郵便 土曜日 配達。 2020年祝日等における郵便物等の集配業務(配達されない通配休配日)

2020年祝日等における郵便物等の集配業務(配達されない通配休配日)

郵便 土曜日 配達

スポンサードリンク 土曜日に投函したら配達はいつ? 郵便局の営業日は月曜から金曜日まで。 土曜日に行くと、閉まっています。 それでは土曜日に投函した手紙はいつ相手に届くのでしょうか? 実は、 土曜日も回収、配達作業は行っています。 回収時間に関しては、ポストの横の部分に書いてありますので、 そちらを見てみるとわかります。 配達作業は 日曜日、祝日以外は、毎日配達しています。 つまり、 土曜日に投函したものが配達されるのは月曜日以降になります。 もし月曜日が祝日だった場合は、火曜日以降ということですね。 土曜日に投函したものはその日に回収されます。 回収時間は午後5時までとなっています。 5時以降に投函したものは翌日扱いとなります。 (これは地域によって異なりますので、ご確認くださいね) 郵便で土曜日に速達を投函する 実は土曜日に投函して翌日の日曜日に配達してもらう方法があります。 それは 「速達」です。 実は速達は窓口だけではなく、 ポストからでも投函することが出来ます。 通常郵便のはがきや封筒の表面の右上部に赤い線を引いてください。 そしてわかりやすく「速達」と表記し、 速達代分の切手を貼って投函すれば大丈夫です。 速達は平日だけじゃなく、 日曜日も配達されるのです。 逆に言えば、日曜日は速達しか配達されないということですね。 ゆうゆう窓口が営業している土曜日の時間は? 郵便局には 「ゆうゆう窓口」というのがあります。 ゆうゆう窓口はなんと、 24時間営業!しかも土日祝関係なし! すごくないですか? ゆうゆう窓口では普通の郵便局同様に切手の販売や、 郵便物、荷物の引受を行っています。 ただ、こちらではがきや郵便物を出すことは出来ますが、翌日の日曜に とどけるためには、 やはり速達にするしかありません。 まとめ 土曜日でも日曜日でもポストからの回収は行われています。 ですが、普通郵便の場合は翌週の月曜日以降となりますので、 早く日曜日にでも届けたい場合は速達を使いましょう。 そして、土曜日の最後の回収前にはポストに出しておく必要があります。

