ワクワクメール 最終ログイン。 ワクワクメール プラチナクラスで女性を見分ける方法

ワクワクメールに毎日ログインして気付いた僕の攻略法とは?

ワクワクメール 最終ログイン

ワクワクメールの「クラス」とは ワクワクメールに付与されるクラスは登録時の初期状態はノーマルとなっており、そのアカウントの入金額に応じて分類されます。 入金額はトータルで計算され、その金額に見合ったクラスになります。 最後に入金してから93日間入金されなければ金額がリセットされ、それに応じたクラスもノーマルに戻されます。 「クラス」の種類と条件 クラスの種類と条件は以下になります• ノーマルクラス:金額指定なし。 初期状態• ブロンズクラス:トータル入金1000円以上• シルバークラス:トータル入金10,000円以上• ゴールドクラス:トータル入金50,000円以上• プラチナクラス:トータル入金100,000円以上 ブロンズクラス、シルバークラス、プラチナクラスは93日間入金がなければノーマルクラスに戻りますので、維持するためには継続して課金をすることが必要となります。 一度プラチナクラスになれば、93日間入金がなくとも永久的にプラチナクラスになることが出来ます。 プラチナクラスになると10万円という高いお値段になりますが、トータルの継続した金額なので93日の期限を越えずに毎月数千円程度の入金を続けていけば、じきにプラチナクラスになることが出来ます。 クラスによる「加算率」について クラス 加算率 ノーマルクラス 10% ブロンズクラス 15% シルバークラス 20% ゴールドクラス 25% プラチナクラス 30% クラスによってモバイラーズポイントに加算される割合を「加算率」と表しており、ランクによってそのパーセンテージが変わります。 例えば、ノーマルランクのユーザーが1,000円を利用した場合1,000円分の利用ポイント(100ポイント)の他に、加算率の10%の「100モバイラーズポイント」を付与されることになります。 モバイラーズポイントとは モバイラーズポイントは、ワクワクメール独自のポイントの名称でワクワクメール内で利用できる「サービスポイント」やAmazonギフトカード、楽天Edyなどと交換できるポイントです。 サービス上で入金をすれば会員クラスの加算率に応じた入金金額の割合がポイントとして還元される仕組みになっています。 「クラス」特典について クラスによって与えられる特典は違いますが、クラスがランクアップする毎に受ける事が出来る特典が良いものに変化していきます。 ちなみに登録時に付与されるノーマルクラスは無課金の無料会員とおなじ状況になります。 ワクワクメール、クラス別の特典表 ワクワクメールのクラス別に分けた比較用の特典表が以下になります。 クラス名 達成条件 特典 ノーマルクラス 初期状態、ゴールドクラスまで前回入金から93日間入金なし 特になし ブロンズクラス トータル入金額1000円 (93日間入金なしでリセット) ・メールの保存 ・書き込みアラート シルバークラス トータル入金額10,000円 (93日間入金なしでリセット) ・機種名を見れる ・登録日時を見れる ・最終ログイン日時を見れる ゴールドクラス トータル入金額50,000円 (93日間入金なしでリセット) ・過去90日のメール送信人数 ・過去60日の掲示板書き込み数 ・相手の受けた通報回数 プラチナクラス トータル入金額100,000円 (達成でリセットなし) ・アダルト掲示板における、他ユーザーが付けたメモ閲覧(ブラックリストとお気に入り) ・通報されたカテゴリー ・お気に入りのメモ人数 93日間、未入金ならばリセット。 「プラチナクラス」は維持される ブロンズクラス、シルバークラス、ゴールドクラスになっても最終入金から未入金の状態が93日間を越えてしまうとノーマルクラスにリセットされてしまいます。 プラチナクラスは別で、一度プラチナクラスを達成すると93日間の未入金を越えてもノーマルクラスにリセットされることはありません。 プラチナクラスになった時点でトータルで10万円もの課金をしているので、この時点でリセットされると理不尽極まりないので当然の処置かと思います。 ワクワクメールのブロンズクラス ワクワクメールのブロンズクラスはトータル1,000円以上の課金で達成でき、以下のような特典を得ることが出来ます。 メール保存 通常、ノーマルクラスではメールは3ヶ月で自動的に削除されてしまいますが、ブロンズクラスではメールを保存することが出来るようになります。 書き込みアラート 自分の気になるユーザーに対してアラートを設定することができ、そのユーザーが募集をすると通知アラートが来るように設定できます。 業者や割り切りを頻繁に募集するユーザーの場合は毎日メールが来てしまうので注意しましょう。 ワクワクメールのシルバークラス ワクワクメールのシルバークラスはトータル10,000円以上の課金で達成でき、以下のような特典を得ることが出来ます。 機種名を見れる 相手の使っている機種名を確認することが出来ます。 