ラング ストン ヒューズ。 Langston Hughes

ラングストン・ヒューズ

ラング ストン ヒューズ

僕は、この詩集のように口語調で生活感がありありと 感じられるような作品というのがとても好きです。 (さんの訳の力も大きいと思います) ラングストン・ヒューズさんの詩を読んでいると、 当時の黒人の生活が胸に沁みわたります。 しかし、作品から伝わってくるのは不思議と 「怒り」とか「訴え」といったものではないんですね。 まして「卑屈さ」など微塵も感じられない。 そこにあるのは、ユーモアだったり、ウィットだったり なぜか明るさを感じさせるものなのです。 「差別」という過酷な現実を生きながらも、 彼らの奥底には、何ものも根絶やしにすることのできない 「明るさ」があるのではないか。 苦しいときにただ「苦しい」と詠うのではなく、 それを茶化したり、芸にしたりしてしまう。 それこそが黒人が優れた文化を生み出し続けた 要因ではないか・・・。 これは彼の詩に限らず、僕が黒人の文学や音楽に 触れるたびに思うことの一つです。 そして、僕はラングストン・ヒューズさんのような をとてもカッコいいと感じるのです。 それを象徴的するような「助言」という 短い一編を引用します。 「みんな、云っとくがな、 生まれるってな、つらいし 死ぬってな、みすぼらしいよ んだから、掴まえろよ ちっとばかし 愛するってのを その間にな。

次の

「助言」 ラングストン・ヒューズ

ラング ストン ヒューズ

僕は、この詩集のように口語調で生活感がありありと 感じられるような作品というのがとても好きです。 (さんの訳の力も大きいと思います) ラングストン・ヒューズさんの詩を読んでいると、 当時の黒人の生活が胸に沁みわたります。 しかし、作品から伝わってくるのは不思議と 「怒り」とか「訴え」といったものではないんですね。 まして「卑屈さ」など微塵も感じられない。 そこにあるのは、ユーモアだったり、ウィットだったり なぜか明るさを感じさせるものなのです。 「差別」という過酷な現実を生きながらも、 彼らの奥底には、何ものも根絶やしにすることのできない 「明るさ」があるのではないか。 苦しいときにただ「苦しい」と詠うのではなく、 それを茶化したり、芸にしたりしてしまう。 それこそが黒人が優れた文化を生み出し続けた 要因ではないか・・・。 これは彼の詩に限らず、僕が黒人の文学や音楽に 触れるたびに思うことの一つです。 そして、僕はラングストン・ヒューズさんのような をとてもカッコいいと感じるのです。 それを象徴的するような「助言」という 短い一編を引用します。 「みんな、云っとくがな、 生まれるってな、つらいし 死ぬってな、みすぼらしいよ んだから、掴まえろよ ちっとばかし 愛するってのを その間にな。

次の

「助言」 ラングストン・ヒューズ

ラング ストン ヒューズ

生涯 [ ]• にてアフリカ系のみならず、 や などが混血した一家から生まれる。 幼少期に両親が離婚し、父はの激しかったを出て、後にへ渡った。 その後の祖母からの伝統を多く聴かされ育てられる。 祖母の死後は両親の友人に引き取られることとなった。 幼少期の生活環境の不安定さは、自身の作品に強烈な影響を与えたと言われる。 高校在学中に・・を書き始めた。 この期間にも詩は書き続けていた。 船員として、を訪れ、そのままに住む。 帰国後を卒業する。 主な作品 [ ]• 「おんぼろブルース」 1926• 「笑いなきにあらず」1930• 「Dear Lovely Death」 1931• 「Don't You Want to be Free. 」 1938• 」1947• 「One-Way Ticket」 1949• 「Simple's Uncle Sam. 」1965• 「自由への闘い」: The Story of the NAACP. 1962 邦訳 [ ]• 『ニグロと河 詩集』訳 国文社 ピポー叢書 1958• 『ある金曜日の朝 ヒューズ作品集』訳 飯塚書店 1959• 『ラングストン・ヒューズ詩集』木島始訳 ユリイカ 海外の詩人双書 1959 のち思潮社• 『ジャズ』木島始訳 飯塚書店 1960 「ジャズの本」晶文社 1968• 『笑いなきにあらず』訳「黒人文学全集 第5巻」早川書房 1961• 『黒人街のシェイクスピア 詩集』斎藤忠利訳 国文社 ピポー叢書 1962• 『自由のための戦列 NAACPの記録』訳 小川出版 1970• 『天使のいざこざ』木島始訳 晶文社 1971• 『ラングストン・ヒューズ自伝』木島始訳 河出書房新社、1972-73 1 ぼくは多くの河を知っている 1972 2 きみは自由になりたくないか? 1972 3 終りのない世界 1973• 『片道きっぷ 詩集』訳 国文社 1975• 『驚異の野原 L. ヒューズ詩集』斎藤忠利訳 国文社 1977• 『黒人芸術家の立場 ラングストン・ヒューズ評論集』木島始編訳 創樹社 1977• 『夢の番人 ラングストン・ヒューズ詩集』斎藤忠利,訳 国文社 1994• 『ふりむくんじゃないよ ラングストン・ヒューズ詩集』古川博巳,訳 国文社 1996• 『晴着を質屋に ラングストン・ヒューズ詩集』斎藤忠利訳 国文社 1997• 『豹と鞭 ラングストン・ヒューズ詩集』古川博巳,訳 国文社 1998• 『川のうた』絵 訳 光村教育図書 2011• 『ことごとくの声あげて歌え アメリカ黒人詩集』ヒューズ編 木島始訳 未来社 1952 書籍 [ ]• ハンス・オストロム著、訳『ラングストン・ヒューズ辞典』雄松堂出版 2006年 出典 [ ].

次の