次の

郵便の土曜配達廃止を了承 総務省有識者委 :日本経済新聞

郵便 土曜日 配達

速達郵便は例外。 平日とは月~金曜日のことを指し、もちろん定形外郵便の配達はすべて実施される。 土曜日もまた配達日であり、平日と同じように届けられる。 日曜日と祝日はお休み。 普通郵便は完全に休業日ということで、配達は行われない。 例外となる条件は「速達便」。 なお、定形外郵便と類似する輸送商品「レターパック(プラス・ライト)」は土日祝でも配達される。 速達郵便と同じだ。 参照: 土曜日は平日と同じように配達 日本郵便の配達に関しては、普通郵便の配達日は月曜日から土曜日までと法律で定められている。 正確に言うと、事業には総務省の認可が必要となっている。 定形外郵便も郵便法で定められた「郵便物」であり、ゆうパックなどの宅配便とは別物である。 ヤマト運輸や佐川急便のサービスとも全く異なる。 国で定めている法定休日とは日曜日と祝日のことを指す。 今でこそは完全週休二日制が根付いていて、土曜日も休みとしている学校や職場が多いが、法律ではあくまでも土曜日は平日と同じ扱いになっている。 このため、普通郵便の配達も土曜日は実施されている。 よって、定形外郵便も土曜日の配達が行われている。 日曜日と祝日は配達不可 日曜日と祝日は「休日」ということで、郵便法で定められた普通郵便の配達は行われていない。 したがって、最低料金が120円である定形外郵便も配達は不可となっている。 ハガキや定形郵便と同じように、切手が貼ってある郵便物として扱われる。 したがって、木曜日や金曜日に定形外郵便の発送を行うと、宛先に届くのは週明けの月曜日もしくは火曜日になると考えてよい。 基本的に日曜日の時点で配達担当の郵便局に到着していれば、翌営業日である月曜日の午前中か午後には届け先へ配達されるはず。 しかし、配送量が多い時期だと翌日にあたる火曜日に持ち越される可能性が出てくる。 特に年末の12月や年度末である3月になると、このように所要日数から遅れる可能性が出てくる。 それでも、「普通郵便」の定形外郵便が日曜日や祝日に配達されるということはない。 日曜日・祝日でも配達される条件=速達郵便 ただし、これには例外がある。 あくまでも平日と土曜日だけの配達というのは普通郵便に限られる。 安い値段で送れるサービスということで、届けられる日が限られている。 日曜日・祝日でも配達される条件があり、それが「速達郵便」である。 定形外郵便でも、速達料金を支払えば優先的に最短日数で宛先へ届けられる。 >>速達の場合 曜日 定形外郵便の配達の可否 詳細 月~金 可 速達郵便の配達日は年中無休 曜日はまったく関係ない 土 可 日・祝 可 速達郵便には曜日の違いは関係ない。 月・火・水・木・金・土・日のいつでも年中無休で配達が行われている。 金曜日に発送した場合、速達だと翌日配達可能エリアだと土曜日に、翌々日配達可能エリアでは日曜日に早速届けられる。 速達郵便は付加価値のついたサービスとなっている。 普通郵便よりもスピードを優先した郵便輸送手段となっている。 このような点が、土日祝に関係なく1年間365日無休で配達が実施されている理由と考えられる。 速達料金は重量で違う ところで、定形外郵便というくくりでは同じでも速達料金は重量によって値段が違う。 以下が定形外郵便の速達料金の表である。 速達料金の違いはあくまでも重量の大きさによる違いだけである。

