですから、そういう部分についても考えたいものです。 幸い、日蓮宗は方角に関する条件が厳しくないので、お手入れしやすいお部屋を選んだり設置を行うことができます。 お部屋の空間を無視した大きさを選ぶのは間違いですが、最適なサイズで無理なく搬入できるものを選べば、後はかなり自由に置き場所が決められます。 日蓮宗とは?? 日蓮宗は日本を代表する仏教の宗旨の1つで、別名法華宗と呼ばれることもあります。 この宗旨が誕生したのは鎌倉時代中期のことで、仏教の僧の日蓮により作られました。 ことの始まりは1253年の4月28日に、日蓮が朝日に向かって南無妙法蓮華経と唱えたことに端を発します。 中世から近代までの名称は法華宗で、現代で主流の日蓮宗の名前は、当時は蔑称と捉えられたこともあるほどです。 近代においては、1872年に一宗一管長制に基づき成立した教団が始まりとされます。 身延門や比企谷門流に中山門や日昭門流、四条門と六条門流などが合流を果たし、大きくなったのが特徴です。 法華宗が現在の名称に変更しようとしたのは、1875年3月のことで、政府に請願するものの一度却下されています。 しかし、諦めず根気良く働き掛けたことで、翌年の1876年の2月に認められました。 大正時代に入ると、僧侶の養成機関の問題により、一致派の日蓮宗が離脱することになります。 誕生の歴史が古く、時代と共に変化を繰り返してきましたが、近年は比較的落ち着いているといえます。 身延山久遠寺を総本山に位置づけ、霊跡寺院は大本山7と本山7の合計14、由緒寺院は40を超え寺院数は5千規模を誇ります。 直系だけでも約330万人の信徒を抱えていますから、日本の代表的な仏教の宗旨というのも頷けます。 ご本尊は大曼荼羅や一塔両尊四士と一尊四士で、多くの宗派が伝統を育んできた経緯から、割と様々な形式が許容されているのがポイントです。 日蓮宗の仏壇の配置はどうするの?? 日蓮宗の仏壇の配置は、方角についての決まりはなく、設置環境に関しても一般的な常識に照らし合わせれば大丈夫です。 具体的にはサイズに対して設置場所の空間に余裕を持たせたり、風通しが良くてお手入れしやすいなどです。 仏具の配置に関しては、ご本尊を上段の中心に置いて、左右に脇侍を置くのが基本となります。 2段目に高月と仏飯器や位牌を置き、その下に花立や火立を並べるとバランスが良く見えます。 下段、つまり一番手前には前香炉とおりんを配置することで、日蓮宗の仏壇が形になっていきます。 他にも、茶湯器や線香差しを加えることによって、基本的な仏具は一通り揃います。 しっかりと仏具を揃えたいのであれば、灯籠と経机や玉香炉に、過去帳や見台と常花、仏膳椀に仏器膳とマッチ消しや香合も用意したいところです。 日蓮宗の伝統に則してより厳格に仏壇を完成させるなら、香合や卓も欠かせませんし、打敷や供物台と杢柾、仏前座布団に数珠も忘れられないです。 マンション向けのサイズだと、仏具が置けるスペースに限りがあるので、厳選して置く必要があります。 選択のコツは基本となる仏具をベースに、伝統的なものを厳選して加えることです。 灯籠や過去帳に見台といったものは、本格的な置き方に近づく為の仏具になります。 使い勝手や予算の都合もありますから、ご本尊や脇侍の掛け軸を先に決めておき、仏像の設置を検討しつつ仏具を選ぶのが良いでしょう。 