飛行機 キャンセル 料 ana。 ANA バリュー キャンセルって出来るの?費用は?

飛行機の航空券のキャンセル料はいつからかかるのか

飛行機 キャンセル 料 ana

Paidy支払の場合 キャンセル時、キャンセル料金、取扱料金、事務手数料が掛かります。 Paidyご利用時は、それらの金額をPaidyにお支払いください。 Paidyにお支払い済みでない場合 お客様が、当社からのキャンセルメールを受領後、請求金額が変更されます。 変更後の請求金額をPaidyにてお支払いください。 なお、変更された請求金額についてPaidyからEメールやSMS等を送信することはございません。 Paidyに全額をお支払い済みの場合 お客様が、当社からのキャンセルメールを受領後、MyPaidyに返金額が反映されます。 MyPaidyにアクセスいただきご確認ください。 継続してPaidy決済ご利用の場合は、翌月以降のPaidyご利用分に自動的に充当されます。 3ヶ月ご利用がない場合は、Paidyから連絡がございます。 直接お客様の口座へ返金をご希望の場合は、直接Paidyのカスタマーサポートにお問い合わせください。 2800円 ANA VALUE1 ANA VALUE3 ANA SUPER VALUE21 搭乗予定日の55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 搭乗日54日前~搭乗日45日前:運賃の約30%相当額 搭乗日44日前~搭乗日28日前:運賃の約40%相当額 搭乗日27日前~搭乗日14日前:運賃の約50%相当額 搭乗日13日前~出発時刻前:運賃の約60%相当額 ANA SUPER VALUE28 ANA SUPER VALUE45 ANA SUPER VALUE55 ANA SUPER VALUE75 ANA SUPER VALUE PREMIUM28 日本航空 JAL JTA RAC JAC 普通運賃 変更可 440円 0円 2800円 小児運賃 株主割引 特便割引1 変更不可 搭乗日55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は運賃の5%(払戻手数料を含む) 2800円 特便割引3 特便割引7 特便割引21 特便割引28 搭乗日55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は運賃の約50%相当額。 (払戻手数料を含む) 先得A 先得B スーパー先得 ウルトラ先得 スカイマーク SKY 普通運賃 変更可 500円 0円 2800円 小児運賃 いま得 変更不可 購入日~30日前は4,000円、29日前~出発時刻前は5,000円 2800円 たす得 変更可 2,500円 エアドゥ ADO 普通運賃 変更可 440円 0円 2800円 小児運賃 DOバリュー1 変更不可 【ご搭乗日2020年3月28日以前】 1,500円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 搭乗日55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は運賃の約5%相当額。 2800円 DOバリュー3A 【ご搭乗日2020年3月28日以前】 3,000円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 搭乗日55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は運賃の約5%相当額。 DOバリュー3B DOバリュー3C AIRDOスペシャル21 【ご搭乗日2020年3月28日以前】 3,000円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 搭乗日55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は運賃の約40%相当額。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は運賃の約40%相当額。 