この機能は基本的な使い方だとあまり利用価値が無いようですが、業者などはPCの利用者が多いため、そういった迷惑ユーザーをフィルタリングする判断基準として使うことが出来ます。 登録日時を見れる 登録日時を見ることで相手がいつワクワクメールに登録したかどうか見ることが出来ます。 登録日時から間もなく話しかけて来たのか、それとも大昔に登録して未だにワクワクメールを使っているのかなど見ることが可能です。 最終ログイン日時を見れる 最終ログイン日時を見ることが出来る一番利用価値のある機能で、相手の最終ログインが1ヶ月以上経過している場合などはもうすでにワクワクメールを利用していない場合があるので、無駄なメール送信をしなくて済みます。 ワクワクメールのゴールドクラス ワクワクメールのゴールドクラスはトータル50,000円以上の課金で達成でき、以下のような特典を得ることが出来ます。 過去90日間のメール送信人数を見る 相手の過去90日間の間に送ったメール送信人数を見ることができます。 このメール送信数の多すぎる女性はそれだけ様々な異性にメールを送信しているか、すでにメールのやり取りを始めている事が多く、逆にメール送信数が0だと返信をくれる可能性はゼロになります。 過去60日間の掲示板書き込み数を見る こちらもメールの送信数と同じく、掲示板で大量に募集をかけているユーザーだと業者やキャッシュバッカー(CB)の可能性があるので、予めそういう傾向のあるユーザーを避けることが出来る様になります。 過去一年の通報された回数を見る そのユーザーが過去一年間どれだけ他のユーザーに通報されたのか、回数を見ることが出来ます どれだけまっとうにワクワクメールを使っていても、逆恨みやいたずらで通報されることはありますが、明らかに数あたりの業者やキャッシュバッカーだったりするとその通報された回数は普通の人よりも多くなります。 ワクワクメールのプラチナクラス ワクワクメールのプラチナクラスはトータル100,000円以上の課金で達成でき、以下のような特典を得ることが出来ます。 アダルト掲示板の他ユーザーが付けたメモ内容(ブラックとお気に入り)• 通報されたカテゴリー• お気に入りのメモ人数 上記の機能が追加されており、要約するとプラチナクラスになれれば永久的にメモの数やメモ内容を見ることが出来るようになります。 どのクラスがおすすめか 基本的にどのクラスがおすすめか、一概には言えませんが、機能面と実際に使ってみた利用面で比較をしてみました。 ノーマルとブロンズの比較は無課金の「無料会員」と課金の「有料会員」の違いになってしまうので、ノーマルクラスは含めずに比較しています。 課金比較 機能面ではプラチナクラスが圧倒的に利用したい内容ですが、実際に掛かる料金を見ると費用対効果はどの様になるのでしょうか? 1ヶ月目すぐにランク達成後の場合 初月ランク達成した後、各クラスを維持するための最低金額を割り出し表で表しました。 クラス 1ヶ月 3ヶ月 5ヶ月 12ヶ月 1ヶ月平均 ブロンズ 1,000円 3,000円 5,000円 12,000円 1,000円 シルバー 5,000円 7,000円 9,000円 16,000円 約1,333円 ゴールド 50,000円 52,000円 54,000円 61,000円 約5,083円 プラチナ 100,000円 0円 0円 0円 約8,333円 12ヶ月後(1年後)から見た毎月の費用はプラチナが一番かかっていますが、プラチナクラスは1度取得すれば無課金でもプラチナクラスを維持することが出来ます。 最低限の費用でランク達成の場合 93日以内(約3ヶ月)でクラス資格を失わないようにに毎月最低限課金しつつ、継続してかかる必要最低限の費用は以下になります。 毎月1,000円課金• ブロンズクラス:初月達成• シルバークラス:5ヶ月目達成• ゴールドクラス:50ヶ月目達成• プラチナクラス:100ヶ月目達成 毎月5,000円課金• ブロンズクラス:初月達成• シルバークラス:初月達成• ゴールドクラス:10ヶ月目達成• プラチナクラス:20ヶ月目達成 毎月10,000円課金• ブロンズクラス:初月達成• シルバークラス:初月達成• ゴールドクラス:5ヶ月目達成• プラチナクラス:10ヶ月目達成! exports? module. document? b a,! 1;return! a "object"! type a a. nodeType n. isWindow a return! call a. constructor. prototype,"isPrototypeOf" return! ownFirst for b in a return k. i[j. eval. replace p,"ms-". nodeName. call v. childNodes ,v. childNodes ,E[v. childNodes. length]. length? apply a,I. a 1! ownerDocument b:v! getElementById f return d;if j. apply d,b. getElementsByClassName return H. apply d,b. nodeName. getAttribute "id"? test k? apply d,w. parentNode. length;while e-- d. nodeName. nodeName. ownerDocument a. documentElement;return!! ownerDocument a:v;return g! documentElement? top! addEventListener? addEventListener "unload",da,! 