てん ち む。 てんtoてん

博多らあめん てん

てん ち む

ラジオっぽいTV!てんコロ. チャンネル• 昨日は温帯低気圧が発達していく様子を見ましたが,今日は閉塞していくところを.閉塞点はどこだろうって探してみよー• 気象予報士試験の実技分野を初めて受けるぜーという方に見てほしいな.低気圧が発生してくる感じを天気図で見てみましょう• 22日〜23日にかけて、南岸低気圧による雪についてちょこっとまとめました。 ちょこっとラジオっぽいTV!のつもりでしたが、全然「ちょこっと」の長さではないね TeamSABOTENチャンネル• シアーラインを探せ!(気象予報士:尾崎里奈&佐々木恭子)【拝啓、予報官X様 128 Team SABOTEN 気象専門STREAM. 694 】• 秋に来る大型で強い台風の怖さ(気象予報士:尾崎里奈&佐々木恭子)【拝啓、予報官X様 127 Team SABOTEN 気 象専門STREAM. 691 】• 学科一般分野の降水過程についての問題です.短い動画ですから隙間時間にぜひどうぞ.

次の

テン

てん ち む

正面から撮影した纏足した足 纏足(てんそく)は、幼児期より足に布を巻かせ、足が大きくならないようにするという、かつてで女性に対して行われていた風習をいう。 より具体的には、足の親指以外の指を足の裏側へ折り曲げ、布で強く縛ることで足の整形(変形)を行うことを指す。 纏足の習慣はの末期に始まった。 の時代には不健康かつ不衛生でもあることからがたびたび禁止令を発したが、既に浸透した文化であったために効果はなかった。 以降急速に行われなくなった。 からの移住者が多く住んでいたでも纏足は行われていたが、初期にが・とならぶ台湾の悪習であると位置づけ、追放運動を行ったため廃れた。 なお、の女性は働くことが奨励されていたため纏足をせず、「大足女」と揶揄されていた。 纏足の目的 [ ] 纏足文化ができた原因は、小さい足の女性の方が美しいと考えられたからである。 当時の文化人は纏足を「金のハス」とも呼称し、セクシャリティーの象徴として高められていた。 小さく美しく装飾を施された靴を纏足の女性に履かせ、その美しさや歩き方などの仕草を楽しんだようである。 纏足の女性はうまく歩けないことから、女性支配の手段にもなっていたと考えられる。 [ ]また、バランスをとるために、内股の筋肉が発達するため、女性の局部の筋肉も発達すると考えられていた。 纏足は男性の性欲を駆り立てるものであり、女性は夫や恋人以外の男性には纏足を決して見せることはなかった。 男性は纏足女性の足の指の間にをはさんで食べたり、足の指の間にはさんだ器の酒を飲んだりした。 このようなことから、時代によっては纏足を施していない女性には嫁の貰い手がなかったという。 纏足の歴史と施術方法など [ ] 普通の足との比較 一説ではから纏足が行われたとも言われているが、一般にはのが足の細い女性を好んだことから始まったとする説も有力である。 その南唐を滅ぼし、一応の全国統一を果たした以降、徐々に普及が始まった。 末初に記された『』(てっこうろく)の巻10に、「如熙寧元豊以前人猶為者少。 近年則人人相効、以不為者為恥也」(訳:「熙寧(きねい、北宋の年号、 - )、元豊(げんぽう、同じく北宋神宗の年号、 - )以前は少なかったが、近年では人々が互いに(纏足の習慣を)真似しあうようになり、そうでないのを恥とする」)と書かれている。 その他の資料や、アラブ人や西洋人のなどから、北宋より流行しだし、元末明初に盛んになったようである。 流行しだした頃は、にとっては異民族の侵入などで民族主義的なが発達した時期でもあった。 北宋の后が始めたとの説があるが、よりはによりその傾向があり、次第に農村部にまで拡大したようである。 少数民族や族()にはその傾向がなかったものの、まれに見られた。 纏足した女性の衣装 女真族(満州族)の建てた朝が纏足禁止令を出しても止めようがなく、結局、以後の近代国家への動きの中で反対運動が起こり、まずは都市部で罰則との関係で下火になった。 しかし隠れて行われ、中国全土で見られなくなるのは後のこととなる。 最終的に絶えた理由として、で反革命的行為と見なされたこともある。 このため、現在でも70歳以上の老人に一部見受けられる。 女の子が3歳から4歳になると木綿の布で足を縛り、発達を抑えるようになる。 発熱するため、施術は秋に行われるのが多かった。 親指を除く4本の指は内側に曲がり夜も寝られないほどの苦痛を伴いながらも、縛りなおすときを除き、ほとんど縛りっぱなしで決して親はそれを緩めようとはせず、足のサイズは10cm前後が金蓮と呼ばれた。 第1段階では親指以外の4本の指を内側に曲げ、第2段階で足の甲を前に伸ばさず縦に曲げていく。 約2年かけるので、足のやわらかい幼少の頃に変形させるのである。 その後も縛り続け、3日に1度消毒することなどが生涯にわたって行われ、その形状はによく似た形となった。 纏足の流行の理由には、足の小さいのが女性の魅力、女性美、との考えがあったことは間違いない。 足が小さければ走ることは困難となり、そこに女性の弱々しさが求められたこと、それにより貴族階級では女性を外に出られない状況を作り貞節を維持しやすくしたこと、足が小さいがために踏ん張らなければならず、そこに足の魅力を性的に感じさせやすくした、など多くのことが考えられる。 しかし、いずれも決定的にこれと言えるほどの理由ではなく、やはり習慣の一つとして続けられていたと言えよう。 纏足で走行不能となったことで、災害時には男性より死亡率が高かった。 また、早めに夫をなくし困難の中で子育てに励む母親の苦労は大変なものだったという。 西洋の足 [ ] 纏足ほど極端なものではないが、でも、大きな足は労働者階級のものという認識があり、貴族階級では小さな足が好まれた。 特に、ヨーロッパでが流行・定着して以降は、きついバレエシューズによって小さくなった足は、貴族の証となっていく。 人によっては、冷水に足を浸けて小さい靴に無理矢理足を入れていた。 脚注 [ ] [].

