念のため 類語。 大事をとって 言葉の意味と使い方を例文をあわせて解説

「敬服」の意味とは?目上への使い方と類語「感服」との違いを解説

念のため 類語

ビジネスでは、さまざまな言葉を使用します。 中には、日常生活ではあまり使わない言葉や、日常的な会話で使用する場合とは異なる使い方をする言い回しなども、存在します。 ビジネスにおけるやり取りでは、さまざまな言葉を正確かつ丁寧に使用する必要があり、誤った使い方をすると、相手に失礼な印象を与える危険性があるため、注意しなければなりません。 「念のため」という言葉もまた、ビジネスシーンで使用する上で、正しく使えるようにしておきたい言葉の1つと言えるでしょう。 「念のため」という言葉は、日常会話でも頻繁に使われる言葉ですが、ビジネスシーンで使用する場合は、どのような意味や使い方で用いられるのか、確認しておきたいところです。 そこで今回は、「念のため」という言葉をテーマにして、ビジネスシーンにおける意味や使い方、敬語表現や例文などを考察・ご紹介していきます。 ビジネスにおける「念のため」の意味・使い方 早速、「念のため」とはどのような意味・ニュアンスを含んでいる言葉なのか、基本的な意味について考察していきます。 また、特にビジネスではどのような使い方をするのか、ビジネスシーンにおける使い方についても考えていきます。 「念のため」という言葉は、比較的身近な言葉の1つですが、正確な意味や使い方について、意外と曖昧なままの理解で片付けてしまっている方も、いるかもしれません。 この機会にぜひ、「念のため」の意味やビジネスシーンでの使い方について、復習してみることをおすすめします。 「念のため」の意味 まずは、「念のため」という言葉に含まれている意味について、確認していきましょう。 今回、「念のため」という言葉の意味について考察していく上で、「goo辞書」に掲載されている「念のため」についての解説を引用し、参考にしていきます。 以下の引用から、「念のため」という言葉には、「よりいっそう確実にするため」「さらに注意するため」といった意味が含まれていることが読み取れます。 特に、確認などを繰り返す際などに使われることが多いと言われており、「一応」などの言葉とも置き替えて使えると予想できます。 いっそう注意するため。 確認のため。 ビジネスにおける「念のため」の使い方 続いて、ビジネスシーンにおける「念のため」の使い方について考えていきます。 上記でもご紹介したとおり、「念のため」とは、「一応」などと同じようなニュアンスを含んでおり、よりいっそう確実にするための行為や、さらに注意するための言動に対して使用される言葉だと予想できます。 一般的に、ビジネスにおいては、確定した事実や確実な内容について、やり取りをするのが好ましいとされています。 そのため、「かもしれない」「とりあえず」「一応」といったニュアンスの、曖昧な事実や不確定な事実などは、確定してから話題に取り挙げるのが常識だとされています。 しかし、期限やシチュエーションなどの都合上、不確かな事実や確実でない話題に関しても、取り上げなくてはならないケースもあります。 そのような場合に、よりかしこまった表現である「念のため」という言葉が、使われることが多いと言われています。 上記では、ビジネスシーンにおける「念のため」の使い方について考察しました。 しかし、ビジネスシーンにおけるやり取りは、敬語で交わすのが一般的だとされています。 そのため、「念のため」という言葉をビジネスシーンにおけるやり取りで使用したい場合、どのような表現で使用すれば良いのか、頭を悩ませる方も少なくないでしょう。 結論から申し上げると、「念のため」という言葉は、「一応」「多分」などをビジネスシーン向けに言い換えた言葉であるという見解も存在しており、そのままでもビジネスシーンで使用できる言葉だと考えられます。 しかし、「念のため」の前後に使用する言葉については、敬語表現に言い換える必要があります。 例えば、「確認する」という言葉であれば、「念のため確認します」ではなく、「念のため確認いたします」などと言い換えた方が、より丁寧な印象を与えられるでしょう。 「念のため」の類語・言い換え表現 ここまで、「念のため」という言葉の基本的な意味や使い方について、考察・ご紹介してきました。 しかし、実践的な使い方については、いまいち理解できないという方も、いらっしゃるかもしれません。 そこで続いては、「念のため」を使用した言い回しや例文をご紹介していきます。 例文を通して、「念のため」の実践的な使い方や使いどころなどについて、考えてみて下さい。 例文【1】:念のための確認 「念のため」という言葉を使用した言い回しの1つとして、「念のための確認」という言い回しが挙げられます。 「念のための確認」という言い回しは、「念のため」という言葉を使用した言い回しの中でも、特にメジャーな言い回しだと言えるでしょう。 「念のための確認」というフレーズは、指示や注文の内容を繰り返し確認したい場合や、情報などについて詳細や、より深い内容まで尋ねる際などに、使用される言い回しだと考えられます。 