1 :e. attachEvent "onunload",da ,c. appendChild n. createComment "" ,! test n. getElementsByClassName ,c. appendChild a. getElementsByName! getElementsByName u. getById? find. getElementById a ;return c? filter. find. ID,d. filter. find. getElementsByTagName? getElementsByTagName? getElementsByTagName a :c. qsa? find. test n. appendChild a. querySelectorAll "[selected]". length q. length q. querySelectorAll ":checked". length q. push ":checked" ,a. length q. push ". createElement "input" ;b. setAttribute "type","hidden" ,a. appendChild b. setAttribute "name","D" ,a. querySelectorAll ":enabled". length q. push ":enabled",":disabled" ,a. push ",. matches o. webkitMatchesSelector o. mozMatchesSelector o. oMatchesSelector o. call a,"div" ,s. call a,"[s! push "! test o. test o. contains? nodeType? d 1! nodeType! contains? contains d :a. 0;return! compareDocumentPosition-! ownerDocument b? 1:k? 1:e? -1:f? 1:k? parentNode g. parentNode h. ownerDocument a! call a,b ;if d c. disconnectedMatch a. document. ownerDocument a! ownerDocument a! attrHandle[b. call d. attrHandle,b. toLowerCase? e a,b,! p :void 0;return void 0! f:c. attributes! specified? slice 0 ,a. push f ;while e-- a. textContent return a. slice 0,3? a[3] ea. CHILD. test a[0]? null: a[3]? indexOf " ",c. length-b -c. slice 0,b ,a. replace ba,ca. nodeName. className void 0! slice -c. slice 0,c. nodeName. nodeName. nodeType return! firstChild:q. uniqueID] l[m. uniqueID] l[m. pop if h? nodeName. uniqueID] l[m. pseudos[a] d. setFilters[a. toLowerCase ] ea. e b :e. setFilters. hasOwnProperty a. toLowerCase? textContent b. innerText e b. test a "" ea. replace ba,ca. lang:b. getAttribute "xml:lang" b. nodeType ;return! location. hasFocus n. type a. nodeName. parentNode. selectedIndex,! nextSibling if a. 1;return! pseudos. test a. test a. nodeName. nodeName. length;while e-- if! a[e] b,c,d return! 1;return! length;d.

