ショート ケーキ メイク。 【ベリーショート】に似合うメイクアイテムとメイク方法を徹底解説♡

ヘアアンドメイク スリール(Hair&make Sourire)|ホットペッパービューティー

ショート ケーキ メイク

出典: 次にアイブロウを描いていきます。 アイブロウは自眉を活かした少し太めのハンサム眉に仕上げていきます。 あくまでもカッコ可愛く仕上げたいので、釣り上げすぎたりしないよう注意してください。 まずは、眉尻側を濃い色のアイブロウパウダーやペンシルで描いていきます。 自眉毛を活かしたいので、毛流れを意識して上から下に向かって描いていきます。 次に眉頭~中間部分は下から上に向かってぼかしいれていきます。 眉頭がはっきりとし過ぎるとキリッとし過ぎるので、パウダーやペンシルで描いた後にブラシを使って、しっかりとぼかしてあげてください。 最後に眉マスカラを使って髪色に合わせてカラーリングをしてから、毛流れを整えるようにとかしてあげればアイブロウの完成です。 出典: アイメイクは全体的にナチュラルに仕上げていきたいので、目元の陰影を出すのをメインに、少しだけ遊び心のあるアイメイクにしていきます。 アイシャドウは目元の陰影を出したいだけなので、ブラウン系を使ってシンプルに仕上げていきます。 自然な陰影をつくるために、マット系のアイシャドウがオススメです。 アイホール全体に明るめのブラウンカラーを入れて、二重幅と下目尻3分の2程度に少し濃い目のブラウンを入れて陰影をつくっていきます。 あまり発色させすぎずに、陰影をつけていくように意識して入れていってください。 最後に涙袋メイクをしていきます。 このままだとボーイッシュすぎるので、可愛らしさをプラスするには涙袋メイクがピッタリです。 ラメやパールの入っているハイライトカラーをたっぷりとのせるために、チップや指にとって涙袋部分に入れていきます。 これだけでも華やかな涙袋になりますが、よりぷっくりと見せたい方はアイブロウペンシルやパウダーを使って、涙袋の影を描いてあげるのもオススメです。 アイラインは少し遊び心のあるちょい跳ね上げラインにしていきます。 垂れるのでも流すのでもなく跳ね上げラインにすることで、カッコ可愛い印象に仕上げていきます。 まつ毛の隙間やインラインを埋めてから目の際に細く引いていきます。 これで目元をくっきりと見せてから、跳ね上げラインを決めていきます。 きゅっとあげる跳ね上げラインではなく、目の流れにそって少し流してからチョンと跳ね上げていきます。 こうすることで、目幅を出しながら可愛い印象に仕上がるのでオススメです。 最後にマスカラをしていきます。 ビューラーをしっかりとしてから、ロングタイプのマスカラを塗っていきます。 綺麗にカールして伸びたまつ毛は女性らしい印象に仕上げることができるので、ボーイッシュメイクでも可愛らしい印象に仕上げたい時にはオススメです。 アイシャドウやアイラインがナチュラルな分、マスカラにダマや束があると悪目立ちするので、塗り終わったらコームやブラシを使ってしっかりととかしてあげてください。 リップがポイント!チークは自然に ボーイッシュメイクはアイメイクもチークもナチュラルな分、どんなメイクでも似合いやすくなっています。 なので、気分やなりたい印象によってカラーを使い分けていきましょう。 赤リップならば華やかな印象に仕上げることができます。 パーティや特別な日にオススメです。 ピンクならば可愛らしい印象に仕上げることができるので、普段使いやデートの時にオススメです。 オレンジ系を使えば元気で若々しい印象になります。 ベージュ系を使えばボーイッシュな印象に仕上げることができます。 自分の好みに合わせて色々使い分けてみてください。 ボーイッシュメイク完成! ボーイッシュなショートヘアメイクのまとめ これでボーイッシュメイクの完成です。 カッコ可愛いメイクになっているので、普段使いにはもちろんのこと、デートの時にもオススメのメイクになっています。 ショートヘアにしてメイクに悩んでいる方も、ロングだけどボーイッシュなメイクをしたい方もぜひ試してみてください!.

