コテ ランキング。 全国のコテージやバンガローが人気のキャンプ場|ロッジ・キャビン(ケビン)・バンガロー・コテージ情報

【ゆるふわカール】32mmカールアイロンのおすすめ人気ランキング10選

コテ ランキング

今から一緒にコテの選び方や使い方を学んでいきましょう。 美容師おすすめのコテもご紹介するので、女性だけでなくメンズも注目! 美容師がおすすめ「コテ(カールアイロン)」人気ランキングBEST11 美容師が人気の「コテ(カールアイロン)」をランキング形式でおすすめしていきます。 これから色々なコテが登場します。 しかし、全てまとめてしまうと混乱することは必至。 そこで、1万円を区切りにランキングを部門分けして、おすすめのコテをご紹介していきます。 あなたのご予算に応じて、選んでいただければ幸いです。 【1万円未満】「コテ(カールアイロン)」おすすめ人気ランキングBEST5 1万円未満でおすすめするコテには、軽量のポータブルタイプや、海外対応のタイプがラインナップしています。 お値段も安いのでコテ初心者の方でも気軽に手に取ることができるのもメリットです。 【第5位】Panasonic(パナソニック)-カールアイロン 2Way EH-HW45 ブランド 重さ 約430g 太さ 約32mm ポイント• 超高速加熱機能付き。 [セラミックプレート]セラミックプレートが発するマイナスイオンにより、静電気によるキューティクルのダメージを抑えます。 また、熱を均一に伝えるため、髪への負担を軽減し、ツヤのあるスタイリングが可能に。 [オートパワーOFF機能]約30分後に自動的に電源が切れます。 [持ちやすいグリップ]持ちやすい太さのグリップはセット中のストレスを軽減。 滑り止め付き。 設定温度にすぐに到達します。 [セラミックプレート]セラミックプレートが発するマイナスイオンにより、静電気によるキューティクルのダメージを抑えます。 また、熱を均一に伝えるため、髪への負担を軽減し、ツヤのあるスタイリングが可能に。 [オートパワーOFF機能]約30分後に自動的に電源が切れます。 [3つのサイズから選べる]メンズに嬉しい19mm、女性に嬉しい25mm,32mm。 【1万円以上】「コテ(カールアイロン)」おすすめ人気ランキングBEST6 1万円以上のおすすめのコテは、自動でカールを巻き上げてくれるタイプや最先端技術が搭載されたタイプなど高品質のカールアイロンがラインナップ。 巻き髪はもちろんヘアケアにも気を使っている方はぜひおすすめのコテが満載です。 【第6位】BaByliss(ベビリス)-MiraCurl Steam(ミラカール スチーム) ブランド 重さ 約535g(本体のみ) 太さ 幅広いカールに対応 おすすめポイント• [ナノチタニウム、オートカール、チャンバー]髪をコテに巻きつけず、挟むだけで巻き取られ理想のカールに仕上げる革新的技術。 [時間設定スイッチ]ナチュラルなカールからデジタルパーマ風カールと多様なカールを選択することができます。 やけどの心配もなく安全にスタイリングすることができます。 自動電源OFF機能やスリープ機能も搭載し安全性を確保。 髪を本体にはさみハンドルを押さえてコテを閉じれば、 たったの8秒で自然なカールが作れます。 髪に美しいツヤとしなやかな質感へ。 海外兼用アイロン。 [2way]「モード切替スイッチ」で簡単にカールとストレートをチェンジ可能。 [プロテクトバンド]アイロン初心者でも安心。 やけどを防止するプロテクトバンドを付属。 [自動電源OFF機能]最後のボタン操作から約1時間後に自動電源OFF機能を搭載し安全性を確保。 【第4位】AIVIL(アイビル)-D2アイロン ブランド 重さ 約340g(32mm) 太さ 25mm,32mm,38mm おすすめポイント• 従来のアイビルのコテよりも早い温度の上昇 業界最速クラス。 