大分 トリニータ ツイッター。 スポンサー

大分トリニータ公式Twitter、公式Instagram開設のお知らせ

大分 トリニータ ツイッター

プロフィール [ ] 一歩一歩、ゆっくりと勝利に向けて歩む「」をモチーフとしたキャラクター。 胴体はサッカーボール型で、腹にはトリニータのロゴが、背には大分県の地図と小さな羽根がある。 概要 [ ] トリニータは長くマスコットキャラクターを設定していなかったが、2000年代後半からマスコット誕生の動きが活発化。 のシーズン中に一般からマスコットキャラクターのデザインを募集し、オフに決定稿のイラストが公開。 の新体制発表会にて、正式にお披露目された。 トリニータとさして関係のない動物で、またスポーツチームとしての「強さ」「激しさ」といったイメージからもかけ離れたカメがモチーフに選ばれたことで、当初はサポーターからも賛否両論があった。 しかし2008年のシーズンが始まると、自分ではまともに走れないため、に乗ってスタッフに押してもらって移動するといったユーモラスな動き、開設したブログでの腰の低い言動、「おつかめさまです」「バイタン」と言った個性的な挨拶、毎試合ごとの季節に合わせたコスプレなどにより、瞬く間に人気が上昇。 現在ではJリーグの人気マスコットのひとつである。 、トリニータに新たに置かれたポスト、宣伝部長に就任。 において、大分県出身でトリニータのサポーターでもあるの応援に登場することが多い(なお、指原はニータンのファンであることを公言している)。 その縁で、指原がセンターを務めた『』の公式の撮影にも参加している。 2018年11月には指原のファン有志から、移動の際に使用する台車を新しく寄贈された。 2014年2月13日から(外部リンク参照)を開始。 それ以前にあったなりすましツイッターとの区別のため、スクリーンネームが「ニータン(ほんもの)」となっている。 にツイッターから誕生日登録を勧める案内が届いたため、これを機に誕生日を登録すると、年齢制限にかかりアカウントが凍結された。 翌朝には復旧したが、凍結報告時には代理で使用したトリニータスタッフのアカウントに指原莉乃や広報などから多くの心配・助言のリプライが寄せられた。 Jリーグマスコット総選挙歴代順位 [ ] 年度 順位 10位 10位 14位 不参加 11位 9位 7位 4位 2020年のJリーグマスコット総選挙では指原莉乃に加え、指原と仲が良いがTwitterで投票の呼び掛けを行い、選挙期間終盤に得票数を伸ばし過去最高順位となった。 リッジー [ ] ニータン誕生前の、後半戦のキャッチフレーズ「リベンジ16」に合わせて誕生した。 モチーフはウサギで、背番号は00。 サングラスをかけている。 ニータンには「リッジー先輩」と呼ばれている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