次の

ワクワクメールのクラス特典、プラチナ会員は出会いが加速する | 出会い系アプリワクワクメールの出会い方攻略

ワクワクメール 最終ログイン

ワクワクメールのクラス分けと特典について ワクワクメールでは、直近93日間(約3ヶ月)のポイントの購入合計金額に応じて5つのクラスに分けられます。 (登録からの累積金額ではない点に注意が必要です。 )そして分類されたクラスに応じて、相手のワクワクメールの利用状況を確認できたり、ポイントを購入する際の入金ボーナス加算率が高くなるといった特典があります。 それらの特典を上手く利用することで、ワクワクメールの使い勝手が良くなり、出会える確率を上げることができます。 ワクワクメール クラスの種類について ワクワクメールのクラスの種類は「ノーマルクラス」「ブロンズクラス」「シルバークラス」「ゴールドクラス」そして「プラチナクラス」の5つとなります。 以下ではそれぞれのクラスについてまとめました。 自分のクラスの確認方法 自分がどのクラスに分類されているかは、ワクワクメールのマイページにて確認が可能です。 今回の画像の場合は「ノーマル会員」と表示されています。 例えば、ノーマルクラスで1,000円分のポイントを購入すると、100モバイラーズポイントがボーナスとして貰えます。 例えば、ブロンズクラスで1,000円分のポイントを購入すると、150モバイラーズポイントがボーナスとして貰えます。 特典2:メール保存:15人まで設定可能 ワクワクメールでのやり取りのメールは通常では3ヶ月で消えてしまいます。 しかし、ブロンズクラスになると、自分で選択した15人までのメールのやり取りを半永久的に保存することが可能です。 特典3:お気に入り書き込みアラート:5人まで設定可能 ワクワクメールの掲示板では気になっている女性の書き込みをすぐに通知してくれるアラート機能に最大で5人まで登録可能です。 掲示板の書き込みに対する返信が早いほど、返信率も高い傾向にあるので、お気に入りの女性がいたら登録をしましょう。 例えば、シルバークラスで10,000円分のポイントを購入すると、2,000モバイラーズポイントがボーナスとして貰えます。 特典2:メール保存:20人まで設定可能 ブロンズクラスではメールの保存は15人まで設定可能でしたが、シルバー会員は20人まで設定可能となります。 特典3:お気に入り書き込みアラート:10人まで設定可能 ブロンズクラスでは5人まで設定可能でしたが、シルバー会員は10人まで設定可能となります。 特典4:相手の機種名・登録日時・最終ログイン時間がわかる シルバー会員になると、プロフィールや掲示板などで相手の使用している機種名やワクワクメールへの登録日時、最終ログインをした時間がわかるようになります。 シルバークラスになると相手の機種名・登録日時・最終ログイン時間がわかるようになります。 例えば、ゴールドクラスで50,000円分のポイントを購入すると、12,500モバイラーズポイントがボーナスとして貰えます。 特典2:メール保存:25人まで設定可能 シルバークラスではメールの保存は20人まで設定可能でしたが、ゴールド会員は25人まで設定可能となります。 特典3:お気に入り書き込みアラート:10人まで設定可能 ブロンズクラスでは5人まで設定可能でしたが、シルバー会員は10人まで設定可能となります。 特典4:相手の「メール送信人数」「掲示板書き込み数」「被通報数」もわかる シルバークラスでの特典であった相手の「機種名」「登録日時」「最終ログイン時間」がわかるのに加えて、ゴールドクラスになると「メール送信人数(過去90日)」「掲示板書き込み数(過去60日)」「被通報回数(過去1年)」がわかるようになります。 ゴールドクラスになると、相手のメール送信人数・掲示板書き込み数・被通報回数がわかります。 プラチナクラスだけはその後ポイントを購入しなくても、クラスがずっと維持され、下がることはありません。 プラチナクラスの最大の特典です。 例えば、プラチナクラスで100,000円分のポイントを購入すると、30,000モバイラーズポイントがボーナスとして貰えます。 特典2:メール保存:30人まで設定可能 プラチナクラスになるとメールの保存は30人まで設定可能となります。 特典3:お気に入り書き込みアラート:30人まで設定可能 プラチナクラスになると30人まで設定可能となります。 