滝沢 市 給付 金。 滝沢市中小企業者経営支援給付金について

滝沢市 特別定額給付金について

滝沢 市 給付 金

新型コロナウイルスの緊急経済対策で、1人10万円が支給される特別定額給付金は、すでに9割以上配り終えた自治体がある一方、なかなか支給が進まないところも。 自治体によって大きな差が出始めている。 10万円の給付金について既に受け取ったかどうかを街で聞いてみた。 名古屋市名東区の女性: まだ全然、申請書も来てないです。 税金を払っているので、いざという時には本当に恩恵を受けたいなというのが実情です 名古屋市千種区の男性: 何やってるんだか知らないけど、相当遅れてますね 名古屋市千種区の夫婦: うちの息子のところがね、日進市ですけど、あそこはもう来てるんですよ。 千種区は来てない。 (日進市は)貰ったって言いました、息子はね 僅か「2. 5%」!? 名古屋市の支給が遅い理由… 6月11日に名古屋市民に聞いたところ、10組中9組がまだ申請書すら届いていないと答えた。 実は、名古屋市が11日までに給付金を支給できたのは、約113万5千世帯のうち2万8000世帯あまり。 僅か2. 5%だ。 名古屋市内のビルの一室にある、給付金の入金処理をする臨時の事務所。 ひっきりなしに電話がかかってくる。 電話を受けた女性: 郵送の申請書につきましては、まだ一部の世帯にしか届いていないという状況でして…。 大変お時間をいただいておりまして、申し訳ございません 多くは申請書類がいつ届くのかという問い合わせ。 中には厳しい叱責も… 名古屋市区政課の担当者: 当然のお怒りかなと思うんですけれども、私どもがいつまでにあなた様の元に届きますということを、具体的になかなかお伝え出来ない 名古屋市で給付がなかなか進まない理由は…? 名古屋市区政課の担当者: 給付ですとか申請書の作成ですとか、そういったところのシステムを構築していました。 5月の初めからシステムを構築しまして、約3週間程度、時間を要したというところでございます 約113万5000世帯と対象が多いこともあり、業者に委託していたシステム開発に時間がかかったのが大きな原因だという。 申請書類が発送できるようになったのは5月25日からで、6月12日には約半数、6月19日にはほぼ全ての世帯に届くとのこと。 申請してから2~3週間で支給できるという。 職員がシステム開発「大府市」。 職員総出の人海戦術「津市」 一方、独自の取り組みで給付を早めた自治体もある。 大府市総務課の担当者: こちらが既に審査を終えて振り込みが終了している方々の申請書のファイルです。 9割くらいの方々の給付、振り込みが終わっている状況です 11日までに87. その訳は…。 大府市総務課の担当者: システムを外に委託するのではなくて、職員が開発することで、迅速に事務を進めることができました 名古屋市では業者に委託し、約3週間かかったというシステム開発。 それを市の職員がひとりで手がけたという。 開発したのは、新美清和係長。 いったいどんなシステムを? 大府市情報システム係の新美係長: バーコードを読み取ると、ここに数字が入るので、その数字をもとに世帯主の情報が表示されます ポイントは申請書についたこの「バーコード」。 住基ネットと連動していて、読み取るだけで申請者の情報が簡単に探し出すことができる。 氏名を打ち込む手間が省け、ミスもない。 「自前」ゆえ、システム改修が手軽にできるのも早い給付につながった。 こうした努力に、市民から感謝のメッセージが寄せられている。 県庁所在地ながら給付率が90パーセントを超えている三重県津市。 その理由は「人海戦術」だ。 津市市民部の担当者: 本部の人間12人プラス、その日の到達状況によって20人までの範囲内で、その日必要な人数に助けに来ていただいている。 最大時は218名の体制で とにかく「スピード」にこだわり、ゴールデンウイーク返上で作業にあたった。 多い時期には200人を超えた職員の中には…。 津市市民部の奥田担当理事: 給食を中止していた時もありまして、給食調理員さん、それからボートレース事業部の方も停止していましたので、ボートレースの事業部の警備員さんとかのお手伝いもありました 新型コロナで仕事ができなくなった職員たちを総動員、まさに「オール津」で対応。 支給の進み具合に大きな開きが出ている特別定額給付金。 自治体の、緊急事態への柔軟な対応力が試されている。 (東海テレビ).