AIRDOスペシャル45 AIRDOスペシャル55 AIRDOスペシャル75 スターフライヤー SFJ 普通運賃 変更可 440円 0円 2800円 小児運賃 株主割引 STAR1A 変更不可 羽田-北九州・福岡・山口宇部線:1500円 羽田-関西線/北九州-那覇線:1000円 中部-福岡線:1000円 2800円 STAR1B STAR3 STAR7 そら旅21 そら旅28 ご予約便出発の60日前まで:運賃額の約10%相当額 予約便出発59~28日前:運賃額の約30%相当額 予約便出発27日前~予約便出発まで:運賃額の約50%相当額 そら旅45 ご予約便出発の60日前まで:運賃額の約10%相当額 予約便出発59~45日前:運賃額の約30%相当額 予約便出発45日前~予約便出発まで:運賃額の約50%相当額 そら旅60 ご予約便出発の70日前まで:運賃額の約10%相当額 予約便出発69~60日前:運賃額の約30%相当額 予約便出発59日前~予約便出発まで:運賃額の約50%相当額 そら旅80 ご予約便出発の90日前まで:運賃額の約10%相当額 予約便出発89~80日前:運賃額の約30%相当額 予約便出発79日前~予約便出発まで:運賃額の約50%相当額 ソラシドエア SNA 普通運賃 変更可 440円 0円 2800円 小児運賃 特売り1 変更不可 羽田-宮崎・熊本・長崎・鹿児島・大分線/沖縄-宮崎・鹿児島・神戸・中部国際・福岡線/中部国際-宮崎・鹿児島線:1000円 沖縄-石垣線:500円 2800円 特売り3 羽田-宮崎・熊本・長崎・鹿児島・大分線/沖縄-宮崎・鹿児島・神戸・中部国際・福岡線/中部国際-宮崎・鹿児島線:1500円 沖縄-石垣線:1000円 特売り7 羽田-宮崎・熊本・長崎・鹿児島・大分線/沖縄-宮崎・鹿児島・神戸・中部国際・福岡線/中部国際-宮崎・鹿児島線:2000円 沖縄-石垣線:1500円 バーゲン14 羽田-宮崎・熊本・長崎・鹿児島・大分線/沖縄-宮崎・鹿児島・神戸・中部国際・福岡線/中部国際-宮崎・鹿児島線:3000円 沖縄-石垣線:2000円 バーゲン28 搭乗予定日の60日前までは、取消手数料はかかりません。 610円~1680円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 運賃の5%相当額 2800円 ORCブルー28 【ご搭乗日2020年3月28日以前】 搭乗予定日の55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は区間と取消日時により異なる。 2210円~8760円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 搭乗予定日の55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) ご搭乗予定日の54日前~45日前:運賃の30%相当額 ご搭乗予定日の44日前~28日前:運賃の40%相当額 ご搭乗予定日の27日前~14日前:運賃の50%相当額 ご搭乗予定日の13日前~便出発前:運賃の60%相当額 ORCエメラルド60 【ご搭乗日2020年3月28日以前】 搭乗予定日の55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は区間と取消日時により異なる。 1530円~8220円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 搭乗予定日の55日前までは取消料はかかりません。 2800円 ANA VALUE1 ANA VALUE3 ANA SUPER VALUE21 搭乗予定日の55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 搭乗日54日前~搭乗日45日前:運賃の約30%相当額 搭乗日44日前~搭乗日28日前:運賃の約40%相当額 搭乗日27日前~搭乗日14日前:運賃の約50%相当額 搭乗日13日前~出発時刻前:運賃の約60%相当額 ANA SUPER VALUE28 ANA SUPER VALUE45 ANA SUPER VALUE55 ANA SUPER VALUE75 ANA SUPER VALUE PREMIUM28 運賃 予約変更 払戻 手数料 出発前の取消手数料 取消手続手数料 普通運賃 変更可 440円 0円 2800円 小児運賃 DOバリュー1 変更不可 【ご搭乗日2020年3月28日以前】 1,500円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 搭乗日55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は運賃の約5%相当額。 