「絶対に許すつもりはありません」日本代表FW・鈴木武蔵選手への差別的な発言、大分トリニータが声明

大分 トリニータ ツイッター

「アカウント作り直さないといけないのかな? やっちゃったー」 「一歩一歩確実に前へと進む『カメ』」がモチーフのニータン。 ツイッター(@12neetan)では試合やイベントでの活躍などを写真つきで盛んに投稿している。 です・ます調でひらがな多めの親しみやすさなどから人気を集め、フォロワー1万4000人を抱えている。 アカウントが凍結されたのは29日夕。 クラブ公式ツイッターで「おつかめさまです ニータンです! スタッフさんのアカウントを借りてツイートしています。 さっきぼくのアカウントでおたんじょうびを登録したら13さい以下は使えませんってとうけつ?されちゃいました」と報告し、「アカウント作り直さないといけないのかな? やっちゃったー」と、「悲鳴」をあげていた。 2008年生まれのニータンは今年10周年。 誕生日の12月12日が近づいており、ツイッターから登録を勧める案内が届いたため、この機に誕生日を登録することにしたところ、年齢制限にかかってしまったという。 突然の凍結に、同じJ2のモンテディオ山形広報が「おつかめさまです。 ドンマイ。 ニータン。 異議申し立てすると解除されることああるみたいよ」(原文ママ)と助言したり、大分出身のHKT48・指原莉乃さんが「これは笑っちゃいけないけど笑える... はやく戻りますように」と心配したりしたほか、多くのファン・サポーターが「ニータン やっちまった~」といったリプライを送っていた。 すると翌30日朝、ニータンのアカウントから、自身の写真とともに 「おつかめさまです みなさーーーん!!アカウントふっかつしました~ 心配かけてごめんなさい もしこのまま消えちゃったらどうしようってこわかったです でも良かった!! これからは気をつけます」 と凍結解除を報告する投稿があった。 「じかんがかかりそうだと思ったんですけど... 」 心配の声をあげていた指原さんや、J2・松本山雅FCのマスコット「ガンズくん」、J1・横浜F・マリノスの「マリノスケ」に対しても個別に復活した旨を伝えている。 ファン・サポーターからは「ニータンよかったね~! これからもツイート楽しみにしてます」「安心しました おかえりなさい」と安堵のリプライが相次ぎ届けられた。 しかし、どのようにして凍結解除ができたのか。 J-CASTニュースの取材に応じたニータンは、 「『身分証』がひつようといわれたけど、ぼくは持ってないからスタッフさんに送ってもらいました! そうしたらけさ、とうけつ解除されていました!」 と話した。 一方で 「解除のことをしらべたら、じかんがかかりそうだと思ったんですけど... すぐに解除してもらえてぼくもホッとしました!」 ともっと長引くと思っていたそうだ。 ファン・サポーターから心配の声もあがっていたニータン。 今後に向けて最後に、 「これからもっとお勉強して、みなさんにめいわくをかけないようにがんばります!」 と話していた。

次の

大分トリニータ最終節試合速報!2019シーズン最終順位も紹介

大分 トリニータ ツイッター

この投稿を周囲から聞いた鈴木は、12日に自身のツイッター( musatoro)で、そのツイートを引用する形で「僕に報告してくれた方ありがとうございます。 でも大丈夫ですよ。 サッカーで見返すしかないですからね。 そうやって小さい頃からやってきたので。 お父さんの血がなかったら日本代表になれてなかったと思いますし、 ハーフである事、日本という素晴らしい国で育った事に感謝してます」と投稿。 意に介さない姿勢を見せていた。 この問題を受けて大分は、「大分トリニータのサポーターを名乗る方により、SNSで北海道コンサドーレ札幌の鈴木武蔵選手に対する差別的な投稿が行われました」と報告。 そのうえで「発信者については人物や何を目的に投稿したのか定かではありませんが、大分トリニータとしては、このような差別発言を絶対に許すつもりはありません」とし、「我々は、今後とも、差別や暴力のない社会の実現に向けて、多くの仲間とともに努力していくことを誓います」と差別根絶の姿勢を強調した。 でもそいつらの理屈で言ったらその子はもう一つの祖国でも「外人」なわけで、どこに祖国を求めればいいのだろう。 — あお vZbiRgurY16CVOZ この人、自ら応援しているはずのオナイウ阿道選手まで傷つけていることに気付いているのだろうか。 ここに書ききれないくらいのスポーツがある。 私たちスポーツ好きはあなたの味方だと声を大にして言いたい。 — くぅ kooneruasobu 敢えて純日本人的な名前を付けたご両親も素晴らしい方なんだろうな。 二度とスタジアムに足を運んでくれるな!」 と声を大にして言いたい。 — ヒデ坊🌈 mitsuhonhide 自称大分サポが、札幌の鈴木武蔵選手に対する人種差別ツイートで大分公式が謝罪文を出す程の大事まで発展の挙句、垢凍結の至極当然と。 該当ツイートを見れたが、自称大分サポからしてみてはいつもような釣り針ツイートのつもりも、武蔵選手や大分公式まで動く程の大物が釣れてタダで済むわけないよな。 — 「どうも、ヒロです」・・・なツイッター。 domoHirodesu 鈴木武蔵のお父さんはジャマイカから日本に来て日本の生産性と消費の上昇に貢献。 日本で産んだ子供がプロサッカー選手になってさらに日本代表に選ばれる。 他の日本人以上に日本の発展に貢献してるのに文句言う奴が信じられない。

次の