次の

【面長×ショート】で大人美人計画。似合うショートヘアを大特集

ショート ケーキ メイク

[Step2]ヘアオイルをなじませたあと、もみあげと耳後ろの後れ毛をやや多めに残し、手ぐしでひとつにまとめてゴムで結ぶ。 [Step3]後れ毛をコテで軽くミックス巻きに。 トップやハチ上の髪をつまみ出し、丸みのあるフォルムをつくる。 \Point/ 垢抜けて見えるひとつ結びは、計算されたおくれ毛やふんわりとした丸みのあるフォルムがカギ。 ベースにゆるめのカールを仕込むことで自然な立体感が生まれ、おしゃれな雰囲気に仕上がります。 [Step2]前髪の毛先から中間にかけてをアイロンで巻いてニュアンス出し。 [Step3]両手の指先には少量のハードめワックスを。 トップ部分に軽くもみ込んで立ち上がりをつくりながら、前髪を斜めに流しつつ動きをホールド。 アイロンで巻くのは表面の髪だけでOK。 [Step2]トップの髪も同様に後ろ方向に巻いてニュアンスづけを。 毛先を逃がすように軽く巻くのがコツ。 [Step3] サイドの髪を横へ引っ張りながら、後ろ方向に巻く。 耳まわりを流れる髪にやわらかなニュアンスをプラスして。 [Step4]少量のワックスを手のひらと指に薄くのばして、トップを根元から立ち上げるように大胆にもみ込む。 [Step5]こめかみより下の髪にニュアンス系ワックスをもみ込んで動きを出す。 毛先から軽く持ち上げるようになじませて。 [Step6]手ぐしで髪全体をひとまとめに。 トップは毛束をつまみ流すようにして束感と立体感をつくる。 [Step7]こめかみや耳前から細く毛束をつまみ出し、結び目に向かってすーっと流して立体感と抜け感をプラスする。 [Step8]仕上げに毛束をつまみながらキープスプレーを吹きかける。 [Step2]前髪とトップにマット系ワックスをなじませる。 [Step3]ドライヤーの熱で動きをフィックスさせる。 [Step4]手ぐしでまとめてループ状のお団子に。 [Step5]残した毛束を結び目に巻きつけてピンで固定。 完成! ニュアンスのある毛束感をつくるだけでグッとあか抜ける。 キープしていた髪をゴムで1回結び、2回目は途中まで通して輪っか状のだんごに。 [Step2]結び目を手でおさえてトップの髪を2か所ほどつまむ。 結び目をおさえつつ、5mm程度引き出すくらいにとどめて。 [Step3]1で残しておいたもみあげの毛にヘアバームで質感をプラス。 毛先に塗り込み、ウエットな束感にして完成。 [Step2]トップの髪を後ろ方向にしっかり巻く。 [Step3]サイドの髪も毛流れに沿って後ろ方向に巻く。 [Step4]前髪とトップにマット系ワックスをなじませる。 [Step5]前髪やトップを中心にキープスプレーを吹きかける。 完成! 前髪にニュアンスと繊細な束感があると表情が華やぐ。 ミディアムヘア|きちんと感のあるひとつ結びの簡単ヘアアレンジ \How to/ [Step1]前髪とトップの髪を後ろ方向に巻く。 [Step2]毛先だけを内巻きにしてくるんとカールさせる。 [Step3]前髪を手ぐしで分ける。 分け目は3cmくらいに。 [Step4]マット系ワックスで前髪を耳後ろでタイトにまとめる。 [Step5]前髪から細い毛束を出して抜けをつくる。 完成!質感とメリハリを仕込んだタイト結びで凜とおしゃれに昇華。 [Step2]両サイドの耳のうしろ辺りの髪をつまんで、後れ毛のようなイメージで少し出す。 [Step3]毛束と少量とり、ゴムが見えないように巻きつけ、ピンで留めて固定する。 [Step4]ゴムを隠した髪をつまみながらほぐして、無造作感を出す。 [Step5]2で出した後れ毛部分にオイルでツヤと束感をプラス。 残ったオイルは髪全体になじませて。 完成!こうすることで、無造作感にきちんと感と女っぽさが加わる。 ロングヘア|タイトすぎないお団子の簡単ヘアアレンジ \How to/ [Step1]全体をコテで軽く巻き、後ろ髪を3つに分ける。 上2つはクリップで固定しておくと楽ちん。 [Step2]一番下の束をひとつに結び、くるりんぱをする。 [Step3]真ん中の束も、2と同じようにひとつに結び、くるりんぱをする。 [Step4]結び目のサイドを指でつまみながら少しほぐす。 [Step5]一番上の束と2、3をまとめてひとつに結ぶ。 [Step6]ポニーをねじりながら結び目に巻きつけ、ピンで留める。 [Step7]完成! \Point/ タイトでストイックな印象のふつうにお団子も、こんな風に何度かくるりんぱを重ねることで、ニュアンスと抜け感のあるお団子に仕上がります。 ロングヘア|ナナメくるりんぱの簡単ヘアアレンジ \How to/ [Step1]全体をコテで軽く巻き、ひとつに結ぶ。 [Step2]センターではなく、耳から5cmあたりの斜めの位置に分け目をつくる。 [Step3]この斜めの分け目を使ってくるりんぱをする。 Point:くるりんぱをするときに、毛先はセンターに向かって出す。 (この場合、右斜めに分け目を作りくるりんぱをしたので、毛先は左下に向ける) [Step4]トップとサイドの毛束をつまみながら少しずつ引き出し、形を整える。 [Step2]首の付け根で結び、毛先を平らにしながら外巻きに。 髪全体を首の付け根位置でひとつ結びに。 サイドの髪は耳にかけず、半分くらい耳が隠れるようにして結ぶとクラシカルな印象に。 毛束を両手の親指・人さし指で平らにしながら外巻きにする。 [Step3]2の毛束は、平らにしながら結び目に向かってなるべくきつく巻く。 毛束が落ちてこないように両サイドから大きめのアメピンで留めて。 その後ヘアアクセをだんごのトップに差し込む。 [Step4]トップの毛を引き出しながらスプレーを一周全体に吹きかける。 髪の表面にニュアンスを出して完成。 アップスタイル|親しみやすい低めお団子の簡単ヘアアレンジ \How to/ [Step1]髪の表面を36mmのコテでミックス巻きにして、全体にスタイリング剤をなじませる。 [Step2]後頭部の低い位置にゴムでひとつにまとめてお団子に。 [Step3]結んだ毛束の毛先をラフにゴムに巻きつけ、バレッタで留める。 [Step4]仕上げにトップやハチ上の毛束をつまみ出し、ニュアンスを加えて。 \Point/ おくれ毛をたらした旬の低めおだんごヘア。 ラフなのに疲れて見えないポイントは、ベースの巻き髪&うるおいのある質感に。 ふんわりと仕上げた前髪が女性らしさを引き上げてくれる。 アップスタイル|ゴム1本でつくるモテ系まとめ髪の簡単ヘアアレンジ \How to/ [Step1]髪を後頭部付近で、手ぐしでざっくりとまとめます。 ゴムで留める前に、トップの部分をある程度引き出すようにしておきます。 [Step2]輪にしたヘアゴムを使い、髪の束に2回通す。 [Step3]3回目はヘアゴムを全部通さずに、毛先を長めに残しながら毛束をお団子にする。 [Step4]お団子部分を指先で髪を少量ずつ、つまむようにしながらほぐします。 [Step5]お団子部分に残った毛束を時計回りにぐるっと巻き付ける。 [Step6]お団子部分を留めているゴムに、巻き付けた毛先をちょこっとはさんで留める。 [Step7]サイド、トップの髪を指で引き出してラフな感じに崩して完成。 \Point/ しっかりと止まるように、ゴムは太めのものを選んで。 お団子部分を余った毛でくるむので、太めのゴムを使ってもゴムは隠れます。 結構思い切ってほぐすのがコツ。 [Step2]表面の髪をフワッと仕上げる分、もみあげと襟足はしっかりスタイリング剤をなじませてコンパクトなフォルムにセット。 [Step3]エアリー感をキープしたセミウェットな質感で女らしさをプラス。 \Point/ マニッシュなショートボブはランダムな動きを加えて女性らしいやわらかな雰囲気をつくるのも素敵。 セミウェットな質感のスタイリングが今っぽくておしゃれ。