2800円 DOバリュー 3A 【ご搭乗日2020年3月28日以前】 3,000円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 搭乗日55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は運賃の約5%相当額。 DOバリュー 3B DOバリュー 3C AIRDOスペシャル21 【ご搭乗日2020年3月28日以前】 3,000円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 搭乗日55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は運賃の約40%相当額。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は運賃の約40%相当額。 AIRDOスペシャル45 AIRDOスペシャル55 AIRDOスペシャル75 運賃 予約変更 払戻 手数料 出発前の取消手数料 取消手続手数料 普通運賃 変更可 440円 0円 2800円 小児運賃 株主割引 STAR1A 変更不可 羽田-北九州・福岡・山口宇部線:1500円 羽田-関西線/北九州-那覇線:1000円 中部-福岡線:1000円 2800円 STAR1B STAR3 STAR7 そら旅21 そら旅28 ご予約便出発の60日前まで:運賃額の約10%相当額 予約便出発59~28日前:運賃額の約30%相当額 予約便出発27日前~予約便出発まで:運賃額の約50%相当額 そら旅45 ご予約便出発の60日前まで:運賃額の約10%相当額 予約便出発59~45日前:運賃額の約30%相当額 予約便出発45日前~予約便出発まで:運賃額の約50%相当額 そら旅60 ご予約便出発の70日前まで:運賃額の約10%相当額 予約便出発69~60日前:運賃額の約30%相当額 予約便出発59日前~予約便出発まで:運賃額の約50%相当額 そら旅80 ご予約便出発の90日前まで:運賃額の約10%相当額 予約便出発89~80日前:運賃額の約30%相当額 予約便出発79日前~予約便出発まで:運賃額の約50%相当額 運賃 予約変更 払戻 手数料 出発前の取消手数料 取消手続手数料 普通運賃 変更可 440円 0円 2800円 小児運賃 特売り1 変更不可 羽田-宮崎・熊本・長崎・鹿児島・大分線/沖縄-宮崎・鹿児島・神戸・中部国際・福岡線/中部国際-宮崎・鹿児島線:1000円 沖縄-石垣線:500円 2800円 特売り3 羽田-宮崎・熊本・長崎・鹿児島・大分線/沖縄-宮崎・鹿児島・神戸・中部国際・福岡線/中部国際-宮崎・鹿児島線:1500円 沖縄-石垣線:1000円 特売り7 羽田-宮崎・熊本・長崎・鹿児島・大分線/沖縄-宮崎・鹿児島・神戸・中部国際・福岡線/中部国際-宮崎・鹿児島線:2000円 沖縄-石垣線:1500円 バーゲン14 羽田-宮崎・熊本・長崎・鹿児島・大分線/沖縄-宮崎・鹿児島・神戸・中部国際・福岡線/中部国際-宮崎・鹿児島線:3000円 沖縄-石垣線:2000円 バーゲン28 搭乗予定日の60日前までは、取消手数料はかかりません。 610円~1680円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 運賃の5%相当額 2800円 ORCブルー28 【ご搭乗日2020年3月28日以前】 搭乗予定日の55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は区間と取消日時により異なる。 2210円~8760円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 搭乗予定日の55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) ご搭乗予定日の54日前~45日前:運賃の30%相当額 ご搭乗予定日の44日前~28日前:運賃の40%相当額 ご搭乗予定日の27日前~14日前:運賃の50%相当額 ご搭乗予定日の13日前~便出発前:運賃の60%相当額 ORCエメラルド60 【ご搭乗日2020年3月28日以前】 搭乗予定日の55日前までは取消料はかかりません。 (払戻手数料のみ) 54日前~便出発前は区間と取消日時により異なる。 1530円~8220円 【ご搭乗日2020年3月29日以降】 搭乗予定日の55日前までは取消料はかかりません。