近年人気のモダンなタイプだと、ご本尊に高月や仏飯器、前香炉くらいでも形になるので、現代的な生活スタイルではシンプルな仏具の組み合わせが定番です。 日蓮宗の仏壇の配置の注意点 日蓮宗の仏壇の配置では、割と選び方に関する決まりは厳しくなく、どのタイプを選んでも大丈夫ですが、金仏壇のみの使用はまずないので要注意です。 一般的には傷みを引き起こす直射日光を避け、湿気が溜まりにくい場所に置くのが原則です。 一方に手を合わせるともう一方に背中を向けることになる、神棚と向かい合わせの配置にも気をつけましょう。 上座に位置する床の間も向かい合わせはできないので、購入の検討段階から置く場所や向きを念入りにシミュレーションすることをおすすめします。 仏像を中心として掛け軸を配置する場合は、脇侍が掛け軸のご本尊より高くならないように注意します。 また、位牌も同様に置いた時の高さに気をつけ、掛け軸や仏像の高さを超えないことが大事です。 日蓮宗におけるご本尊は大曼荼羅ですから、他の仏具で大曼荼羅が隠れないようにします。 仏具の選び方を間違えてしまうと、サイズが合わずバランスが崩れるので、別々に購入するのではなく、なるべくまとめて選ぶのが得策です。 日蓮宗は脇侍の置き方もポイントで、ご本尊に向けて置く宗旨が多い中、ご本尊も脇侍も正面に向けるのが特徴です。 ちなみに、名前が似ている日蓮正宗とはルーツこそ同じですが、分派後はそれぞれ独自の伝統を持っていますから、混同しないように注意が求められます。 同じ宗旨であっても、宗派が異なれば考え方が違ってもおかしくないので、仏壇選び1つ取っても同じと思い込まないことが大切です。 日蓮宗の仏壇の配置の仕方まとめ 日蓮宗の仏壇は、選び方も配置も制限が少なく自由度が高く、一般的な置き方を守れば割と自由です。 暗くてジメジメしていたり、狭くてお手入れが難しい設置は論外ですが、それ以外は神棚や床の間と向かい合わせにしなければほぼ問題なしです。 仏壇そのものは設置の方角が自由ですし、仏具もご本尊と脇侍を忘れなければ、仏像を省略しても構わないです。 ご本尊はあくまでも大曼荼羅なので、この掛軸を中心にして、脇侍も正面に向けて置けば基本形の完成です。 自由度が高いので、仏具に何を選びどう配置するかは迷いがちですが、仏飯器や位牌に前香炉、線香差しやおりんがあれば形になります。 仏具の置ける数には限りがありますから、余程大きな仏壇で設置に余裕がなければ、無理に置く必要はないでしょう。 大切なのはご本尊を敬う気持ちと、宗旨の理解を深めて信仰を行うことです。 日蓮宗は多くの宗派を受け入れ、柔軟に変化して今に至っていますから、配置のやり方は様々で、唯一正しい置き方というものはないわけです。 仏像を置くなら、脇侍がご本尊の大曼荼羅の高さを超えないこと、ご本尊の方ではなく正面に向けて設置することに注意です。 いくつかの注意点を守れば、残るは主要な仏具を一通り用意して、定番の並びで置いていけば問題にはならないです。 仏具の基本とされる花立や火立と香炉の三具足があれば、これをベースにして、五具足を構成する仏器や茶湯器の検討を行いましょう。 最小限の基本的な仏具なら、一通り揃えても超高額にはなりませんし、予算的に無理をせずに済むので選びやすく安心です。

