女子中学生いじめ。 葛飾の中学生いじめ動画がネットで拡散!いじめの主犯は?顔画像や名前も判明!女の子は無事か?

小学生 女子のいじめ!原因は?いじめられる子の特徴は?

女子中学生いじめ

学校でいじめられる人の特徴・原因 学校でいじめられる人の特徴や原因には、大きく分けて• 見た目• 立場 の4つに分類されます。 これらをそれぞれ1つずつ今から詳しく解説してきます。 性格 学校でいじめられる人の性格としては主に下記のようなものが挙げられます。 気が弱い• 大人しい• 空気が読めない• 周りに合わせられない いじめをする人は基本的に 反撃されない人を選んでいます。 いじめっ子は徒党を組んでいきがることが多いですが、逆に言えば1人じゃないと行動できない弱い人だとも言えます。 そのため反撃されることを人一倍恐れています。 なので気が弱かったり大人しい人は いじめをしても反撃しそうにないためいじめのターゲットになりやすいです。 逆にどれだけいじめられやすい特徴を持っていてもやられたらやり返すタイプの人間は、最初はいじめのターゲットにされるかもしれませんが「こいつは反撃する」という認識が広まれば、 反撃されることを恐れて徐々にいじめられることは無くなるもの。 また中学生や高校生の間は たとえそれが正しいことでも周りとは違う行動をしていると悪と見なされる傾向にあります。 つまり学校では皆がしていることが正しい、といった風潮があるわけですね。 そのため• 空気が読めない• 周りに合わせられない といったように協調性のない人は周囲から浮きがちで悪者扱いされやすく、更には目立ちやすいためいじめられやすいです。 見た目 学校でいじめられる人の見た目としては、主に下記のようなものが挙げられます。 服装が汚い• 背が低い• 太っている• 身体が小さい• 顔のパーツ関係 鼻が大きい、顔が整ってないなど まず不潔な人や服装が汚い人は学校だけでなく、大学や職場など どこでも嫌われてしまいます。 ただ大人になるとあまり他人に干渉しなくなったり、精神的に成長するので嫌われるだけでいじめられるきっかけにはなりにくいのですが、 これが中学生や高校生となると話は別です。 中学生・高校生はまだ精神的に未熟なため、このように嫌われる原因を持っているとそれがきっかけでいじめの対象にされることも少なくありません。 嫌われる原因=いじめられる原因ということですね。 そして• 背が低い• 太っている• 顔のパーツ関係 といったものは、これは悪いことではなくそれぞれの個性なのですが、こちらも精神的に未熟な中学生・高校生となると 周囲とは違う・劣っている=いじめるきっかけという認識になってしまいます。 【関連】 能力 学校でいじめられる人の能力的な特徴は下記のようなものが挙げられます。 勉強ができない• スポーツができない• コミュニケーションがうまく取れない 人は根本的に他人を見下したい、見下して優越感に浸りたいという思いが誰しもあります。 最近ではこういったことを マウントをとる、マウンティングなどと言われています。 ただ多くの人はそういった思いを表に出さず、他人に嫌な思いをさせないように上手にその感情と付き合っています。 しかしいじめっ子はそうはいきません。 いじめっ子は自分を満たすために他人にマウントをとりたがる傾向があるため、勉強やスポーツなど自分が出来て他人が出来ないものがあるとこれみよがしに見下そうとするもの。 そのため勉強やスポーツなどがうまくいかないと、それがきっかけで 見下される対象=いじめられる対象となりがちです。 また能力的に自分よりも劣っている人は=自分よりも弱いという認識になり、 「こいつならいじめてもいい」 「いじめても反撃してこないだろう」 と上でも書いたように反撃されない人と見なされがちというのもいじめられやすい原因といえます。 立場 学校でいじめられる人の特徴として立場的なものも関係してきます。 目立つ• 他の人とは違う境遇 といった感じですね。 目立つとはこれまで挙げたように• 周囲が出来ることが出来ない• 周囲と違う行動をとる・空気が読めない といったようにいわゆる浮くというのもありますが、それとは違って• 周囲よりも得意なものがある• 人気者• 異性にモテる といったのも目立つ要因となります。 このように良くも悪くも目立つ人はその分いじめっ子に目をつけられやすい傾向にあるため、いじめられやすいです。 また先ほど挙げた• 周囲よりも得意なものがある• 人気者• 異性にモテる などプラスな要素で目立っていると 「調子に乗ってる」 「あいつに負けたのが悔しい」 「何で自分よりもあいつが…」 といったように 嫉妬されることがあり、それが原因でいじめられるということも少なくありません。 よく可愛い女の子や美人はいじめられやすいと言いますが、それはこういった嫉妬が原因になっています。 そして 他の人とは違う境遇もいじめられる原因となることもあります。 例えば• 転校してきた• 日本人ではない、もしくは日本人以外の血が混ざっている• 家が貧乏、もしくは逆にお金持ち• 家族が有名人 などですね これらは全て本人ではどうしようもないことですが、他の人とは違う境遇というだけで目立ちますのでこれらも時にしていじめられる原因となることがあります。 家族が有名人、家がお金持ちは嫉妬も含まれるため、より目をつけられやすいです。 【関連】 まとめ というわけで今回紹介した学校でいじめられる人の特徴をまとめると 性格• 気が弱い• 大人しい• 空気が読めない• 周りに合わせられない 見た目• 服装が汚い• 背が低い• 太っている• 身体が小さい• 顔のパーツ関係 鼻が大きい、顔が整ってないなど 能力• 勉強ができない• スポーツができない• コミュニケーションがうまく取れない 立場• 目立つ• 他の人とは違う境遇 といった感じですね。 こう見るといじめられる特徴や理由は多いですし、「そんなものでいじめられるの?」なんて思ってしまうでしょう。 しかし中学生・高校生はとにかく精神的に未熟なため、些細な事でもいじめられるきっかけとなってしまうもの。 ただ 自分の言動を意識するだけでいじめられる可能性をぐっと下げることは出来ます。 そのため今回紹介したものを参考に自身の言動を見つめ直すと良いでしょう。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