次の

キャンセル料金|国内航空券ご利用ガイド|エアトリ

飛行機 キャンセル 料 ana

体調不良で飛行機をキャンセルしたい…キャンセル料はいくら?いつまでに手続きすれば無料になる? 結論から言いますと、飛行機のキャンセルが無料なのは 「 搭乗する予定の飛行機が出発する前まで」 です。 つまり、飛行機が出発したあとにキャンセルすると手数料が発生するということです。 余計な手数料を支払いたくないなら飛行機が出発する前にキャンセルしましょう。 航空会社にとっての「キャンセル」は、ドタキャンに近ければ近いほど損失の可能性が大きくなります。 もし飛行機が出発する前にキャンセルと分かっていれば、キャンセル待ちのお客さんを乗せることができ、航空会社としても大きな損失は免れます。 そのため「飛行機が飛び立ったあと」のキャンセルには「取消手数料」という特別な手数料が請求(払い戻し金額から差し引く)されてしまうのです。 払戻手数料と取消手数料 飛行機のキャンセル料についてお話を進める前に、飛行機のキャンセルに関する基本的な考え方を知っておきましょう。 まず、 飛行機のキャンセル料は、「払戻手数料」と「取消手数料」の2つから成り立っています。 「払戻手数料」とは、航空券のお金を払い戻すときに発生する手数料です。 まだ航空券を購入していなければ払い戻すお金もありませんから、当然払戻手数料は発生しません。 したがって、予約だけ(航空券を買っていない)の状態であれば払戻手数料はかかりません。 これに対し「取消手数料」は、搭乗する予定の便に乗らなかったときに発生する手数料です。 しかし この手数料が実際に発生するのは、キャンセル手続きが出発までにされなかったとき。 キャンセル手続きが出発前に間に合えば、「基本的には」取消手数料は発生しないのです。 (航空券を購入していル場合「払戻手数料」が必要です。 ) つまり、まったくの無料で飛行機がキャンセルできるのは• 飛行機が出発する前• 航空券の購入前 この2つのタイミングです。 2つの条件が揃っていれば、たとえ出発当日であっても手数料はかからず一切無料でキャンセルできます。 しかし、 この無料キャンセルができるのは値引きのない「普通航空券」だけ。 そう、 割安航空券の多くは「取消手数料」が請求されてしまうんです! 「割安航空券」は要注意! 航空会社各社から売り出されている「早割」や「前割」、「超割」などと呼ばれる割安航空券。 これらの航空券は、飛行機の予約を一定期間早く行うことで、航空券代が大幅に安くなります。 近年は「安かろう、悪かろう」という言葉が当てはまらない良い時代ですが、残念ながらこれらの 割安航空券には安いだけの理由が潜んでいます。 割安航空券は「必ずその飛行機に乗る」ことを前提に販売されており「搭乗便を変更しない」ことが原則になっています。 そのためキャンセルの場合は少なからずキャンセル料が請求されます。 割引のない「普通航空券」は、時期によっては割安航空券の2倍の値段となることも珍しくありません。 割引がない分値段は高いですが、その分無料で便を振り替えたり、日程を変更したりとフレキシブルな対応を受けることができるのです。 つまり、割安航空券は「もしものとき」の料金が含まれておらず、手数料を請求されても文句が言えないということになります。 では、これを踏まえ、手数料が実際いくらかかるのかを見ていきましょう。 取消手数料の値段 取消手数料は「 航空券に支払う予定だった金額の一部」として請求されるお金です。 その金額は、キャンセルの手続きがいつだったのかをベースに計算する会社もあれば、運行路線ベースで計算する会社もあります。 そこに「割引航空券の種別」も加え、割引率が高い航空券ほど取消手数料が高くなるように設定されています。 ここでANAにおける取消手数料を見てみましょう。 ANAの場合、一般航空券で出発前なら手数料無料ですが、割引航空券を購入したときはこのように計算されます。 ANAの取消手数料 プレミアム旅割28・旅割75などの旅割航空券を購入している場合です。 旅割75・55・45など、75日前、55日前と早めに予約すればするほど安くなる料金プランで人気です。 しかし、早めに予約し予定が合わなくなった場合は割高な手数料が請求されます。 ちなみに「旅割」より高めの「特割」だと計算は次のように変化します。 