次の

滝沢市 滝沢市中小企業者経営支援給付金

滝沢 市 給付 金

滝沢市中小企業者経営支援給付金について この事業は、新型コロナウイルス感染症の影響により売上が減少し、事業継続のために緊急に資金を必要とする中小企業者に対して給付金を支給するものです。 この事業は 142KB; PDFファイル に基づき、実施されます。 申請にあたっては、下記事項を確認のうえ、申請をお願いします。 645KB; PDFファイル 313KB; PDFファイル 給付額 1事業者10万円 対象者 次のいずれにも該当する方 (1)申請日時点で滝沢市商工会員であること。 (2)新型コロナウイルスの影響によって売上が減少した中小企業者(中小企業基本法に規定する中小企業者、小規模企業者または個人事業主)のうち、裏面の「1.申請条件」を満たしている者。 (3)令和2年8月までの間に、国の持続化給付金の給付要件を満たさないこと。 ・事業開始から 1年に満たない場合、令和2年4月から6月のいずれかひと月の売上が、令和2年1月から3月までの売上平均月額よりも減少していること。 ・令和2年1月1日までに滝沢市に本店を有する法人を設立し、申請日までに法人登記を完了していること。 ・令和2年1月1日までに市内で事業を開始し、申請日までに開業届が受理されていること。 ・令和2年1月1日から申請日までの間、滝沢市内で事業継続していること。 (途中で本店移転や転出をして戻ってきた場合は不可) ・令和2年1月1日から申請日までの間、滝沢市内で事業継続していること。 (途中で本店移転や転出をして戻ってきた場合は不可) ・法人市民税を申告していること。 (法人市民税が減免されている法人も含む。 ) ・事業収入が主たる収入で、 2019年度の確定申告書 B表第一表の収入金額のうち、「営業 ア 」に記された額が、他の収入と合算した総額の2分の1以上であること。 加えて、令和2年4月から6月のいずれかひと月に対応する前年度の売上が 10万円を超えること。 ・今後1年以上、事業を営む意思があること。 ・今後1年以上、事業を営む意思があること。