具体的な使い方としては、以下の例文のような使い方や言い回しができるでしょう。 ・念のため、もう1度ご確認いたします。 ・念のため、ご確認頂きますよう、よろしくお願いいたします。 ・念のため、ただ今のご指示の内容を復唱し、確認いたします。 例文【2】:念のためご報告まで 「念のため」という言葉を使用したフレーズの中では、「念のためご報告まで」という言い回しもまた、比較的頻繁に使用されるフレーズの1つだと言えるでしょう。 「ご報告まで」というフレーズは、「取り急ぎご報告まで」という言い回しで使用されることも多く、「とりあえず報告だけでも」といったニュアンスを含んでいます。 「念のためご報告まで」の使い方としては、以下の例文のような使い方ができると考えられます。 ・会議の時間が変更となりましたので、念のためご報告まで。 ・プロジェクトの内容に変更がございましたので、念のためご報告まで。 ・取り引き先のA社からご連絡を頂きましたので、念のためご報告まで。 例文【3】:念のためお知らせします 上記でご紹介した、「念のためご報告まで」という言い回しと同様に、上司などに何らかの情報を一応伝えておく場合に使用できる言い回しとして、「念のためお知らせします」という言い回しが挙げられます。 相手との関係性などによっては、「お知らせします」の部分を「お知らせいたします」などへ言い換えると、より丁寧な表現になるでしょう。 「念のためお知らせします」の使用例として、以下の例文も参考にしてみて下さい。 ・会議の場所が変更になったことを、念のためお知らせします。 ・先程、〇様からお電話があったことを、念のためお知らせします。 ・契約について、クライアントから質問がありましたら、念のためお知らせいたします。 「念のため」と「一応」の使い方の違い 「念のため」の類語として「一応」という表現が挙げられます。 「一応」という言葉は、曖昧な物事などを説明する際に使用され、日常会話でも多くの人が使っている、馴染み深い言葉の1つだと言えるでしょう。 そんな「一応」と、今回のテーマである「念のため」という言葉では、意味や使い方にどのような違いがあるのか、気になるところです。 そこで続いては、「念のため」と「一応」の意味や使い方の違いについて考察していきます。 「一応」の意味 2つの言葉の違いについて比較する場合は、それぞれの言葉の意味や使い方を理解した上で、比較することが重要です。 まずは、「一応」という言葉の意味について、確認していきましょう。 「一応」という言葉の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「一応」には複数の意味があることが読み取れます。 「1回」「1度行く」といった意味のほか、副詞としては「十分ではないものの」「大略」「念のため」といった意味があるとされています。 「念のため」の類語としては、後者の副詞としての意味や使い方が当てはまると言えそうです。 [名] 1 一度。 2 一度行くこと。 [副] 1 十分ではないが、ひととおり。 2 ほぼそのとおりと思われるが、念のために。 「念のため」と「一応」の違い 上記でご紹介した意味を踏まえて、「念のため」と「一応」の意味や使い方の違いについて、考察していきます。 結論から言うと、「念のため」と「一応」は、それぞれ同じような意味を持つ言葉だと言えます。 2つの言葉は、類語や同義語といった関係だと言えるでしょう。 しかし、ニュアンスとしては、「一応」という言葉は、話し言葉であると認識している方も多いと言われています。 そのため、「念のため」よりも、砕けた言い方やフランクな表現として考えている方も、少なくないとされています。 上記のような背景から、「念のため」の方がかたい表現であるとされており、「一応」よりも「念のため」の方が、ビジネスシーンに向いている言葉であると言えます。 丁寧さの度合いや、使用に適している場面の違いが、2つの言葉の違いだと言えるでしょう。 ビジネスでは「一応」を「念のため」に言い換える 上記でもご紹介したとおり、「念のため」と「一応」は、意味が似ている言葉だとされています。 しかし、丁寧さとしては「念のため」の方が上だとされており、「一応」は話し言葉や砕けた表現だと考える人もいらっしゃると言われています。 ビジネスシーンにおいては、敬語でのコミュニケーションが必須とされています。 相手との関係にもよりますが、話し言葉によるやり取りなどは、基本的には失礼なものと見なされます。 そのため、「一応」などの表現も、使用しない方が好ましいとされています。 「念のため」という表現は、「一応」や「とりあえず」などよりは、かしこまった表現であると認識されています。 そのため、ビジネスシーンにおいても使用できる表現だと言われています。 ですから、「一応」などは、ビジネスシーンでは「念のため」に言い換えて使用した方が良いと考えられます。 「念のため」はビジネスでも使える便利な言葉.

