ペガサス ユニコーン 違い。 【楽天市場】シーチング 生地 ペガサスと星座 綿100% 布 手芸 ペガサス ユニコーン スワン 星座 星 ラメ ゆめかわいい おんなのこ おしゃれ:手芸レースのフェアリーレース

ユニコーン

ペガサス ユニコーン 違い

スポンサードリンク 大切な動物が神獣になっていったのか? ちなみに、東洋の龍の起源のひとつとされる古代中国大陸の「遼河文明」(紀元前6200年頃から紀元前500年頃)では、鹿の頭を持った「鹿龍」も存在していました。 また、もっと後代になりますが、魏晋南北朝時代(221年から581年)の古墳からは同じ古墳から発見された四神の「青龍」と良く似た馬型の騏驎の図も見つかっています。 このように鹿や馬といった、遊牧の民にとって大切で尊い動物が霊獣である麒麟や騏驎、あるいは龍へとなっていったのでしょうか。 またその鹿や馬というベースの姿に合わせて、頭の1本のツノ、馬型の騏驎の羽というのも、とても気になるところです。 麒麟とユニコーン 頭に1本のツノを生やした伝説の生き物というと、すぐに思い浮かぶのが「ユニコーン(一角獣)」です。 ユニコーンは古代のギリシャ、ローマからヨーロッパへと伝えられた幻獣ですが、ギリシャの歴史家クテシアス(紀元前4世紀)によると、もともとはインドにいる1本のツノを持ったロバなのだそうです。 しかしその源流は、メソポタミアなどの古代オリエントにあるとも言われています。 その後ユニコーンは、ヨーロッパではライオンの尾を持ち青い目をした白い馬の姿で描かれることが多くなり、ただし蹄(ひづめ)は2つに割れているのだとか。 馬や馬科のロバは、奇蹄類(蹄が奇数)といって蹄が割れていません。 一方で鹿は偶蹄類で、蹄が割れています。 逆に麒麟の蹄は馬のように丸く、これは仁の徳を持った「仁獣」として生命を慈しみ地上のものに傷をつけないためなのだそうです。 このような細かい違いはあるものの、麒麟とユニコーンが古代のオリエントを源流として東西に伝わったのでは?という説もあります。 ペガサスとも関係があるのか? また、翼を持ち空を飛ぶことができる馬「ペガサス(天馬)」と、馬型の騏驎との類似も気になります。 ペガサスはギリシャ神話に登場する伝説の生き物で、海の神ポセイドンの子を身籠っていた怪物のメドゥーサをペルセウスが倒したとき、その首の切り口から生まれたとされます。 その後、ポセイドンから英雄のベレロポーンに与えられ、ベレロポーンはペガサスを駆って数々の武勲を立てますが、やがて増長して神の国まで昇ろうとし、怒ったゼウスが放った虻がペガサスの鼻を刺してペガサスはベレロポーンを振り落としてしまいます。 ベレロポーンは墜落して死に、ペガサスは天に昇って星座となりました。 ペガサスと翼を持った馬型の騏驎とに関係性があるのかどうかは良くわかりませんが、ユニコーンやペガサスという西方の伝説の獣がアジアへと伝播したのか、あるいはユーラシア大陸の東西に広がって同じような伝説や神話が共通してあったのか、まったく無関係とも思えないところもあります。