次の

郵便の土曜配達廃止を了承 総務省有識者委 :日本経済新聞

郵便 土曜日 配達

速達 書留 配達時間帯指定郵便 配達日指定郵便 電子郵便(レタックス) レターパックプラス レターパックライト ゆうパケット ゆうパック 代金引換 これら以外の、 普通はがきや手紙などは、日曜・祝日には配達していません。 銀行の口座開設をした時の書類や、新しい保険証なんかは、簡易書留で日曜日に配達されてきたりしますね。 他にも、ネットショップで買い物したときとか、メルカリやヤフオクなどのネットオークションで落札したときなんかも、土曜日、日曜日、祝日に郵便物の配達ってあるのかなって気になる方もいらっしゃるのでは? ネット通販やネットオークションでは、ゆうパックやレターパック、代金引換で発送されるってことも多いですけど、それらは日曜日や祝日の配達もやってくれています。 ここに載っていない 『ゆうメール』ですと、アマゾンなど大口事業者からの発送の、追跡番号付きのものだけが日曜日や祝日でも配達してくれます。 それ以外の通常発送のゆうメールですと、日曜祝日の配達はありません。 ポストの集荷って土日祝日もやってるの? 次に、郵便物を出す場合について見てみましょう。 まず、 郵便ポストの集荷ですが、これは土日祝日関係なく毎日やってくれています。 ただし、日曜日の集荷は、平日や土曜日よりも回数が少ないポストが多いですね。 ゴールデンウィークやお盆期間中のポストの集荷も通常通りです。 ゴールデンウィークやお盆期間も、その日が祝日や日曜日だったら、ポストに貼ってある集荷時間の『休日』のところに書いてある時間に集荷されます。 平日だったら、ポストの集荷時間の『平日』のところ、土曜日だったら『土曜』のところに書いてある通りですね。 ただし、 年末年始はいつもとは集荷時間が異なる場合があります。 年末年始は年賀はがきを出す人が多いですから、ポストが満杯になってしまうおそれがあるということで、休日・祝日でも平日と同じ時間に集荷をしているところもあるそうですよ。 集荷された郵便物は、土日祝日に関係なく、消印を押したり、郵便局間を輸送したりという業務をしてくれています。 ただし、前の章で紹介しましたように、日曜祝日は手紙やはがきの配達はお休みで、配達されるのは速達などの一部のサービスだけです。 ポストに投函して郵便物を出す場合、週末に投函したら届くのはいつなんだろうっていうのも気になるところですよね。 金曜日にポストに投函した場合、その日の集荷が終わってしまっていても、翌日の土曜日に集荷してくれます。 そして、郵便局で仕分けされて、日曜日までには宛先の郵便局までの輸送が終わるケースが多いようです。 1章で紹介しましたように、速達や書留など以外は日曜日には配達されませんから、普通はがきなどの郵便物は、月曜日に配達されるという事になります。 土曜日に投函した場合も、集荷は土日もやっていますから、午前中のうちに投函すれば、その日のうちに集荷・輸送されます。 配達は、速達やレターパック等以外は日曜日にはしてくれませんから、早くても月曜日の到着ということになりますね。 (日曜日でも配達してくれるサービスは、1章を参照してください) 配達予定日が日曜日や祝日と重なってしまう場合、普通郵便ですと配達してくれないという点は、注意が必要なこともありますね。 例えば、お届日数が翌日となっていても、次の日が日曜日だったら、実際に宛先に届くのは、早くても月曜日になってしまいます。 どうしても明日までに届けたい郵便物があるのでしたら、その分余計な料金がかかりますが、 速達や書留、ゆうパック、配達日指定郵便を利用するしかないでしょう。 速達、書留、配達日指定郵便といったオプションを付けると、通常の料金に加え、数十円~数百円の追加料金がかかってしまいますが、仕方ないですね。 ちなみに、配達日指定郵便ですと、指定日が平日の場合、31円の追加料金なのですが、指定日が日曜・祝日の場合は、210円の追加料金になってしまいます。 やっぱり、本来配達のない日曜日だと割高になってしまうんですね。 最新情報は日本郵政のサイトなどで確認してください) スポンサードリンク 郵便物を急ぎで出したいけど窓口も集荷も終わってるという時には このサービスが便利! 急ぎの郵便物を出したいけど、ポストの集荷時間は終わっているし、郵便局の営業時間も終了しちゃっている・・・とか、 平日は仕事が忙しくて郵便局に行けないけど、大事な書類を郵便で送りたい! でも近くの郵便局は土日に開いてない、どうしよう? ・・・っていうことありませんか? そんな時に知っておくと助かる郵便局のサービスがあるので紹介しますね。 それは、 『ゆうゆう窓口』です。 一部の大きい郵便局にある窓口なのですが、ゆうゆう窓口なら、午後5時以降の、通常の窓口が営業を終了している時間帯でも、郵便物を出したり受け取ったりができますよ。 各都道府県に数えるほどしかなかったりしますが、中には24時間営業のゆうゆう窓口もあります。 平日土日祝日も関係ありませんから、深夜や早朝、平日以外に郵便物を出したいのにどうしよう? という時に助かります。 メルカリやヤフオクをやっていると、休日に発送できるというのは便利ですよね。 普通の手紙やハガキだけではなく、もちろん特定記録もゆうパックも出すことができますよ。 ゆうゆう窓口では、次のサービスを扱っています。 切手の購入 郵便物の発送(速達や書留も扱ってくれます) ゆうパックの発送 郵便物の受け取り(不在時預かりの郵便物や保管郵便物の受け取りです) 内容証明 ゆうゆう窓口の設置されている郵便局は限られますが、どこにあるのかは、日本郵政のサイトで調べることができます。 急ぎで郵便物を出したいけど、もう近所の郵便局はやってない! とか、平日だと郵便局に行けない! という時には、ぜひお近くの『ゆうゆう窓口』を利用してみてください。 ちなみに、ゆうゆう窓口には局員が常駐しているわけではありません。 窓口近くに置いてあるボタンを押して局員さんを呼ばないといけない場合もあります。 もし、都合のいい時間帯に営業しているゆうゆう窓口がお近くにないのでしたら、コンビニを利用するか、ポストに投函するという方法もあります。 コンビニでしたら、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、ローソンストア100からゆうパックを出すことができますよ。 定形外郵便、定形郵便、ゆうパケット、レターパック、クリックポストでしたら、ポストへの投函もできます。 可能であれば、そちらの方法も選択肢に入れてみてください。

次の