次の

「慚愧」の意味と使い方、例文、類語、「慚愧の念」「慚愧に堪えない」とは?

念のため 類語

「念のため」の意味と漢字 「念のため」の意味は「確認のため」「万が一に備えて」 「念のため」は ・ いっそう注意して確かめるため[ 曖昧表現] ・ 不足の事態や万が一に備えて[ 念押し] の2つの意味があります。 ですので、 「為」と漢字にせずに「念のため」と表記するのが正しいです。 「念のため」の語源は、漢文調の古い言葉「為念(ねんのため)」 漢文調の古い言葉に「為念」という言葉があります。 これも「ねんのため」と読み、意味は「念のため」「念の為」と同じです。 漢文調の文章などでしばしば見られます。 時々、インターネット上の文章でもスラングや隠語のように使われますが、一般的にはあまり使われていません。 「念のため」の敬語 「念のため」は敬語ではないが、ビジネスシーンで目上に対して使える 「念のため」は敬語ではありませんが、目上の相手に使うことができます。 ただ、「念のため」に続く文章を敬語にする必要があります。 例文 ・念のためもう一度確認してもよろしいですか。 ・明日の会議の資料ですが、念のため再送しておきます。 「念のためですが」とすると丁寧語になる 「念のためですが」は丁寧語になります。 目上の人に使う場合、より丁寧な表現になります。 また「念のため〜ですが」と使うこともできます。 例文 ・念のためですが、もう一度確認いたします。 ・念のため報告ですが、明日の取引先との打ち合わせは13時から15時に変更となりました。 「念のため」の使用上の注意点 「念のため」はビジネスで不適切な「一応」「とりあえず」の代わりに使う 「一応」の意味は「ひととおり」「ひとまず」「とりあえず」、「とりあえず」の意味は「まず」「今のところ」「さしあたって」です。 ただ、この2つはビジネスシーンには適していません。 特に目上の人に対して「一応」や「とりあえず」ですることはありません。 「一応ご連絡します」とは使わずに「念のためご連絡します」と使いましょう。 「念のため」は口語で使い、ビジネス文書では使わない 「念のため」は主に口語で使います。 改まったビジネス文書やビジネスメールで使用するのは避けましょう。 「念のため」には2つの意味があるので、誤解を与えないようにする 「念のため」には曖昧表現の「一応〜やってみます」と、「念押ししてやっておく」の2つの意味があります。 そのため、「念押ししてもう一度しっかりと確認するため」と言った意味で「念のため」と使っても、相手に「一応やってみる」といった意味で伝わってしまうと、仕事を「とりあえず」やっていると誤解されてしまうことがあります。 「念のため」の多用は悪い印象を与える可能性も 相手に対して「念のため」を多用すると、相手を信用していない印象を与える可能性があります。 たとえば相手に対して「念のためもう一度確認します」と言った場合「念のために確認されなくてもちゃんとやっているよ」と思われてしまうことがあります。 自分自身が忘れていないか入念に確認する場合で使い、相手に対して多用しないよう注意しましょう。 社内連絡や報告をするときは、「念のため」がよく使われます。 