同じANAの中でも割引航空券は種類によって手数料にこれだけの違いがあるんですね!ANAの割引航空券は「いかに早くキャンセルするか」がカギになります。 JALの場合 キャンセルした日で取消手数料を決めるANAに対し、JALは4つの路線区分と航空券の種別によって取消手数料の金額を設定しています。 ANAのように細かくありませんが、出発前でもいくらかの手数料がかかります。 出発前の取消手数料 運賃種別 路線区分A 路線区分B 路線区分C 路線区分D 変更可能な航空券 無料 特便割引21・7・3・1 500円 1,000円 1,500円 2,000円 乗継割引 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 出発後の取消手数料 運賃種別 路線区分A 路線区分B 路線区分C 路線区分D ウルトラ先得/スーパー先得などの割引航空券 運賃の50%相当額 一般航空券(普通席の場合) 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 小児運賃 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 いかがでしょうか。 これまでにご紹介したのは航空会社のごく一部の取消手数料です。 ANAとJALでは手数料の計算方法が異なりますが、どちらも割高な手数料となることに変わりはありませんね。 LCCは一切返金されない! 飛行機代がとっても安くなる「割引航空券」。 割引航空券には高い手数料がつきものであることわかりましたが、さらに格安な「LCC」をキャンセルする場合はどうなってしまうんでしょうか。 LCCは格安な運賃を提供する航空会社であり、もともと「キャンセルによる払い戻し」という規定がありません。 悪天候時や機体トラブルなどで搭乗できなければ払い戻しされますが、自己都合によるキャンセルには返金不可としています。 唯一払い戻しされるのは、ピーチの「ハッピーピーチプラス」の航空券だけ(「ハッピーピーチプラス」は運賃が高い分手荷物持ち込み料や振り替え手数料が無料になる料金プラン)です。 しかも払い戻されるのは現金ではなく、自社内でのみ使える「ピーチポイント」となっています。 キャンセル料の払い戻しはいつ頃返ってくる? キャンセル料の払い戻しの時期は、航空券を買ったときの支払い方法で変わります。 クレジッドカードで決済した場合はクレジット会社を経由して払い戻しされ、現金で支払った場合は手渡しや振込みで払い戻しを受けます。 払い戻しのタイミングは以下のとおりです。 クレジットで支払った場合 カード会社の締め日によって変動する。 1~2ヶ月でクレジットで使用している口座に振り込まれる 現金で支払った場合 空港カウンターで手続きする場合:即日現金で払い戻しされる Webサイトで手続きする場合:手続き日に指定口座に振り込まれる(金融機関の営業日に限る) 予約センターで手続きする場合:手続きから約7日後に指定口座に振り込まれる 振込みしてもらうときの「振込手数料」はお客側の負担になります。 つまり「払戻手数料」「取消手数料」「振込手数料」の3つを差し引いた金額が手元に戻ってくることになります。 航空券の有効期限に注意しよう! 飛行機の出発までにキャンセルできてほっと一安心!でも、キャンセルした航空券にも「払い戻しの有効期限」があります。 航空券払い戻しの有効期限は以下のとおりです。 予約変更可能な航空券 ANA: 90日間 JAL:1年間 変更不可の航空券(割安航空券も含む) 有効期限の翌日から10日以内 有効期限が過ぎた航空券はただの紙になってしまいます。 少しでもお金が戻ってくるなら、いますぐキャンセルの手続きに入りましょう。 最後に 飛行機のキャンセル。 だれもが好んでキャンセルするわけではありませんよね。 とくに体調不良の場合、当日初めてキャンセルを検討することもあるでしょう。 航空券には、値段の中に「突然のキャンセル」に備える「安心料」みたいなものが含まれているものと、含まれていないものがありましたよね。 割安航空券はたしかにお財布に優しいですが、突然のキャンセル時には「丸損」となる可能性があります。 飛行機を予約するときは、「もしかしたら乗れないかもしれない」というリスクを考慮しておくことも大切なのではないでしょうか。