太さも3種類(25mm,32mm,38mm)ありなりたい髪型、髪の長さからお好みのものを選べる。 高品質ヒーターを使用しているため、バレルの先端・中央・根元に温度差が出ず、仕上がりにムラがでません。 クリップのはさむ力が強いためしっかりとしたリッジが生まれます。 【第3位】Lumielina(リュミエリーナ)-HairBeauron(ヘアビューロン)2D Plus おすすめ人気ランキング第3位は、Lumielina(リュミエリーナ)のヘアビューロン2D Plus。 超高級カールアイロンとして話題のヘアビューロンシリーズ。 「老化によってコシが衰えた髪」、「傷んでしまった髪質」などでヘアアイロンを使うことを諦めてしまった世代の方でも、髪質を美しく変えながらデザインを楽しんでいただけます。 幅広い年齢層に使っていただけるヘアアイロンです。 ドライヤー()でもお馴染みですね。 動画は、同じくリュミエリーナ社のコテで、2D plusよりも性能は劣りますがヘアビューロンの使い方の参考に! ブランド 重さ 約473g(34mm) 太さ 約34mm,26mm ポイント• [バイオプログラミング技術]リュミエリーナ独自技術により、潤い、ツヤカールを実現します。 遠赤外線の効果で髪の毛を綺麗にするだけでなくといった理想的な髪の毛を保ちます。 [失敗してもやり直せる ]従来のヘアアイロンのように水や専用液を使ってやり直しをしなくても、気に入ったデザインができるまで何度でもカールをし直すことができ、失敗がありません。 [初心者の方でも使いやすい。 低温でも簡単に髪が巻けます。 ]初心者の方にはなかなかうまく巻けないカールアイロンですが、ヘアビューロンは違います。 高温でなくても、しっかりとカールが巻けます。 また、朝に巻いたカールが夕方まで持続します。。 [海外対応]旅行先でももう悩まない。 海外の電圧でもご使用いただけます。 【第2位】Lumielina(リュミエリーナ)-HairBeauron(ヘアビューロン) 3D Plus ブランド 重さ 約495g 太さ 約34mm,26mm ポイント• [バイオプログラミング技術]リュミエリーナ独自技術により、潤い、ツヤカールを実現します。 遠赤外線の効果で髪の毛を綺麗にするだけでなくハリコシといった理想的な髪の毛を保ちます。 [失敗してもやり直せる ]従来のヘアアイロンのように水や専用液を使ってやり直しをしなくても、気に入ったデザインができるまで何度でもカールをし直すことができ、失敗がありません。 [初心者の方でも使いやすい。 低温でも簡単に髪が巻けます。 ]初心者の方にはなかなかうまく巻けないカールアイロンですが、ヘアビューロンは違います。 高温でなくても、しっかりとカールが巻けます。 また、朝に巻いたカールが夕方まで持続します。。 [海外対応]旅行先でももう悩まない。 海外の電圧でもご使用いただけます。 こちらの今話題の美髪効果が期待される遠赤外線を放つコテ。 遠赤外線の効果により毛髪の主成分であるタンパク質を活性化させ、熱などによるダメージから守ります。 ヘアドライヤー・ヘアアイロンのメーカークレイツイオンが新ブランドを作りました。 使うたびダメージ低減する最高傑作シリーズです。 コテの熱ダメージによる髪の痛みが嫌という方には特におすすめです。 髪を傷めず、使うたびに艶めく髪質へと導かれる。 [キュアクリスタルプレート ]業界初の2層コーティングプレート。 数種類の天然鉱石と多孔ミネラルをミクロサイズにパウダー化し、プレートに採用。 さらに、温度減少が急速に回復するので、熱ムラになりにくい。 [便利機能]髪質に合わせて5段階温度調整。 軟毛から剛毛まで広く対応可能。 [スリムハンドル]女性でも持ちやすいハンドル。 もちろんメンズにもオススメのコテ。 [海外対応]フリーボルト対応なので、旅行にも便利です。 あなたにピッタリのコテ(カールアイロン)の選び方 あなたにピッタリのコテ(カールアイロン)選びのコツを大公開!! 1人1人の髪質や長さ、なりたい髪型などによって最適なコテは変化します。 そこでいくつかコテ選びのポイントご紹介。 各メーカーから色々なサイズのコテ(カールアイロン)が販売されています。 しかし、これだけ種類が豊富だと、何ミリのものを選べばいいか迷うところでしょう。 細いコテは「くっきりクルクルカール」・太いコテは「ゆるふわカール」が得意 何ミリのコテを選ぶかは「あなたがどのぐらいのカール感が欲しいのか」によって変わってきます。 つまり、コテの太さによって、完成するカール感が異なるということ。 基本的に「コテの太さ」と「仕上がり」は、次のような関係になります。 1日中長持ちさせたい方は、強めのカール感が作れる細いコテを選びましょう。 「髪の長さ(ショート・ミディアム・ロング)」とおすすめサイズ 髪の長さ(ショート・ミディアム・ロング)の違いによっても、おすすめするコテは異なってきます。 そこで「ショート・ミディアム・ロング別」に、おすすめの太さのコテをまとめました。 ご自身の髪の長さに応じたミリ数を選ぶと、ヘアセットがやりやすくなります。 ただし、コテ選びの1番の基準は「あなたの理想のヘアスタイル」ということを忘れずに! ショート• ショート• ミディアム• ミディアム• ロング• 美容室でもよく使われる太さで、どんな長さにも合わせやすくおすすめです。 【温度・自動温度調整機能・立ち上がり】でコテ選ぶ 温度もコテ(カールアイロン)選びの重要なポイント。 高温になる程、それだけクセ付きが良くカールが長持ちします。 しかし、温度が高ければOKという単純な話ではありません。 一度傷んだ毛髪はトリートメントなどを使っても元の状態に修復不可能。 ではどれくらいの温度が良いのでしょうか。 自動温度調整機能・電源OFF機能のコテを選ぶ 自動温度調整機能や電源OFF機能付きのコテを選びましょう。 自動温度調整機能がついたコテは、思いがけない温度上昇を防げ、ヘアダメージのリスクを軽減できます。 また、電源OFF機能のコテは、一定時間経つと自動で電源が切れる仕様なので、電源を消し忘れた時など火事の予防に役立ちます。 立ち上がりの速いコテを選ぶ 立ち上がりの良さも大切です。 「電源スイッチをONにしてから、何分待ってもコテが温まらない・・・」と立ち上がりの悪さにイライラした経験はありませんか。 立ち上がりが速いコテだと、設定温度に達する時間が早く、スタイリングにかかる時間が短くてすみます。 忙しい朝でも時間に余裕を持ってヘアセットできるのでおすすめです。 熱ダメージから髪をケアするならドライヤー選びも大切ですね。 も参考にしてみて下さい。 【2wayタイプ】は1台2役をこなせる コテ(カールアイロン)の中には、2way・3wayタイプのものがあります。 2wayとは2つの使い道があるということ。 例えば…「26mmと32mmに太さが変えられる」「カールアイロンだけでなくストレートアイロンとして使える」。 2wayタイプは1台で2役をこなしてくれるので、大変便利でコスパも良好ですね。 【持ち運びやすさ・海外対応】のコテは旅先のマストアイテム 普段使いのコテとは別に、旅行先などで使える持ち運びに便利なコテが欲しいという人も多いのではないでしょうか。 旅行に持って行くなら、バッグに入るコンパクトサイズのミニコテがおすすめです。 コードレス式のものもあるので色々と探してみると良いでしょう。 もし、海外なら、海外対応のコテを持っていくと旅先で慌てなくて済みますね。 