学校でいじめられる人の特徴や原因16選!中学生・高校生必見!

女子中学生いじめ

男の友情と女の友情は違う。 …コレ、世代を超えてささやかれている説ですよね。 異性の友情は経験できないものですのでなんとも言えませんが、 経験上、女子の友情は少々複雑なもののような気がします。 実際、 「友情があるが故に相手を傷つけたくなる」という、 ちょっとひねくれた攻撃性が女子にはあるようです。 テキサス州立大学ダラス校の マリオン・K. アンダーウッド博士らが行った研究によれば、 仲間達から拒否されがちで、孤独や鬱、不安を訴える傾向が強い女子は、 友達に対して攻撃的な行動をとりやすい傾向にあるのだそうです。 そんな風に友達に攻撃性を向けてしまうのは、 男子に比べて女子のほうが、 「友情」にこだわる傾向があるから。 友達が自分をどう思っているのか、 自分はそのグループでどういう位置づけなのか、 女子は友達の目を気にしてしまいます。 自分の価値観をどこかに置き忘れて、 友達グループの価値観に振り回されている女子が多い印象ですね。 リーダーのお気に入りは彼女の取り巻きとなり、 気に入らない子を仲間に入れずにしたり、わざと聞こえるように悪口を言ったり。 その根本にあるのは、 「グループ意識」。 女子は、小学生の頃からグループで行動したがる傾向があり、 同じグループの子はいつも一緒。 持ち物もお揃いだったり、トイレに行くタイミングも一緒だったりします。 そして、このグループからはじかれてしまったが最後、 その子は一人になってしまうことが多いのです。 その子がいないかのように振る舞う。 特に、「存在を否定する」というのが特徴的ですね。 女子のいじめは、この自己肯定感を徹底的に踏みつぶしてしまうのです。 女子のいじめにはどう対処するべき? 既にご紹介した通り、女子のいじめは集団で行われることが多いのが特徴的。 リーダー格がターゲットの悪口を言い始めると、 周りの女子たちも同調して悪口を言い始め、 それがどんどん広がっていきます。 不思議なもので、自分としてはターゲットに対して 何の感情も持っていなかったとしても、 そのような連鎖反応が起こると、 その子の嫌な部分が目につくようになってきたり…。 あくまでも心理的な連鎖反応ですので、 「本当にいじめのターゲットに何か問題があるのか?」といえば 決してそうではないケースのほうが圧倒的に多いのですが。 そもそも、いじめられて泣いたり、萎縮したりすると、 その反応自体がいじめ加害者を興奮させます。 人が弱っているのを見ると、面白いのです。 ですから、被害者側が、 何をされても・言われてもへこたれない、動じないようになれば、 物足りなさを感じて「な〜んだ、つまんない」と思うでしょう。 いきなりキレてハサミを振り回すとか 笑 、大声でわめいて殴りかかるとか そのくらい極端な反応をすれば、相手はビビってもういじめてきません。

