天星術 真昼。 星ひとみの天星術で占う【浮気が心配な天星】ランキング あなたや彼の天星は?

【星ひとみの天星術】2020年下半期の運勢「恋愛・結婚&仕事の運命」を鑑定

天星術 真昼

写真 恋に落ちるスピードはその人の恋愛傾向によって変わってきます。 今話題の占い師・星ひとみが『天星術』で占い、恋愛成就のためには短期で攻めないとダメな天星をランキングで発表します。 東洋占星術・統計学・心理学・人間科学など、さまざまな要素が取り入れられています。 満月・上弦の月・下弦の月・新月・空・山脈・大陸・海・朝日・真昼・夕焼け・深夜に分けられます。 「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ)で取り上げられ、あまりの的中っぷりに話題沸騰の占いです。 すぐに心をつかもうとしないと、発展はないでしょう。 第2位:真昼 好意を抱くと情熱的に求めて、結論を急ぐタイプ。 恋心をはっきり見せてくれる異性に惹かれ、熱心に求めますよ。 第3位:大陸 好みのタイプでないと向き合おうとはしません。 初めから好かれるよう努力しないと、恋が始まることはなさそう。 第4位:空 好きになってほしい気持ちが強く、早いうちに好意を示されると喜ぶでしょう。 そういう異性に気持ちが動くよう。 第5位:深夜 初対面で敬意を抱くとそのまま恋に落ちそう。 最初に心をつかまれないと、恋愛感情は生まれないかも。 第6位:満月 初めて会った瞬間に恋愛感情を抱くでしょう。 そのとき心が動かないと、今後恋の相手として見ることはないかも。 心を落ち着かせてくれると感じると、早い段階で惹かれることに。 第8位:下弦の月 時間をかけて十分に愛情を示されたほうがうれしいと感じます。 そういう態度を取られると、自然と惹かれることに。 第9位:朝日 ある程度時間をかけないとありのままの自分を見せないでしょう。 心を許した相手と、恋を始めることに。 第10位:夕焼け 自然に距離が縮まる友人感覚の恋を求めるよう。 同じ感覚を持つ相手を選び、ゆっくりした進展を望みますね。 第11位:海 自分を深く理解してくれる相手でないと、恋を始めようとはしません。 じっくりと時間をかけ、仲を深めることに。 第12位:山脈 友人として長く付き合ってからでないと、恋の相手には考えないよう。 価値観が合うと分かれば、進展を求めます。 あなたの天星タイプもぜひ占ってみてくださいね。 オリジナル運勢鑑定法<天星術>の開祖。 巫女の血筋を持つ家系に生まれ、各界に多くのファンを持つ人気占い師。