次の

黒髪ショートヘアに似合うメイク12選|長さ別メイクや大人っぽいメイク法も

ショート ケーキ メイク

アイライナー:クリーミータッチライナー 03(CANMAKE/キャンメイク) まつげの間を埋めるので、ペンシルタイプがおすすめ。 ヒロインメイクは繊維も入っているので長く見せてくれます。 マスカラ:パーフェクト エクステンション マスカラ カール(DUP/ディーアップ) マスカラも下地同様カールキープ、もしくはロング効果のあるものがおすすめ。 DUPのマスカラは繊細でダマっぽく見えないのできれいに仕上がりやすいです。 目元用ハイライト(涙袋用):シークレット ブラーリング パウダー フォー アンダー アイズ(Laura Mercier/ローラメルシエ) プラスワンアイテムで、涙袋をより際立たせる目元用ハイライトがあるとより仕上がりもレベルアップ! 上:ベージュ系カラーでナチュラルな掘りを仕込む 下:ブラウンでグラデを作ってしっかり陰陽をつける 【アイシャドウのやり方】 1. 薄いベージュを上下まぶた全体に入れます 2. コーラルっぽいベージュを上まぶたの1より少し狭い範囲に入れ、下まぶたは目尻から3分の2の範囲に細く入れます 3. 締め色ブラウンを二重幅より少し狭い範囲に入れ、下まぶたは目尻側のキワにだけ入れます 4. 中間色のコーラルベージュを使って境目をきれいにぼかします 2. ラメシャドウでくすみを防止する マットなアイシャドウで陰陽をしっかりつくった後は、ラメシャドウを入れてくすみを払拭!全体に入れると派手になってしまうため、上まぶたは中央へ縦に入れ、下まぶたは目のキワに目頭側から目の中央くらいまで入れましょう。

次の