特典4:相手の「被通報カテゴリ」「メモされている総人数」「お気に入りメモされている人数」もわかる シルバークラスやゴールドクラスでの特典であった相手の情報に加えて、「被通報カテゴリ(過去1年)」「メモされている総人数」「お気に入りメモされている人数」もわかるようになります。 特典5:アダルト掲示板での相手の情報もわかる プラチナクラスになると、アダルト掲示板の相手の「お気に入りメモされているメモ内容」「ブラックリストメモされている人数&メモ内容」がわかるようになります。 特典6:自分に関する情報もわかる プラチナクラスになると、マイプロフィールで「メモされている総人数」と「お気に入りメモされている人数」がわかるようになります。 プラチナ会員になると、ゴールド会員以下で分かる相手の情報に加えて「非通報カテゴリ」「メモされている総人数」「お気に入りメモされている人数」が分かります。 またアダルト掲示板での相手の情報や自分に関する情報もわかります。 プラチナクラスの主な特典で相手を分析することができます。 プラチナクラスはワクワクメールにおいて最上位のクラスとなります。 プラチナクラスのクラス特典を使うことで、相手の情報をかなり詳しく入手・分析をすることができます。 パソコンから頻繁にログインしている場合は、業者の可能性が高いので注意が必要です。 登録日時が古く、現在でも頻繁にログインをしている女性は素人で「割り切り」を希望している女性の可能性が高くなります。 割り切り目的の場合はそういった女性を狙うと高確率で成功します。 出会系に慣れていないような女性を狙って、最近登録した女性にアプローチをかけるといった使い方もできます。 そういった女性を避けることで、ポイントの無駄を避けることが出来ます。 またメールが1日数十件の場合も割り切りで相手を探している可能性が高いと判断できます。 金銭の発生しない出会いを求めている場合は、そういった業者や割り切りの可能性が高い相手は避けましょう。 また送信件数が0件の場合も、返信がある可能性はゼロに等しいので、ポイントの節約を考えて避けましょう。 複数以上の通報回数がある場合は、援デリや誘導業者、もしくは悪質な女性である可能性が高いです。 メモされている総人数 メモされている総人数がわかります。 相手がどれだけ関心を持たれているかを判断する事ができます。 ワクワクメールのプラチナクラスの特典を利用すると、一般の女性と業者の判別が可能になり、出会いの目的に応じて効率よく女性にアプローチをすることができるようになります。 結果、ポイントの無駄使いを抑えることにも繋がります。 ワクワクメールで効率よく目的にあった女性に出会いたい場合はプラチナクラスは便利です。 クラス特典を利用する上で注意すべきこと ポイントを購入するのをやめるとクラスダウンします。 ワクワクメールのクラスは直近93日間のポイント購入合計金額によって分けられています。 登録からの累積合計金額ではないので注意が必要です。 そのため、ポイントを購入するのをやめてしまうと、ランクが下がってしまい、それに伴い特典の機能なども利用できなくなってしまう点に注意が必要です。 プラチナクラスになればクラスダウンはありません ただし一度プラチナクラスになると、ポイント購入をやめてもランクダウンをすることはなくなります。 プラチナクラスになるには10万円のポイント購入が必要ですが、クラスダウンが無いことは大きなメリットです。 ワクワクメールで出会いを満喫したい人はプラチナクラスになってしまっても良いでしょう。 クラス特典は直近93日間のポイント購入金額によって分けられるため、使い方次第ではクラスダウンをしてしまうので注意が必要です。 但し、プラチナクラスに一度なってしまえば、クラスダウンの心配はなくなります。 まとめ:ワクワクメールで女性に効率よく出会いたい人はプラチナクラスになりましょう ワクワクメールは5つのクラスに分けられることがわかりました。 ワクワクメールで女性に効率よく出会いたい場合は、最上位のプラチナクラスになりましょう。 10万円以上のポイント購入が必要ですが、プラチナクラスになると多くのクラス特典があります。 女性の利用状況を詳しく確認することが可能なので、ノーマルクラスに比べて、はるかに効率よくワクワクメールで出会うことが可能になります。

