拝読させていただきます。 ビジネス上での「拝読」の正しい意味と使い方についての解説

「拝読」の意味と使い方!類語や使う時の注意点を詳しく解説

拝読させていただきます

注意点• 二重敬語にならないようにすること• 相手の読む行為に対して使わないこと 二重敬語の誤りの例として、「拝読いたします」「拝読させていただきます」などが挙げられます。 「いたす」「いただく」はいずれも謙譲語であるので、「拝読」という謙譲語と合わせて使うと二重敬語になってしまいます。 「拝読いたします」「拝読させていただきます」は、文法的には誤りですが、ビジネスシーンにおいて頻繁に用いられているのが現状です。 相手の読む行為に対して使う誤りの例としては、「拝読ください」が挙げられます。 謙譲語は自分自身の行為を謙る表現であるため、こちらの誤りは失礼にあたります。 注意しましょう。 目上の人に文書を読んでもらいたい時には、「お読みになられましたか」となどと問うのが正しい表現になります。 「拝読」の語源 「拝読」を構成する漢字の意味は、それぞれ以下の通りです。 拝見 はいけん :謹んで見ること• 拝聴 はいちょう :謹んで聴くこと• 拝誦 はいしょう :謹んで読むこと• 閲読 えつどく :書物の内容を調べながら読むこと• 閲覧 えつらん :書物をじっくりと調べたり、読むこと 「拝読」は書物や文書などを 謹んで読むことという意味でしたが、「拝見」は絵や写真などを 謹んで見ることという意味です。 「拝読」の対義語 「拝読」の明確な対義語として挙げられる熟語は存在しません。 しかし、「読む」という行為の反対は「書く」であることから、「書く」の謙譲表現である「 書かせていただく」「 お書きします」などが「拝読」の反対の意味を持つ表現として挙げられます。 また、謙譲語の反対と考えると、「読む」の尊敬語である「 お読みになる」も候補としてあります。