【傷みにくさ・耐久性】でコテを選ぶ コテ(カールアイロン)には傷みにくさ・耐久性も必要です。 電化製品なので、いつか壊れてしまうのは仕方がないこと。 また、同じメーカーの同じコテでも当たり外れはあります。 しかし、長期間使えるものに越したことはありません。 サロンでも使うタイプのプロ向けのコテは、比較的傷みにくく耐久性が重視された作りになっています。 また、Amazonや楽天、アットコスメなど口コミも参考にすると良いでしょう。。 最後に、正しいコテ(カールアイロン)の使い方を、次の順番でレクチャーしていきます。 洗い流さないトリートメント(ヘアオイル等)でダメージ予防• コテの握り方・動かし方の基本「内巻き」と「外巻き」• 3秒キープでカールを長持ち それでは一緒に「髪を傷めず、しっかりとしたカールを作るためのコテの使い方」を学んでいきましょう。 しかし、この熱が髪を傷める原因となるのも事実。 コテで熱を加えすぎると、毛髪に必要な水分が蒸発しチリチリパサパサに傷んでしまいます。 そこで、コテを使う下準備として『』を塗布してあげると良いでしょう。 洗い流さないトリートメントには、保護剤・保湿剤としての役割があるので、コテによる熱ダメージを抑え髪を守ってくれます。 塗布のタイミングとしては、熱を加える前がおすすめです。 タオルドライ直後のドライヤー前• コテを巻く直前 髪・電気代・時間・熱さのために、コテはなるべく低温で使うのが鉄則。 しかし、髪は、熱だけでなく摩擦によっても傷みます。 何回も低温で巻くと予想外のダメージも。 クセや髪の硬さによって変わるので、自分の髪の適温を 探りましょう。 知っていましたか。 実は、コテで髪を巻きカールが固まり定着するのは『熱を与えている時』ではなく『熱が冷めて常温に戻る時』なのです。 したがって、毛束をコテから離したら、直ぐに次の毛束・・・というような巻き方は賢くありません。 髪を巻き終えたらカールがついた状態のまま、手の平にのせて3秒キープ。 「1・2・3」と数えて、熱で暖まった毛束を冷ましてあげましょう。 常温まで冷やしてあげることで、少ない熱量でカールがしっかりと固まり長持ちさせることが出来ます。

次の

コテの人気おすすめランキング20選【自由にアレンジ・スタイリング】

コテ ランキング

巻き髪を作るため、髪のクセを伸ばすため、コテ カールアイロン やアイロン ストレートアイロン が欠かせない方、多いのではないのでしょうか? そんな日々の身だしなみによって積み重なる、髪へのダメージ… 毎日使うものだからこそ、髪に優しいコテ・アイロンを選びたいですよね。 今回は、日々のスタイリングでダメージに繋がる主な原因や習慣と 傷みにくいコテ・アイロン選びのポイントをご紹介します! 実はそれ、髪をいじめているんです!! 髪の毛は、濡れている状態が一番デリケート。 髪の表面にある「キューティクル」が、水分によって柔らかくなっており タオルでゴシゴシするだけでも傷つくことがあります! キューティクルが傷つき剥がれると 髪の質感やツヤ感の低下、枝毛・切れ毛の要因になるばかりかキューティクルが剥がれた後は、髪内部の成分が流出してしまうことも… また、髪の毛は8割以上がタンパク質で出来ています。 生卵に熱を加えると、ゆで卵になるのと同じ原理で髪の毛だって、熱を与えすぎると固まってしまいます。 髪内部のタンパク質が集まって固まってしまうと、 あちこちに埋まらない空洞 ダメージホール が出来てしまい、キューティクルが剥がれた場所から、髪内部の成分や水分が流出しやすくなります。 さらに!! 髪の毛は、「髪が乾くその時」にしか、形が決まりません。 これは、「水素結合」と呼ばれる髪内部の性質が関わっているためです。 