ステ振り。 ステ振り!

アヴァベルオンラインのステータスの振り分け方「ステ振り」についての紹介

ステ振り

スキルは攻撃系のものが多く、優秀だけどリスクのあるスキルもあったり…。 「 自分が倒れる前に相手を倒せばいいじゃない!」という、 ハイリスク・ハイリターンの趣きがあるわけです。 どちらかといえば短期戦やソロプレイ向きの考え方ですね^^ では、ステ振りを見ていきます。 グラディエーターのステ振り グラディエーターは「どのスキルを中心に使うか」でステ振りが変わってきます。 「 ピラーブレイド仕様」「 バーサーク仕様」「 ソードテンペスト仕様」の3種類です。 どれを選ぶにしてもCRTとSTRは重視! 後はVIT、AGI、DEXを使いたいスキルの特徴に合わせて調整します。 CRT、STRはなるべくカンストさせるとして、残りの調整を詳しく見ていきましょう。 バーサーク仕様 VITを重視します。 火力とMP消費の激しさに難点があります。 他の二つに比べて低レベルで実現しやすいので、この道を通過する可能性は高いです。 sponsored links [ad co-1] ピラーブレイド仕様 CRTよりSTRを重視し、VITの他にDEXも上げます。 火力の高さを確保しつつ、強敵の攻撃にも最低限耐えられるようにするためと、 スキルディレイの軽減が狙い。 DEXに振る分、最大HPがやや低下します。 あと、スキルディレイを考慮したプレイを心がけましょう。 ソードテンペスト仕様 VITとAGIを上げますが、 AGIのほうを重視します。 高い回避とMP消費が低いことが魅力。 ただし、必要となるレベルは高いこと、 カウンターなど一部のスキル使用に向かなくなります。 ちょっと関連?レベル上げの味栗仕様 AGI、CRTに極振りするレベル上げ用のステ振りですが、 そのまま育てて問題ないのはソードテンペスト仕様にしたい場合です。 バーサークやピラーブレイドを目指すなら、 Lv150〜200あたりでAGIからVIT重視に切り替えましょう。 まとめ いかがでしたか?とにかくCRTとSTRは外せません。 VIT、AGI、DEXをどう振り分けるかがグラディエーターのステ振りのポイントです。 スキルと絡めて考えていきたいところですね。 ご覧いただきありがとうございます。

次の

【仁王2】最強候補「刀」のおすすめステ振りや武技・スキルなど│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ステ振り

「能力は『ステ振り』で決まる」 わたしはそう思っています。 「ステ振り」って? 「ステ振り」とはゲーム用語で、「ステータスにポイントを振り分ける」の略です。 ロールプレイングゲームや軍事シミュレーションゲームでは、キャラやユニットのレベルが上がるとポイントがもらえ、それを「攻撃力」や「回避力」などの能力値に振り分け、ステータスを成長させていくという育成システムがあり、振り分ける行為を「ステ振り」と呼びます。 コミュ力がある人は、一定のポイントを「コミュニケーション能力」に振り分けた結果。 英語を使いこなせる人は「英語」に一定のポイントを振り分けた結果。 という感じです。 (「人よりずば抜けている」レベルまで行くには「向き不向き」や「才能」という変数と、振り分けるための膨大なポイントが必要になるとは思っています。 ) ポイントは必ず何かしらの能力値に振り分けられる たまに「何でこんなこともできないのか」と言う人がいますが、「ステ振り」理論を基に考えていると、そんな発言をすることはありません。 なぜなら、 ポイントは必ず何かしらの能力値に振り分けられているからです。 例えば、簿記の仕訳ができない人がいるとします。 その人が簿記の仕訳をできない理由は、これまでポイントを他の能力値に振り分けてきたから。 ただそれだけです。 簿記の仕訳能力が必要なら、今からポイントを振り分けていけばよいだけです。 能力に優劣はない 能力というと経済的、社会的に利益を生み出す力のように思われるかも知れませんが、文学に詳しいことだって立派な能力です。 簿記の仕訳能力は「簿記の仕事をしている状況」に限り有用であり、文学を語らう場では使いどころがありません。 文学に詳しい能力はその逆。 「簿記の仕訳能力はお金を生み出せるから文学に詳しい能力より価値がある」という意見があるかも知れませんが、お金を生み出すことに何の価値があるのでしょうか?そもそも価値ってなんなのでしょうか? そこまで考えると、能力に優劣などなくなります。 どんな能力も、人生で得られる経験の1つに過ぎません。 その経験を掘り下げているか否かがポイントの数です。 それを ある状況における価値基準だけで、優劣を付けるなんてナンセンスとしか言いようがありません。 まとめ わたしが簡単にできることができない人は、わたしにはできないことが簡単にできます。 その事実は忘れずにいたいです。

次の

トーラムオンライン両手剣のステ振りを攻略!