次の

「拝読」の意味と使い方!類語や使う時の注意点を詳しく解説

拝読させていただきます

「見てくれてありがとう」は、「見てもらってありがとう」とも言い換えができます。 両方とも同じ意味ですので、どちらを使っても間違いではありません。 ご安心ください。 次の章で、「くれて」と「もらって」の違いを詳しく見ていきましょう。 「くれる」と「もらう」の違いとは? 「見てくれてありがとう」の中の「くれる」は、(ものを)渡す側の立場に立った場合の言葉です。 例えば、「(あなたが)リンゴをくれる」のような感じです。 逆に、「見てもらってありがとう」の「もらう」は、受け取る側の立場に立った場合に使います。 「(わたしが)リンゴをもらう」というように、主語が相手なのか、自分なのかの違いです。 「くれる」と「もらう」は、本来違う意味ですが、行動と結果は同じなので、同じ意味で使用できます。 「見てくれてありがとう」は敬語になる? 敬語の種類を見てみよう 「見てくれてありがとう」を敬語に直す前に、そもそも敬語とは何でしょうか。 敬語は相手を敬うときに使う言葉で、尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類があります。 尊敬語とは、相手を上位に持ち上げて敬意を表す敬語方法です。 例えば、「お食べになる」・「お歩きになる」・「召し上がる」などです。 講演会などで、聞いてもらったお客さんに対して使う「ご清聴」も、尊敬語です。 謙譲語は、自分がへりくだって相手に敬意を表す敬語方法です。 例えば、「参上する」・「拝見する」・「申し上げる」などです。 丁寧語は、語尾につける、「です」・「ます」を指します。 尊敬語と謙譲語は間違えてしまうと、とても失礼にあたりますし、敬語もまともに使えない社会人という印象を抱かれてしまうので注意しましょう。 敬語を分類してみよう! 「見てくれてありがとう」を文節に分けた「見て」・「くれて」・「ありがとう」それぞれの敬語表現を前述しました。 (詳しくは「見てくれてありがとう」を敬語で言ってみようを参照してください) それらの敬語表現は、尊敬語・謙譲語・丁寧語が混ざっています。 ですので、それぞれ分類していきましょう。 尊敬語 ・ご覧 謙譲語 ・拝読 ・くださり くださって ・いただき(いただいて) 丁寧語 ・ありがとうございます このようになります。 「見てくれてありがとう」の使い方は? メールや手紙などで「見てくれてありがとう」を敬語で伝えたいときは、どのようにすれば良いのでしょうか。 話し言葉と書き言葉で違いがあるのでしょうか。 「見てくれてありがとう」の中の、「いただき」に着目してみましょう。 「いただき」と「いただいて」や「くださり」と「くださって」は、語尾が違うだけの同じ意味です。 一体、どのように使い分ければ良いでしょうか。 「いただいて」や「くださって」はマイルドな印象があり、会話のときに使われやすいです。 それに対して、「いただき」や「くださり」はカチッとしていて固い印象を与えます。 そのため、書き言葉として使われることが多いです。 もちろん、話し言葉として使ってもかまいません。 ビジネス上では、「いただいて」や「くださって」よりも、「いただき」や「くださり」の方が好まれます。 メールや手紙では、書き言葉である、「いただき」や「くださり」を使用する方が一般的です。 ここまでは、「見てくれてありがとう」をシンプルな敬語に直してきました。 「見ていただき いただいて ありがとうございます ました 」または、「見てくださり くださって ありがとうございます」は、ちゃんと敬語になっているので、目上の方に使用しても何の問題もありません。 しかし、なんとなく拙い印象を受けます。 親しい間柄の目上の方に使ったり、学生が目上の方に使う分には、決して不利になることはないでしょう。 でも、ビジネス上ではどうでしょうか。 自社の代表である自分が使った言葉は、他社との今後の関係に直結します。 そう考えると、少しでも印象を良くしておきたいと感じるでしょう。 そんなとき、拙い印象のこの言葉を使うことがためらわれます。 どうせなら、「見てくれてありがとう」を、もっとかっこよく言いたいと感じませんか。 ビジネス上で「見てくれてありがとう」をもっととスマートに伝えられる言葉を紹介します。 「ご覧いただき」を使おう 「見てくれてありがとう」の「見てくれて」の部分を、先に出てきた「ご覧」と「いただき」で言い換えてみましょう。 「ご覧」は見るの尊敬語、「いただき」は「もらう」の謙譲語です。 これを合わせて、「ご覧いただき(いただいて)ありがとうございます」と言い換えてみましょう。 ・わたしの展覧会の絵をご覧いただき、ありがとうございました。 ・企画書をご覧いただいてありがとうございました。 このようになります。 どうでしょうか、拙い印象が無くとてもスマートな印象になりました。 「ご覧くださり」は使える? 「見てくれてありがとう」の「見てくれて」の部分を、「くださり」に言い換えてみましょう。 「くださり」は、「くれる」の謙譲語です。 そのため、「ご覧」と「くださり」を合わせて、「ご覧くださり くださって)ありがとうございます」と組み立てることができます。 ・本日は、わたしたちの作品をご覧くださり、ありがとうございました。 ・記事をご覧くださってありがとうございます。 どうでしょうか。 こちらも洗練されたいん印象になりました。 「ご拝読いただき」とは? 次は、「見てくれてありがとう」の中の、「見てくれて」の部分を、謙譲語の「ご拝読」にしてみましょう。 「ご拝読いただき」という言葉は、「読んでいただいて・お読みいただいて」という意味で、自分がへりくだって言う謙譲語の表現方法です。 もちろん、「いただき(いただいて)」を「くださり(くださって)」に変更し使っても問題ありません。 わたしの書いた本をご拝読いただき、ありがとうございます。 ご拝読くださり光栄です。 二重敬語って何? 二重敬語とは、敬語を意識しすぎて、敬語にた敬語を重ねることをいいます。 例えば、「召し上がる」を「召し上がられる」としたり、「仰る」を「仰られる」とすることです。 本来は、「お食事を召し上がりました」や「先生が仰いました」で充分尊敬表現になっています。 皆さんはどのように感じましたか。 これと一緒で、「見てくれてありがとう」を、「ご覧になられてありがとうございます」とすると、どうでしょう。 何となく過剰で、違和感を感じませんか。 中には、「お召し上がりになる」や「お伺いする」など、定着しているものは、間違いとはされていません。 二重敬語にはならないの? 先ほどより、「見てくれてありがとう」を敬語にした「ご覧いただきありがとうございます」や「ご拝読くださりありがとうございます」を使った表現を用いていますが、「二重敬語じゃないの」と思われた方もいるでしょう。 この章では、それについて見ていきましょう。 「ご覧」は、相手の行動に対し尊敬語を使っています。 「くださり」・「いただき」は、「くれる」・「もらう」の謙譲語、つまり、自分が相手の行動に対しへりくだっている表現です。 つまり、「ご覧」は相手の行動にかかり、「くださり」や「いただき」は自分にかかってきます。 そのため、要素が違うので、二重敬語にはあたりません。 尊敬語+謙譲語で構成されています。 例えば、「召し上がられる」は、「食べる」の尊敬語である「召し上がる」にさらに尊敬の「れる・られる」で構成されています。 つまり、尊敬語+尊敬語となり、同じ要素が重なっている二重敬語となります。 「見てくれてありがとう」を正しい敬語で伝えよう.

次の

「拝読」の意味と使い方!類語や使う時の注意点を詳しく解説

拝読させていただきます

注意点• 二重敬語にならないようにすること• 相手の読む行為に対して使わないこと 二重敬語の誤りの例として、「拝読いたします」「拝読させていただきます」などが挙げられます。 「いたす」「いただく」はいずれも謙譲語であるので、「拝読」という謙譲語と合わせて使うと二重敬語になってしまいます。 「拝読いたします」「拝読させていただきます」は、文法的には誤りですが、ビジネスシーンにおいて頻繁に用いられているのが現状です。 相手の読む行為に対して使う誤りの例としては、「拝読ください」が挙げられます。 謙譲語は自分自身の行為を謙る表現であるため、こちらの誤りは失礼にあたります。 注意しましょう。 目上の人に文書を読んでもらいたい時には、「お読みになられましたか」となどと問うのが正しい表現になります。 「拝読」の語源 「拝読」を構成する漢字の意味は、それぞれ以下の通りです。 拝見 はいけん :謹んで見ること• 拝聴 はいちょう :謹んで聴くこと• 拝誦 はいしょう :謹んで読むこと• 閲読 えつどく :書物の内容を調べながら読むこと• 閲覧 えつらん :書物をじっくりと調べたり、読むこと 「拝読」は書物や文書などを 謹んで読むことという意味でしたが、「拝見」は絵や写真などを 謹んで見ることという意味です。 「拝読」の対義語 「拝読」の明確な対義語として挙げられる熟語は存在しません。 しかし、「読む」という行為の反対は「書く」であることから、「書く」の謙譲表現である「 書かせていただく」「 お書きします」などが「拝読」の反対の意味を持つ表現として挙げられます。 また、謙譲語の反対と考えると、「読む」の尊敬語である「 お読みになる」も候補としてあります。

次の