この水素結合は、髪が濡れている・湿っているときは結びつきが切れており、「もうちょっとで髪が乾く」といった時に、固定され始めます。 つまり…濡れ髪・湿り髪にコテやアイロンを使った場合は、乾ききるまで髪の表面にあるキューティクルを痛めつけつつ、髪内部に埋まらない空洞 ダメージホール を作ることとなります…!! 髪をいじめることの無いよう、ドライヤーできちんと乾かしてから コテ・アイロンを使いましょう! しかし、カールがつかない・ストレートに伸ばせないからと言って 同じ毛束に何度も、じっくりとコテ・アイロンを通す行為は 髪へ過度に熱を与えることとなり、かえってダメージに繋がる恐れも… それならば、 高めの温度・短時間でカールやストレートを作る方が 仕上がりはもちろん、 髪の傷みも少なく済みます! コテ・アイロンを毛束にあてる時間も重要です! 長くても 5秒をめどに、コテ・アイロンを外すようにしましょう。 コテは、巻き込んで熱を与える時間を3~5秒をめどにします。 アイロン(ストレート)は、毛先に向かって3~5秒間でゆっくり滑らせます。 つまり、アイロンをあてる時間が 3~5秒程度でしっかり形がつく温度が適温という事になります。 コテ・アイロンを使う前は、必ずブラッシングを行いましょう! さて、ダメージに繋がる 「濡れ髪」「温度・時間・毛束の量」「摩擦やひっぱり」についてご説明して参りましたが、いよいよ本題の 「傷みにくいコテ・アイロン選びのポイント」をご紹介します! 髪質によって、プレート・パイプの加工を選ぶことで 摩擦や熱による髪へのストレスを減らすことが期待できます! 髪の傷む原因や習慣、うっかりやっていませんでしたか?

次の

【ゆるふわカール】32mmカールアイロンのおすすめ人気ランキング10選

コテ ランキング

今から一緒にコテの選び方や使い方を学んでいきましょう。 美容師おすすめのコテもご紹介するので、女性だけでなくメンズも注目! 美容師がおすすめ「コテ(カールアイロン)」人気ランキングBEST11 美容師が人気の「コテ(カールアイロン)」をランキング形式でおすすめしていきます。 これから色々なコテが登場します。 しかし、全てまとめてしまうと混乱することは必至。 そこで、1万円を区切りにランキングを部門分けして、おすすめのコテをご紹介していきます。 あなたのご予算に応じて、選んでいただければ幸いです。 【1万円未満】「コテ(カールアイロン)」おすすめ人気ランキングBEST5 1万円未満でおすすめするコテには、軽量のポータブルタイプや、海外対応のタイプがラインナップしています。 お値段も安いのでコテ初心者の方でも気軽に手に取ることができるのもメリットです。 【第5位】Panasonic(パナソニック)-カールアイロン 2Way EH-HW45 ブランド 重さ 約430g 太さ 約32mm ポイント• 超高速加熱機能付き。 [セラミックプレート]セラミックプレートが発するマイナスイオンにより、静電気によるキューティクルのダメージを抑えます。 また、熱を均一に伝えるため、髪への負担を軽減し、ツヤのあるスタイリングが可能に。 [オートパワーOFF機能]約30分後に自動的に電源が切れます。 [持ちやすいグリップ]持ちやすい太さのグリップはセット中のストレスを軽減。 滑り止め付き。 設定温度にすぐに到達します。 [セラミックプレート]セラミックプレートが発するマイナスイオンにより、静電気によるキューティクルのダメージを抑えます。 また、熱を均一に伝えるため、髪への負担を軽減し、ツヤのあるスタイリングが可能に。 [オートパワーOFF機能]約30分後に自動的に電源が切れます。 [3つのサイズから選べる]メンズに嬉しい19mm、女性に嬉しい25mm,32mm。 