次の

ワクワクメール会員ログイン画面はここ!ログイン時間を非表示にする技を徹底解説

ワクワクメール 最終ログイン

ワクワクメールのクラス分けと特典について ワクワクメールでは、直近93日間(約3ヶ月)のポイントの購入合計金額に応じて5つのクラスに分けられます。 (登録からの累積金額ではない点に注意が必要です。 )そして分類されたクラスに応じて、相手のワクワクメールの利用状況を確認できたり、ポイントを購入する際の入金ボーナス加算率が高くなるといった特典があります。 それらの特典を上手く利用することで、ワクワクメールの使い勝手が良くなり、出会える確率を上げることができます。 ワクワクメール クラスの種類について ワクワクメールのクラスの種類は「ノーマルクラス」「ブロンズクラス」「シルバークラス」「ゴールドクラス」そして「プラチナクラス」の5つとなります。 以下ではそれぞれのクラスについてまとめました。 自分のクラスの確認方法 自分がどのクラスに分類されているかは、ワクワクメールのマイページにて確認が可能です。 今回の画像の場合は「ノーマル会員」と表示されています。 例えば、ノーマルクラスで1,000円分のポイントを購入すると、100モバイラーズポイントがボーナスとして貰えます。 例えば、ブロンズクラスで1,000円分のポイントを購入すると、150モバイラーズポイントがボーナスとして貰えます。 特典2:メール保存:15人まで設定可能 ワクワクメールでのやり取りのメールは通常では3ヶ月で消えてしまいます。 しかし、ブロンズクラスになると、自分で選択した15人までのメールのやり取りを半永久的に保存することが可能です。 特典3:お気に入り書き込みアラート:5人まで設定可能 ワクワクメールの掲示板では気になっている女性の書き込みをすぐに通知してくれるアラート機能に最大で5人まで登録可能です。 掲示板の書き込みに対する返信が早いほど、返信率も高い傾向にあるので、お気に入りの女性がいたら登録をしましょう。 例えば、シルバークラスで10,000円分のポイントを購入すると、2,000モバイラーズポイントがボーナスとして貰えます。 特典2:メール保存:20人まで設定可能 ブロンズクラスではメールの保存は15人まで設定可能でしたが、シルバー会員は20人まで設定可能となります。 特典3:お気に入り書き込みアラート:10人まで設定可能 ブロンズクラスでは5人まで設定可能でしたが、シルバー会員は10人まで設定可能となります。 特典4:相手の機種名・登録日時・最終ログイン時間がわかる シルバー会員になると、プロフィールや掲示板などで相手の使用している機種名やワクワクメールへの登録日時、最終ログインをした時間がわかるようになります。 シルバークラスになると相手の機種名・登録日時・最終ログイン時間がわかるようになります。 例えば、ゴールドクラスで50,000円分のポイントを購入すると、12,500モバイラーズポイントがボーナスとして貰えます。 特典2:メール保存:25人まで設定可能 シルバークラスではメールの保存は20人まで設定可能でしたが、ゴールド会員は25人まで設定可能となります。 特典3:お気に入り書き込みアラート:10人まで設定可能 ブロンズクラスでは5人まで設定可能でしたが、シルバー会員は10人まで設定可能となります。 特典4:相手の「メール送信人数」「掲示板書き込み数」「被通報数」もわかる シルバークラスでの特典であった相手の「機種名」「登録日時」「最終ログイン時間」がわかるのに加えて、ゴールドクラスになると「メール送信人数(過去90日)」「掲示板書き込み数(過去60日)」「被通報回数(過去1年)」がわかるようになります。 ゴールドクラスになると、相手のメール送信人数・掲示板書き込み数・被通報回数がわかります。 プラチナクラスだけはその後ポイントを購入しなくても、クラスがずっと維持され、下がることはありません。 プラチナクラスの最大の特典です。 例えば、プラチナクラスで100,000円分のポイントを購入すると、30,000モバイラーズポイントがボーナスとして貰えます。 特典2:メール保存:30人まで設定可能 プラチナクラスになるとメールの保存は30人まで設定可能となります。 特典3:お気に入り書き込みアラート:30人まで設定可能 プラチナクラスになると30人まで設定可能となります。 