レイチェル クー スウェーデン。 レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン/KhooRachel :0013014472:ネットオフ ヤフー店

レイチェル・クーの北欧暮らしに学ぶ、スウェーデン料理の魅力とフードカルチャー

レイチェル クー スウェーデン

コンテンツ• 2015年にスウェーデン人の旦那さんロバート・ウィクトリンさんと結婚 レイチェル・クーさんは2014年、彼女が34歳の時にスウェーデン人のロバート・ウィクトリンさんと婚約・その翌年に結婚、2016年には男の子を出産しました。 結婚したロバートさんはスウェーデンのストックホルムで不動産の仲介役をしている方。 テナントレ・プレゼンテーションという肩書きです。 今はテナント&パートナーという会社の仲介役らしいですが、以前も不動産関係の会社でプロジェクトマネージャーとして働いていたよう。 レイチェルさんはプライベートなことはほとんどメディアでは話さない方で、二人がどこでどのようにして出会ったとか、子供の事などはどんなインタビューでも避けていらっしゃいます。 スウェーデンは社会福祉が行き届いた国として有名ですね。 instagram. ロバート・ウィクトリンさんていう人を探して下さいね。 スポンサーリンク 屋根裏部屋、わずか2席のレストランから大物料理人プレゼンターへ 料理人になったいきさつは? レイチェル・クーさんは大学でデザインとアートを先行して、ロンドンのブランドシャツ専門店 「トーマスピンク」の広報部で2年間働きます。 でもロンドンで高級ブランド洋服店でのPRの仕事を捨てて、パリでペイストリー(洋菓子)の勉強をすることは決めて向かったそうなので、 冒険を求めつつも決心は相当強かったことが伺えますね。 レイチェルさんは2010年に料理学校を卒業して、パリのフラット(日本でいうアパート)でわずか2席のみのレストランをオープンします。 しかし、ここで元・広報部(PR部)で働いていた経験がものを言います。 レイチェルさんはソーシャルメディアを最大限に使ってお客さんを集めるのです。 お客さんはローカルの人から、北アメリカ、オーストラリアからと海外からも予約が入るように。 口伝えでじわりじわりと人気を集めて、 特に ハネムーンでパリを訪れるカップルが予約するケースが多かったようです。 スポンサーリンク フランス・パリにある小さなフラット。 コンロはわずか2つ。 テレビで見ただけですけど、そのレストラン、 一人しか立ってられない程のほんとに超小さいキッチンなんですよ。 whathaleybakes. html こんな感じ。 初めて見たときは、ん?これって料理番組なん?っと思った程、フッツーの狭苦しいキッチンで、 しかも放送中に せっせせっせとフライパンとか鍋を洗うレイチェルさんの姿も(笑) んで、 アジア人のような顔立ちでこってこてのイギリス英語を話しながら、フランス料理を作ってるのですから、かなりユニークです。 でも予約が途切れることはなく、かなり話題になってたそうですから、あれは一にも二にもレイチェルさんのキャラクターの賜物だったんじゃないかと思いますよ。 (こんな記事も読まれています).

次の

レイチェル・クーがかわいい!経歴、プロフィール、結婚は?夫や子どもは?

レイチェル クー スウェーデン

商品の品質について ネットオフの商品は当社の品質基準をクリアした中古商品になります。 本・コミック 大きな傷や、書き込み、汚れ等がない商品を販売しています CD・DVD・GAME ケースの割れ、ディスクの大きな傷等のない商品を販売しています。 詳しい品質基準は。 お支払いについて クレジットカード決済、PayPay残高払い、商品代引がご利用になれます。 詳しくは。 商品の返品に関して 商品の欠陥や不良など当社原因による場合には、商品を確認させていただいき、返金にて対応させていただきます。 また在庫がある場合は交換での対応も可能です。 商品到着後10日以内に、お客様のお名前、ご注文番号、商品名、具体的な商品状態を明記の上までお問い合わせください。 詳しくは。 送料・配送について 全品送料無料 配送は佐川急便の飛脚宅配便、又はゆうメールにてお届けします。 詳しくは。 商品の発送について ご注文より1〜2日の出荷となります。 詳しくは。

次の

『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』10月9日(水)発売。北欧の四季、食文化へのオマージュをレイチェル流レシピで紹介!|株式会社世界文化ホールディングスのプレスリリース