【1万円以上】「コテ(カールアイロン)」おすすめ人気ランキングBEST6 1万円以上のおすすめのコテは、自動でカールを巻き上げてくれるタイプや最先端技術が搭載されたタイプなど高品質のカールアイロンがラインナップ。 巻き髪はもちろんヘアケアにも気を使っている方はぜひおすすめのコテが満載です。 【第6位】BaByliss(ベビリス)-MiraCurl Steam(ミラカール スチーム) ブランド 重さ 約535g(本体のみ) 太さ 幅広いカールに対応 おすすめポイント• [ナノチタニウム、オートカール、チャンバー]髪をコテに巻きつけず、挟むだけで巻き取られ理想のカールに仕上げる革新的技術。 [時間設定スイッチ]ナチュラルなカールからデジタルパーマ風カールと多様なカールを選択することができます。 やけどの心配もなく安全にスタイリングすることができます。 自動電源OFF機能やスリープ機能も搭載し安全性を確保。 髪を本体にはさみハンドルを押さえてコテを閉じれば、 たったの8秒で自然なカールが作れます。 髪に美しいツヤとしなやかな質感へ。 海外兼用アイロン。 [2way]「モード切替スイッチ」で簡単にカールとストレートをチェンジ可能。 [プロテクトバンド]アイロン初心者でも安心。 やけどを防止するプロテクトバンドを付属。 [自動電源OFF機能]最後のボタン操作から約1時間後に自動電源OFF機能を搭載し安全性を確保。 【第4位】AIVIL(アイビル)-D2アイロン ブランド 重さ 約340g(32mm) 太さ 25mm,32mm,38mm おすすめポイント• 従来のアイビルのコテよりも早い温度の上昇 業界最速クラス。 太さも3種類(25mm,32mm,38mm)ありなりたい髪型、髪の長さからお好みのものを選べる。 高品質ヒーターを使用しているため、バレルの先端・中央・根元に温度差が出ず、仕上がりにムラがでません。 クリップのはさむ力が強いためしっかりとしたリッジが生まれます。 【第3位】Lumielina(リュミエリーナ)-HairBeauron(ヘアビューロン)2D Plus おすすめ人気ランキング第3位は、Lumielina(リュミエリーナ)のヘアビューロン2D Plus。 超高級カールアイロンとして話題のヘアビューロンシリーズ。 「老化によってコシが衰えた髪」、「傷んでしまった髪質」などでヘアアイロンを使うことを諦めてしまった世代の方でも、髪質を美しく変えながらデザインを楽しんでいただけます。 幅広い年齢層に使っていただけるヘアアイロンです。 ドライヤー()でもお馴染みですね。 動画は、同じくリュミエリーナ社のコテで、2D plusよりも性能は劣りますがヘアビューロンの使い方の参考に! ブランド 重さ 約473g(34mm) 太さ 約34mm,26mm ポイント• [バイオプログラミング技術]リュミエリーナ独自技術により、潤い、ツヤカールを実現します。 遠赤外線の効果で髪の毛を綺麗にするだけでなくといった理想的な髪の毛を保ちます。 [失敗してもやり直せる ]従来のヘアアイロンのように水や専用液を使ってやり直しをしなくても、気に入ったデザインができるまで何度でもカールをし直すことができ、失敗がありません。 [初心者の方でも使いやすい。 低温でも簡単に髪が巻けます。 ]初心者の方にはなかなかうまく巻けないカールアイロンですが、ヘアビューロンは違います。 高温でなくても、しっかりとカールが巻けます。 また、朝に巻いたカールが夕方まで持続します。。 [海外対応]旅行先でももう悩まない。 海外の電圧でもご使用いただけます。 【第2位】Lumielina(リュミエリーナ)-HairBeauron(ヘアビューロン) 3D Plus ブランド 重さ 約495g 太さ 約34mm,26mm ポイント• [バイオプログラミング技術]リュミエリーナ独自技術により、潤い、ツヤカールを実現します。 