特にビジネスメール内で、 業務の進捗状況や取引先との話し合いで出た事柄について、連絡もしくは報告するときに使います。 「とりあえずご報告まで」「取り急ぎご報告まで」の代わりに、「念のためご報告まで」とします。 必ず伝えなければいけない事柄ではないけれど、上司の耳に入れておきたい内容を伝えるときにも用います。 例文 ・先日、お客様からいただいたクレーム内容を、念のためお知らせいたします。 ・A社からご連絡をいただきましたので、念のためお知らせいたします。 ・プロジェクトの内容に変更がありますので、念のためご連絡いたします。 「念のため確認させてください」「念のため確認ですが」 「念のためご確認〜」といった場合は、自分以外の人にも確認をしておいて貰う場合や、一度確認したことを繰り返し確認する際に使用します。 また、送ったメールや書類が相手に届いているかなど、相手からの報告がない場合に確認をするときにも用います。 「念のため」を用いることで、「確認しなくても良いことですが」と相手が報告していないことを指摘しているわけではないと伝えることができます。 例文 ・念のために、添付資料の受け取り確認のご連絡をいただけるでしょうか。 ・念のために私の電話番号を教えておきます。 ・忘れている方もいると思いますので、念のためもう一度言います。 ・その商品に不備がないか、念のためチェックしていただけますか。 ・もうご存知かもしれませんが、念のためにもう一度確認いたします。 「念のため再送します」 送ったメールなどに相手から返事がなかった場合に 「念のため」を用いて、相手に返信や対応の催促をすることもできます。 直接的に催促するのではなく、メールの誤解や不調があった可能性を考慮して「念のために再送します」といったように使われます。 ・来月の会議の日程はお送りした通りでよろしいでしょうか。 念のため再送します。 ・企画書はご覧いただいたでしょうか。 念のために再送いたしますので、ご意見をお聞かせください。 「念のためお休みさせていただきます」 体調不良の治りかけや、風の引き始めの時にで「念のためお休みさせていただきます」を使います。 相手にうつしてしまう可能性がある場合や、悪化してしまう可能性がある場合に用いられています。 例文 ・咳が止まらないため、念のためお休みさせていただきます。 ・体調はだいぶ良くなったのですが、熱が下がりきらないので念のため今日もお休みさせていただきます。 「万一のため」「万が一に備えて」「念押しして」 「万一のため」意味は「何か重大な事態のために備えるさま」です。 万一とは、「万の中に一つくらいめったにないこと」といった意味で「何かあったときのために」といったニュアンスで使われています。 例文 ・万一のためにコピーをとっておく。 ・万一のためにもう一度だけ教えてください。 「万が一に備えて」の意味は「不測の事態に備えて準備しておくさま」です。 「万が一」と「万一」は同じ意味となります。 例文 ・万が一に備えて、多めに資料は用意しておきましょう。 ・万が一に備えて、もうひとつ案を考えておいた。 「念押しして」の意味は「年を押すこと、注意して確かめること」です。 「念を押す」とも使います。 例文 ・提出し忘れないように念押ししてください。 ・しっかりやるようにもう一度彼に念を押した。