次の

No.6253 キャンセル料|消費税 |国税庁

飛行機 キャンセル 料 ana

飛行機チケットを予約したけれど、日にちを変更したくなった!または旅行の予定が変わった!などの場合、チケットをキャンセルするにはどうしたらいいのでしょうか? 実はチケットが予約済みであっても、 チケット料金を支払う前でしたらチケットの予約が確定していないので、キャンセル手続きや航空会社への連絡などは必要ありません。 チケットの予約時、支払方法をコンビニ支払いなどの後払いを選択していた場合、その支払期日までにチケット料金を支払わなければ、飛行機チケットは自動的にキャンセルとなります。 その際にも特に必要な手続きはありません。 ただし、新しい飛行機チケットはご自分で再度予約をする必要があるので注意が必要です。 購入前の飛行機チケットのキャンセルには料金がかからない場合がほとんどですが、チケットの種類によっては購入前であろうと払い戻し手数料がかかることがありますので、予約をする際には キャンセルポリシーをよく読んでおきましょう。 解約日時 取消手数料 航空券購入後~搭乗日75日前 運賃の約10%相当額 搭乗日74日前~55日前 運賃の約20%相当額 搭乗日54日前~45日前 運賃の約30%相当額 搭乗日44日前~28日前 運賃の約40%相当額 搭乗日27日前~14日前 運賃の約50%相当額 搭乗日13日前~出発時刻前 運賃の約60%相当額 この表を見ると、出発日が近づくにつれて取消料がかかるようになりますね。 どうしても航空券のキャンセルが必要となった場合には、早めにキャンセル手続きを行うことをおすすめします。 また、航空券の種類によってはチケットの払い戻しが不可であったり、または取消手数料が全くかからない場合もあります。 そして国際線の場合には、出発前のキャンセルは航空会社が定めている取消手数料が一律30,000円であったり、旅行会社を通して航空券を購入していた場合、航空会社が定める取消手数料が必要となります。 国内線に比べると、国際線のチケットキャンセルにかかる費用は割高になります。 それでは、飛行機の出発後の航空券キャンセルではどうなるのでしょうか? 国内線の場合、さきほど説明しましたANAやJALの場合、出発後の「払戻手数料」は 運賃の100%、つまりチケット代は戻ってきません。 しかし、旅客施設使用料は返却されます。 旅客施設使用料とは、空港のロビーや待合室などの整備や管理に必要な費用をいい、空港管理会社が空港を利用する旅客より徴収している料金です。 出発前と同様、航空券の種類によっては払戻手数料を支払うことによってチケット代の払い戻しが可能な場合もあります。 国際線の場合も、飛行機の出発後のチケットの払い戻しはできません。 覚えておいていただきたいのが、 出発前でも出発後でも、格安航空のLCC会社ではチケットの払い戻しは基本的にできません。 飛行機のチケットには、チケットに記載されている本人のみが飛行機に搭乗できると書かれています。 そのため、 自分の名義で購入していた飛行機チケットを他の人に譲ることはできません。 家族であっても、飛行機チケットの譲渡はもちろんだめです。 チケットの名義と違う別の人が搭乗しようとした場合、搭乗拒否されます。 また、その搭乗しようとした人、飛行機チケットを譲った人両方に違約金の請求がきたり、航空会社から今後の搭乗も一切拒否されかねません。 そして名義が異なるチケットで飛行機に搭乗できたとしても、万が一事故等が発生した場合に保険金が払われないなんてこともあります。 このように、別の名義のチケットで飛行機に搭乗することは厳しく処罰されます。 自分が飛行機に乗れなくなったからと、安易に他の人にチケットを譲らないようにしてください。 格安航空券が魅力のLCCは、現在大変人気で一度は利用したことがある方も多いのではないでしょうか? LCCの航空券は安く購入できることがメリットですが、その分デメリットも大きいのです。 安く購入できるチケットタイプでは、もしもチケットをキャンセルしたくても払い戻しは不可となります。 もしものときのために、払い戻し可能のチケットを購入したいのであれば、割高にはなりますが手数料を支払うことでワンランク上のチケットタイプを購入することができ、キャンセルする際にも払い戻しが可能となります。 ここでも注意しておかなければいけないのが、すべてのLCC会社がこの払い戻し可能チケットを販売しているわけではないということです。 LCCで航空券を購入する際には、注意事項やキャンセルポリシーをよく確認しておきましょう。

次の