遠赤外線の効果で髪の毛を綺麗にするだけでなくハリコシといった理想的な髪の毛を保ちます。 [失敗してもやり直せる ]従来のヘアアイロンのように水や専用液を使ってやり直しをしなくても、気に入ったデザインができるまで何度でもカールをし直すことができ、失敗がありません。 [初心者の方でも使いやすい。 低温でも簡単に髪が巻けます。 ]初心者の方にはなかなかうまく巻けないカールアイロンですが、ヘアビューロンは違います。 高温でなくても、しっかりとカールが巻けます。 また、朝に巻いたカールが夕方まで持続します。。 [海外対応]旅行先でももう悩まない。 海外の電圧でもご使用いただけます。 こちらの今話題の美髪効果が期待される遠赤外線を放つコテ。 遠赤外線の効果により毛髪の主成分であるタンパク質を活性化させ、熱などによるダメージから守ります。 ヘアドライヤー・ヘアアイロンのメーカークレイツイオンが新ブランドを作りました。 使うたびダメージ低減する最高傑作シリーズです。 コテの熱ダメージによる髪の痛みが嫌という方には特におすすめです。 髪を傷めず、使うたびに艶めく髪質へと導かれる。 [キュアクリスタルプレート ]業界初の2層コーティングプレート。 数種類の天然鉱石と多孔ミネラルをミクロサイズにパウダー化し、プレートに採用。 さらに、温度減少が急速に回復するので、熱ムラになりにくい。 [便利機能]髪質に合わせて5段階温度調整。 軟毛から剛毛まで広く対応可能。 [スリムハンドル]女性でも持ちやすいハンドル。 もちろんメンズにもオススメのコテ。 [海外対応]フリーボルト対応なので、旅行にも便利です。 あなたにピッタリのコテ(カールアイロン)の選び方 あなたにピッタリのコテ(カールアイロン)選びのコツを大公開!! 1人1人の髪質や長さ、なりたい髪型などによって最適なコテは変化します。 そこでいくつかコテ選びのポイントご紹介。 各メーカーから色々なサイズのコテ(カールアイロン)が販売されています。 しかし、これだけ種類が豊富だと、何ミリのものを選べばいいか迷うところでしょう。 細いコテは「くっきりクルクルカール」・太いコテは「ゆるふわカール」が得意 何ミリのコテを選ぶかは「あなたがどのぐらいのカール感が欲しいのか」によって変わってきます。 つまり、コテの太さによって、完成するカール感が異なるということ。 基本的に「コテの太さ」と「仕上がり」は、次のような関係になります。 1日中長持ちさせたい方は、強めのカール感が作れる細いコテを選びましょう。 「髪の長さ(ショート・ミディアム・ロング)」とおすすめサイズ 髪の長さ(ショート・ミディアム・ロング)の違いによっても、おすすめするコテは異なってきます。 そこで「ショート・ミディアム・ロング別」に、おすすめの太さのコテをまとめました。 ご自身の髪の長さに応じたミリ数を選ぶと、ヘアセットがやりやすくなります。 ただし、コテ選びの1番の基準は「あなたの理想のヘアスタイル」ということを忘れずに! ショート• ショート• ミディアム• ミディアム• ロング• 美容室でもよく使われる太さで、どんな長さにも合わせやすくおすすめです。 【温度・自動温度調整機能・立ち上がり】でコテ選ぶ 温度もコテ(カールアイロン)選びの重要なポイント。 高温になる程、それだけクセ付きが良くカールが長持ちします。 しかし、温度が高ければOKという単純な話ではありません。 一度傷んだ毛髪はトリートメントなどを使っても元の状態に修復不可能。 ではどれくらいの温度が良いのでしょうか。 自動温度調整機能・電源OFF機能のコテを選ぶ 自動温度調整機能や電源OFF機能付きのコテを選びましょう。 