ポケバンクとは。 今更ですが、ポケモンバンク・ポケムーバーについて質問です。

すべてのポケモンが集まる場所『Pokémon HOME』が本日より配信開始! 『ポケモンバンク』『ポケムーバー』を無料で利用できるキャンペーンを実施中。

ポケバンクとは

ポケバンクとは? 基本情報 製品名 ポケモンバンク (Pokemon Bank) 製品形態 3DSダウンロード専用ソフト 利用料金 500円/年間 使用環境 ・インターネット接続 (無線環境必須) ・要ニンテンドーネットワークID ポケモンバンクは、その名の通りポケモンの銀行… 簡単に言うとクラウド上の ポケモンボックスのようなものです。 年間500円の利用券が必要です。 利用期限を過ぎて一定期間使用すると ポケモンが消えてしまうので、更新は忘れないようにしましょう。 ポケモンバンクに預けられるポケモンは 3000匹です!過去作から最新作にいつでもポケモンを持って来れますが、 道具は送れないので注意しましょう。 過去作との互換性 公式サイトでの注意書きをまとめると以下の通りです。 転送は一方通行で、道具の持ち込みは不可です! 【バーチャルコンソール用ソフト『ポケモン 赤・緑・青・ピカチュウ』から『ポケモン サン・ムーン』へ 】 バーチャルコンソール用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』から『ポケモンバンク』へ送ったポケモンは、 『ポケットモンスター サン・ムーン』でのみ使用可能となります。 一度、『ポケモンバンク』に連れてきたポケモンは、再びバーチャルコンソール用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』へ戻すことはできません。 こちらも一方通行です。 ただし!赤青緑から転送すると、種族値が3V確定! じわれカイリキーなど、強力なポケモンも入手可能です。 ORASは ハピナス道場でのレベルアップや、教え技など、育成環境がかなり優秀ですが、ポケバンクで サンムーンに送ってしまうと戻せないので、必要な技や育成はORASで済ませておきましょう。 また、道具を持ち込めないので、 『メガサーナイト』や 『メガクチート』など、サンムーンでメガストーンを入手できない一部のポケモンはメガシンカできなくなります。 メガストーンの解禁状況などは、以下の記事でまとめています。 サンムーンのポケモンバンクはいつ解禁? ポケモンバンクは 2017年1月25日にサンムーン対応アップデートとなりました! 【公式サイトはこちら】 解禁以降は、バトル環境が大きく変わります! 最新作では利用できなかったポケモン、技、遺伝技などが解禁されるわけですから、バトル戦術の幅が広がりますね。 サンムーンしかプレイしていない方も、簡単に過去作のポケモンを入手できますよ。 GTSの使い方やポケモン厳選の方法については以下の記事を参考にしてください。 ポケモンバンクの使い方 ここでは、ポケバンクの利用方法を順を追って解説していきます。 ダウンロードしていない方は参考にしてください。 まずニンテンドーeショップで 『ポケモンバンク』をダウンロードしてください。 このまま検索窓に打ち込めばでてきます。 アップデート用のパッチがある場合は同時にダウンロードしておきましょう。 すると3DSの画面にポケモンバンクのソフトが表示されますので、起動してください。 『ポケモンバンクをつかう』 を利用すればボックスに入れます。 ポケムーバーは ポケモンBW2専用のポケモン転送ソフトです。 利用する際は、 転送する側のポケモンがいるソフトを必ず挿しておいてください。 ダウンロード版を利用しているかたは問題ありません。 すると、ポケモンバンクがソフトを認識しますので、問題なければ続行してください。 すると、 下部が転送するポケモンのボックス、 上部がポケバンクのボックスとなっています。 ここではポケモンXを利用しています。 カーソルを動かしてポケモンを選択できます。 Yボタンを押せば、ポケモンを タイプや 性格などでソートすることができます。 大量にポケモンを預けている方には便利ですね。 方法は簡単です。 転送したいポケモンにカーソルを合わせた後 『いどうする』を選んで、ポケバンクのボックスに動かすだけです。 そのあと Xボタンを押せば、レポートを書いてソフト終了となります。 この場合、選択したミニリュウは、ポケモンXのボックスから消え、ポケバンク上で管理されることになります。 次に、 ポケモンを受け取る側のソフトを挿して、再度ポケモンバンクを起動します。 上部がポケバンクのボックス、下部がポケモンを受け取るポケモンASのボックスです。 今度は逆の手順で、ポケバンクのポケモンにカーソルを合わせ、送る側のポケモンボックスに移動します。 ちなみに、持っていた道具は元のソフトに戻ります。 これでレポートを書いて終了すれば、ポケモンの転送は終わりです。 簡単ですね! まとめ サンムーンでもポケバンク対応となり、過去作からのポケモンが連れてこれるようになります。 今回は新たに ポケモン図鑑機能も追加となり、ポケバンク対応の過去作に登録されているポケモンの情報も見られるようになりました。 また、ポケモンバンクにポケモンを預けていると 『ポケマイル』というポイントが貯まります。 ポケマイルは 道具や BP(バトルポイント)と交換することができますよ。 ポケモングローバルリンク(PGL)でアトラクションを遊び、珍しい道具を貰うこともできます。 これを機に、過去作を遊んでみるのも良いかもしれません。 シリーズ毎の連動もポケモンの醍醐味ですよね! それでは、ポケモンバトルに向けてどんどん育成していきましょう!.