次の

【楽天市場】掛け軸 > 日蓮宗 > 中金掛軸:仏壇・仏具・位牌のひだまり仏壇

日蓮宗 仏壇

開 祖 立正大師 日蓮大聖人(1222〜1282) 題 目 南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう) 本 山 身延山久遠寺 山梨県南巨摩郡身延町身延 教 義 日蓮宗はお釈迦様の説かれた最高の教えである法華経を よりどころとする宗門です。 この法華経を身をもって読まれ 布教をせられた日蓮大聖人を宗祖と仰いでおります。 本宗の教義は法華経の魂をお題目にこめられた宗祖の教えに 導かれて私たちが信仰に励みこの教えを広めることによって やがて世界の平和と人類の幸福ひいては他人のしあわせに つながる事を確信できる教えであります。 経 典 妙法蓮華経(法華経) 日常のおつとめ 合唱、礼拝、唱題、法華経の読諦 数 珠 日蓮宗の教えを漫画で説明します。 表題をクリックしてください。 お仏壇は宗派または地方により型式が異なりますが一例を掲載致します。 お仏具もご宗派により異なりますので、お仏壇をお求めになる際に合わせてご購入されるようお薦めします。 詳しくはお寺様または当店にお尋ね下さい。 例:日蓮宗のお仏壇は、お位牌やお供物がお祀りしやすいように段廻りが二段または三段造りになっています。 金箔仏壇もあります。 日蓮宗のご本尊 (ごほんぞん) 日蓮宗のご本尊は釈迦牟尼仏です。 中央に大曼陀荼羅 もしくは三宝尊をその前に宗祖日蓮聖人像をお祀りします。 (わきじ) ご本尊に向かって右側に関西では鬼子母神、 関東では大黒天の御影像をおかけします。 (わきじ) ご本尊に向かって左側に関西では大黒天、 関東では鬼子母神の御影像をおかけします。 吊灯籠 (つりとうろう) お宮殿の両側に一対つるし、ご本尊のお姿を 明るく照らすために用います。 瓔珞 (ようらく) 仏像の頸(くび)や腕、ひじ、脚などを飾る珠玉や 貴金属で編んだ装身具のことですが、宮殿の装身具として使われます。 省略されることもあります。 仏器 (ぶつき) お仏飯を盛る器をいいます。 朝のおつとめの後にお供えし、 正午にはお下げいたしましょう。 普段は1つでよいが、丁寧な場合は3つまでお供えします。 茶湯器 (ちゃとうき) お茶、お湯、お水をお供えする器で、 普段は1つでよいが、丁寧な場合は3つまでお供えします。 打敷 (うちしき) 前卓におかけする装飾用の長方形の織物です。 昔お釈迦様のお座所を飾ったといわれています。 お正月・お盆 ・お彼岸・報恩講・年忌法要などの重い法要の時のみ用います。 高坏 (たかつき) ご仏前の左右においてお菓子や果物をお供えします。 足の高いお皿にあたるものです。 五具足 (ごぐそく) または三具足 (みつぐそく) 燭台・花瓶・香炉のことを三具足と呼びます。 五具足の場合は燭台・花瓶が一対ずつになります。 イ.燭台(しょくだい) ローソク立のことです。 正式には一対でお飾りします。 よくローソクの炎から線香に火をうつす人がいますが、 それは仏様の知恵を盗むことだとして、 行わないように注意して下さい。 口.花瓶(かひん) 花瓶は、古来インドで香水を入れるのに用いた宝瓶を かたどってあります。 生花または金蓮華をお飾りします。 ハ.玉香炉(たまこうろ) 香をたく器です。 香盒 (こうごう) お香を入れる入れ物です。 お位牌 (おいはい) お位牌は、亡くなった人の戒名(かいみょう)や 死亡年月日を記して、お仏壇におまつりする、 いわば個人のシンボル(象徴)に当たるものです。 白木の野位牌は、四十九日までに塗りの本位牌をつくり、 忌明けからは本位牌をお仏壇におまつりします。 五十回忌が過ぎたら祖霊に合祀されるとよいでしょう。 本位牌を新たにお仏壇におまつりする時は、天眼法要 (てんげんほうよう)とか開眼法要(かいげんほうよう) とかいって、お寺のお坊さまに入魂のお経をあげていただきます。 過去帳 (かこちょう) ・過去帳台 (かこちょうだい) 過去帳は、亡くなった人の戒名(かいみょう)や 俗名・死亡年月日などを記しておく記録帳です。 (れいぜん) 法要などで一汁三菜の 精進料理を仏さま ・ご先祖さまにお供えする ときに使うものです。 お供えは生きている人と 同じように真心込めて、 お給仕しましょう。 前香炉 (まえこうろ) お線香立のことです。 お線香は、仏様の前に 出るときに心身とも清浄にするためのものです。 少量でも、良質のものを使いましょう。 (りん) チーンと打ち鳴らすカネの音は八万四千のほとけの 世界に届きますようにと念を込めて鳴らします。 また人々の邪念を払うと共に、 読経の時に打つ事が指示されている重要な荘厳具です。 (ばち) 鈴を打つ棒で、おつとめの時以外はりんの中に 正面を向けておきます。 (りんだい) 鈴を置く台を鈴台といいます。 (もくしょう) 木柾は、読経用の打楽器です。 [[20. 日蓮宗の仏具と飾り方.

次の

日蓮宗の仏壇って普通の仏壇と同じでOK?特徴や飾り方を解説!