次の

中国女いじめ脱がし動画

女子中学生いじめ

サインとしては食欲がなくなる、元気がなくなる、朝、起きられないなどもあるが大抵は心の悲鳴に体が追いついたとき、すなわち、体が学校に行くことを拒否したときにようやく親は気付くことができるくらいで、親には「青天の霹靂」感が漂う(我慢に我慢を重ねる子どもたちも多いので、その「堤防決壊」の瞬間が自死という最悪のケースもある)。 ここで親は焦りまくり、しばしばパニックに陥り、事態を余計悪化させる事例も散見される。 ここでは、その「とてもじゃないが容認できない事態」が起こったときの親の対応策を論じてみたい。 【親の正しい対応策1:子どもの安全地帯を確保する】 何より優先させるべきことがこれだ。 わが子を詰問することよりも先にこれをやらなければならない。 これには、ふたつのやるべきポイントがある。 まずひとつめが「体の居場所」を確保すること。 わが子に安全なところにいる権利があるということを伝えることだ。 家庭内でも良いし、保健室でも良いし、習い事の空間でも良いし、とにかく安心安全だと本人が思える居場所を確保することが先決になる。 これを「逃げ」だと言う人がよく出るが、これはある意味、戦争なのだ。 形勢不利な場合、一時撤退はセオリー。 安全を確保した上で戦術を練り直すのは当然である。 難関中高一貫校に子どもを行かせている親がよく「せっかく入ったのに、被害者が学校を休まないといけないのか!」と怒るが、事態は急を要する。 大体「ここにしかない幸せ」は大した幸せではない。 捨てる、逃げる、上等である。 次に「こころの居場所」の確保だ。 早急かつ速やかにわが子の自尊心のチャージをしなければならないのだ。 それには親はわが子と「今日が今生の日」という思いで向き合う必要がある。 まず、わが子を褒めよう。 加害者ではなく被害者であってくれたということを褒める。 我慢をしてきたことを褒める。 親にカミングアウトした勇気を褒める(これは親が思う以上にすごい勇気である)。 同時に、SOSを出すことは誰にとっても恥ではなく、必要なことだと伝え、親としては子どもからのSOSは信頼の証で嬉しい旨を表明しよう。 そして、わが子に「君は何も悪くない」と伝えることも大切だ。 さらにわが子に「誇りに思わせてくれてありがとう」と言えたならば完璧だ。 あなたの子どもがイジメる側ではなかったという事実はあなたの子育てが間違っていなかったという証拠だからだ。 まずは親もここで自分の家庭に自信を持とう。

次の