次の

【ポケモンバンク】ぼっちでも通信進化できるのか!!?【ポケムーバー】

ポケバンクとは

概要 とは別に存在する通貨で、その設定は現実世界のに近い。 入手方法• 歩く 1000歩で1マイル• でやを行う• にポケモンを預ける• ミラクル交換をする 用途 ゲーム内で貯めたポケマイルはを通じてポケモングローバルリンクに送ることができる。 アイテムとの交換 ではサウスサイドSt. 、ではでアイテムと交換することができる。 他にもPGLでも交換可能。 PGLで買う場合は獲得したメダルの個数が20を超えているかいないかで値段および買えるアイテムが変化する。 アイテム ゲーム内での値段 PGLでの値段 XY ORAS ~19 20~ 10 10 5 4 - - 7 5 20 20 10 8 30 30 15 12 35 35 17 13 60 60 30 24 60 60 - - 120 120 60 48 125 125 62 49 125 - - 100 300 300 150 120 400 400 - 200 500 500 - 250 1000 1000 - 500 アトラクション PGLでアトラクション ミニゲーム を遊ぶ際に必要となる。 アトラクション 必要ポイント Lv. 1 Lv. 2 Lv. 3 100 100 100 20 100 200 100 100 100 100 100 100.

次の

ポケバンク解禁!過去作との互換性や使い方、ダウンロード方法等をまとめてみた【ポケモンSM攻略】

ポケバンクとは

200倍もの差があるぞ。 有料プランはポケモンの保管場所、無料プランは交換するための一時的な預け場所として使おう。 バンクから引っ越すには有料プラン必須 3DSのポケモンバンクからポケモンホームにポケモンを送るには、有料プランの加入が必須。 ソードシールドで過去作のポケモンを使いたい場合は有料プランに加入しよう。 料金プラン一覧とおすすめプラン 有効期間 料金 1ヶ月 30日 370円 3ヶ月 90日 610円 12ヶ月 365日 1960円 ボックスが不足している人は12ヶ月 ソードシールドでボックスが不足し、やりくりに苦労している場合は12ヶ月プランに入り、ポケモンを保管する場所として使おう。 ポケモンを移動させたいだけなら1ヶ月 ポケモンを過去作からソードシールドに引っ越したいだけの場合は、1ヶ月プランを利用しよう。 ボックス機能の詳細 6000匹のポケモンを預けられる ポケモンホームには、最大6000匹のポケモンを預けることができる。 預けているポケモンは特性や覚えている技などのステータスが確認できる。 検索機能も完備 膨大なポケモンから目的のポケモンを探すため、検索機能も備わっている。 ポケモン名やタイプ、出身ソフトなどに加えて覚えている技でも検索が可能だ。 有料プランでジャッジ機能も搭載 有料プランに加入することで、個体値を確認できるジャッジ機能が使えるようになる。 孵化余りの同じ種類のポケモンを大量に預けた場合に、個体の判別がしやすくなるぞ。 同じポケモンが並んでいる場合でもひと目で色違いポケモンが判別できる。 スマホ版ではボックスの確認や、ポケモンの検索が行える。 連れていけるポケモンは一部のみ ポケモンホームからソードシールドに連れていけるのは、 ポケモン図鑑に登録されるポケモンを始めとした一部のポケモンのみ。 DLCの追加ポケモンにも対応 ソードシールドは6月と秋頃に、登場ポケモンの追加含むDLCが登場予定。 各DLCが追加されたたタイミングで、 ポケモンホームから移動できるポケモンもアップデートされる。 預けているとBPが貰える ポケモンを預けていると、預けた数に応じて「ポケモンホームポイント」が貯まっていく。 貯まったポイントは、各ゲーム用のBPに引き換えることができる。 