特典4:相手の「被通報カテゴリ」「メモされている総人数」「お気に入りメモされている人数」もわかる シルバークラスやゴールドクラスでの特典であった相手の情報に加えて、「被通報カテゴリ(過去1年)」「メモされている総人数」「お気に入りメモされている人数」もわかるようになります。 特典5:アダルト掲示板での相手の情報もわかる プラチナクラスになると、アダルト掲示板の相手の「お気に入りメモされているメモ内容」「ブラックリストメモされている人数&メモ内容」がわかるようになります。 特典6:自分に関する情報もわかる プラチナクラスになると、マイプロフィールで「メモされている総人数」と「お気に入りメモされている人数」がわかるようになります。 プラチナ会員になると、ゴールド会員以下で分かる相手の情報に加えて「非通報カテゴリ」「メモされている総人数」「お気に入りメモされている人数」が分かります。 またアダルト掲示板での相手の情報や自分に関する情報もわかります。 プラチナクラスの主な特典で相手を分析することができます。 プラチナクラスはワクワクメールにおいて最上位のクラスとなります。 プラチナクラスのクラス特典を使うことで、相手の情報をかなり詳しく入手・分析をすることができます。 パソコンから頻繁にログインしている場合は、業者の可能性が高いので注意が必要です。 登録日時が古く、現在でも頻繁にログインをしている女性は素人で「割り切り」を希望している女性の可能性が高くなります。 割り切り目的の場合はそういった女性を狙うと高確率で成功します。 出会系に慣れていないような女性を狙って、最近登録した女性にアプローチをかけるといった使い方もできます。 そういった女性を避けることで、ポイントの無駄を避けることが出来ます。 またメールが1日数十件の場合も割り切りで相手を探している可能性が高いと判断できます。 金銭の発生しない出会いを求めている場合は、そういった業者や割り切りの可能性が高い相手は避けましょう。 また送信件数が0件の場合も、返信がある可能性はゼロに等しいので、ポイントの節約を考えて避けましょう。 複数以上の通報回数がある場合は、援デリや誘導業者、もしくは悪質な女性である可能性が高いです。 メモされている総人数 メモされている総人数がわかります。 相手がどれだけ関心を持たれているかを判断する事ができます。 ワクワクメールのプラチナクラスの特典を利用すると、一般の女性と業者の判別が可能になり、出会いの目的に応じて効率よく女性にアプローチをすることができるようになります。 結果、ポイントの無駄使いを抑えることにも繋がります。 ワクワクメールで効率よく目的にあった女性に出会いたい場合はプラチナクラスは便利です。 クラス特典を利用する上で注意すべきこと ポイントを購入するのをやめるとクラスダウンします。 ワクワクメールのクラスは直近93日間のポイント購入合計金額によって分けられています。 登録からの累積合計金額ではないので注意が必要です。 そのため、ポイントを購入するのをやめてしまうと、ランクが下がってしまい、それに伴い特典の機能なども利用できなくなってしまう点に注意が必要です。 プラチナクラスになればクラスダウンはありません ただし一度プラチナクラスになると、ポイント購入をやめてもランクダウンをすることはなくなります。 プラチナクラスになるには10万円のポイント購入が必要ですが、クラスダウンが無いことは大きなメリットです。 ワクワクメールで出会いを満喫したい人はプラチナクラスになってしまっても良いでしょう。 クラス特典は直近93日間のポイント購入金額によって分けられるため、使い方次第ではクラスダウンをしてしまうので注意が必要です。 但し、プラチナクラスに一度なってしまえば、クラスダウンの心配はなくなります。 まとめ:ワクワクメールで女性に効率よく出会いたい人はプラチナクラスになりましょう ワクワクメールは5つのクラスに分けられることがわかりました。 ワクワクメールで女性に効率よく出会いたい場合は、最上位のプラチナクラスになりましょう。 10万円以上のポイント購入が必要ですが、プラチナクラスになると多くのクラス特典があります。 女性の利用状況を詳しく確認することが可能なので、ノーマルクラスに比べて、はるかに効率よくワクワクメールで出会うことが可能になります。

次の