次の

【星ひとみの天星術】2020年下半期の運勢「恋愛・結婚&仕事の運命」を鑑定

天星術 真昼

今話題の占い師・星ひとみが『天星術』で占い、好きになるまで時間が必要な天星をランキングで発表します。 押せ押せで猛アピールするよりも、相手のペースに合わせるほうが恋愛成就に近づけるかも!? 東洋占星術・統計学・心理学・人間科学など、さまざまな要素が取り入れられています。 満月・上弦の月・下弦の月・新月・空・山脈・大陸・海・朝日・真昼・夕焼け・深夜に分けられます。 「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ)で取り上げられ、あまりの的中っぷりに話題沸騰の占いです。 恋愛を抜きにしても好ましい相手を選びます。 第2位:海 すぐには本音を語らず、心を通わせるには時間が必要。 ありのままを受け入れてくれる異性に好意を寄せることに。 第3位:夕焼け 進展が遅いほうが気持ちは高まっていきます。 気がつくと夢中になっていて、自分から相手を求めるでしょう。 第4位:朝日 いつまでも楽しく過ごせる相手を恋人に求めます。 長く付き合い理想的だと思えば、真剣な思いを寄せるでしょう。 第5位:下弦の月 信頼できる相手だと確信が持てないと、心を許さないでしょう。 時間をかけて、関係を築いていきたいと望みますね。 第6位:新月 慎重に考えるので、恋を始めるまでに時間をかけるかも。 信じられる相手だと思うと、一気に心が傾きますよ。 身近にいると、好きになってしまうことも。 第8位:深夜 自分を理解してくれる異性には、徐々に好感を抱くでしょう。 信頼できると思えたときだけ、心を許すことに。 第9位:空 長く付き合い、支えてあげたいと思う異性を好きになることも。 ただし基本的には、早い時期に気持ちが固まります。 第10位:大陸 初めからすべてを受け入れてくれる異性が理想でしょう。 自分に合わせてくれる相手でないと、疲れてしまうよう。 第11位:真昼 第一印象で惹かれないと、その後は恋の相手として考えないでしょう。 時間をかけるほど、ますます飽きてしまうかも。 第12位:上弦の月 知り合って時間が経った相手は、恋愛対象として見なくなります。 第一印象の強い異性に心をつかまれる傾向が。 あなたの天星タイプもぜひ占ってみてくださいね。 オリジナル運勢鑑定法<天星術>の開祖。 巫女の血筋を持つ家系に生まれ、各界に多くのファンを持つ人気占い師。

次の

【新連載】星ひとみさん 幸せをひき寄せる「天星術」~2020年7月の幸運の〝星のささやき〟教えます~

天星術 真昼

写真 恋に落ちるスピードはその人の恋愛傾向によって変わってきます。 今話題の占い師・星ひとみが『天星術』で占い、恋愛成就のためには短期で攻めないとダメな天星をランキングで発表します。 東洋占星術・統計学・心理学・人間科学など、さまざまな要素が取り入れられています。 満月・上弦の月・下弦の月・新月・空・山脈・大陸・海・朝日・真昼・夕焼け・深夜に分けられます。 「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ)で取り上げられ、あまりの的中っぷりに話題沸騰の占いです。 すぐに心をつかもうとしないと、発展はないでしょう。 第2位:真昼 好意を抱くと情熱的に求めて、結論を急ぐタイプ。 恋心をはっきり見せてくれる異性に惹かれ、熱心に求めますよ。 第3位:大陸 好みのタイプでないと向き合おうとはしません。 初めから好かれるよう努力しないと、恋が始まることはなさそう。 第4位:空 好きになってほしい気持ちが強く、早いうちに好意を示されると喜ぶでしょう。 そういう異性に気持ちが動くよう。 第5位:深夜 初対面で敬意を抱くとそのまま恋に落ちそう。 最初に心をつかまれないと、恋愛感情は生まれないかも。 第6位:満月 初めて会った瞬間に恋愛感情を抱くでしょう。 そのとき心が動かないと、今後恋の相手として見ることはないかも。 心を落ち着かせてくれると感じると、早い段階で惹かれることに。 第8位:下弦の月 時間をかけて十分に愛情を示されたほうがうれしいと感じます。 そういう態度を取られると、自然と惹かれることに。 第9位:朝日 ある程度時間をかけないとありのままの自分を見せないでしょう。 心を許した相手と、恋を始めることに。 第10位:夕焼け 自然に距離が縮まる友人感覚の恋を求めるよう。 同じ感覚を持つ相手を選び、ゆっくりした進展を望みますね。 第11位:海 自分を深く理解してくれる相手でないと、恋を始めようとはしません。 じっくりと時間をかけ、仲を深めることに。 第12位:山脈 友人として長く付き合ってからでないと、恋の相手には考えないよう。 価値観が合うと分かれば、進展を求めます。 あなたの天星タイプもぜひ占ってみてくださいね。 オリジナル運勢鑑定法<天星術>の開祖。 巫女の血筋を持つ家系に生まれ、各界に多くのファンを持つ人気占い師。

次の