初回ひっこし特典で3000ホームポイントを貰える ポケモンバンクからポケモンホームへのひっこしを初めて行った際に、3000ポケモンホームポイントが貰える。 ソードシールドのBPに変換でき、3000ホームポイントは100BPに相当する。 ポケモンを他作品から移動する方法 ポケモンバンクからの移動方法 ボックス単位か一括で移動が可能 ポケモンバンクに預けているポケモンは、バンク内のボックス単位、または丸ごと全てのポケモンを選択してポケモンホームに移動できる。 ホームからバンクには戻せない ポケモンホームからポケモンバンクへの移動は行えない。 元はバンクに居たポケモンでも戻せないので、バンクから移動させる際は慎重に行おう。 バンクとホームの有料プランが必要 バンクからホームへの移動には、ポケモンホームで有料プランに加入している必要がある。 また、バンクにポケモンを預けるためには、ポケモンバンクの有料プランに加入する必要がある。 バンクの1ヶ月無料キャンペーンが実施 ポケモンホームの配信記念で、ホーム配信から1ヶ月の間ポケモンバンクを無料で利用できるようになる。 この期間を使ってホームにポケモンを移動させてしまえば、ポケモンバンクの有料プラン加入は必要ない。 ピカブイにない特性などのステータスは、ホームに移動した際に自動で決定されると予想される。 一度他のソフトに預けると戻せない ソードシールドなど、ピカブイとホーム以外のソフトに預けたことのあるポケモンは、ピカブイに移動することができない。 最終的にピカブイに戻したい場合は気をつけよう。 ポケモンGOからの移動方法 直接の連携はまだ未対応 ポケモンGOとの連携に関しては、ポケモンホームリリース当初は非対応。 今後何らかの形で連携が予定されている。 移動させたポケモンのステータス ステータスのほとんどは、ピカブイに送った際に決定される。 ピカブイの機能を使って性格の指定も可能だ。 特性はピカブイに無い要素のため、剣盾に送ったタイミングで通常特性からランダムに決定される。 アプリを閉じている状態でも自動で交換が行われる。 一度に預けられるポケモンは、有料プランに加入すると3匹から10匹に増える。 GTSで欲しいポケモンを交換 交換に出すポケモンを預け、欲しいポケモンの種類やレベルを設定しておくと、条件に合う相手とポケモン交換できる機能。 欲しいポケモンには、自分の全国図鑑に登録されていないポケモンも選べる。 グループ交換でランダムに交換 最大20人までのグループを作り、それぞれ1体ずつポケモンを出し合って交換できる機能。 誰のポケモンが貰えるかは完全にランダムだ。 グループ作成には有料プランが必要 グループに入る方法は作成者と参加者の2種類があり、作成者になれるのは有料プラン加入者のみ。 参加は有料プランに加入していなくても可能だ。 ランダムマッチング機能もある グループIDやQRコードを使った友達との交換だけでなく、ランダムでグループに参加する機能もある。 近くのフレンドと自由に交換 ポケモンホーム内でフレンドになっているユーザーと交換できる機能。 最もシンプルな交換方法だが、 近くにいないと交換できない制限がある。 また、シールを使ってプロフィールをオリジナルのものにカスタマイズできるぞ。 シールは条件達成で入手 カスタマイズ用のシールは、ポケモンホーム内で様々な条件を満たすと入手できる。 ポケモンホームとは すべてのポケモンが集まるクラウドサービス ポケモンホームとは、すべてのポケモンを1つの場所に集めることができる新しいクラウドサービス。 歴代シリーズはもちろん、Switch作品やPokemon GOのポケモンも1箇所に集めたり、交換できる。 Switchとスマホアプリで展開 サービスはSwitchとスマートフォンアプリで展開される。 ポケモンの移動にはSwitchを利用し、交換などはスマートフォンで行える仕組みだ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の