次の

ところてん

てん ち む

分布 [ ] M. melampus (、、) 固有亜種。 、へ移入。 tsuensis 日本() 固有亜種 M. coreensis (?) 形態 [ ] 44-55。 尾長17-23センチメートル。 9-1. 5キログラム。 melampus ホンドテン 夏季は毛衣が赤褐色や暗褐色で、顔や四肢の毛衣は黒、喉から胸部が橙色、尾の先端が白い(夏毛)。 冬毛は毛衣が赤褐色や暗褐色で頭部が灰白色(スステン)か、毛衣が黄色や黄褐色で頭部が白い(キテン)。 tsuensis ツシマテン 喉から胸部に不規則な黒い斑紋が入る。 夏毛は毛衣が褐色で、頭部や顔は濃褐色、喉から胸部が赤や赤褐色、黄褐色、四肢は黒い。 冬毛は毛衣が褐色、頭部が汚白色、顔や四肢は黒褐色、喉から胸部が淡褐色や黄褐色。 coreensis コウライテン 冬毛は毛衣が黄色で、頭部の白色部が後頭部に達する。 分類 [ ] 本種や、、を1種にまとめる説もある。 3亜種に分けられるが、亜種コウライテンは捕獲例が2例あるのみ。 Martes melampus melampus Wagner, 1841 ホンドテン Japanese marten• Martes melampus tsuensis Thomas, ツシマテン Tsusima marten• 単独で生活する。 亜種ツシマテンは70ヘクタールの行動圏内で生活する。 岩の隙間やを巣にする。 陸上生態系では上位に位置。 食性はで、、、小型哺乳類、、、、(、など)などを食べる。 繁殖形態は。 夏季に交尾を行う。 4-5月に樹洞内の巣で1回に2-4頭(亜種ツシマテンは1回に1-2頭の幼獣を産むと考えられている )の幼獣を産む。 人間との関係 [ ] 亜種ツシマテンは開発による生息地の破壊、交通事故、ノイヌや猟犬による捕食などにより生息数が減少していると考えられている。 日本ではに亜種ツシマテンが国のに指定されている。 tsuensis ツシマテン 準絶滅危惧(NT)() 『』より「鼬」(てん) 妖怪 では「狐七化け、狸八化け、貂九化け」といい、テンはやを上回る変化能力を持つという伝承がある。 やでは目の前をテンが横切ると縁起が悪いといい(イタチにも同様の伝承がある)、ではテンを殺すと火難に遭うという。 ではテンはヘコ、フチカリ、コモノ、ハヤなどと呼ばれ、雪崩による死亡者が化けたものといわれた。 の画集『』には「鼬」と題した絵が描かれているが、読みは「」ではなく「てん」であり 、イタチが数百歳を経て魔力を持つとなったものがテンとされている。 画図では数匹のテンが梯子上に絡み合って火柱を成しており、このような姿に絡み合ったテンが家のそばに現れると、その家は火災に遭うとして恐れられていた。 その他 キテンの毛皮は特に優れていて、最高級とされる。 そのため、「テン獲りは二人で行くな」ということわざが猟師に伝わっている。 高価で売れるので、一方がもう一方を殺しかねないという意味である。 脚注 [ ]• Abramov, A. 2008. In: IUCN 2012. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2012. マクドナルド編『動物大百科1 食肉類』、、、167頁。 環境省自然環境局 生物多様性センター. 2010年9月23日時点のよりアーカイブ。 2019年1月7日閲覧。 インターネット自然研究所. 環境省. 2016年1月27日時点のよりアーカイブ。 2019年1月7日閲覧。 編著 『妖怪事典』 、2000年、230頁。。 監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 、1992年、50頁。。 少年社・中村友紀夫・武田えり子編 『妖怪の本 異界の闇に蠢く百鬼夜行の伝説』 〈New sight mook〉、1999年、123頁。。 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 、1990年、249頁。。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の