次の

意外と混同してる人が多い?「ユニコーン」と「ペガサス」の違いとは

ペガサス ユニコーン 違い

ペガサスとユニコーンの違いとは ペガサスもユニコーンも、ファンタジー上の動物であることに変わりありません。 しかし、それぞれ異なる特徴を持ちます。 ペガサスとは ペガサスとは、 ギリシャ・ローマ神話に登場する、背中に羽の生えた白い馬です。 霊感、また不死の象徴である、神秘的な空想上の生き物です。 ペガサス座という星座もありますね。 父親はポセイドン、母親はメドゥーサ、兄弟はクリュサオルといい、全て人間です。 人間から馬が生まれたという不思議な伝説となっています。 理由は、メドゥーサがアテナによって怪物に姿を変えてしまったため、人間を生むことができなくなってしまったためという説があります。 ペガサスは、英雄ベレロフォンの愛馬とされています。 温和な表情に優美な姿の印象がありますが、実はとても気性が荒く、乗る人を選んだり、乗る人によって態度を変えてしまうそうです。 当初はゼウスの雷鳴と電光以外の物は決して運ばず、人間が乗ろうとすると拒絶して振り落とそうとして大暴れしていたそうです。 女神アテナが手綱を付けて、ようやく大人しくなり、人間の言うことを聞くようになったという伝説があります。 ユニコーンとは ユニコーンは、日本語では一角獣と呼ばれます。 こちらも伝説の生き物で、真っ白な馬です。 額に大きな角が生えているのが特徴です。 この角には蛇の毒などを消すことができる血清のような力があると言われています。 また、痙攣やてんかんなどの病気も治すことができる不思議な力を持っています。 ユニコーンはとてもどう猛な生き物で、人間に対して反抗的です。 象など自分より大きな生き物にも果敢に向かっていく勇敢な馬で、とても足が速く、シカなどにも勝てると言われています。 しかし、純潔な女性に対してのみ従順になることから、乙女の象徴ともされています。 ちなみにユニコーンという名前は英語で、ユニは「1つ」、コーンは「角」の意味があります。 スポンサードリンク ペガサスとユニコーンはどう違う? そんなペガサスとユニコーンの決定的な違いは、 ペガサスには羽があること、ユニコーンには角があることです。 いずれも真っ白な馬で、性格がどう猛という点では似ていますが、今後は角や羽の有無で判断することができますね。 まとめ 今回は、ペガサスとユニコーンの違いについて紹介いたしました。 いずれもファンタジー上の生き物ですが、実際に目で見てみたいものですね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

ユニコーン

ペガサス ユニコーン 違い

「ペガサス」とは? 「ペガサス」とは、空想上の動物で、ギリシャ神話で神ゼウスの使いとして、天候のうち、雷を司るとされていた存在です。 日本語では 「天馬」と表現され、見た目は背中に大きな翼が生えた白馬そのものです。 その姿から、色々な作品中に用いられるようになり、中には背に人を乗せるような描写や、額に一本の角が生えている姿で描かれることもあります。 元の神話から製作された彫刻とは異なるものの、今ではそのような姿の 「ペガサス」もよく見掛けます。 「ユニコーン」とは? 「ユニコーン」は、伝説上の動物とされており、こちらも実在していません。 姿形は、額に長い一本の角が生えた白馬を想像してください。 ヤギやヒツジの額に角が生えた姿で描かれることもありますが、白馬がベースになっている姿が日本では有名です。 「ペガサス」とは違い、羽は持っていない為、野を駆ける動物と扱われており、その角に神秘な力があるという設定で色々な物語に登場しています。 例えば、角を水に漬けるとその水が浄化されるといった設定が古くから見られます。 「ペガサス」と「ユニコーン」の違い 「ペガサス」と 「ユニコーン」の違いを、分かりやすく解説します。 「ペガサス」は、羽が生えている点が 「ユニコーン」との徹底的な違いです。 その 「ユニコーン」には、額に一本の角がありますが、これが 「ペガサス」にも描かれることがある為、これらが混同されることが少なくありません。 共に実在の動物ではない為、多少のアレンジが加えられることも多く、似たような姿となることもありますが、羽があれば 「ペガサス」の方だと考えていいでしょう。 まとめ 「ペガサス」と 「ユニコーン」は、このように違います。 「ペガサス」は、先のように 「天馬」、 「ユニコーン」は、 「一角獣」と表記されることも多いです。

次の