自動温度調整機能がついたコテは、思いがけない温度上昇を防げ、ヘアダメージのリスクを軽減できます。 また、電源OFF機能のコテは、一定時間経つと自動で電源が切れる仕様なので、電源を消し忘れた時など火事の予防に役立ちます。 立ち上がりの速いコテを選ぶ 立ち上がりの良さも大切です。 「電源スイッチをONにしてから、何分待ってもコテが温まらない・・・」と立ち上がりの悪さにイライラした経験はありませんか。 立ち上がりが速いコテだと、設定温度に達する時間が早く、スタイリングにかかる時間が短くてすみます。 忙しい朝でも時間に余裕を持ってヘアセットできるのでおすすめです。 熱ダメージから髪をケアするならドライヤー選びも大切ですね。 も参考にしてみて下さい。 【2wayタイプ】は1台2役をこなせる コテ(カールアイロン)の中には、2way・3wayタイプのものがあります。 2wayとは2つの使い道があるということ。 例えば…「26mmと32mmに太さが変えられる」「カールアイロンだけでなくストレートアイロンとして使える」。 2wayタイプは1台で2役をこなしてくれるので、大変便利でコスパも良好ですね。 【持ち運びやすさ・海外対応】のコテは旅先のマストアイテム 普段使いのコテとは別に、旅行先などで使える持ち運びに便利なコテが欲しいという人も多いのではないでしょうか。 旅行に持って行くなら、バッグに入るコンパクトサイズのミニコテがおすすめです。 コードレス式のものもあるので色々と探してみると良いでしょう。 もし、海外なら、海外対応のコテを持っていくと旅先で慌てなくて済みますね。 【傷みにくさ・耐久性】でコテを選ぶ コテ(カールアイロン)には傷みにくさ・耐久性も必要です。 電化製品なので、いつか壊れてしまうのは仕方がないこと。 また、同じメーカーの同じコテでも当たり外れはあります。 しかし、長期間使えるものに越したことはありません。 サロンでも使うタイプのプロ向けのコテは、比較的傷みにくく耐久性が重視された作りになっています。 また、Amazonや楽天、アットコスメなど口コミも参考にすると良いでしょう。。 最後に、正しいコテ(カールアイロン)の使い方を、次の順番でレクチャーしていきます。 洗い流さないトリートメント(ヘアオイル等)でダメージ予防• コテの握り方・動かし方の基本「内巻き」と「外巻き」• 3秒キープでカールを長持ち それでは一緒に「髪を傷めず、しっかりとしたカールを作るためのコテの使い方」を学んでいきましょう。 しかし、この熱が髪を傷める原因となるのも事実。 コテで熱を加えすぎると、毛髪に必要な水分が蒸発しチリチリパサパサに傷んでしまいます。 そこで、コテを使う下準備として『』を塗布してあげると良いでしょう。 洗い流さないトリートメントには、保護剤・保湿剤としての役割があるので、コテによる熱ダメージを抑え髪を守ってくれます。 塗布のタイミングとしては、熱を加える前がおすすめです。 タオルドライ直後のドライヤー前• コテを巻く直前 髪・電気代・時間・熱さのために、コテはなるべく低温で使うのが鉄則。 しかし、髪は、熱だけでなく摩擦によっても傷みます。 何回も低温で巻くと予想外のダメージも。 クセや髪の硬さによって変わるので、自分の髪の適温を 探りましょう。 知っていましたか。 実は、コテで髪を巻きカールが固まり定着するのは『熱を与えている時』ではなく『熱が冷めて常温に戻る時』なのです。 したがって、毛束をコテから離したら、直ぐに次の毛束・・・というような巻き方は賢くありません。 髪を巻き終えたらカールがついた状態のまま、手の平にのせて3秒キープ。 「1・2・3」と数えて、熱で暖まった毛束を冷ましてあげましょう。 常温まで冷やしてあげることで、少ない熱量でカールがしっかりと固まり長持ちさせることが出来ます。

次の