たけのこ あく 抜き。 タケノコのあく抜きは重曹を使って時間を短縮!

これからが旬の“たけのこ”。上手に「あく抜き」して美味しくいただきましょう

たけのこ あく 抜き

たけのこは、たわしできれいに 泥を落として洗います。 外側に皮を2-3枚はがします。 根元のぼつぼつも削ります。 穂先の部分を斜めに切ります。 たけのこの中が十分火が通るように 縦に1センチくらい切り込みを入れます。 茹でます• 大きな鍋に皮をつけたまま お米をとぎ汁の最初の濃いところを 鍋に入れてたけのこを入れて沸騰させます。 ぼこぼこと白い泡が出てくると 思いますが、 それが灰汁になります。 時々この灰汁を取り除いてください。 茹で汁が減ってきたら、足します。 落し蓋をして、たけのこが浮いてこないように して、静かに1時間くらい茹でます。 竹串がスッと入るようになったら 火を止めてそのまま冷まします。 そのまま置いておくことでも たけのこのあく抜きが、さらに進みます。 1-2時間ほどしたら、洗い流します。 皮をむいて、水に浸したまま 冷蔵庫で保存します。 無洗米を使っているので、とぎ汁はないという場合は そのまま 無洗米の米を入れて(大さじ2くらい) たけのこと一緒に煮ても、米のとぎ汁と同じような 効果があります。 米ぬかには、えぐみの成分を抑える効果があります。 また、 唐辛子は、日持ちをよくるするための 抗菌効果もあり、たけのこのえぐみを 辛みで隠したりぬか臭さをとります。 その他のやり方 たけのこのあく抜きの簡単な方法では 水から茹でるだけの方法もあります。

次の

「たけのこのあく抜き」米ぬかなしであくを抜く方法

たけのこ あく 抜き

・あくが抜けない ・固い 固い場合は、 もう少し茹でれば大丈夫です。 あくが抜けない= えぐみ が抜けていない この『えぐみ』とは? 食べたときにのどに残る 何ともいえないしびれのようなもの。 これを 取り除かない限り、料理では使えません。 『これって失敗?』 と思ってしまうのが、 多分このあたりかと思いますが、 ですが、むしろこれが普通。 ここからが、 たけのこ処理の勝負所なのであります。 そうすることで、 竹の子のアクがぬけやすくなります。 逆にやらないと、 アクは抜けにくいです。 米ぬかで茹でた茹で汁ごと 、 そのまま一日置きます。 急いで使いたいときでも、 冷めるまでは、放置したいです。 こうして、 下処理された、たけのこを使うときですが、 アクがまだ抜けていない時は、 どうすれば良いのでしょうか? まずは、 水にさらします。 これで、 大抵のタケノコのアクは抜けます。 ですが、 美味しいたけのこを食べたいのであるなら、 茹でる作業をなるべく、少なくしたいものです。 少ない下処理で済ませるには、 より新鮮なたけのこを選ぶことです。 スポンサードリンク たけのこの鮮度を見極めるポイント たけのこの先端ではない、 太い部分の周りにある、 ブツブツの色が薄いモノが新鮮な証。 時間が経つほど、 色が赤らんできます。 最近では、 こんな方法もあるようです。 関連ページ スポンサードリンク.

次の

たけのこのあく抜きに失敗!えぐみの取り方とどうしてもえぐい場合の食べ方をご提案

たけのこ あく 抜き

たけのこのあく抜きって、なんだか難しいイメージがありますよね。 特に季節の食べ物だと、年に数回しかやらないものなので忘れてしまいがちです…。 私も毎年あく抜きや下処理方法を検索しています。 笑 たけのこのあく抜きの方法には、生米を使うものがあります。 調べてみると、意外と簡単でした!無洗米も使えますよ! 今回は、生米を使うたけのこのあく抜き方法や、保存方法をご紹介します。 たけのこのあく抜き方法!無洗米も使える? たけのこのアク抜き方法は米ぬかや重曹を使う方が多いでしょう。 もしも、米ぬかや重曹がない時にはお米のとぎ汁を使った方法もありますね。 ぬかや重曹がない時にはとても便利ですよね~! それでは、生米を使ったあく抜き方法をご紹介します。 1、たけのこの皮を2~3枚むく。 2、先を斜めに数センチ切り落とし、真ん中に切れ目を入れる。 3、鍋にたけのこが隠れるくらいにお水、生米、鷹の爪を入れる。 (生米はたけのこの500グラムに対して大さじ3、鷹の爪は2~3本) 4、沸騰するまで強火、その後は弱火で1時間ほど茹でる。 5、竹串が入るようになったら、火を止める。 6、そのまま半日(一晩)放置し、その後皮を向く。 また、圧力鍋で茹でることによって、15分くらいで茹で上がります。 ただし、放置するのは変わらないので、取りださないようにしましょう。 たけのこは、時間が経てば経つほどえぐみが強くなり固くなります。 できるだけ早くあく抜きをして下さいね。 なぜ皮を付けたままゆでるの? たけのこのアクを抜くときは皮を付けたままゆでるけど、なぜなのでしょうか? たけのこの皮にはアクを抜く成分が含まれているから。 また、皮には亜硫酸塩が含まれていいて、柔らかく白くゆで上げる作用があるからです。 この状態で冷蔵庫に保存すると、だいたい 4~5日は大丈夫です。 また、冷凍保存する際もゆで汁ごと保存してください。 長期保存する場合は、密封できる保存瓶を用意してください。 たけのこはをビンにきっちりつめ、ビンいっぱいまで水を入れます。 鍋に水を入れ、30分ビンを沸騰させます。 (これを2回) 逆さに自然冷却させ、冷めたらOKです。 2回沸騰させることで、殺菌効果があるのでおすすめです。。 そして、日の当たらない涼しい場所で保存し、開封しなければ1年ほど持ちます。 沢山保存したい場合は、瓶を用意しておくと良さそうです。 生米であれば、いつでも家にあるものなので、あく抜きもしやすいでしょう。 たけのこのあく抜きは、基本的に放置するだけなので簡単でしたね。 また、保存する場合はゆで汁ごと保存してください。 そうすることで、たけのこの美味しさが保ちますし、更にあく抜きにもなります。 沢山保存したい場合は、密封できるビンを用意してくださいね。 たけのこの保存以外にも使えるので、あって困らないものだと思います。 たけのこを美味しく食べるためにも、しっかりとあく抜きをしましょう!.

次の