次の

特別定額給付金室/倉敷市

滝沢 市 給付 金

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に留意しつつ、家計への支援を行うため、特別定額給付金給付事業を行います。 更新情報 給付状況を更新しました(6月26日) 郵送で申請された人への給付が5月28日から始まりました オンライン申請された人への給付が5月21日から始まりました 現在の給付状況等について(6月26日現在) 対象世帯:46,414件 申請件数:43,356件 給付状況 支給日 世帯数 申請に対する給付割合(累計) 6月26日まで給付済 23,366世帯 53. 9% 6月29日給付予定 1,639世帯 57. 7% 7月2日給付予定 2,637世帯 63. 8% 7月6日給付予定 2,960世帯 70. 6% 合計 30,602世帯 70. 6% 5月25日から29日に到着した申請書が大変多く、受け付けた順番に開封、入力作業を行っています。 申請を受け付けてから1か月前後での支給を予定しておりますので、今しばらくお待ちください。 給付が決定しましたら、支給決定通知書をハガキでお送りします。 特別定額給付金の概要 特別定額給付金は次のとおり給付されます。 対象者:伊勢原市の住民基本台帳に記録されている方• 基準日:令和2年4月27日(基準日に出生した場合も対象になります)• 給付額:給付対象者1人につき10万円• 受給権者:給付対象者の属する世帯の世帯主• 振込先:世帯主名義の口座(ご本人の同意の上、代理人の方の口座を指定することも可能です)• 申請期間(オンライン申請):令和2年5月1日(金曜日)~令和2年8月24日(月曜日)• 申請期間(郵送申請):令和2年5月25日 月曜日 ~令和2年8月24日 月曜日 お問い合わせについて 現在大変多くの問い合わせをいただいております。 よくある質問につきましては、次のページに掲載してありますのでご覧ください。 伊勢原市特別定額給付金専用ダイヤル 5月25日 月曜日 に伊勢原市特別定額給付金専用ダイヤルを開設します。 電話番号:0570-027-576 受付時間:午前9時から午後5時(平日のみ) 申請方法 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、人と人との接触を最低限にするため、オンライン及び郵送での申請を基本とします。 ご理解とご協力をお願いします。 給付金は、指定口座に振り込みます。 併せて支給決定通知書を郵送でお送りします。 支給については、申請を受け付けてから1か月前後を予定しています。 オンライン申請(マイナンバーカード所持者が利用可能) マイナンバーカードをお持ちの方は、内閣府の管理する「マイナポータル」で、5月1日から特別定額給付金の申請ができます。 給付申請される方は、対応スマートフォンなどの読取りに必要な機器をご用意のうえ、へアクセスし、画面の指示に従ってオンライン申請してください。 読取り対応機種については、マイナポータルサイトの「」ページでご確認ください。 対応機種やカードリーダーをお持ちでない方は、郵送申請をご利用ください。 オンライン申請を行った場合でも、郵送の申請書は届く場合がありますが、郵送申請の必要はありません。 なお、オンライン申請に関する市役所での窓口相談は行っていません。 オンライン申請で受付を行った人につきましては、不備がなければ5月21日(木曜日)から口座振込を順次行います。 郵送での申請 5月20日から順次世帯主宛に申請書を発送しています。 お手元に届きましたら必要書類を返送用封筒でお送りください。 6月になっても申請書が届かないようでしたら、特別定額給付金担当までご連絡をお願いいたします。 申請にあたり、必要書類は次のとおりです。 申請書• 本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証、保険証等)• 通帳やキャッシュカードの写し(金融機関名、口座番号、口座名義人のわかるもの) 通常の申請の場合、次の申請書見本の赤枠部分に記入してください。 郵送での申請で受付を行った人につきましては、不備がなければ5月28日(木曜日)から口座振込を順次行います。 窓口での申請 銀行口座をお持ちでない場合や、申請書の書き方が分からない場合など、やむを得ない場合に限り、窓口における申請受付を行います。 受付場所:伊勢原市民文化会館小ホール 受付日:令和2年5月25日 月曜日 ~5月29日 金曜日 まで 受付時間:午前9時から午後4時30分まで 6月以降も窓口での受付は行いますので、受付場所については特別定額給付金担当までお問い合わせください。 なお、現金の給付については、後日送付する支給決定通知書でお知らせします。 申請書の送付先を変更する場合 申請書は世帯主の住所に送付されますが、入院や施設入所、出張等の理由で住民登録地から離れてお住まいの場合、届出によって送付先を変更することができます。 「特別定額給付金申請書送付依頼届」を郵送で担当までお送りください。 必要な書類は次のとおりです。 特別定額給付金申請書送付依頼届• 本人確認書類の写し(代理人の場合は世帯主と代理人両名のものが必要です)• 現在の居所がわかる書類の写し(郵送物、光熱水費の領収書の写し等) 提出先:〒259-1188 伊勢原市田中348番地 伊勢原市役所特別定額給付金担当 配偶者からの暴力を理由に避難している方へ 配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方の内、1~3のいずれかに該当する方は、 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。 配偶者暴力防止法に基づく「 保護命令」を受けていること。 婦人相談所から「 配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の「 確認書」が発行されていること。 令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「 支援措置」の対象となっていること。 お手続き方法 今お住まいの市区町村の特別定額給付金担当窓口へ「申出書」を提出してください。 「申出書」は、お住まいの市区町村窓口のほか、婦人相談所などで入手できます。 下記からダウンロードもできます。 「申出書」には次の内いずれかの書類の写しを添付してください。 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書• 保護命令決定書の謄本又は正本 書類の提出先 〒259-1188 伊勢原市田中348番地 伊勢原市役所特別定額給付金担当 伊勢原市に住民票を置いたまま、他の市区町村にお住まいの方は、現在お住まいの市区町村の特別定額給付金担当へ申出書を送付してください。 申出書提出期間 令和2年4月24日から令和2年4月30日 令和2年4月30日を過ぎて申出をする場合、世帯主への支給停止処理が間に合わず、世帯主に支給される可能性がありますが、申出者に対しても支給を行います。 申出書の様式 伊勢原市に申出書を提出する方は、こちらの様式をご利用いただけます。 「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」及び「DV被害申出確認書」の発行につきましては、現在お住まいの市区町村の相談窓口にご相談ください。 令和2年4月28日以降に今お住まいの市区町村に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている方は、その旨を申出書に記載すれば確認がとれるため、添付書類は必要ありません。 その他• 「申出書」に基づき、住民票がある市区町村へ連絡しますが、「申出書」に記入された、今お住まいの住所等の情報は知らせません。 特別定額給付金の申請手続きは、申出手続きとは別に行う必要があります。 後日、「申出書」に記載された居住住所に特別定額給付金の申請書を送付いたしますので、そちらも必ずご提出ください。 給付金を装った詐欺にご注意ください 特別定額給付金につきましては、4月25日時点において、申請手続きを含め、給付手続は始まっておりません。 現時点で、伊勢原市や総務省から世帯構成や生年月日、銀行の口座番号等を、電話や郵便、メールでお問い合わせすることはありませんので、伊勢原市や総務省をかたった不審なメール等にご注意ください。 特別定額給付金コールセンター 総務省は、特別定額給付金に関する皆様からの問い合わせに対応するため、コールセンターを設置していますので、不明な点はご相談ください。 連絡先:0120-260020 応対時間:9時から18時30分.

次の