次の

「敬服」の意味とは?目上への使い方と類語「感服」との違いを解説

念のため 類語

日常生活で確認のために使われる「念のため」という言葉。 ビジネスシーンに於いても会話やメールで使うことが多々ありますが、この「念のため」という言葉は、果たして敬語なのでしょうか。 もっと丁寧な言い方はないでしょうか。 よく使う機会が多い言葉だからこそ「念のため」の意味や言い換えに使える類語や例文についてなど気になることがたくさんありますよね。 そこで、今回は 『念のためのビジネス敬語としての使い方や意味について』及び 『念のためを言い換えるための類語や丁寧な言い方について』さらに、 『念のためを使った例文』についてご紹介いたします。 「念のため」の英語表現やビジネスシーンで使える英語の例文も紹介していますので、是非ご参考ください。 Topics• 「念のため」の意味とビジネス敬語としての使い方 「念のため」は、「ねんのため」と読み、「万が一に備えて確認のため」という意味合いで使用されます。 「念」には「注意」という意味があります。 「ため」は形式名詞という名詞で意味はありません。 漢字で書くと「為」となりますが、形式名詞はひらがなで記載する、という文法に於いての約束事がありますので、「ため」と書きます。 「念のため」と似ている言葉に「一応」「とりあえず」という言葉があります。 この2つの言葉との違いは、ビジネス敬語として使えるか否か、という点にあります。 「念のため」ご報告します。 「一応」ご報告します。 「とりあえず」ご報告します。 ここに例文を並べてみましたが、「一応」や「とりあえず」を使用した場合、とても曖昧で不安定な表現になることが伝わりますでしょうか。 「念のため」は万が一のことを考えて確認しておきたい、という意味合いがありますが、「一応」や「とりあえず」に変えると、しなくてもいいかもしれないけれど報告をします、という意味合いになり、「心配」や「誠意」の気持ちが欠けています。 また、ビジネスシーンでは、曖昧な物言いを嫌います。 不確定の事項を口に出すと誤解につながるからです。 以上のことから、「一応」及び「とりあえず」はビジネス向きではありません。 「念のため」は前述したとおり、「万が一に備えて確認のため」という意味がありますから、ビジネスシーンでは報告や連絡、念押しや催促等に非常に有効に使える言葉です。 この言葉を添えるだけで、優しい印象になります。 例えば、「〇〇の書類に不備がないかお確かめください。 」と言った場合と、「〇〇の書類に不備がないか、念のためお確かめください。 」と言った場合では、後者の方が優しい印象を受けます。 それはどうしてかと言いますと、「念のため」を付けることによって、「あなたのことは信頼していますが、より確実にしたい」という意味が付加され、こちらの立場を一つ下げた言い方になるからです。 【スポンサードリンク】 「念のため」は丁寧な言い方なのか 「念のため」という言葉自体は敬語ではありません。 しかし、前述したとおり、こちらの立場を下げた言い方になりますので、十分丁寧な言い方と言えるでしょう。 上司や目上の方に使用しても失礼にはなりません。 確認したいことや連絡事項、報告があった場合は、「念のためお伝えしたいのですが、」等の言い回しで使用してみましょう。 また、取引先の方に依頼したことについて確認したい場合も、「~について念のためご確認いただけますでしょうか。 」といった形で使用できます。 「念のため」と同じ意味の言葉にもうひとつ、「為念」という言葉があります。 これも読み方は「ねんのため」です。 漢文調の言い回しで、意味は「念のため」と同じなのですが、こちらは一般的でないため、使わない方がベターです。 「念のため」の類語 念のための類語には、以下のようなものがあります。 大事をとって 「大事をとって」には、「物事を軽々しくみずに」「物事を深刻に捉えて」「余裕をもたせるため」という意味があります。 「大事をとって、仕事を休ませていただきます」という言い方をしますが、これは「病気を他の人にうつすかもしれないので、それを深刻に捉えて、休ませていただきます。 」といった意味になりますよね。 気になるのは、「大事をとって」がビジネスシーンで使える言葉かどうかですが、結論から言いますと、使えますが、使えるシーンが限定されています。 「大事をとって」が使えるシーンは、お休みをいただく時くらいのようです。 その他の場合は、「念のために」を使った方がよいでしょう。 万が一のため 「万が一のため」は、「もし~が起こってしまった時のための予防として」という意味があります。 「念のため」と比べて起こる確率が低いことを予防するための言い方です。 「念のため、ご連絡先をお聞かせ願えますか」• 「万が一のため、ご連絡先をお聞かせ願えますか」 2つの例文を比べると、後者の方が実際に連絡をする可能性が低い場合の言い回しとなります。 「念のため」を使った例文 「念のため」を使ったビジネスシーンでの例文をいくつかご紹介いたします。 参加者の人数を、念のため確認をさせていただきます。 ご存じのことと思いますが、念のためご連絡させていただきました。 会議の時間について、念のためお知らせいたします。 ~の件について、念のためご報告させていただきます。 念のためお電話番号をお聞かせ願えますでしょうか。 前回の会議で使用した資料を念のため共有させていただきます。 報告や連絡、確認の際によく使われる言葉ということがわかりますね。 「念のため」の英語表現 「念のため」の英語表現は以下になります。 just in case• just to be sure• just to make sure• Just to be safe• Just for the record 次にビジネスで使える英語の例文をいくつかご紹介いたします。 I attached the file just to make sure. 念のためファイルを添付いたしました。• 念のため明日は9時30分に集合しましょう。• Please tell me your phone number just in case. 念のため電話番号を教えてください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「念のため」の使い方を学ぶとともに、普段何気なく使っている「一応」や「とりあえず」という言葉の不安定さについてご理解いただけたと思います。 また、「念のため」のように、厳密には敬語ではないけれど、ビジネスシーンで使用することができる、丁寧な言い回しは他にもありますので、視野を広く持ち、たくさんの言葉を使いこなせるビジネスマンになりましょう。

次の