ステ振り

MATKは魔法攻撃力なので、マジシャンの魔法系のスキルで攻撃する時のダメージが上がります! MATKはINT 知力 を上げることで上昇するので、魔法系の職を育成するならINTにステ振りしていけばいいことになります。 また、各ステータスを防御力に例えると、物理ダメージに対する防御力ならDEFを上げるのです。 魔法ダメージなら魔法防御力ですね。 上げるべきステータスは ・敵に攻撃時クリティカルが発生しやすくなる ・敵から攻撃を受ける時クリティカルが発生しにくくなる ・パッシブスキルの効果を最大限発揮できるようになる ステ振りをDEXに振るメリットはこんな感じ。 DEXに振ると与えるダメージが増える DEXにステ振りすると、 敵に与えるダメージが増えます。 もちろんSTRやINTを上げることでも、キャラクターの攻撃力が増えるのは間違いありません。 なのにどうしてDEXを上げるのか? それは、職業によっては物理スキルも魔法スキルも使う職もあるからです。 STRしか振り分けていなかった場合、上位職に転職してからINTが必要になったら・・? INTが初期値のままでは攻撃力が弱くて、まともに狩することもできなくなります。 ウォリアーなんて思いっきり物理職だと思ってたのに、魔法も使えるんだねー!そうなるとやっぱりDEXが必要になりそう・・だね。。 敵から受けるダメージを軽減できる DEXを振り分けておくと、 敵からダメージを受ける時のダメージを軽減できます。 クリティカルが発生しにくくなる分、DEFやMDEFが少なくても受けるダメージを少なくすることができるんです。 実際僕も、DEXを初期値にしてメインタワーの高階層で狩をして見たのですが DEFばかり上げてDEXが足りないと、クリティカル攻撃ばかり受けてあっという間にHPが削られていったんです・・。。 で、DEXに振り分けたキャラクターで同じ階層で狩をしてみると、クリティカルが受けなくなるせいかHPがそれほど削られなくなったんです。 ・クリスタケースによる効果 ・装飾品による効果 ・バフスキルによる効果 ・ジョブによるパッシブスキルによる効果 ・ギルドのパッシブスキルによる効果 赤枠部分に書かれているステータスは、上で紹介しているようにいろいろな効果によって得られるステータスなんです。 レベルアップで振り分けたステータスが1000なのに対し、右側に1508って・・すごく無いですか? アヴァベルでは、レベルアップ時に得られるステータスボーナス以外にも、これだけたくさんのステータス付与効果のあるシステムがあるんです。 そのためゲームを始めたばかりの人は、STRやINTに振り分けるんじゃなくて、DEXに振り分けておいて後からSTRやINTを振り分けていけばいいのです。 ・ステ振りできるステータスは全部で5種類 ・振り分けるステータスは職業ごとに考える ・初心者が振るべきステータスはDEXがオススメ ・ステ振りを間違ってもリセットすることができる ゲームを始めたばかりの人は、特にステ振りについて悩むと思います。 アヴァベルオンラインでは、ステ振りはDEXに振り分けていくことで基本的に問題なく高レベルまでキャラクターの育成をすることができます。 職業ごとにステ振りの違いは多少ありますが、DEXはどの職業でも必要になるため振り分けておいて損はありません。 階層が上がると必要DEXが増える ちなみにですが、DEXにステ振りをしたとして「クリティカルもたくさん出るし、DEXはこのくらいでいいのかな?」っと思うこともあると思います。 HPも欲しいからVITに振り分けたい 攻撃力が欲しいからSTRやINTに振り分けたい と言う人もいると思います。 アヴァベルでは、メインタワーの階層を上げていくと求められるDEXも増えていきます。 そのためDEX1000でどの階層でも足りるのか?と言われると、DEX1000だと将来的に足りなくなります・・。

次の