レイチェル クー スウェーデン

海外料理本の美しさよ! ただね、ひとつだけ残念ポイントが。 日本版はソフトカバーなんですね。 日本で上製本を作るにはコストがかかり過ぎてしまうから仕方がないと思うんですが、2018年7月に一足早く英国やEU各国で出たのはもちろん上製本(ハードカバー)。 もし日本でも選択肢があったなら、私は絶対に上製本のほうを購入していました。 海外の料理本の美しさって、上製本であることも大きいと思います。 装丁を含めてデザインなのだと納得できる仕上がりなんですよ。 レイチェル本も、このめちゃくちゃシンプルな表紙写真を生かすには、上製本のずっしりとした重みが欠かせなかったのでは…と思ったりします。 でもな、とにかく制作費、高いんだよな上製本……。 既刊3冊からガラリと趣を変えた今回 ちなみに、日本でのレイチェルの既刊本は最初の『パリの小さなキッチン』(2014年5月刊)だけが翔泳社で、2冊目、3冊目の『レイチェル・クーの小さなフレンチキッチン』『レイチェル・クーのキッチンノート おいしい旅レシピ』は世界文化社からの発行。 テーマが北欧だからというわけではないと思いますが、今回の表紙には驚きます。 既刊3冊はいろいろなシーンで笑うレイチェルや料理がコラージュされた、いかにも楽しげな表紙だったのに対し、今回の新刊は、ばっさりと削ぎ落として貫禄すら感じさせるレイチェルの1枚絵だけ。 これまでとは違うのよ、見かけには騙されないわ、本当の豊かさを追求しているの…とでも言いたげなレイチェル。 母として、より体にいいものを求め学ぼうとする意識の現れなのか。 レイチェル・ワールドはさらにパワーアップ さっそくページをめくればいつものレイチェルの世界。 輝かしい笑顔で私たち読者を見つめ返してくれて、ぽってなりながら(笑)、レイチェルが北欧で学んだというレシピ、作り方も丁寧に記されていて、これなら作れそうな予感。 食器やカトラリー、天板使いも死ぬほどおしゃれで、北欧らしい色合いの写真がめくるめく世界へ誘う…ってそんな陳腐なセリフしか出て来ないほどに、素敵世界が広がっています。 インスタ風にタグづけするならば、#豊かな暮らし #ていねいな暮らし そのもの。 もはやおしゃれを通り越して、理想像のはるか遠い遠い彼方の別世界に見えてしまう。 でも、レイチェルがとにかく幸せに暮らしているのだということがわかります。 掲載レシピは、前菜やサラダからメイン、デザートまで例によって幅広いもの。 でもよりいっそう作りやすくという配慮からか、レシピ以外の文章量が増え、読み応えもあります。 レイチェルのコラム がたっぷりで、ファンは嬉しい。 また、ヴィーガン対応レシピやグルテンフリー、乳製品フリーの記載もあり、誰でもひとつはレイチェルのレシピを試すことができるでしょう。 優しいです。 ただ、日本の料理本はプロ向けを除き、ほとんどが千円台の販売価格になっているので、それから考えると、レイチェル本は軽く二千円を超えてきますから、購入するのは熱心なファンか私のような料理本マニアだけになるかもしれません。 が、今の出版界の現状を考えると、手に取りやすさだけを金貨玉状のごとく振りかざすのはそろそろ限界の時を迎えているように思います。 この値段を出してまでも欲しい本なのかどうか、本を買うことによって著者や出版社のサポートをしていきたいかどうか。 そんなことをつらつら考えた一冊でもあります。 と同時に、日本からは遠い北欧の、スェーデンという国の食文化についても、親しみを感じる手がかりをくれる本書です。 IKEAのおかげで少しだけスェーデンを感じることができるようになりましたが、スェーデン人が普通に食べている家庭料理を知る機会はそうそうありません。 野菜たっぷりな食生活に意外に思うかもしれません。 ちなみに本書、日本語版のレシピ監修は料理家の若山曜子さんが務めていらっしゃいます。 日本では入手しづらい材料や代用品の説明もプラスされているので、その点でも安心。 実は、レイチェルの日本語版1冊目では、時々、あれ? と思うレシピがあったのです。 ひとつふたつ作ってみた時に、説明が足りない…と思う点もあって。 ただの翻訳ではない、料理をする人の視点が入っているかどうかは料理本においてはとても重要なことのように思います。 著者プロフィール (本書より)ロンドンの名門芸術大学セントラル・セント・マーティンズ・カレッジを卒業後、フランス菓子への情熱が高じてパリに移住し、ル・コルドン・ブルーで学び、製菓ディプロマを取得した。 その後、世界各地を旅しながら、ロンドン、パリ、ミラノ、シドニー、ブエノスアイレスなどで大小のクライアント向けのさまざまな食のプロジェクトに携わり、自ら料理のワークショップを主催するなど、フードライターとしてのキャリアを積んでいる。 ホテルやレストラン、一流企業のコンサルタントも務め、料理とライフスタイルのオンラインマガジン「Khoollect」を運営し、Khoollect名義のクリエイティブスタジオとワークショップスペースをロンドンに開設した。 2016年にスウェーデンに移住し、現在はスウェーデン人の夫と子どもと暮らしている。 本書はレイチェルの6冊目の料理本になる。 rachelkhoo. com ライフスタイルマガジン スタッフ 訳者: 清宮真里 日本語版レシピ監修: 若山曜子 デザイン: 河内沙耶花(mogmog. Inc 校正: 金沢淑子 編集: 飯田想美 目次 Introduction はじめに Swedish pantry スウェーデンの食品棚から Spring 春 レモンとキャラウェイ風味のキャベツサラダと海老のグリル 焼きリーキ入りホイップバター 根菜のクリスプ、キャビアと赤玉ねぎ添え スェーデン風クリスプブレッド 春キャベツのヴィネグレット添え ゆで卵とアンチョビのサラダ(グップローラ) 薫製ソーセージ入りのポテトケーキと小海老のサラダ ホースファディッシュとチーズのダンプリング パヴェットステーキ、ライ麦パンのクルトンとマスタードシードのピクルス添え ビーツ・ア・ラ・リンドストローム 春のイラクサとチキンのパイ 鱈のオーブン焼き、ホワイトアスパラガスとつぶし卵ソース添え スウェーデン風シュニッツェルサンドイッチ 手巻きロールキャベツ(コールドルマ) スウェーデン風炒めもの(ピッティパンナ) タコスピザ クリームバンズケーキ ローストしたルバーブとカスタードのマジックケーキ チョコレートボール スウェーデン風マーマレードのビスコッティ(スニッタル) アーモンドとこけもものバンズ カルダモンロールのボンブ Summer 春 ザリガニのスープ パンケーキ コールラビのサラダ、ひまわりの種とタンポポの葉のペースト和え きゅうりの冷たいスープ、ビーツヨーグルトのグラニータ添え 岩魚のグリル。 jpアソシエイト.

次の