日蓮宗 仏壇

仏壇の方角や配置!ベストの向きは? 仏壇を配置する場合は、気に入った場所なら どこでもよいというわけではなくて、 宗教的な観点からも 風水的な観点からも ベストな方角というものがあります。 そこで、以下に 日蓮宗の場合と、 風水的な観点から見た場合の 仏壇の ベストな方角や配置をご紹介させて 頂きますね。 宗教的観点で見たとき(日蓮宗の場合) 日蓮宗の場合、 仏壇を配置する場所は 東向きか南向きが良いと されているようです。 仏壇が東向きの場合は、自分は 西向きにお参りし、仏壇が南向きの 場合は自分は北向きにお参りする 形になります。 また、 日蓮宗の開祖である日蓮聖人が 故郷である清澄山で東から昇る 朝日に向かってお題目を唱えた という故事が日蓮宗の立教開宗と されていることから、 それにならい、 日蓮宗の開祖である 日蓮聖人と同じように東向きに 拝むという意味を込めて 仏壇を西向きにするというのも 仏壇を配置するのに良い方角 であるという説もあります。 そのほかにも、 本山説と言って 自分の家を起点として日蓮宗の 本山である 身延山がある方角に 仏壇を安置して、仏壇を通して 日蓮宗の本山にお参りするという 形をとるのもよいとされています。 Sponsored Links 風水的観点で見たとき 風水的観点から見て 仏壇を配置する ベストな向きは部屋の方角によって異なり、 東の部屋の場合は南向きか西向きに 向けるのが良く、 東南の部屋の場合は南向きがベストで、 西の部屋の場合は東向きが良く、 北西の部屋の場合は南向きか 東向きがベストで 北のお部屋の場合は南向きか 西向きが風水的にベストな仏壇の 配置の方角のようです。 方位だけでなく風水的に仏壇の配置で 気を付けるべき点は、 なるべく 人の出入りが多い場所に仏壇を 置くという点です。 あまり人の出入りのない場所に仏壇を 配置するのは風水的に良くありません。 そういった意味では、 リビングは 仏壇を配置する場所として 適していると思います。 また、二階があるご家庭の場合、 仏壇を配置している部屋のすぐ上に 不浄物として考えられる お手洗いや 人が頻繁に踏みつける場所である 廊下などがあるのは 風水的観点から 見て良くない配置場所のようです。 鬼門ってなに?位置はどこにある? 鬼門とは、 陰陽道で鬼が出入りする 方角として不吉であるとされている 方角のことです。 方角は北東です。 仏壇を鬼門に配置するのは避けたい という方もいらっしゃいますし、 西方浄土に向けてお参りできるので 良いと言われる方もいらっしゃいますので、 宗教的観点や風水的観点からかんがみて ご自身の納得のいく方角に配置するように しましょうね。 Sponsored Links 置き場所を間違えていた!移動しないとまずい? 北向きなど本来仏壇を置いてはいけないと されている場所に間違えて配置した場合、 移動させなくてはいけないかというと、 あながちそうとは言い切れません。 僧侶によっては、 仏壇は方角に関係なく リビングなど家族が集まりやすく 人の目が届く場所であれば良いと 言う方もいらっしゃるようです。 どうしても気になる場合は、 宗教的観点や風水的観点から見て 良いとされる方向に移動されても 良いと思います。 仏壇を移動させる場合は、 住職に 魂抜きをしてもらい、移動後に 魂入れをしてもらうようにしましょうね。 仏壇の移動は自分ですると、 けがをしたり、仏壇が傷つく恐れが ありますので、 引っ越し業者や仏壇を 購入したお店に依頼しましょうね。 youtubeで仏壇を移動させる場合に、 踏むべき手順を紹介している動画を 見つけましたので、仏壇を移動 される予定の方は、ぜひ、 ご覧になっておいてくださいね。 まとめ 仏壇を配置するのにベストな方角は、 日蓮宗の場合、東向きか南向きが 良いとされているようです。 また、日蓮宗の開祖である 日蓮聖人が故郷である清澄山で 東から昇る朝日に向かってお題目を 唱えたという故事が 日蓮宗の立教開宗とされている ことより、 東向きに拝む西向きに するのが良いという説もあります。 風水的観点から見て仏壇を配置する ベストな向きは上記でご紹介 しましたように 部屋の方角によって 異なりますので、注意しましょう。 また、 仏壇は人の出入りが多い場所に 配置するのが良いとか、 仏壇のある 部屋の上に、人が頻繁に踏みつける 場所である廊下や不浄な物とされている お手洗いを置いてはいけないなど 風水的に方位以外にも気を付けなくては いけない点もあります。 また、 陰陽道で鬼が出入りする方角 として不吉であるとされている 鬼門に 仏壇を配置するのは避けたいという 方もいらっしゃると思いますが、 西方浄土に向けてお参りできるので 良いと言われる方もいらっしゃいますので、 宗教的観点や風水的観点からよく考えて、 最終的にご自身の納得のいく方角に 仏壇を配置するようにしましょうね。 お葬式の 全国総額平均122万円ですが 実は、こんな高額な金額をかけなくても いいのをご存知ですか? 実は14万円〜でもお葬式はできるんです。 なぜこんな高額な請求に なってしまうかというと、 ・親の急死で急いでいた ・お葬式の知識がなかった ・どうやって決めていくか知らなかった など、お葬式の知識がないために 必要以上に大きな規模を勧誘されたり 物品に高額な値段がつけやすいのが現状です。 そんな時は、 『小さなお葬式』はオススメです。 『小さなお葬式』が人気な理由とは ・WEBサービスの中で、依頼件数は No1. の実績で信頼できる ・全国に3,000以上の提携式場から選べる ・お客様の93. また、メディアでも取り上げられるほど 価格とプラン内容の見直しにより 低価格が実現できているので 価格に納得して依頼ができます。

次の